Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 船頭小唄 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/船頭小唄

    1921年(大正10年)1月30日に民謡「枯れすすき」として野口雨情が作詞、同年に中山晋平が作曲した。 1922年(大正11年)に神田春盛堂から詩集「新作小唄」の中で、「枯れ芒」を改題し「船頭小唄」として掲載された。 1923年(大正12年)、ヒコーキレコードから女優 ...

  2. 森昌子 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/森昌子
    • 来歴
    • Nhk紅白歌合戦出場歴
    • 音楽
    • 主な出演
    • 主な受賞歴
    • Cm
    • 主著
    • 関連項目
    • 外部リンク

    生い立ちと学歴

    1. 父はフタバ食品の元社員で、兼業農家だった。音楽好きで厳しく歌唱を教えられる。小学校4年生のとき東京に引っ越す。人見知りが激しくいじめにあったため、学校に行くふりをして、実際には行かないことが多かった。 2. 宇都宮市立細谷小学校から港区立御田小学校に移り卒業、港中学校(現:三田中学校)から小野学園女子高等学校に進学し、堀越高等学校に移り卒業した。

    芸能界デビュー

    1. 1971年(昭和46年) 同年10月開始の日本テレビ『スター誕生!』(1971)に13歳で出場。初代グランドチャンピオンとなる。同番組には、昌子本人ではなく、激しい人見知りを克服してほしいと親戚の叔母が内緒で申し込んだもの。オーディション当日は、「洋服を買ってあげるついでだから」という口実で歌を歌わせた。 1.1. グランドチャンピオンになった結果、家に色々な芸能プロダクションが来て、昌子を芸能界に勧誘するようになった。父親は猛反対だったものの、家が貧しかったこと、母親の体が弱かったことから、家計の助けになるであろうと、昌子本人が父を説得して芸能界デビューした。ホリプロダクション(現ホリプロ)に所属。ホリプロに決めたのは、学業と両立させてくれるからだった。本名から"田"を抜いた芸名にしたのは硬い響きが取れるようにという判断。 2. 1972年(昭和47年)7月1日、徳間音工から『せんせい』で歌手デビュー。当時のキャッチフレーズは、「あなたのクラスメート」と称された。その翌年デビューした同学年の山口百恵、桜田淳子とともに「花の中三トリオ」と呼ばれる。 3. 1973年、第24...

    演歌歌手へ

    1. 1977年(昭和52年)の『なみだの桟橋』以降、本格的な演歌歌手への道を歩み始め、『津和野ひとり』『彼岸花』(1978年・昭和53年)など、難易度の高い曲を歌いこなせる実力派へと成長。 2. 1979年(昭和54年)、新宿コマ劇場で史上最年少女座長として『森昌子公演』を行う。 3. 1981年(昭和56年)、第32回NHK紅白歌合戦では『哀しみ本線日本海』で出場9回目、23歳にして初の紅組トリを務める。 4. 1983年(昭和58年)、『越冬つばめ』で第25回日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞。感激の余り受賞時に嬉し涙を流しながら歌い、その後の第34回NHK紅白歌合戦でも泣きながらの歌唱となる。このほか、TBSの金曜ドラマ『想い出づくり』などドラマにも出演、女優としても活躍した。 5. 1984年(昭和59年)、NHK『みんなのうた』で、『海へ来て』を歌う。放送期間は、1984年(昭和59年)8月1日 - 9月30日(再放送は5回)。 6. 1985年(昭和60年)、第36回NHK紅白歌合戦で初の紅組司会を、歌手出番では2度目の紅組トリをそれぞれ務める『愛傷歌』の歌唱前から...

