Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. Wikizero - 網絡爆紅短片

    www.wikizero.com › zh › 網絡爆紅短片

    網路爆紅影片(英語: Viral video )又稱病毒視頻,通常是影片上傳到影片分享網站(如YouTube)時,觀看次數在很短時間內就快速飊升上來。 通常是因為很多網友都將影片分享上社交網站,或拍了一些近期社會備受關注的影片,又或者是一些吸引人注意的影片,都會成為 ...

  2. Wikizero - 張吉吟

    www.wikizero.com › zh › 張吉吟

    爆紅過程 [编辑] 2015年7月5日,TVBS新聞台製作蓮花颱風相關報導,記者採訪在墾丁海邊的張吉吟,張吉吟不忌風浪衝口而出:「颱風天就是要泛舟呀,不然要幹嘛」,其玩世不恭的態度和充滿喜感的臉部表情,使這則受訪影片在網路被廣泛流傳。張吉吟一開始受到批評, ...

  3. Wikizero - 網絡紅人

    www.wikizero.com › zh › 網紅

    WikiZero Özgür Ansiklopedi - Wikipedia Okumanın En Kolay Yolu 此條目可参照英語維基百科相應條目来扩充。 若您熟悉来源语言和主题,请协助参考外语维基百科扩充条目。请勿直接提交机械翻译,也不要翻译不可靠、低品质内容。依版权协议,译文需在编辑摘要注明来 ...

  4. Wikizero - 相田翔子

    www.wikizero.com › zh › 相田翔子

    WikiZero Özgür Ansiklopedi - Wikipedia Okumanın En Kolay Yolu 相田 翔子 女艺人 出生 1970年2月23日 ( 51歲)职业 演员、歌手、电视艺人 母校 文華女子高等学校 ( 日语 : 文華女子高等学校 ) 音乐类型 J-POP 偶像歌谣曲 演奏乐器 歌唱 出道地点 日本 东京 ...

  5. Wikizero - 日本劇集列表 (2019年)

    www.wikizero.com › zh › 日本劇集列表_(2019年)

    對面的爆紅家族 向かいのバズる家族 0 0 YTV 內田理央 高岡早紀、木下隆行、那智、小野武彥、小川紗良、永野宗典、山中崇、藤井武美、白洲迅等 網頁 0 4月12日 | 0 1時00分 | 0 1時30分 五 電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019

  6. Wikizero - 雙葉頻道

    www.wikizero.com › zh › 雙葉頻道

    WikiZero Özgür Ansiklopedi - Wikipedia Okumanın En Kolay Yolu 雙葉頻道(日语: ふたば ちゃんねる ),又稱2chan,是於2001年推出的以ACG、御宅族等次文化相關討論為主題的日本流行貼圖討論版 網站。 2chan於2001年8月30日創建,当时为了回应2ch有可能关闭的 ...

  7. Wikizero - 鬼滅之刃

    www.wikizero.com › zh › 鬼滅之刃

    《鬼滅之刃》 (日語: 鬼滅の刃 ),簡稱《鬼滅》,是日本漫畫家 吾峠呼世晴所創作的奇幻漫畫作品,描述主角炭治郎為了尋求令被變成鬼的妹妹變回人類的方法,並踏上斬鬼之旅的和風刀劍奇譚 [1]。於2016年2月15日至2020年5月18日在《週刊少年Jump》連載 [2],全205話。

  8. Wikizero - 希萌創意

    www.wikizero.com › ja › Simon_Creative_(台湾)

    希萌創意行銷股份有限公司(シーモンそういこうしょうこぶんゆうげんこうし)、略称希萌創意(英語: Simon Creative )は、台湾のキャラクターデザイン、マーケティングと版権管理を行う企業。 社名は創業者である楊家宇の英語名Simonが由来 [注釈 2]。 楊自身は社 ...

