Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 中華民国 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/中華民国

    中華民国 (ちゅうかみんこく、 繁: 中華民國 ; 簡: 中华民国 ; 英: Republic of China )通称、 台湾 (たいわん、 繁: 臺灣/台灣 ; 簡: 台湾 ; 英: Taiwan )は、 東アジア に位置する 共和制国家 。. 首都 は 台北市 。. アジア で2番目の 共和国 として 1912 ...

    • Republic of China
    • 中華民國
    • 中华民国
  2. 中華人民共和国 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/中華人民共和国

    中華民国からの連続 古代から続く中国の歴史は、中華人民共和国のあり方を文化面から規定している。 このことは、中華人民共和国憲法前文でも言及されている。文化は生活を意味し、国民生活は経済的裏づけをもって成り立つ。憲法前文は「革命的伝統」も強調してい ...

    • Zhōnghuá Rénmín Gònghéguó
    • 中华人民共和国
    • ㄓㄨㄥㄏㄨㄚˊ ㄖㄣˊㄇㄧㄣˊ ㄍㄨㄥˋㄏㄜˊㄍㄨㄛˊ
    • 中華人民共和國
  3. 中華民国の歴史 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/中華民国の歴史

    中華民国は、1911年の武昌起義に始まる辛亥革命において、1912年1月1日、南京において成立した(なお、国号については黄遵憲の「華夏」、劉師培の「大夏」、梁啓超の「中国」の他に「支那」や「大中華帝国」という提案もあったが、最終的には章炳麟の

  4. 中華民国の政治 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/中華民国の政治
    • 概要
    • 国内政治
    • 外交
    • 脚注
    • 関連項目
    • 外部リンク

    今日の中華民国における国家体制は、国共内戦下の1947年元日に公布され同年12月25日に施行された中華民国憲法の規定により、三民主義(民族独立、民権尊重、民生安定)に基づく民主共和制を採用している。中華民国では1927年4月18日の蔣介石政権成立以来、台北移転後も含めて中国国民党の一党独裁による寡頭共和制が続いたが、蔣経国政権末期の1987年7月以後は政治の自由化と民主化が急速に推進され、今日では国家元首である中華民国総統から市町村の議会議員に至るまで国民(台湾地区の住民)の選挙によって選出されている。選挙権は満20歳以上、被選挙権は最低満23歳以上(立候補の対象によって異なる)の全ての国民が有している。 1. 日本統治時代の台湾の政治など、過去の各政府による台湾の政治(1945年10月25日以前)については、「台湾の政治史」を参照すること。 2. 中華人民共和国成立前(1912年2月12日~1949年10月1日)の中華民国の政治については、「中華民国の歴史」を参照すること。 3. 近年の中華民国における政治的な出来事の詳細は、「総統民選期の中華民国」を参照すること。

    中華民国の国内政治体制は、中華民国憲法に基づいて構成されている。だが、この政治体制は中華民国政府が大陸部も支配していることを前提に定められたものであるため、中央政府の統治区域がほぼ台湾のみに限定されるようになってからはさまざまな矛盾が生じるようになった。そのために、1990年代に入ると徐々に矛盾解消のための改革が行われるようになり、現在では矛盾も小さくなりつつある。

