Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 中華民国鉄道文化協会 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 中華民國鐵道文化協會

    中華民国鉄道文化協会(繁体字中国語: 中華民國鐵道文化協會、英語: Railway Cultural Society, Taiwan /英略称:RCS)は台湾の内政部に正式登録された鉄道愛好者による鉄道研究を目的としたNGOかつNPO団体。 1995年に台北市で設立された。 現在は高雄市 鼓山区(元 ...

  2. 台湾独立運動 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 台湾独立派
    • 運動の区分
    • 中華民国による統治以前の台湾独立運動
    • 民主化以後の台湾独立運動
    • 既に台湾(中華民国)は独立国家とする考え
    • 非現実的とする批判
    • 中国民主活動家との関係
    • 台湾独立運動を展開した代表的な人物
    • 関連項目

    台湾独立運動の起源は、日清戦争後の日本による台湾出兵(牡丹社事件に関する台湾出兵とは別)にまでさかのぼる。しかし、この時に宣言された「台湾民主国独立宣言」(後述)は、真に台湾を独立させることを意図したというよりは、台湾を日本へ渡さないための清朝側の工作という側面が強かった。 日本統治時代の台湾独立運動にも、大きな盛り上がりは見られず、大日本帝国の一植民地としての自治権強化の運動や、大日本帝国憲法を台湾にも施行して日本内地の住民並に参政権を獲得する運動などが主流となった(参政権は属地主義だったので、戦前は日本内地在住の台湾人にのみ選挙・被選挙権があった)。 1945年の日本敗戦後も台湾独立運動は起こらず、中華民国への「祖国復帰」を多くの台湾人が大きな抵抗もなく受け入れたが、実際に中華民国による統治が始まると、台湾人の多くは腐敗した国民政府に失望し、台湾人と「中国人」の違いを次第に自覚するようになった。戦後の台湾独立運動は、このような出発点に立ち、中華民国体制を克服し、大陸の中華人民共和国による支配をも拒絶する運動、即ち「中国人」ではなく「台湾人」として生きるための運動として展開されている。 国民党時代に中華民国体制を否定しない現状の独立状態の存続、中国統一のみを否定する思想も出てきた。 現在の台湾独立派の最も有力な理論は2つあり、「台湾は日本が敗戦によって台湾を放棄した時点で国際法上の独立を果たしており(中華民国が台湾を領有するという国際条約は存在しない)、戦後の台湾には台湾共和国と亡命中華民国が並存しているとしている」「既に台湾は独立国家であり中華民国である」というものである。そして、その上で中華民国の政治体制を変革することを目標としている。この運動は、泛緑連盟によって支持されているが、一方で中華民国による中国統一を志す泛藍連盟による強い反発を受けている。 台湾政府が中華民国体制からの正式な独立宣言をした場合、「一つの中国」を主張してきた中華人民共和国は台湾を回収する根拠を失うため、同国は「武力解放」を明言して台湾への圧力を続けている。アメリカや日本は、大規模な戦乱を恐れ、「台湾独立」に慎重な立場を取っているが、これらの国々の政府や民間に親台湾派が存在する。

    この時代の台湾独立運動について、まず特筆されるべきことは、日清戦争後の下関条約で日本が清国から台湾を割譲された際、台湾が「台湾民主国」として一応の独立を宣言していることである(黄昭堂:『台湾民主国の研究―台湾独立運動史の一断章』東京大学出版会。1970年)。しかし、この政権は大陸から派遣されていた清朝の官僚や清国軍、清国の科挙試験に合格したごく一部の台湾人特権階級を中心としたものであったため、短期間で解体、崩壊した。日本軍の台湾上陸の報を聞いた清朝の官僚は直ちに外国船で大陸へ逃亡し、清国兵は台北で台湾人への略奪を始めている。台湾人の有産階級は、独立どころか日本軍に救援を依頼し、進軍の手引きまでしている。 1920年代、日本共産党の指導の下にあった台湾共産党は、コミンテルンの指示を受け、「日本帝国主義」からの独立を目指したが、大きな広がりを持つには至らなかった(この時期の台湾独立運動の代表人物としては、謝雪紅などが上げられる)。また、中国共産党は、台湾共産党の主張する社会主義的理念に基づく台湾独立を認めず、彼らの多くを追放したため、台湾共産党の主導による独立運動も終焉を迎えた。

