Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/メインページ

    バリ島( Pulau Bali )は、東南アジアのインドネシア共和国に属する島で、首都ジャカルタのあるジャワ島のすぐ東側に位置する。 周辺の諸島とともに、第一級地方自治体( Daerah Tingkat I )であるバリ州を構成する。 2014年の島内人口は約422万人である。

  2. ウマ娘 プリティーダービー - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ウマ娘_プリティーダービー

    ウマ娘 プリティーダービー』(ウマむすめ プリティーダービー)は、Cygamesによるスマートフォン向けゲームアプリ [1] とPCゲーム、およびそれを中心としたメディアミックスコンテンツ。略称は『ウマ娘』。 ジャンルは育成シミュレーションゲームで、競走馬を萌 ...

  3. 孤独のグルメ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/孤独のグルメ
    • 概要
    • 登場人物
    • 書誌情報
    • 中国版ウェブドラマ
    • アプリ配信アニメーション
    • 関連商品
    • 関連項目
    • 外部リンク

    個人で輸入雑貨商を営んでいる井之頭五郎(いのがしら ごろう)が、仕事の合間に立ち寄った店で食事をする様を描いたグルメ漫画。料理の薀蓄を述べるのではなく、ひたすらに主人公の中年男が独りで食事を楽しむシーンと心理描写を綴っているのが特徴で、ドラマティックな展開などは少なく、あたかもドキュメンタリーのごとく淡々と物語が進行する。出先での食事がメインのため、主人公が訪れる店は出張など(7話・19話・特別編)を除けば大半が東京を中心とする関東の店となっており、訪れる店も高級料理屋などではなく大衆食堂のような店がほとんどである。 久住のデビュー作『夜行』は夜汽車で男が独り弁当を食べる漫画であるが、これを読んでいた『月刊PANJA』の編集者から「絵柄を変えて大人向きの漫画が描けないか」と持ちかけられたことがきっかけである。その頃のグルメブームに辟易していた久住と編集者は、打ち合わせを行い「孤独にグルメを楽しんでいる漫画」の方向性を得てタイトルも決まった。作画を谷口にすることは、編集者の希望であった。1996年連載終了時までの作品(1話 - 18話)をまとめた単行本が出版されている。当初は3刷で絶版になるなど、けっしてヒット作とは言えなかった。2000年になり文庫版が出版されてから年2回の増刷がかかるようになり、その実績から2008年に新装版が発売されている。2007年の時点で文庫版は21刷、8万8千部とロングセラーで、女性読者が4割を占める。 主人公の井之頭五郎を輸入雑貨商にした理由は、『月刊PANJA』編集者の知り合いに実在していた、時間が自由になる、の2点による。独身であることは、先行するグルメ漫画『美味しんぼ』『クッキングパパ』との差別化のためである。下戸であることは主人公に弱点を設ける意味合いもあるが、連載の8ページに収めるために食事と酒を組み合わせる話題を避けるためであると、久住は語っている。 2014年9月10日の読売新聞夕刊誌上にて「待望の漫画第2弾!『孤独のグルメ2』2014年10月発売予定」と掲載されたが、2014年以内に発売されず、以降順延し、2015年9月27日に発売された。 2016年11月時点でイタリア(Gourmet)、フランス(Le Gourmet solitaire)、スペイン(El Gourmet Solitario)、ブラジル(?)、台湾...

    井之頭 五郎(いのがしら ごろう)

    1. 演 - 松重豊(テレビドラマ版) 2. 声 - 堀内賢雄(アプリ配信アニメ版) / 小山力也(ドラマCD) 3. 本作の主人公。輸入雑貨の貿易商を個人で営んでいる。孤高で自由な生き方をモットーとし[註 1]、結婚や店を構えることについては「守るものが増えて人生が重たくなる」として敬遠している。 4. テレビドラマ版では、Season1・第3話で今の事務所が手狭になったため豊島区の池袋で物件を探していたが、空腹になり止めている。その後、Season2・第9話で江東区の砂町銀座商店街近辺に新しい事務所を構えていることが示唆されているほか、Season4・第10話で江東区枝川に在庫品の保管のための倉庫を借りていることが明らかにされている。 5. 現在、特定の恋人はいない。回想では「小雪(さゆき)」という名の女優を始め、数人の女性と交際経験がある。 6. 父親はすでに他界[註 2]、母親については記述無し。その他の詳しい家族構成は不明だが、離婚して出戻った姉がおり、その姉の子・太(ふとし)は高校球児(エースで4番)。 7. 普段はやや人見知りで消極的。初めての店に入るのをためらうこ...

