Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 我間乱〜GAMARAN〜 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ガマラン

    『我間乱〜GAMARAN〜』(がまらん)は、中丸洋介による日本の漫画作品。『週刊少年マガジン』(講談社)2009年第24号から2013年第30号 [1] まで連載された。 物語の2年後を描いた『我間乱 ―修羅―』が『マガジンポケット』(同)にて2018年3月21日より連載中。

  2. 渋沢栄一 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 渋沢栄一

    渋沢 栄一(しぶさわ えいいち、旧字体: 澁澤 榮一、天保11年2月13日〈1840年 3月16日〉 - 昭和6年〈1931年〉11月11日)は、明治・大正期に活躍した日本の実業家、財界指導者 [2]。 位階 勲等 爵位は正二位 勲一等 子爵。 雅号は青淵(せいえん)。 江戸時代末期 ...

  3. 大谷實 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 大谷實
    • 学説
    • 社会的活動
    • 著書
    • 脚注
    • 門下生

    もともと大谷は、犯罪の本質を法益侵害に求め、違法論に関しては平野龍一らと同じく結果無価値論をとっていた(中義勝編『論争刑法』では、不能犯に関し客観的危険説を採り、藤木英雄編『過失犯ー新旧過失犯論争ー』では旧過失犯論を採っていた)。しかし、後掲『医療行為と法』のような医事刑法を研究していく過程で法益侵害のみでは違法の実質を明らかにすることはできないと考えるようになり、団藤重光と同じ行為無価値論に改説した。本人曰く「団藤先生の理論は本で影響を受けた。もっとも、団藤先生ご本人にお目にかかったのはずっと後のことですが…」と述べ、刑法理論に関しては、後掲『人格責任論の研究』にみられるように団藤の理論の影響が大きいことを認めている。しかし、現在は行為責任論をとり、団藤のとる人格責任論を批判している。 団藤、大塚仁、福田平らと同様に形式的犯罪論を採り、実質的犯罪論を採る前田雅英から攻撃を受けている(形式的犯罪論・実質的犯罪論の語は前田の命名による)。 『エキサイティング刑法総論』で前田と対談し、前田の影響を受けて、故意論において因果関係の認識不要説に改説し、さらに、共犯論では、最小限従属性説に接近した。

    同志社大学の教員となり、イギリス留学後、日本において早くから犯罪被害者の支援活動に取り組んだ。「被害者補償制度を促進する会」を結成した後、1974年に横浜市を中心に活動していた「殺人犯罪の撲滅を推進する会」(代表:市瀬朝一)と合流。全国組織化して犯罪被害者等給付金支給法の制定に結び付けた。この過程が木下恵介監督の映画『衝動殺人 息子よ』に描かれている。この映画のなかで大谷は中谷教授(配役は加藤剛)として登場する。 その後も被害者支援に奔走。その熱意は、電話相談や給付金申請補助を行なう社団法人京都犯罪被害者支援センター設立に結実した。現在も同法人の理事長、その他、全国被害者支援ネットワーク特別顧問を務めている。その他に、法務省司法試験考査委員(1982年 - 1995年)、日本学術会議会員(1991年 - 2000年)、法務省法制審議会刑事法部会部会長、法務省人権擁護推進審議会委員、日本被害者学会理事長。アマースト大学名誉博士。2001年第17代同志社総長に就任した。大谷が中心となって1998年5月に発足した民間の犯罪被害者支援団体。活動内容は、犯罪や犯罪に類する行為、交通事故、災害などの被害者およびその家族に対する精神面での支援。なお同センター設立に動こうとした際、刑事被告人の権利確立を優先させるべきであるとする団藤重光に「大谷君、10年早い。」と言われ、言葉どおり10年を待って設立したという逸話がある。

    単著

    1. 『人格責任論の研究』(慶應通信1972年) 2. 『刑事規制の限界』(有斐閣、1978年) 3. 『医療行為と法』(弘文堂、1980年) 4. 『刑法講義各論』(成文堂、初版1983年、2版1988年、3版1990年) 5. 『いのちの法律学』(筑摩書房、初版1985年) 6. 『刑法総論の重要問題上下巻』(立花書房、初版1986年) 7. 『刑法各論の重要問題』(立花書房、初版1987年) 8. 『刑事政策講義』(弘文堂、初版1987年、2版1990年) 9. 『刑法講義総論』(成文堂、初版1986年、2版1989年、3版1991年、4版1994年、新版2000年)