    (注意点) 1. 対戦相手の歌手名の( )内の数字は、その歌手との対戦回数、備考のトリ等の次にある( )はトリ等を務めた回数を表す。 2. 曲名の後の(○回目)は、紅白で披露された回数を表す。 3. 出演順は「(出演順) / (出場者数)」で表す。

    シングル

    その他の名義のシングル 委託製作盤 1. 八千代ふるさと音頭(1977年/八千代市・市制施行10周年記念楽曲。PR-079) 1.1. 作詞:金子千恵子/補作詞:山口あかり/作曲:新井利昌/編曲:斉藤恒夫

    アルバム

    1. 「せんせい/同級生」 発売元 徳間ジャパン 1972年11月25日発売 2. 「中学三年生」 発売元 徳間ジャパン 1973年3月25日発売 3. 「マコ想い出の歌」 発売元 徳間ジャパン 1973年6月25日発売 4. 「白樺日記〜マコ初恋へのあこがれ」 発売元 徳間ジャパン 1973年10月1日発売 5. 「若草の季節〜マコの好きなヒット曲」 発売元 徳間ジャパン 1974年4月1日発売 6. 「森昌子ショウ〜下町の青い空」 発売元 徳間ジャパン 1974年6月1日発売 7. 「おかあさんに捧げる詩」 発売元 徳間ジャパン 1974年12月1日発売 8. 「十六歳の演歌〜他人船」 発売元 徳間ジャパン 1975年2月1日発売 9. 「森昌子ショウ〜北風の朝」 発売元 徳間ジャパン 1975年3月1日発売 10. 「森昌子民謡集〜北海盆唄」 発売元 徳間ジャパン 1975年9月10日発売 11. 「あの人の船行っちゃった」 発売元 徳間ジャパン 1975年12月1日発売 12. 「五周年森昌子ショウ-初姿-」 発売元 徳間ジャパン 1976年3月1日発売 13. 「森昌子...

    映画

    1. としごろ(1973年) 2. 男じゃないか 闘志満々(1973年) 3. お姐ちゃんお手やわらかに(1975年) 4. 花の高2トリオ 初恋時代(1975年) 5. どんぐりッ子(1976年) - 主演 6. 昌子・淳子・百恵 涙の卒業式〜出発〜(1977年) 7. お嫁にゆきます(1978年) - 主演 8. 恋とオンチの方程式(香西志帆監督、2014年) - 山吹真雪 役

    テレビドラマ

    1. 刑事くん 第3部 第4話「少女が石段のぼる時」(1973年、TBS) 2. てんつくてん(1973年、NTV) 3. 大河ドラマ「風と雲と虹と」(1976年、NHK)- 桔梗 役 4. 銭形平次 第555話「凧凧あがれ」(1977年、CX) - おきよ 役 5. 明日の刑事(TBS) 5.1. 第1話「昌子絶唱! 行かないで!」(1977年) 5.2. 第26話「昌子の危機! 保育園ジャック」(1978年) 5.3. 第65話「殺人犯は女子大生?」(1979年) 6. おはなちゃん繁昌記(1978年、ANB)主演- おはな 役 7. 下町探偵局・お手伝い志願(1978年、ANB)主演 8. 氷山のごとく(1980年、CX) 9. 水戸黄門 第11部第5話「黄門様を叱つた娘-新庄-」(1980年、TBS) - おはな 役 10. 大江戸捜査網 第485話「花嫁絶唱お父っつあんの唄」(1981年、12ch) - おはる 役 11. 秘密のデカちゃん第3話(1981年、TBS) 12. 想い出づくり(1981年、TBS)主演-佐伯のぶ代 役 13. 木曜ゴールデンドラマ (YTV...

    バラエティ番組等

    1. カリキュラマシーン(NTV) 2. 象印スターものまね大合戦(NET→ANB) 3. 歌まね振りまねスターに挑戦!!(NTV) 4. オールスターものまね王座決定戦(CX) 1. 当時芸能人のものまね番組の常連であった。 1. 欽ちゃんのどこまでやるの!?(テレビ朝日) 2. カックラキン大放送!!(日本テレビ)- 不定期出演 3. 森田一義アワー 笑っていいとも!(フジテレビ、1983年4月7日・2006年6月9日・2012年2月6日) - テレフォンショッキングゲスト 4. ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 大晦日年越しSP 絶対に笑ってはいけないホテルマン24時(NTV,2009年12月31日) 5. ダウンタウンなう(フジテレビ) - ゲスト(2016年6月)、ナレーション(2016年9月~ - レギュラー) 6. なるほど!ザ・ワールド(フジテレビ) 7. ペコジャニ∞!(TBS、2018年3月19日、7月2日) 7.1. 3月19日放送分で、ホンジャマカ・石塚英彦との卵料理対決で敗れた後、7月2日放送分でも、石塚との卵料理対決でまた敗れた。

