Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. メイデイ (台湾のバンド) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › メイデイ_(台湾のバンド)

    メイデイ(中国語:五月天 Wǔyuètiān、英語:Mayday )は、台湾の5人組ロックバンド。1997年結成、1999年 7月7日デビュー。 概要 台湾出身の5人組ロックバンド [1]。台湾金曲奨の「最優秀バンド」を4度受賞するなど、これまで受賞した音楽賞は ...

    • C-POP, 台湾語のポップミュージック
    • 1997年 -
  2. 戀愛的力量 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 戀愛的力量
    • 解説
    • 収録曲
    • Dvd版収録曲
    • 外部リンク

    デビューアルバム『一夜長大』から5作目のアルバム『美麗人生』までに収録された歌から15曲と、日本のロックバンドTHE BOOMの『島唄』をカヴァーした『不想睡』をはじめとする5曲の新曲が収録されたCD2枚組のベストアルバムである。 2004年5月19日には『The Power of Love Songs』のタイトルで日本版が発売され、本作品以降『崇拜』(日本版アルバム名は『J'Adore』)まで、梁静茹のアルバムは日本版が作られるようになった。 台湾ではCD版以外にMV集としてDVD版が2004年1月16日に、VCD版が4月2日に発売されている。

    Disc One

    1. Fly Away - 新曲 1.1. 作詞:陳沒+張天成、作曲:藍奕邦 2. 聽不到 (聞こえない) - 新曲 2.1. 作詞:五月天阿信、作曲:五月天阿信 3. Tiffany - 新曲 3.1. 作詞:方文山、作曲:張佳添 4. 愛是... (愛は...) - 新曲 4.1. 作詞:葛大為、作曲:陳韋翎 5. 一夜長大 (一夜の成長) 5.1. 作詞:李宗盛、作曲:許華強 6. 勇氣 (勇気) 6.1. 作詞:瑞業、作曲:光良 7. 無條件為你 (無条件) 7.1. 改編詞:張天成、作曲:Lee,Sang-Ho 8. 分手快樂(獨唱版) (お別れおめでとう) 8.1. 作詞:姚若龍、作曲:郭文賢 9. 我喜歡 (すき) 9.1. 作詞:潘協慶、 作曲:潘協慶 10. 為我好 (私のために) 10.1. 作詞:小寒、作曲:黄韻仁

    Disc Two

    1. 不想睡 (眠りたくない) - 新曲 1.1. 改編詞:陳沒、作曲:宮沢和史 1.1. THE BOOM『島唄』のカヴァー 2. 如果有一天 (いつの日か) 2.1. 作詞:易齊、作曲:郭文賢 3. 彩虹 (虹) 3.1. 作詞:五月天阿信、作曲:五月天阿信+梁伯君 4. 愛你不是兩三天 (ずっと好きだった) 4.1. 作詞:潘協慶+葛大為、作曲:潘協慶 5. 最想環遊的世界 (一番回ってみたい世界) 5.1. 作詞:姚若龍、 作曲:郭文賢 6. 對不起我愛你 (愛してごめんね) 6.1. 作詞:潘協慶+李宗盛、作曲:潘協慶 7. 只能抱著你 (抱き合っていたい) - 7.1. 作詞:瑞業、作曲:光良 7.1. 光良(マイケル・ウォン)とのデュエット 8. 第三者 8.1. 作詞:李宗盛、作曲:黄韻仁 9. 昨天 (昨日) 9.1. 作詞:管啓源、作曲:陳小霞 10. 明天的微笑 (明日の微笑み) 10.1. 作詞:姚謙、作曲:潘協慶

    聽不到
    Fly Away
    不想睡
    一夜長大
  3. 劉燁 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › リウ・イエ

    劉燁 プロフィール 出生: 1978年 3月23日(43歳)出身地: 中国 吉林省 長春市 職業: 俳優 各種表記 繁体字: 劉燁 簡体字: 刘烨 拼音: Liú Yè 発音転記: リウ・イェ ラテン字: Liu Ye 和名表記: リウ・イエ テンプレートを表示

  4. ハロウィン - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ハロウィン
    • 概要
    • 語源
    • 歴史
    • 各国の現況
    • ハロウィンの行事
    • キリスト教との関連
    • 日本とハロウィン
    • ハロウィンと類似した行事
    • 関連項目

