Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 上海 市 2704 2323 7 2635 [5] 浙江省 1465 246 1 1405 [6] 天津市 501 354 3 485 [7] 河南省 1553 113 22 1511 [8] 重慶市 603 25 6 597 [9] 四川省 1220 658 3 1204 [10] 山東省 965 159 7 933 ...

    • 排日・侮日事件
    • 戦闘
    • 欧米メディアの報道
    • 漢奸狩り
    • 督戦隊に監視される中国軍部隊
    • 上海南市難民区
    • 欧米の反応
    • 評価と解説
    • 補足
    • 映像記録

    1937年(昭和12年)7月7日の盧溝橋事件に続いて25日に郎坊事件、26日には広安門事件が勃発するに及んで、中国人が日本人を虐殺する暴挙に出たため、同月28日には日中両軍は華北において衝突状態に入った(北支事変)。上海では1932年(昭和10年)ごろから中国軍と日本軍の関係はかなり険悪であった。1935年11月9日には19路軍の支援を受けて日本の勢力を利用して蔣介石政権を打倒を図ろうと活動していた秘密結社によって中山水兵射殺事件が引き起こされた、1936年9月23日にも上海日本人水兵狙撃事件が引き起こされていた。

    戦闘開始直前の状況

    8月11日、日本は、保安隊の撤退と防備施設の撤去を要請したが、南京の軍事委員会は張治中に対し、所属の87師長王敬久と88師長孫元良の部隊を蘇州から上海包囲線へ推進するよう命じ、呉松と上海に駐留する日本軍の掃討を準備し、その拠点の排除を目論んだ。蔣介石は、日本軍艦が上海周辺海域に集中していることを知り、呉沿口を封鎖することを決め、中国海軍は揚子江の江陰水域を封鎖した。 張治中は、「午前2時、急 南京、蔣委員長、部長何鈞鑑:1120密。本軍は、淞滬間の日軍を掃討する目的の貫徹に従った。すなわち十一日夜に準備しておいた列車と自動車で現有の軍隊を輸送し、重点を江湾、彭整(彭浦)付近に置いて、敵に猛攻を加え、敵軍の根拠地に進攻、占領して殲滅するつもりである。(以下略)」との電文を発し、部隊を上海包囲攻撃線へ進め、江湾・彭浦(中国語版)に重点的に配備した。 日本軍は、上海陸戦隊2200、漢口から引き揚げてきた特別陸戦隊300、呉と佐世保から送られた特別陸戦隊1200、出雲の陸戦隊200、他320の計4千人あまりであった。このため、日本領事は国際委員会を再び招集し、中国軍の撤退を要求した。しか...

    小競合

    日本側では、まず午前十時三十分商務印書館付近の中国軍が横浜路、宝山路交差点の日本軍陣地に機銃攻撃をしてきたので応戦、次いで午後五時八字橋方面の敵が、西八字橋、陽済路橋、柳営路橋を爆破砲撃してきたので応戦した、とされている。午前10時半頃、商務印書館付近の中国軍も日本軍陣地に対し機関銃による射撃を突然開始した。日本の陸戦隊は応戦したが不拡大方針に基づいて可能な限りの交戦回避の努力を行い、また戦闘区域が国際区域に拡大しないよう、防衛的戦術に限定した[要検証– ノート]ほか、中国軍機が低空を飛行したが陸戦隊は対空砲火を行わなかった。[要検証– ノート] 中国側としては、華北における日本の侵略に対する「抵抗」として攻撃をしかけたという論理なので、たとえ中国側の先制攻撃があったとしても、8月13日は日本の侵略を象徴する記念日となっている。8月14日付《申報》によれば、8月13日午前9時15分ごろ、北四川路日本小学校から繰り出した陸戦隊70名~80名が虬江路口の横浜橋より宝山路付近の保安総団陣地に掃射し、淞滬鉄路を越えようと企図し宝山路へ直進した。これに対し保安総団は射撃を行い、約15~20...

    戦闘開始

    8月13日午後4時54分には、八字橋[注釈 2]方面の中国軍第88師第523団第1営が西八字橋、済陽橋、柳営路橋を爆破、砲撃を開始し、日本軍は応戦した。午後5時には大川内上海特別陸戦隊司令官が全軍の戦闘配置を命令し、戦闘が開始された。 この日、英米仏の各領事は日中双方に申し入れを行い、上海での敵対行動を回避する為に直接交渉を行うことを勧めた。また、回避案として以下を提案した。この提案原文が東京に届いたのはこの日の深夜であった。 1. 中国軍は国際共同租界とフランス特権区域から撤退する。 2. 日本軍は国際租界から撤退する。 3. 中国軍撤退地域は多国籍軍が治安維持を行う。 長谷川清海軍中将(海軍上海特別陸戦隊及び第三艦隊司令長官)は、当初戦争回避を考えていたが、7月からの華北での戦火拡大から考えて、中国軍はすでに開戦を意図していると察した。そこで主戦論に切り替えて、5個師団の増援を日本政府に要求した。しかし政府は華北の収拾に気をとられ、1個師団の増援にとどまった。 13日午後9時頃から国民党軍が帝国海軍上海特別陸戦隊への総攻撃を開始し戦闘に突入した。当時、上海居留民保護のため上海...