    中華民国の民主化により、急進的な台湾独立運動は進歩的知識人を除けば衰退した。 象徴的なこととしては独立派であった李登輝が中華民国総統に就任した事が中華民国の統治システムの追認であり台湾が中華民国から独立するという目的が事実上消滅した。 民主進歩党は、1999年に台湾前途決議文を採択し、党綱領にある台湾独立を棚上げした。これは、2000年総統選挙に向けて、党内最大派閥の新潮流と穏健派が妥協した結果であった。同選挙で勝利し、陳水扁政権が成立するとアメリカの意向を汲み、「四つのノー、一つのない」を唱えた。そのため、民進党と従来の台湾独立派との間には、亀裂が生じた。 李登輝は、かつての国民党李登輝派である台湾本土派の一部に台湾団結連盟(台聯)を結党させ、自らはその精神的指導者となった。台聯は綱領において、台湾新憲法の制定と、国号を台湾にすることをうたっている。当初、台聯は民進党を支援する目的で結成された。しかし、中国国民党の台湾本土派を十分に取り込むことが出来ず、固定的な支持基盤を獲得できなかった。そこで、急進的な独立派路線により、民進党と独立派に近い(深緑)支持者の票を奪い合うことになった。そのため、民進党と台聯の間で、独立的な主張を競い合うという循環に陥り、中間票を取りこぼす結果も生まれている。 一方、本来の台湾独立派は、陳水扁政権において総統府国策顧問や資政(上級顧問)に就任するものも現れた。しかし、顧問職の者も含めて、陳政権とは一線を画している。むしろ、台湾正名運動を推進し、最終的には陳政権が放棄した国号改称も行うよう求めた。また、現行憲法を廃止し、台湾新憲法の制定も求めている。 その他、政治体制についても、五院体制から三権分立への変更を求める者もいる。対中国政策については、台聯や台湾独立派は、経済交流(貿易、投資、人的交流)規制の継続と強化を求めている。 2008年、国民党の馬英九政権となり、中国に急接近する政策を取ると、反発する反政権デモが独立派によりたびたび発生するに至った。2008年8月には台北市内で主催者発表で30万人のデモが行われ、総統府前を埋め尽くした。2009年5月には主催者発表で台北で60万人、高雄で20万人が「(馬英九政権の)中国傾斜に反対し、台湾を守ろう」とのスローガンを掲げ、大規模な抗議活動を行った。 2014年には孫文の像を引き倒す事...

    台湾は中華人民共和国と無関係の島国であり一つの中国を否定する天然独と呼ばれる考え方がある。民主化後に台湾で生まれ育った若い世代によく見られる。しかし、中華民国の一部であるかどうかは個人の捉え方が大きい。台湾独立派の中には、天然独は敗北主義だとする考えもある。 特に中華人民共和国に現状の中華民国の独立状態を認めさせる考えは華獨と呼ばれる。

    台湾独立の現実性については疑問や批判もある。 中国国民党の女性市議会議員である徐巧芯は女性も兵役につくべきであると提案、それに対し兵役でなく代替システムで徴兵を終えた桃園市の市議会議員である王浩宇が「自分はそれを望まない」と発言した。ネットでは「愛国心がない、兵士になってはどうだ」と批判の声が上がった。民進党の元立法院議員林濁水は「国民党は徴兵に賛成しているが台湾独立を掲げる民進党は反対した、台湾を守りたいのはどちらなのか」と嘆いた。聯合新聞は「台湾独立派はご都合主義の打嘴炮であり兵士にならないのならどうやって中華人民共和国と独立戦争を戦うのか、アメリカが助けてくれると思っているのか、中華民国軍も弱くはないが人民解放軍は訓練された軍隊だ、一体誰が尖兵となるのだ。王のような独立派は中国共産党をコケにすることで中国人意識を持っているNanaを批判するが現実に防衛することを考えるとパニックになるが頼りになるのか疑問である。陳水扁と馬英九の台中接近政策により中国に幻想を抱き独立は空から降ってくるように自然に手に入ると考えるような世代が生まれた」と批判した。 軍事面での不安としては消耗品や部品の費用を軍人が自腹を切っているケースが起こっておりそれが原因の自殺も起きた。兵器の整備も行き届いておらず政治家に忖度をする将校の増加から腐敗が進行している、アメリカから最新鋭の兵器を購入するがそれはポーズでありまともに維持できないと元軍人が批判している。