    ケルト人の1年の終わりは10月31日で、この夜は秋の終わりを意味し、冬の始まりでもあり、死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていた[要出典]。時期を同じくして出てくる有害な精霊や魔女から身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていた[要出典]。これに因み、31日の夜、カボチャ(アメリカ大陸の発見以前はカブが用いられた。スコットランドではカブの一種ルタバガを用いる。)をくりぬいた中に蝋燭を立てて「ジャック・オー・ランタン (Jack-o'-lantern)」を作り、魔女やお化けに仮装した子供たちが近くの家を1軒ずつ訪ねては「トリック・オア・トリート(Trick or treat. 「お菓子をくれないと悪戯するよ」または「いたずらか、お菓子か」)」と唱える。家庭では、カボチャの菓子を作り、子供たちはもらったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティを開いたりする。お菓子がもらえなかった場合は報復の悪戯をしてもよい、とされている。玄関のライトを点けている、またはハロウィンの飾りつけをしていると訪問してもよいという意思表示になっており、それにもかかわらず断る家主とは悪戯の攻防戦が繰り広げられる。これはあくまでも電気が点いている家に対してであり、そうでない場合はがっかりして立ち去るのがほとんどである。 カトリック教会の諸聖人の日がハロウィンに重なる形で設定されており、これを「カトリック教会が(キリスト教からみて)異教の祭を取り込んだ」とする見方と、「カトリック教会が(キリスト教からみて)異教の祭を潰すために設定した」とする見方がある[要出典]。いずれにしてもハロウィンは元々キリスト教の祭ではなかったことが両見解の前提となっている(後述)。

    「Halloween」または「Hallowe'en」という単語はおおよそ1745年に遡り、キリスト教徒起源である。単語「Hallowe'en」は「聖人達の夜」を意味する。この単語は「All Hallows' Eve」(諸聖人の日〈All Hallows' Day〉の前夜)を指すスコットランドの表現から来ている。スコットランド語では、単語「eve」は「even」であり、これは「e'en」または「een」に短縮される。時がたつにつれて、「(All) Hallow(s) E(v)en」が「Hallowe'en」へと変化した。「All Hallows」という語句は古英語でも見られるものの、「All Hallows' Eve」それ自身は1556年まで見られない。

    古代ケルトのドルイドの信仰では、新年の始まりは冬の季節の始まりである11月1日のサウィン(サオィン[ˈsaʊ.ɪn]、サワーン[ˈsaʊn]、サーウィン[ˈsɑːwɪn]または、サウィーン、サーオィン、サムハイン、Samhain)祭であった。ちょうど短い日が新しい年の始まりを示していたように、日没は新しい日の始まりを意味していた。したがって、この収穫祭は毎年現在の暦で言えば10月31日の夜に始まった。アイルランドと英国のドルイド祭司たちは、かがり火を焚き、作物と動物の犠牲を捧げた。また、ドルイド祭司たちが火のまわりで踊るとともに、太陽の季節が過ぎ去り、暗闇の季節が始まった。11月1日の朝が来ると、ドルイド祭司は、各家庭にこの火から燃えさしを与えた。各家族は、この火を家に持ち帰り、かまどの火を新しくつけて家を暖め、悪いシー(Sí、ケルト神話の妖精。なお「バンシー」とは「女の妖精」の意。)などが入らないようにする。1年のこの時期には、この世と霊界との間に目に見えない「門」が開き、この両方の世界の間で自由に行き来が可能となると信じられていたからである。祭典ではかがり火が大きな役割を演じた。村民たちは、屠殺した牛の骨を炎の上に投げ込んだ。かがり火が燃え上がると、村人たちは他のすべての火を消した。その後、各家族は厳粛にこの共通の炎から炉床に火をつけた。 従来、ローマ人は11月1日頃に果実・果樹・果樹園の女神でリンゴをシンボルとしていた女神ポーモーナを讃える祭りを祝っていたと考えられており、紀元1世紀にブリテン島に侵入した以降はケルト地域にポーモーナの祭りをもたらしたと言われていた[要出典]。ハロウィンの行事としてダック・アップルが行われるのはその由縁からと考えられ、またハロウィンのシンボルカラーである黒とオレンジのうち、オレンジはポーモーナに由来するとの説がある。しかしながらこうしたポーモーナの祭りとの関連性について、新しい研究は否定的見解をとっており、そもそもポーモーナの祭りが古代ローマにおいて盛大に祝われていたかについてすら疑義が差し挟まれている。また古代ローマの祖霊祭パレンタリア(英語版) (Parentalia) からの影響も指摘されている。 ハロウィンの習慣は、イングランド南部では17世紀以降、11月5日の火薬陰謀事件の記念日(ガイ・フォークス・ナイト)に置き...