    共著

    1. 前田雅英『エキサイティング刑法総論』(有斐閣、1999年) 2. 前田雅英『エキサイティング刑法各論』(有斐閣、2000年)

    出典

    1. ^ 上掲『刑事政策講義[2版]』93頁 2. ^ 「被害者救済の輪、全国に 2組織が合体 国家補償を求めて運動へ」『朝日新聞』昭和49年(1974年)9月22日朝刊、13版、23面

  4. お笑い第三世代 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › お笑い第3世代

    お笑い第三世代(おわらいだいさんせだい)は、漫才ブーム以降の1980年後期から1990年初頭、テレビの深夜番組など [1] を発端としたブームから台頭した若手お笑いタレントを総称した俗称。 概要 とんねるずが圧倒的な存在として君臨し、年齢もブレイク期も異なるが ...

  5. 尾高長七郎 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 尾高長七郎
    • 生涯
    • 人物・評価
    • 関連作品
    • 脚注
    • 参考文献

    出自

    武蔵国榛沢郡下手計村(後の埼玉県深谷市下手計)で搾油業、製藍業、名主を務める父・尾高勝五郎、母・やへ[注 2]の次男として生まれる。6歳上の兄には尾高惇忠(新五郎、藍香)、姉には、みち[注 3]、こう[注 4]、妹には、ちよ[注 5]、くに[注 6]、11歳下の弟には尾高平九郎がいる。従兄弟には渋沢栄一と渋沢喜作(成一郎)がいる。 尾高家は岡部藩藩主・安部氏の下で下手計村の里正を代々務め、名字帯刀を許されていた。また、深谷市岡部の源勝院にある安部家旧臣碑には「尽力組(足軽)跡相続人・大字下手計・尾高節太郎」とある。

    剣術家として

    少年時代から文武の才能に恵まれたが特に剣術に秀でており、叔父の渋沢宗助(新三郎)が開いた神道無念流道場「練武館」に入門し、惇忠、栄一、喜作らとともに稽古に励んだ。長七郎が残した『剣法試数録』には、嘉永4年(1851年)にこなした試合数と稽古数が記されている。同書によれば、4月と12月の寒稽古の時期に集中的に試合が組まれたことや、父・勝五郎、尾高家の傭人となっていた甲源一刀流・高橋三五郎の弟子、練武館の面々との試合のほか、宗助の師匠にあたる大川平兵衛や平兵衛の次男・修三(周造、周蔵)が出稽古に訪れ、直接指導を受けたことが記録されている。やがて17歳から18歳の時(安政元年から2年)に中印可を受けると両毛地方などへ武者修行の旅に出たと見られている。22歳から23歳のころ(安政6年から万延元年)に免許皆伝を受けた時には、兄・惇忠を凌ぐほどの技術を身に着けていた。 長七郎は宗助の勧めや惇忠の賛同もあり、文武の修行のために江戸に出ると[注 7]、海保漁村の下で儒学を、講武所剣術教授方を務める伊庭秀俊の下で心形刀流を学んだ。江戸での3年間の遊学後は郷里の鹿島神社脇に練武館の道場を建て、惇忠、...

    尊攘派志士として

    長七郎は江戸遊学時代に長州藩の久坂玄瑞や多賀谷勇、薩摩藩の中井弘や伊牟田尚平、佐賀藩の中野方蔵、水戸藩の原市之進、出羽国の清河八郎[注 8]らといった尊皇攘夷派の志士たちと交流を持った。こうした背景には水戸学の信奉者であり熱心な攘夷論者だった兄・惇忠の影響があり、総領として家業を継いでいた惇忠が攘夷の志を長七郎に託したのだともいわれる。また、幕府の政治や外交政策といった情勢を兄に報告する役目も担っていた。 文久元年(1861年)、郷里に戻っていた長七郎の下を清河が2度ほど訪ねている。当時の清河は、同年5月に町人を無礼討ちした罪で、幕府に追われる立場となっていた。清河著の『潜中始末』によれば、同年7月に安積五郎とともに松之山温泉を経て江戸へ向かう途中、情報収集のため下手計を訪れたものの、長七郎が寄居に剣術修行に出かけ不在だったため、本庄宿に向かう途中の八幡で落ち合った。その際、長七郎は清河らに西走を勧め、安積もこの案に傾いたものの、清河は「出府せずには同志の者に申し訳なし」と主張し、安積もこれに同意した、とある。また、同年10月には清河は安積と伊牟田を伴って甲州へ向かう途中、尾高家...