    森昌子 『明日へ』 幻冬舎、2006年、149頁。ISBN 4-344-01154-6
    森昌子 『それはじんせい』主婦と生活社 週刊女性2010年7月 - 2011年5月連載 再編集2012年
    おんがく工房 - 森昌子公式ホームページ[リンク切れ]
    森昌子 - NHK人物録
  3. 大内義長 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/大内義長
    • 生涯
    • 偏諱を受けた人物
    • 関連作品

    出生・大内家の猶子

    天文元年(1532年)、豊後大友氏の20代当主・大友義鑑の次男として生まれる。幼名は乙塩丸。 天文12年(1543年)に尼子晴久との戦いで大内軍が敗走する際、大内義隆の養嗣子・晴持が死去。継嗣を失った義隆は天文12年(1544年)、姉婿である義鑑の次男・乙塩丸を猶子とした。元服の際に室町幕府第12代将軍・足利義晴から偏諱を与えられ、晴英(はるひで)と名乗る。 晴英はあくまで養嗣子ではなく猶子であり、これは義隆に将来実子が生まれなかった場合に家督相続人とする含みを持っていたが、大友氏ではこれを歓迎した。しかし、天文14年(1545年)に義隆の実子・義尊が誕生したため、猶子関係を解消され帰国した。この時の義隆の実子誕生と晴英の縁組解消は九州諸大名にかなりの衝撃を与えたとされている[註 1]。

    傀儡の当主

    その後、義隆の重臣・陶隆房が義隆に対して謀反を企てると、隆房は天文20年(1551年)5月に晴英を大内氏の新当主に迎えることを望んだ。晴英の兄・大友義鎮は、当初から隆房が晴英を傀儡として擁立するだけで、自分の政権が揺ぎないものとなれば廃位されるに違いないと疑い反対したが、晴英自身が大内氏の当主となることを望み「この要請を断り中傷を受けることの方が悔しいので、命は惜しくない」と主張したため、義鎮もこれを認めた。同年9月の謀反(大寧寺の変)で義隆・義尊父子が殺され、大内領内における混乱がひとまず収束した後の天文21年(1552年)3月3日、山口に入って大内家の新当主として擁立された。この時、大内氏の祖先とされる百済の琳聖太子が上陸したと伝えられる周防国の多々良浜に上陸して山口に向かっており、大内氏の故事を踏襲して当主としての正統性を示そうとしたと考えられている。また、隆房も晴英を君主として敬うことを内外に表明するため、晴英から偏諱を拝領し、晴賢と改名した。この時の政治に関しては文書形式も奉書・直書も義隆時代と同様であり、晴英の命令を晴賢が奉じる形になっていた。ただし、偏諱を受ける場合...

    防長経略と最期

    弘治元年(1555年)、晴賢が毛利元就との厳島の戦いで敗死すると、大内義興の外孫とはいえ外様出身で、一度解消された経緯のある養子だった義長の求心力は低く、ただでさえ晴賢の謀反やその他の内訌で弱体化していた家臣団は完全に崩壊し、大内家は急速に衰退していく。 義長は兄・義鎮に援軍を求めたが、義鎮は元就との間に大内領分割の密約を結んでいたために応じなかった。また義鎮は大内家の家督に興味を示さず、何ら野心の無い事を元就に約していたという。 こうして後背の安全を得た毛利氏は防長経略で弘治3年(1557年)3月、山口へ侵攻。義長は寡兵をもってよく防戦したが、高嶺城を放棄し重臣・内藤隆世の長門且山城へ敗走した。しかし、すぐに毛利軍の福原貞俊により且山城を包囲され、隆世は義長の助命を条件に開城し自刃した。義長も長門長福院(現在の功山寺)に入った後に毛利軍に囲まれて自刃を強要され、陶鶴寿丸(晴賢の末子とされる)らと共に4月3日に自害した。享年26。辞世の句は「誘ふとて 何か恨みん 時きては 嵐のほかに 花もこそ散れ」。 義長の死により西国の名門大内氏は滅亡したが、後に大内輝弘が大友氏の支援を受けて...

