Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 台中中古屋 相關
    廣告
  1. 台中市 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/台中市

    台中州が台中県、台中市、彰化市に分割される。 1947年 - 北屯庄、西屯庄、南屯庄が台中市に編入。 1950年 - 台中県と彰化市が台中、彰化、南投の3県に分割された。 2010年 - 台中県と台中市を合併して、新たに中華民国の直轄市となった。 政治 行政 ...

    • Táizhōng Shì
    • 臺中市
    • たいちゅうし
    • 2214.8968 km²
  2. 名古屋市立振甫中学校 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/名古屋市立振甫中学校

    名古屋市教育委員会スポーツ振興課『中学校開放のあらまし 昭和60年版』名古屋市教育委員会、1985年2月1日。 関連項目 [ 編集 ] ウィキメディア・コモンズには、 名古屋市立振甫中学校 に関連するカテゴリがあります。

    • 375人
    • 1101人
  3. 名古屋市立神沢中学校 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/名古屋市立神沢中学校

    沿革 1975年(昭和50年)4月1日 - 名古屋市立鳴子台中学校分校として設立 [2]。 1976年(昭和51年)4月1日 - 名古屋市立神沢中学校として分離開校 [1]。 1978年(昭和53年)1月8日 - 校訓として「汗と愛」を制定する [1]。 1979年(昭和54年)5月2日 - 校歌制定 ...

  4. 名古屋市立鳴子台中学校 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/名古屋市立鳴子台中学校

    名古屋市立鳴子台中学校 国公私立 公立学校 設置者 名古屋市 校訓 自律 協調 誠実 [1] 設立年月日 1966年(昭和41年)4月 [1] 共学・別学 名古屋市立鳴子台中学校(なごやしりつなるこだいちゅうがっこう)は、愛知県 名古屋市 緑区 鳴子町にある公立中学校 ...

    • 自律 協調 誠実
    • 1966年(昭和41年)4月
    • 名古屋市
  5. 名古屋市立神丘中学校 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/名古屋市立神丘中学校

    名古屋市立神丘中学校 国公私立 公立学校 設置者 名古屋市 設立年月日 1961年(昭和36年)4月 [1] 共学・別学 男女共学 所在地 名古屋市立神丘中学校(なごやしりつ かみおかちゅうがっこう)は、名古屋市 名東区 神丘町にある公立中学校。

  6. Category:名古屋市の公立中学校 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/Category:名古屋市の公立中学校

    カテゴリ「名古屋 市の公立中学校」にあるページ このカテゴリには 106 ページが含まれており、そのうち以下の 106 ページを表示しています ... 名古屋市立鎌倉台中 学校 名古屋市立神丘中学校 名古屋市立神沢中学校 名古屋市立神の倉中学校 ... ...

  7. 名古屋市立千種台中学校 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/名古屋市立千種台中学校
    • 歴史
    • 著名な出身者
    • 参考文献

    沿革

    1. 1956年(昭和31年) - 名古屋市立城山中学校分校として設立される。 2. 1962年(昭和37年) - 名古屋市立千種台中学校として分離独立する。 3. 1976年(昭和51年)1月13日 - 耐寒マラソン訓練中だった3年女子生徒の死亡事故発生。 4. 1979年(昭和54年) - 分校が名古屋市立千種中学校として分離独立する。 5. 2001年(平成13年) - 市営住宅の改築・名古屋市営地下鉄名城線開業に伴った「千種台ふれあいタウン」整備事業により、隣接地に校舎を移転新築する。 6. 2022年(令和4年)度 - 体育館にエアコンが整備される。

    生徒数の変遷

    『愛知県小中学校誌』(2018年)によると、生徒数の変遷は以下の通りである。

    『総合名古屋市年表 昭和編 6』名古屋市会事務局、名古屋市会事務局、1995年3月22日。
    『六三制教育七十周年記念 愛知県小中学校誌』六三制教育七十周年記念 愛知県小中学校誌 合同記念誌編集特別委員会、愛知県小中学校校長会・名古屋市立小中学校長会、2018年2月15日(日本語)。
  8. 名古屋市立城山中学校 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/名古屋市立城山中学校
    • 歴史
    • 歴代校長
    • 主な出身者

