Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 秦氏 (日本) - 维基百科,自由的百科全书

    zh.wikipedia.org/wiki/日本秦氏

    秦氏有他们的神社:松尾大社、伏見稻荷大社、木嶋神社 ( 日语 : 木嶋坐天照御魂神社 )、大避神社 ( 日语 : 大避神社 )。最有名是伏見稲荷大社,而 大酒神社 ( 日语 : 大酒神社 ) 是祭祀秦始皇、孝武王、功满王。 现代秦氏

    • はたうじ
    • 秦氏
    • Hata-uji
  2. 秦姓 - 维基百科,自由的百科全书

    zh.wikipedia.org/wiki/秦姓

    來源 漢族 嬴姓 秦氏:非子受周孝王之封建立秦國,其支系子孫以國名為姓,此為秦姓大宗。 姬姓 秦氏:周公旦的一支後裔,被封在秦邑(今河南 範縣),其後人以秦為姓氏。 其他民族 滿族、蒙古族、與古代西域(大秦)人士改姓。 參考文獻與註釋

  3. 秦氏支祠 - 維基百科,自由的百科全書

    zh.wikipedia.org/zh-tw/秦氏支祠

    秦氏支祠,俗稱秦家祠堂,是中國 浙江省 寧波市一組民國建築群,位於海曙區馬衙街,天一閣南側,建造者為寧波銀行家秦際瀚。 建築始建於1923年,1925年落成。秦氏支祠坐北朝南,占地面積近2000平方公尺,耗費銀兩20餘萬,匯集寧波朱金木雕、石雕、磚雕工藝於一體, ...

  4. 秦氏 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/秦氏

    秦氏 (はたうじ・はたし)は、「秦」を氏の名とする氏族。東漢氏などと並び有力な渡来系氏族である。 歴史 神功皇后、応神天皇の時代に秦氏一族(数千人から1万人規模)が当国に帰化したとの記録が残っており、 天皇家に協力して朝廷 ...

  5. 秦氏 - 維基百科,自由嘅百科全書

    zh-yue.wikipedia.org/wiki/秦氏

    秦係唐人 姓氏,喺《百家姓》裏頭排第18位。 名人 秦觀:北宋詞人 秦檜:南宋宰相 秦良玉:明末女將 秦日綱:太平天國燕王 秦啟維:香港藝人 呢篇秦氏係同姓氏有關嘅楔位文章,重未寫完嘅。麻煩你幫手 佢。

  6. 秦 - 維基大典

    zh-classical.wikipedia.org/wiki/秦

    此頁二〇一九年四月二五日 (週四)一四時一六分方易。 凡我維基之文,悉為共享創意授權。翻印增刪,皆須引據,並同道為之。然條款繁多,不一而足。請閱全文,以得其詳。 隱私通例 大典自序 免責告示 掌中書卷 司空津逮 統計 鑑識聲明

  7. 秦朝 - 維基百科,自由的百科全書

    zh.wikipedia.org/zh-tw/秦朝

    Wikipedia®和維基百科標誌是維基媒體基金會的註冊商標;維基 是維基媒體基金會的商標。 維基媒體基金會是按美國國內稅收法501(c)(3)登記的非營利慈善機構。 隱私政策 關於維基百科 免責聲明 手機版檢視 開發人員 統計 Cookie 聲明

  8. Category:秦氏 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/Category:秦氏

    秦氏 に関するカテゴリ。 下位カテゴリ このカテゴリには下位カテゴリ 5 件が含まれており、そのうち以下の5 件を表示しています。 お 大蔵氏 ...

    • 出自
    • 歴史
    • 備考(その他)
    • 秦氏の系統(一覧)
    • 秦氏に関する人物
    • 末裔とされる氏族
    • 参考文献
    • 関連項目
    • 出典・注釈

