Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. インド - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › インド

    初めて印度の字をあてたのは玄奘三蔵であり、玄奘はこの語をサンスクリット indu (月)に由来するとしている [12]。 近代になって、西洋語の India に音の近い「印度」、または 日本 ではそれを カタカナ 書きした「インド」が使われるようになった。

    • 9.6%
    • 3,287,263 km 2 ( 7位 )
  2. 玄奘 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 玄奘
    • 生涯
    • 訳経
    • 玄奘の墓所・遺骨
    • 関連項目
    • 外部リンク

    仏教への帰依

    陳褘は、隋朝の仁寿2年(602年)、洛陽にほど近い洛州緱氏県(現在の河南省洛陽市偃師区緱氏鎮)で陳慧(または陳恵)の四男として生まれた。母の宋氏は洛州長吏を務めた宋欽の娘である。字は玄奘で、戒名はこれを諱とした。生年は、上記の602年説の他に、598年説、600年説がある。 陳氏は、後漢の陳寔を祖にもつ陳留出身の士大夫の家柄で、地方官を歴任した。特に曾祖父の陳欽(または陳山)は北魏の時代に上党郡太守になっている。その後、祖父である陳康は北斉に仕え、緱氏へと移住した。 8歳の時、『孝経』を父から習っていた陳褘は、「曾子避席」のくだりを聞いて、「曾子ですら席を避けたのなら、私も座っていられません」と言い、襟を正して起立した状態で教えを受けた。この逸話により、陳褘の神童ぶりが評判となった。 10歳で父を亡くした陳褘は、次兄の長捷(俗名は陳素)が出家して洛陽の浄土寺に住むようになったのをきっかけに、自身も浄土寺に学び、11歳にして『維摩経』と『法華経』を誦すようになった。ほどなくして度僧の募集があり、陳褘もそれに応じようとしたが、若すぎたため試験を受けられなかったので、門のところで待ち構...

    西域の旅

    玄奘は、仏典の研究には原典に拠るべきであると考え、また、仏跡の巡礼を志し、貞観3年(629年)、隋王朝に変わって新しく成立した唐王朝に出国の許可を求めた。しかし、当時は唐王朝が成立して間もない時期で、国内の情勢が不安定だった事情から出国の許可が下りなかったため、玄奘は国禁を犯して密かに出国、役人の監視を逃れながら河西回廊を経て高昌に至った。 高昌王である麴文泰は、熱心な仏教徒であったため、当初は高昌国の国師として留めおこうとしたが、玄奘のインドへの強い思いを知り、金銭と人員の両面で援助し、通過予定の国王に対しての保護・援助を求める高昌王名の文書を持たせた。玄奘は西域の商人らに混じって天山南路の途中から峠を越えて天山北路へと渡るルートを辿って中央アジアの旅を続け、ヒンドゥークシュ山脈を越えてインドに至った。 ナーランダ大学では戒賢(シーラバドラ)に師事して唯識を学び、また各地の仏跡を巡拝した。ヴァルダナ朝の王ハルシャ・ヴァルダナの保護を受け、ハルシャ王へも進講している。 こうして学問を修めた後、西域南道を経て帰国の途につき、出国から16年を経た貞観19年1月(645年)に、657部...

    帰国後

    帰国した玄奘は、持ち帰った膨大な経典の翻訳に余生の全てを捧げた。太宗の勅命により、玄奘は貞観19年(645年)2月6日から弘福寺の翻経院で翻訳事業を開始した。この事業の拠点は後に大慈恩寺に移った。さらに、持ち帰った経典や仏像などを保存する建物の建設を次の皇帝・高宗に進言し、652年、大慈恩寺に大雁塔が建立された。その後、玉華宮に居を移したが、翻訳作業はそのまま玄奘が亡くなる直前まで続けられた。麟徳元年2月5日(664年3月7日)、玄奘は経典群の中で最も重要とされる『大般若経』の翻訳を完成させた百日後に玉華宮で寂した。

    玄奘自身は亡くなるまでに国外から持ち帰った経典全体の約3分の1までしか翻訳を進めることができなかったが、それでも彼が生前に完成させた経典の翻訳の数は、経典群の中核とされる『大般若経』16部600巻(漢字にして約480万字)を含め76部1347巻(漢字にして約1100万字)に及ぶ。玄奘はサンスクリット語の経典を中国語に翻訳する際、中国語に相応しい訳語を新たに選び直しており、それ以前の鳩摩羅什らの漢訳仏典を旧訳(くやく )、それ以後の漢訳仏典を新訳(しんやく )と呼ぶ。 『般若心経』も玄奘が翻訳したものとされているが、この中で使われている観自在菩薩は、鳩摩羅什による旧訳では『観音経』の趣意を意訳した観世音菩薩となっている。訳文の簡潔さ、流麗さでは旧訳が勝るといわれているが、サンスクリット語「Avalokiteśvara(アヴァローキテーシュヴァラ)」は「自由に見ることができる」という意味なので、観自在菩薩の方が訳語として正確であり、また玄奘自身も旧訳を批判している。 一説では、時の唐の皇帝・太宗の本名が「李世民」であったため、「世」の字を使うことが避諱により憚られたからともされる。

    玄奘の没後、遺骨は長安の南にある興教寺に建てられた舎利塔に収められた、ただ、この塔は唐朝末期の黄巣の乱の時に破壊され、遺骨は持ち去られたとされる。現在残る舎利塔は乱後に旧様式により再建されたものとされる。玄奘の舎利塔と脇に建つ玄奘の2人の弟子の舎利塔は2014年にシルクロード:長安-天山回廊の交易路網の構成資産のひとつとして世界文化遺産に登録されている。 日中戦争当時の、1942年(昭和17年)に、南京市の中華門外にある雨花台で、旧日本軍が玄奘の墓を発見した。それは、縦61cm横79cm高さ58cmの石槨で、中には縦49cm横49cm高さ31cmの石棺が納められていた。石棺の内部には、北宋代の1027年(天聖5年)と明の1386年(洪武19年)の葬誌が彫られていた。石棺内に納められていたのは、頭骨であり、その他に多数の副葬品も見つかった。 この玄奘の霊骨の扱いには関しては、日中で応酬を経た後、分骨することで決着を見た[要出典]。中国側は、北平の法源寺内・大遍覚堂に安置された。その他、各地にも分骨され、南京の霊谷寺や成都の浄慈寺など、数ヶ寺に安置される他、南京博物院にも置かれている。 この時、日本で奉安されたのが、現さいたま市岩槻区の慈恩寺である。後に奈良市の薬師寺「玄奘三蔵院」に一部分骨された。第二次世界大戦後、慈恩寺の分骨は台湾・玄奘寺へ分骨された。 ただ、南京で発見されたものが頭骨だけであったため、他の骨は散逸したとも、そもそも興教寺から持ち去られたのは頭骨だけであるともされるが、詳細は不明である。 また、1957年には中華人民共和国の周恩来総理によるインドのジャワハルラール・ネルー首相への提案でナーランダ大学に玄奘の舎利が分骨された。