    文化圏によってかなり扱いが異なっている。興味を示している地域と、興味がなく無視している地域がある。 現代でハロウィンが大々的に行われているのは主に英語圏であり、例えばアイルランド・イギリス、およびイギリスが進出・侵略して植民地化するなどして「イギリス帝国」の一部に組み込みイギリス流の文化を広めた場所(アメリカ・カナダ・ニュージーランド、そしてオーストラリアなど)に広まっている。 特に、もともとケルト人の国であるアイルランドに色濃く残っている。アイルランドでは10月最後の月曜が祝日となっており、ハロウィンを祝う習慣が最も純粋な形で残っている。この祝日に続く週は、学期の半ばであるがすべての学校が休みになり、一般に「ハロウィン休み」と呼ばれる[要出典]。 上述の旧イギリス帝国系の国々ではハロウィンが盛大に祝われるが、アメリカの一部キリスト教系学校では、ハロウィンがキリスト教由来の行事ではないことから、「ハロウィンを行わないように」という通達が出されることがある[※ 6]。 上述の国々でアイルランド以外はプロテスタント信者が多いせいもあって、その翌日にあたる諸聖人の日には、通常これといった行事は催されない。宗教改革以降、プロテスタント諸国ではカトリック教会の祝日である諸聖人の日が徐々に廃れたため、ハロウィンのみが残された格好になっているのである[※ 7]。 カトリック信者の多いラテン民族諸国(すなわちローマ帝国時代にラテン語が広まり、その後、口語ラテン語の地域方言が歴史的に変化した言語が話されることになった地域)、主にイタリア・スペイン・ポルトガル・フランス、および植民地となった南アメリカ諸国のブラジル・ペルー・アルゼンチン、ラテンアメリカのコスタリカ・ニカラグア等々では、人々はハロウィンに興味を持っておらず、無視している状況にある。これらの国家においては『諸聖人の日』の方が重要視されており、諸聖人の日を祝日に制定して休日にしている国家もある。 東方教会(正教会・東方諸教会)が広まる地域(東欧・中東など)においてもハロウィンをほぼ無視している。ロシアにおいてはロシア教育省が「ハロウィンは子ども達の壊れやすい心には有害である」との見解を出した。 (同じゲルマン語系言語を話すという点で、何かと英語圏の接点の多い)ドイツ、また、19世紀に英語圏の諸国に植民地化されたり、敗戦...

    ジャック・オー・ランタン

    ジャック・オー・ランタン、あるいは、ジャック・オ・ランタン(英: Jack-o'-Lantern[※ 8][※ 9])は、「お化けカボチャ」「カボチャちょうちん」とも言えるもので、オレンジ色のカボチャをくりぬき、ナイフで目・鼻・口をつけ、内側に火のついたろうそくを立てるもので、最もハロウィンらしいシンボルである。ハロウィンを祝う家庭では、カボチャを刻んで怖い顔や滑稽な顔を作り、悪い霊を怖がらせて追い払うため、ハロウィンの晩、家の戸口の上り段に置く。これは「ウィル・オー・ザ・ウィスプ」を象徴したものである[要出典]。その後、ワシントン・アーヴィングの短編小説「スリーピー・ホロウ」(1820年)において、首なし騎士が主人公イカボッド・クレーンに向けてカボチャを投げつける場面[※ 10]が描かれたことがきっかけで、ジャック・オー・ランタンを持った首なし騎士が描かれるようになり、最終的にカボチャのジャック・オー・ランタンがハロウィンのシンボルとなった。

    トリック・オア・トリート

    英語圏では、子供たちが「Trick or Treat(トリック・オア・トリート)」 という言葉、直訳では「いたずらか、ごちそうか」で、聞いている側としては「ごちそうをくれないと、いたずらしちゃうぞ」というニュアンスに聞こえる言葉を唱えながら家々を訪ね、菓子を集めて回る習慣があるが、これは古い英語で wassailing と呼ばれるクリスマスの時期の酒宴の習慣に似た、ソウリング (Souling) と呼ばれるヨーロッパのケルトの風習から発展したという[要出典]。11月2日の死者の日に、仮面をつけた子供たちがソウルケーキを貰いに家々を回って、ソウルケーキで亡くなった人を供養したという。子供たちに訪問される側の大人たちは、子供たちのためにあらかじめお菓子を大量に用意して待つ。地域の大人たちと子供たちが交流できる機会になっている。 ティーンエイジャーになると、お菓子を集めるよりもむしろ庭木の枝にトイレットペーパーをかけたり家や車に鶏卵を投げつけるといったいたずらをすることがある。それを防止する方法もいろいろ考えられている。

