Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. TSM - 台積電ADR (NYSE)

    tw.stock.yahoo.com

    120.99+2.74 (+2.32%)

    2021/06/15 16:05 美國股市 將在 5 小時 25 分鐘 期間開市 (報價延遲最少十五分鐘)

    • 開盤 118.55
    • 最高 121.00
    • 最低 118.46
    • 昨收 118.25
    • 成交量 7.48M
    • 12週均量 9.46M
    • 52週最高 142.20
    • 52週最低 55.27
  2. 積水ハウス - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/積ハウス
    • 概要
    • 主な商品
    • 主な関係会社
    • 沿革
    • ロゴマーク
    • Cm
    • 不祥事・事件
    • 外部リンク

    2012年度の販売戸数4万5098戸で国内第1位(内訳:鉄骨1万1945戸、木造4246戸、集合住宅2万8907戸)、売上高は1兆223億円で大和ハウス工業株式会社(以下、大和ハウス)に次ぐ第2位。輸送コストが北海道などに比べると割高なことを理由として、沖縄県では販売されていない。 子会社には積水ハウス不動産東京(旧積和不動産)や積水ハウスリフォームなどがある。社団法人プレハブ建築協会に加盟。 みどり会・三水会の会員企業であり三和グループに属していると同時に大輪会の会員企業である。 同社のコーポレートメッセージは2013年5月現在「SLOW&SMART ゆっくり生きてゆく、住まいの先進技術」(ただしテレビ朝日の提供読みは「SLOW&SMART、積水ハウス」と読む)。また広告では「家に帰れば、積水ハウス。」も使用されている。 2001年より「5本の樹」計画として自生種・在来種の植栽を進めており、2013年4月現在累計植栽本数が900万本を突破した。積水ハウスのエクステリア事業の売上高は587億円(2013年1月期)であり、国内最大の造園会社である。 2008年に国際事業部を設置し海外事業へ参入した。2009年のオーストラリアでの住宅事業参入を皮切りに、「シンコ・ランチ」プロジェクトにて米国への居住用不動産事業への参入も果たしている。また2012年には中国・瀋陽に鉄骨住宅生産工場が完成し、操業を開始した。日本の本格的な工業化住宅生産工場が中国に進出したのはこれが初めてである。 2008年6月24日に環境省がエコファースト企業として認定。販売する全ての新築戸建住宅からの生活時の二酸化炭素排出量を1990年比で6%削減すること、次世代省エネ基準以前に施工した約50万戸の住宅の省エネリフォームを推進すること、太陽光発電や燃料電池の導入による二酸化炭素オフ住宅を推進することなどが約束された。 2013年4月26日にグランフロント大阪「ナレッジキャピタル」内に、SUMUFUMU LABをオープン。同時にダイアログ・イン・ザ・ダークとの共創プログラム「対話のある家」を設置。 2014年6月16日に本社のある梅田スカイビルを中心とする新梅田シティが内閣総理大臣賞を受賞。この内閣総理大臣賞は公益財団法人都市緑化機構が主催する「緑の都市賞」の最上位である。

    大手プラスチックメーカーである積水化学工業を母体とする積水ハウスは、1963年にプラスチックを材料に住宅を完成させた。脆い上にコストが莫大にかかるためオールプラスチックによる住宅は断念したものの、この経験が基になり、後に鉄骨とプラスチックを使用した新しいプレハブ住宅「A型」を完成させた。 販売体制についても、「A型」発売当初は母体であった積水化学工業が行っていた代理店販売方式を踏襲していたが、東京都千代田区末広町に日本初となる住宅展示場をオープンさせるなど直接販売方式へと移行した。 積水ハウスは鉄骨系プレハブ住宅と木質系プレハブ住宅の両方を販売している。これに対して、積水化学工業の住宅ブランドであるセキスイハイムは、鉄骨ラーメン構造のボックス型ユニットを工場で生産し、建築現場で組み立てるという方式を採用している。 国土交通大臣認定の制振構造である、地震動エネルギー吸収システム「シーカス」(SHEQAS:Sekisui House Earth-Quake Absorbed System)を開発。これまでの一般的な耐震システムでは躯体自体に損壊は見られないものの、内装部への損傷が大きかったためできるだけ揺れを抑える構造が求められていた。ちなみに、同社独自の調査によれば、これまでの構造でも、阪神・淡路大震災ではブレースは数センチ伸びて揺れを吸収し、それ自体の損傷もほとんどみられなかったといっている(※自社独自調査による発表)

