Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 三重区 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/三重
    • 地理
    • 歴史
    • 経済
    • 教育
    • 観光

    三重区は淡水河西岸に広がり、清代以来、台湾の中心地であった艋舺(現台北市万華)や大稲埕(現大同区)の対岸に位置し、士林区からも近い。西北は新北市の蘆洲区、五股区と、西は新荘区と、南は板橋区と大漢渓をはさんで隣接している。

    三重が史書に初めて出現するのは、鄭成功時代の1661年である。当初は新荘の頭重埔(埔は広い平地を意味する語)を皮切りに、中国福建南部、広東東部からの移住者によって開発が進められ、その後二重埔(現在の頂崁一帯)、最後に三重埔が開発された。 1889年、劉銘伝が台湾巡撫の時代、鉄道建設のために三重と大稲埕の間に淡水木橋(現在の台北大橋)を架橋し、三重の農産物の物流発展に大きく寄与した。しかし、この橋は木橋であった為、大雨などの災害でたびたび被害を受けた。日本統治時代の1889年に鉄道路線変更が実施され、これにより三重から鉄道が姿を消した。 日本統治時代の三重は、台北地区のジャスミンや柑橘類の集散地であった。当時対岸の大稲でも茶栽培が盛んであったことから、その加工に必要なジャスミンの栽培が盛んであった。しかし、その後食糧増産政策が推進されると、ジャスミン栽培は不要不急の扱いを受け減産し、現在では消滅した。 1920年に台北州新荘郡鷺洲庄に属し、1947年4月1日に鷺洲から独立し、三重鎮が設けられ、1962年に県轄市に昇格して三重市となり、初めて鎮から県轄市に昇格した都市の一つであった。2010年12月25日、台北県が直轄市の新北市に昇格したのに伴い、三重区となった。

    三重区は高速道路の起点となっており、南北交通の便に恵まれ、台北市という市場に隣接するという有利な地理的条件から、外部からの流入人口が多い都市と言える。1960年代には台北橋の下に日雇い労働者が集まるようになり。多い日には1万を超す労働者が淡水河を越えて台北市内で建築業に携わっていた。 1970年代から1980年代にかけて台湾が高度経済成長を迎えると、当時の台湾省主席であった謝東閔の工業振興政策の下、三重の多くの町工場が成立し、台湾の工業製品部品の多くを生産する拠点となった。現在でも光復路を中心にさまざまな工場が立ち並ぶ工業市として発展している。

    高級中学

    1. 新北市立新北高級中学 2. 新北市立三重高級中学 3. 私立格致高級中学 4. 私立金陵女子高級中学 5. 私立東海高級中学

    高級職専学校

    1. 新北市立三重高級商工職業学校 2. 私立穀保高級家事商業職業学校 3. 私立清伝高級商業職業学校

    国民中学

    1. 新北市立光栄国民中学 2. 新北市立明志国民中学 3. 新北市立碧華国民中学 4. 新北市立三和国民中学 5. 新北市立二重国民中学

    三重親水公園
    三和観光夜市
    • 北緯25°14", 東経122°30"
    • 三重區
    • さんちょうく、さんじゅうく
    • 16.3170 km²
  2. 三重駅 (新北市) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/三重駅_(台北県)

    三重駅(さんちょうえき)は台湾 新北市 三重区にある、台北捷運と桃園機場捷運(桃園捷運機場線)の駅。 当初台湾語の車内放送において、「三重」を台湾語発音で案内していたが、地元民(特に台湾語を日常的に使う高齢者)から分かりづらいという指摘を受け、台湾 ...

