Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 地蔵菩薩 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/地蔵菩薩

    地蔵菩薩(じぞうぼさつ)は、仏教の信仰対象である菩薩の一尊。 釈尊が入滅してから弥勒菩薩が成仏するまでの無仏時代の衆生を救済することを釈迦から委ねられたとされる [1]。 サンスクリット語では「クシティガルバ」(क ष त घर भ [Kṣitigarbha])という [2]。

    • 中国語:地藏菩薩( Dì Zàng Pú Sà)
    • 「クシティガルバ」, (क्षितिघर्भ Kṣitigarbha)
  2. 小椋佳 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/小椋佳
    • 来歴・人物
    • ラジオ番組
    • 備考
    • 関連項目
    • 外部リンク

    東京都下谷区東黒門町の出身。両親は飲食店を経営。 東京都立上野高等学校を卒業し、一浪で東京大学文科一類に入学。3年次に東京大学大学院法学政治学研究科・法学部へ進学。東大法学部在学中は東京大学法律相談所で旧司法試験の勉強を行う。東大法学部卒業後、日本勧業銀行(当時)入行[注 1]。銀行マンとして証券部証券企画次長、浜松支店長[注 2]、本店財務サービス部長などを歴任する傍らで音楽活動を行ってきた。またこの間、ノースウェスタン大学留学や、メリルリンチ証券派遣など、米国滞在を経験している。 1971年、歌手としてデビューした。当初は、フォークソングあるいはニューミュージックに分類されていたが、次第にジャンルを広げていった。 初コンサートは1976年10月7日NHKホール、2度目は1982年1月普門館[注 3]である。 1993年、銀行を退職すると、音楽活動の一方で母校の東京大学大学院法学政治学研究科・法学部に学士入学し、1995年に法学部第3類(政治コース)を卒業。さらに東京大学大学院人文社会系研究科・文学部思想文化学科とその大学院(人文社会系研究科の思想文化コース)でも学び、2000年に修士号を取得した(哲学専攻)。 他の歌手への提供曲も多く、1975年の「シクラメンのかほり」(歌:布施明)は第17回日本レコード大賞などを受賞した。その他、「俺たちの旅」・「時」・「俺たちの祭」(歌:中村雅俊)、「愛燦燦」(歌:美空ひばり)、「夢芝居」(歌:梅沢富美男)、「十六夜だより」(歌:三橋美智也)などがある。作詞のみを担当した曲としては「憧れ遊び」、「愛しき日々」、「遥かな轍」(作曲・歌:堀内孝雄)、「山河」(作曲:堀内孝雄、歌:五木ひろし)、「白い一日」(作曲・歌:井上陽水)がある。作曲のみを担当した曲では「匠」(歌:三橋美智也)がある。また、アニメーション『銀河英雄伝説』のエンディング曲、校歌・市歌・社歌なども数多く手掛けている。 浜松支店勤務の際、地元の要請に応えて「やら舞歌[注 4]」を作った。これはその後も浜松まつりなど浜松市のイベントで使われ続けている。第一勧銀浜松支店の担当取引先であった縁で、2005年には同市の菓子製造会社春華堂の「うなぎパイ」の広告曲「うなぎのじゅもん]]」を作っている。 芸名の「小椋」は、大学3年生の時に法律の勉強で福島県耶麻郡北塩原村の...

    2018年4月現在。 現在 1. 小椋佳の歌とともに - コメント出演(K-mix、金曜 20:00 - 20:30) 過去 1. 小椋佳~闌の季節 (文化放送、日曜 08:00-08:30) 2018年9月終了 2. 小椋佳 言葉ある風景(文化放送) 3. 小椋佳 夢中真っ最中(ニッポン放送) 4. ラジオ深夜便 ミッドナイトトーク(NHKラジオ第1放送・ラジオ深夜便、奇数月第1木曜日) 5. 小椋佳〜このひと このうた このドラマ(ニッポン放送)

    病気

    1. 2000年に胃癌で胃の3/4を切除。2012年には劇症肝炎で生死を彷徨った。もっとも病の後も1日2箱の煙草を欠かさず、また米留学以来常にコーラを愛飲し、1.5リットルのボトルが1日半でなくなるという。

