Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 約 15 項搜尋結果
  1. 刷毛外套 相關
    廣告
  2. 過去一個月已有 超過 1 萬 位使用者造訪過 uniqlo.com

    適合各種場合的休閒外套:連帽、牛仔、都會山系、潮流外套 多樣款式一站滿足. 可攜式/抗UV/防風雨 機能外套必入手,為台灣氣候而生,兼具機能與美型的絕佳選擇!

  1. カーディガン(cardigan)は毛糸編み若しくはニットで作られた前開き式のトップスである。 クリミア戦争のバラクラヴァの戦いに於て無茶な突撃を行った事で有名な、英国陸軍軽騎兵旅団長の第7代カーディガン伯爵 ジェイムズ・ブルーデネル(1797年 10月16日 - 1868年 3月28日)が考案、その名前 ...

    • 概要
    • 教育
    • 歴史
    • 本科生徒以外の学生等
    • 文化
    • 歴代校長
    • 映画
    • 参考文献
    • 関連項目
    • 外部リンク

    大日本帝国の「陸軍士官学校(陸士)」は、帝国陸軍の現役の兵科の将校となる者を養成する学校である。「現役」とは役種の一種であり、原則的にその停年まで陸軍に在籍し奉職する職業軍人を意味する。「兵科」とは、歩兵や騎兵といった「兵科区分」であると同時に、「特定の兵科区分(広義の戦闘職種たる歩兵・騎兵・砲兵・工兵・輜重兵・憲兵・航空兵)の総称」である(経理・衛生・獣医・軍楽・技術・法務といった後方職種は「各部」と称し「兵科」とは区別される)。さらに1940年(昭和15年、昭和15年勅令第580号・第581号)には兵科区分は憲兵を除き撤廃されており、歩兵や航空兵と称さず一律に「兵科」と称するようになっている(「兵種」および兵種としての歩兵などは維持)。憲兵将校は他兵科(兵種)からの転科者を陸軍憲兵学校に...

    教育綱領

    以下は1932年(昭和7年)改正『陸軍士官学校教育綱領』冒頭の抜粋である。

    受験

    陸士が予科・本科制度となった1920年の『陸軍士官学校令』では、「四 予科生徒ハ、陸軍幼年学校ヲ卒業シタル者、又ハ陸軍将校タルコトヲ志願シ、召募試験ニ合格シタル者ヲ以テ之ニ充ツ」と定められている[注 3]。「召募試験ニ合格シタル者」とは概ね旧制中学4年修業「程度」の「学力」を「持つ」者を想定しており、修業・卒業といった学歴は必須ではない。陸幼卒業者は無試験で陸士予科へ入校できる。概ね陸士予科(予士)入校時の年齢は最若年者で16歳からとなる。さらに、徴集によって帝国陸軍に在営中の現役下士官および兵であっても、陸軍将校たることを志願し陸士予科(予士)の召募試験に挑み生徒となることは可能である(このいわゆる「部内受験」は少尉候補者(己種学生)とは全く異なる)。著名者としては二等兵として入営ののち、仙台陸軍教導学校を経た軍曹時代に陸士を受験・合格、24歳で予科へ入校(将校生徒)、かつ本科(士官候補生)の歩兵科を首席で卒業した第52期生若林東一大尉[注 4]が居る。 陸士の位置付けは旧制高校、大学予科、旧制専門学校などに相当する。 他の教育機関と異なり、卒業後わずか20歳そこそこで高等官(...

    起源

    明治元年8月に京都に設置された兵学校(後に兵学所と改称)が起源とされ、これは明治2年9月に大阪へ移転して兵学寮となる。さらに1871年(明治4年)、大阪兵学寮は陸軍兵学寮と海軍兵学寮に分離され、12月7日には東京の和田倉門外に移転する。翌1872年(明治5年)12月28日、陸軍兵学寮の中に「士官学校」「幼年学校」「教導団」の三校舍を設けた。

    士官生徒制度(フランス式旧陸軍士官学校制度)