    中華民国は1945年成立の国際連合に当初から加盟しており、安全保障理事会の常任理事国であった。1949年の台湾移転後は、「全中国を代表する国家」としての国際的地位の確保を求めて外交工作を展開し、中華人民共和国と新たに外交関係を持つ国とは即座に国交を断絶するという措置をとった(「zh:漢賊不兩立」漢賊並び立たず)。中華民国が中国の国連代表であることについてソビエト連邦などがしばしば問題視したが、中華民国はアメリカ合衆国などの支持を得て国連での地位を確保し続けた。 台湾編入からちょうど26年後の1971年10月25日に採択された国際連合総会決議2758によって、国連での中国代表権が中華民国から中華人民共和国へと移ることとなり、中華民国は国連からの脱退を宣言した。その後、中華人民共和国を「中国を代表する国家」として承認する国が続出し(1964年にフランス、1970年にカナダ、1972年に日本や西ドイツ、1979年にアメリカ合衆国、1992年に大韓民国、1997年に南アフリカ共和国)、中華民国の国際的な孤立が深まった。そのため中華民国は外交を弾力化し、国交のない国との間で貿易などの実質的関係を発展させ、各種の民間国際交流を奨励する一方で、他の国際組織での議席・権利の維持や既存の国交のある国との関係を強化するようにしていった。 冷戦後の1990年代に入ると、中華民国は「全中国を代表する国家」であることに固執せずに国際的地位を確保するという外交政策をとりはじめ、広範に国際組織に参加、活動することを目標とするようになった。これは、中華民国が主権国家であることを国際社会にアピールすることを目的としており、1993年から続いている国連再加盟運動もこの政策の一環であるといえる。だが、このような外交政策は中国共産党が主張する「一つの中国」に抵触するおそれがあり、両国関係にも影響が及んでいる。 中華民国は、代表なき国家民族機構(UNPO)という国際NPOの会員になっているが、台湾民主基金会として参加している。 現在、中華民国と国交のある国は15カ国(2019年9月20日時点)だが、他にも59カ国と香港・マカオに代表処や弁事処(実質的に大使館や領事館の役割を果たしている非政府機構の形をとった窓口機関)を設置している(2006年8月6日時点)。なお、中華民国と公式な外交関係のある15カ国...

    ^ “台湾、ソロモンと断交 国交国16カ国に 呉外相「極めて遺憾」”. 中央社フォーカス台湾 (2019年9月16日). 2019年9月16日閲覧。
    ^ “台湾、キリバスと断交 今週2ヶ国目”. 中央社フォーカス台湾 (2019年9月20日). 2019年9月20日閲覧。
    ^ “台湾、キリバスとの断交を発表 今週2か国目”. フランス通信社. (2019年9月20日). オリジナルの2019年6月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190920083701/https://www.afpbb.com/articles/-/3245497 2019年9月22日閲覧。

    言語表記がないサイトは、繁体字中国語。 1. 中華民国憲法(日本語)(台北駐日経済文化代表処の情報) 2. 中華民国憲法増修条文(2005年版・日本語)(台北駐日経済文化代表処の情報) 中央政府機関 1. 中華民国総統府 2. 中華民國政府入口網站 3. 国民大会 4. 立法院 5. 司法院 6. 行政院 6.1. 行政院新聞局 7. 考試院 8. 監察院 地方政府機関 1. 台湾省、福建省、台北市、高雄市の各外部リンクに記載。 政党 1. 民主進歩党 2. 台湾基進 3. 時代力量 4. 中国国民党 外交関係 1. 中華民国外交部 2. 台北駐日經濟文化代表處 (日本語) 3. Taipei Economic & Cultural Representative Office in the United State (駐美國台北經濟文化代表處) (英語) 4. 行政院大陸委員会

  5. Category:中華民国 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/Category:中華民国

    カテゴリ「中華民国」にあるページ このカテゴリには 65 ページが含まれており、そのうち以下の 65 ページを表示しています。 中華民国

  6. 台湾 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/台湾

    国共内戦の末、中華民国は1949年に政府を中国大陸から台湾島へと移転。国連における「中国」の議席は1971年のアルバニア決議によって中華人民共和国が継承した。中華民国は1992年以降、中国大陸の主権を取り戻すことを放棄している [2]。 ...