    連結子会社

    1. 積水ハウス不動産グループ(「積和不動産」から社名変更) 1.1. 積水ハウス不動産東京株式会社 1.2. 積水ハウス不動産東北株式会社 1.3. 積水ハウス不動産中部株式会社 1.4. 積水ハウス不動産関西株式会社 1.5. 積水ハウス不動産中国四国株式会社 1.6. 積水ハウス不動産九州株式会社 2. 積和グランドマスト株式会社 3. 積水ハウスリフォーム株式会社 4. 積水ハウスフィナンシャルサービス株式会社 5. 積水ハウス投資顧問株式会社 6. 積水ハウス・アセットマネジメント株式会社 7. 積水ハウス梅田オペレーション株式会社 8. 積和ウッド株式会社 9. 積和建設グループ19社 10. 積水ハウスノイエ株式会社 11. スカイレールサービス株式会社 12. 株式会社住まいの図書館

    持分法適用関連会社

    1. アルメタックス株式会社 2. 日本パワーファスニング株式会社 3. 日本住宅ローン株式会社 4. 鳳ホールディングス株式会社(鴻池組の親会社)

    旧ロゴ
    現在のロゴマーク
    1970年代に放送(積水ハウス50年史によると、初放送は1970年~1971年放送の赤き血のイレブン)され、後にオムニバスCDにも収録された「セキスイハウスの歌(作詞:羽柴秀彦、作曲:小林亜星)」を何度かアレンジしている。1990年代中期から2009年12月までは、メロディーのみでサビの最後の部分を流している程度にとどまっていた(オルゴール風の音色で、当初は変ロ長調だったが、2000年代(正...
    2010年は、50周年を記念して村上ゆきの歌唱による歌詞を変更した「積水ハウスの歌~50周年バージョン」(作詞:一倉宏)が放送開始。現在は村上バージョンに加えて曽我部恵一(村上とのデュエットバージョンもあり)やアルケミストの歌唱によるバージョンも流されている。
    特殊な例として、神奈川県伊勢原市のコミュニティFM放送局・イセハラエフエム放送(2000年開局・2006年3月31日廃局)では、1時間ヘッドくらいの頻度でフルコーラスが流れていたことがあった。
    CMのナレーターには長い期間、森本レオを起用していた。かつては積水ハウスといえば森本の声がイメージできるほどであった。

    顧客提訴事件

    2006年(平成18年)7月31日、同社に勤務する在日韓国人社員が、人種に基づく差別的発言を受けたとして、同社の顧客に対して300万円の慰謝料と謝罪広告の掲載を求める訴えを大阪地方裁判所に提起した。なお、同社は事件の訴訟費用を負担し、なお且つこの社員が裁判に出席する時間を勤務時間とみなすなど、この訴訟を全面的に支援する方針であることを表明している。一方、顧客側は同社の欠陥工事(排水の逆勾配工事)を隠蔽した不当請求が事件の原因であると主張している。 2007年4月に裁判所が和解を提案。積水ハウスが提示した和解案を、顧客側は受け入れなかったが、日本人男性が在日韓国人社員に対し、発言で原告の名誉感情を傷付けた事への謝罪と、慰謝料ではなく解決金として30万円を支払うことで8月31日に和解が成立した。 在日本大韓民国民団 (民団)の機関紙によると、訴訟を起こした在日韓国人社員は、裁判が始まって間もなく、アフターメンテナンスの勤務から外されたため、和解を受けて会社側に元職復帰を願い出た。[要出典]しかし、会社側の結論は出ていない(2007年9月12日)。[要出典]