    1874年(明治7年)11月2日の陸軍士官学校条例 により、12月市ヶ谷台に陸軍士官学校が開校され、1875年(明治8年)2月第1期の士官生徒が入校した。いわゆる旧陸軍士官学校、ないしは旧陸士と呼ばれるものである。教育制度はフランス式で、フランス陸軍から招聘した教官が指導した。 この修業期間は兵科によって異なっていた。歩兵・騎兵は当初2年であったが、1876年(明治9年)に3年に変更された。砲兵と工兵は当初3年であったが、1876年(明治9年)に4年、1881年(明治14年)に5年へと延長された。砲兵と工兵は在校期間が長く、少尉に任官した後も在校した。これを生徒少尉と称した。士官生徒制度は第11期生までで終わった(士官生徒卒業生は1285名)。 学習内容は1学年では幾何学・代数学・力学・理学・化学・地学。2学年で軍政学・兵学・築城学・鉄道通信学などを学ぶ。 この教育制度の特徴は砲兵と工兵の教育期間が長いことであった。加えて、後の士官候補生制度(ドイツ式陸軍士官学校制度)とは異なり、フランス式幼年学校出身者には、兵や下士官の経験を踏ませることなく、軍隊内のエリートとして将校を養成し...

    士官候補生制度採用

    1887年(明治20年)にドイツ(プロシア)式の士官候補生制度になる。1889年(明治22年)に第1期生が入校する。士官候補生は陸軍幼年学校及び旧制中学校出身者からなり、指定された連隊や大隊(これを原隊という)で下士官兵(一等兵又は上等兵から始まる)として隊付勤務(隊附勤務)を経た後に、士官学校に入校する。下士官兵としての隊付勤務を経る点が海軍兵学校(海軍の同様の現役兵科将校養成機関)と大きく異なる。 中学校出身者は、12月に士官候補生たる一等兵として入隊し、翌年6月に上等兵に昇進する。幼年学校出身者は、中学校出身者が上等兵となるのと同時に上等兵として入隊する。8月に伍長となり、12月に軍曹となる。軍曹に昇任すると同時に、陸軍士官学校に生徒として入校する。士官学校を卒業すると曹長に進級し、見習士官となって原隊に復帰する。半年ほどで、原隊の将校団の推薦(伝統の建前)により少尉に任官するという建前になっていた。 1896年(明治29年)5月15日、陸軍中央幼年学校条例及び陸軍地方幼年学校条例が制定され、陸軍中央幼年学校を東京に1校、陸軍地方幼年学校を仙台、東京、名古屋、大阪、広島、熊...

    准尉候補者

    ここでいう「准尉」とは、1937年(昭和12年)にそれまでの特務曹長の階級名を改めた准士官のことではなく、1917年(大正6年)に陸軍補充令改正(勅令第97号) により新設された特務曹長の上位となる士官である。この制度の間は陸軍に特務曹長と准尉が併存した。准尉は陸軍武官官等表では少尉と併記され中隊附の少・中尉と同様の勤務をするが、平時は少尉の下位に置かれ、戦時には必要に応じ中尉または少尉に進級させることができると定められていた。 陸軍士官学校准尉候補者教育条例(軍令)に基き、准尉候補者教育が士官学校で行われた。現役准尉となるには実役停年2年以上の現役特務曹長の中から「体格強健、人格成績共ニ優秀且学識アル者」 が試験を受け、選抜された者が准尉候補者とされた。准尉候補者は学生として入校し、中隊附下級将校の職務を執るのに必要な軍制、戦術、兵器、築城、交通、地形、剣術、体操、馬術(歩兵は除く)、現地戦術、測図について6月中旬より10月上旬まで約4ヶ月間の教育を受け(ただし大正6年のみは8月上旬より10月下旬に至る約34ヶ月間とされた)、修業試験に及第すると原隊に戻って士官勤務をしながらさ...

    己種学生(少尉候補者学生)

    准尉候補者制度が廃止された後、それに代わって少尉候補者制度が新設された。1941年(昭和16年)、各種学生の教育に関する規定が整理され少尉候補者学生は己種学生と呼ばれることとなった(昭和16年5月27日勅令第607号)。

    丁種学生(特別志願将校学生)

    日中戦争で中堅将校が払底したために、優秀な予備役兵科将校を陸士で教育ののち現役に転役・佐官級にまで昇進させようと、1939年(昭和14年)に新設された制度。特別志願将校(昭和8年勅令第12号により充用された者をいう。甲種幹部候補生またはそれ以前の一年志願兵出身者たる予備役将校であるも、志願して軍務に就く者)にして、昭和14年勅令第731号第2条の規定により陸士に派遣される者を以てこれに充て、兵科現役将校たるに必要な教育を行なった(特別志願将校学生)。これは1941年の昭和16年5月27日勅令第607号で丁種学生と呼ばれることとなった。これにより、予備役将校にも大隊長などの職務が開かれることとなり、陸大の受験も許可されている。この制度のおかげで1945年には中佐に昇進する者すら存在した。

