Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 約 20 項搜尋結果
  1. 信貸借款 相關
    廣告
  2. 過去一個月已有 超過 1 萬 位使用者造訪過 esunbank.com.tw

    超過900萬人次來訪體驗,線上申貸免保人、免擔保品。額度最高300萬,償還期間最長7年喔! 對保完成最快2小時撥款,減壓就選玉山信貸

    • 整合負債減輕負擔

      貸款年限最長7年,月付金再也不是負擔

      額度最高300萬,迅速為你整合負債

    • 手續簡便申辦快速

      24HR便利貸款平台,全程線上化體驗

      從申請、補件、核貸到撥款都能滿足

  3. 有資金需求?不綁約信貸,理財新概念,利率只要0.88%,隨借隨還3天核貸不留紀錄,放心交給潮霖. 貸款顧問唯一具代言人品牌,榮獲2021年優良顧客滿意度金炬獎、2020年企業金烽獎、2019品質金像獎

  1. ja.wikipedia.org › wiki › 賃貸借賃貸借 - Wikipedia

    賃貸借(ちんたいしゃく)とは、当事者の一方(賃貸人 [1]、貸主)がある物の使用及び収益を相手方(賃借人 [2]、借主)にさせることを約し、相手方がこれに対してその賃料を支払うこと及び引渡しを受けた物を契約が終了したときに返還することを約することを内容とする契約。

  2. ja.wikipedia.org › wiki › 消費貸借消費貸借 - Wikipedia

    • 概説
    • 消費貸借の成立
    • 消費貸借の効力
    • 準消費貸借
    • 脚注

    消費貸借の意義

    民法に規定される消費貸借は、原則として当事者の一方(借主)が種類、品質及び数量が同じ物をもって返還をなすことを約して相手方(貸主)より金銭その他の物を受け取ることを内容とする要物・無償・片務契約である(587条)。ただし、2017年改正の民法(2020年4月1日法律施行)で新設された書面でする消費貸借は、当事者の一方が金銭その他の物を引き渡すことを約し、相手方がその受け取った物と種類、品質及び数量の同じ物をもって返還をすることを約することによって、その効力を生ずるとされる諾成契約(諾成的消費貸借)である(587条の2第1項)。いずれの場合も利息付とする特約があるときは有償契約となる。利息は特約により付されるが利息制限法等の規制を受け、利息付だが利率を定めなかった場合には法定利率による。2017年改正の民法(2020年4月1日法律施行)で法定利率は年3%とされ(変動制導入時の法定利率。404条2項)、3年ごとに法定利率を見直す変動制が導入された。 消費貸借の目的物は消費物である(物の分類(消費物と非消費物)については物 (法律)#物の分類も参照)。目的物としては米や酒などでもよいが...

    消費貸借の性質

    1. 無償契約 1.1. 原則 1.1.1. 消費貸借契約は原則として無償契約である(無償消費貸借)。2017年改正の民法(2020年4月1日法律施行)で、貸主は、特約がなければ、借主に対して利息を請求することができないと明文化された(589条1項)。 1.2. 特約による利息付消費貸借 1.2.1. 特約により貸主が利息を受け取る場合(利息付消費貸借)には有償契約となり(有償消費貸借)、現実に利用されるのは利息付消費貸借契約(有償消費貸借)がほとんどである。金銭消費貸借に伴う利息の利率については利息制限法、貸金業規制法、出資法、臨時金利調整法などの規制を受ける。 1.2.2. なお、商人間の消費貸借では常に有償契約となる(商法513条第1項)。 2. 要物契約・諾成契約 2.1. 民法第587条による消費貸借 2.1.1. 民法第587条の消費貸借は使用貸借や消費寄託と同じく要物契約である(民法第587条の「物を受け取ることによって」の文言)。 2.1.2. 消費貸借が要物契約であることはローマ法以来の沿革的な理由による。消費貸借が要物契約とされる現代的な意義として、諾成契約と...

