Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 林姓 - 维基百科,自由的百科全书

    zh.wikipedia.org/wiki/林姓

    林氏古墓 殷 太师 比干墓 林氏始祖墓,位於河南省 卫辉市的比干庙内 [3] 林禄墓(289~356年) 閩林氏始祖墓 位於福建省 泉州市 泉港區塗嶺鎮清美村九龍崗 林披墓(唐) 九牧林家始祖墓 位於福建省莆田市荔城区西天尾镇龙山村 林伋墓(北宋)

  2. 林氏 - 維基大典

    zh-classical.wikipedia.org/wiki/林氏

    林氏譜曰:“我,商比干裔也。帝辛沈湎淫逸,比干強諫不聽而受戮,孔子稱焉。妃媯氏聞死事,攜子違之。後周王發克殷,得媯氏及子堅,封之博陵,賜姓林,以嘉錚臣之後延比干之祀焉。子孫遂為林氏

  3. 臺中林氏宗祠 - 维基百科,自由的百科全书

    zh.wikipedia.org/wiki/臺中林氏宗祠

    臺中林氏宗廟(當地人俗稱林祖厝)位於臺中市 南區,於民國七十四年(1985年)11月27日公告為三級古蹟。原創建於清 嘉慶年間,初名「林祿公祠」,建於內新莊(今臺中市大里區內新里);台灣日治時期昭和5年(1930年)遷於現址。

    • 尚親堂、林祿公祠、林祖厝
    • 祠堂
  4. 林氏 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/林氏

    周防林氏 林氏(伊藤氏) 林氏は本姓 越智 宿禰 河野氏の支流といわれる。 伊藤博文の実家の家系で、家紋はもと「折敷に三文字(おしきにさんもじ)」だが、伊藤姓に改姓以後「上がり藤(あがりふじ)」を用いた。 博文自身の語るところ [1] によれば、「先祖は河 ...

  5. 林氏 - 維基百科,自由嘅百科全書

    zh-yue.wikipedia.org/wiki/林氏

    林(粵拼 )係唐人 姓氏,喺《百家姓》裏頭排第147位。 名人 林默娘:即係媽祖,海神 林士弘:隋代楚國皇帝 林則徐:晚清政治人 ... 呢篇林氏係同姓氏有關嘅楔位文章,重未寫完嘅。麻煩你幫手 佢。

  6. 林氏貞孝坊 - 維基百科,自由的百科全書

    zh.m.wikipedia.org/zh-tw/林氏貞孝坊

    林氏貞孝坊是一座豎立於臺灣臺中大甲的清代貞節牌坊。該牌坊乃為表彰淡水廳大甲街地方人士余榮長之妻林春娘(文獻多記為「春娘」,而「娘」字為舊時對單名婦女之通稱,故其人原名應為「林春」,而櫟社詩人蔡子昭所撰碑記即寫有「諱春」二字 [1] )之貞孝事蹟,而興 ...

    • 尾張林氏
    • 仙台藩士越智姓林氏
    • 三河林氏
    • 林家
    定説では河野氏一族の河野通広が美濃国に定着したというが疑わしい。実際は稲葉氏の一族であり、稲葉通村の代に、姓を「林」と改めたという。
    戦国時代に織田信長に重臣として仕えた林秀貞が有名。しかし秀貞は1580年に追放されてしまい、林氏は没落した。子孫は藩士となって尾張藩に仕えた。
    子孫については、その後九州の黒田藩(現在の福岡県福岡市)に仕え、そこで家老の職に就いていたとのこと。
    また、林政秀の子の正成が稲葉重通の養子となり、稲葉正成として稲葉氏家督を継ぐなどの密接な関係が見られる。

    『角川日本姓氏歴史人物大辞典4 宮城県姓氏家系大辞典』に、平士150石の仙台藩士に越智宿禰で稲葉氏一族の四門氏を祖とする林氏がある。稲葉通富の子である林通兼の子の林新左衛門通安の数世孫の四門四郎兵衛を祖とする。 四門四郎兵衛は堀秀政の堀氏に仕え、慶長年間に近江国岡村に住んで岡村氏を称する。子孫は福島正則の家臣になった後に江戸幕府幕臣となるが、正徳5年(1715年)に浪人となった。その後幸運にも幕府に召抱えられ書物奉行(620石)となったが(岡村良通。召抱えられた時期は不明)、謹厳実直で上司とあわず1741年に職を辞し浪人になった。良通にはさる大名家で3千石の家老職を勤めていた兄がおり子供を預けようと訪れたが、主君に諫言死した後だったため、結局葬儀で会った弟の林従吾道明に子供を預けた(道明が林姓に復姓した時期は不明)。 道明は開業医であったが後に仙台藩医となり、良通の娘で道明の姪である「なほ」が仙台藩に奉公に上がる。なほは伊達宗村に見初められの側室となり、その影響により弟の林友諒が仙台藩士となり、以後続いていく(なほは宗村死後出家し円智院となる)。林友諒の弟の林子平は寛政の三奇人の一人として知られる(子平も部屋住みから仙台藩士に取り立てられたが、自らの献策が取り上げられないのを嘆き自ら部屋住みに戻った)。

    甲斐源氏・小笠原氏の傍系であり、松平親氏の頃より松平氏(徳川氏)に仕えたとされる譜代家臣。信濃林城を築いた府中小笠原家の小笠原清宗の次男の林光政を始祖とする。 江戸時代後期までは代々旗本であったが文政8年(1825年)、11代将軍徳川家斉の寵臣であった林忠英の代に貝淵藩1万8千石の大名に列せられた。子の忠旭の代に1万石に減らされ、陣屋を移し請西藩となる。 幕末、請西藩第3代(通算で4代)忠崇は、藩主であるにもかかわらず自ら脱藩し、藩士を率いて旧幕府軍として戊辰戦争に参戦、その責任を取られ請西藩は明治元年(1868年)に明治新政府により取り潰しとなった。しかし、明治26年(1893年)に赦され、忠崇は無爵華族に、嫡男忠弘は男爵に叙されている。なお、林忠崇は昭和16年(1941年)まで存命しており、「最後の大名」とも呼ばれた。 結果論であり、伝承に拠ることになるが、徳川氏の始祖から、徳川幕府の最後まで、林家は徳川の臣として仕えたことになる。

    林家は、京都の町人であった林信時の子である林羅山(本名:林信勝)を祖とする朱子学派儒学者一門。「りんけ」と呼び習わされてはいるが、名字は「はやし」である。 羅山以降、一族は江戸幕府に儒官として仕え、3代林鳳岡からは代々大学頭を世襲した。しかし7代林信敬には嗣子がなく、岩村藩主松平乗薀の子の松平乗衡が養子となり、8代林述斎として林大学頭を継いだ。

  7. 林望 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/林望

    林氏 林家は江戸時代、代々徳川家に仕えた武家(静岡県士族であったという) 季樹 健太郎 雄二郎 望 四郎 著作 随筆 『イギリスはおいしい』(平凡社、1991年)のち文春文庫 『イギリスは愉快だ』(平凡社、1991年)のち文春文庫

  8. 林芳正 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/林芳正

    林 芳正(はやし よしまさ、1961年1月19日 - )は、日本の政治家。参議院議員(5期)。 参議院外交防衛委員長、防衛大臣(第5代)、参議院政府開発援助等に関する特別委員長、同環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員長、同環境委員長、内閣府 ...

  9. 林由起子(東京医大学長)氏Wiki プロフィール~経歴・学歴 東京医科大学学長に選任された林由紀子氏(年齢不詳)。これで女性差別が無くなればいいけど…。 ちなみに年収2千万とか ...