  9. Wikizero - 藤村有弘

    www.wikizero.com › ja › 藤村有弘
    • 来歴・人物
    • 後任
    • 出演歴
    • 外部リンク

    幼少期より芸能活動を行い、喜劇役者として映画などで個性的な役柄を演じたほか、『ひょっこりひょうたん島』(NHK)のドン・ガバチョの声(初代)やインチキ外国語で一世を風靡した。日本のお笑い史にも軌跡を残し、“バンサ”の愛称で知られる。 ドン・ガバチョのつぶやき声である「ブフブハ」、笑い声の「ハタハッハ」は誤記された台本をそのまま読んだことから、またトラヒゲを「トラどん」とアドリブで言ったところスタッフに受けたため採用されたものである。 インチキ外国語の芸の元祖であり、特に協和語を多用したインチキ中国語はフジテレビ『新春かくし芸大会』の中国語劇のナレーションとして定番であり、またイタリア語バージョンの「ドルチャメンテコチャメンテ、スパゲッティナポリターナ、ゴンドラスーイスーイ、トラバトーレ、トルナラ・トッテミーロ」は現代でも知られている有名なお笑いのフレーズであろう[独自研究?]。 趣味はアマチュア無線で、当時のコールサインはJH1BAN(今は別人に割り当て済み)。著名人であることから郵政省電波監理局が愛称にちなみ便宜を図ったようだが、真相は明らかにされていない。 1982年3月10日に風邪ぎみになり、同年3月13日、レギュラーパーソナリティーとして出演していた静岡放送(SBSラジオ)の生放送ラジオ番組『藤村有弘の東海道それゆけ四時間!!』の放送終了後に緊急入院した。その後の診断で原因がかねてからの持病だった糖尿病の悪化によるものと判明したため、主治医の勧めで3月15日夜に戸塚共立第2病院に転院したが、緊急入院からわずか3日後の3月16日午後5時35分に糖尿病性昏睡のため死去。48歳没。その日に放送された『なるほど!ザ・ワールド』(フジテレビ系)が最後の出演だった。普段の生活ではゲイであることを公言しており、葬儀のスピーチで友人の大橋巨泉は「バンサは彼がゲイである事を隠さなかった。しかし日本にはまだ同性愛者に対する強い偏見がある。だからボクは今夜、藤村有弘を立派な同性愛者として送ってやりたい」と述べた。

    藤村の死後、持ち役を引き継いだ人物は以下の通り。 1. 名古屋章(『ひょっこりひょうたん島』リメイク版:ドン・ガバチョ役) 2. 栗田貫一(『ひょっこりひょうたん島』プレマップ版、『ざわざわ森のがんこちゃんスペシャルショー 「プリンプリンと大ぼうけん」』:ドン・ガバチョ役)

    映画

    1. 新妻の実力行使(1957年、新東宝) 2. 駅前旅館(1958年、東宝)- 修学旅行の引率教師 ポスターには記載されているが、本編ではノンクレジット[要出典] 3. 爆笑 水戸黄門漫遊記(1959年、東宝) - 嵐藤十郎 4. 銀座旋風児(1959年、日活) 5. 可愛い花(1959年、日活) - 秘書課長 6. 疾風小僧(1960年、日活) 7. 大暴れ風来坊(1960年、日活) 8. 東京の暴れん坊(1960年、日活) 9. あした晴れるか(1960年、日活) 10. 拳銃無頼帖 抜き射ちの竜(1960年、日活) 11. 拳銃無頼帖 電光石火の男(1960年、日活) 12. 拳銃無頼帖 不敵に笑う男(1960年、日活) 13. 拳銃無頼帖 明日なき男(1960年、日活) 14. 助っ人稼業(1961年、日活) 15. でかんしょ風来坊(1961年、日活) 16. 波涛を越える渡り鳥(1961年、日活) 17. 大海原を行く渡り鳥(1961年、日活) 18. 東京お転婆娘(1961年、日活) 19. 太陽、海を染めるとき(1961年、日活) 20. 紅の拳銃(1961年、...

    テレビドラマ

    1. 吾輩は猫である(1958年、NTV) 2. セールスマン水滸伝(1959年 - 1961年、フジテレビ) 3. 若い季節(1961年 - 1964年、NHK) 4. お気に召すまま(1962年、NETテレビ)第8話「生活の知恵」、第15回「友遠方より来たる」 5. コメディ フランキーズ(1963年、TBS) 6. エプロンおばさん第一期(1963年 - 1965年、NTV)- 敷金なし(エプロンおばさん) 7. ザ・ガードマン(大映テレビ室 / TBS) 7.1. 第16話「ガードマンを罠にかけろ」(1965年) 7.2. 第236話「喜劇・いらっしゃいませ集団万引様」(1969年) 7.3. 第254話「マンションは女の戦場」(1970年) 7.4. 第312話「女と男のズッコケ自動車レース」(1971年) 7.5. 第345話「まあ恥ずかしい! スターの告白」(1971年) 7.6. 第348話「今晩ワ! 私は死のセールスマン」(1971年) 8. 水戸黄門 第36話「どら猫と小判」(1965年、東伸テレビ映画 / TBS) ※ブラザー劇場版 9. 泣いてたまるか(1...