    民法第587条による消費貸借

    民法第587条による消費貸借は、当事者の合意だけでは成立せず、貸主から借主に対し金銭等が実際に交付されなければ成立しない。簡易の引渡しや占有改定でもよい。

    民法第587条の2による消費貸借

    2017年改正の民法(2020年4月1日法律施行)は書面(または電磁的記録)ですることを条件とする諾成契約(諾成的消費貸借)の消費貸借(民法第587条の2)を新設した。

    貸主の義務

    貸主は担保責任を負う(590条)。 1. 無利息の消費貸借には贈与者の担保責任の規定(551条)が準用される(590条1項)。 2. 利息の有無にかかわらず、貸主から引き渡された物が種類又は品質に関して契約の内容に適合しないものであるときは、借主は、その物の価額を返還することができる(590条2項)。

    借主の義務

    1. 目的物返還義務 1.1. 返還時期を定めた場合 1.1.1. 借主側からは期限の利益の放棄によりいつでも返還しうるが(136条1項・2項本文)、利息付消費貸借の場合には期限までの利息を支払う必要がある(136条2項但書)。 1.1.2. 貸主側からは借主が期限の利益を放棄あるいは喪失しない限り返還請求できない(136条1項)。 1.2. 返還時期を定めなかった場合 1.2.1. 借主側からはいつでも返還しうる(591条2項)。ただし、借主が返還時期の前に返還をしたことによって貸主が損害を受けたときは、借主に対し、その賠償を請求することができる(591条3項)。591条3項は2017年改正の民法(2020年4月1日法律施行)で新設された規定で、貸主の損害は原則的に履行利益ではない(特に金融業者では調達資金の他への転用によって基本的に損害は発生し難い)と解されるため、約定期限までの利息相当額を当然に損害とするのではなく、資金調達コスト等の積極損害について算定すべきとされている。 1.2.2. 貸主側からは相当期間を定めて返還の催告をすることができる(591条1項)。相当期間を定...

    金銭その他の物を給付する義務を負う者がある場合において、当事者がその物をもって消費貸借の目的となすことを約したときは、消費貸借が成立したものとみなされる(588条)。これを準消費貸借(じゅんしょうひたいしゃく)という。典型例としては、AがBに商品を現実に引き渡し、BがAに商品の代金を支払ってない状態で、AとBの新たな合意によりAがBに商品代金相当の金銭を消費貸借した事とする契約である。 準消費貸借は、当事者間で従前の契約による義務の内容が不明確になったり、複数の契約がなされて債権債務関係が複雑になったような場合に、債権債務関係を整理して明確にするために行われることが多い。 2017年の改正前の588条は「消費貸借によらないで」給付義務を負う者がある場合とするが、複数の金銭債務を一本化する場合...

    ^ a b c d e f g h i j k l “すっきり早わかり 債権法改正のポイントと学び方 (PDF)”. 東京弁護士会. 2020年5月29日閲覧。
    ^ a b c d e f g h i j k l m “民法(債権関係)改正がリース契約等に及ぼす影響 (PDF)”. 公益社団法人リース事業協会. 2020年5月29日閲覧。
    ^ a b c 内田貴著 『民法Ⅱ 第3版 債権各論』 東京大学出版会、2011年2月、249頁
    • 契約の締結と契約書等
    • 利息と損害金
    • 関連項目

    契約書

    金銭消費貸借契約は、判例によれば要物・不要式契約であるから、借主が将来の弁済を約束し、貸主が借主へ金銭を交付した段階で有効に成立する。 しかしながら、一般的に、金銭消費貸借契約を締結する場合には、金銭消費貸借契約書または借用証書が作成されることが多い。これは、契約の存在を確認・証明し、後日の紛争を未然に防ぐためになされる。 金銭消費貸借契約書または借用証書の効力には差がないが(どちらも紛争の際には証拠となりうる)、金銭消費貸借契約書は借主・貸主それぞれの手元に置くために、正本を2通又は正副2通を作成することが多いのに対し、借用証書の場合は借主が署名押印して貸主へ差し入れる事が多いので1通しか作成されない場合が多い。 金銭消費貸借契約書は貸付けを行う前に締結することも多いため、この場合には、当該契約内容自体は、判例理論から金銭消費貸借契約の予約であるが、学説では、諾成的金銭消費貸借契約として理解する見解が有力である。