    記録

    1. 『夢追い人』と『彷徨』の2枚は、オリコンTOP3に連続11週チャートイン[要出典]という、未だ破られていない最高記録を持つ。

    デビュー経緯

    1. 1966年、寺山修司がDJをしていたラジオ番組の「5分間なんでもコーナー」で自作の歌を歌う。これが縁で、寺山が企画していた天井桟敷のLP『初恋地獄篇』に歌手として参加。これを聴いた日本グラモフォン(後のポリドールレコード)の新人プロデューサー・多賀英典は、声のイメージから美少年だと思って会おうとしたところ、『初恋- 』の関係者から「やめた方がいいよ。彼は東大のエリート銀行員だし、なんと言っても歌手という感じじゃないし⋯」と断られたと回想している。

    言葉あるひととき - ウェイバックマシン(2019年3月26日アーカイブ分) - 小椋佳ファンサイト
    小椋佳 - NHK人物録
  3. 石清水八幡宮 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/エジソン記念碑
    • 概要
    • 祭神
    • 歴史
    • 境内
    • 摂末社
    • 祭事
    • 文化財
    • 登場作品
    • 備考
    • 現地情報

    平安時代前期に八幡宮総本社の宇佐神宮(大分県宇佐市)から勧請された神社で、京都盆地南西の男山(鳩ヶ峰、標高143メートル)山上に鎮座する。皇室からは遠国の宇佐神宮に代わり二所宗廟の1つとして崇敬されるとともに、京都の裏鬼門(南西)を守護する神社の代表格として鬼門(北東)の延暦寺とともに重要視された。武家からは特に源氏が源義家が当社で元服したこともあって武神として信仰し、源氏の広がりとともに壺井八幡宮・鶴岡八幡宮など、当社から各地に八幡宮が勧請された。 創建以来、当社は境内の護国寺と一体となる宮寺形式をとった。往時は多くの堂宇が所在し山麓も壮大であり、その様子は山麓の社殿である高良神社を八幡宮と勘違いしたという『徒然草』の話で知られる。その後、明治維新の神仏分離において仏式は排除された。仏式で行われていた放生会もまたその際に「石清水祭」と名を変えたが、現在も同祭は大祭として葵祭・春日祭とともに日本三大勅祭の1つに数えられる。 境内は国の史跡に指定されており、大きく分けて本宮のある山上の上院と、頓宮や高良神社のある山麓の下院とから成る。また、本社10棟の建物が国宝に指定されている。「やわたのはちまんさん」と呼ばれ親しまれている。

    祭神は次の3柱。3神は「八幡三所大神」「八幡大神」等と総称される。 1. 中御前:誉田別命 (ほんだわけのみこと) 1.1. 第15代応神天皇の本名。 2. 西御前:比咩大神 (ひめおおかみ) 2.1. 宗像三女神、すなわち多紀理毘売命(たぎりびめ)、市寸島姫命(いちきしまひめ)、多岐津比売命(たぎつひめ)の3柱を指す。 3. 東御前:息長帯姫命 (おきながたらしひめのみこと) 3.1. 神功皇后の本名。

    貞観元年(859年)に南都大安寺の僧行教(空海の弟子)が豊前国、宇佐神宮にて受けた「われ都近き男山の峯に移座して国家を鎮護せん」との神託により、翌貞観2年(860年)清和天皇が石清水寺(現・摂社石清水社)の境内に社殿を造営したのが創建とされる。「石清水」の社名は、男山に既に鎮座していた石清水寺から[要出典]とも、男山の中腹から湧き出ている"石清水"からともされる。また、元々男山の麓に鎮座していたのは和気氏の氏寺であった神願寺(和気清麻呂の墓があったと伝わる)であったが、空海ゆかりの高雄山寺を神護寺に改めて新たな氏寺にした際に元の神願寺に八幡神を勧請することで新たな位置付けを与えようとして行教や清和天皇の後見人である藤原良房に働きかけたとする説もあるが、神願寺の位置については諸説あるために現時点では可能性に留まる。 石清水八幡宮が創建されると薬師如来を本尊とする石清水寺はその神宮寺となり、貞観4年(862年)名称を護国寺と改めてより神仏習合の度合いを増していった。 天慶2年(939年)、伊勢神宮に次いで奉幣される地位を得る。皇室・朝廷からは、京都の南西の裏鬼門を守護する王城守護鎮護の神、王権・水運の神として篤く崇敬され、天皇・上皇・法皇などの行幸啓は250余を数える。 平安寺時代には神仏習合が進み、宮寺として「石清水八幡宮護国寺」と称するようになっていく。白河法皇によって天永2年(1111年)には真言宗形式の塔「大塔」が建立され、翌天永3年(1112年)には天台宗形式の塔「宝塔院宝塔(琴塔)」が建立されたとされている。 また、東寺(教王護国寺)・清水寺・比叡山延暦寺・仁和寺・鹿苑寺(金閣寺)・慈照寺(銀閣寺)・相国寺・大安寺など多くの寺院と深い関係を持った。 中世以降は勧請元の宇佐神宮に代わって、伊勢神宮と並び二所宗廟の1つに数えられる。また清和源氏の足利氏・徳川氏・今川氏・武田氏などの源氏諸氏族から氏神として崇敬されたため、武神・弓矢の神・必勝の神とされた。これら源氏によって、当社の分霊は源頼義による壺井八幡宮や頼義・頼朝による鎌倉の鶴岡八幡宮など、数多くの八幡宮に勧請された。また伊勢平氏も当社を重んじ、平正盛の造営の功や平清盛ら伊勢平氏の臨時祭での演舞が知られる。 慶長年間(1596年 - 1615年)には境内の建物が豊臣秀頼によって修復されたり、再建が行わ...