    制服

    概ね大正昭和期においては、(陸軍幼年学校や海軍兵学校と異なり)予科生徒および本科生徒たる士官候補生に専用の制服(軍服)はなく、基本は下士官兵と同様の官品たる被服を着用するが被服は程度が良い物を優先支給された。本科生徒たる士官候補生は形式上は原隊から陸士へ派遣されている状態であり、被服はその原隊で受領したものである。しかし一般下士官兵と異なり、襟部徽章たる金属星章を付し[注 7](1943年には桜葉刺繍付の大型の特別徽章に改正[注 8])、将校に準じ手袋(白手袋)を着用し、さらに陸士在校中は将校准士官の刀帯に類似する専用品たる外出用の剣帯・刀帯(バックル部は旭日の意匠、ベルト部は茶革)を用いた。1938年に陸軍の服制が立襟から折襟に大改正された際(昭和13年制式)、新たに星と桜葉を意匠とする徽章が付されたショルダーボード型の専用肩章が制定されより一般下士官兵との差別化が計られ、この肩章は1943年に線章を追加する改正を経て陸士の解体まで使用された。また1943年には主に航士の士官候補生用として、淡紺青色の台地に星章・桜葉・プロペラ・主翼を意匠とする航空胸章が制定され右胸に佩用した(...

    校歌

    陸士校歌として、1921年(大正10年)に『陸軍士官学校校歌』が制定された。作詞は第36期の寺西多美弥[注 11]、作曲は陸軍戸山学校軍楽隊。 本歌は1923年に歌詞を大改訂し再制定されている。陸軍士官学校本科(旧)ないし陸軍士官学校(新)と、陸軍士官学校予科(旧)ないし陸軍予科士官学校(新)とで校歌は事実上共通であるが、陸軍航空士官学校は別に『陸軍航空士官学校校歌(作詞は第51期の久保田八雄、作曲は陸軍戸山学校軍楽隊)』が制定されている。 市ヶ谷台時代の歌詞では「市ヶ谷台」・「戸山代々木」などとされていたものは、陸士の座間移転後は「相模原の」・「富士の裾野」、予士の朝霞移転後(『陸軍予科士官学校校歌』)は「振武の台」・「大武蔵野」などと一部変えて歌唱されているほか、歌詞番の加減も行われた。

    休日

    陸士では、日曜日や祭日に一般休日が設けられており、許可を受けての外出も認められていた(以下、1930年代後期以降の休日外出を例規)。時間は朝食後より夕食時限までの半日間(1月1日・紀元節・明治節・靖国神社例大祭日は日夕点呼時限迄に延長)。乗馬本分兵科(兵種)希望の予科生徒や、乗馬本分者たる士官候補生のうち、希望者は休日に乗馬しての外出が許可されておりこれを「遠乗り」と称した。家族を持つ己種学生は1週間に1回程の外泊が許される(要許可)。 1938年以降の休日外出時の服装は以下の通り(#制服)。 予科生徒および歩兵等の徒歩本分者たる士官候補生であっても、休日外出時は長靴(乗馬ブーツ)の着用が認められているのが特徴である。

    陸軍兵学寮

    頭 1. 鳥尾小弥太 少将:1872年4月4日- 2. 曾我祐準 少将:1873年5月18日- 1875年5月9日(廃止)

    陸軍士官学校

    校長 1. 曾我祐準:明治7年10月22日 - 2. 大山巌:明治11年12月14日 - 3. 谷干城:明治13年4月29日 - 4. 小沢武雄:明治14年10月27日 - 5. 三浦梧楼:明治15年2月6日 - 6. 小沢武雄:明治18年5月21日 - 7. 曾我祐準:明治18年7月26日 - 8. 滋野清彦:明治19年9月30日 - 9. (心得)寺内正毅歩兵中佐:明治20年6月6日- 10. 寺内正毅 歩兵大佐:明治20年11月16日 -(同日付大佐進級) 11. 大久保春野歩兵大佐:明治24年6月13日 - 12. 波多野毅歩兵大佐:明治25年11月22日 - 13. 安東貞美歩兵大佐:明治29年9月25日 - 14. 中村雄次郎少将:明治30年9月28日 - 明治31年1月14日 15. (事務取扱)寺内正毅 少将:明治31年2月18日 - 16. 高木作蔵歩兵大佐:明治31年12月23日 - 17. 南部辰丙:明治38年6月14日 - 18. 野口坤之:明治44年9月6日 - 19. 橋本勝太郎:大正元年11月27日 - 20. 与倉喜平少将:大正4年2月15日 -...