    実際の記載事項

    金銭消費貸借契約書には、一般的に以下の内容が記載されるが、これに限らない。 1. 貸主と借主 2. 貸付日 3. 貸付金額 4. 貸付けの実行の方法 5. 貸付け実行の前提条件 6. 元本返済の時期・方法 7. 利息の定め 8. 遅延損害金の定め 9. 期限の利益喪失事由 10. 保証人、担保設定に関する定め 11. 借主の表明・保証 12. 借主のコベナンツ(財務制限条項など) 13. 貸付債権の譲渡の可否・方法に関する定め 14. 貸主が複数の場合には、エージェントや意思決定に関する定め 15. 準拠法、合意管轄

    契約書と印紙税

    金銭消費貸借契約書を作成する場合であって、記載金額が1万円を超える場合は、印紙税法により課税文書扱いとなるので、収入印紙を貼付の上で消印しなければならない。 収入印紙が無い場合は他の課税文書と同じく、契約そのものは有効であるが印紙税法違反(脱税)となる。 副本を作成する場合は、控えのための単なるコピーであれば原則として印紙税は非課税となるが、副本の側にも借主・貸主の双方又は片方の署名押印がある場合などは、副本も契約の成立を証明する目的で作成されたとみなされるため、課税文書となる。

    利率

    金銭消費貸借契約では、利息と遅延損害金の定めがなされるのが一般的である。 利息の契約は利息制限法により以下の通り利率の上限が定められている。 1. 元本が10万円未満の場合 - 年20% 2. 元本が10万円以上100万円未満の場合 - 年18% 3. 元本が100万円以上の場合 - 年15% 上記を超える部分は、超過部分につき無効となる。 名目に関わらず、実質的に利息として課されているとみなされる金銭については、利息制限法の適用を受けることとなる。 遅延損害金については、上記制限利息の1.46倍が上限となっている。 一般的に金銭消費貸借契約には利息についての定めがおかれることが多いが、本来、利息についての約定がなければ、商人間の行為でない限り無利息となる。商人間の場合は、当然に利息付となる。 利息を付す定めがあるにも関わらず、利率についての定めがなければ、法定利息である年5%の定めがあったものとされる。また、商行為について生じた債務の場合は、商事法定利息として年6%の定めがあったものとされる。

    期限の利益の喪失

    金銭消費貸借契約には、契約中に、借主の重大な信用喪失等の一定の場合に債務者が期限の利益を失う旨の条項が設けられていることが多い。 通常、債務者は一定の期限に借り入れた金銭を弁済すればよいのであり、逆に言えば一定の期限内は借り入れた金銭を自由に費消できる。これを「期限の利益」というが、期限の利益を喪失するということは、その段階で直ちに債務を弁済をしなければならないということである。 この場合、債権者の請求によって期限の利益が失われるとするものと、通知・催告なしに当然に期限の利益が失われるとするものとがある。

  3. ja.wikipedia.org › wiki › 使用貸借使用貸借 - Wikipedia

    • 概説
    • 使用貸借の成立
    • 使用貸借の効力
    • 脚注

    使用貸借の意義

    民法に規定される使用貸借は当事者の一方が無償である物を引き渡すことを約し、相手方がその受け取った物について無償で使用及び収益をして契約が終了したときに返還をすることを約することを内容とする諾成・無償・片務契約である(第593条)。2017年改正前の民法では相手方から目的物を受け取ることを要する要物契約とされていたが、2017年改正の民法(2020年4月1日法律施行)で諾成契約に変更された。 使用貸借は消費貸借や賃貸借と同じく貸借型契約(使用許与契約)に分類される。借主と貸主に親族関係など、個人的な信頼関係が存在することが想定された類型である。ただ、親族間の土地貸借などの場合、使用貸借なのか賃貸借なのか無償の地上権なのかをめぐって問題となる場合があるとされる。