    仮装

    ハロウィンで仮装されるものには、アメリカでは基本的には「恐ろしい」と思われているものが選ばれる傾向があり、たとえば幽霊・魔女・コウモリ・悪魔・黒猫・ゴブリン・バンシー・ゾンビなどの民間で伝承されるものや、吸血鬼や狼男・フランケンシュタインのような欧米の怪談や恐怖小説に登場する怪物が含まれる。 20世紀後半のアメリカでは、お姫様や海賊といった類型的なキャラクターや、スパイダーマンやバットマンなど漫画・映画のキャラクターの仮装も行われるようになった。 1992年10月17日にはアメリカ合衆国ルイジアナ州で、ハロウィンの仮装をし他人宅を訪れた16歳の日本人留学生が射殺される事件が発生した。(日本人留学生射殺事件) 2020年10月、雑誌Good Housekeeping は、特定の人を傷つける可能性があるとして、ハロウィンの仮装の題材として扱うべきではないテーマとして、15の項目を取り上げている。 またPinterestも同時期に、インディアンや芸者といった、文化の盗用を疑われるような仮想は避けようと呼びかけており、日本のPineterestも異文化への配慮のあるハロウィンのアイデアを...

    教会の祭としては祝われない

    教会暦を教会全体で使用するカトリック教会[※ 3]・聖公会[※ 4]・ルーテル教会[※ 12]・正教会[※ 5]・東方諸教会の全てで[※ 13]、ハロウィンは教会暦上の祭としては祝われない。先述の通り、元々ハロウィンの起源はキリスト教とは無関係である。 ただし地域によっては教会でも、この日に合わせてパーティ等のイベントを行うことがある。しかしながらそうした場合でも教会は、キリスト教の趣旨に合わない要素は出来る限り取り除くように努めている(後述)。

    ハロウィンに重なっている諸聖人の日

    教会暦では日没から翌日日没までを一日と数える。したがって10月31日の夜は、教会暦においては「11月1日の始まりとしての夜」になる。 カトリック教会では11月1日を「諸聖人の日」(古くは「万聖節」とも)、聖公会では「諸聖徒日」としているが、英語の「ハロウィン」は「諸聖人の日(万聖節)の夜」を意味する "All-hallow Evening" の短縮形をその語源としており[※ 14]、現在確認されている使用例は、16世紀にみられるものが最古である。 ハロウィンに重なるように設定されている諸聖人の日は、もともと東方教会の衆聖人の主日に由来するもので、カトリック教会では609年に導入され、当初は5月13日に祝われていた。しかし8世紀頃から英国やアイルランドでは11月1日にすべての聖人を記念するようになり、同時代のローマ教皇グレゴリウス3世(在位731年 - 741年)によって、11月1日に祝う習慣がローマ教会に広く導入された。これについては、ケルト人が自然崇拝からケルト系キリスト教を経てカトリックへと改宗する過程で、ケルトの収穫祭に合わせて11月1日に設定したとされている。 カトリック...

    諸聖人の日がハロウィンに重ねられた目的:二つの説

    小澤克彦は、ケルト人への宣教にあたり、ケルトのサウィン祭はアイルランドのキリスト教会に影響を与え、カトリック教会も、民族の根幹にかかわる祭りは民衆から取り去ることはできなかったため、「諸聖人の祝日」の日を11月1日に変更したことで、その前夜祭がハロウィーンとして民衆に残されたと説明している。 他方、キリスト教についてのメルマガも発行している映画評論家、服部弘一郎は、古代の冬至祭に対抗してクリスマス、ケルトの祭に対抗して諸聖人の日を持って来た教会の戦略を「ライバル店舗の目と鼻の先に新店舗を作って盛り上げ、ライバル店を潰そうとする外食チェーン店やコンビニみたいな戦略」と喩えている。その上で、クリスマスを「ライバル店側が消えた(異教側の祭が消えた)」例として、ハロウィンを「ライバル店側が残った(異教側の要素が残った)」例として挙げており、「教会には民衆の祭(ハロウィン)を残す意図があった」とする小澤とは違い、教会は先行する異教の祭(ライバル店)を完全に潰そうと考えていたが、それが挫折して残ったものであると捉えている。

    米軍関係者が住む地域においてアメリカの風習としてハロウィーンが持ち込まれることがあったものの、各地のイベントでハロウィーンにちなんだ仮装が導入されるようになったのは1980年代以降になってからである。また、読売新聞の編集委員である片山一弘は、1995年11月1日の同紙に掲載された投書を取り上げ、1990年代半ばの時点からハロウィーンの商業利用が盛んになりつつあったと推測し、夏休みとクリスマスの間の販促イベントの材料としてふさわしかったのだろうと分析している。その後、1990年代後半より始まった東京ディズニーランド(東京ディズニーリゾート)のイベント・ディズニー・ハロウィーンをはじめとするイベントが各地で開催されたことに加え、2000年代後半より菓子メーカーが相次いでハロウィン商戦に参入したことなどを契機としながら、2010年代中盤にはソーシャル・ネットワーキング・サービス (SNS) の普及にも後押しされて市場規模が拡大していった。同時期、店頭・街中でのハロウィン装飾が見られるようになったほか、仮装・コスプレのイベントとして日本式にアレンジされたハロウィンが行われている。近年では幼稚園や保育園の恒例行事になっているほか、大人も仮装をして参加するイベントが大都市圏を中心に各地で行われている。ただし、後述のように様々な問題も起きており、8割の人がハロウィンに関心を示していない、もしくは好まないという2016年のアンケート結果などもある。