    • 3,952 m (12,966 ft)
    • 太平洋
    • 136位
    • 36,197 km² (13,976 sq mi)
  7. 中華民国国軍 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/中華民国国軍
    • 概要
    • 名称
    • 階級
    • 陸軍
    • 海軍
    • 空軍
    • 憲兵
    • 軍事行動
    • 不祥事
    • 関連項目

    中華民国軍は中華民国憲法第36条に規定されており、中華民国総統が陸海空軍の統帥権を持つ。国防部組織法・国防部参謀本部組織法・国防部政治作戦局組織法・国防部軍備局組織法・国防部軍医局組織法・国防部主計局組織法の、いわゆる国防六法で定義されている。第20条の規定により、徴兵制が敷かれていて、満19歳以上の男子は、12カ月間の兵役義務(2003年までは22カ月、2004年からは12ヶ月)を課せられていたが、2012年に停止された。なお、4ヶ月の軍事教練期間は残す予定である。基礎訓練と専門訓練をそれぞれ8週間ずつ行う。基礎訓練は1日8時間の計320時間、専門訓練は1日7時間の計280時間。訓練終了後は予備役に編入される。訓練終了時の合格基準は、基礎は腹筋運動と腕立てを2分間25回ずつと19分以内の3000メートル完走、専門段階では腹筋と腕立てを2分間32回ずつと17分以内の3000メートル完走となっている。国軍である中華民国軍は、正規軍で陸軍約20万人、海軍約4万5000人(内海軍陸戦隊約1万5000人)、空軍約5万5000人、憲兵隊約1万2000人、予備役で約165万人の兵力を擁している。主力戦車926両以上、駆逐艦・フリゲート艦26隻、潜水艦4隻、作戦機約477機となっている。 2016年5月には馮世寛国防部長が、サイバー部隊を陸海空軍と並ぶ「第4軍種」として設立する計画を表明した。 1949年以降の中華人民共和国との軍事的対立を背景として、中華民国の軍事施設には最新鋭の兵器、軍用機、軍用船を装備する努力を続けており、2005年度の国防関係予算は国家予算全体の約15%に相当する2,453億元(約7,400億円)となっている。2010年度の国防予算は、3,150億元(約9,450億円)となり、馬英九元総統はGDPの約3%を下回らないように努力していた。近年では国防関係予算の削減が行なわれており、政府は特別予算を組むなどして対応している。将来的には総兵力を27万5,000人から21万5,000人まで削減、現在には17万人まで削減予定。女性兵士の割合は8%で、女性軍人は約1万5000人となっている。上限は8%だが、将来的には女性定員枠を拡大する方針を明らかにしている。 2018年12月26日、志願兵制に移行した。

    中国語での正式名称は中華民國國軍。中華民国(台湾)国内の略称は國軍。公式の英語表記は、Republic of China Armed Forcesである。 中華人民共和国は中華民国政権を承認していないので、臺軍(「台湾の軍隊」の意)と呼ばれている。