  3. 三重電気鉄道松阪線 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/三重電気鉄道松阪線
    • 沿革
    • 車両
    • 参考文献
    • 関連項目
    • 外部リンク

    松阪に鉄道建設の気運が高まったのは1907年のことである。1月に地元の有志により飯南郡(現在は全て松阪市)花岡村 - 柿野村間約十四哩に軌道を建設することを出願し、6月に特許が下付された。南勢軽便軌道という名称であった。しかし工事施工認可期日の延期願いを再三提出し、工事着手の目処は立たなかった。 だが1910年1月に才賀藤吉、安保庸三が発起人に追加されると、株式の大半を才賀が引受け、10月に創立総会を開催し伊勢軽便軌道に改称すること、路線を飯南郡松阪町-大石村間約十五哩に変更すること、また軌間を2ft6inにすることを決定し、初代社長に才賀藤吉、専務取締役に安保庸三が就任した。11月になると大口港へ路線を延長するため延長申請をした。1911年6月松阪軽便軌道から松阪軽便鉄道へ改称した。工事は才賀電機商会が請負うことになり大石線が1911年12月から始められ、1912年8月17日に大石線が開業した。 しかしこの時点ですでに建設費が資本金を上回ったため、大口線の建設には借入金で賄おうとしたが資金繰りに苦労したため1913年3月に工事延期願いを提出したが認められず、一旦免許状を返納する事態となった。建設費の目処もつき再申請してようやく大口線が開通したのは8月のことであった。 1. 1910年(明治43年) 1.1. 10月15日 - 伊勢軽便軌道株式会社設立。 1.2. 12月 - 松阪軽便軌道に社名変更。 2. 1911年(明治44年)6月6日 - 鉄道免許状下付(松阪-大石間)。松阪軽便鉄道に社名変更。 3. 1912年(大正元年)8月17日 - 松阪軽便鉄道により松阪 - 大石間が、蒸気動力で開業。 4. 1913年(大正2年) 4.1. 6月17日 - 鉄道免許状下付(平生町-大口間)。 4.2. 8月7日 - 平生町 - 大口間(大口線)開業。 5. 1919年(大正8年)7月19日 - 松阪鉄道に社名変更。 6. 1927年(昭和2年)11月16日 - 松阪 - 大石間電化。しかし電力供給が不安定であったため、蒸気も継続使用された。 7. 1928年(昭和3年)1月19日 - 松阪電気鉄道に社名変更。 8. 1929年(昭和4年)6月1日 - 平生町 - 大口間電化。同じく蒸気併用。 9. 1938年(昭和13年)4月4日- 全面電気運転に切り替え。 1...

    いずれも製作時点での標準的な設計・工作技法を用いた車両が使用されている。 開業以来、連結器が小型ながら2組の緩衝器を左右に備える中心高610mmの連環式連結器であったが、これは三重交通への統合後、三重線と同じ中心高さ350mmの中央緩衝連結器(俗に朝顔型連結器と呼ばれる)へ交換されている。 電化の時点で架線構造をカテナリ吊架(シンプルカテナリ)としていたため、電車・電気機関車共に当初より集電装置として菱枠パンタグラフを使用した。松阪線と前後して電化された、近隣の四日市鉄道では当初トロリー線を直接吊架し、より原始的なトロリー・ポールを集電装置として使用していたのと比較すると、先進的かつより高度な電化設備を備えていたことになる。もっとも、輸送需要の小さな路線であったために三重交通への統合後は新造車が投入されることはなく、そればかりか営業中から電気機関車や半鋼製客車が他線に転出となっており、三重交通社内で冷遇されていたことが知れる。 なお、松阪線在籍車は貫通ブレーキを備えておらず、各車の手ブレーキと電車・電気機関車の直通ブレーキの併用で終始した。

    今尾恵介(監修)『日本鉄道旅行地図帳』8 関西1、新潮社、2008年。ISBN 978-4-10-790026-5。
    武知京三『日本の地方鉄道網形成』柏書房、1990年。
    中村正三『飯南郡史』1916年(三重県郷土資料刊行会、1973年復刻)、233-234頁
    一般社団法人松阪市観光協会 - 三重電気鉄道松阪線(松電跡)に地図・写真等あり
    伊勢路 - ウェイバックマシン(2004年11月20日アーカイブ分) - 「小片野 1」に跡地の写真あり
  4. 台北聯営バス路線一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/台北県市バス路線一覧

    この項目「台北聯営バス路線一覧」は途中まで翻訳されたものです。(原文:w:zh:大台北地区公車路線列表, 2015年6月19日 (五) 03:31) 翻訳作業に協力して下さる方を求めています。ノートページや履歴、翻訳のガイドラインも参照してください。

  5. 三重県 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/安濃津県

    三重県(みえけん、英: Mie Prefecture )は、日本の近畿地方 [1] に位置する県。 県庁所在地は津市。 江戸時代から、お伊勢参り(お蔭参り)の名で知られる伊勢神宮を擁する地域として発展した。 令制国では、伊勢国・志摩国・伊賀国の全域と、紀伊国(当初は熊野 ...