    『陸軍士官学校』 - 1937年当時の予士・陸士(市ヶ谷台)を取材した日本活動写真製作、教育総監部監修の記録映画。1937年6月に陸士を卒業する第49期生(盛厚王等)などが描かれ、同年同月に建設された陸軍士官学校本部舎(現在部分現存)も劇中登場する。
    『愛機南へ飛ぶ』 - 航士(修武台)出身の偵察機将校操縦者の活躍を描いた、1943年9月公開の陸軍航空本部監修の戦争映画(航空映画)。序盤にて航士(修武台)が取材されている。
    『将校生徒の手記』 - 1944年当時の予士(振武台)を取材した理研科学映画製作、教育総監部監修の記録映画。
    藤井非三四 『陸軍派閥』 潮書房光人新社(光人社NF文庫)、2018年。
    編集責任山崎正男(元陸軍少将、陸士33期、終戦時陸軍予科士官学校幹事) 『陸軍士官学校』 秋元書房、1969年。
    外山操、森松俊夫 編著 『帝国陸軍編制総覧』 芙蓉書房出版、1987年。
  2. ja.wikipedia.org › wiki › 被服被服 - Wikipedia

    • 被服の目的
    • 被服の歴史
    • 被服の種類
    • 製造と管理
    • 関連項目
    • 外部リンク

    被服着用の目的は多様であるが、主には、体表付近の温湿度を調節する環境制御、身体や皮膚の保護・防御、身体の一部の秘匿や強調、装飾、また、性別・身分・職業等の表示がある。被服は単一の目的(機能)のために用いられることは稀で、大抵は複数の機能を同時に担っている。例えば制服や礼服は、社会的機能を担うと同時に体温調整の機能も考慮されている。スポーツウェアは動きやすさ・体温調整・怪我防止の役割を同時に果たすように考慮されている一方で、日常使用を考慮したファッション性の高いものも存在している。実用的な役割の衣類と社会的・シンボリックな役割の衣類に分類されることもあるが、それらがからみあっている場合もあり、いつもすんなりと分けられるわけでもない。例えば白衣は、実用的には汚れ防止のために衣類の上に重ね着するも...

    起源

    人類がいつから被服を着用したかははっきりとしていない。衣服の起源を7万年前から7万5千年前に、インドネシア、スマトラ島にあるトバ火山が大噴火を起こして気候の寒冷化を引き起こし、その後の人類の進化に大きな影響を与えたトバ・カタストロフ理論に関連づける者もいる。すなわち、ヒトに寄生するヒトジラミは2つの亜種、すなわち主に毛髪に寄宿するアタマジラミ (Pediculus humanus capitis) と、主に衣服に寄宿するコロモジラミ (Pediculus humanus corporis) に分けられるが、近年の遺伝子の研究からこの2亜種が分化したのはおよそ7万年前であることが分かっている。そこでシラミの研究者らは、トバ火山の噴火とその後の寒冷化した気候を生き抜くために、ヒトが衣服を着るようになったのではないかと推定している。なお、ヒトは14~20万年前にアフリカに共通の祖先を持つ、と考えられるようになってきており(アフリカ単一起源説)、同説によると、ヒトは7万から5万年前にアフリカからその他の地域へ移住し始めた、ということになっている(人類の進化#出アフリカ説)が、この時期とほ...

    古代から近代

    被服の誕生以降、長きにわたって自給自足の時代が続き、その入手、製作の困難さにもかかわらずすべての人にとっての必需品だったために非常に価値のあるものであった。被服の原料である布が、その有用性と希少性のために古代においてはしばしば貨幣としての役割を持ち、中国や日本においては租庸調のうちの庸または調として租税のうちに組み入れられていた ことは、その表れである。社会上層を除いては所持点数も少なく、奈良時代の下級役人層では所持する衣服を洗濯するために休暇を申請することも珍しくなかった。 古典古代期に利用された衣服は、トーガのように幅広の布を体に巻き付けるか、一枚の布を袋状に仕立てて首と腕を出す部分に穴を開けたチュニック(ポンチョ)やガウンの類であった。これらの衣服は、布地を体型に合わせて裁断することなく仕立てるために、着るというよりも纏うものであり、ひだが多く緩やかなラインになる特徴がある。中世初期に中央アジアのテュルク系騎馬民族が、布地を体型に合わせて裁断し前開きに仕立てたカフタンや革靴を使用するようになる。寒さと騎乗に適応したジャケット型の上着やズボンと革靴は、モンゴル帝国の拡大ととも...