    原作・久住昌之、作画・谷口ジロー 『孤独のグルメ』 扶桑社、既刊2巻。累計発行部数は2015年1月時点で40万部。
    (1997年10月発売) ISBN 4-5940-2137-9
    (2015年9月27日発売) ISBN 978-4-5940-7337-4

    キャスト

    1. 伍郎(ウーラン、自営業者)/ 伍郎の父 - 趙文瑄(ウィンストン・チャオ)、幼年期 - 余彦宸(ユー・イェンチェン)、若年期 - 阿本(中国語版)(アーベン)(二役)

    スマートフォン向け配信アプリケーション「タテアニメ」で2017年11月29日からアニメーションを配信する。2017年10月13日、11月15日、22日に監督インタビューの特番を配信した。内容は原作に沿っているが、一部のシーンがカットされ、料理の詳細な説明が省かれている。 監督は黄瀬和哉、井之頭五郎役の声優は堀内賢雄が担当。プロデューサーは、大塚裕司。劇中音楽は、原作者の久住昌之が、TVシリーズのイメージに合わせて、新たにアレンジ、演奏したオリジナル。

    ドラマCD

    2009年9月26日、キャラアニからドラマCDが発売された。井之頭役は小山力也が演じている。第1話、第4話、第5話、第16話、第3話、第12話(公式通販サイトでの「収録内容」掲載順)に加え、ボーナス・トラックとして小山が自身の当たり役であるジャック・バウアーのノリで第1話を演じる「スペシャル・アレンジ・ヴァージョン」(公式通販サイトより)も収録されている。加えて音楽は原作者である久住がオリジナルの楽曲を製作・演奏し、ジャケットは谷口による描き下ろしである。 2010年3月27日、ドラマCDのvol.2が発売された。井之頭役はvol.1同様小山力也である。第11話、第18話、第10話、第15話、第2話、第8話、第2話スペシャル・アレンジ・ヴァージョン、および久住によるテーマソングと一人芝居が収録されている。

    アプリケーション

    孤独のカメラ 1. BookLiveより2013年8月30日からiOS端末用のアプリケーションを利用開始した。無料のアプリである。漫画「孤独のグルメ」のキャラクターや名台詞をデコレーション用フレームとして収録していて写真に合成できる。原作漫画モチーフの撮影用フレームを14種類収録。撮影時にフレームを反映させたり、撮影済みの写真にフレームを追加適用することができる。作成した写真は、カメラロールに保存したり、Facebook、Twitter、LINEへの投稿が可能。

    アクションフィギュア

    マックスファクトリーから2015年8月にアクションフィギュア「figma井之頭五郎」が発売された。 通常版の「並盛りver.」と、第1話に出てきた「ぶた肉いため」、「とん汁」、「机」、「パイプいす」といった付属物を追加した豪華版の「大盛りver.」の2種類が同時発売される。 2018年6月にドラマ版の松重豊による五郎を元に立体化した「figma 井之頭五郎 松重豊Ver.」も発売されており、表情パーツは実際に松重の顔を撮影して制作されている。スーツ姿で鞄と「メンチカツ」が付属する通常版のほか、グッドスマイルカンパニーオンラインショップ限定の、腕まくりしたワイシャツ姿で「ロースター」や「ご飯」、「焼肉かめや」のペーパークラフトなど一人焼肉用のジオラマキットが付属する「ワイシャツ一人焼肉エディション」、テレ東本舗。WEB限定の、通常版同様のスーツ姿で「携帯電話」や「サングラス」、一人焼肉用のジオラマキットなどが付属する「ハードボイルドGOROエディション」の3種類が同時発売される。