    オマーンではラマダン月の中間日、満月の夜にカランカショー(英語版)と呼ばれるものが行われる。変装こそしないが着飾った子どもたちが歌を歌いながら近所を練り歩き、菓子や小遣いをねだる。留守の家には「お前の家はジン(アラブ圏の精霊)に包まれるぞ!」と叫ぶ。 日本にも、ケルトのサウィン祭=ハロウィンに類似した行事として、御霊信仰やお盆が既に存在するので、日本にハロウィンは不要であるとする意見もある[要出典]。日本における類似行事としては、七夕に行われるローソクもらい(北海道)などがある。

  5. Yes!プリキュア5 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 夏木りん

    『Yes!プリキュア5』(イエス・プリキュア・ファイブ)は、2007年2月4日から2008年1月27日まで、朝日放送の制作により、テレビ朝日系列で毎週日曜8時30分から9時(JST)に全49話が放送された、東映アニメーション制作のテレビアニメ作品。

  6. ヤマタノオロチ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › やまたのおろち
    • 概要
    • 記録
    • 解釈
    • 伝承
    • 参考文献
    • 関連項目
    • 外部リンク

    八岐大蛇は『日本書紀』での表記。『古事記』では八俣遠呂智と表記している。「高志之八俣遠呂智、年毎に来たり(古事記)」がみえ、古代日本の地方である高志(こし)から来たとされる。「ヤマタノオロチ」という名称の意味は諸説ある。本来は山神または水神であり、八岐大蛇を祀る民間信仰もある。なお本居宣長は『古事記伝』にて、八俣遠呂智は「ノ」を添えず「ヤマタオロチ」と訓むべきだとしている。

    古事記

    高天原を追放された須佐之男命(スサノオノミコト)は、出雲国の肥河(島根県斐伊川)の上流の鳥髪(現・奥出雲町鳥上)に降り立った。箸が流れてきた川を上ると、美しい娘を間に老夫婦が泣いていた。その夫婦は大山津見神の子の足名椎命と手名椎命であり、娘は櫛名田比売(くしなだひめ)といった。 夫婦の娘は8人いたが、年に一度、高志から八俣遠呂智という8つの頭と8本の尾を持った巨大な怪物がやって来て娘を食べてしまう。今年も八俣遠呂智の来る時期が近付いたため、最後に残った末娘の櫛名田比売も食べられてしまうと泣いていた。 須佐之男命は、櫛名田比売との結婚を条件に八俣遠呂智退治を請け負った。まず、須佐之男命は神通力で櫛名田比売の形を変えて、歯の多い櫛にして自分の髪に挿した。そして、足名椎命と手名椎命に、7回絞った強い酒(八塩折之酒)を醸し、8つの門を作り、それぞれに酒を満たした酒桶を置くようにいった。準備をして待っていると八俣遠呂智がやって来て、8つの頭をそれぞれの酒桶に突っ込んで酒を飲み出した。八俣遠呂智が酔って寝てしまうと、須佐之男命は十拳剣で切り刻んだ。このとき、尾を切ると剣の刃が欠け、尾の中から...

    日本書紀

    素戔嗚尊(すさのお)は天より降って出雲の國の簸(ひ)の川上に到った。その時、川上で泣き声が聞こえた。そこで声の方を尋ねると、老夫婦がきれいな少女を間にして泣いていた。老夫婦は脚摩乳(あしなづち)と手摩乳(てなづち)といい、少女は二人の娘で奇稲田姫(くしいなだひめ)といった。 素戔嗚尊は泣いていた理由を尋ねた。老夫婦にはもともと八人の娘がいたが、毎年一人ずつ八岐大蛇(やまたのおろち)という怪物に食べられてしまい、末娘の奇稲田姫だけになってしまった。そして残った奇稲田姫ももうじき食べられてしまうので、悲しくて泣いていたのだという。 素戔嗚尊は、「八岐大蛇を退治する代わりに奇稲田姫を嫁に欲しい」と申し出た。老夫婦は喜んでその申し出を承諾した。すると素戔嗚尊は奇稲田姫の体に触れ、たちどころに湯津爪櫛(ゆつつまぐし)の形に変えてしまった。素戔嗚尊は湯津爪櫛になった少女を御髻(みづら)に挿し、脚摩乳と手摩乳に八回醸した酒を作らせ、八面に塀を立て、各々一つずつ樽を置き、酒を盛らして待った。 時が過ぎ八岐大蛇が現れた。頭と尾はそれぞれ八つずつあり、眼は赤い鬼灯のようであった。松や柏が背中に生えて...