    現代

    第二次世界大戦後、既製服の本格的な普及が始まり被服は消費財へと大きくその価値を変えることになる。日本では1942年から1950年まで衣料切符が無ければ被服を自由に買えない時代 が続いたが、1960年代半ば頃に既製服の普及が起きた。これにより、消費者は小売店で既製品を選択、購入し、着用および手入れを繰り返した後、これを廃棄するようになった。また、当時、織物が主体であった外衣であるが、1970年頃になるとTシャツやポロシャツなどの素材となるイージーケアな編物がカジュアル、スポーティーなどのイメージとともに生活に浸透してくる。現在の被服は、ファッションの影響を強く受ける消費財として定着している。衣服のメーカーやデザイナーはマーケティングや広告宣伝の技術を用いて消費者心理に訴え、さまざまなファッションブランドが成立している。また、1980年代以降には、製品としての被服の生産拠点が中国などに移行し、2000年代以降には産業形態のひとつとして製造小売業SPAが成功をおさめ注目された。 21世紀に入り、被服の製造・流通・着用・廃棄の各過程において更に多様化が進んでいる。たとえば入手の方法では、...

    被服には様々な分類方法があり、例えば文化を基準として、民族服・洋服・和服等に分けることができる。あるいは、着用部位や素材によって分けることもできる。衣類は重ねて着ることが多いものであるが、日本語では上側(外側)に着る着物を「上着(うわぎ)」と言い、下側(内側)に着る着物を「下着(したぎ)」と言う。英語ではアウターウェア・インナーウェアなどと言う。また、上半身に着るものをトップス、下半身に着るものをボトムスと言う。また対象とする年齢や性別によって、子供服・紳士服・婦人服といった区分も行われている。

    素材

    衣服の素材は、大きく天然繊維と化学繊維に分けられる。天然繊維は羊毛などの各種獣毛や絹といった動物繊維と、綿や麻などの植物繊維からなるが、なかでも綿・麻・絹・羊毛の利用が飛び抜けて多い。化学繊維はレーヨンなどの再生繊維、アセテートなどの半合成繊維、そしてナイロンやポリエステル、アクリルといった合成繊維からなる。布地は平織・綾織・繻子織などの織物のほか、編物やレースも用いられ、また繊維のほかに皮革も広く用いられる素材である。素材にはそれぞれ長所と短所が存在し、その特性に沿った利用がなされるほか、素材の長所を生かし欠点を補うために2種類以上の素材を混ぜ合わせる混紡も広く行われている。

    生産・流通

    衣服の製造・流通業はアパレル産業と総称される。ミシンなどの設備と洋裁などの技術があれば、生地を購入した上で自宅で衣服を作ることもいまだ可能ではあり、また高級衣服においては仕立て屋に依頼してオーダーメイドの服を仕立てることも一般的であるが、20世紀後半以降はほとんどの衣服は工場において大量生産された既製服となっている。 衣服生産の機械化と大規模化はミシンの発明と普及によって成し遂げられたが、ミシンは生産過程において人による操作がかならず必要となるため、完全機械化が困難である。これにより大規模な衣服生産には労働力の大量投入が必要となるため、衣料産業は人件費の安価な発展途上国に多く立地しており、また生産国の経済発展により人件費が高騰すると、さらに工賃の安価な国へと拠点が移動することが多い。日本においても1970年代に韓国や台湾へと衣服生産は移行しはじめ、国内生産は1990年代には大きく減少した。さらに2000年頃には中国が衣服の生産拠点となり、その後は東南アジアやバングラデシュが一大生産地となった。このため先進国においては衣服は輸入品が中心となっており、日本では2018年には衣服の総点...

    管理

    衣服は使用や経年などさまざまな理由によって汚損や劣化していくため、適切な管理が必要である。日本では、衣服にはその組成や取り扱い方法を表示することが家庭用品品質表示法によって義務づけられている。着用した衣服は洗濯を行い、汚れを除去する。通常、洗濯は家庭において、水と洗剤を利用し洗濯機で行い、その後乾燥させて保存する。水洗いのできない場合や洗濯が困難な場合はクリーニング店などの専門の洗濯業者に依頼し、ドライクリーニングなどで汚れを除去する。衣類全体に変色が広がった場合は漂白剤によって漂白を行い、一部の汚れではしみ抜きを、しわがある場合はアイロンをかける。衣服を長期保管する際は虫害を避けるため防虫剤を使用することが多く、またカビの発生を避けるため湿度を低く保つことが望ましい。 劣化や流行などで使用に耐えなくなった衣服は処分される。衣服の処分は、汚損部分を修理したり仕立て直してそのまま着用する場合や、知人に譲渡したり古着屋に売却するなどで再利用する場合、一度解体してウエスや繊維材料としてリサイクルする場合などがあるが、大半はそのまま廃棄される。日本において2010年の衣料の修理・再使用・...