  4. 抹茶 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/抹茶
    • 概要
    • 歴史
    • 日本の製法
    • 成分と効能
    • 賞味方法
    • 関連項目

    抹茶の定義

    日本の食品表示で「抹茶」とされるのは、日本茶業中央会による「覆い下で栽培生葉を揉まないで乾燥した碾茶を茶臼で挽いて微粉状に製造したもの」、および「『茶臼で挽いて』という表現は粉砕の代表例を示したもので、他の方法で微粉末にしても「抹茶」と言える」との補足説明に当てはまるものとなる。このため、工業的に粉砕機で破砕した場合でも抹茶と表示可能である。 一方、粉末茶の表示はこの定義に関係なく、「加工用抹茶」「工業用抹茶」「食品用抹茶」などの表示で流通し、上記定義で必須条件である『碾茶』の生産量と、『抹茶』の流通量を比較すると、世間で流通している抹茶の3分の2は本来の意味の抹茶ではないと見られている。 なお粉茶は、煎茶を製造する際に生じる微細な粉末を回収したもので「出物」とも呼ばれ、抹茶と異なり急須などで煎れて飲用するもの。

    粉末としての抹茶

    チャノキの葉(茶の葉)を蒸してから乾燥させた碾茶を茶臼で挽いたものである。江戸時代までは挽きたてのものを飲用していた。現代でも茶道では前日などに茶臼で挽いた抹茶を供する。家庭用には既に粉末化され、プラスチックのフィルム袋に密閉されたり、もしくは金属製の筒に入れられたりした製品が流通している。変質を避けるため開封後は密閉容器に入れて冷暗所に保存する。 種類は、高級品や一般向け製品の違いを別にすると単一であるが、味はその年の茶畑や茶葉の仕上がりによって異なるため、従来のものと味わいを統一するために茶舖において様々な畑の茶葉を組み合わせて配合する(これを合組(ごうぐみ)という)。濃茶用、薄茶用(いずれも後述)の元となる茶葉の配合は茶舖により異なり、合組される際には茶畑毎に分かれている。甘みがより強く、渋み・苦味のより少ないものが良いとされ、高価である。一般に高級な抹茶は濃茶に用いられるが、もちろん薄茶に用いてもよい。 爽やかな苦味は砂糖の甘味と良く馴染み風味が際立つため、菓子の風味付けにも好まれる。和菓子はもちろん、洋菓子にも用いられ、抹茶味のアイスクリームは日本では定番風味の一つとも...

    飲料としての抹茶

    黒味を帯びた濃緑色の濃茶(こいちゃ)と鮮やかな青緑色の薄茶(うすちゃ)がある。茶道では、濃茶は茶杓に山3杯を1人分として、たっぷりの抹茶に少量の湯を注ぎ、茶筅で練ったものを供する。薄茶は茶杓1杯半を1人分として、柄杓半杯の湯を入れ茶筅で撹拌する。茶道では茶を「点(た)てる」(点茶=てんちゃ)というが、濃茶は特に「練る」という。現在の茶道では、濃茶を「主」、薄茶を「副(そえ)」「略式」と捉えている。茶筅で撹拌する際に、流派によって点て方が異なる。三千家ではそれぞれ、たっぷりと泡を立てるのが裏千家、うっすらと泡立てるのが表千家、最も泡が少ないのが武者小路千家といわれる。 現在では一般的な飲料としては煎茶(緑茶飲料を含む)の方が需要が多いものの、地域によっては農作業の間の休憩などに抹茶を飲用する習慣が残されている。