  3. 中沢新一 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 中沢新一
    • 概説
    • 略歴
    • 受賞歴
    • 評価
    • オウム真理教との関わり
    • 発言
    • 家族
    • 著書
    • 出演
    • 映画字幕翻訳

    クロード・レヴィ=ストロース、フィリップ・デスコーラ、ジャック・ラカン、ジル・ドゥルーズ等の影響を受けた現代人類学と、南方熊楠、折口信夫、田邊元、網野善彦等による日本列島の民俗学・思想・歴史研究、さらに自身の長期的な修行体験に基づくチベット仏教の思想研究などを総合した独自の学問「対称性人類学」を提唱する。 2011年の東日本大震災以降は、エネルギー問題、現代における政治参加の問題についても思考しており、実践的な活動として2013年には「グリーンアクティブ」を設立した。

    山梨県山梨市出身。少年時代は父・厚に連れられ、しばしば山梨県内の遺跡や民俗信仰の痕跡に調査に出かけていたという。東大紛争で東大入試が中止になった世代であり、早稲田大学文学部に入学するも仮面浪人を経て、翌年には東京大学理科二類に入学。当初は生物学者を目指すも、植島啓司に誘われて宗教学者の柳川啓一の講義を聴講し、それがきっかけで宗教学に転じて文学部宗教史学科に進む。

    1984年:サントリー学芸賞(思想・歴史部門)(『チベットのモーツァルト』)
    1991年:第20回ベストドレッサー賞(学術・文化部門)
    1993年:第44回読売文学賞(評論・伝記賞)(『森のバロック』)
    1996年:第4回斎藤緑雨賞(『哲学の東北』)

    中沢の最初の単行本である『虹の階梯 - チベット密教の瞑想修行』(1981年、出版元は新宗教阿含宗の関連会社である平河出版社)に対しては、仏教学者の袴谷憲昭は、日本においてチベット密教を無批判に礼賛する傾向を牽引したと評している。『虹の階梯』出版当時、アメリカはチベット仏教ブームにあったが、これは1960年代のアメリカのヒッピー文化の延長線上のもので、チベット仏教の神秘的密教的側面のみを強調し、これを無批判に礼賛する傾向にあった。この傾向は、日本においても中沢を一種の理論的リーダーとする若者のあいだで強まっていき、1993年秋にNHKが2回にわたって放送した中沢監修によるNHKスペシャル『チベット死者の書』でピークに達した。袴谷は、オウム真理教の事件もチベット密教ブームのピークを象徴するものであったと述べている。 常に領域横断的な研究活動を続け、特定の学会におけるポジションや権威とは無縁ということもあって、アカデミズムの世界で中沢の研究について論じられる機会は極端に少なかった。[要出典]松村一男はこれについて、「なぜ中沢の神話論・宗教論が宗教学の枠内で論じられることがないのかといえば、それは皆、それを論じることで自分の研究の範囲の狭さが明らかになることを恐れているからかと思われる。そうした試みを行った場合には、弁明が伴う」と述べ、「これはゲーテ、フンボルト、フロイト、ユング、そして日本での柳田國男、折口信夫、吉本隆明などと同じく、名前を冠した「中沢学」という、世界を丸ごと理解しようとする試み」(29頁)として、『カイエ・ソバージュ』の総合性を評価している。吉本隆明は、「日本の知識人の中でも一種の珍品」として一休とも比較しながら「人類の精神の考古学」という言葉を用いて高く評価している。編集者の松岡正剛は、中沢の語り口と編集能力を高く評価し、「さまざまな世界素材を解読しながら次々に動かしていく編集的プロセス」は自分と共通であると述べている(ただし、結論は異にするという)。また、一般の学術論文の多くはトピカ(場面、場所。適切な論点の配置と所在)が頭から抜け落ちているため、その論理が活躍できる場面がわからないという傾向があるが、中沢の語りは「場面」を持っており好ましく感じると評している。 作家の島田雅彦、収集家・小説家の荒俣宏、糸井重里も中沢の著作を高く評価しており、...

    袴谷憲昭は、中沢新一の『虹の階梯 - チベット密教の瞑想修行』(1981年、平河出版社)が、オウム真理教で聖典とも目されていたと述べている。オウムの後継団体Alephの元代表野田成人は、「教団の中では教祖である麻原彰晃の書籍以外は読んではいけないことになっていたが、『虹の階梯』はタネ本として半ば公になっており、教団内にふつうに存在し皆が参照していた」と述べている。中沢自身も、『虹の階梯』が麻原彰晃の座右の書であることに言及している。宗教学者の大田俊寛は、ポアという言葉をオウム真理教に教えたのは、『虹の階梯』であると指摘している[注釈 4]。 『週刊ポスト』1989年12月8日号の中沢自身のインタビュー「オウム真理教のどこが悪いのか」では「僕が実際に麻原さんに会った印象でも、彼はウソをついている人じゃないと思った。むしろいまの日本で宗教をやっている人の中で、稀にみる素直な人なんじゃないかな。子供みたいというか、恐ろしいほど捨て身な楽天家の印象ですね」と麻原を持ち上げる自身の談話が掲載された。 中沢は宗教学の立場から新宗教についても論じ、1980年代の末に、自身のチベット仏教の研究からも影響をうけているオウム真理教に関心を示し、発言をしていた[注釈 5]。1995年(平成7年)地下鉄サリン事件など一連の事件がオウム真理教による組織的犯行であることが発覚すると、中沢も批判の対象とされた。元オウム真理教幹部・現ひかりの輪の上祐史浩によると、1988年に麻原は、自分の前生のグルであると考えていた、当時のチベット仏教カギュ派の総帥カル・リンポチェと面会した。彼は麻原を高く評価し「偉大な仏教の師」とし、「あなた方のグルに奉仕し、そして彼がするようにといったことは何でもするようにしなさい」と説法したという。上祐は、この麻原への称賛に影響を受けた中沢は週刊誌の取材に対して「カル・リンポチェ師は、神秘的な人であり、簡単にだませる人ではないとして、オウムを肯定する根拠の一つとした」と述べている。 事件後の1997年には、中沢は朝日新聞において、麻原とは2回対談したが「彼は一種の天才的な直観力を持っており、密教の実践については並みの学者より深く正確だった」と評した。1995年8月には、青土社の雑誌「imago」の特集号として「オウム真理教の深層」を責任編集し、自身は、河合隼雄と元信者...