    長七郎は大柄な体躯の持ち主で腕力もあり、なおかつ撃剣(剣術)に非凡な才能があった。師匠の渋沢宗助は、長七郎の太刀筋を「新五さん(惇忠)も善う使うが、弥三郎(長七郎)のは別物だ」と評していた。長七郎の得意としていた技は、右上段の構えで竹刀を回しながら瞬時のうちに相手の面、胴、小手を打ち抜くというもので、彼の独創によるものだった。 渋沢栄一は『青淵回顧録』のなかで、長七郎の剣術を「当時日本で一、二の腕であった」と評し、もし坂下門外の変に加わっていたら安藤信正を斬っていただろう、と推測している。一方で、老中襲撃に加われば間違いなく死を迎えただろうとも推測し、長七郎を大橋のグループから脱退させたのも、彼を犬死させたくない一心からだったとしている。 また、栄一は『雨夜譚』のなかで、高崎城乗っ取り・横浜攘夷計画を長七郎が思い止まらせた一件について、「今日からみるとそのとき長七郎の意見が適当であって、自分らの決心はすこぶる無謀であった。じつに長七郎が自分ら大勢の命を救ってくれたといってもよい」と評している。ただし『青淵回顧録』では長七郎について、剣の腕も思慮もありながら「めぐり合わせが悪かったため、国家社会の表面に現れないまま終わった」と評している。 長七郎は兄・惇忠の影響で漢詩の素養もあった。省斎や東寧と号し、『省斎文稿』を残している。

    小説

    1. 『雄気堂々』(城山三郎、新潮社、1972年) 2. 『天皇の世紀』(大佛次郎、朝日新聞社、1974年) 3. 『屏風の陰』(東郷隆、『月刊ジェイ・ノベル』2005年1月号掲載、『我餓狼と化す』収録)

    テレビドラマ

    1. 『天皇の世紀』(1971年、朝日放送、演:露口茂) 2. 『雲を翔びこせ』(1978年、TBSテレビ、演:チャー) 3. 『雄気堂々 若き日の渋沢栄一』(1983年、NHK、演:藤岡弘) 4. 『青天を衝け』(2021年、NHK、演:満島真之介)

    注釈

    1. ^ 公益財団法人渋沢栄一記念財団では天保9年(1838年)としている。 2. ^ 渋沢東ノ家の出。渋沢宗助の妹、渋沢市郎右衛門(元助)の姉。 3. ^ 大川平兵衛の次男・修三に嫁ぐ。みつとも表記される。 4. ^ 岡部幸右衛門に嫁ぐ。 5. ^ 渋沢栄一に嫁ぐ。千代、千代子とも表記される。 6. ^ 尾高幸五郎に嫁ぐ。 7. ^ 塚原蓼州著『新藍香翁』では長七郎の江戸遊学は免許皆伝の後、渋沢史料館では安政6年(1859年)ごろ海保漁村の伝経盧塾に入門としているが、小高旭之著『幕末維新埼玉人物列伝』では安政元年(1854年)春としている。 8. ^ 清河との縁は大川平兵衛の門人だった笠井伊蔵の紹介によるもので、『潜中始末』には「笠井の取立なる、我家にも時々来りし、手斗村の尾高長七郎」とある。 9. ^ 『幕末維新埼玉人物列伝』では同時期、挙兵計画の準備のため水戸へ向かったものと推測している。 10. ^ この計画は『宇都宮市史』や『水戸市史』では「義軍をつのって攘夷の先鋒になろうとする策」としている。『下野の明治維新』では和宮の降嫁と同時期に行われたものとした上で「降嫁を阻止...