    天安門事件で亡命した王丹など、中国民主化の活動家も当初は、台湾独立に否定的だったが、その後は「台湾のために戦う」という意識が低く「叫ぶだけでは『台湾独立』は不可能。歴史上、生命の対価を支払わずに独立した民族はない」というなど発言に変化がみられる。 ノーベル平和賞受賞者の劉暁波は著書「統一就是奴役...劉曉波論臺灣、香港及西藏 」にて、大一統と中国民主化は両立できず、台湾、香港、チベットを独立させるべき主張した。

    香港を拠点として活動した人物

    1. 廖文奎(1905年 - 1952年) : 第二次世界大戦後の早期に台湾民族主義思想の理論を築き上げた運動家。1950年代に「台湾再解放連盟」が発表した『福爾摩沙發言(Formosa Speaks)』の著者。 2. 廖文毅 : 第二次大戦後の最初期に活動した運動家。1948年に香港で「台湾再解放連盟」を成立させ、後に日本へ渡る。 3. 謝雪紅 : 「台湾再解放連盟」の創始者の一員。二二八事件後に台湾から逃れてきた。

    日本を拠点として活動した人物

    1. 廖文毅 : 第二次世界大戦後の最初期に活動した運動家。1956年に東京で台湾共和国臨時政府を樹立させ、初代大統領に就任。後に国民党政府へ「投降」。 2. 陳智雄 : 元台湾共和国臨時政府の東南アジア巡回大使。自己の政治信念を貫いたがために、1963年に国民党政府によって銃殺される。そこから、「少しも死を恐れない台湾独立の勇士(視死如歸的台獨勇士)」と称される。 3. 辜寛敏: 日本における台独運動の重要な指導者。『台湾春秋』、『黒白新聞週刊』などの雑誌を創設し、台湾青年会の委員長を歴任。中華民国総統府で資政。 4. 郭栄桔 : 日本における台独運動の指導者であり、事業に成功した企業家。世界台湾同郷会連合会の元首任会長。 5. 侯栄邦 : 日本における台独運動の指導者。台湾独立建国連盟(台独連)日本本部中央委員を歴任。 6. 黄文雄 (評論家) : 台独連日本本部委員長。日本に滞在する有名な台湾人作家であり、中国史に関する著作などを日本語で40冊以上執筆。その印税のほとんどは台独連へ献金されている。 7. 黄昭堂 : 台独連総本部主席。昭和大学名誉教授。1960年代から日本に...

    北アメリカを拠点として活動した人物

    1. 蔡同栄 2. 張燦鍙 3. 鄭自財 4. 黄文雄 (政治家) 5. 郭倍宏 6. 荘秋雄

  3. 野球場 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › キャッチャーボックス

    野球場を作るためには、次の要領で正方形を描き、その一辺を90フィート(27.431メートル)としなければならない。 正方形のそれぞれの頂点には目印となる塁を置く。 このうちの一点は本塁と呼び、五角形のゴム板を置く。 正方形を描くためにはまず本塁を置く位置を ...

  4. 員林市 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 員林鎮
    • 歴史
    • 教育
    • 観光

    員林地区の開発は清代の康熙中期に遡ることができる。1683年(康熙22年)、水師提督施琅,陸軍提督万正が台湾を攻撃、鄭氏政権を降伏させると、員林は福建省分巡台廈道臺湾府諸羅県に帰属した。康熙年間には施世榜により厝圳が、黄仕郷で十五庄圳が整備されると、福建省漳州府平和県の曹阿慈、広東嘉應州鎮平県の詹志道、劉延魁、呉三霖、広東潮州府饒平県の黄可九、黄実賢、盧剛直、張應和、張文敞、張剛直、広東恵州府陸豊県の梁文開、梁文挙兄弟などがこの地の開拓に携わった。 1740年(乾隆5年)、燕霧保が設けられ垓台、秀水、佳錫、員林仔、鎮平、内湾、白沙坑の7庄を管轄するようになる。燕霧保の街区が員林仔街である。 下関条約により日本による統治が開始された台湾では行政区の改編が続き、1920年には台中州員林郡員林街と改編された。戦後は台中県員林区員林鎮となり、1950年に彰化縣員林鎮と改称され現在に至っている。2015年8月8日に県轄市に昇格。