    沿革

    1. 1947年(昭和22年) - 田代小学校の8教室を借用し、名古屋市立城山中学校として創立。 2. 1949年(昭和24年) - 現在地において、新校舎が完成。 3. 1956年(昭和31年) - 分校(現千種台中学校)が竣工する。 4. 1961年(昭和36年) - 生徒数が4300人となり、当時日本一のマンモス校となる。 5. 1962年(昭和37年) - 分校が千種台中学校として分離独立する。 6. 1964年(昭和39年) - 体育館兼講堂が竣工する。 7. 1983年(昭和58年) - 体力づくり優良校として愛知県より表彰される。 8. 1991年(平成3年) - 東星中学校が分離独立する。 9. 1993年(平成5年) - 視聴覚室教育相学校教育部門で文部大臣賞を受賞する。 10. 1997年(平成9年) - 創立50周年記念碑が建立される。 11. 2003年(平成15年) - 校舎のバリアフリー化工事を行う。 12. 2005年(平成17年) - 制服をブレザーに変更した。 13. 2009年(平成21年) - 防災備蓄倉庫を設置した。 14. 2013年(平...

    生徒数の変遷

    『愛知県小中学校誌』(2018年)によると、生徒数の変遷は以下の通りである。

    初代:後藤祝二
    第2代:高橋時三
    第3代:芥子川律治
    第4代:中野霊智
    大塚耕平 - 1975年卒、参議院議員(4期)国民民主党代表代行・参議院会長、元民進党代表。
    和田洋一 - 1975年卒、スクウェア・エニックス社長。
    青山繁 - 1985年卒、元バレーボール全日本男子代表選手、ジェイテクトSTINGSチームアドバイザー兼コーチ。
    安藤美姫 - 2003年卒、元フィギュアスケート選手。
  9. 名古屋中学生5000万円恐喝事件 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/名古屋中学生5000万円恐喝事件
    • 概要
    • 検挙・少年審判
    • 学校の対応
    • その後
    • 関連書籍

    1999年6月頃、名古屋市緑区の名古屋市立扇台中学校に通う少年Xは、同級生の少年Aから帽子にジュースのシミをつけたことに因縁をつけられて金を要求される。怖くなった少年Xは自分の預金19万円を引き出して少年Aに渡した。 その後、少年Aと少年Bは1999年6月から2000年1月までの8ヶ月間にわたって少年Xから金を脅し取っていた。恐喝された回数は130回にも及び、多いときには1回の恐喝金額が500万になることもあり、被害総額は5207万円にもなった。過去には1994年に同じ愛知県下の中学校でいじめの過程で110万円を恐喝されて最後に自殺に追い込まれた愛知県西尾市中学生いじめ自殺事件があったが、被害金額の桁が違っていた。約5000万円という大金を支払うことのできる少年Xの家庭は裕福そうに見えるが、恐喝されていた少年Xは母に金を要求して暴れたため、耐えかねた母が事故死した夫(少年Xの父)の生命保険や預貯金を取り崩したり親類に借りるなどして金を工面していた。 少年Aらは少年Xをタレントに似ていることになぞらえて「○○○金融」と馬鹿にして預金口座から金を引き出すような感覚で金を脅し取っていた。少年Aらは少年Xから恐喝した約5000万円の殆どを遊興費に浪費。オメガの腕時計やアルマーニのスーツなどブランド品を買い漁ったり、交際相手の女生徒に『少年Xから恐喝した金』と大金を見せびらかし、その女生徒にも数万円単位で『お小遣い』として現金を与え、パチンコやゲームセンターやカラオケや風俗店などに使われていた。また学校への登校やゲームセンター等への移動などには、携帯電話にタクシー会社の専用の電話番号を登録しておき、タクシーを運転手付きの車のような軽い感覚で電話で呼びだしては頻繁に移動手段として利用して現金で支払っていた。1999年10月には「食い倒れ旅行」と称して、大阪府でフグやカニなどの高級料理を食べた後にブランド品を買い漁り、大阪と名古屋の往復にタクシーを利用するありさまであった。そのため、少年Aの中学校近辺のタクシー運転手の間では少年Aらの豪遊ぶりはよく知られていた。また少年Aらは恐喝だけではなく、理由もなく鼻が骨折するほど殴ったり、タバコの火を押しつけるといった暴行・暴力行為も行っていた。 2000年2月に少年Xは少年Aに無理やり連れて行かれたスキー旅行(全員の旅行代金や旅先で...

