Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 約 387,000,000 項搜尋結果

  1. 台湾南部地震 (たいわんなんぶじしん)は、 2016年 2月6日 午前3時57分( UTC+8 )に 中華民国 ( 台湾 )南部の 高雄市 を 震央 として発生した マグニチュード (M)6.6の 地震 である [12] [11] 。 震央から 高雄美濃地震 、被害の大きい地域から 台南地震 、発震日時から 206大地震 とも呼称された。 概要[ 編集] 2016年2月6日午前3時57分26.1秒に台湾南部の 高雄市 美濃区 ( 屏東市 の北約27.1kmの地点)を震央として発生した地震で、震源の深さは14.6km。

  2. 屋内「サンシャイン60展望台」 建物内60階に位置し、高さ226.3メートル 海抜 高269.8メートルと高層ビル屋内 展望台 地上高は都内一で、 東京タワー特別展望台 の地上高223.55メートルより高く、 東京スカイツリー 展望台竣工以前はタワー展望台を含めて都内一の地上高であった。

    • 1973年-1978年
    • 1978年4月6日
    • 省令と告示
    • 検査の種類
    • 検査期限の延長
    • Jr東日本の新保全体系
    • Jr東日本のモニタリング保全体系
    • Jr西日本の検査体系
    • 参考文献
    • 関連項目

    日本の鉄道車両検査の法的な背景について以下に説明する。国土交通省の「鉄道に関する技術上の基準を定める省令」(平成十三年十二月二十五日国土交通省令第百五十一号)の第89条及び第90条では次のように定められている。 さらに上記の省令と同時に告示の「施設及び車両の定期検査に関する告示」(国土交通省告示第千七百八十六号)が通達され、告示第5条で車両の検査項目や間隔などの大筋の内容が定められている。これらの省令と告示に従い、各鉄道事業者が鉄道車両の検査の詳細で具体的な内容を定め、国へ届け出ることになっている。 2002年(平成14年)以前までは「鉄道車両運転規則」「新幹線運転規則」などの省令に従って検査が定められていた。これらの旧省令では、「仕様規定」と呼ばれるような車両の使用実態とは無関係に検査内容...

    国土交通省告示「施設及び車両の定期検査に関する告示」では、 1. 状態・機能検査:車両の状態及び機能についての定期検査 2. 重要部検査:車両の動力発生装置、走行装置、ブレーキ装置その他の重要な装置の主要部分についての定期検査 3. 全般検査:車両全般についての定期検査 以上の3つが検査の種類として定められている。さらに、新幹線、新幹線以外の電車、貨車、内燃機関車などのような鉄道車両の種類別に、これら3つの検査における検査周期を定めている。JR東日本の新保全体系のように大きく異なるものもあるが、大部分の鉄道事業者はこれら3つを満たす形で検査を定めている。 重要部検査や全般検査に関しては多くが工場で実施されるため、車両の改造工事[注釈 1]と同時に行われることもある。また車両を廃車とする場合は...

    国土交通省の告示では第5条において最大検査周期(検査期限)が定められているが、第6条の特例において、使用を休止した上で強度や機能の低下を防止する処置を行った車両に限り、以下の期間を限度に期限を延長できるものとしている。 1. 状態・機能検査:2か月(蒸気機関車は40日) 2. 重要部検査:2年(蒸気機関車は1年) 3. 全般検査:4年 なお、使用を休止している間にこの期限を過ぎた場合には検査切れとなり、運用に戻る場合はその前に検査を実施する必要が生じる。また、第6条では、使用を休止している車両や、特別の事由により検査を行うことができない車両も、それらの事由が終了するまで検査を延期できるとしている。

    東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)では近年の車両の技術向上を反映した「メンテナンスフリー」を図れる車両が開発されたことで、新しい検査体系の構築について検討を進めてきており、国土交通省に対して新しい検査体系の運用について制定できるよう技術基準の改定について提案をしてきた。 これを受け、2002年3月に施行された「鉄道に関する技術上の基準を定める省令」において、新しい技術の導入による耐磨耗性や耐久性に優れ、これが定められた機能以上に確保される車両の部位は、鉄道事業者自身が客観的に安全性を証明することができれば独自の検査体系を導入することが可能となった。これを受け、JR東日本では2002年4月1日から209系以降の新系列電車を対象に新保全体系(しんほぜんたいけい)を導入した。 従来からの「要部検査...

