Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 台湾糖業公司 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/台湾糖業公司
    • 歴史
    • 台糖工場一覧
    • 鉄道事業

    1946年5月1日に国民政府が日本統治時代の製糖会社(台灣製糖、鹽水港製糖、大日本製糖、明治製糖)の台湾にあった資産を接収・合併させて台糖(台湾糖業公司)を設立した。1950年代から1960年代にかけて台糖は大量の砂糖製品を輸出し、当時台湾の最大企業となった。台糖は現在でも台湾の最大の地主であり、農場を主に台湾各地に土地を所有している。 台湾の砂糖事業は400年前のオランダ統治時代に遡る事が出来るが、最近では斜陽産業に属している。本業である製糖の営業収入が衰退してきたので、台糖は1990年代から多角的経営に乗り出し、観光産業、花の栽培、バイオテクノロジーや小売業(コンビニエンスストアや量販店)を開始した。ガソリンスタンドチェーンを経営したり、台湾高速鉄路公司の株主でもある。 目下、台糖公司は小売業、バイオテクノロジー、精緻農業(科学的農業)、畜産、商品販売、石油類販売、レジャー産業、砂糖等の八大事業部に分かれ、砂糖以外の事業は分社化して持株会社化する方向に予定している。 資産活性化及び資源調達の便を図るために(台糖各事業部の多くは台湾南部にある)、2005年10月7日に臨時株主総会を開いて会社の規則改定議案を通過させて、本社(総公司)を台北市から台南市の台糖糖業研究所用地に移転し、同年12月19日に執務を開始した。

    三大總廠:台糖虎尾總廠、台糖新營總廠、台糖屏東總廠
    台中以北:台中糖廠、烏日糖廠、台糖月眉廠、苗栗糖廠、竹南糖廠、新竹糖廠、台北製糖所、潭子糖廠
    雲彰投地区:台糖溪洲廠、台糖彰化廠、台糖溪湖廠、台糖埔裡廠、龍巖糖廠、台糖斗六廠、台糖北港廠、南投糖廠
    嘉南地区:台糖大林廠、台糖蒜頭廠、台糖南靖廠、台糖烏樹林廠、台糖岸內廠、台糖佳裡廠、台糖麻豆廠、台糖永康廠、台糖善化廠、台糖玉井廠、台糖仁德廠

    サトウキビを収穫して糖廠(製糖工場)へと運搬する専用線から鉄道運営が始まり、台湾南西部を中心に最盛期は数百kmの路線があり、一部では旅客輸送も行っていた。サトウキビ輸送が下火になり、烏樹林糖廠で観光用トロッコ列車の営業を始めて人気となり、他の糖廠でも行う様になった。

  2. 奈良俣ダム - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/奈良俣ダム
    • 沿革
    • 観光
    • 参考文献
    • 関連項目
    • 外部リンク

    1949年(昭和24年)の「利根川改訂改修計画」、1962年(昭和37年)の「利根川水系水資源開発基本計画」策定により、利根川水系には建設省(現・国土交通省関東地方整備局)と独立行政法人水資源機構により利根川の洪水調節と首都圏の水がめとして利根川上流ダム群が続々建設され、矢木沢ダム・藤原ダム・下久保ダム・薗原ダム・相俣ダム・草木ダム・渡良瀬遊水地が完成していた。しかし止まる事を知らない首都圏の人口増加と工業地域拡充は水需要を更に逼迫させ、関東平野の農業技術発展と新規耕地拡大も農業用水の新たなる需要逼迫を招いた。 こうした事があり水資源開発公団は「利根川水系水資源開発基本計画」の計画一部変更を行い、洞元湖に注ぐ楢俣川に1973年(昭和48年)より多目的ダム事業が着手され、1990年(平成2年)完成した。洪水調節・不特定利水、房総半島東部地域の農地灌漑、首都圏及び群馬県への上水道・工業用水供給、そして県営発電(認可出力12,800kW)が目的である。 型式は中央土質遮水壁型ロックフィルダムであり、高さは158m。堤高160mの栗原川ダム(栗原川)が建設中止となった為、利根川水系のダムでは最も堤高が高いダムとなる。現在完成しているロックフィルダムの中では高瀬ダムの176m、徳山ダムの161mに次いで日本で3番目の高さである。 奈良俣ダムの建設により下流にあった楢俣ダムは名称を改め、通称として広く浸透していた「須田貝ダム」となった。