    科技学院

    1. 中州科技大学

    高級中学

    1. 国立員林高級中学

    高級職校

    1. 国立員林高級農工職業学校 2. 国立崇実高級工業職業学校 3. 国立員林高級家商職業学校 4. 私立大慶高級商工職業学校

    歴史的建造物

    1. 江九合済陽堂 2. 游氏宗祠 3. 曹家開台祖塋 4. 張氏追遠堂 5. 員林駅の穀物用鉄道倉庫(中国語)

  5. 陳其邁 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 陳其邁
    • 人物
    • 政治キャリア
    • 家庭
    • 著書
    • 関連項目
    • 外部リンク

    学歴

    1. 高雄市私立道明高級中学 2. 高雄市立高雄高級中学(中国語版) 3. 中山医学大学医学部学士 4. 国立台湾大学公共衛生研究所預防医学碩士 学生時代には父の影響もあり、三月学運に参加していた。台大ではのちに中華民国副総統となる陳建仁の門下生として公衆衛生分野も修めた。長庚医院(中国語版)(内科[注 1])での勤務を経て、その後政界に進出。

    党職員、立法委員(第3-5期)を経て、2005年に当時の高雄市長謝長廷が行政院長へ転身したことに伴い代理市長(直轄市では当時最年少)となり、第55回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(芸術貢献賞)を受賞した台湾映画の『西瓜(原題:天邊一朵雲)』について、舞台となった高雄の知名度を飛躍させたとして、監督の蔡明亮に報奨金1,000万ニュー台湾ドルを授与している。同年8月に発生した高雄捷運建設事業現場での外国人労働者の暴動(zh:高雄捷運泰勞抗暴事件)で引責辞任。ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス客員研究員(2005-2006)を経て、再度立法委員(第8、9期)を務める。

    父の陳哲男(中国語版)も立法委員などを務めた政治家。マレーシア系華僑の家系の夫人は其邁と同じ大学出身の産婦人科医で、高雄長庚医院での勤務を経て高雄市内で開業医。夫人との間に一男一女をもうけた。 第14代総統の蔡英文とともに猫好きで知られ、2018年の市長選挙で敗れて落胆する支持者に感謝と慰労の動画メッセージを配信中に飼い猫の小米(シャオミー、野良猫だったが陳が保護)が乱入し、視聴者の注目を浴びた。動画は累計55万人に視聴された。

    1995年 - 『新黨震盪』(廖雨辰との共著、ISBN 9579243018)
    1995年 - 『台灣陣痛-急診台灣公共政策』(ISBN 9786666243876)
    正常国家促進会(中国語版)
    葉菊蘭 - 民進党系の元交通部部長、元行政院副院長、元高雄市代理市長
    認識行政院>副院長 - ウェイバックマシン(2020年5月28日アーカイブ分)
    陳其邁 - Facebook (繁体字中国語)
    陳其邁潛水日記 - Facebook (繁体字中国語)
    陳其邁 (chenchimai) - Instagram (繁体字中国語)
  6. 統一ライオンズ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 統一セブンイレブン
    • 略歴
    • チーム成績・記録
    • 歴代監督
    • 日本のプロ野球との関係
    • マスコットキャラクター
    • 関連項目
    1989年 - 統一棒球隊設立。
    1990年 - 中華職業棒球聯盟へ加盟し、統一ライオンズに改称。
    1995年 - 前後期優勝を果たし、2度目の年間王者になる。11月のアジア・パシフィックスーパーベースボールで、台湾のプロ野球チームとして初の国際大会優勝を成し遂げる。
    リーグ優勝 14回(1991年後期、1993年後期、1995年前期、1995年後期、1996年前期、2000年後期、2001年前期、2004年前期、2008年前期、2009年前期、2011前期、2012前期、2013年後期、2020年後期)
    年間王者 10回(1991年、1995年、1996年、2000年、2007年、2008年、2009年、2011年、2013年、2020年)
    最多連勝 17連勝(2006年5月19日から同年6月23日まで)
    9回で終了した試合の最長時間 4時間52分(2007年4月5日対兄弟) - 当時の世界記録とされる
    林家祥(1997年 - 1998年) - 1998年は井上修が7試合代理監督
    曾智偵(1999年 - 2002年) - 2000年は竹之内雅史が10試合代理監督