  6. 台北市 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/台北市

    台北市(たいほくし、タイペイ市、繁体字中国語: 臺北市/台北市、注音: ㄊㄞˊ ㄅㄟˇ ㄕˋ、国語拼音:Táiběi Shì、英語: Taipei、台湾語:Tâi-pak-tshī)は、台湾島北部にある中華民国の直轄市。 1967年 7月1日、台湾省管轄下の行政区域(省轄市)の中で初めて直轄 ...

  7. 三重交通伊賀営業所 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/伊賀上野名古屋高速線
    • 現行路線
    • 車両
    • 脚注

    一般路線

    1. かつて上野営業所と名張事業所で路線を管理していた名残で、一部系統番号が重複している。◎は、地域間幹線系統として、国・三重県・自治体の補助を受けて運行する。

    受託路線

    1. 上野コミュニティバス(しらさぎ号) 2. 名張市コミュニティバス(ナッキー号)

    いが号(所定便用3列シート車)
    いが号(続行便用4列シート車)(ほかの営業所に転属済)
    名張市コミュニティバス(ナッキー号)
    過去所属路線バス車両(いすゞジャーニーK 富士重工6Eボディ 2005年8月3日撮影、2012年廃車)
    ^ “「名古屋上野線」を名張北部まで延長” (PDF) (プレスリリース), 三重交通, (2006年12月8日), オリジナルの2007年10月6日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20071006120743/http://www.sanco.co.jp/company/news/img/release0612_3.pdf 2011年9月...
    ^ “名古屋上野高速バス  平成23年4月より三交伊賀車庫(名張駅西田原)からご利用いただけなくなっております。”. 三重交通. 2011年10月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年10月12日閲覧。
    ^ 「伊賀京都高速線」のダイヤ改正と新停留所「道の駅あやま」新設について三重交通 2017年8月7日。
    ^ “ダイヤ改正情報”. 2018年5月26日閲覧。
  8. 三重県出身の人物一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/三重県出身の有名人一覧
    • 政治家
    • 軍人・自衛官
    • 文化人
    • 芸能人
    • スポーツ選手
    • その他
    • 三重県に縁の深い人物

    議長経験者

    1. 田村元(第66代衆議院議長):松阪市 2. 浜田国松(第30代衆議院議長):伊勢市 3. 斎藤十朗(第21・22代参議院議長):伊賀市

    その他の国会議員

    1. 岡田克也(元外務大臣、元副総理、元民進党代表):四日市市 2. 坂口力(元厚生労働大臣):白山町(現・津市) 3. 浜地文平:吉津村(現・南伊勢町) 4. 藤波孝生(元内閣官房長官):伊勢市 5. 中井洽(元法務大臣、国家公安委員長・防災担当大臣):伊賀市 6. 川崎二郎(元厚生労働大臣、元運輸大臣):伊賀市 7. 平田耕一(元財務副大臣):四日市市 8. 三ツ矢憲生(元財務政務官):伊勢市 9. 中川正春(元文部科学大臣、元防災担当大臣):松阪市 10. 田村憲久(厚生労働大臣):松阪市 11. 芝博一(元官房副長官):名張市 12. 森本哲生:飯南町(現・松阪市) 13. 角屋堅次郎:伊勢市 14. 金森正:四日市市 15. 藤田大助:玉城町 16. 高橋千秋:安濃町(現・津市) 17. 山村健:志摩町(現・志摩市)

    地方議員その他

    1. 野呂昭彦(第5代三重県知事、元松阪市長):松阪市 2. 上田音市:松阪市 3. 萩原量吉:四日市市 4. 北川正恭(第4代三重県知事、元衆議院議員):鈴鹿市 5. 岡本栄(伊賀市長、元関西テレビ放送アナウンサー):伊賀市 6. 橋本侑樹(東京都渋谷区議会議員、元アイドル):津市