    喫茶の風習は元々中国の唐代から宋代にかけて発展したものである。8世紀頃、中国の陸羽が著した『茶経』には茶の効能や用法が詳しく記されており、これは固形茶を粉末にして鍑(現在の茶釜の祖先)で煎じる団茶法であった。 抹茶(中国喫茶史では点茶法(てんちゃほう)と呼んでいる)の発生は、10世紀と考えられている。文献記録は宋時代に集中しており、蔡襄の『茶録』(1064)と徽宗の『大観茶論』(12世紀)などが有名である。これらの文献では龍鳳団茶に代表される高級な団茶を茶碾で粉末にしたものを用いており、団茶から抹茶が発生した経緯をよく表している。この抹茶を入れた碗に湯瓶から湯を注ぎ、茶筅で練るのが宋時代の点茶法であり、京都の建仁寺、鎌倉の円覚寺の四つ頭茶会はこの遺風を伝えている。 日本には平安時代初期に唐から喫茶法(おそらく団茶法)が伝えられたが、抹茶法が伝わったのは鎌倉時代とされる。その伝来としては、日本の臨済宗の開祖となる栄西が1191年、中国から帰国の折に茶種と作法を持ち帰り、その飲み方などが日本に広まったという説が有名である(詳しくは茶道の項を参照のこと)。 栄西の『喫茶養生記』には茶の種類や抹茶の製法、身体を壮健にする喫茶の効用が説かれている。1214年(建保2年)には源実朝に「所誉茶徳之書」(茶徳を誉むる所の書)を献上したという。この時代の抹茶は、現在のような、緑色ではなく茶色であった。

    原料となる碾茶(てんちゃ)に用いる茶は葭簀(よしず)と藁(わら)を用いて直射日光を遮り「簀下十日、藁下十日」被覆栽培する(玉露と同様の栽培法)。これにより茶葉は薄くなり、うまみやコクが増す。1回目に収穫したものを1番茶、2回目に収穫したものを2番茶とし、若葉をていねいに手で摘む他、機械で刈る方法も存在している。刈り取った茶葉はその日のうちに蒸した後、揉捻(じゅうねん)を行わずに乾燥させる。揉まないところが煎茶や玉露との大きな相違点である。 この碾茶を刻み、葉柄、葉脈などを取り除いて真の葉の部分だけにし、粉末にする。45℃前後の一定温度で乾燥させ、茶葉に変化の少ない石臼(茶臼)で挽く。この工程は11月までに行う。12月以降の冬場は味が変わってしまうからである。

    茶には眠気の除去や利尿作用など様々な効能がある。特に抹茶は茶葉を粉にして飲むため、葉に含まれる栄養素をそのまま摂取することができる。抹茶に含まれる主な成分は次のとおり。 1. カフェイン 2. タンニン 3. ビタミン 4. ミネラル 5. アミノ酸(テアニン)・たんぱく質 6. セルロース 7. サポニン 8. カテキン/ポリフェノール類 9. 鉄などの各種ミネラル類 10. 香気成分(数十から数百種類)

    飲む

    濃茶 1. 亭主を中心とした少人数の茶事では一つの椀の濃茶を主客より順に回して飲む。菓子は生菓子で、「主菓子」(おもがし)と呼ばれるもの。 薄茶 1. 「おうす」ともいう。大寄せの茶会や禅寺のもてなしには、一人一椀ずつの薄茶を点てる。茶事の折には薄茶の前に「干菓子」(ひがし)を出すが、濃茶を出さない茶会やもてなしでは生菓子を出すこともある。 グリーンティー(うす茶糖) 1. 抹茶とグラニュー糖から成り、湯や牛乳を入れて撹拌して飲む。玉露園が日本で1930年(昭和5年)に初めて商品化した。昭和40年代同社がお茶屋(茶葉販売店)の店頭にドリンクサーバー(ドリンクチラー)を数多く設置し、無料の試供品を提供したことから広く知られるようになり、今では玉露園以外の多数のメーカーも同様の製品を販売している。静岡周辺では「うす茶糖」の名前でほぼ同じ物が売られている。こちらは竹茗堂の1932年発売の「ウス茶糖」が元祖であり、グリーンティとは微妙に製法が異なる。また近年は「抹茶ミルクの素」「抹茶ラテの素」といった名前で商品化されている。甘く口当たりが良いので、子どもでも無理なく飲める。登場当初は冷や...

