Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 劉詩詩 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/劉詩詩

    経歴 1987年、北京に生まれる [2]。本名は劉詩施。6歳の頃からバレエを習い始める。2002年に北京舞踏学院バレエ科に入学し、バレエの教師を目指す。2004年に学校でスカウトされ、テレビドラマ『月影風荷』の主演として芸能界入り。

  2. 劉詩雯 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/劉詩ブン

    金. 2015 仙台市. 女子団体. 金. 2019 成都. 女子シングルス. テンプレート プロジェクト:卓球 選手一覧. 劉 詩雯 (りゅう しぶん、リウ・シーウェン、 英語: Liu Shiwen 1991年 4月12日 - )は 中国 ・ 遼寧省 出身の卓球選手。.

  3. Wake Up, Girls! - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/Wake_Up,_Girls!

    『Wake Up, Girls!』(ウェイク アップ ガールズ)は、日本のアニメーション作品。2014年1月から2018年1月まで、テレビアニメ2本、映画版3本が制作された。他にスピンオフ作品やタイアップによるショートアニメがネット上で公開された。略称「WUG(ワグ)」。

  4. 趙麗穎 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/趙麗穎
    • 来歴・人物
    • 出演
    • 脚注
    • 外部リンク

    廊坊市電子信息工程学校卒業後、ある会社に秘書として勤めていた。しかし2006年、雅虎搜星のオーディションの告知が偶々目に付き応募。同オーディションで優勝し、女優の道を歩み始める。2010年、日中共同制作テレビドラマ『蒼穹の昴』に出演。2011年、ドラマ『新環珠格格(原題)』の晴児役で一躍有名になる。2013年、ドラマ『後宮の涙』にて主演を務める。2014年、第10回中国金鷹テレビ芸術祭にて新たな「金鷹女神」となる。 2018年、ドラマ『明蘭 〜才媛の春〜』で夫婦を演じたウィリアム・フォン(馮紹峰)と、ドラマ撮影後に実際に結婚し話題を集め、第1子を出産したが、2021年4月23日に離婚を発表した。

    テレビドラマ

    1. (原題『南越王』、2006)- 小皇后 役 2. (原題『金婚』、2007)- 李玲玲 役 3. (原題『镖行天下之牡丹阁』、2007- 小红 役 4. 蒼穹の昴(原題『蒼穹之昴』、2010)- 李玲玲 役 5. 紅楼夢 〜愛の宴〜(原題『紅楼夢』、2010)- 邢岫煙 役 6. (原題『新還珠格格』、2011)- 晴児 役 7. 宮 パレス2 〜恋におちた女官〜(原題『宮鎖珠簾』、2012)- 百合 役 8. 後宮の涙(原題『陸貞傳奇』、2013)- 陸貞 役(主演) 9. (原題『追魚傳奇』、2013)- 紅綾 役(主演) 10. (原題『错点鸳鸯戏点鸳鸯』、2014)- 杨意柳、苏幻儿 役(主演) 11. (原題『妻子的秘密』、2014)- 江百合 役(主演) 12. お昼12時のシンデレラ(原題『杉杉来了』、2014)- 薛杉杉 役(主演) 13. 花千骨 〜舞い散る運命、永遠の誓い〜(原題『花千骨』、2015)- 花千骨 役(主演) 14. (原題『加油吧 实习生』、2015) - 宋暖 役(主演) 15. 雲中歌〜愛を奏でる〜(原題『大漢情緣之雲中歌』、2015...