    「洪水の化身」などと解釈されることがある。オロチは水を支配する竜神を、クシナダヒメは稲田を表すと見做した説である。 物理学者の寺田寅彦は溶岩流を連想させると述べている。それにちなんで、ヤマタノオロチが「野だたら」製鉄で炉から流れ出した銑鉄を表しており、婚姻は一族を支配下に治めたことを表現しており、よって、ヤマタノオロチの討伐は「野だたら」製鉄をする一族を支配下に治めて鉄剣を献上させたことを表現しているという説もある。実際、出雲近郊の山間部で時代の特定できない「野だたら」の遺跡が数多く見つかっている。

    長野県佐久市常和の山田神社は、ヤマタノオロチとゆかりがあるという蛇石(へびいし)を祭っている。八岐大蛇が素戔嗚尊に退治された時、その魂が石の形で留まったものとされ、蛇石の上に蛙を置いたところ自然と消失したり、石が年々大きさを増し、祠を作って覆ったがその祠を壊して出てきたため、土地の産神として祭ったところ大きくなることはなくなったという伝説がある。 須佐神社には、ヤマタノオロチの骨とされる物が納められている。

    戸部民夫『日本神話─神々の壮麗なるドラマ』神谷礼子 画、新紀元社〈Truth In Fantasy 63〉、2003年10月26日、初版。ISBN 978-4-7753-0203-3。
    『日本伝説叢書 信濃の巻』藤沢衛彦 編、日本伝説叢書刊行会、1917年。doi:10.11501/953569。
    安本美典『邪馬台国と出雲神話―銅剣・銅鐸は大国主の命王国のシンボルだった 推理・邪馬台国と日本神話の謎』勉誠出版、2004年11月10日。ISBN 978-4-585-05131-2。
    桂令夫・他著『東洋神名事典』山北篤 監修、新紀元社〈Truth In Fantasy 事典シリーズ 7〉、2002年12月1日。ISBN 978-4-7753-0123-4。
  7. 黄聖依 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 黄聖依
    • 来歴
    • 出演作品
    • 外部リンク

    幼少期から舞踏団に入り、高校時代にはテレビの司会者コンテストで優勝している。2001年に北京電影学院演技科入学。在学中の2004年にチャウ・シンチー主演・監督『カンフーハッスル』のヒロインに抜擢され映画デビュー。同時にチャウ・シンチーの会社・星輝公司とマネージメント契約を結んだ。しかし間もなく会社に無許可で雑誌『男人装』のグラビアの仕事をしたとして険悪な関係になり、契約解除をめぐって双方が裁判に訴えるなど泥沼化。 2008年にEEGと契約し、EEG傘下のエンペラー・モーション・ピクチャーズ所属となった。

    映画

    1. 2004年:『カンフーハッスル』 2. 2006年:『ドラゴン・スクワッド』 3. 2006年:『忍者』 4. 2007年:『愛は迷走中〜Call For Love』 5. 2008年:「出水芙蓉」 6. 2009年:『建国大業』 7. 2011年:『白蛇伝説〜ホワイト・スネーク〜』 8. 2014年:『アイスマン』 9. 2018年:『アイスマン 宇宙最速の戦士』 10. 2018年:『エア・ストライク』

    テレビドラマ

    1. 2002年:「紅蘋果楽園 - 琳達 役 2. 2004年:『天下第一』 - 柳生雪姬 役 3. 2004年:「九品芝麻官」 - 展隨風 役 4. 2004年:「功夫状元」 - 温綺/金莎 役 5. 2005年:「金色年華」 - 艾晩晴 役 6. 2006年:「家和萬事興之抬頭見喜」 7. 2006年:「天涯歌女周璇」 - 王人美役 8. 2006年:『碧血剣』 - 夏青青役 9. 2007年:「憑什麼愛你」 - 可可 役 10. 2007年:「天仙配」 - 七仙女 役 11. 2007年:「愚公移山」 12. 2007年:「縁」 13. 2007年:「日月凌空」 14. 2007年:「新九品芝麻官」/「棟篤狀王」 15. 2008年:「丁家有女喜洋洋」 - 丁迅 役 16. 2008年:「滴涙痣」 - 藍扣子 役

    ホアン・シェンイー - allcinema
    ホアン・シェンイー - KINENOTE
    Shengyi Huang - インターネット・ムービー・データベース(英語)
  8. 近親相姦 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 近親相姦

    近親相姦(きんしんそうかん)は、近い親族関係にある者による性的行為である。 日本語辞書や文学などの分野ではこの用語が用いられることが多い。 ただし、臨床心理学などの分野で児童虐待問題に関連して扱われる場合は近親姦(きんしんかん)と呼ばれることも多 ...