    営業停止事件

    2007年8月27日、国土交通省近畿地方整備局は、マンションの新築工事で義務付けられている監理技術者を置かなかったことなどを理由に、岐阜県・静岡県・愛知県・三重県の東海4県で、積水ハウスに15日間の一部営業停止を命じた。これに伴い、同社は9月11日~9月25日まで下記のテレビ・ラジオ提供番組のCMを自粛している。[要出典] さらに、同年9月11日、宮城県は積水ハウスに対し、県発注の公共工事について5ヶ月間の指名停止処分を決定。横浜市・静岡県・三重県・大阪府・長野県・滋賀県・香川県・福岡市・熊本県も同社を指名停止処分とした。[要出典]

    建築中の住宅に対する損害賠償訴訟

    2007年9月21日、名古屋地方裁判所は、名古屋市の男性らが自らが発注し積水ハウスが建築していた住宅と車庫に欠陥があるとし、既に払った建築代金と建築途上の建物の撤去を積水ハウスに対して求めた裁判において、請求をほぼ認容し、既払金400万円と建築途中の建物の撤去を命じる判決を下した。

    積水ハウス (@sekisuihouse_) - Twitter
    積水ハウス - Facebook
    積水ハウス (sekisuihouse) - Instagram
  3. TSMC - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/TSMC

    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. TSMC (英文正式社名: Taiwan Semiconductor Manufacturing Company, Ltd. 、中国語正式社名: 臺灣積體電路製造股份有限公司 )は、 台湾 新竹市 新竹サイエンスパーク に本拠を置く 半導体 製造 ファウン ...

  4. 三菱重工業 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/三菱重工業

    概要. 日本最大の 機械 メーカーであり 、 三菱UFJ銀行 ・ 三菱商事 と並ぶ 三菱グループ 御三家の一角。. その製品数は700を超え、「機械のデパート」とも呼ばれる 。. 主力製品は、 船舶 ・ エネルギー 関連機器・ 産業機械 ・ 航空機 ・ ロケット など。. また ...

  5. 小松製作所 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/コマツ製作所
    • 概要・沿革
    • 東日本大震災への対応
    • スマート農業・林業
    • 所在地
    • 主要製品
    • 過去の提供番組
    • グループ企業
    • 女子柔道部
    • 関連項目
    • 外部リンク

    発祥

    1917年1月、石川県能美郡国府村(現・小松市)で銅山を経営していた竹内鉱業(竹内明太郎により創業)が自家用機械生産のため、同郡小松町の小松駅近傍に小松鉄工所を開設したのが始まりである(初代所長は、竹内の求めに応じた快進社の橋本増治郎が兼務)。 竹内明太郎は高知県出身の実業家で吉田茂の長兄にあたる。竹内は1902年に遊泉寺銅山の開発に着手すると、1917年に遊泉寺銅山の附属施設として小松鉄工所を設立した。小松鉄工所では自家用工作機械や鉱山掘削機械を製造していた。 1921年5月13日に小松鉄工所が竹内鉱業から分離独立し、株式会社小松製作所が設立された。当初は不況の煽りを受け細々と経営していたが、満州事変を境に業績が好転。 1932年に農林省から国産トラクターの開発を要請され、日本初の国産トラクタ―「T25トラクタ」を開発。また、太平洋戦争中には日本海軍が米軍のブルドーザーを鹵獲、日本でも同じものを生産可能にする為、同社に送られて実用化の研究が始まったが、これが同社とブルドーザーの関わりの始まりである(詳細は「ブルドーザー」を参照)。 第二次大戦後、食糧増産のための開墾や国土復興な...

    国際企業

    グローバル化にいち早く手を付けた企業としても知られ、自動車メーカーより早い1950年代頃から海外への輸出や海外工場の展開を進めていた。1960年頃、キャタピラー社の日本進出に伴いマルA対策と呼ばれる品質向上活動が行われた。この結果、飛躍的に製品の品質が向上した。これを一つの契機として世界進出が本格的に開始される。現在ではアメリカ、ヨーロッパ、アジア、中国、ブラジルなどに50近い生産拠点がある。