    須田貝ダムの人造湖・洞元湖より湯の小屋温泉方面に右折し湖沿いに直進。ダムは一般に積極的に開放されており、ダム左岸にはダム資料館「ヒルトップ奈良俣」がある。雪解けの時期になるとダム左岸にある洪水吐きから雪解け水が放流される。この付近は矢木沢ダム・須田貝ダム・藤原ダム・奈良俣ダムとダムが密集する地域でもある。 1. 試験放流 2. 奈良俣ダムの標示とモニュメント 3. 天端より下流側を見下ろす 4. 取水施設 5. ヒルトップ奈良俣(資料館) 6. 奈良俣ダム管理所 7. 管理所付近にあるヘリポート 8. 湯ノ小屋沢から奈良俣ダムへ導水する堰

    『日本の多目的ダム』1980年版:建設省河川局監修・全国河川総合開発促進期成同盟会編。山海堂 1980年
    『ダム便覧 2006年』:日本ダム協会。2006年
    日本のダム - 日本のダム一覧
    フィルダム - ロックフィルダム - 日本のロックフィルダム一覧
    多目的ダム - 日本の多目的ダム一覧
  3. 石淵ダム - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/石淵ダム
    • 地理
    • 着工までの経緯
    • 補償
    • 施工
    • 目的
    • 石淵湖
    • アクセス
    • 参考文献・資料
    • 関連項目
    • 外部リンク

    ダムが建設された胆沢川は北上川中流部における主要な支流の一つである。栗駒山系を形成する焼石岳(標高1,548メートル)を水源として東南に流路を取り、ダム地点上流で南西より流れ来る前川を合わせダム地点を通過すると面積約2万ヘクタールにもおよぶ日本最大級の扇状地・胆沢扇状地を形成。以後は概ね北東に流れ、奥州市水沢区において北上川に合流し太平洋へ注ぐ。流路延長は約48キロメートル、流域面積は約320平方キロメートルである。ダムは前川との合流点下流、胆沢扇状地の扇頂部に建設された。

    東北地方最大の河川である北上川は岩手県・宮城県を主な流域とするが、中流部と下流部の間、岩手県一関市狐禅寺(こぜんじ)[注 2]から宮城県登米市に至る約27キロメートル区間は急激に川幅が狭くなる。この「狐禅寺狭窄部」の存在と狭窄部より下流における北上川の河川勾配が緩やかなことで、狭窄部より上流部の一関市は慢性的な水害常襲地帯であった。北上川流域面積(10,150平方キロメートル)の7割を占める岩手県内(北上高地や奥羽山脈東側)で大雨が降ると各支流を経て北上川に到達した洪水は一関市に集まる。この一関市狐禅寺におけるピーク時の基本高水流量は毎秒1万3600立方メートルであるが、狭窄部は毎秒6,300立方メートルの流下能力しかない。このため狭窄部で処理し切れない洪水が一関市内に湛水(たんすい)する状態となり、古くより洪水の被害に悩まされていた。根本的な解決法は狭窄部の開削による流下能力の増強であるが、約27キロメートルにもおよぶ狭窄部の開削は非現実的であった。 当時河川行政を管掌していた内務省は北上川水系における治水対策として北上川改修事業を実施。従来宮城県石巻市にて太平洋に注いでいた北上川本流を追波湾側へ付け替える新北上川開削工事を1934年(昭和9年)に完成させ、下流部の流下能力増大を図ったが、一関市以北の北上川上流部における治水対策も急務となっておりこれに対応するため1941年(昭和16年)より北上川上流改修計画を立案した。この計画は従来の北上川改修事業と異なり、東京帝国大学教授・内務省土木試験所[注 3]所長の物部長穂らが提唱し内務省内務技監であった青山士(あきら)が採用した河水統制事業制度に沿った計画であった。 河水統制事業は河川に多目的ダムを建設し、従来別個に実施していた治水事業と利水事業(灌漑・水力発電など)を統合することで効率的な河川開発を行い流域の開発を促進するというものであり、既に青森県[注 4]や香川県[注 5]、山口県[注 6]、神奈川県[注 7]といった地方自治体において着手されていた。やや遅れて内務省は北上川を始め琵琶湖を含む淀川、由良川、名取川など日本の主要な河川を国直轄改修河川に指定、多目的ダムによる河川開発を開始した。北上川水系では岩手県内の上流域を対象として、北上川本流と主要な支流である雫石川、和賀川、猿ヶ石川そして胆沢川に多目的ダ...