    吹き替え

    1. それ行けスマート(1969年 - 1970年、テレビ東京版) - マックスウェル・スマート(ドン・アダムズ) 2. サイレンサー沈黙部隊(1971年、テレビ東京版) - マット・ヘルム(ディーン・マーティン) 3. クルゾー警部(1973年、テレビ朝日版) - クルーゾー警部(アラン・アーキン) 4. 大進撃(1974年、TBS版) - オーギュスタン・ブーヴェ(ブールヴィル) 5. 素晴らしきヒコーキ野郎(1975年、日本テレビ版) - エミリオ・ポンティチェリ伯爵(アルベルト・ソルディ) ※BD&DVD収録 6. マペット・ショー - シャルル・アズナブール 7. ミサイル珍道中 - チェスター(ボブ・ホープ)

    藤村有弘 - 日本映画データベース
    藤村有弘 - allcinema
    藤村有弘 - KINENOTE
    Arihiro Fujimura - インターネット・ムービー・データベース(英語)
  10. Wikizero - 肝付兼太

    www.wikizero.com › ja › 肝付兼太
    • 生涯
    • 人柄
    • 参考文献
    • 外部リンク

    肝付氏の末裔。1935年11月15日に鹿児島県揖宿郡喜入村(同郡喜入町を経て現在は鹿児島市)で生まれたが、3歳の時に鹿児島を離れ東京で育った。戦時中は山梨に疎開した。終戦後中学へ進学するにあたり、私立中学を受験したが失敗。その当時、気を紛らわすためにラジオドラマを聞いており、NHKの『話の泉』という番組の公開録画を見に行った折「この場所で仕事が出来たら…」と思ったのがきっかけで映画俳優を志す。憧れていた俳優は榎本健一。しかし、祖母から「映画俳優をやれる容姿ではない」と諭され、顔出しよりもラジオドラマで声のみで出演する「声優」の仕事を目指すようになる。 帝京高校在学時に自ら演劇部を設立。その演劇部で木下順二の『夕鶴』を上演したのがきっかけで芝居の道へ進む。高校卒業後は父親の他界により大学進学を断念した。ラジオ東京(現TBS)放送劇団の第4期生の募集に応募するが落選し、髙島屋に勤務しながら劇団七曜会に入団した。当時、七曜会がNHKの仕事に積極的に取り組んでいたため、それが縁で肝付もNHKのラジオドラマに出演するようになり、役者として食べていくという自分の気持ちを確固たるものにするため高島屋は退社した。しかし、声優としてデビューした後も金欠だったことにより、旅行会社の添乗員や靴磨き、司会者などを掛け持ちでアルバイトをしていた経験もある。七曜会が解散した後は、青野武と共に日生劇場のこけら落とし公演のオーディションを受け合格し、これに出演。七曜会から分裂した劇団作品座の所属を経て、TBS放送劇団出身の千葉耕市がプロダクションを建てるために役者集めをしていたところに誘われ、そのプロダクションに所属した。所属プロダクションはその後、河の会、俳優企画、東京俳優生活協同組合、青二プロダクション、ぷろだくしょんバオバブ、自身が主宰する21世紀FOXと変遷。2016年2月2日付けで81プロデュース所属となった。 映画デビューは1956年公開の『こぶしの花の咲くころ』(家城巳代治監督)であり、当時はまだ劇団の研究生で本名の「肝付兼正」として床屋の青年役で出演した。これ以外に1966年のポルノ作品である『汚辱の女』にも出演しているが、実写映画作品の顔出しの役者としての出演経験はこの2本のみ。 ラジオドラマデビューは主婦向けの昼の番組『婦人の時間』(NHK)で、クリーニング屋の御用聞きの...