    中国・チベット問題

    中華人民共和国におけるチベット問題についてもたびたび発言をしている。ロバート・サーマン『なぜダライ・ラマは重要なのか』(講談社,2008年)の紹介文では、「中国はダライ・ラマを受け入れるとき、はじめて真の発展をとげることができるが、拒絶すれば、中国人の魂は市場経済のなかに、沈んでいってしまうだろう」と述べている。 また、ペマ・ギャルポとの対談でも中国が市場経済にソフトランディングしていこうとしているが、独裁政権と市場経済は両立しないとしたうえで、十億人の人口を抱える中国の崩壊は地球規模の問題であると指摘し、「いろんな形で私たちが智慧を出し合い、干渉をおこなっていかなければならないと思います」と述べている。

    曾祖父の中沢徳兵衛は生糸生産と藍染を生業とした紺屋徳兵衛の子で、生糸の生産販売と貿易で成功し、東山梨郡加納岩村(山梨市)下神内川の豪商となった。甲府・日下部教会(日本メソジスト教会)を中心にキリスト教の布教を行いつつ民俗研究を行った山中共古とともに受洗し、自身も民俗研究も行った。祖父中沢毅一は徳兵衛とともに受洗した飯島信明の娘を妻とし、同様にキリスト教徒で一高教授を務め、昭和天皇に進講したこともある海洋生物学者(荒俣宏『大東亜科学綺譚』参照)。 父親の中沢厚は市議会議員(日本共産党所属)で民俗学者。叔父の中沢護人も日本共産党に所属した科学技術史家(製鉄に関する民俗学研究も行った)。妻は『タンタンの冒険旅行』など多くの作品を手がける翻訳家の川口恵子。義理の叔父(叔母の夫)は日本史学者網野善彦。遠縁に作家芹沢光治良がいる。

    単著

    1. 『チベットのモーツァルト』せりか書房、1983年/講談社学術文庫、2003年 2. 『雪片曲線論』青土社、1985年/中公文庫、1988年 3. 『野ウサギの走り』思潮社、1986年/中公文庫、1989年 4. 『イコノソフィア――聖画十講』河出書房新社、1987年/河出文庫、1989年 5. 『虹の理論』新潮社、1987年/新潮文庫、1990年/講談社文芸文庫、2010年 6. 『悪党的思考』平凡社、1988年/平凡社ライブラリー、1994年 7. 『蜜の流れる博士』せりか書房、1989年 8. 『バルセロナ、秘数3』中央公論社、1990年/中公文庫、1992年/講談社学術文庫、2014年 9. 『せかいのはじまり(世界おはなし名作全集)』(絵:飯田三代、木村昭平、土橋とし子)小学館、1990年8月 10. 『東方的』せりか書房、1991年/講談社学術文庫、2012年 11. 『森のバロック』せりか書房、1992年/講談社学術文庫、2006年 12. 『幸福の無数の断片』河出文庫、1992年 13. 『ゲーテの耳』河出書房新社、1992年/河出文庫、1995年 14. 『...

    共著

    1. (ラマ・ケツン・サンポ)『虹の階梯――チベット密教の瞑想修行』平河出版社、1981年 1.1. (ラマ・ケツン・サンポ)『改稿 虹の階梯――チベット密教の瞑想修行』中公文庫、1993年 2. (細野晴臣)『観光――日本霊地巡礼』角川書店、1985年/ちくま文庫、1993年 3. (竹田青嗣、遠藤雅伸他)『電子ゲームの快楽』日本ソフトバンク、1987年 4. (夢枕獏、宮崎信也)『ブッダの方舟――対談集』河出書房新社、1989年/河出文庫、1994年 5. (梅原猛)『古代への幻視――人類思想の再生をめざして』アルファ・アート出版、1988年/ちくま文庫、1990年 6. (山田詠美)『ファンダメンタルなふたり』文藝春秋、1991年/文春文庫、1994年 7. (吉本隆明、梅原猛)『日本人は思想したか』新潮社、1995年/新潮文庫、1999年 8. (いとうせいこう、スガ秀実)『それでも心を癒したい人のための精神世界ブックガイド』太田出版、1995年 9. (河合隼雄)『ブッダの夢――河合隼雄と中沢新一の対話』朝日新聞社、1998年/朝日文庫、2001年 10. (山本容子)...

    編著

    1. 『東洋の不思議な職人たち』平凡社・東洋文庫ふしぎの国(2)、1989年 2. 『神々と妖精たち』平凡社・東洋文庫ふしぎの国(9)、1989年 3. 『南方熊楠コレクションⅠ――南方マンダラ』河出書房新社・河出文庫、1991年/新装版、2015年 4. 『南方熊楠コレクションⅡ――南方民俗学』河出書房新社・河出文庫、1991年/新装版、2015年 5. 『南方熊楠コレクションⅢ――浄のセクソロジー』河出書房新社・河出文庫、1991年/新装版、2015年 6. 『南方熊楠コレクションⅣ――動と不動のコスモロジー』河出書房新社・河出文庫、1991年/新装版、2015年 7. 『南方熊楠コレクションⅤ――森の思想』河出書房新社・河出文庫、1991年/新装版、2015年 8. 『吉本隆明の経済学』筑摩書房・筑摩選書、2014年

    映画

    1. 茅ヶ崎物語 〜MY LITTLE HOMETOWN〜

    『裸のランチ』 監督:デヴィッド・クローネンバーグ
    『リトアニアへの旅の追憶』 監督:ジョナス・メカス
  4. 地獄先生ぬ〜べ〜 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ぬ〜べ〜NEO

    地獄先生ぬ〜べ〜』(じごくせんせいぬーべー)は、原作:真倉翔・作画:岡野剛による漫画作品、およびそれを原作とした各種作品群である。略称は「ぬ〜べ〜」。集英社『週刊少年ジャンプ』にて1993年38号から1999年24号まで連載された。 2019年1月時点でシリー ...