    画家

    1. 塩本幸子:志摩市 2. 宇田荻邨:松阪市 3. 加藤佳子:津市 4. 嶋谷自然:鳥羽市 5. 杉田陽平:津市 6. 西田半峰:津市 7. 和田義彦:海山町(現・紀北町)

    書家

    1. 榊莫山:伊賀市 2. 伊藤潤一:松阪市

    写真家

    1. 浅田政志:津市 2. 風間健介:津市 3. 中里和人:多気町 4. 南川三治郎

    ミュージシャン

    1. ユッコ・ミラー(ジャズ・サックス奏者、作曲家) 2. 江藤良人(ジャズ・ドラマー) 3. 田村まい(ピアニスト、作曲家、編曲家) 4. 二宮望実(声楽家)

    シンガーソングライター

    1. 宇都美慶子:松阪市 2. 大川茂(元ハイ・ファイ・セット、赤い鳥) 3. ナオト・インティライミ:亀山市生まれ、千葉県育ち 4. 西岡恭蔵:志摩市 5. 西野カナ:松阪市 6. 野田愛実:松阪市 7. 平井堅:名張市(出生地は大阪府) 8. Ms.OOJA:四日市市 9. マキタマシロ : 伊勢市 10. みちよ:名張市(出生地は大阪府)

    バンド

    1. Kouichi(Laputa ギター):鈴鹿市 2. CIRCUIT V.PANTHER(SEX MACHINEGUNS ギター):津市 3. TAKA (Libraian)(La'cryma Christi ヴォーカル):桑名市 4. Die(Dir en grey ギター)名張市 5. 種子田健(ベーシスト):関町(現、亀山市) 6. 永井“ホトケ”隆(ウエスト・ロード・ブルース・バンド/エッセイスト) 7. 流田豊(流田Projectヴォーカル、ギター)津市 8. 森重卓(ベーシスト):鈴鹿市 9. 渡瀬マキ(LINDBERG ヴォーカル):鳥羽市 10. 葵(the GazettEギター) 11. 中西雅哉(THE ORAL CIGARETTESドラム) 12. 仲井陸(The Shiawaseヴォーカル、ギター) 13. 諸星夢人(彩冷えるギター)

    プロ野球

    現役選手 引退選手、指導者

    大相撲力士

    1. 三重ノ海剛司(第57代横綱、現相撲博物館館長):松阪市 2. 双羽黒光司(第60代横綱):津市 3. 琴風豪規(元大関、現尾車親方):津市 4. 巨砲丈士(元関脇):四日市市 5. 燁司大(元前頭11枚目):松阪市 6. 千代の国憲輝(九重部屋、最高位 東前頭筆頭):伊賀市 7. 志摩ノ海航洋(木瀬部屋、最高位 西前頭3枚目):志摩市 8. 徳真鵬元久(木瀬部屋、最高位 西十両6枚目):松阪市 9. 朝玉勢一嗣磨(高砂部屋、最高位 東十両14枚目):伊勢市

    サッカー

    現役選手 引退選手、指導者 女子選手 1. 後藤三知(浦和レッズレディース→レアル・ソシエダ):鈴鹿市

    実業家

    1. 三井高利 - 三井財閥の礎を築く:松坂(現在の松阪市) 2. 角屋七郎次郎 - 江戸時代の豪商:伊勢国 3. 角屋七郎兵衛 - 江戸時代の朱印船貿易家:松坂(現在の松阪市) 4. 河村瑞賢 - 江戸時代の豪商:南伊勢町 5. 諸戸清六(初代) - 諸戸グループの礎を築く:木曽岬町→桑名市 6. 近藤淳也 - はてな代表取締役:菰野町 7. 村山龍平 - 朝日新聞社創立者:玉城町 8. 安藤仁 - 日本トランスシティ社長、中部経済連合会副会長:亀山市 9. 奥田碩 - トヨタ自動車前会長。日本経団連第9代会長:津市→(戦時疎開)→松阪市 10. 奥田務 - 関西経済同友会代表幹事、J.フロント リテイリング社長:津市→松阪市 11. 御木本幸吉 - ミキモトの創始者:鳥羽市 12. 西田厚聰 - 東芝社長:紀北町 13. 岩中祥史 - エディットハウス代表、県民性評論家:鵜方村 (現在の志摩市) 14. 石原恒和 - ポケモン社長:鳥羽市 15. 樋口智一- ヤマダイ食品社長 16. 古沢煕一郎 - 三井トラスト・ホールディングス社長・会長 17. 服部正也 - 元世界銀行副...