    70周年

    創立70周年にあたった1991年5月、社名表示と呼称がコマツになってからは新事業を続々展開、CIの導入と新たな経営戦略で立ち向かった。2003年1月、石川県出身と父・松井昌雄が以前勤めていたという縁から、プロ野球選手の松井秀喜とCMなどでライセンス契約した。ニッポン放送で日本のプロ野球シーズン中に放送されるラジオのMLBミニ情報番組「コマツ・メジャーショウアップ」を提供することとなった。(それ以前にも1996年頃よりマイク・ピアッツァ選手と契約を結んで宣伝活動を行なっていたことがある)また、70周年を記念して始められた女子柔道部の活動にも力を入れている。所属選手の谷本歩実が、2004年アテネ五輪、2008年北京五輪の2大会連続で金メダルを獲得した。(谷本選手は、2大会連続のオール一本勝ちである)

    2011年3月11日に東北地方・太平洋沖にて発生した大震災では、北関東に所在する一部工場などの操業に影響が出た。復旧に関わる支出が見込まれるが、2011年3月期業績への影響は軽微の見通しである。また地震から1週間の3月18日時点で、建設機械の無償貸与やプレハブハウスの提供、義捐金等、合計8億円の支援を決定している。さらに被災した高専学生を対象とする「コマツ奨学金」を創設し、震災後10年間にわたり、毎年2千万円(合計2億円)の支給支援を実施する。

    2018年7月23日、ICT(情報通信技術)建機による効率化で農林業分野の強化を表明。2018年にha,カナダの林業機械部品メーカーから重機のアタッチメント部門を買収したほか、スウェーデンの林業機械のトレーニングシミュレーターの開発企業を買収した。さらに2019年2月には、アメリカ合衆国ウィスコンシン州の林業機械メーカーのティンバープロの買収を発表した。

    主要事業所

    本社 1. 〒107-8414 東京都港区赤坂二丁目3番6号 コマツビル 開発本部 1. 〒254-8567 神奈川県平塚市万田1200番地 コマツテクノセンタ 1. 〒410-2506 静岡県伊豆市徳永697番地 こまつの杜(もり) 1. 〒923-8666 石川県小松市こまつの杜1番地

    主要工場

    1. 粟津工場(石川県小松市) 2. 金沢工場(石川県金沢市) 3. 氷見工場(富山県氷見市) 4. 大阪工場(大阪府枚方市) 5. 六甲工場(兵庫県神戸市) 6. 茨城工場(茨城県ひたちなか市) 7. 湘南工場(神奈川県平塚市) 8. 小山工場(栃木県小山市) 9. 栃木工場(栃木県小山市) 10. 郡山工場(福島県郡山市)

    閉鎖された工場

    1. 川崎工場(神奈川県) 2. 小松工場(石川県) (2010年3月末閉鎖 金沢工場へ移転) 3. 真岡工場(栃木県) (2010年7月末閉鎖 茨城工場へ移転)

    建設機械

    1. 油圧ショベル 2. ホイール式油圧ショベル 3. ハイブリッドショベル 3.1. 2008年6月、市販車としては世界初のハイブリッドシステムを導入したショベルを発売した。旋回モータ、発電機モータ、キャパシター(蓄電器)と、ディーゼルエンジンを併用することにより、通常型の同サイズの油圧ショベルと比べて燃費低減を実現している。これは旋回の減速時に発生するエネルギーを電気エネルギーに変換し、キャパシターに蓄え、これを発電機モータを通じてエンジン加速時の補助エネルギーとして活用している。また、このハイブリッド・システムを構成するコンポーネントは、キャパシタセルを含み、すべてコマツで内製されている。 4. ブルドーザ 5. 水陸両用ブルドーザ 5.1. 船が侵入できないような浅瀬などの整地や橋梁の工事のために開発された水陸両用ブルドーザ。1968年から旧建設省の指導の元で開発に着手した。操縦は車体上部に組んだ櫓の上か陸地から無線で行う。動力は通常のエンジンであるが、吸排気用に長いパイプが上に伸びているのが特徴である。需要の低迷により1993年に製造中止したが,2013年に東日本大震災...