    特色

    声種はテノール。 アニメ草創期から活動しており、少年から老人、人間以外の役もこなす。異性の老婆役を担当した経験がいくつかある。おもに子供向けのアニメや教養番組に出演した。 印象に残る作品について、初主演の『ジャングル黒べえ』の黒べえ役と『バーバパパ』を挙げている。とくに『バーバパパ』では小原乃梨子とふたりだけですべてのキャラクターに声を当てたほか、3人の子供の主題歌を歌いレコード化もされており、「唄う声優」となったのはおそらく自分が初めてではないかと語っている。『ジャングル黒べえ』でも主題歌を歌うように依頼されたが、テンポが速く無理だったため、結局大杉久美子が主題歌を担当し、肝付は合いの手だけを入れている。その後、『にこにこぷん』のじゃじゃまるとして週3本ペースで2000曲ぐらい唄ったが、唄っているうちに調子がわかるようになって最初の2・3年は大変だったと回想している。『怪物くん』では怪物三人組で『おれたちゃ怪物三人組』という曲を唄っているが、3人が3人とも音痴だったため作曲者の小林亜星はとても苦労していたという。 洋画の吹き替えをすることはあまりないが、ウディ・アレンやジェリー...

    出演作品にまつわる逸話

    藤子不二雄(藤子・F・不二雄、藤子不二雄A)原作の作品にはほとんど出演している。TBS版の『オバケのQ太郎』でゴジラを演じた際、「スタジオの外だと面白いのに、中だとつまらない」とマネージャーから言われ、第4話収録時に開き直ってアドリブを入れまくったところ、それを見学に来ていた藤子が手を叩いて喜び気に入ったことがきっかけとなり、原作者指名で役を貰うこともあったほか、指名していない作品も制作時に藤子から「肝付さんは何をやるんですか」と聞くことがあったという。藤子作品で出演していない作品は『チンプイ』、『モジャ公』など。テレビ朝日版の『ドラえもん』では骨川スネ夫役を1979年の放送開始以来26年間に亘って担当したが、なお、肝付はこれ以前に、日本テレビ版の『ドラえもん』にてジャイアン役を担当していた。しかし、ジャイアンを担当していたことに関して自身はあまり記憶には残っていなかったと語っており、日本テレビ版の『ドラえもん』のことは白黒作品だったと勘違いしていた。 2008年3月15日放送の『ナンボDEなんぼ』(関西テレビ)に、大山のぶ代とともにゲスト出演した。「声優のナンボ」をテーマに、ド...

    人間関係

    『ドラえもん (テレビ朝日版第1期)』で共演したジャイアン役のたてかべ和也とは、50年以上の付き合いがあり特に仲が良かった。『ドラえもん』のテレビ放送25周年特集のインタビューでは、「性格的には僕とたてかべさんはまったく違うんです。お互い劇団にいて、同じような悩みがあって、昔はなにかっていうと議論をするのが流行っていた時期があって、そんな時にたてかべさんと話すと、すごく話が入ってくるんですね。そういう考え方もあるんだなって」と語っている。2015年6月にたてかべが死去した際、通夜の挨拶や葬儀の弔辞を読み、いずれにおいても最後にはスネ夫の声で呼びかけた。 野沢雅子とは共演の機会も多く、夫婦以上に一緒にいる時間が長い時期もあった。共演作は『銀河鉄道999』や『怪物くん(テレビ朝日版)』、『ドラえもん(初代・日本テレビ版)』、『ウルトラB』、『ビリ犬』、『ど根性ガエル(1972年版)』、『ドロロンえん魔くん』などがある。 山口勝平の芸名の一部である「かっぺい」というのは、福岡なまりが抜けていなかった山口を、肝付が「いなかっぺい」と命名したことに由来している。また、山口、関智一、高木渉の...

    『声優界一刀両断! 悟空とスネ夫の辛口トーク』(スクウェア・エニックス)P96 - P116
    『演声人語 ベテラン声優が語る役者人生』(ソニー・マガジンズ)P78 - P88
    肝付兼太 (@tonoma_zura_) - Twitter
    肝付兼太 - 日本映画データベース
    肝付兼太 - allcinema
    肝付兼太 - KINENOTE