    その他の人物

    1. 一岡浩司(笠松競馬場公認予想屋):上野市 2. 伊東里き(日本人の北米移住に尽力):英虞郡片田村(現・志摩市) 3. 澤木興道(曹洞宗僧侶):津市 4. 杉山和一 管鍼法創始者:伊勢国安濃津(現・津市) 5. 涼森れむ(セクシー女優) 6. 大黒屋光太夫 江戸時代、ロシアに漂流した船頭:伊勢国白子(現鈴鹿市) 7. 平清盛:伊勢国 8. 西川寅吉(五寸釘の寅吉。脱獄王):明和町 9. 西村泰彦(警察官僚、内閣危機管理監):鳥羽市 10. 花井増實(日本弁護士連合会副会長、中部弁護士会連合会理事長) 11. 松浦武四郎 幕末の探検家、北海道の名付け親:須川村(現在の松阪市) 12. 三浦樗良:紀伊国長島浦(現・紀北町) 13. 三宅俊光 :(総務省行政管理局長、元財務省大臣官房審議官):(伊勢市) 14. 宮間英次郎(アウトサイダー・アーティスト):二見町(現在の伊勢市) 15. 夢窓疎石南北朝時代の高僧 16. 百地丹波(伊賀忍術の祖) 17. 稲葉三右衛門(四日市港の築港者) 18. ポッキー (ゲーム実況者) YouTuber 19. しぐれうい - イラストレーター・...

    架空の人物

    1. 法条正義(凄苦残念)(『こちら葛飾区亀有公園前派出所』):松阪市 2. 緒方智絵里(『アイドルマスター シンデレラガールズ』) 3. 浜口あやめ(『アイドルマスター シンデレラガールズ』) 4. 槙原志保(『アイドルマスター シンデレラガールズ』) 5. 北村想楽 (『アイドルマスター SideM』) 6. 中嶋悟子(『ガールズ&パンツァー』) 7. 麗日お茶子(『僕のヒーローアカデミア』) 8. 笹津やん菜(『八十亀ちゃんかんさつにっき』)

    横光利一 - 作家、福島県生まれ。小中学校時代を母の出身地である伊賀地方の阿山郡東柘植村(現・伊賀市柘植町)で過ごす(三重県立第三尋常中学校(現・上野高校)卒)。
    坪井慶介 - サッカー選手、東京都出身。四日市中央工業高等学校→福岡大学→浦和レッドダイヤモンズ(2002 - 2014)→湘南ベルマーレ
    尾崎咢堂(尾崎行雄) - 元国会議員、神奈川県出身。 伊勢市から立候補し通算25回当選し63年間の議員生活を送る、「日本憲政の父」と呼ばれた。
    西川純司 - 元プロ野球選手、滋賀県出身。松阪大学(三重中京大学)から埼玉西武ライオンズへ入団。
  9. 台湾の村里 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/台湾の村里
    • 基隆市
    • 台北市
    • 新北市
    • 連江県
    • 関連項目