    食べる

    前述の通り抹茶は他の茶と異なり茶葉そのものも食すことから、料理の素材などとしても広く用いられる。また、前述のとおり砂糖ともよく合うことから菓子にも用いられる。代表的なものとして以下があげられる。 1. 和菓子 1.1. 外郎(ういろう) 1.2. もみじ饅頭 2. カステラ、菓子パン、クッキーなどの焼き菓子 3. かき氷、アイスクリーム、ソフトクリームなどの冷菓、氷菓 4. チョコレート、キャンデーなどの洋菓子へ和の風味として。 5. プリン、パフェなどのデザート類へ和の風味として 6. 天ぷら:食べる際に抹茶と食塩を混ぜたもの(抹茶塩)を用いることがある。また衣に抹茶を加えた抹茶衣の天ぷらも存在する。 このほかにも、フォンデュなども含む和洋中料理やビールを含む飲料に加える食材、調味料として使う飲食店や飲食品メーカーもある。 また日本陸軍が航空勤務者向けに開発・採用した各種の栄養補助食品の中に「航空元気食」というものがあり、これは緑茶粉末・ビタミンB1等を米粉に練り込み、ゼリー菓子状に成形したものであった。

  5. 三島由紀夫 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/三島由紀夫

    三島 由紀夫(みしま ゆきお、1925年〈大正14年〉1月14日 - 1970年〈昭和45年〉11月25日)は、日本の小説家、劇作家、随筆家、評論家、政治活動家。本名は平岡 公威(ひらおか きみたけ)。 戦後の日本文学界を代表する作家の一人であると同時に、ノーベル文学賞候 ...

  6. 斉木楠雄のΨ難 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/斉木楠雄のΨ難

    製作幹事 - ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント、 日本テレビ放送網. 製作 - 映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント、日本テレビ放送網、 アスミック・エース 、 讀賣テレビ放送 、 ジェイアール東日本企画 、 集英社 ...

  7. 吉原正喜 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/吉原正喜
    • 来歴
    • プレースタイル
    • 選手としての評価
    • 人物
    • エピソード
    • 詳細情報
    • 参考文献
    • 関連項目
    • 外部リンク

    本荘尋常高等小学校時代は、4番・捕手を務める。熊本工に入学すると、川上哲治と同級生となる。2年生で正捕手となって、1934年の甲子園に出場し、決勝戦で藤村富美男を擁する呉港中に敗れて準優勝。主将として出場した1937年の甲子園では川上とバッテリーを組むが、決勝戦で野口二郎を擁する中京商に惜しくも敗れ、2度目の準優勝となった。 また、同年に行われた第9回明治神宮中等野球大会では、痔を患い、しかも悪化して医師から試合に出場できる状態ではないといわれたが、吉原は激痛をこらえて全試合に出場し、大活躍の末に中京商に雪辱し優勝した。バッテリーを組んだ川上によると、試合後の吉原のユニフォームのスボンは、血で真っ赤に染まっていたという。 熊本工でバッテリーを組んだ川上と共に1938年に東京巨人軍に入団。中山武・内堀保が次々と応召して正捕手不在であった巨人の本命は吉原で、鈴木惣太郎が勧誘のために熊本まで行くほどであったが、吉原が「川上と一緒でなければ入団しない」と言ったことから、川上と揃って入団することとなったという。その後、南海が熊本工の先輩捕手であった中村民雄を介して、吉原を入団させようと画策していたところを、鈴木は南海監督の高須一雄に対して吉原から手を引くように申し入れた。当時は南海も日本職業野球連盟への新規加盟を希望していたことから巨人の意向を無視できず、やむなく承諾したという。 同期入団には川上のほか、松山商の千葉茂・高知商の岩本章・滝川中の三田政夫らがおり、後に花の13年組と呼ばれたが、吉原が最初にレギュラーを掴み、1938年春季リーグで35試合中34試合に捕手として出場した。打順は八番ながら打率.265を挙げ打撃成績18位に入る。以降、1941年限りで退団するまで正捕手を務め、全年度で規定打数に到達。 強肩に加え、何より闘志あるプレーでヴィクトル・スタルヒン、沢村栄治、中尾輝三ら巨人投手陣を牽引。また俊足で、1940年には30盗塁(リーグ3位)を記録。なお、捕手で30盗塁以上を記録しているのは吉原と荒川昇治の二人だけである。打撃でも1941年には六番を打って打率.250(リーグ6位)、4本塁打(同3位)の好成績をあげるなど、1938年秋季より1941年までの巨人の4連覇に大きく貢献した。応召のため、1941年限りで退団。 第二次大戦でビルマを転戦した際、吉原の前の...