  5. デュエル・マスターズ (アニメ) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › デュエル・マスターズ

    デュエル・マスターズ』は、同名のトレーディングカードゲームを題材とし、『月刊コロコロコミック』で連載されている松本しげのぶ作の同名の漫画を原作としたテレビアニメである。 本項では、劇場版である『デュエル・マスターズ 闇の城の魔龍凰』、『デュエル ...

  6. 霊魂 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 霊魂
    • 概説
    • 「霊魂」という表現
    • 宗教などにおける説明
    • 実在調査
    • 学問
    • 文学・芸術
    • 霊魂と死生観・全人的健康
    • 関連項目

    「霊魂」は、体とは別に実体として存在すると考えられているものであったり、人間の生命や精神の源とされ非肉体的、人格的な存在とされるもののことである。 「霊魂」という表現は「霊」と「魂」という言葉の組み合わせであり、両方を合わせて指している。一般には、個人の肉体及び精神活動をつかさどる人格的な実在で、五感的感覚による認識を超えた永遠不滅の存在を意味している。(→「霊魂」という表現) 宗教や文化圏ごとに様々な理解の仕方がある。 古代エジプトの時代から、人が死ぬと肉体から離れるが、肉体に再び戻って来る、という考えがあった。古代インドでは、霊魂は何度もこの世に生まれ変わるという考え方が一般的であった。輪廻転生(転生輪廻)の思想である。「あの世」(霊界)へ行ったり、「この世」(生者の世界、現世)に影響を及ぼしたりすると考える文化・思想も存在している。人間だけでなく、命あるもの全般、動物や植物に宿ると考えられたり、さらには鉱物にも霊魂が宿る、とされることもある。霊魂を心と同一視することもある[要出典]。「心は霊体、魂は神魂[要出典]」とする、霊魂と心を同一視しない考え方もある。また他方、すでにサンジャヤ・ベーラッティプッタが来世に関する問いへの確答を避け、不可知論の立場をとった。(→宗教などにおける説明) 霊魂は、生きること、死生観の根源的な解釈のための概念の一つともされる。現代では、霊魂を肯定的にとらえることが、生きがいや健康といったものと深く関係があることが、様々な学者の研究によって明らかにされている。(→霊魂と死生観・全人的健康)

    「霊魂」という表現は、「霊」という言葉と「魂」という言葉が組み合わされている。「霊」(れい、たま)は、すぐれて神妙なもの、神、こころ、いのちなど、多様な意味を持っている。また、そこに何かいると五感を超越した感覚(第六感)で感じられるが、物質的な実体としては捉えられない現象や存在(聖霊など)のことを指すこともある。 「魂(こん、たましい)」の方は、精神を司る精気を指し、肉体を司る「魄」と対比されている。[注釈 1]また、人の死に際しては、「魂」は上昇して天に帰し、「魄」は屍が地下に埋葬されるのにともなって地に帰すると考えられた。 よって「霊魂」という言葉は「霊」と「魂魄」両方を含む概念を指すために用いられている。ただし、通常は、個人の肉体および精神活動を司る人格的な実在で、五感的感覚による認識を超えた永遠不滅の存在を意味している。そして人間だけでなく、動物や植物、鉱物にまで拡大して用いられることがある。

    多くの宗教においては、人は死んでも意識あるいはそれに近いものは霊魂となって残ると説く。霊魂は生前暮らしていた土地に鎮まるとも、黄泉のような霊魂の住まう世界に旅立つともいう。霊魂の存在は、しばしば道徳・倫理などと結びつけて語られる。キリスト教などが説くように、生前の行いに応じて天国や地獄などに送られるともいわれる。あるいはヒンドゥー教のように霊魂は生前の行いに応じて転生すると説く宗教も有る。仏教の一部(大乗仏教)でも、六道の間を輪廻すると説く。

    量子脳理論のアプローチ

    ケンブリッジ大学の数学者ロジャー・ペンローズとアリゾナ大学のスチュワート・ハメロフは、意識は何らかの量子過程から生じてくると推測している。ペンローズらの「Orch OR 理論」によれば、意識はニューロンを単位として生じてくるのではなく、微小管と呼ばれる量子過程が起こりやすい構造から生じる。この理論に対しては、生物学上の様々な現象が量子論を応用することで説明可能な点から少しずつ立証されていて20年前から唱えられてきたこの説を根本的に否定できた人はいないとハメロフは主張している。 臨死体験の関連性について以下のように推測している。「脳で生まれる意識は宇宙世界で生まれる素粒子より小さい物質であり、重力・空間・時間にとわれない性質を持つため、通常は脳に納まっている」が「体験者の心臓が止まると、意識は脳から出て拡散する。そこで体験者が蘇生した場合は意識は脳に戻り、体験者が蘇生しなければ意識情報は宇宙に在り続ける」あるいは「別の生命体と結び付いて生まれ変わるのかもしれない。」と述べている。

    イアン・スティーヴンソンによる調査

    転生を扱った学術的研究の代表的な例としては、超心理学研究者・精神科教授のイアン・スティーヴンソンによる調査がある。スティーブンソンは1961年にインドでフィールドワークを行い、いくつかの事例を信頼性の高いものであると判断し、前世の記憶が研究テーマたり得ることを確信した。多くは2~4歳で前世について語り始め、5~7歳くらいになると話をしなくなるという。日本の前世ブームの前世少女のような思春期の事例やシャーリー・マクレーンのような大人の事例は、成長過程で得た情報を無意識に物語として再構築している可能性を鑑みて重視せず、2~8歳を対象とした。前世を記憶する子供たち』では、子どもの12の典型例を考察している[要出典]。竹倉史人は、スティーヴンソンの立場は科学者としての客観的なもので、方法論も学術的であり、1966年の『生まれ変わりを思わせる二十の事例』は、いくつかの権威ある医学専門誌からも好意的に迎えられたと説明している。赤坂寛雄は、スティーブンソンは生まれ変わり信仰に肯定的であり、むしろ一連の前世研究は、前世や生まれ変わりが事実であることを証明しようという執拗な意思によって支えられてい...