    秋本典夫『北関東下野における封建権力と民衆』山川出版社、1981年。ASIN B000J7XJF2。
    岩上進『幕末武州の青年群像』さきたま出版会、1991年。ISBN 4-87891-188-3。
    宇都宮市史編さん委員会編 『宇都宮市史 第6巻 近世通史編』 宇都宮市、1982年。
    大嶽浩良『下野の明治維新』下野新聞社、2014年。ISBN 978-4-88286-565-0。
  6. 深津篤史 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 深津篤史

    深津 篤史(ふかつ しげふみ、1967年 8月8日 - 2014年 7月31日)は、日本の劇作家・演出家。 兵庫県 芦屋市出身。 劇団桃園会主宰。同志社大学大学院文学研究科新聞学専攻修士課程修了。大学在学中に第三劇場入団。 1992年桃園会を旗揚げ。 2014年7月31日、肺小細 ...

  7. コラボレーション - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 共同研究
    • 概説
    • テレビ番組
    • 音楽
    • 漫画
    • コマーシャル
    • 関連項目

    かつては「(初)共演」などとするのが一般的であったが、2000年(平成12年)以降は、「初コラボ」・「異色のコラボ」・「夢のコラボ」・「最強のコラボ」などと、いったかたちでPR(宣伝)の際に頻繁に用いられるようになった。今日では、音楽や漫画などの著作物に限らず、企業同士、ブランドと雑誌、ショップの共同企画など、あらゆる分野で「コラボレーション」の語が使われている。さらに、テレビ番組や広告、映画とアーティストとの共同企画にまで用いられるなど、用例が曖昧になっている。

    キー局と準キー局同士で共同で製作したり、準キー局と在名テレビジョン放送局で共同で製作やコラボがあり、他局同士で製作・著作をする場合もある。また、フジテレビの『笑っていいとも!』には、TBSアナウンサーの安住紳一郎が出演したこともあり、近年では、テレビ局同士のコラボが行われた。 最近では、お互いに同じテレビ局で隣同士の放送枠のテレビ番組であれば『合体スペシャル』という特別番組として双方の出演者がそれぞれの番組に出演するなどのコラボレーションも多くなっている。 また、同じテレビ番組に一緒に出演(=共演)することをテロップや紹介でコラボレーションという表記を使用する場合もある。

    音楽の場合、ミュージシャン同士、あるいは他の分野のアーティストなどと一時的なユニットを組むことや、楽曲提供や音楽プロデュースなども含まれ、恒久的な活動をする場合はあまり使われない。「&」(アンド)、日本語の助詞の「と」、「×」(かける)、「VS」(バーサス)等で同列に扱われる場合を一般にコラボレーションと呼び、メインアーティストが存在しゲスト扱いになると「フィーチャリング」と呼ばれる。また、『FNS歌謡祭』『FNSうたの夏まつり』などのフジテレビの音楽番組では異なる2組以上の歌手・ダンサー・演奏家などのミュージシャンを組み合わせてコラボレーションで楽曲が披露される場合が多いため、「×」がテロップで多用されている。

    漫画の分野においては、複数名の漫画家による合作が行なわれることがある。作画グループが1972年(昭和47年)以降、複数の商業誌などで発表した一連の合作ではプロだけでなくアマチュアを含めた数十名の共同作業で作品が制作された。また、漫画雑誌の「企画」等でその雑誌に連載している作家のうち2名が、2作品の世界観が同一またはごく近接したものであるとみなし(或いは、無理にでも一方を他方に合わせ)、2作品の登場人物たちを用いて1つの物語を描くといったクロスオーバー作品の形をとるものがあり、こうした合作は「コラボレーション作品」と呼ぶことがある。 なお、こうした合作は必ずしも雑誌主導で行なわれるものばかりではなく、柴田昌弘の『紅い牙』の番外編として1982年(昭和57年)に発表された和田慎二の『超少女明日香』との番外編『獏ーばくー』において、和田が「友情執筆」としていた例がある。

    コラボレーションCMは2001年(平成13年)、2002年(平成14年)に放送されたサントリーのコーヒー「BOSS」のCMで広く知られるようになった。松尾スズキからカバンを渡された永瀬正敏を布袋寅泰が追いかけるという内容であるが、この2人がCHEMISTRY(音楽ユニット)、スカイパーフェクTV!(CS放送)、富士フイルム(フジカラー)、au(携帯電話)、全日空(航空業)のCMの世界に入り込...
    2012年(平成24年) - サントリー「BOSSコーヒー」とソフトバンクモバイル(携帯電話)でのCMでコラボがあった。
  8. 大橋訥庵 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 大橋訥庵
    • 生い立ち
    • 攘夷論への傾倒
    • 安藤老中への憎悪
    • 挙兵計画
    • 坂下門外の変