    『被服』 - コトバンク
    「日本の古代から現代までの衣服の変遷について、時間軸に沿って図や絵等でわかる資料を紹介して欲しい。」(大阪府立中央図書館) - レファレンス協同データベース
  3. ja.wikipedia.org › wiki › 背広背広 - Wikipedia

    • 語源(命名)
    • マナー
    • 歴史
    • 文化と社会
    • 参考資料
    • 関連項目

    語源については諸説ある。1967年刊の日本国語大辞典では、漢字の「背広」は外国語の音を表すための当て字であるという説と、意味に由来する命名とする説があるが、前者の説が有力である、と説明された。幕末から明治初期にかけて「セビロ」というカタカナ表記が見られるようになり、一般には明治20年(1887年)頃から用いられたとされる。 語源については 1. 英国ロンドンの高級紳士服店街「サヴィル・ロウ」(セビルロー)から変化したとする説。 2. 市民服を意味する「civil clothes」から変化したとする説。 3. 市民服を意味する「civil wear」から変化したとする説。 4. 「背部(背の布パーツ)が広い服」の意。(紳士服の裁断された布パーツ群の中の背中部分の面積の大きさによる呼び分けだ、と...

    背広の上着のボタンは、立つときは閉じ、椅子に座るときは開けてもよい[注釈 3](国会審議でも答弁者は答弁に出向く時に前を閉じる)。近年はシングルブレストの場合、ピークドラペルは礼装用でビジネスでは着ないことが多い(ただし、1940年代以前はピークドラペルは日常的に用いられていた。また、ダブルブレストの場合は礼装・普段着を問わずピークドラペルで作られることが一般的である)。 上着がシングルブレスト2つボタンの場合は、上のボタンのみを掛け下のボタンを掛けず[注釈 4]、シングルブレスト3つボタンの場合は、真ん中のボタンのみを掛けることが推奨されており[注釈 5]、1番下のボタンは閉めることを前提としていない設計のものが多い(ただし、1930年代以前はボタン数によらずすべてのボタンが閉じることが可...

    背広のような腰丈のジャケットのヨーロッパでの登場は、1789年フランス革命でのサン・キュロットとされる。それまでの上着は、ジュストコルのように膝丈のいわゆるコートであった。直接的には背広は、19世紀中頃に当時の日常着であったフロックコートを改良したものとされる。膝丈のフロックコートを短く腰丈にしくつろげるようにゆったりとした作りの、ラウンジジャケットやサックコートと呼ばれる上着である。これは自宅の広間などだけでなく、スポーツなどレジャーにも用いられた。また共生地でズボンやベストも作られ、ラウンジスーツ、サックスーツなどと呼ばれる。 19世紀後半になるとアメリカ合衆国ではビジネスにも用いられるようになりヨーロッパにも波及し、20世紀までには世界的に普及した。 20世紀までに、背広の形状はいわば...

    背広は、ポストモダンが提唱される現代からすれば、過去のモダニズムに基づき、かつ生き続けている。新古典主義による自然そのものの人体をなぞるようにフィットした形状、体を束縛せず動きに追随する合理性、レースやフリルなどの表面上の装飾を廃して毛織物そのものの重厚さとパターンや仕立ての妙を重視すること、抑制された色調と形状の制限によるダンディズムやジェントルマンの表現、首筋を締めた薄い色調のシャツと濃い色調の上着の開いた胸元のくつろぎ感のバランス、鮮やかな色彩を添えかつ男性器を暗示するネクタイ、などである。 モダニズムに代表される西洋の価値観が世界的に広まり、今日各国の首脳が集まる国際会議などでは、背広を着た人が大多数を占め、伝統的な民族衣装などを着る人は少ない。 世界的に普及することで、地域独特の文...