    晴英時代(「晴」の字)

    1. ※「晴」の字は第12代将軍・足利義晴から賜ったものであり、これを与えたということから晴賢が義長からかなりの待遇を受けていたことが分かる。

    義長時代(「長」の字)

    1. ※第13代将軍・足利義輝から重ねて偏諱を受ける形で「義長」と改名したが、この名は祖父・大友義長と同じ諱である。これが偶然なのか、祖父にあやかって名乗ったのかは不明である。

    テレビドラマ

    1. 『毛利元就』(1997年、NHK大河ドラマ、演:三井智宏) 2. 『大友宗麟〜心の王国を求めて』(2004年、NHK、演:坂上忍)

  4. 曹髦 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/高貴郷公

    曹髦 魏 第4代皇帝 王朝 魏 在位期間 正元元年10月4日 - 甘露5年5月7日 (254年 11月1日 - 260年 6月2日) 姓・諱 曹髦 字 彦士 生年 正始2年9月25日 曹 髦(そう ぼう)は、三国時代の魏の第4代皇帝。 少帝髦、廃帝髦、高貴郷公髦とも称される。

  5. 妖狐 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/白狐_(妖怪)

    妖狐(ようこ、拼音: yāohú ヤオフー)は、中国や日本に伝わる狐の妖怪である。 人間をたぶらかしたり、人間の姿に化けたりすると考えられている。化け狐などとも呼ばれる。

  6. 細川氏 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/京兆家

    細川氏(ほそかわし)は、武家・華族だった日本の氏族。 清和源氏の名門足利氏の支流にあたる。 名字は鎌倉時代に三河国 額田郡 細川郷(現在の愛知県 岡崎市 細川町周辺)に土着したことに由来する。 南北朝時代に足利尊氏に従って発展し、嫡流は室町幕府の管領家 ...

  7. 藤澤ノリマサ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/藤沢ノリマサ
    • 人物
    • コンサート
    • 共演者・サポートミュージシャン
    • 楽曲提供・楽曲参加
    • 出演
    • 外部リンク
    声楽家の父と、歌謡教室の講師だった母との間に生まれる。クラシック・オペラ・カンツォーネ、演歌や歌謡曲など多様な音楽があふれる家庭だった。
    幼少からピアノを始めたが練習を好まず、ピアノ教室を辞めたり再開したりを繰り返していたという。
    小3の時に出場した地域のカラオケ大会で優勝し、人前で歌う喜びを知る。それからコンテストやカラオケ大会に参加。中学時代にNHK-BSの番組の本選に進むが変声期を指摘され落選、高1の時に『NHKのど自慢』に出場して優勝している。
    国語の教材詩に作曲をしたところ、創立記念祭テーマ曲に採用される。校内合唱コンクールではクラスのピアノ伴奏を担当。担任や同級生から「のりまき」と呼ばれていた。

    単独コンサート

    1. 1st CONCERT TOUR「VOICE OF LOVE」(2009年) 3都市4公演 演出:いのうえひでのりゲスト:辛島小恵 2. 天使のララ presents「Premium Night」(2009年) 4都市10公演 3. 天使のララ presents 「Appassionato」(2010年) 2都市4公演 4. CONCERT TOUR 2011「希望の歌」3都市3公演 5. 天使のララPresents WINTER CONCERT 2011「MY STYLE」5都市6公演 6. サマースペシャルポップスコンサート(2012年) 指揮/藤野浩一 7. CONCERT TOUR 2012「Sing for You」17都市20公演 8. 5th AnniversaryCONCERT(2013年) 2都市2公演 ピアノ:武部聡志 9. CONCERT TOUR 2013 12都市13公演 10. NO MIC 〜藤澤ノリマサ イタリアを歌う(2014年) 2都市2公演 ピアノ:小原孝 11. CONCERT 2014 2都市4公演 12. CONCERT 2015...