    『新撰姓氏録』によれば秦の始皇帝の末裔で応神14年(283年)百済から日本に帰化した弓月君(融通王)などが祖とされる。朝廷の設立や土地の開拓などに深く携わった氏族であり、その勢力は8世紀、9世紀に更に拡大されたと云われている(明らかにされていない点も多く以下の諸説などがある)。 1. 中国の王朝秦の流れをくむ百済系の渡来氏族。『日本書紀』における弓月君が百済の120県の人民を率いて帰化したとの所伝もこの説を補強する(笠井倭人・佐伯有清)。 2. 『新撰姓氏録』や『古語拾遺』に依ってハタでなく韓国(からくに)語のハダ(波陀)と読めることから、後で秦(はた)氏を名乗った百済人である。(本居宣長・新井白石)「弓月」の朝鮮語の音訓が、百済の和訓である「くだら」と同音・同義であることから、「弓月君」=「百済君」と解釈する一説もある。 3. 新羅系渡来氏族。聖徳太子に仕えた秦河勝は新羅仏教系統を信奉していたが、これは蘇我氏と漢氏が百済仏教を信奉していたのと対照的である(平野邦雄・直木孝次郎・上田正昭)。 4. 中国の西に位置する天山山脈の麓にあった弓月国を源とした一族が朝鮮半島に逃れて建てた秦韓(辰韓)を構成した国の王の子孫。新羅の台頭によりその国が滅亡した際に王であった弓月君が日本に帰化した(太田亮)。 5. 中国五胡十六国時代の羌族が興した後秦に由来する。また、羌族がチベット・ビルマ語派に属するチベット系民族であって、同言語においてハタは辺鄙の土地、ウズは第一、キは長官を意味することから、ハタのウズキとは「地方を統治する第一の長官」を意味する。同様に、マは助詞「の」、サは都を意味することから、ウズマサは「第一の都市」を指す(田辺尚雄)。 『隋書』には、風俗が華夏(中国)と同じである秦王国なる土地が日本にあったことが紹介されており、これを秦氏と結び付ける説もある。

    神功皇后、応神天皇の時代に秦氏一族が渡来(数千人から1万人規模)したとの記録が残っており、 天皇家に協力して朝廷の設立に関わったとされている。渡来人には弓月君、阿直岐、王仁、阿知使主といった人物がおり、秦の始皇帝三世直系の弓月君は秦氏の中心的人物であり、和邇吉師(王仁)によって論語と千字文が伝わったという。(『古事記』) 日本へ渡ると豊前国に入り拠点とし、その後は中央政権へ進出していった。大和国のみならず、山背国葛野郡(現在の京都市右京区太秦)、同紀伊郡(現在の京都市伏見区深草)や、河内国讃良郡(現在の大阪府寝屋川市太秦)、摂津国豊嶋郡、針間国(現在の兵庫県)、阿波国、伊予国神野郡など各地に土着し、土木や養蚕、機織などの技術を発揮して栄えた。難波津の西成・東成郡には秦氏、三宅氏、吉氏など新羅系の渡来人が多く住み、百済郡には百済系の渡来人が住んだ。 山背国からは丹波国桑田郡(現在の京都府亀岡市)にも進出し、湿地帯の開拓などを行った。雄略天皇の時代には秦酒公(さけのきみ)が秦氏の伴造として各地の秦部・秦人の統率者となり、公の姓を与えられた。欽明天皇の時代には紀郡深草里の秦大津父(おおつち)が伴造となって、大蔵掾に任ぜられたという。また、これ以降秦氏の氏人は造姓を称したが、一部は後世まで公姓を称した。 天智天皇は秦氏による山背国(山城国)への開拓(遷都)を薦めていたが未開のままとなる。天応元年の桓武天皇即位により皇統が天智天皇流に戻り、これにより再び開拓がなされ、延暦3年(784年)に長岡京を造営する。延暦13年(794年)には和気清麻呂・藤原小黒麻呂(北家)らの提言もあり、平安京への遷都となった。 秦氏の本拠地は山背国葛野郡太秦と云われており、また河内国讃良郡にも同名の「太秦」という地名がある(上述した寝屋川市の町丁)。河内国太秦には弥生中期頃の高地性集落(太秦遺跡)が確認されており、付近の古墳群からは5世紀から6世紀にかけての渡来人関係の遺物が出土(太秦古墳群)している。秦氏が現在の淀川の治水工事として茨田堤を築堤する際に協力したとされ[要出典]、現在の熱田神社(大阪府寝屋川市)が広隆寺に記録が残る河内秦寺(廃寺)の跡だったとした調査結果がある[要出典]。伝秦河勝墓はこの地にある。また、山背国太秦は秦河勝が建立した広隆寺があり、この地の古墳は6世紀頃のものであり...

