Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 梓潼郡 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/梓潼郡

    梓潼郡(しとう-ぐん)は、中国にかつて存在した郡。 後漢末から唐代にかけて、現在の四川省北部に設置された。 概要 217年(建安22年)、広漢郡を分割して梓潼郡が立てられた。 梓潼郡は益州に属し、郡治は梓潼県に置かれた。 267年(西晋の泰始3年)、梁州が漢中 ...

  2. 冀州 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/冀州

    五代十国時代 五代十国時代の各王王朝では唐制が沿襲され冀州は河北道の管轄とされた。 五代において冀州は契丹との国境地帯であったため数多くの戦乱に巻き込まれている。 宋代 宋代が成立すると冀州は河北東路の管轄となった。 下部に信都・南宮・棗強・武邑・衡 ...

    • -
    • -
  3. 扶風郡 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/扶風郡

    魏晋および北魏の扶風郡 漢代の右扶風を前身とした。 三国の魏のとき、扶風郡と改められた。 扶風郡は雍州に属した。 晋のとき、扶風郡は池陽・郿・雍・汧・陳倉・美陽の6県を管轄した [1]。 北魏のとき、扶風郡は好畤・始平・美陽・槐里・盩厔の5県を管轄した [2]。

  4. 淮南郡 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/淮南郡

    概要 秦のときに置かれた九江郡を前身とする。 251年(魏の嘉平3年)、九江郡を改めて淮南郡が立てられた [1]。淮南郡は揚州に属し、郡治は寿春県に置かれた。 晋のとき、淮南郡は寿春・成徳・下蔡・義成・西曲陽・平阿・歴陽・全椒・阜陵・鍾離・合肥・逡遒・陰陵 ...

  5. 譙郡 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/w/index.php?title=譙郡&redirect=no

    概要 [編集] 三国の魏により、沛郡を分割して譙郡が立てられた。 譙郡は豫州に属した。 晋のとき、譙郡は譙・城父・酇・山桑・竜亢・蘄・銍の7県を管轄した [1]。 南朝宋のとき、譙郡は蒙・蘄・寧陵・魏・襄邑・長垣の6県を管轄した [2]。 南朝斉のとき、譙郡は北 ...

  6. 楽陵郡 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/楽陵郡

    楽陵郡(樂陵郡、らくりょう-ぐん)は、中国にかつて存在した郡。 後漢末から隋初にかけて、現在の山東省 楽陵市一帯に設置された。 概要 220年(建安25年)、後漢により平原郡が分割されて楽陵郡が立てられた。 楽陵郡は冀州に属し、郡治は厭次県に置かれた。

  7. 南徐州 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/南徐州

    南徐州(なんじょしゅう)は、中国にかつて存在した州。 329年(咸和4年)、東晋により僑州として設置された徐州を前身とする。 南北朝時代になると南朝宋により南徐州と改称された。 431年(元嘉8年)、長江北岸に北兗州として分離されている。

  8. 海州 (江蘇省) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/海州_(江蘇省)

    魏晋南北朝時代 549年(武定7年)、東魏は南朝梁から奪取した僑州の青州および冀州を統合し、海州を立てた [1]。その州治は龍苴城に置かれた。 海州は東彭城郡・東海郡・海西郡・沭陽郡・琅邪郡・武陵郡の6郡19県を管轄した [2]。 隋代 隋初には、海州は5郡7県を管 ...

  9. 寿州 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/寿州

    唐代 620年(武徳3年)、唐が杜伏威を降すと、淮南郡は寿州と改められた。 742年(天宝元年)、寿州は寿春郡と改称された。 758年(乾元元年)、寿春郡は寿州の称にもどされた。 寿州は淮南道に属し、寿春・安豊・霍山・盛唐・霍丘の5県を管轄した [2]。

  10. 襄州 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/襄州

    魏晋南北朝時代 東晋の太元年間に僑州として設置された雍州を前身とする。 西魏により雍州は襄州と改称された。 隋代 隋代が成立すると当初は6郡12県を管轄した。 583年(開皇3年)、襄州の属郡6郡は廃止された。 607年(大業3年)、郡制施行に伴い襄陽郡と改称さ ...