    ディナーショー

    1. ウェスティンナゴヤキャッスル2016年7月/2017年8月 2. ホテルニューオータニ幕張2016年12月 3. 神戸ポートピアホテル2017年7月 4. 八王子ホテルニューグランド2017年7月 5. びわ湖大津プリンスホテル2017年12月 6. ホテル椿山荘東京2018年7月/2019年8月 7. ウィシュトンホテル・ユーカリ 2018年12月 8. ホテルサンライフガーデン 2019年12月25日

    イベント

    1. 葉加瀬太郎サマーフェス’18 ”50thanks evolution” 2018年8月 2. 中島みゆきリスペクトコンサート〜歌縁〜 2019年 3. 松原健之コンサートツアー2019 2019年9月 4. 佐々木秀美&藤澤ノリマサ 魅惑のハーモニーコンサート 2020年2月

    テレビ

    1. ちちんぷいぷい(毎日放送)2008年5.9月/2010年10月/2011年3月 2. 金曜バラエティー (NHK総合)2008年11月/2009年4月 3. たけしの誰でもピカソ(テレビ東京)2009年1月 4. どさんこワイド(札幌テレビ)2009年4月- 5. スパイスTV どーも☆キニナル!(フジテレビ)2009年6.8月 6. 24時間テレビ(日本テレビ系列)2009年(北海道ローカル)/2017年 7. saku saku (テレビ神奈川)2011年9月/2012年9月/2013年9月/2015年12月 8. 題名のない音楽会 (テレビ朝日)2012年3月/2015年3月 9. NHK歌謡コンサート(NHK総合)2010年7.12月/2015年2.3月 10. 情報ライブ ミヤネ屋 (読売テレビ)2011年4月 11. ZIP! (日本テレビ)2011年5月 12. ヒルナンデス!(日本テレビ)2011年7.8月 13. 関ジャニの仕分け∞(テレビ朝日)2014年2.5月 14. THEカラオケ★バトル(テレビ東京)2015年/2018年6月 15. 水曜歌謡祭(...

    CM

    1. SANKYO2018年9月 -

    ラジオ

    1. 藤澤ノリマサのプレミアムタイム (STVラジオ)2009年4月-2017年3月 2. ウィークエンドバラエティ 日高晤郎ショー(STVラジオ) 3. ラジオビタミン (NHKラジオ第1)2010年-2012年3月 4. ラジオチャリティーミュージックソン(ニッポン放送) 2010年12月 5. 大沢悠里のゆうゆうワイド (TBSラジオ) 6. 垣花正 あなたとハッピー!(ニッポン放送) 7. 兵藤ゆきのハッピーにゆきね〜! (東海ラジオ) 8. 武部聡志のSESSIONS(TOKYO FM) 9. 平原綾香のヒーリング・ビーナス(TOKYO FM) 10. 坂本美雨のディアフレンズ(TOKYO FM)2012年/2016年12月 11. 高橋みなみの「これから、何する?」(TOKYO FM)2016年9月 12. ビートルズから始まる。 (bay fm) 13. 弾き語りフォーユー(NHK-FM)2017年8月 14. 松井咲子の呼吸するクラシック 2015年/2016年10月/2019年 15. 渡辺真知子 アフタヌーンパラダイス(エフエム世田谷)2015年12月/201...

    藤澤ノリマサ - YouTubeチャンネル
    藤澤ノリマサ (fujisawa_0308) - Instagram
    藤澤ノリマサ (@fujisawa_0308) - Twitter
  8. 蔦文也 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/蔦文也
    • 生涯
    • 人物
    • 選手情報
    • 指導実績
    • 関連書籍
    • 外部リンク