    攻走守が揃った選手であった。当時の捕手としては俊足で、俊敏な動作、試合への集中力、随所に見せる闘志あふれるプレーはまさにチームの要であったと言われる。動きが俊敏で、元ヤクルトの古田敦也の様なきびきびとした動作で、チームを引っ張った。先輩選手たちにも臆することなく守備位置の指示を出し、既に大投手であったスタルヒンに気合いを入れるなど、元来リーダーシップに優れていた。 天下一といわれたファウルフライの好捕でも有名。また怪我にも滅法強く、先述の高校時代の痔で苦しんだ中でも試合に出続けたエピソードをはじめ、キャッチャーフライを追いかけ、後楽園球場のベンチで頭部を強打しひどく出血するも捕球、何事も無かったかのように試合に戻り、血染めの頭髪と頭皮がベンチにこびりついていた、という逸話が残されている。 強肩強打とされた割に、打撃成績は平凡であったが、記録以上にバッティングに迫力があり、チャンスに強かった。

    他の選手からの評価もきわめて高かった。巨人入団同期の千葉茂は「巨人に吉原以上の捕手は後にも先にもいない」とまで高く評価。フォークボールの元祖杉下茂は「文字通り巨人軍最強の捕手は吉原で、三拍子も四拍子も揃った選手だった。とてもじゃないが森昌彦は遠く及ばない。今の阿部でも及ばない」と語っている。 捕手で俊足という点で、戦前でありながら「近代的捕手」の理想像という評価もなされている。それまで鈍重であった捕手のイメージを変えたことから、千葉茂は「小股の切れ上がった捕手」とも評した。 選手時代から捕手としてチームを引っ張るのが非常に上手かったことから、千葉茂ら当時の関係者は「生きて還っていれば、巨人の監督は川上よりも先に吉原になっていた」と語っていた。 川上は当時の吉原を評して、「足が速く、とにかく元気があるということで評判がよく、戦後のタイガースの土井垣みたいに気が強く、声が大きく、動きが良かった。打者と競争して一塁のバックアップに入ったり、足の速さで普通ならとれないフライも捕った。」としている。その土井垣は、「自分がお手本にしたのは吉原さんです。すべて吉原さんの技術から学びました。」と述べている。

    真面目一徹の川上と違い豪気な遊び人であった、と仲の良かった白石勝巳の著書に記されている。給料をほとんど遊びに費やし、白石に背広を二着借りて質屋に持ち込むなど、借金をしてまで遊びに行っていた一方、酒はあまり強くなかったという。 無骨な顔に見られるが、性格は社交的であり、誰に対しても人懐っこかった。巨人の若手合宿所の前に住んでいた女優の高峰三枝子とは、いつのまにか家に出入りするほど親しくなっていたという。 吉原と揃って入団した川上が、入団当初にスタルヒンの快速球を前にして自信喪失に陥り、前途に悲観的だったのを、吉原は励まし、力づけ続けた。ある時川上が荷物をまとめて故郷に帰ろうとしたところを、吉原が思いとどまらせたこともあった。川上はのちに一塁手に転向して「打撃の神様」と呼ばれるほどの大打者となったが、「今の自分があるのは吉原のお蔭」と、熊本に帰郷する際(川上は熊本県人吉市出身)には、吉原の墓を必ず訪れていたという。