    その他

    1. フォークリフト 2. バッテリー式フォークリフトFE25-1 3. シールドマシン 4. 大型プレス機械 5. クランクシャフトミラー等の工作機械 6. 航空機牽引車 7. 産業用エンジン 8. ディーゼル機関車・気動車用エンジン 9. 空港用化学消防車(モリタとの共同開発) 10. 電気溶接機 - 排ガス規制強化により社外製ディーゼルエンジン搭載モデルが登場した。 1. クボタZ482-KA、ヤンマーディーゼル3TNE68-U 1. 対人地雷除去機 2. 伐採機 Komatsu 931.1 3. KOMTRAX 3.1. KOMTRAXはコマツが開発した建設機械の情報を遠隔で確認するためのシステムである。建設機械にGPSや通信システムなどを搭載し、その建設機械の位置や稼働状況をデータサーバに集約する。建設機械の利用者や代理店はその情報をインターネットで閲覧することが可能であり、それらの情報から車両の保守管理や省エネ対策などが可能になる。2010年時点で全世界で15万台を越えるKOMTRAXシステムが稼働している。 4. LANDLOG 4.1. LANDLOGは2017年...

    防衛省向け

    1983年度に配備された陸上自衛隊初の国産装輪装甲車を開発。2002年度に配備された軽装甲機動車では約2000両を生産し、国内のみならず自衛隊イラク派遣や国際連合平和維持活動などを支える企業となっていたが、2010年代に入ると受注量が減少。開発コストに見合う利益が見込めないなどの判断から、2019年、全ての自衛隊向け新型車両の開発から撤退する方針が固められたことが報道された。なお、これに先立ち2018年には、コマツが進めていた新型装輪装甲車の開発計画が、防弾板の性能が要求水準に達しないなどの理由により中止されたことが報道されていた。 ※旧防衛庁向けも含む 1. 試製56式装甲車I型 2. SUB-2 3. 82式指揮通信車 4. 87式偵察警戒車 5. 96式装輪装甲車 6. 軽装甲機動車 7. 装輪装甲車 (改)(試作のみ。2018年開発中止。) 8. 60式自走無反動砲 9. 60式自走81mm迫撃砲 10. 60式自走107mm迫撃砲 11. 203mm自走榴弾砲(ライセンス生産) 12. 60式3t雪上車 13. 61式大型雪上車 14. 74式自走105mmりゅう弾砲...

    主要な海外グループ企業

    1. Komatsu Mining Corp.(米国) - 2017年に買収した旧Joy Global Inc. 2. Komatsu Forest AB (スウェーデン)

    1991年創部。日本国内外の大会で個人・団体ともに優勝や上位入賞の成績を残している。専用道場は1993年、東京都江東区に建てたコマツ永代道場。海外からの選手も受け入れ、海外での「コマツ」ブランドの知名度向上にも活かしている。 1. 監督・コーチ陣 1.1. 監督:松岡義之 1.2. 助監督:徳野和彦 1.3. コーチ:岡明日香・谷本歩実・谷本育実・杉本美香 2. 選手 2.1. 宇高菜絵(主将) 2.2. 浅見八瑠奈(副主将) 2.3. 石川慈 2.4. 佐藤瑠香 2.5. 橋本優貴 2.6. 連珍羚 2.7. 田代未来 2.8. 大野陽子 2.9. 芳田司

    公益財団法人日本花の会(小松製作所が創設に関与し支援する公益財団法人)
  6. ソニー - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/厚木テクノロジーセンター

    厚木テクノロジーセンター. ソニーグループ (株) の事業所として 神奈川県 厚木市 に所在する (旧ソニー厚木工場)研究開発施設の名称である。. 厚木テクノロジーセンター (通称: 厚木TEC)は厚木TECと厚木第二TECで構成される。. ・厚木TEC 1960年11月 ソニー株式会 ...

  7. 任天堂 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/任天堂

    任天堂. /  北緯34.96972度 東経135.756194度  / 34.96972; 135.756194. /  北緯34.96972度 東経135.756194度  / 34.96972; 135.756194. 任天堂株式会社 (にんてんどう、 英: Nintendo Co., Ltd. )は、主に 玩具 や コンピュータゲーム の開発・製造・販売を ...