    関連項目

    1. 心の哲学 2. 懐疑論。霊魂などの存在を必ずしも否定していない点では無神論と異なる。 3. 不可知論は、永久に知ることが出来ないとする立場。 4. 心霊治療

    霊魂については、宗教学、民俗学、文化人類学などといった人文科学からの研究がある。霊や魂といった概念の変遷についての研究などがある。 外魂(External Soul) 物語を分類した民俗学者ジェームズ・フレイザーは、外側に保管して不死化する外魂(External Soul)を分類している。エジプトのミイラ、フィラクテリー(英語版)、浦島太郎の玉手箱などに見られる。

    日本神話にはイザナギが黄泉の国にいるイザナミを訪ねるという話があり、似たモチーフが世界の他の神話にもある。 芸術作品として描かれたもの 1. 映画「21g」:人が死ぬ前と死んだ後で21gだけ重さが違うという話があり、それをモチーフにした映画。

    古来より多くの神話、宗教、哲学、芸術などが担ってきた重要な役割の一つは、これら人の生死を含む世界観、生きること、生かされていること、死ぬことの意味の説明である。宗教家らは、人々の抱えるこうした重い問いに対して説明を提供するという重要な役割を果たしてきたのである。 現代においては、魂を肯定的にとらえることが、生きがいや健康といったものと深く関係があることが、様々な学者の研究によって明らかにされている。 スピリチュアルケアを提供できる状態になっていることが、病院が病院として認可されるための必要条件とされている国[どこ?]もあるほどである。日本の医療の場においては欧米に比べると認識が浅く、スピリチュアルケアを提供する体制の整備が遅れがちであったが、最近では充実化に向けて様々な活動が行なわれるようになってきている。 また、魂の永遠性を信じることは、ターミナルケアの場に限らず、ごく普通の日常においても、人が本当の意味で健康に生きる上で重要なことである、ととらえられることも増えてきている。 世界保健機関(WHO)は1984年の第37回総会で決議された「西暦2000年までにすべての人々に健康を」の決議前文で、健康が含むスピリチュアルな側面について言及した。さらに、1999年の総会においては、健康の定義文に以下の語も加えることを提案した。 1. 健康とは身体的・精神的・霊的・社会的に完全に良好な動的状態であり、単に病気あるいは虚弱でないことではない。

  7. 地獄先生ぬ〜べ〜の登場人物 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 地獄先生ぬ〜べ〜の登場人物

    地獄先生ぬ〜べ〜の登場人物(じごくせんせいぬ〜べ〜のとうじょうじんぶつ)は、原作:真倉翔、作画:岡野剛の漫画作品とそれを原作としたアニメ・ドラマ『地獄先生ぬ〜べ〜』および続編『地獄先生ぬ〜べ〜NEO』『地獄先生ぬ〜べ〜S』に登場する架空の人物の一覧。

  8. 機巧少女は傷つかない - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 機巧少女は傷つかない
    • ストーリー
    • 用語
    • Machine-Doll Project
    • テレビアニメ
    • Webラジオ
    • ゲーム
    • 外部リンク

    魔術によって人形に生命を吹き込み操る、機巧魔術を扱う人形使いが存在する世界。機巧文明が隆盛を誇りながら世界大戦の影が見え隠れする20世紀初頭、人形使いの頂点――〈魔王〉を決める戦いである〈夜会〉が四年に一度の魔蝕の年に開かれていた。 大英帝国にある機巧都市リヴァプールの『ヴァルプルギス王立学院』で開催される夜会に参加するため、人形使いの少年・赤羽雷真は日本から留学してくる。しかし、稀代の人形師・花柳齋の真作である自動人形・夜々を引き連れ、ヴァルプルギス王立学院の門を叩いた雷真の本当の目的は、〈魔王〉の称号を手に入れることではなく、不世出の天才にして一族を皆殺しにした赤羽天全に復讐することだった。 ちらつく世界大戦の影、そして、神性機巧(マシンドール)を巡る陰謀に巻き込まれながら、雷真は復讐を果たすため夜々とともに〈夜会〉に身を投じていく。編入直後は、劣悪な成績から嘲笑された雷真だったが、他の学生とは一線を画す機巧戦闘の才能と、他人のために命を懸けられる真っ直ぐな心根で、徐々に理解者を増やしていく。

    ヴァルプルギス王立機巧学院

    機巧魔術の最高学府。大英帝国の機巧都市リヴァプールにあり、世界中から優秀な魔術師・人形師が集まっている。 雷真の編入時点で1236人の学生が在籍し、いまだにその数は増している。貴族の御曹司・御令嬢が大半で、生徒比率は男:女=3:2。 教科は「史学」「理学」「医学」「工学」「法学」の五教科に加え「語学」「体育学」が存在する。三回生に進級するとコース分けされる。校風は「実力主義」の一言に尽き、地位や家柄よりも魔術師としての実力が優先され、学院の卒業資格だけでも出世の材料として十分な武器となる反面、夜会を始めとする厳しいカリキュラムが組まれ、あまりの過酷さに進級も困難な落第生も毎年多数出る。生徒一人一人の所有する自動人形が、国家機密相当の最新鋭技術や世界遺産相当の秘術の結晶であるため、学外への人形の持出しは、所有者の卒業まで禁止されており、学院は堅牢な城壁に囲まれた巨大な監獄の様相を呈している[注 24]。 夜会 1. 正式名称は「ヴァルプルギスの夕べ」。ヴァルプルギス王立機巧学院において四年に一度に行われる、魔王を選出する一大イベント。学院の成績上位者百名が機巧戦闘を行い魔王(ワイズ...