    中日ドラゴンズと業務提携を結んでいる。1995年に福岡ドームで開催されたアジア・パシフィックスーパーベースボールに出場し、福岡ダイエーホークスを1対0で下した。 日本の球団に在籍したことのある主な選手・コーチ コーチ 1. 郭泰源 2. 大石弥太郎 3. 堀本律雄 4. 引地信之 5. 井上修 6. 中本茂樹 7. 小野和幸 8. 元田昌義 9. 原伸次 10. 町田行彦 11. 竹之内雅史 12. 大橋穰 13. 酒井光次郎 14. 紀藤真琴 15. 中島輝士 16. 一色優 17. 立石充男 18. 山森雅文(直前に就任辞退) 19. 西口文也(臨時コーチ) 20. カルメロ・マルティネス(卡麥隆) 選手 1. 郭源治 2. 曹竣揚 3. 陳文賓 4. 黄志龍 5. 石川雅実 6. 成本年秀 7. 松永幸男 8. 金森隆浩 9. 鎌田祐哉 10. 知念広弥 11. 吉見宏明 12. 松井隆昌 13. 細見和史(入団テスト受験) 14. 石丸泰輔(練習生) 15. 小林陽光(練習生) 16. ホセ・ヌーニェス(王漢) 17. カルロス・リベラ(李維) 18. ホセ・パーラ(保樂) 19. フェルナンド・デラクルーズ(賀南多) 20. レイモンド・ヤング(楊格) 21. ドナルド・レモン(雷猛) 22. ルー・ポート(波特) 23. ジャンカルロ・アルバラード(艾瓦多) 24. クリストファー・ギッセル(克里斯) 25. ネリオ・ロドリゲス(恩洛德) 26. ケニー・レイボーン(雷鵬) 27. ライアン・グリン(格林) 28. エウロ・デラクルス(馬丁尼茲) 29. ジョン・レスター(強納森) 30. ビル・マーフィー(畢爾) 31. アマウリ・リーバス(李韋斯) 32. ワーナー・マドリガル(華納) 33. ジャスティン・トーマス(賈斯汀) 34. ダグ・マシス(馬力斯) 35. アルフレッド・フィガロ(福瑞多) 36. アンディ・バンヘッケン(安狄) 37. ドン・ローチ(洛奇) 38. スコット・ブレット(布雷特) 39. ブライアン・ネルソン(尼爾森) 40. ボイ・ロドリゲス(羅得) 41. ホセ・カスティーヨ(卡斯提) 42. エバン・マクレーン(麥克萊恩、1軍出場なし) 43. ルイス・ゴンザレス(路易士、過去のドーピングにより契約破棄) 44....

  7. 林佳龍 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 林佳龍
    • 学歴
    • 政治経歴
    • 逸話・エピソード
    • 日本との関係
    • 2005年台中市長選挙
    • 2014年台中市長選選挙
    • 著書一覧
    • 関連図書
    • 関連項目
    • 外部リンク
    台北市立南門国民小学
    台北市立南門国民中学(中国語版)
    国立台湾大学政治学部研究所学士、碩士

    中央政府

    1. 2000年 - 国家安全会議諮問委員(中国語: 諮詢委員)に就任、重要業務のほか民進党政府組織や両岸超党派小部会での組織業務に従事、また、台日米の対話プラットフォーム構築に尽力した。台湾で最初のシンクタンクとなる台湾智庫の共同設立者となり、民進党の執政やその後の省庁再編(zh:行政院功能業務與組織調整)に協力。 2. 2003年 - 行政院報道官就任 3. 2004年 - 行政院新聞局局長就任 4. 2019年 - 交通部長(北廻線太魯閣号脱線事故を受けて2021年4月20日付で辞任)

    第八期立法委員

    公民監督国会聯盟(中国語版)の議員評価では第八期任期中の教育・文化委員会で第一会期、第二会期のトップ、第三会期、第四会期では最優秀立法委員に選ばれた。また本会議出席は第4会期まででトップの出席率、第5会期までは無欠席だった。