  8. 武田薬品工業 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/武田薬品工業

    武田薬品工業(たけだやくひんこうぎょう、英文:Takeda Pharmaceutical Company Limited)は、大阪府 大阪市 中央区と東京都 中央区に本社を置く日本の製薬会社である。 タケダ、Takeda、武田薬品とも略称される。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。

  9. ダイオード - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ダイオード
    • 歴史
    • ダイオードの整流作用
    • ダイオードの種類
    • ダイオードのモデル
    • 還流ダイオード
    • 語義の拡張
    • 出典

    1900年代初頭、熱電子によるダイオード(真空管)と固体によるダイオード(半導体)は、無線受信機の復調用として同時期に個別に開発された。 1950年代は真空管ダイオードがラジオに最も多く使われた。これは初期の点接触半導体ダイオードが信頼性に劣り、また、多くの受信機には増幅用真空管が使われ、この真空管内にダイオード部を混成させることが容易であることと、真空管整流器およびガス入り整流器は高電圧・大電流用途に対し同時期の半導体ダイオード(セレン整流器など)よりも適していたことがあげられる。

    ダイオードは、アノード(陽極)およびカソード(陰極)の二つの端子を持ち(この用語は真空管から来ている)、電流を一方向にしか流さない。すなわち、アノードからカソードへは電流を流すが、カソードからアノードへはほとんど流さない。このような作用を整流作用という。真空管では、電極間に印加する電圧によって、カソードからの熱電子がアノードに到達するかが分かれることで整流作用が生じる。半導体ダイオードでは、p型とn型の半導体が接合されたpn接合や、半導体と金属が接合されたショットキー接合などが示す整流作用が用いられる。pn接合型ダイオードにおいては、p型側がアノード、n型側がカソードとなる。

    特性による分類

    PNダイオード (PN Diode) 1. 詳細は「pn接合」を参照 2. 半導体のpn接合の整流性を利用する、基本的な半導体ダイオードである。 定電圧ダイオード (Reference Diode)(ツェナーダイオード (Zener Diode)) 1. 詳細は「ツェナーダイオード」を参照 2. 逆方向電圧をかけた場合、ある電圧でツェナー降伏またはなだれ降伏が起き、電流にかかわらず一定の電圧が得られる性質を利用するもの。電圧の基準として用いられる。添加する不純物の種類・濃度により降伏電圧が決まる。なお、順方向特性は通常のダイオードとほぼ同等。 定電流ダイオード(CRD, Current Regulative Diode) 1. 詳細は「定電流ダイオード」を参照 2. 接合型FET(JFET)のドレインをアノードとし、ソースとゲートを短絡した電極をカソードとしたもの。そうすると順方向電圧をかけた場合、しきい値以上の電圧であれば、ほぼ一定の電流(IDSS)が得られる。JFETのIDSSは一般に個体ごとにバラつくが、選別・分類したものを製品として市販されており1mA~15mAの程度の範...

    材質・構造による分類

    1. 二極真空管 2. ゲルマニウム・ダイオード 3. セレン・ダイオード 4. シリコン・ダイオード 5. SiC(シリコンカーバイド)・ダイオード 6. ガリウム砒素・ダイオード 7. 窒化ガリウム・ダイオード

    ダイオードの順方向を正とする電圧 v とアノードからカソードへ流れる電流 i との間の静特性を表すモデルとしては、ショックレーのダイオード方程式 (diode equation) が有名である。 これは指数関数から定数を引いた簡単な式として、 1. i = I S ⋅ ( e v / ( n v T ) − 1 ) {\\displaystyle i=I_{S}\\cdot \\left(e^{v/(nv_{T})}-1\\right)} と表されている。 ただし、IS と n は個々のダイオードの種類でおよそ決まる正の定数である。 モデル上 IS は逆方向バイアスをかけたとき逆方向電流の極限値に相当し、飽和電流 (saturation current) とよばれる。 シリコン・ダイオードではこれは nA のオーダー、ショットキー・バリア・ダイオードではその数桁上であることが多い。 n はキャリアの再結合電流に対する補正値で通常 1〜2 の範囲の値をもつ。 また、vT は熱電圧 (thermal voltage) とよばれる絶対温度 Tに比例する量で、電圧の次元を持ち常温 (300K) では 26 mV 程度である。 これは基礎物理定数を用いて、 1. v T = k B q e T {\\displaystyle v_{T}={\\frac {k_{B}}{q_{e}}}T} と簡明に表される。 ただし、kB はボルツマン定数、qe は素電荷、T は絶対温度である。 このモデルではなだれ降伏や内部直列抵抗、接合容量などが考慮されていないことに注意が必要である。 よって逆方向バイアスでのブレークダウンは表されておらず、また大きな順方向バイアスを与える場合や電圧が時間的に素早く変動する場合をうまく表すことはできない。 SPICEのような回路シミュレータではこれらも考慮したより詳細なモデルが使われている。 IS の値は通常非常に小さなものであるため、実用上問題にならない場合は式の − 1 の項を除いて電圧–電流関係を単に指数関数とみなすことも多い。 指数部分をスケールする熱電圧と nとの積は数十 mV のオーダーであり、0.1 V の電位差であっても 2〜4 桁程度の大きな電流の違いに相当する。 よって、考えている電流の範囲においてダイオードが電流を流し出す電圧をおよそ定める...