    映画

    1. (原題『宫鎖沈香』、2013)- 琉璃 役 2. (原題『幻画丽人』、2013) 3. (原題『一路惊喜』、2015)- 李娜娜 役 4. (原題『女汉子真爱公式』、2015)- 何修舞 役(主演) 5. (原題『我们的十年』、2015)- 张静依 役(主演) 6. 乗風破浪〜あの頃のあなたを今想う(原題『乗風破浪』、2017) 7. (原題『密战』、2017)- 兰芳 役 8. 西遊記 女人国の戦い(原題『西遊記女兒國』、2018)- 女王陛下 役

    ^ “赵丽颖 百度”. 2013年9月3日閲覧。
    ^ “「明蘭」のカップル、ウィリアム・フォン&チャオ・リーインが離婚!中国ネットどよめく” (日本語). レコードチャイナ. 2021年5月18日閲覧。
    ^ “明蘭~才媛の春~(原題:知否知否応是緑肥紅痩)” (日本語). 衛星劇場. 2019年11月19日閲覧。
    チャオ・リーイン - allcinema
    チョオ・リーイン - KINENOTE
    Zanilia Zhao - インターネット・ムービー・データベース(英語)
  5. ドニー・イェン - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ドニー・イェン
    • 来歴
    • 谷垣健治との協働
    • ドニー・イェンとハリウッド
    • 一部ネットで伝えられた誤報
    • 出演作品
    • 書籍
    • 関連項目
    • 外部リンク

    幼少から少年時代

    1963年7月27日、中国広東省広州市に生まれ、2歳の時に香港に渡り、11歳の時にアメリカのボストンに移住した。母は「傅式太極拳」直系の弟子で、「中華武術研究所(Chinese Wushu Research Institute)」「麥寶嬋太極協會(Bow Sim Mark Tai Chi Arts Association)」創始者として知られる著名武術家・麦宝嬋(マク・ボウシム)、父は香港の新聞社・星島日報ボストン支局の編集員であった甄雲龍(クライスラー・イェン)。幼少の頃より父にピアノを、9歳からは母に武術を学んだ。 ボストン、チャイナタウンの映画館で功夫映画を観てはその動きをすぐに真似する子供で、特にブルース・リーをアイドル視していた。彼と同じ黒い中華服を着て自作のヌンチャクを持って学校に通った。 やがて多忙で不在がちな両親を尻目に不良少年となってしまい喧嘩三昧の日々を送っていたのを両親に心配され、16歳の時にアメリカを離れて北京市業余体育学校(現:北京市什刹海体育運動学校)で2年近く武術を学ぶことになる。この時の師兄(師匠が同じで入門の早い先輩)には同い年のジェット・リーが...

    映画界へ~乱高下の90年代

    のちにウーピン監督から声がかかり『妖怪道士』という作品にスタントマンとして参加[注 1]、1984年の『ドラゴン酔太極拳』で香港映画界にデビューする。しかし2作目の『情逢敵手(原題)』に主演した後は、ボストンに戻り母の武館の助手を務めた。 再び香港に渡ったのは3年後。その際には、演技を学ぶため無綫電視藝員訓練班(TVB俳優養成所)に加入[注 2]。1988年から1991年にかけてTVBのテレビドラマに出演すると同時に『タイガー刑事』、『クライム・キーパー 香港捜査官』、『タイガー・コネクション』等の撮影を通し、ウーピン監督のもとでアクション俳優そしてアクション指導として経験を積むことになった。 1992年にはツイ・ハーク監督『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地大乱』に、強敵の提督役で助演。映画の終盤で用いた武器「布棍」を考案し、ジェット・リーとの激しいアクションの設計にも参加したという。なおこの作品で香港電影金像奨(香港映画におけるアカデミー賞)の助演男優賞にノミネートされている。続く『ドラゴン・イン/新龍門客棧』でも敵の宦官役で助演したが、主演作の方はいずれも予算...