    新聞報道

    1937年8月31日の『ニューヨーク・タイムズ』では一連の事件について「日本軍は敵の挑発の下で最大限に抑制した態度を示し、数日の間だけでも全ての日本軍上陸部隊を兵営の中から一歩も出させなかった。ただしそれによって日本人の生命と財産を幾分危険にさらしたのではあるが…」と上海特派員によって報じた。1937年10月7日の『シドニー・モーニング・ヘラルド』は「(居留民を)保護するための日本軍は増援を含めて4千だけであった。…ドイツの訓練を受けた部隊から徴用された2~3万の中国軍と向かい合って攻勢を開くだろうとは信じ難い」とする。 また、『ニューヨーク・ヘラルドトリビューン(英語版)』は9月16日に「中国軍が上海地域で戦闘を無理強いしてきたのは疑う余地は無い」と報じた。

    ライフ誌の報道写真

    写真雑誌ライフ1937年10月4日号は、日本軍が1937年8月28日に爆撃した上海南駅でハースト社カメラマンの王小亭が撮影した「上海南駅の赤ん坊」を掲載し、欧米の反日世論を高めるのに大きな影響を与えた(プロパガンダ)。これが演出写真かどうかについて論争がある。

    中国では日中戦争が本格化すると漢奸狩りと称して日本軍と通じる者あるいは日本軍に便宜を与える者と疑われた自国民を銃殺あるいは斬首によって公開処刑することが日常化した。上海南市においても毎日数十人が漢奸として処刑され、その総数は4,000名にも達し、中には政府の官吏も300名以上含まれていた。戒厳令下であるため裁判は必要とされず、宣告を受けたものは直ちに処刑され、その首は警察官によって裏切り者に対する警告のための晒しものとされた。上海 -支那事変後方記録-にそのナレーションがあった。中国政府の国民対策であったこのテロの効果を求めた新聞の漢奸処刑記事はかえって中国民衆に極度の不安をもたらした。[要検証– ノート]

    中国軍(国民革命軍)では督戦隊が戦場から退却する中国兵に銃撃を加えた[注釈 3]。このため日本軍と交戦した中国軍の部隊が退却する際には督戦隊との衝突が何度も起きた。特に10月13日午後楊行鎮(中国語版)方面呉淞クリーク(中国語版)南方に陣を構えていた第十九師(湖南軍)の第一線部隊と督戦隊は数度の激しい同士討ちを行った。これは戦場に到着した第十九師の部隊が直ちに日本軍との第一線を割り当てられ、そこにおいて日本軍の攻撃を受けて後退した際に後方にあった督戦隊と衝突したものである。[要出典]日本軍と督戦隊に挟まれた第十九師の部隊は必死に督戦隊を攻撃し、督戦隊も全力で応戦したため、数千名に及ぶ死傷者を出している。10月21日中国の軍法執行総監部は督戦隊の後方にさらに死刑の権限を持った督察官を派遣して前...

    上海に住むフランス人のカトリック教会ジャキノ(英語版)神父は南市の30万人余の中国人住民のため大規模な避難区域を計画し、これを日中双方に提示し了承された。南市難民区はフランス人3名、イギリス人1名、スウェーデン人1名から成る南市避難民救助国際委員会が設置され、区域内に武器を携帯する者が在住しないことを宣誓し、日本側は区域内の非戦闘性が持続する限り攻撃しないことを約束した。この件は上海市長の受諾をもって1937年11月9日正午から正式に認められた。[要検証– ノート]

    第一次大戦後の中国に対する欧米列強の対応は、中国の主権を尊重する九カ国条約(ワシントン会議)の体制となり、日本も同条約にそって欧米や中国には協調外交を行っていたものの、次第に軍事力で中国での日本の権益を守る方向へと向かう。1937年の7月の日中戦争後は、日本が九カ国条約と不戦条約に反した行動をとっているとして次第に各国や国際会議は日本の軍事行動に反発する 9月28日には、国際連盟の日中紛争諮問委員会で日本軍による中国の都市空襲に対する非難決議を満場一致で採択(その後の総会でも同じく決議される)。10月5日の国際連盟の諮問委員会の報告に沿って国際連盟総会は6日「中国への『道義的支援』を表明し、連盟加盟国は中国の抵抗力を弱体化させ、現下の紛争における中国の困難を助長しかねないいかなる行動も慎み、...