    辻元よしふみ、辻元玲子 『スーツ=軍服!?―スーツ・ファッションはミリタリー・ファッションの末裔だった!!』 彩流社、2008年3月。ISBN 978-4-7791-1305-5。
    ハーディ・エイミス 『ハーディ・エイミスのイギリスの紳士服』 森秀樹訳、大修館書店、1997年3月。ISBN 978-4-469-24399-4。
    • 用語
    • 歴史
    • ワイシャツの色と柄
    • 襟の種類
    • カフス
    • 前立て(プラケット)の種類
    • 袖口の種類
    • プリーツの種類
    • 裾の種類
    • 日本語での呼び名について

    ホワイト(白い)シャツ(White shirt)に由来するため、本来は形状を差すものではなく、色だけを言及したものであるため「青いワイシャツ」といった表記は間違いであり、英語圏の人間には通用しない。現ミズノの商標である「カッターシャツ」とほぼ同義。英語に倣い「ドレスシャツ」(dress shirt) とも呼ばれる。 また、英語圏の人間と話す時に濃色のシャツをワイシャツと呼ぶと「それはカラーシャツだ。」と言われることがあるが、このカラーは色を差すcolor [発音: 'kʌlər] であり、「ラウンドカラーのワイシャツ」と言った場合のカラーは襟/衿を指すcollar [発音: 'kɑlər] である。→ブルーカラーとホワイトカラーも参照。 この記事では便宜上、先述の形状であれば、色付きシャツや...

    元々は、男女共用の下着(フランス語: chemise ラテン語: camisiaの変化 シュミーズ 麻シャツの意)であった。16世紀~17世紀頃に服の切れ目で下着を見せることが流行し、白色の麻のシャツになった。第二次世界大戦前には、イタリアでアウターとしても着られるようになっており、イタリア戦線から帰還した兵士により、イギリスへも伝わった。そして、現在の日本でもワイシャツは中衣に分類されている。 ヨーロッパの男性は1930年代にブリーフ、トランクスができるまで下着はcombination(裾の長いワイシャツ)やユニオンスーツ[:en]のみであり、その当時は長い裾で股間を覆っていたという。ワイシャツの両脇が短く、前と後ろだけが長く垂れていて、一番下のボタンが余っているのはこの名残である(一番下...

    ワイシャツは通常、衿とボタンが付いた白いシャツを差すが、これを基調にしたチェック・縞柄や、生成色、オフホワイト、クリーム色(薄い色に限る)、アイボリー(薄い色に限る)、水色、サックスブルーの薄い色も含めて使われることが多い。それ以外の色はクール・ビズやビジネスカジュアルとして使われることがある濃い色のクリーム色やアイボリーの二色やベージュ、黒、灰色、茶色、ピンク、赤、青、緑などはドレスシャツやカッターシャツの定義に含まれるがワイシャツとは呼ばない。 色の割合については背広、ブラウス、ネクタイ、ポケットチーフも参考にされたい。 1. 無地 - 無難で最も正装に相応しい。 2. チェック - タータンやギンガム[:en]、市松模様、千鳥格子[:en]がある。 3. ドット 4. ストライプ 4....

    上からラウンドカラー、レギュラーカラー、ショートポイントカラー、ボタンダウン、タブカラー、ウィングカラー
    襟がワイドカラーのシャツ、柄はストライプ
    クレリックカラーのシャツ
    ウィングカラーのシャツ

    正礼装的なカフス

    テニスカフス 1. テニスカフスはボタンは付いておらず、カフスホールのみがある、カフスボタン専用のシングルカフ。最近はあまり見られないスタイルだが、一番正式なものとされる。燕尾服用のシャツはシングルカフにカフリンクス用のボタンホールが開いていて、ボタンは付いていない。

    準礼装的なカフス

    シングルカフ 1. 袖に折り返しがないもの。片側がボタン、片側がボタンホールになっているものが一般的でテニスカフスに次ぐ正装である。片方で二の穴があるカジュアルなシングルカフス(ツインボタン)もある。ビジネスで多く用いられるのはこの種類。

    略礼装的なカフス

    ダブルカフス(フレンチカフス) 1. カフを折り返して2重にし、両側の穴を重ねて、カフリンクス(カフスボタン)で留める。礼装用のシャツによく見られるスタイルである。 ターナップカフス(ミラノカフス) 1. turnup。“折り返す”の意。肘の方向へ折り返したカフスのことをいう。ダブルカフスの一種ではあるが、外側のカフスにはボタンが付けられていない。ミラノカフスとも、ターンバックカフスとも呼ばれる。

    フライフロント(比翼仕立て、隠しボタン)

    1. 前立を二重にして、ボタンが見えないようにしたもの。主に礼装に用いられる。

    フレンチフロント(裏前仕立て)

    1. シャツの前端が内側に折り返っている前立で、俗にいう「裏前立」。表仕立てや比翼仕立てよりも改まった物。

    プラケットフロント(表前仕立て)