    3月学運発起人として、2014年のひまわり学生運動も側面支援していた。
    時代力量洪慈庸とは洪仲丘事件で立法委員として真相究明に協力して以来良好な関係を築いており、林の市長選・洪の立法委員選挙で互いに選挙協力したほか。元自由時報記者で林の広報担当を経て台中市新聞局長を務めていた卓冠廷(中国語版)が洪と結婚することとなり、式典にも参列した。
    2015年、教科書改訂反対運動では中高生を擁護しつつも冷静な行動を呼びかけていたが、8月3日の市議会の答弁で生徒たちを「屁孩(Pìhái、腕白な子供の意)」と表現しようとして原稿と異なる「屁眼(Pìyǎn、肛門の意味)」と言い間違えてしまい、取材陣が騒然となった。
    他の民進党系政治家と同じく、日本統治時代については全肯定も全否定もせず、古蹟の再活用や保存には積極的である。
    留学後の研究員、立法委員、台中市の首長と肩書が変遷しつつも度々訪日し、親台派国会議員(岸信夫)や首長(小池百合子)との会談も多い。
    市内の烏日国民小学卒業生と日本統治時代の当時教員だった熊本県在住の日本人女性をインターネットビデオ通話での再会に市が協力しており、地震発生後も市職員が行った当該女性の安否確認とともに被災地への哀悼文をフェイスブックで公表、その後自身の所得1ヶ月分を被災地に寄贈することも表明した
    「日本統治時代の建設計画が台中市の輝かしい1ページを開いた」と発言し、国民党系議員が「田中佳龍」に改名すべきと皮肉った。

    2005年当時の民進党は陳水扁政権2期目での汚職や権力闘争で党勢が失速しており、有力な候補者を立てられずに林を擁立。敗色濃厚で大敗だったが、半ば敗戦処理とも言える役割を引き受けた林はその後も翌年から約1年半、党中央本部の秘書長に就任しつつも、台中を去らずに地盤としていった

    2013年4月、林はいち早く翌年市長選挙の参戦を表明2014年2月、民進党は林を正式に市長選公認候補とし、選挙期間中は立法委員の職務を離脱した 11月29日、林は現職の胡志強を21万票の大差で破り第2代台中市長に当選。2005年の敗北から10年で雪辱を果たした。

    学術論文

    1. 1988年:《國民黨與民進黨的群眾基礎:台灣選民政黨支持的比較分析(1983-88)》、国立台湾大学政治学研究所碩士論文 2. 1998年:(英語)《Paths to Democracy: Taiwan in Comparative Perspectives》、Ph.D. dissertation(博士論文),Yale University(イェール大学)

    研究報告

    1. 1998年:《民主化與憲政變遷:台灣經驗的國際比較第二期研究報告》行政院国家科学委員会発行。朱雲漢(中国語版)との共同 2. 1999年:《民主化與憲政變遷:台灣經驗的國際比較第三期研究報告》行政院国家科学委員会発行 - 朱雲漢との共同

    著書

    1. 2003年:《未來中國:退化的極權主義》、時報文化(中国語版)、ISBN 9571340162 2. 2005年:《做對的事,把事做對》、圓神、ISBN 9861331069 3. 2007年:《民主到底:公投民主在台灣》、台湾智庫発行、ISBN 9789868336711 4. 2009年:《公投與民主:台灣與世界的對話》台灣智庫,2009、ISBN 9789868336780 5. 2010年:《城市夢想家:從「台中學」看後五都時代的城市願景》、幸福緑光、ISBN 9789868523623 6. 2013年:《打破悶經濟:新區域主義的動力學》、ISBN 9789868994669 7. 2014年:《佳龍帶你遊台中》、遠景出版社、ISBN 9789573909194 8. 2014年:《城市行動派》、遠景出版社、ISBN 9789573909415

    《熱情的起點:林佳龍影像側記》文以崴/文字、陳建仲/撮影、秀威資訊
    《鏡頭外的林佳龍》文以崴/文字、陳建仲/撮影、釀出版
    《滴水穿石:林佳龍的台中故事》郭正亮(中国語版)、遠景出版社
    正常国家促進会(中国語版)
    頼清徳 - 民進党系の元台南市長、行政院長
    林佳龍 - Facebook (繁体字中国語)
    林佳龍Lin, Chia-lung (@chia_lung) - Twitter
    林佳龍Lin, Chia-lung (dragonforpeople) - Instagram
  8. 2012年のアジアウインターベースボールリーグ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 2012年のアジアウインター

    2012年のアジアウインターベースボールリーグ(Asia Winter Baseball League 2012、AWB)は、2012年 11月24日から12月22日にかけて中華民国(台湾)で初めて開催された野球のウィンターリーグである。 [1]。 中国語(繁体字)で2012亞洲冬季棒球聯盟と表記される。