    総兵力約27万人。陸軍司令部の下には、3個(第6、8、10)軍団指揮部、4個(花東、金門、馬祖、澎湖)防衛指揮部、後勤指揮部、防空ミサイル指揮部、航空特戦指揮部、督察長室、陸軍教育訓練基準則発展指揮部等がある。 1. 第6軍団指揮部 - 軍団本部「前鋒部隊」:桃園中壢 1.1. 1.1.1. 第21砲兵指揮部「金鷹部隊」- 桃園中壢 1.1.2. 第33化兵群- 桃園中壢 1.1.3. 第53工兵群 - 桃園八徳 1.1.4. 第73資電群 - 桃園中壢 1.2. 關渡地区指揮部「虎嘯部隊」 - 台北關渡 1.3. 蘭陽地区指揮部「黄龍部隊」 - 宜蘭三星 1.4. 第269機械化歩兵旅団「雄獅部隊」 - 桃園楊梅 1.5. 第542装甲旅団「迅雷部隊」 - 新竹湖口 1.6. 第584装甲旅団「登歩部隊」 - 新竹湖口 1.7. 第153歩兵旅団「翔龍部隊」 - 宜蘭金六結 1.8. 第206歩兵旅団「威武部隊」 - 新竹関西 2. 第10軍団指揮部 - 軍団本部「崑崙部隊」:台中新社 2.1. 2.1.1. 第58砲兵指揮部「虎鋒部隊」 - 台中神岡 2.1.2. 第36化兵群 - 台中大雅 2.1.3. 第52工兵群 - 台中太平 2.1.4. 第74資電群 - 台中新社 2.2. 第586装甲旅団「鍾山部隊」 - 台中后里 2.3. 第234機械化歩兵旅団「長城部隊」(2013年4月1日、第200機械化歩兵旅団「古北部隊」から改編) - 台中大里 2.4. 第104歩兵旅団「常山部隊」 - 台中烏日成功嶺 2.5. 第257歩兵旅団「軍魂部隊」 - 嘉義大林 2.6. 第302歩兵旅団「虎威部隊」 - 台中烏日成功嶺 3. 第8軍団指揮部 - 軍団本部「干城部隊」:高雄旗山 3.1. 3.1.1. 第43砲兵指揮部「天雷部隊」 - 高雄大樹 3.1.2. 第39化兵群 - 高雄旗山 3.1.3. 第54工兵群 - 高雄燕巣 3.1.4. 第75資電群 - 高雄旗山 3.2. 第333機械化歩兵旅団「埔光部隊」(2013年7月1日、第298機械化歩兵旅団「埔傳部隊」から改編) - 屏東萬金 3.3. 第564装甲旅団「少康部隊」 - 高雄阿蓮 3.4. 第203歩兵旅団「實踐部隊」 - 台南大内 4. 花東防衛指揮部「正義部隊」 - 花蓮美崙 4.1....

    兵員数は5万強である。編成としては、海軍司令部の下に、艦隊指揮部・陸戦隊指揮部・教育訓練曁準則発展指揮部・後勤指揮部などが置かれている。中華民国海軍陸戦隊を有する。 台湾国防部(運用を担うのは海軍)にとってイージス艦の導入(実践配備)は悲願である。キッド級ミサイル駆逐艦の配備により、台湾海峡の海軍力の均衡は当面保たれることになった。

    総兵力5万強。空軍司令部の下には、政治作戦部、作戦指揮部、防空砲兵指揮部、訓練指揮部、後勤指揮部等がある。F-16A/B戦闘機150機、経国戦闘機(F-CK-1戦闘機IDF経国型)131+6機、ミラージュ2000戦闘機60機、F-5戦闘機52機を保有し、2006年には最新のE-2Hawkeye 2000を導入した。有事の際には、全国56ヶ所の飛行場(空軍基地12ヶ所、国際空港2ヶ所、その他42ヶ所)の外、高速道路も48時間以内に軍用滑走路に転用することができる。 稼働率は、経国:63%、ミラージュ2000:65%、F-16:75%かそれ以上 。 従来は質に勝る中華民国空軍が台湾海峡の制空権を完全に維持できるとされてきた。しかし、近年は中国人民解放軍空軍の使用機材の近代化(J-11やJ-10やFC-1)により、中華民国空軍の優勢が揺らいでいるとの見方もある。既にF-5戦闘機が耐用年数を迎えつつある。また、ミラージュ2000は運用国が少ないため、部品調達はF-16の3倍のコストに及ぶ他、フランスが同機種をラファールへ更新するために台湾での運用継続も危ぶまれる。 そこで、国防部は2006年頃からF-16C/Dの導入予算を求め始めた。しかし、当時は、野党国民党の反対で立法院が各種兵器の購入予算を渋っていたため、アメリカ政府もF-16C/Dの追加売却の承認を保留した。2008年5月には中国との緊張緩和を望む国民党が政権を奪還した。また、アメリカはブッシュ政権が末期を迎えたため、台湾へのF-16C/Dの追加売却は次期政権に引き継がれた。2012年現在もF-16C/Dの追加売却は行われず、現在保有しているF-16A/B、143機分にフェーズドアレイレーダー等を搭載する能力向上だけが行われる。 なお、国防部はF-15やF-35にも興味を示しているが、アメリカ政府は中華人民共和国との軍事バランスを保つことを名目に今の所これに応ずることはないと思われる。そのため、当面はF-CK-1(IDF経国号)の改良も継続されている。 しかし2019年8月20日、米国務省はF-16V66機を台湾に売却することを議会に正式通知した。