    日本人のルーツとしての多くは大陸から渡って来たとされヤマト王権成立後に同化が進んだ。渡来系氏族とは歴史用語として3世紀から7世紀に掛けて大陸より帰化した秦氏などの有力氏族を指すものだとされる。(現在の日本政府ではアイヌのみを日本の先住民族としている。) 奈良時代の戸籍・半布里戸籍にも記されている(富加町)。 アメノヒボコ(天之日矛、天日槍)説話のある地域は秦氏の居住地域と一致するという平野邦雄の指摘もある。 天武天皇14年(685年)の八色の姓では忌寸の姓を賜与されるが、忌寸のほかに公・宿禰などを称する家系があった。 平安仏教を代表する最澄と空海も八幡神や秦氏とは縁が深かったとされている。 平安遷都に際しては葛野郡の秦氏の財力・技術力が重要だったとする説もある。平安時代には多くが惟宗氏を称するようになったが、秦氏を名乗る家系(楽家の東儀家など)も多く残った。東家、南家などは松尾大社の社家に、荷田家、西大路家、大西家、森家などは伏見稲荷大社の社家となった。なお中世になり社家を継いだ羽倉家については、南北朝の混乱時に荷田氏を仮冒したことが疑われている。

    豊前秦氏 - 正倉院文書によると豊前国の戸籍には加自久也里、塔里(共に上三毛郡=現在の築上群)、丁里(仲津郡=現在の福岡県行橋市・京都群みやこ町付近)の秦部や氏名が横溢している。
    播磨秦氏 - 拠点は播磨国赤穂郡。平城宮出土木簡に書き残されている。
    深草秦氏 - 秦大津父(おおつち)など。大蔵の財政官人を務める。
    葛野秦氏 - 拠点は山城国葛野郡太秦。長岡京、平安京の遷都にも深く携わったとされる。秦河勝、秦忌寸足長(長岡京造営長官)など。
    秦大津父 - 欽明天皇に仕えた。大蔵の司。
    秦河勝 - 聖徳太子に仕え、太秦に蜂岡寺(広隆寺)を創建したことで知られる。村上天皇の日記には「大内裏は秦河勝の宅地跡に建っている」と記されており、平安京への遷都や造成に深く関わっていたことが記紀の記述からも読み取れる。またほぼ同時代に天寿国繍帳(中宮寺)の製作者として秦久麻がいる。
    朴市秦造田来津 - 白村江の戦いで戦死。

    末裔・枝氏は60ほどあるとされる。 1. 秦首、秦公、秦人、秦子、秦冠、秦姓。 2. 勝氏、忌寸氏、部氏。 3. 朴市秦氏(えちはた) - 近江国愛知(えち)郡。 4. 内蔵氏、大蔵朝臣(漢氏と共通)。 5. 朝原氏、太秦氏、長蔵氏、長田氏 6. 惟宗氏 6.1. 薩摩島津氏 - 惟宗朝臣からの派生氏族。島津氏自体は当初は藤原氏末裔、後に清和源氏末裔を自称。 6.2. 宗氏 - 惟宗氏からの派生氏族。宗氏自体は桓武平氏末裔を自称。 6.3. 執印氏(鹿児島氏) - 薩摩国一宮新田八幡宮社家。 6.4. 神保氏、安芸氏、市来氏、川原氏、河俣氏なども惟宗氏の出とされる。 7. 長宗我部氏 - 信濃秦氏の秦能俊が土佐国長岡郡宗部郷の地頭となったため改姓。 8. 川勝氏 9. 赤松氏 10. 東儀家 11. 松下氏 - 松下氏自体は宇多源氏(近江源氏)六角氏の末裔を自称。庶家に花井氏がある。 松尾氏は、秦氏の末裔。秦氏は松尾大社、伏見稲荷大社などを氏神として祀り、それらは賀茂氏の創建した賀茂神社とならび、山背国でももっとも創建年代の古い神社となっている。秦氏の末裔はこれらの社家となった。

    太田亮『姓氏家系大辞典』角川書店、1963年
    平野邦雄「秦氏の研究」(『史学雑誌』第70編第3・4号、1961年、『大化前代社会組織の研究』吉川弘文館、1969年所収)
    上田正昭『帰化人』中公新書、1965年
    関晃『帰化人』至文堂、1966年
    注釈
    ^ 上皇方に味方した(保元の乱または平治の乱)ために敗れ、土佐国に落ち延びた後に長宗我部家となったとされる。但し、長宗我部家関連以外で信濃秦氏について言及した書物はない。
    出典
  9. 秦 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/秦

    秦(しん、拼音: Qín、紀元前778年 - 紀元前206年)は、中国の王朝。周代・春秋時代・戦国時代にわたって存在し、紀元前221年に史上初めて中国全土を統一、紀元前206年に滅亡した。統一から滅亡までの期間を秦朝、秦代と呼ぶ。姓は嬴(えい)、氏は趙[注 2 ...