    スタンフォード大学歴史学部長のデビッド・M・ケネディは7月に北京郊外で発生した盧溝橋事件での衝突から上海戦にいたる経緯について、「国府軍の将軍たちや中国共産主義者たちの圧力下にあった蔣介石は、日本の侵略者たちと対決して決着をつける機会を待ち兼ねていた。しかし蔣総統は、北京周辺で日本軍の主力と戦うよりも1932年のシナリオ(第一次上海事変)を再現させることによって戦闘の舞台を中国南部に移すこと...
    自衛隊の航空幕僚長だった田母神俊雄は演説でこの事件を触れていない風潮を批判しており、蔣介石軍の攻撃を「米軍基地に自衛隊が攻撃を仕掛け、アメリカ兵及びその家族などを暴行、惨殺するようもの」と述べている。
    北村稔は中独合作でドイツは国民党に多くの軍事顧問を入れ中国は自国のタングステンなど希少金属を提供しているような緊密な中独武器貿易があった事があまり知られていない事実を指摘している。
    日中両国とも歴史教育では多くが戦争の発端を盧溝橋事件と教えており、中国では抗日記念館の中で盧溝橋事件であると強調し、第2次世界大戦の際の無差別爆撃でもこの事件を触れていない事もある[要出典]。また、現在国民党政府が支配する台湾でも、盧溝橋事件を強調している。
    1996年には上海事変時における中国人による日本人捕虜の虐待写真がCNNで紹介された。
    1939年にユダヤ人難民が「日本租界」(上海租界)にあふれるに至った。
    『上海』(亀井文夫監督、東宝文化映画部、1938年)
    『支那事変海軍作戦記録』(海軍省写真班撮影、海軍省、1939年)
  2. ja.wikipedia.org › wiki › 上海市上海市 - Wikipedia

    上海市軍天湖監獄 - 安徽省宣城市、14平方キロ、1962年設立。刑期5年以下の者を監禁する場所。 上海市白茅嶺監獄 - 安徽省広徳地域、40.5平方キロ、1956年設立。上海で刑事犯罪を犯した者を監禁する場所。上海で発見された不発弾をここで処分する。 年表

    • アレンの手紙
    • 海軍の反応
    • 映画
    • 脚注
    • 関連項目
    • 外部リンク

    1956年に、元船員のカール・メレディス・アレン(en:Carl Meredith Allen、別名カルロス・ミゲル・アレンデ)がUFO研究家のモーリス・ジェサップ(en:Morris K. Jessup)に送った手紙が発端。 アレンの話では、1943年10月にフィラデルフィアのドックで統一場理論の実験が行われ、1隻の駆逐艦の姿が完全に見えなくなり、360キロメートル離れたバージニア州のノーフォークのドックへ瞬間移動したという。また、この事件は新聞でも報じられていたという。

    1996年にen:Office of Naval Researchが「フィラデルフィア実験」の噂に言及し、実際に行われた機雷に対する消磁実験や高周波発電試験から生まれた話だろうとしている。また、この事件を報じた新聞というものも見つからなかったという。 2017年にも言及があり、実験が行われたとされる駆逐艦「エルドリッジ」は一度もフィラデルフィアに寄港した記録が無く、実験があったとされる時期にはニューヨークにいたとしている。

    『フィラデルフィア・エクスペリメント』 原題 : The Philadelphia Experiement 製作 1984年 アメリカ 出演 マイケル・パレ 監督 スチュワート・ラフィル 製作総指揮 ジョン・カーペンター
    『フィラデルフィア・エクスペリメント2』(1993年)
    『フィラデルフィア・エクスペリメント』(2013年 リメイク・カナダ版)
    ^ Carlos Miguel Allende or Carl Meredith Allen or... - The Philadelphia Experiment From A-Z
    ^ a b The Carl Allen Letters - The Philadelphia Experiment From A-Z
    ^ Philadelphia Experiment: ONR Information Sheet
    ^ Philadelphia Experiment
  3. ja.wikipedia.org › wiki › 長寧区長寧区 - Wikipedia

    地理 長寧区は上海市中心城区の西部に位置し、東は静安区、西は閔行区、東南は徐匯区、北は呉淞江(蘇州河)をはさみ普陀区と接している。 上海虹橋国際空港から近く、区内西部の虹橋経済開発区は国際貿易センター、世界貿易センター、万都センターなどが林立するビジネス街である。

  4. ja.wikipedia.org › wiki › 豫園豫園 - Wikipedia

    豫園(よえん、簡体字: 豫园、拼音: Yùyuán )は、中華人民共和国 上海市 黄浦区豫園街道に位置する明代の庭園。 「豫」は愉を示し、すなわち「楽しい園」という意。面積は約20km 2。もとは四川布政使(四川省長にあたる)の役人であった潘允端が、刑部尚書だった父の潘恩のために贈った ...

  5. 中国疾病預防控制中心(ちゅうごくしっぺいよぼうこうせいちゅうしん、中国語:中国疾病预防控制中心、中国語略称:中国疾控中心、英語略称:CCDC)は、中華人民共和国 北京にある国立感染症対策センター。 2002年に創設された [1]。。「控制」は、捕まえて離さない事を示すが、あまり一般的に ...

  1. 其他人也搜尋了