    巨人入団当時、スタルヒンの投げる豪速球をなかなか捕球できず、身体を張って捕りにいったため、身体には球の縫い目の跡が残り、痣になっていた。速球を捕るために、キャッチャーミットに入っていた重いスポンジを抜き取って軽くし、代わりに芸者が使っている軽いスポンジを入れるなど、ミットを工夫した。
    1940年代に戦局悪化に伴い野球が敵性スポーツとして白眼視され、野球界は球団名や野球用語を日本語化して生き延びようしていく中、1941年の開幕前の激励会で吉原は「昨年までキャッチャーをやっていた吉原ですが、今年から捕手に転向します」と宣言した。
    テレビアニメ『巨人の星』では、吉原と星一徹のエピソードが描かれた回がある。
    吉原が現役時代に付けていた背番号「27」は、戦後の巨人軍では楠協郎・森昌彦と後輩捕手に引き継がれ、他球団では大矢明彦、伊東勤、古田敦也、谷繁元信が着用するなど、名捕手の定番の背番号になっている。

    年度別打撃成績

    1. 各年度の太字はリーグ最高

    表彰

    1. 野球殿堂特別表彰(1978年)

    記録

    1. 東西対抗戦出場:4回 (1938年 - 1941年)

    澤宮優 『巨人軍最強の捕手 伝説のファイター吉原正喜の生涯を追う』 晶文社、2003年
    千葉茂『巨人軍の男たち』東京スポーツ新聞社、1984年
    『日本プロ野球 歴代名選手名鑑』恒文社、1976年
    森岡浩 編著『プロ野球人名事典 1999』日外アソシエーツ、1999年
  8. 孟浩然 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/孟浩然

    孟浩然(日本語読み:もう こうねん/もう こうぜん、中国語読み:モン ハオラン、簡体字: 孟 浩然、ピンイン:Mèng Hàorán、689年 - 740年)は、中国 唐代(盛唐)の代表的な詩人。一説には、名は浩、字は浩然と言われる。襄州襄陽県(現在の湖北省 襄陽市 襄州区 ...

  9. はんなりギロリの頼子さん - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/はんなりギロリの頼子さん
    • 登場人物
    • テレビドラマ
    • 外部リンク

    新堂 頼子(しんどう よりこ)

    1. 演 - 横山由依 2. 年齢非公開[注 1]。ギロリとにらみつけるような表情が特徴。人見知りで恥ずかしがり屋。口も悪いが、表情豊かで親切。世界遺産から徒歩2分のところに立地する祖母から継いだたばこ屋の店主。だが自身はたばこは吸わない。東京の有名デザイナーである椎名悟(しいな さとる)と結婚していたが離婚。京都生まれであるが京都弁は話していない。父と母のほかに浜松市の企業に勤めている兄、明(あきら)が1人いる。フランス語、英語が話せるほか、イタリア語も勉強している。 3. 作者が利用するクリーニング店の愛想がない店員をモデルとし、かわいくアレンジしたものが頼子である。

    池上 順子(いけがみ じゅんこ)

    1. 演 - 土村芳 2. 頼子の友人で幼馴染。頼子より1歳年上[注 2]。子供の時は頼子とは家が近所であった。バツイチで小学2年生の息子、俊介(しゅんすけ)(演 - 岡田篤哉)がいる。

    山田 真里(やまだ まり)

    1. 23歳。岡山県出身で京都へは転勤で頼子の近所に引っ越してきた。太一(たいち)とは、遠距離恋愛している。 2. ドラマ版では26歳の男性雑誌編集者・山田優一(演 - 中尾暢樹)に変更されている。

    関西テレビで2018年4月25日(24日深夜)から5月16日(15日深夜)まで放送された。全4話。また、動画配信サイトGYAO!でも本編見逃しならびに特別映像が配信された。 京都の紹介番組『横山由依(AKB48)がはんなり巡る 京都いろどり日記』(関西テレビ)のスタッフを中心に京都の多彩な名所や文化、習慣を描いたご当地ドラマとして制作され、新堂頼子役の横山由依は本作が連続ドラマ初主演作品となる。京都出身のバンドQyotoが主題歌「君と僕とアクロス・ザ・ユニバース」を担当する。

    はんなりギロリの頼子さん - WEBコミックぜにょん
    はんなりギロリの頼子さん[リンク切れ] - 関西テレビ放送 カンテレ
    はんなりギロリの頼子さん 特集[リンク切れ] - GYAO!
    ドラマ「はんなりギロリの頼子さん」公式 (@hannarigirori) - Twitter
  10. 東海道五十三次 (浮世絵) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/東海道五十三次_(浮世絵)
    • 東海道
    • 広重と東海道
    • 影響
    • 主な文献
    • 外部リンク