    基隆市の行政区画は、区が7、里が157。 中山区 1. 中山里 中和里 中興里 仁正里 太白里 文化里 仙洞里 民治里 安平里 安民里 西定里 西康里 西華里 西栄里 協和里 和平里 和慶里 居仁里 健民里 通化里 2. 通明里 新建里 徳安里 徳和里 七堵区 1. 八徳里 六堵里 友一里 友二里 正光里 正明里 永平里 永安里 百福里 自強里 長興里 泰安里 堵北里 堵南里 富民里 実踐里 瑪西里 瑪東里 瑪南里 長安里 暖暖区 1. 八中里 八西里 八南里 八堵里 暖同里 暖西里 暖東里 暖暖里 過港里 碇内里 碇安里 碇和里 碇祥里 仁愛区 1. 仁徳里 文安里 文昌里 水錦里 玉田里 光華里 兆連里 吉仁里 同風里 曲水里 育仁里 和明里 忠勇里 明徳里 林泉里 花崗里 英仁里 虹橋里 書院里 崇文里 2. 博愛里 智仁里 朝棟里 新店里 獅球里 誠仁里 福仁里 徳厚里 竜門里 中正区 1. 入船里 八斗里 中正里 中砂里 中船里 中浜里 平寮里 正砂里 正船里 正義里 正浜里 和憲里 社寮里 長潭里 信義里 建国里 砂子里 砂湾里 海浜里 真砂里 2. 港通里 新富里 新豊里 義重里 碧砂里 徳義里 安楽区 1. 七賢里 三民里 干城里 中崙里 五福里 内寮里 六合里 四維里 外寮里 永康里 安和里 西川里 定邦里 定国里 武崙里 長楽里 慈仁里 新西里 新崙里 嘉仁里 2. 楽一里 興寮里 鴬安里 鴬歌里 壮観里 信義区 1. 仁義里 仁夀里 孝岡里 孝深里 孝徳里 孝賢里 東光里 東安里 東明里 東信里 信緑里 智誠里 智慧里 義民里 義和里 義幸里 義昭里 礼東里 礼儀里 忠孝里

    台北市の行政区画は、区が12、里が456。 松山区 1. 三民里 中正里 中崙里 中華里 介夀里 民有里 民福里 吉仁里 吉祥里 安平里 自強里 東光里 東昌里 東勢里 東栄里 松基里 美仁里 荘敬里 富泰里 富錦里 2. 復建里 復盛里 復勢里 復源里 敦化里 慈佑里 新東里 新益里 新聚里 福成里 精忠里 竜田里 鵬程里 大安区 1. 大学里 仁慈里 仁愛里 古風里 古荘里 正声里 民炤里 民輝里 永康里 光明里 光武里 光信里 全安里 住安里 車層里 和安里 昌隆里 法治里 臥竜里 芳和里 2. 虎嘨里 建安里 建倫里 通化里 通安里 敦安里 敦煌里 華声里 新竜里 義安里 義村里 群英里 群賢里 誠安里 福住里 徳安里 黎元里 黎孝里 黎和里 錦安里 3. 錦泰里 錦華里 竜生里 竜安里 竜坡里 竜門里 竜泉里 竜陣里 竜淵里 竜雲里 竜図里 臨江里 学府里 大同区 1. 大有里 民権里 永楽里 玉泉里 光能里 老師里 至聖里 延平里 保安里 南芳里 建功里 建明里 建泰里 星明里 重慶里 国順里 国慶里 揚雅里 斯文里 景星里 2. 朝陽里 隆和里 蓬莱里 隣江里 双連里 中山区 1. 力行里 下埤里 大佳里 大直里 中山里 中央里 中吉里 中原里 中庄里 正守里 正得里 正義里 民安里 永安里 成功里 朱崙里 朱園里 朱馥里 江山里 江寧里 2. 行仁里 行孝里 行政里 松江里 恆安里 埤頭里 康楽里 復華里 晴光里 集英里 圓山里 新生里 新喜里 新福里 新庄里 聚盛里 聚葉里 剣潭里 興亜里 竜洲里 3. 北安里 金泰里 内湖区 1. 大湖里 五分里 内湖里 内溝里 石潭里 行善里 西安里 西康里 西湖里 東湖里 金瑞里 金竜里 清白里 港都里 港富里 港華里 港墘里 湖元里 湖興里 湖浜里 2. 紫星里 紫陽里 紫雲里 週美里 瑞光里 瑞陽里 葫洲里 碧山里 楽康里 秀湖里 安泰里 金湖里 康寧里 明湖里 蘆洲里 麗山里 安湖里 南港区 1. 九如里 三重里 中南里 中研里 玉成里 合成里 成福里 百福里 西新里 東明里 東新里 南港里 新光里 新富里 万福里 聯成里 鴻福里 旧庄里 仁福里 士林区 1. 三玉里 仁勇里 公館里 天山里 天母里 天玉里 天和里 天禄里 天夀里 天福里 平等里 永倫里 永福里 名山里 百齢里 岩山里 忠誠里 承...