    憲兵(けんぺい)とは、憲兵指揮官の管轄に属し主として軍事警察を掌り兼て行政警察、司法警察を掌る兵科の一種である。総兵力約1万5千人。警察と共にテロ対策等を実施中である。憲兵指揮部の下には、4個(第202、203、204、205)指揮部、憲兵訓練センター、憲兵隊、憲兵特勤隊 (MPSSC)、刑事鑑識センター等がある。

    古寧頭戦役:1949年10月25日—1949年10月28日
    登歩島戦役:1949年11月3日—1949年11月5日
    海南島撤退:1950年5月1日
    万山群島海戦:1950年5月25日—1950年6月27日
    1993年12月9日、尹清楓海軍大佐の水死体が台湾宜蘭県東澳沖で発見された事件をきっかけで、康定級フリゲートの調達に関連した国際的な汚職事件が発覚した。
    1996年9月12日、台北市都心部にある空軍作戦司令部の敷地に、レイプされた幼女の死体が発見された。その現場付近にいる江国慶上等兵が容疑者として逮捕された。証拠不十分にも関わらず、軍事裁判所が江上等兵に死刑判決を下し、1997年8月13日執行した。
    2013年7月1日、陸軍装甲542旅の洪仲丘下士が退役直前に約1週間、懲罰室に入れられていた。理由は会合で部隊の管理体制を批判し、上官らの恨みを買ったとみられている。同年7月3日、熱中症で死亡した。最初、軍事検察が死亡原因を「意外死」と主張したものの、遺族に委託された民間法医学者高大成が「虐待による熱中症で死亡」と判明した。軍事検察がこの事件に関する責任究明に対して態度は極めて消極的であり、...
    2011年6月6日、中華人民共和国の北京での黄埔軍校同学会のフォーラムに出席した国防大学初代学長の夏瀛洲(中国語版)二級上将ら中華民国国軍の退役将校が「われわれ国軍も共産党軍もともに同じ中国軍」「歴史的任務と使命である中台統一のためにともに頑張ろう」と席上で発言してこれを中国人民解放軍少将の羅援が歓迎したことが波紋を呼んで当時の馬英九中華民国総統が「困惑してる」とする声明を出すに至った。
  8. 中華民国の行政区分 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/中華民国の行政区分

    中華民国の行政区分. 中華民国 の 行政区分 (ちゅうかみんこくのぎょうせいくぶん)は、時期により大きく制度に相違点があるため、下記の各項目にて解説する。. 南京臨時政府の行政区分 - 辛亥革命 から 北京政府 成立までの行政区画。. 各省の軍政府を含む。. 北 ...

  9. 中華民国政府遷台 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/中華民国政府遷台

    中華民国政府遷台(中国語: 中華民國政府遷台 ) [注釈 1] は、中華民国政府の台湾への移転のことである。 第二次国共内戦 の末期、 1949年から1950年にかけて [ 要出典 ] 中国国民党 とその政府の 200万人の兵士 [ 要出典 ] と民間人が移転した。 ...

  10. 中華民国旅券 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/台湾旅券

    1945年10月15日、中華民国は 連合国軍最高司令官総司令部 が発した 一般命令第一号 に基づき台湾に進駐し、同年 10月25日 の 台湾光復 式典によって、台湾を自国領に編入した。. 1949年の 国共内戦 を経て、中華民国の実効統治領域は台湾地区のみとなり、中国大陸 ...

    • 10年間, 14歳以下は5年間
    • 身分証明