    東海道は、江戸幕府を中心とした国家支配を強化する目的で徳川家康により整備された幹線道路『五街道』の一つで、将軍在所である江戸と天皇在所の京を結ぶ、五街道の中でも最も重要な日本の大動脈であった。この道に沿って、53の宿場が置かれ、旅行者のための厩舎、食事処、宿泊所が営まれていた。

    1832年、広重は江戸から京都へと、御所に馬を納める御馬献上の公式派遣団の1人として、東海道を旅している。馬は将軍からの象徴的な贈り物であり、天皇の祭祀王としての立場を尊重し、毎年贈られていた。 旅の風景は、広重に強い印象を残した。彼は旅の途上でも、同じ道を戻った帰途でも、数多くのスケッチを描いた。家に帰りつくと、広重はすぐに『東海道五十三次』の作製に取り掛かり、第1回目の版を出した。最終的に、このシリーズは55枚の印刷となった。53の宿場に、出発地と到着地を足したものである。 現在では上記のようには、広重は実際は東海道を旅しておらず、広重が、『東海道五十三次』を製作する以前に描かれた絵を模写し、『東海道五十三次』の浮世絵を製作したという説が有力である。幕府に同行を命じられる以前の1832年3月には、隠居していることが判明し、同行は不可能と考えられているからである。京都の三条大橋の巨大な橋を、200年前の姿で描いている。石に変更されたはずの橋桁が木製のままになっていることや、京都に近くなるほど、以前に描かれた「東海道名所図会」の挿絵と似た作品が増えること。などが理由にあげられる。[要出典]最初の版は、保永堂と仙鶴堂とを版元とする共同出版であったが、以降の版は保永堂が単独ですべてを取り仕切った。このスタイルの木版画は通常、それぞれ12 - 16銭で売られた。わらじ1足、あるいはうどん1杯とほぼ同じ値段である。『東海道五十三次』の成功により、広重は江戸期で最も成功し最も有名な浮世絵師となった。 その後も広重は渓斎英泉と合作で『木曽海道六十九次』を出版し、中山道(別名:木曽街道)の各宿場をリポートした。

    フィンセント・ファン・ゴッホは浮世絵を熱心に収集し、パリの画商サミュエル・ビングのギャラリーで弟テオと合わせて数百にも上る版画を入手していた。このコレクションには『東海道五十三次』の版画も含まれており、ゴッホはコレクションした浮世絵から、明るい色彩、自然の細かい描写、西洋の様式にはない構成などの様式を、自身の作品にも取り込んだ。彼の私信に「私の作品は、日本の美術に基づいている」と述べた言葉があり、印象派の画家を「フランスの日本人」と表現したりした。 建築家のフランク・ロイド・ライトも広重の版画の熱心なコレクターであり、『東海道五十三次』も入手していた。1906年に広重の初めての回顧展をシカゴ美術館で開催し、そのカタログに「世界の芸術に最も価値ある貢献をした」という言葉を寄せている。シカゴ美術館で2年後に行われた別の浮世絵展でも、彼は自身のコレクションを提供している。ライトはまた展示会場のデザインも行ったが、これは当時この種のものに関して、最も大きな展覧会であった。その専門知識を基に浮世絵に美を見い出し、ライトは版画から設計構造を洞察し、傷んだ浮世絵に線や陰を描き足して修正し、その絵画様式を理解しようと努力した。

    『東海道五拾三次 保永堂版』 吉田漱解説、集英社、1994年
    『歌川広重 東海道五拾三次 保永堂版』 佐々木守俊解説、二玄社「謎解き浮世絵叢書」、2010年。町田市立国際版画美術館監修
    『歌川広重 東海道五十三次五種競演』 小林忠・前田詩織解説、阿部出版、2017年
    歌川広重作『東海道五拾三次』前編 美の巨人たちのHP