    使用貸借の性質

    1. 諾成契約 1.1. 使用貸借は2017年改正の民法(2020年4月1日法律施行)で諾成契約となった。 1.2. 2017年改正前の民法では使用貸借は要物契約とされていた(旧593条の「物を受け取ることによって」の文言)。沿革的な理由によるといわれ、目的物の交付は現実の引渡しのほか簡易の引渡しや占有改定でもよいとされていた。また、現代的な意義としては単なる合意の段階で裁判によってまで目的物を貸すことを要求する権利を認める必要はない点が理由とされていた。 1.3. 旧法でも要物性を緩和し、使用貸借の予約や諾成的使用貸借も有効に成立するとされていた(通説)。現代社会では使用貸借も単なる恩恵ではなく、経済的取引の一環で利用され借主の期待を保護すべき場面があることから、2017年改正の民法(2020年4月1日法律施行)で諾成契約に変更された。 2. 無償契約 2.1. 使用貸借は無償契約である。多少の金銭等の交付があっても対価性が認められない限り無償契約である。貸主の担保責任については同じ無償契約である贈与者の担保責任の規定(第551条)が準用される(第596条)。なお、負担付贈与が...

    先述のように使用貸借は2017年改正の民法(2020年4月1日法律施行)で諾成契約となった。 使用貸借は無償契約であり、合意後はいかなる場合でも貸主が目的物の使用収益義務を負担するという解釈はバランスを欠くため、贈与契約と同様に、貸主は、借主が借用物を受け取るまでは、契約の解除をすることができる(第593条の2)。ただし、書面による使用貸借については、目的物の引渡前であっても解除をすることはできない(第593条の2ただし書)。2017年改正前の民法では使用貸借は要物契約とされていたが、使用貸借の予約や諾成的使用貸借も認められ、それらも同じ無償契約である書面によらない贈与の撤回(現行法では解除)について規定した第550条を類推適用すべきとされていた。 目的物は不動産か動産かを問わないが、契約の...

    対内的関係

    1. 借主の使用収益権と貸主の用益受忍義務 1.1. 借主の使用収益権 1.1.1. 借主は借用物を無償で使用収益できる(使用収益権。第593条)。使用収益にあたって借主は用法遵守義務を負うとともに(第594条1項)、目的物を第三者に使用・収益させない義務を負う(ただし、貸主の承諾を得たときは例外的に許容される)(第594条2項)。借主がこれらの規定に違反して使用・収益をしたときは、貸主は契約の解除をすることができる(第594条3項)。 1.1.2. 借主は契約の本旨に反する使用収益によって生じた損害を賠償しなければならない。ただし、損害賠償請求権については貸主が返還を受けた時から1年以内の除斥期間があり(第600条1項)、用法違反の時から10年間の消滅時効にもかかる。2017年改正の民法(2020年4月1日法律施行)で貸主が返還を受けた時から1年を経過するまでの間は、時効は完成しないとする規定が新設された(第600条2項)。 1.1.1. 借主の目的物保管義務 1.1.1. 借主は借用物の保管において善管注意義務を負う(第400条)。善管注意義務違反の場合は債務不履行となる。...