    1923年に徳島県徳島市で生まれ、旧家の一人息子として裕福に育った。徳島県立商業学校に進学するが、当時の徳商は後に「徳島県高校野球育ての親」と言われる稲原幸雄監督が率いており、練習見学で猛練習に恐れをなして1年目はテニス部に所属。2年目から野球部に転じ、稲原の指揮で1939年の選抜に一塁手として、1940年の春の選抜・夏の選手権には投手として甲子園に出場している。先輩に林義一、同級生に平井三郎がいる。卒業後は同志社大学経済学部に入学して野球部に所属するが、学徒出陣で太平洋戦争に出征。日本海軍の特攻隊員となるも、出撃前に終戦を迎えた。 戦後は同志社大学卒業後、日本製鐵広畑に半年間所属し帰郷。日本通運に勤務する傍ら、恩師の稲原が監督を務める地元のノンプロチーム「全徳島」に加入。都市対抗に3度出場するなど、当時はプロ化の動きもあったほど人気のあったチームで、メンバーにはエースで4番の林、平井らがいた。1949年10月12日に東急フライヤーズに投手として入団したが、わずか1年で退団し再び帰郷。 故郷・徳島の池田高校(当時の校名は、総合池田高等学校。現在の校名になったのは1956年。以下同じ)が野球部の指導者を探していたことから、徳島県の公立高校の教員試験を受け合格し同県の公立高校教員(地方公務員)となり、1951年、池田高校に社会科教諭として赴任する。その授業はいつも本題そっちのけで専ら野球の話で持ち切りだった。 翌1952年から同校の野球部監督に就任。しかし当時の野球部には、戦後の物不足の影響もありボールが3個とバットも2本しかなかったほどの粗末な環境であった。 長い間母校・徳島商の厚い壁に跳ね返され続けたが、1971年夏の第53回全国選手権にて、池田高校は甲子園初出場を果たした。1974年春の第46回選抜には、「さわやかイレブン」と呼ばれたわずか11人の部員で準優勝、1979年夏の第61回全国選手権にも箕島高校に惜敗したものの準優勝を記録した。 1980年頃から、芯を少々外していても筋力があれば打球を飛ばせる金属バットの特性を最大限に生かすため、筋力トレーニングを積極的に行い「やまびこ打線」というニックネームがついた強力打線で、以後の高校野球のスタイルをも変えてしまった。チームも1982年夏の第64回全国選手権、1983年春の第55回選抜と夏春連覇を達成し、名実と...

    攻めダルマ

    鋭い打球が自慢のパワー野球で、対戦相手を次々にねじ伏せた池高野球。その攻撃力から蔦は「攻めダルマ」と畏れられていた。その愛称から強気な性格が連想されるが、実際の蔦はものすごく臆病な性格で、初めて甲子園に出場するまでは池田高校が3点リードしていても「もうダメじゃ。帰り支度や」と試合を捨てることもあったという。

    また酒の力を借りて臆病な性格を隠す傾向も見られ(蔦は「ワシから野球と酒を取ったら何も残らん」とも公言していた)、池田町界隈では泥酔した蔦の姿がよく見かけられたという。また蔦が酒飲みであったことは池田町ばかりか三好郡内でも有名だった。

    蔦語録

    1. 「そんなことやったら、いつまでたっても徳商に勝てんぞ」 - 甲子園初出場以前の口癖 2. 「山あいの町の子供たちに一度でいいから大海を見せてやりたかったんじゃ」- 1971年夏、甲子園初出場時。この言葉は校門横の石碑にも刻まれている。 3. 「さわやかでも何でもない。ワシのしごきがきついけん、ついていけんようになっただけじゃ。」 - 1974年春(さわやかイレブンで準優勝時) 4. 「甲子園はいっぺん味をしめると忘れられへん。ワシは池田に骨を埋めるつもりじゃ。私学は制約が多いし、他県にもよう出ていかんし…」 - 1982年夏(初の全国制覇のとき) 5. 「ワシはバントとかコツコツ当てていく野球は嫌いなんじゃ。野球に理屈はいらん。思い切り、のびのび打ったらええんじゃ」 - 1982年秋 6. 「ワシがノックバットを離すときは監督を辞める時。ワシは死ぬまで離さんぞ」 - 1987年春 7. 「鍛錬千日之行 勝負一瞬之行」 8. 「たかが野球 されど野球」

    背番号

    1. 16(1950年)

    逸話

    1939年9月、直前の夏の甲子園を制覇した海草中学校との練習試合で、真田重蔵-嶋清一の投手リレーを相手に4-3で投げ勝った[要出典]。 蔦が東急フライヤーズに在籍した年の同僚に塩瀬盛道がいた。塩瀬がプロ野球史に残る「公式戦唯一の打席で初球をホームラン」という記録を作った試合(1950年5月11日、大映スターズ戦)では塩瀬の前に登板している。後年、高校野球の監督として有名になってからこの試合のことを聞かれたが、よく覚えていないという返事であった[要出典]。

    甲子園での成績

    1. 春 - 出場7回・21勝5敗・優勝2回(1983年、1986年)・準優勝1回(1974年) 2. 夏 - 出場7回・16勝6敗・優勝1回(1982年)・準優勝1回(1979年) 3. 通算 - 出場14回・37勝11敗・優勝3回・準優勝2回