  9. 新幹線変形ロボ シンカリオン - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 劇場版_新幹線変形ロボ

    『新幹線変形ロボ シンカリオン』(しんかんせんへんけいロボ シンカリオン)は、ジェイアール東日本企画・小学館集英社プロダクション・タカラトミーの3社によって立ち上げられたプロジェクトにより開発され、2015年3月16日から展開 [1] されている「新幹線」から ...

  10. 季語一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 季語一覧
    • 春の季語
    • 夏の季語
    • 秋の季語
    • 冬の季語
    • 新年の季語
    • 関連項目

    時候

    - 春- - 初春 - 二月 - 睦月 - 旧正月 - 寒明け - 立春 - 早春 - 春浅し - 冴返る - 余寒 - 春寒 - 遅春 - 春めく - 魚氷に上る - 雨水 - 獺魚を祭る - 二月尽 - うりずはん(「潤い初め」の琉球方言)-- 仲春 - 三月 - 如月 - 啓蟄 - 鷹化して鳩となる - 龍天に登る - 初朔日 - 春分 - 彼岸 - 春社 - 三月尽 - 晩春 - 四月 - 弥生 - 清明 - 花冷え - 蛙の目借時 - 田鼠化して鶉となる - 穀雨 - 春深し - 八十八夜 - 春暑し - 暮の春 - 行く春 - 春惜しむ - 夏近し - 弥生尽 - 四月尽 - - 春の日 - 春暁 - 春の朝 - 春昼 - 春の夕 - 春の暮 - 春の宵 - 春の夜 - 朧月夜- 暖か - 麗か - 長閑 - 日永 - 遅日 - 木のかきごうり芽時 - 花時 - 寒さ - 鶯

    地理

    - 春の山 - 山笑う- 春の野 - 焼け野原 - 春の水 - 水温む - 春の川 - 春の海- 春の波 - 春潮 - 彼岸潮 - 潮干潟 - - 春田 - 苗代- 春の園 - 春の土 - 春泥 - 逃げ水- - 堅雪 - 残雪 - 雪間 - 雪崩 - 雪解け - 雪しろ - 春出水 - 凍解け - 薄氷 - 氷解く - 流氷-清水 - 春衣 - 花衣 - 柳衣 - 躑躅の衣 - 桜衣 - 山吹衣 - 捨頭巾 - 外套脱ぐ - 胴着脱ぐ - 春袷 - 春服 - 春外套 - 春ショール - 春セーター - 春手袋 - 春帽子 - 春日傘 - - 山葵漬 - 木の芽漬 - 花菜漬 - 桜漬 - 蕗みそ - 木の芽みそ - 木の芽和え - 田楽 - 若布和え - 独活和え - 青ぬた - 浅葱なます - 鮒なます - 田螺和え - 蜆汁 - 蒸し鰈 - 干し鰈 - 白子干 - 目刺 - 干鱈 - 壷焼 - 山椒の皮 - 鶯餅 - わらびもち - 草餅 - 桜餅 - 椿餅 - 菱餅 - 雛あられ - 白酒 - うこぎ飯 - 菜飯- 嫁菜飯 - 枸杞飯 - 白魚飯 - 治聾酒 - 味噌豆煮...

    行事

    - 卒業式 - 入学式 - 入社式-お花見

    時候

    初夏(新暦5月、旧暦4月(卯月・清和)) 1. 立夏(5月6日ごろ) - 夏浅し - 夏めく - 薄暑 - 麦の秋 / 小満(5月21日ごろ) - 五月尽く 仲夏(新暦6月、旧暦5月(皐月)) 1.1. 芒種(6月6日ごろ) / 入梅(6月11日ごろ) - 梅雨寒し / 夏至(6月21日ごろ) - 白夜 - 短夜(明け易し) / 半夏生(7月2日ごろ) 晩夏(太陽暦7月、旧暦6月(水無月)) 1.1. 小暑(7月7日ごろ) / 炎昼 - 夏の暁 - 夏の夕(夏夕べ) - 夏の夜(夜半の夏) - 梅雨明 - 冷夏 / 土用入(7月21日ごろ) - 土用 - 三伏 - 盛夏(炎帝) - 暑さ / 大暑(7月23日ごろ) - 極暑 - 溽暑 - 熱帯夜 - 灼く / 秋近し - 涼し - 土用明- 夏の果 - 夜の秋