    男性患者Yはいじめだけでなく恐喝をされていると確信する。少年Xは男性患者Yに暴行と恐喝のことを話し始めた。3月14日、男性患者Yの進言で少年Xと母親は愛知県警察に被害届を提出。同県警により捜査が進められていく中で事件の全容が明らかになった。4月5日に主犯の少年Aと少年Bと少年Cの3人が逮捕され、5月までに計15人の少年が逮捕された。8月末に名古屋家庭裁判所は少年15人の内、9人に中等少年院送致、残る6人に保護観察の保護処分を下した。 事件の解明が進むにつれ、少年Aは出入りしていた暴力団関係者から恐喝をされ、二重恐喝をされていたことが発覚した。また2000年2月頃、少年Aらは恐喝事件露見を恐れて、少年Xの殺害計画すら立てていたことも判明している。

    事件の舞台となった名古屋市立扇台中学校は、事件当時は生徒数1300人で市内で一番大きい学校であった。事件当時の中学校では生徒同士のトラブルが頻発していた。 事件発覚当初はマスコミの取材に対し、教頭は「入院したことは知っているが、いじめや暴行を受けてのものかは把握していない」と答えた。また校長は4月6日の記者会見の席で、「ちょっとわからない」「把握していない」を連発したが、少年Xへのいじめについてはなかったときっぱり答えた。しかし、学年主任は恐喝については修学旅行の一件でいじめに関して薄々気づいていたことを述べたものの、その後の指導については「きちんとやっていた」「精一杯やった」と述べるに留まった。 2000年6月13日、名古屋市教育委員会は、休職中の前校長(事件による過労のため入院中)が減俸、教頭に戒告の懲戒処分、教員4人と市教委事務局長らも文書訓告や口頭訓告となった。また被害届が出されて捜査が進む最中に2000年3月末に少年Xの元担任だった女性教諭が一身上の都合で退職している。

    少年院退院後、主犯格だった元少年Aと元少年Bは2006年2月13日に名古屋市のパチンコ店駐車場で約1200万円を強奪する事件を起こし、同年11月22日に逮捕された(逮捕時の2人の年齢は22歳)。2007年3月30日、名古屋地方裁判所は元少年Aに懲役7年6ヶ月、元少年Bに懲役5年6ヶ月の判決を下した。
    2009年6月23日号のSPA!には、二重恐喝をしていた主犯格の人物のインタビューが掲載された。
    中日新聞社会部編『ぼくは「奴隷」じゃない-中学生「5000万円恐喝事件」の闇』風媒社、2000年9月(日本語)。ISBN 4833110539。
    少年の両親『息子が、なぜ 名古屋五千万円恐喝事件 両親悔恨の手記』文藝春秋、2001年9月(日本語)。ISBN 4163577505。
  10. 木下富美子 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/木下富美子
    • 来歴
    • 無免許運転事故
    • 人物
    • 著書
    • 外部リンク

    生い立ち・学生時代

    愛知県名古屋市に生まれる。名古屋市立富士見台小学校、名古屋市立千種台中学校、名古屋市立向陽高等学校を経て、1985年東京外国語大学スペイン語学科入学と同時に上京。1年間休学し、アルバイトで貯めた資金で渡西。マドリードにてスペイン語・スペイン文化を学ぶ。通訳案内士(英語)の資格を取得。

    博報堂勤務時代

    1990年、株式会社博報堂入社。入社4年目から3年間香川県高松市に転勤。1999年、出産・育児に伴う休業を経て広報室に復帰。2003年に当時環境大臣であった小池百合子が手掛けた地球温暖化対策国民運動「クールビズ」キャンペーンに参画。地域ブランディングを専門とする「地ブランド」プロジェクトを立ち上げる。「みんなの力で未来を創る」に携わる。2012年〜14年内閣府男女共同参画局に出向。女性の活躍促進政策、ダイバーシティ政策の企画立案を担当。広報の責任者を務める。2015年〜17年内閣官房まち・ひと・しごと創生本部より派遣され、北海道江差町顧問(非常勤)となる。豊島区長主催のとしまF1会議出席がきっかけとなり、2015年、豊島区国際アート&カルチャー都市懇話会委員に就任。 2016年10月、小池百合子都知事が主宰する政治塾「希望の塾」が開講。同塾に入塾。