    機巧魔術とその解説

    自動人形(オートマトン) 1. 魔術回路を内蔵し、人形使いの魔力を受けて活動する人形。つまり意思を持つロボット。 2. 姿は人型に限らず、実に様々な様態の自動人形が存在する[注 26]。内蔵する生命の魔術回路「イブの心臓」によって自律性や知性を有し、一般にはさらに後一つだけ搭載可能な、別の魔術回路を生かした特性を持つ。 3. 人形と人形師の腕によっては、知覚の共有をすることができる。負傷した場合、人形使いの近くにいるほど修復が早くなる。 魔術回路 1. 呪文や印や魔法陣などの、複雑怪奇な魔術儀式を疑似的に再現する機巧。 2. 魔力を流すだけで魔術的効果を発揮する。ただし、性能を十分に発揮するためには、使い手の習熟や才能、または回路を搭載した自動人形による制御のサポートや代行が必要。一般的に自動人形は、一つの体に生命の魔術回路「イブの心臓」と別の魔術回路を一つずつ搭載し、最近出回った新術から、宇宙の真理に関わる古の秘法まで、様々な特性を付与されている。 機巧魔術(マキナート) 1. 錬金術を起源とする、生命の魔術回路「イブの心臓」の発明によって切り開かれた、魔術の概念を塗り変えた近...

    禁忌

    禁忌人形(バンドール) 1. 生体機巧、つまり、人間など生物の肉体が使われた人形。魔力親和性が高く、ある程度なら自前で魔力を生成できるが、魔術師倫理規定で禁止されている(ただし夜会の参加規約では使用までは禁止されていない)。花柳斎作の雪月花や朧富士、マグナスの戦隊、シグムント、ガルムシリーズ、機巧兵士シリーズがこれにあたる。 神性機巧(マシンドール) 1. 人形使いからの魔力供給なしでも無制限の魔術行使が可能な人形。自動人形とは異なり、完全に自律している。 2. 人形より魔術制御に劣る人間と、人間無しには動けない人形の両方を超えた存在=「機巧(マシン)の人間(ドール)」という意味であり、「人間(神)に作られた人間(人形)」。自動人形との決定的な違いは、自身も自動人形を操れるということで、「魔活性不協和の原理」を超越すると言われている。魔術師最大の禁忌である。 『機巧魔術関連技術の対機巧戦闘への応用』 1. キンバリーが博士号を取ったときの論文。これ以上に無いストレートなテーマで、クルーエル曰く「禁忌に片足突っ込んでいる」らしい。 『デ・オルガルム』 1. 臓器についての禁書。魔術...

    本作でのメディアミックス展開の企画で、このプロジェクトを元にメディアミックスを行っている。第1弾はボーカル・原田ひとみ、とくPプロデュースのイメージCD。第2弾は、高城計によるコミカライズ。第3弾は、文庫4巻に長編ドラマ・ソング、コミック1巻に短編ドラマ・ラジオを収録したCD付き特装版。

    2013年10月から12月にかけ、AT-Xほかにて放送された。AT-Xでは、放送開始前週の9月30日に事前特番『「機巧少女は傷つかない」一夜限りの夜会SP』が放送された。 AT-Xとそれ以外の局では女性キャラクターの映像表現に違いがあり、前者は基本的に無修正だが、後者は光や闇、衣服などで肌の露出度を抑える修正が加えられている。

    『ラジオ・機巧少女〜メインキャストは傷つかない〜』は、音泉とアニメイトTVにて2013年9月3日から2014年2月25日まで配信されていたWebラジオ番組。パーソナリティは下野紘(赤羽雷真 役)、原田ひとみ(夜々 役)、高本めぐみ(シャルロット・ブリュー 役)。

    機巧少女は傷つかない Facing “Burnt Red”

    1. 2013年12月6日よりiOSアプリとAndroidアプリ用にリリースされた。バトルシーンをフル3Dグラフィックで再現し、かつスマートフォンの操作性に最適化した新感覚の"フリック型3D バトル"が特徴。ゲームは、ストーリーを進行する“バトル”、自動人形の強化や編成を行う“ユニット”のふたつを軸に進行する。原作者の海冬レイジ監修によるオリジナルストーリーを展開。アイテムなど一部が有料だがダウンロードは無料。2015年1月30日に終了し、以降は本アプリを起動してもプレイできない。

    夜々フリック

    1. 2013年12月26日よりiOSアプリ用に、2014年1月17日よりAndroidアプリ用にリリースされた。制限時間内にフリック入力することで夜々のオリジナルボイスをコレクションできる。「学校編」「デート編」などさまざまなステージが用意されており、まるで夜々に話しかけられているような感覚でストーリーが進んでいく。ステージは一部が有料だがダウンロードは無料。2018年1月31日(水) 15:00に配信を終了した。

    『機巧少女は傷つかない』公式サイト - ウェイバックマシン(2020年8月28日アーカイブ分)
    機巧少女(マシンドール)は傷つかない (@mdk_anime) - Twitter
  9. 日本の文化における狐 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 日本の文化における狐
    • 語源
    • 鳴き声の聞きなし
    • 歴史
    • 狐と稲荷信仰
    • 説話の中の狐
    • 狐を主題とする作品
    • 参考文献
    • 関連項目

    キツネの語源は諸説あるが、『大言海』では、古来のなき声を表す「ケツケツ」「キツキツ」と神道系の敬称を表す「ネ」が結びついたと説明している。『万葉集巻十六』には「さすなべに湯わかせて子どもいちい津の檜橋より来るきつにあむせむ」という、鍋と狐を詠んだ即興歌が残っており、日本では古代より「キツ」と呼んでいたことを示す資料が残っている。仏教系の説では『日本霊異記』やその話を転記した『今昔物語』では「来つ寝」という語呂合わせが語源と説明している。平安時代に編纂された日本最古の辞書である『和名類聚抄』には、「狐:韻は(コ)日本の読み(きつね)、中国の伝説では100歳になると女に化ける妖怪に変化する」という説明があり、平安時代には、既にキツネと発音していたことが分かる。