    天文

    三夏 1. 夏の月(月涼し) - 夏の星 / 夏の日 / 夏の雨 / 夏の風 仲夏(太陽暦6月、旧暦5月) 1.1. 五月晴 - 五月闇 / 五月雨 - 梅雨 / 青嵐 - 大南風(おほみなみ) - 風薫(薫風) - 黒南風(くろはえ) - 南吹く(はえふく) - 南風(みなみ)- 黄雀風(くわうじやくふう) 晩夏(太陽暦7月、旧暦6月) 1.1. 炎天 - 西日 - 旱 - 夕立晴 - 夕焼け / 浅曇 - 雲海 - 雲の峰 - 入道雲 - 夕立雲 / 喜雨 - スコール - 雹 - 夕立(白雨) / 白南風(しらはえ) - 夕立風 - 夕凪 / 夏の霧(夏霧) - 逃げ水 - 虹 / 雷 - 遠雷 - 日雷 - はたたがみ - 日盛 - 雷雨 - 雷神 - 雷鳴 - 落雷

    地理

    三夏 1. 夏景色 - 夏の山 - 山滴る / 夏野 / 夏の湖 / 夏の海 - 夏の潮 初夏(太陽暦5月、旧暦4月) 1.1. お花畑(高山植物が咲いた状態を指す) / 卯波(卯浪) 仲夏(太陽暦6月、旧暦5月) 1.1. 皐月富士 / 出水 - 夏の川 - 氷河 - 噴井 / 植田 - 代田 - 田水沸く / 夏空 晩夏(太陽暦7月、旧暦6月) 1.1. 赤富士 - 御来迎 - 雪渓 - 宵山 / 泉 - 苔清水 - 滴り - 清水(山清水・岩清水) - 滝(瀧) / 青田 / 土用波 - 苦潮(赤潮)

    時候

    - 秋 - 初秋 - 八月 - 文月 -長月-霜月- 立秋 - 残暑 - 秋めく - 新涼 - 処暑 - 八月尽 - 二百十日 - 仲秋 - 九月 - 葉月 - 八朔 - 白露 - 秋分 - 秋彼岸 - 秋の社日 - 龍淵に潜む - 水始めて涸る - 晩秋 - 十月 - 長月 - 律の調べ - 寒露 - 雀蛤となる - 秋の日 - 秋の朝 - 秋の昼 - 秋の暮 - 秋の宵 - 秋の夜 - 夜長 - 秋麗 - 秋澄む - 秋気 - 爽やか - 冷やか - 身に入む - 秋寒 - そぞろ寒 - やや寒 - うそ寒 - 肌寒 - 朝寒 - 夜寒 - かりがね寒し - 霜降- 豺獣を祭る - 冷まじ - 秋寂ぶ - 秋深し - 暮の秋 - 行く秋 - 秋惜む - 冬隣 - 九月尽 -天高し

    天文

    秋色 - 秋晴 - 菊日和 - 秋旱 - 秋の声 - 秋の空 - 天高し - 秋の雲 - 鰯雲 - 鯖雲 - 月 - 待宵 - 名月 - 十六夜(いざよい) - 後の月 - 星月夜 - 秋の星 - 天の川 - 流星 - 碇星 - 秋の初風 - 秋風 - 初嵐 - 秋の嵐 - 野分 - 颱風 - 秋曇 - 秋湿り - 秋雨 - 秋時雨 - 富士の初雪 - 秋の初雪 - 秋の雷 - 稲妻 - 秋の虹 - 霧 - 露 - 露寒 - 露霜 - 秋の初霜 - 秋の夕焼 - 釣瓶落し - 龍田姫-

    地理

    秋の山 - 山粧う - 秋の野 - 枯野の色 - 野山の色 - 野山の錦 - 秋の園 - 花園 - 花畑〔「秋の草花が咲いた畑」のこと〕 - 花野 - 秋の狩場 - 秋の田 - 刈田 - 穭田(ひつじた) - 落し水 - 秋の水 - 水澄む - 秋の川 - 秋出水 - 秋の湖 - 秋の海 - 秋の潮 - 初潮(はつしお) - 高潮 - 盆波 - 秋の浜 - 不知火

    時候

    年の瀬 - 小春 - 大晦日 - 年越し - 短日 - 節分 - 除夜 - 小寒 - 大寒 - 師走 - 霜月 - 立冬 - 神無月

    天文

    雪 - 初雪 - 小春日和 - 厳冬 - 氷・氷柱 - 霜・霜柱 - 樹氷 - 吹雪 - 空風 - 寒波 - 北風 - 時雨 - 冬霧 - 雁渡 - 寒昴 - 冬北斗

    地理

    山眠る

    時候

    新年 - 旧年 - 今年 - 去年 - 元旦 - 松の内 - 正月

    天文

    初空 - 初日- 初東風 - 初凪

    地理

    初景色 - 初富士 - 初若菜野

  11. 其他人也搜尋了