    上院(山上)

    社殿は「八幡造」と呼ばれる独特の構造である。楼門から奥へと舞殿・幣殿・本殿が続き、いずれも国宝に指定されている。また、社殿内には織田信長奉納の「黄金の樋」などを納める他、上院の周囲は信長奉納の土塀である「信長塀」が巡っている。 1. 上院社殿(国宝) 社殿は南面し、参道は斜めに接続。 2. 楼門(国宝) 3. 校倉(京都府指定文化財) 4. 南総門 5. 竈神殿 6. 上院参道の石灯籠群

    下院(山麓)

    山麓には主要社殿として頓宮が鎮座する。この頓宮は祭事における神輿の待機所で、他の神社での御旅所に相当する。頓宮脇に立つ五輪塔(通称・航海記念塔)は高さ6メートルの塔で、国の重要文化財に指定されている。 境内入り口に立つ一の鳥居は、八幡鳥居の形式である。銅製の額「八幡宮」は、一条天皇の勅により藤原行成が書いたものを松花堂昭乗が元和5年(1619年)に書写し、打ち出したものとされる。「八」の字は、向かい合った二羽の鳩が顔を外に向けた形に作られている。 1. 頓宮 2. 五輪塔(重要文化財) 3. 一の鳥居

    参道途中など

    1. 松花堂跡 - 国の史跡。江戸時代の草庵の跡。現在の松花堂は男山南方に移築。

    武内社 - (祭神:武内宿禰命) 他の摂末社は本宮周囲にあるが、武内社のみ本宮内にある。
    広田社
    生田社
    長田社

    石清水八幡宮で1年間に行われる祭事は次の通り。これらのうち9月15日の例祭は特に「石清水祭」と称され、葵祭・春日祭とともに日本三大勅祭の1つに数えられている。なお、この祭は神仏習合時代には「放生会」と称されていた。 1. 1月 1.1. 若水神事、歳旦祭 (1月1日) 1.2. 元始祭 (1月3日) 1.3. 厄除大祭 (1月15日-19日) 1.4. 青山祭 (1月18日) 2. 2月 2.1. 鬼やらい神事 (節分前日曜日) 2.2. 湯立神事 (2月1日・3日) 2.3. エジソン生誕祭 (2月11日) 2.4. 祈年祭 (2月17日) 2.5. 初卯祭 (旧暦2月初卯日) 3. 3月 3.1. 春季皇霊祭遥拝 (春分日) 3.2. 石清水灯燎華 (3月3日-5日 ) 4. 6月 4.1. 夏越大祓(水無月大祓、6月30日) 5. 9月 5.1. 石清水祭(9月15日) 5.2. 秋季皇霊祭遥拝 (秋分日) 6. 10月 6.1. 神嘗奉祝祭・神嘗祭遥拝 (10月17日) 7. 11月 7.1. 新嘗祭 (11月23日) 8. 12月 8.1. 年越大祓・除夜祭 (12月31日)