    対外的関係

    1. 対抗力 1.1. 使用貸借は第三者に対して対抗力を持たない。目的物につき他者の賃借権と競合する場合、現に占有している者(占有の早い方)が優先するが、対抗要件を備えた賃借権に対して使用貸借は劣後する。 2. 妨害排除請求 2.1. 使用貸借に基づく妨害排除請求はできないが、借主は債権者代位権の転用により所有者の妨害排除請求権を行使しうる。

    ^ a b c d e f g h “民法(債権関係)改正がリース契約等に及ぼす影響 (PDF)”. 公益社団法人リース事業協会. 2020年5月30日閲覧。
    ^ a b c d 内田貴著 『民法Ⅱ 第3版 債権各論』 東京大学出版会、2011年2月、174頁
    • 立法趣旨・旧法との関係
    • 構成
    • 内容
    • 関連項目
    • 外部リンク

    立法趣旨は、土地や建物の賃貸借契約における賃借人(借地人、借家人、店子)の保護にある。これらの賃貸借契約についての規定は、民法典にも存在する。しかし、民法典の規定は自由主義思想を背景に、当事者の個性を重視せず、抽象的にしか把握しない。そのため、契約当事者には形式的な平等しか保障されていないといえる。ところが現実の賃貸借契約においては多くの場合、賃貸人(大家)と賃借人(店子、借家人)との力関係には差がある。そのため、両当事者の実質的な平等を保障し、一般に弱い立場に置かれがちである賃借人の保護を図ったものである。また、資源としての建物の保護(まだ使用できる建物を早期に取り壊さなければならない状況を極力減らす)をも図っているといわれる。民法の特別法としての位置づけを持つ。もっとも、こうした趣旨は旧...

    第一章 総則
    第二章 借地
    第三章 借家
    第四章 借地条件の変更等の裁判手続

    借地借家法は、民法に規定された賃貸借契約の原則を現代社会の実状に合わせて修正している。まず、借地権者及び建物の賃借人が土地建物の新所有者に対して比較的容易に自己の権利を対抗できるようにした。また、借地契約について、その期間をできるだけ長く設定し、かつ借地権設定者及び建物の賃貸人に契約更新を半ば強制して契約が容易には終了できないようにした。そして、借地に関しては、借地権の譲渡や転貸をする際に本来必要な借地権設定者(地主)の承諾を得なくても代わりに裁判所の許可を得ればよいとされた。さらにこれら借地借家法の規定は、借地権者及び建物の賃借人に不利な特約をしてその内容を変更してはならないという片面的強行規定という方法がとられている(9条、16条、21条、30条、37条)。これらに加えて建物の借賃のうち...

    法務省民事局[リンク切れ]- 借地借家法の一部を改正する法律の概要
    『借地借家法』 - コトバンク
  4. ja.wikipedia.org › wiki › 貸借貸借 - Wikipedia

    貸借 (たいしゃく、かしかり). 契約 における貸借. 賃貸借. 消費貸借. 使用貸借. リース. レンタル. 会計における貸借. 勘定 ・仕分における「 貸方 」と「 借方 」.

  5. 概要. 貸借対照表は、企業のある一定時点における 資産 ・ 負債 ・ 純資産 の状態を表すために 複式簿記 と呼ばれる手法により 損益計算書 などと同時に作成され、その企業の 株主 ・ 債権者 その他 利害関係者 に経営状態に関する情報を提供する。. また ...

  1. 信貸借款 相關
    廣告
  2. 樂天貸(分期型),貸款年利率最低1.65%起,額度最高NT$500萬,24小時線上客服,立即申請線上借款. 樂天國際銀行,24小時線上申請信用貸款,流程簡便、低開辦費,線上借款的好選擇

  3. 過去一個月已有 超過 1 萬 位使用者造訪過 esunbank.com.tw

    超過900萬人次來訪體驗,線上申貸免保人、免擔保品。額度最高300萬,償還期間最長7年喔! 對保完成最快2小時撥款,減壓就選玉山信貸

  4. 有資金需求?不綁約信貸,理財新概念,利率只要0.88%,隨借隨還3天核貸不留紀錄,放心交給潮霖. 貸款顧問唯一具代言人品牌,榮獲2021年優良顧客滿意度金炬獎、2020年企業金烽獎、2019品質金像獎