    ダイオードの活用例として、インダクタンスを持つ回路に欠かせない還流ダイオード(かんりゅう - )がある。インダクタンスを持つ回路の電流を遮断するとき、大きなサージ電流が発生する。これをほかの負荷に流さないよう、負荷に対して並列に、そして負荷の入出力方向とは逆を向くようにダイオードを接続し、サージ電流をダイオード側に逃がし帰還するようにしている(完全に保護できるわけではないので注意が必要)。 また鉄道などにおいて、回生ブレーキで発生した電流がサイリスタなどのスイッチング素子に流れ込まないよう、やはり並列にダイオードを接続して利用するのが標準的である。ダイオードの向きはスイッチング素子の入出力方向とは逆にしないと意味がない。 サージ電流からの保護や回生電力からの保護を目的として、スイッチング素子とは逆向きに並列接続した還流ダイオードを1つの基板上に組み込んだものを逆導通素子と呼ぶ。例えば、サイリスタの基板に還流ダイオードを組み込んだものは逆導通サイリスタである。 還流ダイオードはまた、閉回路を構成する上でも重要な役割を持つ。電機子チョッパ制御では瞬間的な電流遮断による電動機への負荷を軽減するために、リアクトルと電動機を挟んで出入り口のない閉じられた回路が構成されている。チョッパ装置がオン状態の時に充電していたリアクトルが、オフ状態の時は放電する特性を利用して、常に電動機に電流が流れるようにするために欠かせない回路である。このとき、他所から閉回路に電流が流れ込むのを防ぐとともに、放出された電流を導く目的で還流ダイオードが利用されるのである。 還流ダイオードはフリーホイール・ダイオードやフリーホイリング・ダイオードと訳される。フリーホイールとは、自転車の後輪によく見られるように、回転力を絶っても後輪を空転させ続ける機構のことである。その他の表記として,フィードバック・ダイオードやフライホイール・ダイオードとも記される。フライホイールとははずみ車の事で,回路(インダクタンスとダイオード)を円盤に見立てた時,逆起電力は回転力となりそのまま回転力(起電力または電力)がなくなるまでその回路を電流が回り(流れ)続けることからこう呼ばれる(循環させる様子から,環流ダイオードとする表記もしばしば存在する)。

    ダイオードを広義の整流子(一方通行化素子)と捉えた表現が使われる事がある。光子の移動を制御する「光ダイオード」(フォトダイオードとは別)、伝熱を制御する「熱ダイオード」などで、原理も構造も電子のダイオードとは異なる。また、ダイオード素子を活用した片方向ゲートウェイが、「データダイオード」と呼ばれている。

    ^ Frederick Guthrie (October 1873) "On a relation between heat and static electricity," The London, Edinburgh and Dublin Philosophical Magazine and Journal of Science, 4th series, 46: 257-266.
    ^ 1928 Nobel Lecture:Owen W. Richardson, "Thermionic phenomena and the laws which govern them", December 12, 1929
    ^ Thomas A. Edison "Electrical Meter" アメリカ合衆国特許第307,030号Issue date: Oct 21, 1884
    ^ “Road to the Transistor”. Jmargolin.com. 2008年9月22日閲覧。
  10. 其他人也搜尋了
  1. 台積電adr 相關
    廣告