    鳴き声の聞きなしについては、古来は「キツ」「ケツ」と表現されており、岩手県遠野市付近の口承文芸を採集した佐々木喜善が編集した説話集『聴耳草紙』『老媼夜譚』、あるいは佐々木の語りをまとめた柳田国男の『遠野物語』においては、狐の鳴き声は「グェン」「ジャグェン」と表現されている。近代からは「コン」「コンコン」が専ら用いられている。「コン」「コンコン」については(テレビ朝日『シルシルミシルさんデー』の調べによって)親が子を呼ぶ時の鳴き声に由来していると報告されている。なおアイヌ語での聞きなしは「パウ」「パウパウ」である。

    日本の狩猟時代の考古学的資料によると、キツネの犬歯に穴を開けて首にかけた、約5500年前の装飾品やキツネの下顎骨に穴を開け、彩色された護符のような、縄文前期の(網走市大洞穴遺跡)ペンダントが発掘されている。しかし、福井県などでは、キツネの生息域でありながら、貝塚の中に様々な獣骨が見つかる中でキツネだけが全く出てこない。 日本人がキツネを稲と関連させた起源は、文化人類学的推察にもとづく農耕民族の必然だったとする必然起因説と、歴史学的手法に基づいて推察して、神の名に「狐」を宛てたことによるとする、誤解起因説の2通りがあって特定はされておらず、その後大陸より渡来した秦氏の勢力によって、キツネは稲荷神の眷属に収まったという流れになっている。 稲作には、穀物を食するネズミや、田の土手に穴を開けて水を抜くハタネズミが与える被害がつきまとう。稲作が始まってから江戸時代までの間に、日本人はキツネがネズミの天敵であることに注目し、キツネの尿のついた石にネズミに対する忌避効果がある事に気づき、田の付近に祠を設置して、油揚げ等で餌付けすることで、忌避効果を持続させる摂理があることを経験から学んで、信仰と共にキツネを大切にする文化を獲得した。 『日本書紀』によると、斉明5年(659年)、(皇孫建王が唖であったために?)神の宮(島根県松江市八雲町の熊野神社)を改修し始めた直後、狐が現われて柱を曳く蔓の綱を根元から食い切り、狗(山犬)が現われて死人の手を言屋社(いうやのやしろ)(島根県松江市東出雲町の揖屋神社)に残したという記事(つまりみかどの死の予兆が下された)が残されている。 正史に狐の記事が記載されたのは、『日本書紀』斉明記3年(657年)石見に現れた白狐の記事であり、伝記に狐が記載されたのは『日本霊異記』欽明天皇の時代(540年–571年)とされている。狐が騙す、化ける妖怪の一種であるという概念は、仏教と共に伝来したもので、中国の九尾狐の伝説に影響されたものである。 以下は日本の文化における狐の歴史の大まかな流れである。

    日本の伝承において狐は、農耕神である稲荷と密接に関係している。日本古来の世界観は山はそれ自体が山神であって、山神から派生する古木も石も獣(狐)もまた神であるという思想が基としてあると言われている。狐神信仰の発生がいつ始まったかの特定は難しいとした上で、発生の順番から考えて、土地が開墾される以前に狐が生息しており、畏敬された狐神と稲荷の結合は、田の神信仰と稲荷の結合に先立つであろうと言われている。 一方、稲荷神社の神は、宇迦之御霊神、別名、御食神(みけつがみ)であって、三狐神と書き誤って、日本中に誤解が定着したという説も、根強く有力な説である。

    狐は、女の他、男はもちろん、月や日、妖怪、石、木、電柱、灯籠、馬や猫、家屋、汽車に化けるほか、雨(狐の嫁入り)や雪のような自然現象を起こす等、実にバリエーションに富んでいる。化けるにしろ報復譚にしろ、狐の話はどこかユーモラスで、悪なる存在というよりは、むしろトリックスター的な性格が強い。

    伝統芸能

    芦屋道満大内鑑 1. 有名な信太の森の葛の葉狐の伝説を人形浄瑠璃文楽、また歌舞伎にしたもの。 義経千本桜 1. 四段目に、狐の化身である狐忠信が登場する歌舞伎。 釣狐 1. 狂言。狐の役は狂言ではもっとも難しいとされ、「狂言師は猿に始まり、狐に終わる」ともいわれる。 王子の狐 1. 美女に化けた狐を男が逆に化かすという落語の滑稽噺。

    文学

    ごん狐(童話) 1. 新美南吉原作。「ごん」というきつねが主人公。間接的にも兵十の母を死なせた償いの意味を込めて彼に隠れながら栗をあげていたが、それまでのイタズラの報いによって兵十に射殺される。 手袋を買いに 1. 新美南吉の作。手袋を買いにでた子ぎつねの話。一部の国語の教科書にも掲載された。 雪渡り 1. 宮沢賢治の作。キツネの幻燈会に招待された子供たちの物語。古い偏見を払拭するために、キツネたちが子供を啓蒙しようとする。 土神と狐 1. 宮沢賢治の作。樺の木と仲の良いプレイボーイの狐に嫉妬した土神の話。

    映画

    日照り雨 1. 黒澤明監督『夢』の第一話。見てはならないという母の言葉を無視して少年は狐の嫁入りを覗いてしまう。家に帰ると母から自殺用の短刀を渡され、死ぬ気で狐に謝罪してこいと叱られる。自然を侮辱する者への警告が込められた作品。 キタキツネ物語 1. 1978年に公開されたサンリオ映画。2013年には撮影素材を用いて再構成した『キタキツネ物語【35周年リニューアル版】』が上映された。 子ぎつねヘレン 1. 北海道在住の獣医師で作家の竹田津実原作の小説『子ぎつねヘレンがのこしたもの』の映画化作品。2006年3月に劇場公開。河野圭太監督作品。配給は松竹。

    宮本袈裟雄他『民間信仰辞典』桜井徳太郎編、東京堂出版、1980年、97-98頁。ISBN 978-4-490-10137-9。
    金子浩昌『貝塚の獣骨の知識 人と動物とのかかわり』東京美術〈考古学シリーズ 10〉、1984年8月、127–128。ISBN 978-4-8087-0229-8。
    『稲荷信仰』直江広治 編、雄山閣出版〈民衆宗教史叢書 3〉、1996年9月。ISBN 978-4-639-00231-4。
    狐拳 - 狐・猟師・庄屋の三すくみの関係を用いた拳遊びの一種。
    館林城 - 狐の尾曳きで築城したという伝説があり、城内に尾曳稲荷神社を創建した。
  10. 異世界迷宮の最深部を目指そう - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 異世界迷宮の最深部を
    • あらすじ
    • 登場人物
    • 用語
    • 書誌情報
    • 外部リンク