    遅咲きの2000年代

    2000年代に入り、ハリウッド作品『ハイランダー/最終戦士』や『ブレイド2』で一部アクション指導をするとともに出演。あわせて、8年越しで全米公開された『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ外伝/アイアンモンキー』が初登場6位にランクインしたことや、大陸の有名監督チャン・イーモウの『HERO』でジェット・リーと剣槍を交えたことは、その存在をもう一度認識させるきっかけとなった。 香港映画界に戻った彼は2003年の『ツインズ・エフェクト』に共同監督兼アクション監督として携わりヒットを飛ばし、台湾の金馬奨において最優秀アクション設計賞と香港金像奨で最優秀アクション設計賞を初受賞。 2005年にはウィルソン・イップ監督の『SPL/狼よ静かに死ね』で出演とアクション監督を兼任。警棒対ナイフの戦いや、新たにプロレス技関節技など総合格闘技の要素を取り入れ、映画サイトTwitch Film(英語版)(現在はサイト名をScreen Anarchyに変更)創始者であるTodd Brownから「俳優、アクションコレオグラファー、そして武術家としてイェンの最高の仕事である」との評価を受けている。また...

    日本のアクション監督谷垣健治とは、95年のTVドラマ『精武門』で谷垣がスタントマンとして現場についた時から共同作業が始まった。以来谷垣はドニー・イェンがアクション監督を担当するドラマや映画の多くに日本人スタントチームを率いてアクション指導として参加、ドニーアクションを多方面から支える人物のひとりである。 彼は「映画に関して教えてくれたのはやっぱりドニー。僕の思想とか映画の作り方とか9割ぐらいはドニーから教わった感じがしますよね」と2012年11月16日23:00~23:50に放送されたNHKBSの番組『地球テレビ エル・ムンド』にて語り、一方のドニーもアクション監督を務めた釈由美子主演『修羅雪姫』特別プレミアム版DVDの特典映像インタビューで、長年にわたり自分を信じバックアップしてくれた「KENJI TANIGAKI-SAN」に感謝を捧げ、「僕の知識を彼に受け継いで欲しい、彼なら将来日本で屈指のアクション監督になれるはず、世界的な活躍も期待できる」と言葉を残している。 ほかにも、幾度となく撮影を共にした下村勇二や大内貴仁 、吉田浩之など、日本や世界の第一線で活躍するアクション監督、スタントコーディネーター、スタントマンで影響を受けた日本人は数多い。 またドニー・イェンがアクション監督をつとめる際のアクションチームには日本のほかに香港中国アメリカ、シンガポールなど多国籍なメンバーが集まり、固定、流動的メンバーに関わらず彼等は「甄家班(イェン・アクションチーム)」と呼ばれる。彼はその中でも最古参であり、ドニーが自ら主演する「燃えよデブゴン TOKYO MISSION(原題:肥龍過江)」(2020年)で監督を谷垣に任せた(詳しい経緯は該当作品項目の「エピソード」を参照)。

    1999年から2000年にかけ、ユエン・ウーピンがアクション指導を務めた『マトリックス』シリーズや『グリーン・デスティニー』がアメリカでヒットしたこともあり、クェンティン・タランティーノ監督がミラマックスに推薦した事で、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ外伝/アイアンモンキー』(1993年作)の全米公開が実現。2001年10月12日に“Iron Monkey”として1,225館で公開され、初登場でボックスオフィスの6位にランクインした。この公開準備期間中にミラマックスと契約を交わしたドニーは初めてのハリウッド作品『ハイランダー/最終戦士』に出演している。 その後のギレルモ・デル・トロ監督、ウェズリー・スナイプス主演の『ブレイド2』でのスノーマン役は、一部アクション指導として参加する予定だったところを、請われて急遽決まったものであった。そのスノーマンの最期が曖昧になってしまったことについては、監督のデル・トロが「ドニーの次の仕事が決まっていてとにかく時間がなかった」と『ブレイド2』ブルーレイ版スチールブック仕様に収録されたコメンタリーで話している。 この作品の現場と担当したアクションの仕上がりについてドニー・イェンは、カメラアングルをはじめ撮影のコントロールやシーン編集までの一切を取り仕切る香港での職責とあまりにも違う当時のハリウッドシステムに落胆し、動作設計がカメラの不慣れさや編集で壊されてしまったといい「この映画を見ると、とてつもなくアマチュアの人がプロの創ったものを処理しているという感じがする。残念だ」と著書に記した[注 4]。その後も、両者の違いについては事あるごとに語っている。 同時期に撮影したジャッキー・チェン主演の『シャンハイ・ナイト』にゲスト出演して以降香港に戻った彼は、ハリウッドからの出演依頼を辞退し、2012年にはヒットシリーズ『エクスペンダブルズ2』のオファーを断わったことが報道されている。 しかし2013年には、“Iron Monkey”公開以来親交のあった元ミラマックスのハーヴェイ・ワインスタインからの熱心なラブコールに応え、『グリーン・デスティニー』の続編である『Crouching Tiger Hidden Dragon: ソード・オブ・デスティニー』への出演をカンヌ映画祭で発表。これを機にハリウッドの大手事務所「クリエイテ...