    国宝

    建造物 1. 石清水八幡宮本社 10棟 1.1. 本殿(内殿及び外殿) 1.2. 摂社武内社本殿 1.3. 瑞籬(門2所及び閼伽棚付属) 1.4. 幣殿及び舞殿 1.5. 楼門 1.6. 東門 1.7. 西門 1.8. 廻廊3棟(楼門東門間、楼門西門間、背面) 1.9. 附:棟札3枚

    重要文化財

    建造物 1. 石清水八幡宮 8棟 1.1. 摂社若宮社本殿 1.2. 摂社若宮殿社本殿 1.3. 摂社水若宮社本殿 1.4. 摂社住吉社本殿 1.5. 東総門 1.6. 西総門 1.7. 北総門 1.8. 摂社狩尾社本殿 - 本社西方の飛地境内に建つ。 2. 石清水八幡宮五輪塔 1基 美術工芸品 1. 石燈籠 - 鎌倉時代、永仁三年(1295年)銘 2. 木造童形神坐像 4躯 3. 石清水八幡宮護国寺略記 寛喜四年(1232年)法印宗清奥書 4. 類聚国史 巻第一、第五 5. 石清水八幡宮田中宗清願文 2巻 6. 石清水八幡宮文書 796巻、5幅、21帖、368冊、1,025通、10鋪、11顆 - 平安時代から江戸時代までの間、作成・継承 焼失した文化財 1. 1947年(昭和22年)2月12日に社務所の火災により、以下6件の旧国宝(現行法の重要文化財に相当)が焼失している。 1. 絹本著色八幡宮縁起 2巻 永享五年奥書 2. 絹本著色僧形八幡像 松花堂昭乗筆 附:漆塗箱 3. 木造男神坐像 4. 木造女神坐像 5. 太刀 銘助守作 6. 法華経 8巻 常子内親王筆 典拠:200...

    国の史跡

    1. 石清水八幡宮境内 2. 松花堂及びその跡

    『徒然草』 第52段「仁和寺にある法師」
    『今昔物語集』
    『源氏物語』 - 「玉鬘」帖で、夕顔の遺児玉鬘が八幡に参詣する。
    謡曲『弓八幡』
    正平7年(文和元年、1352年)、当社を舞台に南朝・北朝の合戦である「八幡の戦い」が起こった。
    応永35年(1428年)、室町幕府の6代将軍決定の際、当社でくじを引き足利義教が選ばれた(くじ引き将軍)。
    トーマス・エジソン、白熱電球の改良に際し当社境内の竹を使用したため、境内には記念碑があり、2月11日にはエジソン生誕祭も行われる。
    2013年(平成25年)の年間参拝者数は1,100,000人。

    所在地 1. 京都府八幡市八幡高坊30 交通アクセス 1. 下院まで 1.1. 最寄駅:京阪電鉄京阪本線 石清水八幡宮駅(徒歩約5分) 1.2. 駐車場:あり(有料) 2. 山上(上院)まで 2.1. 境内は男山の上にあるため、麓からの参拝にはケーブルまたは徒歩で登る必要がある。 2.1. 石清水八幡宮駅から 2.1.1. ケーブル:石清水八幡宮参道ケーブル ケーブル八幡宮山上駅下車 (徒歩約5分) 2.1.2. 徒歩:表参道(約20分)または裏参道(約15分)ほか 2.1. 男山山上に至るルートはこの他にも複数ある。 2.1. 駐車場:あり(無料) 2.1. 初詣期や例大祭などの混雑日以外は、乗用車で山上の本宮のすぐ下で駐車可能。 付属施設 1. 青雲寮、レストラン石翠亭、エジソン記念碑、鳩嶺茶園、青少年文化体育研修センター、楠峯館(宿泊)、鳩峯庵(茶室)、清峯殿(式場・会議室・宴会場)など。 周辺 1. 松花堂- 境内にあった草庵で、男山南方に移築。境内の跡とともに国の史跡に指定。 2. 正法寺- 当社の社家・志水氏の菩提寺。 3. 八角堂 - 鎌倉時代に阿弥陀仏を祀り「阿弥陀堂」とも呼ばれた。もとは三女神社の北西に所在。1870年(明治3年)現在地に移築。 4. 飛行神社

  4. 諏訪大社 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/諏訪大社

    諏訪大社(すわたいしゃ)は、長野県の諏訪湖周辺4か所にある神社。 式内社(名神大社)、信濃国 一宮。 旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。 神紋は「梶の葉」。 全国に約25,000社ある諏訪神社の総本社である。 旧称は諏訪神社。 ...