    新北市の行政区画は、区が29、里が1032。 板橋区 1. 留侯里 流芳里 赤松里 黄石里 挹秀里 湳興里 新興里 社後里 香社里 香雅里 中正里 建国里 自強里 2. 自立里 光華里 光栄里 国光里 港尾里 新生里 金華里 港徳里 民権里 民安里 漢生里 公館里 新民里 3. 幸福里 文徳里 忠誠里 陽明里 百寿里 介寿里 新埔里 華江里 江翠里 純翠里 渓頭里 聯翠里 文化里 4. 宏翠里 仁翠里 新翠里 朝陽里 吉翠里 徳翠里 新海里 満翠里 明翠里 松翠里 柏翠里 龍翠里 松柏里 5. 華翠里 莒光里 忠翠里 嵐翠里 文聖里 文翠里 青翠里 懐翠里 福翠里 港嘴里 振興里 振義里 光復里 6. 埔墘里 富貴里 長寿里 福寿里 居仁里 海山里 九如里 正泰里 玉光里 光仁里 埤墘里 荘敬里 永安里 7. 双玉里 広新里 深丘里 香丘里 西安里 東丘里 民生里 長安里 東安里 福丘里 福禄里 民族里 国泰里 8. 後埔里 福徳里 景星里 福星里 郷雲里 広徳里 大豊里 重慶里 仁愛里 和平里 広福里 五権里 華興里 9. 華貴里 華福里 華徳里 華東里 信義里 浮洲里 華中里 僑中里 大観里 歓園里 中山里 復興里 大安里 10. 福安里 聚安里 龍安里 崑崙里 成和里 渓洲里 渓福里 渓北里 堂春里 三重区 1. 大有里 博愛里 二重里 頂崁里 谷王里 五谷里 中興里 徳厚里 成功里 福祉里 福徳里 福民里 過田里 2. 錦田里 重明里 光田里 光陽里 田心里 福田里 田中里 田安里 三民里 光明里 光正里 同安里 同慶里 3. 菜寮里 永春里 中正里 吉利里 大同里 中民里 平和里 大安里 仁徳里 忠孝里 仁義里 光栄里 光輝里 4. 福星里 福利里 清和里 永興里 中山里 大園里 国隆里 重陽里 民生里 重新里 正徳里 正義里 正安里 5. 自強里 文化里 中央里 双園里 錦通里 錦安里 長安里 光華里 長生里 開元里 大徳里 長元里 長江里 6. 長泰里 長福里 介寿里 万寿里 錦江里 龍浜里 龍門里 秀江里 奕寿里 三安里 福安里 信安里 安慶里 7. 幸福里 六合里 六福里 順徳里 承徳里 瑞徳里 崇徳里 厚徳里 維徳里 尚徳里 培徳里 立徳里 永徳里 8. 永煇里 永発里 永盛里 永吉里 永安里 永豊里 永福里 永清里 永順里 渓美里 福隆里...

    連江県の行政区画は、郷が4、村が22。 南竿郷 1. 仁愛村 介夀村 四維村 津沙村 珠螺村 馬祖村 清水村 復興村 福沃村 北竿郷 1. 白沙村 后沃村 芹壁村 塘岐村 橋仔村 坂里村 莒光郷 1. 大坪村 田沃村 西坵村 青帆村 福正村 東引郷 1. 中柳村 楽華村

  10. 新北市の国民小学一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/新北市の国民小学一覧

    新北市の国民小学一覧(しんぺいしのこくみんしょうがく)は、台湾 新北市に存在する国民小学の一覧である。 ただし下記内容は旧・台北県時代の2006年10月現在の情報に基づく。

  11. 其他人也搜尋了