    文化13年(1816年)、長沼流兵学者の清水赤城の四男として生まれる。当初、母方の親族である信濃飯山藩士の酒井力蔵の養子となるが後に離縁している。天保6年(1835年)、儒学者の佐藤一斎に師事する。天保12年(1841年)、江戸日本橋の豪商佐野屋大橋淡雅の娘巻子と結婚し大橋姓を名乗る。同年、日本橋において思誠塾を開き、子弟に儒学を指導する。訥庵による指導は好評で、嘉永3年(1850年)には下野宇都宮藩主・戸田忠温の招きにより、月1回江戸藩邸において儒学を教授した。

    嘉永6年(1853年)の黒船来航以降、訥庵の尊王攘夷論は過激になっていく。外夷を打ち払うことを幕府に建言し、全国的に注目されるようになった。嘉永6年10月、徳川斉昭に「隣疝臆議」を送り、攘夷の所論の実行を迫る。安政3年(1856年)には思誠塾を小梅村(現在の東京都墨田区向島)へ移転した。これは前年の安政の大地震により塾が倒壊したためである。安政4年(1857年)には『闢邪小言』を刊行し、この中で朱子学の立場から西洋文明を厳しく批判し、多くの人々の共感を得ることとなった。安政5年(1858年)、安政の大獄において処刑された儒学者の頼三樹三郎の遺体が埋葬もされずに打ち捨てられていることを見かね、門弟とともに小塚原刑場まで行き、三樹三郎の遺体を棺に納め埋葬している。

    安政7年(1860年)、大老の井伊直弼が江戸城桜田門外において水戸藩の浪士に暗殺される(桜田門外の変)。直弼暗殺後に幕府の最高実力者となった老中安藤信正は公武合体の実現のため、孝明天皇の妹和宮と14代将軍徳川家茂との婚姻を画策する。訥庵はこの婚姻に強硬に反対し、討幕を企てるようになる。文久元年(1861年)9月5日、門弟の椋木八太郎は訥庵の作成した「政権恢復秘策」を上奏するために京へ向かった。秘策の中で、訥庵は公武合体に否定的な見解を示し、朝廷には攘夷の勅命を出すことを要請している。 同月、訥庵は宇都宮の児島強介を水戸へ赴かせる。外国人を襲撃して幕府を混乱させ、公武合体を頓挫させることを訥庵は意図しており、水戸藩の志士に外国人襲撃の協力を求めるものであった。これに対し、水戸藩の激派からは宇都宮藩の志士と協力して老中安藤信正を暗殺したい旨の回答があった。強介は訥庵に水戸側の回答を伝える。訥庵としては老中暗殺は時期尚早であり、朝廷からの「政権恢復秘策」の回答を得てから判断したいと考えていた。結果として、訥菴の秘策は朝廷に採用されることはなく、10月18日には和宮の降嫁が勅許される。11月6日にはプロシアとの条約交渉を行っていた元外国奉行堀利煕が突然謎の自刃を遂げた事件があったが、これに事寄せて堀の安藤に対するという諫言の書と称する偽書を捏造して尊攘派の間に回覧し、堀が安藤への抗議の自害をしたとの世論を醸成した。

    これと前後して、訥庵は門弟とともに輪王寺宮を擁立して攘夷の兵を挙げることを画策している。しかし十分な人数が集まらず計画を中止するに至った。これは水戸側に挙兵よりも老中暗殺を優先させたい意向が強く働いたためである。ここに至って、訥庵は老中暗殺に向けて計画を立てることとした。当初、決行日を同年12月15日に定めたが、12月12日に水戸側からの延期の要請があり決行日を12月28日に延期した。12月22日、訥庵の義弟の菊池教中が児島強介に訥庵あての書状を託している。書状の中で、教中は老中暗殺後に生き残った志士がおればその者に会津藩邸に直訴させて会津藩に攘夷の協力を求めることを提案している。訥庵はこの提案に反対し、老中暗殺が成功するか否かに関わらず襲撃後に全員自決する覚悟がなければ計画が成功するはずがないと教中あての返書で述べ、強介に返書を託した。12月26日、訥庵は宇都宮藩の志士と会談し、決行を年明けに延期し、老中暗殺後に朝廷に使者を送って攘夷の勅命を出すことを要請、一橋慶喜を擁立して日光山にて挙兵することを確認している。