    JR東日本では、国内人口の減少によりメンテナンスに従事する人数の減少が見込まれる状況下で、メンテナンスの必要量を削減する必要が生じていた。また、近年の情報技術など汎用技術の進歩や車両の技術向上により、常時監視に近い頻度でのモニタリングによる劣化予測・状態基準保全が可能となった。これを受け、JR東日本では2018年(平成30年)6月1日からE235系以降の状態監視に対応した車両を対象にモニタリング保全体系を導入した[注釈 10]。

    JR西日本おいても、207系以降に新製した「新世代電車」では、メンテナンス性が大幅に向上したが、それ以前に新製した「旧世代車両」と同様の検査を行っていた。しかし、2018年(平成30年)4月から207系以降の「新世代電車」を対象に、最適な検査周期で検査を行う「新検査体系」を導入している。

    井上孝司、2012、『車両基地で広がる鉄の世界』第1版、秀和システム ISBN 978-4-7980-3340-2
    池口英司、2007、『まるわかり鉄道用語の基礎知識850』初版、イカロス出版 ISBN 978-4-87149-949-1
    石塚弘道 (2007年). “車両のメンテナンス(アーカイブ版) (PDF)”. 第20回鉄道総研講演会. 鉄道総合技術研究所. pp. 59-69. 2015年2月8日閲覧。
    日本鉄道車両機械技術協会『ROLLINGSTOCK&MACHINERY』2018年11月号今月のトピック「車両メンテナンスのシステムチェンジ」(西日本旅客鉄道株式会社 鉄道本部車両部検修課課長代理 辻尾良輔)
  3. 永山則夫連続射殺事件 (ながやまのりおれんぞくしゃさつじけん)とは、 1968年 ( 昭和 43年)10月 - 11月に 東京都 ・ 京都府 ・ 北海道 ・ 愛知県 の4都道府県で発生した 拳銃 による 連続殺人 事件。 「 永山則夫事件 」 [6] 「 永山事件 」とも呼ばれる [3] 。 永山則夫 (各事件当時・19歳少年)が 在日 アメリカ海軍 ・ 横須賀海軍施設 から盗んだ拳銃を使い、男性4人(警備員2人・タクシー運転手2人)を相次いで射殺した事件で、一連の事件は 警察庁 により 警察庁広域重要指定 108号事件 に指定された [1] 。

  4. 9月5日 - 坂本堤弁護士一家殺害事件 (オウム真理教事件):教団幹部の供述により、 1989年 11月から行方不明になっていた弁護士の 坂本堤 (失踪当時33歳)と、その妻(同29歳)がそれぞれ 新潟 ・ 富山 両県内の山中から、遺体で発見される。. その後、 9月10日 には長男(同1歳)が 長野県 内の山中から遺体で発見される。. 9月19日 - オリックス・ブルー ...

  5. 営団07系電車 (えいだん07けいでんしゃ)は、 帝都高速度交通営団 (営団)が設計・製造した 通勤形電車 である。 2004年 (平成16年)4月の営団民営化にともない、 東京地下鉄 (東京メトロ)に継承された。 概要 [ 編集] 有楽町線 において 1993年 ( 平成 5年)3月に実施される ダイヤ改正 時の輸送力増強用として10両編成2本が 川崎重工業 にて製造され、同年 3月18日 に営業運転を開始した。 その後、 1994年 (平成6年) 12月7日 の 小竹向原駅 - 新線 池袋駅 間開業および 西武有楽町線 新桜台駅 - 練馬駅 間延伸に伴う増発用として、10両編成4本が 日本車輌製造 で追加製造された。

  6. 台湾 中央気象局震度階級 (ちゅうおうきしょうきょくしんどかいきゅう、 中国語: 交通部中央氣象局地震震度分級 )は、 台湾 で使用される 地震 の 震度階級 である。 台湾 中央気象局 が、 1999年 の 集集地震 発生後の 2000年 に制定した。 当初は、 1996年 9月30日 以前の、日本の旧・ 気象庁震度階級 を参考にした震度0級から7級までの8段階の震度階級であった [1] 。 この震度階級は最大地動加速度 (PGV)を単純に換算したものであったが、この計算方法では短周期地震動による瞬間的な加速度によって、観測震度から予想される被害状況と実際の被害状況に著しい差異が生じることが多くなっていた。