  9. 國學院大學硬式野球部 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 國學院大學硬式野球部
    • 歴史
    • 記録
    • 外部リンク

    1920年(大正9年)に前身の運動部から正式に野球部として発足した。1925年(大正14年)には専修大学、日本大学、東洋大学、東京商科大学(現一橋大学)、宗教大学(現大正大学)と共に東京新大学野球連盟を結成。國學院大學は同リーグ初の優勝校となる。 翌1926年(大正15年)に新大学野球リーグ加盟校で専修大、宗教大、東京商科大が脱退し、新たに東京農業大学、上智大学、東大農学部、青山学院、高千穂高等商業、早大高等師範部、東京高等工芸が加わり、東京新十大学野球連盟に改組したが、前年に続いて國學院大學が優勝する。その後、同リーグは加盟校間でのトラブルも多く自然消滅に近い形で解散してしまった。1929年(昭和4年)には野球部約20名が、当時では珍しい満州・朝鮮への海外遠征を行う。そんな中、日本大学等と東京六大学野球連盟へ加盟申請を度々行っていたが、加盟は認められることはなくやむなく新たに連盟を創設することとなった。そこで國學院大學は専修大学、日本大学と共に、六大学野球連盟に加盟していた東京帝国大学と法典論争をしていた[要出典]中央大学と、農学に関する価値観から対立していた東京農業大学を誘い、1931年(昭和6年) に五大学野球連盟(現東都大学野球連盟)を創立した。1931年(昭和6年)秋季リーグ戦において、國學院大學と日本大学は6試合6勝0敗勝ち点3で並び、両校同率で優勝預かりとなる。1935年(昭和10年)に東京商科大学を迎え入れ、新たに東都大学野球連盟を創立。これを切っ掛けとして太平洋戦争激化によるリーグ戦中断までに新規加盟校が相次いだ。太平洋戦争終戦後再開された1946年(昭和21年)春季リーグ戦で國學院は最下位となり、導入されたばかりの、1949年(昭和24年)入れ替え戦にも敗れ、いきなり二部降格となる。以降、國學院は低迷期に入り、長きにわたり東都二部が主戦場となった。 1959年(昭和34年)秋季に再び一部に復帰すると、1960年(昭和35年)春季には、OBでプロ野球の在籍経験を持つ塩瀬盛道監督のもと、一部リーグ3位となる。秋季には、やはり大学OBでプロ通算1439安打の記録を持つ大沢清が監督に就任するも最下位となり、同時に二部降格。大沢は、1976年(昭和51年)秋季まで16年の長きにわたりチームを率いたが、1964年(昭和39年)秋季を最後に一部から遠ざか...

    チーム記録

    東都大学野球リーグ 1. 1部リーグ優勝2回(2010秋、2021春) 加えて、優勝預かり1回(1931秋) 2. 2部リーグ優勝14回 全日本大学野球選手権大会 1. 出場1回(2021年) 明治神宮野球大会 1. 出場1回(2010年)

    個人記録

    首位打者 1. 牧野驩一:1932春 .367 2. 木村頌一:1933春 .375 3. 田渕雄飛:2010秋 .389 4. 山﨑剛: 2015春 .400 最優秀選手 1. 渡邉貴美男:2010秋 永久欠番 1. 38:三笠宮彬子女王:2016年9月21日、東都大学野球一部リーグ公式戦の始球式を務め、その際に着用したユニフォームの背番号「38」(宮(ミヤ)家にちなむ)が永久欠番となった。

    國學院大學硬式野球部 (@kokugakuinbbc) - Twitter
    國學院大學硬式野球部 - Facebook
    國學院大學硬式野球部 (kokugakudai) - Instagram
  10. Portal:アジア/新着項目/過去ログ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › Portal:アジア

    11/07 - 高雄市輪船、台中国家歌劇院 11/03 - 白色テロ (台湾)、2345.com 11/02 - 梁国雄、施俊吉 11/01 - ビコリム 10/31 - 小粉紅 10/28 - ダンバダルジャー・バッチジャルガル 10/19 - 旧台南地方法院 10/16 - 湯徳章紀念公園 10/15 - 新竹州庁 10/14 - 台中市 ...

  11. 其他人也搜尋了
  1. 台中疫苗施打 相關
    廣告