    年が明けて、文久2年(1862年)1月8日、訥庵は一橋家近習の山本繁太郎に慶喜への上書取次を依頼する。繁太郎は幕府に密告したため、一連の計画が幕府の知るところとなる。1月12日、訥庵は南町奉行に逮捕され、翌1月13日には思誠塾が幕府によって捜索を受けている。訥庵が逮捕されたことを受け、ついに1月15日に志士6名は江戸城坂下門外において老中安藤信正を襲撃する。信正を負傷させたものの殺害には至らず、志士6名はいずれもその場で斬殺された(坂下門外の変)。 坂下門外の変以降、訥庵に関係する人々は次々と幕府に逮捕されていく。伝馬町の獄舎の環境は劣悪で、同志の中には獄死する者が相次いだ。宇都宮藩家老間瀬和三郎らによる赦免運動により、同年7月8日に訥庵は出獄し宇都宮藩邸に預けられる。しかし、7月12日早朝にその生涯を終えた。47歳没。死因は毒殺であったという。谷中天王寺の大橋家墓地に葬られる。明治24年(1891年)、従四位を追贈される。

  9. ドウシシャ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ドウシシャ
    • 概要
    • 沿革
    • 事業内容
    • 関連会社
    • 日本国内での事業活動
    • 問題・不祥事
    • 関連項目
    • 外部リンク

    1974年(昭和49年)に創業者である野村正治が中心となり、個人営業として「同志社」を創業。1990年(平成2年)に株式会社ドウシシャに改称している。東京証券取引所1部上場企業。 「創業の精神」として「我々は同志的結合をもって〈つぶれないロマンのある会社〉をつくり、社会に貢献できる会社作りをしよう」という経営理念を掲げている。これは創業者が以前に勤めていた会社が倒産した経験を教訓に、当時の部下に「絶対につぶれない会社、働き甲斐やロマンのある会社を作ろう」と呼びかけて、同じ志を持つ者で創業したという経緯によるもので、創業時の「同志社」という社名もこれに起因している。 また、社訓と同時に「四方よしの精神」を掲げているが、これは近江商人による企業の社会的責任の原則(売り手よし、買い手よし、世間よし)を同社流にアレンジしたもので「働き手よし」を追加している。

    事業スタイルは“変化対応型リスクマネジメント経営”という独自の経営手法に加え、自社オリジナル商品を開発する『開発型ビジネスモデル』と、有名ブランド商品の商品調達、ギフト商品をはじめとする商品の加工機能をもつ『卸売型ビジネスモデル』の2つのビジネスモデルを事業の中核にして、これを追及することでつぶれない会社づくりを目指す、としている。
    自らの業態を、2つのビジネスモデルを軸にして商品の企画・開発から、商品がエンドユーザーの手に届くまでの流通プロセスの中で発生する様々な課題を、顧客と共に解決する『流通サービス業』と位置付けており、「より良い商品を、より安く、より専門的に」提供し、顧客とエンドユーザーの豊かな暮らしづくりに貢献することが自社の使命であると謳っている。
    株式会社ドウシシャロジスティクス
    株式会社ドゥイング
    ライフネット株式会社
    株式会社ドウシシャ・スタッフサービス
    量販店や雑貨店などで多く見られるデザイン加湿器「middle」シリーズ(しずく型加湿器)は同社のオリジナル商品である。
    スチールラック「Luminous」シリーズは同社のオリジナル商品である。
    「ORION」ブランドや、映像メーカーのTYTTO、OEN(オーエン)などのテレビの国内総販売代理店を長年担当している。
    「SANSUI」ブランド(山水電気)の日本国内での独占販売権を持つ。