    1. シャツの前端が表に折り返っている前立。耐久性重視の構造。

    メーカーにより呼称が異なる場合がある。 1. カットオフ 2. スクエア 3. ストレート 4. バレル(角落とし) - 標準的な袖口。 5. ラウンド(小丸) 6. ラウンド(大丸) 1. ツインボタンの袖口のを持ったシャツ 2. 半袖のチェック柄ドレスシャツ

    メーカーにより呼称が異なる場合がある。 プリーツの代わりにギャザーのシャツも存在する。 1. インプリーツ 2. サイドプリーツ - ワイシャツの標準的なプリーツ。 3. センタープリーツ - ボタンダウンに用いられるプリーツ。 4. ボックスプリーツ 5. ダーツ(バックダーツ、背ダーツ) - 細身にするときに用いる。 6. ノープリーツ - プリーツがない為、痛みやすい。

    メーカーにより呼称が異なる場合がある。 テールドボトム(マンハッタンカット、ラウンドボトム) 1. 曲線的な燕尾形の裾、標準的なシャツの裾。正装に用いられる。 スワローボトム(スワローテイル、スワローテール) 1. 直線的な燕尾服の様に正面が短く、後の裾が長い。正装に用いられる。 スクエアボトム(水平切り、アロハカット) 1. シャツの裾を角型、水平にカットしたもの。カジュアルなシャツやアロハシャツに多い。

    ワイシャツ

    「ワイシャツ」という言葉は、前述の通り英語の“white shirt”(白いシャツ)から生まれた。※(「ホワイト」よりも「ワイ」とカタカナ化する方が、実際の英語の white の発音に近い)。ホワイトシャツは、明治末期に一般化したものであるが、その後、大正初期にかけて、この語はワイシャツとなって一般に定着した。さらにその後、昭和初期には、原義をこえて背広の下に着るシャツの意味で使われるようになった。このため「ワイシャツ」という言葉は、日本固有の単語であり海外では通用せず(ただし、韓国においては日本経由により標準語として使われている)、近年では関東を中心とした東日本で用いられている。「Yシャツ」とも表記するが、当然ながら「Tシャツ」とは語源が全く異なるものである。黒いワイシャツ、赤いワイシャツなどは原義からすれば、誤った表現である。

    カッターシャツ

    1918年(大正7年)に大阪のスポーツ用品メーカー美津濃(現:ミズノ)が、「カッターシャツ」という名称のカジュアルシャツを売り出した。野球の試合で観客が「勝った」と歓声を上げていることにかけて、美津濃の創業者・水野利八が名付けたという。この商標が一般化し、関西を中心とする西日本で用いられている呼称である。特に学校制服として用いられるような白いプレーンなシャツというイメージが強いとされている。

    ドレスシャツ

    英語: dress shirtをそのまま日本語読みにした呼び名。英語: dress shirtは、日本語でいうところの「ワイシャツ」とほぼ同じ意味合いであるが、日本語の「ドレスシャツ」という呼び名を一部の人々は「礼装用のシャツ」というイメージで捉えている。ただし、実際には礼装用シャツは英語: boiled shirtという。多くの人にとって「ドレスシャツ」のほうが「ワイシャツ」よりも洒落た響きがすることから、特に紳士服店で用いられる呼び名である。

  4. ja.wikipedia.org › wiki › アンダーウェア下着 - Wikipedia

    下着(したぎ)とは、最も内側(肌に近い側)に着用する衣服の総称であり、アンダーウェア、インナーウェアともいう。 Tシャツなど、1枚で着用することも想定している衣服を1枚で着用し、結果的に最も内側に着ていることになっていたとしても、通常それを下着とは呼ばない。

  5. 神話・伝説の物一覧(しんわ・でんせつのものいちらん)は、世界各地の「神話・伝説・民話」に登場する物を網羅した一覧である。 膨大な量となるため、すでに他の一覧にまとめられている項目は詳細などのリンクの形で省略する。ページを圧迫しそうな項目はページの立項を行い除外を行う。

  1. 刷毛外套 相關
    廣告
  2. 好康販賣運動休閒鞋子,衣服,背包,成功下單送禮品,滿額有優惠. 尋求合作代理,批發,可傳圖找款,團體訂制

  3. 過去一個月已有 超過 1 萬 位使用者造訪過 uniqlo.com

    適合各種場合的休閒外套:連帽、牛仔、都會山系、潮流外套 多樣款式一站滿足. 可攜式/抗UV/防風雨 機能外套必入手,為台灣氣候而生,兼具機能與美型的絕佳選擇!

  1. 其他人也搜尋了