    都議会議員初当選

    2017年3月28日、都民ファーストの会は2017年東京都議会議員選挙の板橋区選挙区に下村博文の元秘書の平慶翔を擁立したと発表。さらに4月21日、木下を同選挙区の2人目の公認候補に決定した。同年7月2日に行われた都議選に同選挙区より立候補し、得票数(39,230票)1位にて初当選した(平も3位で当選)。同月23日、東京都議会議員就任。東京都議会都市整備委員会委員、東京都男女平等参画審議会委員、板橋区消防団運営委員会委員。 2018年9月、都民ファーストの会東京都議団副幹事長に就任。東京大学大学院都市工学専攻都市持続再生学コースに入学。同年10月より東京都議会厚生委員会委員に、東京都観光事業審議会委員として活動。2019年9月、都民ファーストの会東京都議団副政調会長に就任、東京都消費対策審議会委員として活動。2020年10月より東京都議会総務委員会委員、東京都動物愛護審議会委員、東京都中小企業対策審議会委員として活動。

    2021年東京都議選期間中の7月2日午前7時半ごろに板橋区高島平3丁目の「高島平二丁目交差点」で車をバックさせて衝突事故を起こしていたこと、免許停止期間中の無免許状態であったことが、投票翌日の7月5日に報道された。この事故により車を運転していた50代の男性と同乗者の妻が軽傷を負った。男性は7月下旬、TBSの取材に事故の詳細を証言。交差点内で右折の表示が出ても木下が進まなかったため、男性がクラクションを鳴らすと木下は勢いをつけてバックしてぶつけた。青信号になった途端、木下はスピードを出して直進。男性もまっすぐ追いかけ、200メートル先で木下の車をとめたという。警視庁はあて逃げの可能性も調べている。 木下はメディアの取材に「大きな事故ではまったくない」「2月ごろに免許停止になったが、事故当日は停止期間が終わったと勘違いをしていた」「選挙活動中で、選挙対策本部には(事故を起こしたことを)話したが、他には説明できていなかった」などのコメントを出した。これに対し、交通事故を専門の一つとする弁護士は新聞紙上で「免停期間中は免許証が取り上げられている状態のため、期間を勘違いしたという話はにわかに信じがたい」と指摘した。 同日午後、都民ファーストの会は木下を「当面の間、党員資格停止処分とする」と発表した。その後、「除名処分」とすることを決定。木下は産経新聞の取材に対し、「仕事をしていくことで期待に応えたい」として議員辞職はしない考えを示している。同年7月6日、板橋区役所で行われた当選証書付与式を無断欠席した。木下は前日の除名処分の決定に対して弁明をしなかったため、都民ファーストの会は同日付で木下を正式に除名した。同日、木下は、一人会派である「SDGs東京」を立ち上げた。小池はこれに対して7月9日の定例会見で「新しい会派を作るという出処進退の選択肢があることに私は大変驚いた」と述べた。 7月7日、小池は木下の問題について、報道陣の取材に「それは論外です。この後の対応の仕方についてもよく自分を律されることが重要だと思う」と述べた。同日、都民ファーストの会の荒木千陽代表は「出処進退についての熟考を求めたい」として、議員辞職を求める考えを示した。7月8日、木下は自身のホームぺージの各ページを取り下げ、謝罪文のテキストだけを掲載。「捜査中の案件なので、弁護士の助言を受けて、それが整理さ...

    働きながらシングルマザーで娘を育てている。
    趣味は食べ歩き、旅行、カラオケ、スキー。

    共著

    1. 『地ブランド 日本を救う地域ブランド論』弘文堂(2006年)博報堂地ブランドプロジェクト 編著 2. 『幸せの新しいものさし 一足先に次の豊かさを見つけた11人』PHP総研(2010年)博報堂大学幸せのものさし編集部著 3. 『未来につなげる地方創生 23の小さな自治体の戦略づくりから学ぶ』日経BP社(2016年)内閣府地方創生人材支援制度 派遣者編集チーム 編

    🌲木下ふみこ東京都議会議員/板橋区🌳 (@kinoshitafumiko) - Twitter- 2021年7月11日現在、非公開アカウント。
    木下ふみこ 都議会議員/板橋区 - Facebook[リンク切れ]
    「木下ふみこ」 の ふみこむ ! チャンネル 板橋区選出都議会議員 - YouTubeチャンネル
  1. 台中中古屋 相關
    廣告