    2010年9月20日、沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)の領有権をめぐり日中関係の緊張が高まっているなか、ブルース・リーの『ドラゴン怒りの鉄拳』にオマージュを捧げた続編的映画『レジェンド・オブ・フィスト 怒りの鉄拳』の香港プレミア試写会が行われた。そこに香港での仕事を終えた藤原紀香がサプライズ登場し華を添え、映画を鑑賞。その後『香港メディアが伝えたところによると、日本の人気女優藤原紀香に直接「釣魚島(尖閣諸島)は中国領だ」と述べた』というニュースが日本で配信された。 しかしその日本の記事ではニュースの出典元メディアが明記されていないうえ、実際には藤原のいない場で、彼女の突然の登場について「バツが悪いか」と聞かれたドニーが「みんな役者なんだし、バツは悪くないよ」と答え、「あの島は僕らのモノだよ、(この映画で共演したスー・チーに)君は劇中で日本語セリフをしゃべっていて日本語ができるんだから、彼女にそう言ってやれよ(それは政治的な意味かと突っ込む記者に)南丫島(ラマ島、香港の離島)のことだよ、歴史は歴史真実は真実さ」と笑って話したと試写会翌日の9月21日多くの香港中国のマスコミに報道されている[注 5]。また同作品がアウト・オブ・コンペとして上映された第67回ヴェネツィア国際映画祭の記者会見では「これはエンターティメントです、政治ニュースを忘れて観て欲しい」と強調した[注 6]。 2011年4月1日には、香港で行われたジャッキー・チェンを中心に香港スターが集結した東日本大震災支援コンサート『愛は国境を越える 311チャリティーイベント(愛心無國界311燭光晚會)』に参加。日本に対し通訳を交えながらも、最後にはドニー自身が日本語で「頑張って下さい」と励ましの言葉を送っている。

    ※アクションを設計する役割の表記に関しては様々な名称があるが時代や作品によって統一性に欠けるため、このフィルモグラフィーではアクション指導とアクション監督に分けて表すこととする。なお本編クレジットに名前があったもののみ明記したが、著書や多くのインタビュー記事によると『タイガー刑事』以降、少なくとも自身のアクションシーンについては大部分を自分で動きを設計、またはアイディアを出している。

    『ドニー・イェン アクション・ブック』(翻訳:浦川とめ、監修:谷垣健治、キネマ旬報社 2005年 ISBN 978-4873762593)
    『問・丹心』(2010年10月繁体中文 ISBN 978-9626729366/2011年簡体中文 ISBN 978-7539946115)
    『甄功夫』(2011年7月 ISBN 978-9881544919)
    『甄子丹.葉問電影回顧』(2019年12月,香港三聯書店 ISBN 978-9620445866)
    Donnie Yen 甄子丹 (@DonnieYenCT) - Twitter
    Donnie Yen 甄子丹 (donnieyenofficial) - Instagram
    ドニー・イェン - allcinema
  6. 其他人也搜尋了