    『主人公』の相川渦波は見覚えのない暗い回廊で目を覚ます。突然のことに動揺したまま人の気配がする方へ向かうと、そこには、人とモンスターが戦闘しているおとぎ話のような光景があった。会話の内容からこの場所が『迷宮』と呼ばれる危険地帯であると知った直後、探索者達から囮にされて死にかけるが、ゲームのようなシステムと正体不明のスキル『???』の発動でかろうじて危機を脱する。その後、ラスティアラ・フーズヤーズという少女に出会い、なんとか『迷宮』の外へたどり着いた渦波は、街で情報を集め、自分が異世界に来てしまったことを理解し、元の世界に帰還するべく「どんな望みでも叶う」という『迷宮』の『最深部』を目指す。 第一章(第1巻、web小説 第1話 - 第17話) 1. 図書館で異世界の常識を学んだ渦波は、この世界で生きていくための資金と情報を手に入れるべく、迷宮の近くにある酒場で働きはじめる。特殊な出自と能力を隠すため「田舎から一攫千金を夢見て迷宮に挑んだが敗れた少年、ジークフリート・ヴィジター」という偽りの設定を演じて生活をしていると、あるとき、特別な才能を持つディアブロ・シスという男装の少女を見つける。打算的な考えでディアへと近づき、パーティを組むことに成功した渦波は、準備を整え、再び迷宮に挑戦する。酒場で集めた情報と現代の知識を上手く使い、二人は順調に迷宮の探索を進めていくが、第五層にて第二十層にいるはずのボスモンスター【二十守護者】「闇の理を盗むもの」に遭遇する。

    主要人物

    相川 渦波(アイカワ・カナミ) / ジークフリート・ヴィジター(キリスト・ユーラシア) 1. 1.1. 『素質』7.00[注 1] → 6.21[注 2] 2. 本作の主人公。12月25日生まれ。身長174cm。黒髪黒目の日本人。16歳の高校生。両親が俳優とアーティストで、非常に整った容姿をしているが異世界で顔に火傷を負う。元の世界では妹と二人で暮らしていた。 3. 現代的なモラルと価値観を持つ、臆病で優柔不断な少年。打算的に振舞い、感情を理屈で抑えようとするが情の移った相手を見捨てられない。恋愛には潔癖で『たった一人の運命の人』にこだわりを持つ。誰かの『理想』を映した、『物語』の『主人公』のような性格している。 4. 幼い頃は役者として育てられ、才能のある妹にコンプレックスを抱いていたが、両親を失い、妹が難病を患ってからは自らの過ちに気付き、心を入れ替え、たった一人の家族を大切にすると誓った。妹のことを世界で一番大切に思っており、病弱な妹を残してきた元の世界に帰還するべく迷宮の最深部を目指す。 1. 異世界で目覚めてからは、注視することで対象のステータスやスキルを見ることができ...

    天上の七騎士(セレスティアル・ナイツ)

    『再誕』する聖人ティアラのため、予言に従ってフーズヤーズ国が用意した七人の人類最高峰の騎士たち。 ペルシオナ・クエイガー 1. 1.1. 『素質』1.56 2. 『天上の七騎士』総長。序列一位。 3. 女性。戦闘の際には全身に黒い鎧を身に着けるため、兜によって顔が見えなければ、低い声のせいで男性だと思われることもある。 ハイン・ヘルヴィルシャイン 1. 1.1. 『素質』1.98 2. 『天上の七騎士』の一人。序列二位。 3. 金髪の美丈夫の男性。 4. 十八歳の頃には現在の地位に上り詰めていた。ラスティアラの教育係 。 5. ラスティアラに自発的に『再誕』の儀式を拒否させてその命を救うべく、カナミとラスティアラに恋をさせようと目論んでいた。 6. 聖誕祭の日、ラスティアラたちを逃がすためにパリンクロンと戦い、命を落としている。その首はパリンクロンによってカナミの眼前に突き付けられ、カナミの精神を追い詰めた。 7. その遺体はワイスの主な『材料』として使われ、『再誕』を拒否したハインはワイスに身体を譲って身を引いた。その魂は、後にワイスから義弟のライナーへと受け継がれる。 モネ・...

    フーズヤーズ国

    ティアラ・フーズヤーズ 1. レヴァン教で信仰されている『聖人』。『始祖』とも呼ばれる。魔法を創り上げたとされる人物。自身の『再誕』を含む『予言』を残している。 2. レヴァン教の伝承では、正義の使徒シスと組んで『南』の人類を統一し、『北』の『狂王』や使徒ディプラクラと戦ったとされる。 3. カナミの千年前の記憶では、始祖カナミの弟子だった。神聖魔法と鮮血魔法を得意としていた模様。 4. 千年後の時代に『再誕』するため、自身の人格を術式として血に残し、フーズヤーズ大聖堂に保管させている。 フェーデルト・リオアス 1. 連合国フーズヤーズの宰相代理。濁った目をした壮年の男。 2. 手段を選ばない気質だが、国への忠誠だけは誰にも負けない人物。 3. 聖誕祭の『再誕』の儀式の主催者。

    名前のない世界

    1. 物語の舞台となる世界。 2. 相川渦波が迷宮に召喚されたのは新暦1013年。

    元の世界

    1. 渦波達が暮らしていた世界。21世紀の現代日本。 2. 相川兄妹が異世界に召喚されたのは西暦2012年(新暦0000年)。

    1. 千年前は『魔の毒』と呼ばれていた。始祖カナミが『魔力』と名付け、千年後ではそちらの呼称が使われている。 2. 『火』『水』『土』『木』『風』『光』『闇』『血』『無』『星』『次元』等の属性がある。

    小説

    割内タリサ(著)、鵜飼沙樹(イラスト)、オーバーラップ〈オーバーラップ文庫〉、既刊16巻(2021年8月25日現在)

    漫画

    左藤圭右(作画)、割内タリサ(原作)、鵜飼沙樹(キャラクター原案)、オーバーラップ〈ガルドコミックス〉、既刊4巻(2021年8月25日現在)

  11. 其他人也搜尋了