    ドウシシャが中国から輸入し全国販売する地球儀に、中国が領有を主張し南シナ海に設定した九段線が表記されていることが、2017年1月3日付の一部新聞で報じられた。オランダ・ハーグの常設仲裁裁判所は「九段線に法的根拠はない」としており、また専門家からは、「中国の政治的意図を反映した商品を販売している」と批判が挙がった。 これらの批判にて同社、は公式ホームページにて、「九段線を含めた係争地の一部につきましては、地球儀上に注記を記載しております。「九段線」の表記につきましては、中国が海洋領域の管轄権いわゆる「九段線」を主張したことにより、国際的な係争を起こすこととなりました。その中で様々な係争が起こっているため、国際情勢に緊張をもたらしている、ということを線は示しており(中略)報道記事に記載されております「中国の政治的意図を反映した商品」ではありません。と公式発表している。

    土屋太鳳 - 2014年11月から「RubinRosa」のイメージモデルを務めており、土屋が出演する民放のドラマや映画などの持道具協力として「RubinRosa」がクレジットされている。(使用アイテム:映画・ドラマ=腕時計、ぐるナイ・ゴチ=財布)「RubinRosa」の腕時計「R204RRTAO」(太鳳ッチ)のデザイン(文字盤・裏蓋)を土屋が自身の手書き文字(通称:太鳳フォント)で手掛けた。
    【公式】ドウシシャマルシェ【マルたん】 (@doshisha_marche) - Twitter
  10. 中本茂樹 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 中本茂樹
    • 来歴・人物
    • 詳細情報
    • 関連項目

    徳島商業でエースとして活躍し、高校卒業後の1976年に同志社大学へ進学。関西六大学リーグでは3年次の1978年秋季、4年次の1979年秋季に優勝に貢献。1978年の明治神宮野球大会では決勝で松沼雅之のいた東洋大を降して初優勝を果たし、1979年の第8回日米大学野球選手権大会日本代表に選出される。リーグ通算54試合登板、31勝9敗、211奪三振、防御率1.49を記録。記者クラブ賞2回、ベストナイン2回も受賞。大学同期に島田芳明がいた。 大学卒業後は1980年に日本生命へ入社し、同年の日本選手権では準々決勝で松下電器の長谷部優と投げ合うが、9回裏逆転サヨナラ負けを喫する。同年の世界アマチュア野球選手権日本代表にも選出され、優勝のかかったキューバ戦で先発に起用されて長谷部、竹本由紀夫と無失点で繋ぐが、竹本が本塁打を浴び0-1で惜敗、3位に終わった。1981年の都市対抗では、1回戦でリッカーの中西清起と投げ合うが敗退。 1982年オフにドラフト外でヤクルトスワローズへ入団。 1984年には中継ぎ、抑えとして38試合に登板。その後もリリーフとして活躍する。 1988年には5月から先発として起用される。6月7日の巨人戦(郡山)でプロ初完投勝利を記録。 1989年も先発として活躍する。 1990年には再び救援中心に戻った。 1992年限りで現役を引退。 引退後は台湾に渡り、統一(1993年 - 1994年, 1996年 - 2003年)、俊国(1995年)、誠泰(2004年)で投手コーチを歴任。 2006年に巨人アジア地域担当スカウトに就任。 2008年からは育成担当コーチ兼任となった。 2011年まで務めた。

    記録

    1. 初登板:1983年9月13日、対広島東洋カープ21回戦(明治神宮野球場)、5回表から3番手で救援登板、2回2失点 2. 初勝利:1983年10月4日、対阪神タイガース21回戦(阪神甲子園球場)7回裏から2番手で救援登板・完了、2回無失点 ※9回表2死降雨コールド 3. 初セーブ:1983年10月7日、対中日ドラゴンズ25回戦(明治神宮野球場)、8回表1死から2番手で救援登板・完了、1回2/3無失点 4. 初完投勝利:1988年6月7日、対読売ジャイアンツ7回戦(郡山開成山球場)、9回2失点

    背番号

    1. 20(1983年 - 1992年) 2. 73(1993年 - 1994年、1996年 - 2002年) 3. 71(1995年) 4. 83(2003年) 5. 75(2004年) 6. 115(2008年 - 2010年) 7. 104(2011年 )

  11. 其他人也搜尋了
  1. 利晴天 同志 相關
    廣告