    教え子

    (プロ・実業団の選手) 1. 蔵文男 - 阪急 2. 畠山準- 南海、横浜 3. 水野雄仁- 巨人 4. 宮内仁一- 阪神 5. 松村高明- 横浜 6. 杉本尚文- オリックス 7. 梶田茂生- 筑波大学、日本生命 (高校野球の監督) 1. 岡田康志[注釈 3] - 池田高校、穴吹高校 2. 矢川雅英 - 池田高校、穴吹高校 3. 和田哲幸 - 鳴門高校、板野高校 4. 井上力 - 徳島商業、池田高校 5. 住吉圭吾 - 脇町高校 5.1. 岡田らが指導するチームが集まり、蔦の命日に毎年「蔦先生追悼親善試合」が行われている。また、彼らは指導するチームを徳島県の上位に育て上げた。 (その他) 1. 江上光治[注釈 4]- 早稲田大学、日本生命

    自著・対談

    1. 蔦文也、山際淳司『強うなるんじゃ! ―ブンと生徒たちの泣き笑い高校野球』集英社、1983年3月、ISBN 978-4087800357。 2. 蔦文也『攻めダルマの教育論』ごま書房〈ゴマブックス〉、1983年4月、NCID BA32186285、ASIN B000J7FA7W。

    蔦を取り上げた書籍

    1. 津田康『池田高校野球部監督蔦文也の旅 ―やまびこが甲子園に響いた』たる出版、1983年4月、NCID BA52105297(増補改訂版 1985年3月 NCID BB17302898)。 2. 篠宮幸男『負けからの出発 ―池田高校野球部蔦監督の素顔』日本放送出版協会、1984年7月、ISBN 4140083689。 3. 須崎勝弥 編『蔦文也池田高校監督の「男の鍛え方」』プレジデント社〈イルカの本〉、1984年8月、ISBN 4833440172。 4. 北原遼三郎『蔦文也のIKEDA行進曲』洋泉社、1999年4月、ISBN 978-4896913729。 5. 大川公一『攻めダルマ蔦さん ― 池田高校・蔦文也監督遠望』アーバンプロ出版センター、2001年7月(新装版 2005年5月 ISBN 978-4899811503)。 6. 富永俊治『阿波の攻めダルマ 蔦文也の生涯 ― たった11人で甲子園に出場し、負けても負けても挑戦し続けた元池田高校野球部監督の実像』アルマット、2007年3月、ISBN 978-4877313487。 7. 畠山準、水野雄仁、江上光治『蔦文也と...

  9. 赤い迷路 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/赤い迷路
    • スタッフ
    • 主題曲・挿入歌
    • 備考
    プロデューサー - 春日千春・野木小四郎(大映テレビ)、山本典助(TBS)
    脚本 - 佐々木守、ジェームス三木、池上金男、長野洋、山本邦彦
    監督 - 山本邦彦、恩地日出夫、富本壮吉、降旗康男、今井雄五郎、大槻義一、帯盛迪彦
    音楽 - 木下忠司
    主題曲:木下忠司「赤い迷路」のテーマ(インストゥルメンタル)
    挿入歌:ファウスト・チリアーノ「去りゆく今」
    第1話から第6話までと、第7話からではオープニングのアニメーションが異なる(タイトルの出現の仕方、帯色の配置など)。
    松田優作演じる都築潤は本作において、最初は主役級の役割だったが、後になってドラマの中心が結城家の親子に行くようになり、見せ場が減った優作は本番組に対し不満を漏らしていた。ある時、プロデューサーの春日千春が優作に「『狂ってる』という台詞を『異常だ』に変えて欲しい」と電話で依頼したところ優作の不満が最高潮に達して「そんな台詞が言えるか!文句があるならこっちへ来い!」と応酬。春日が直接現場の優作の...
    1975年1月3日(第14話) 、正月の放送のシーンの中で、お屠蘇を飲むシーンを収録し編集も終えていたが、放送直前の1974年12月31日の試写後にTBS側から「日本酒(お屠蘇)のシーンはカットして欲しい」という要望が急に出された。当時スポンサーのサントリーが「お正月はワインで」のキャンペーンを展開していた最中だったというのがその主な理由だったが、編集作業終了後の納品状態からの改訂作業など無...