    1945年より石淵ダムの建設事業が開始されたが、ダム建設に伴い13世帯が移転を余儀なくされた。しかし補償問題については大きな禍根を移転住民たちに残すことになる。通常、ダム事業を開始するに当たり工事を行う前には水没予定地住民に対する補償交渉を行う。しかし石淵ダムの場合は食糧難解決という差し迫った国情が背景にあった中、工事を開始してから住民への補償交渉を開始するという状態であり、当時の事業者である内務省、後に内務省解体後河川行政を承継した建設省[注 9]の態度は移転交渉というよりは立ち退き要求に近いものがあった。ダム建設開始当時は日本国憲法の制定前であり、生存権など基本的人権の尊重という概念はまだ浸透していなかった。さらに水源地域対策特別措置法などダム補償に関連する法整備は、ダム事業自体の法整備も未熟であったことから皆無に等しい状況であったことが事業者の冷淡な補償姿勢の背景にある。 水没予定地の住民に対する補償交渉は1950年(昭和25年)10月に妥結された。しかし当時の日本の経済状況は急激なインフレーションの中にあり物価上昇が著しく、最初は高額であった補償金はインフレーションによる物価変動で貨幣価値が激減し住民が満足できる妥結内容ではなくなった。さらに移転後の住民に対する生活再建対策も放置され、結果的にわずかな補償金しか受け取れなかった移転住民は失業の上困窮した生活を強いられ、全財産を喪失した住民も現れた。加えて工事中の住民安全対策も十分ではなく、岩石発破の度に小学校では発破の爆音や振動を恐れた児童たちが机の下へ隠れ、遂には発破によって飛来した岩石が地元女性に直撃して死亡するという事故も発生した。こうした移転住民・地元住民の苦難に対する建設省の報恩意識は欠如しており、1950年秋に行われた定礎式には地元住民が全く招かれず、完成を記念して製作された記録映画にも移転住民への感謝の言葉が一言も挿入されなかった。わずかな補償金では生活が困窮する住民たちは再補償を国に求めたが、最終的に再補償は認められなかった。 石淵ダムにおけるこうした建設省の補償交渉に対する姿勢は、後年批判の対象となった。1963年(昭和38年)に科学技術庁[注 10]資源局が刊行した『石淵貯水池の水没補償に関する実態報告』には、以下の文言で事業者である建設省の姿勢を厳しく批判している。 また、地元であ...

    内務省は胆沢川にダムを建設するに当たり、まずは建設可能な地点の選定を試みた。胆沢川は前川合流点までは峡谷を形成するが、尿前(しとまえ)川合流点を通過すると次第に胆沢扇状地が形成される。尿前川合流点より下流の山間部にダムを建設することについては扇状地の構造上、谷が次第に広くなることから当時の土木技術ではダムの長さ(堤頂長)が長くなるため当初設定していたダム本体の規模では貯水量が十分確保できなかったため断念した。一方前川合流点より上流については貯水池を形成できる適地が存在せず、結果前川合流点にある猿岩(後述)地点と現在のダムサイト地点が十分な貯水容量を確保できる好適地として最終候補に挙げられた。続く基礎地盤の調査で猿岩地点ではダム建設に耐えられるだけの地盤の強度が足りなかったが、現在のダムサイト地点では十分な強度を有することが判明したことから、当時の土木技術でダム建設が可能な唯一の建設地点として現地点が決定された。

    石淵ダムの目的は洪水調節、灌漑、水力発電の三つである。先述した通り石淵ダムは灌漑に対する効果が大きいために戦後直ちに着手された。その後河水統制事業を発展させた河川総合開発事業がアメリカのテネシー川流域開発公社 (TVA) を参考として日本各地で活発になり、治水だけではなく灌漑、水力発電、上水道・工業用水道供給といった利水目的を包括した大規模河川開発計画も構想されるに至った。北上川水系では1950年の国土総合開発法制定に基づき北上特定地域総合開発計画 (KVA) が1951年に閣議決定され、隣接する鳴瀬川水系を包括し岩手・宮城両県を一体とした大規模河川総合開発が行われた。石淵ダムは他の北上川五大ダムである四十四田ダム(北上川)、御所ダム(雫石川)、田瀬ダム(猿ヶ石川)、湯田ダム(和賀川)と共に北上川の治水・利水の要として重要な位置を占めている。

    ダムによって形成された人造湖は石淵湖(いしぶちこ)と命名された。栗駒山系の山々に囲まれた石淵湖は静かなたたずまいを見せている。石淵湖右岸には於呂閉志(おろへし)胆沢川神社奥宮が鎮座する猿岩があり、山頂には岩手県天然記念物に指定されたユキツバキ群落地帯がある。またダムより上流の焼石岳にもユキツバキやヒメカユウの群落があり、下流にはミズバショウ群生地帯である馬留湿地がある。猿岩は石淵ダム建設に際し原石山として火薬による発破が繰り返されたが、その後の調査で猛禽類の行動圏に含まれていることから胆沢ダム施工に際しては原石山の予定を取りやめた。石淵湖に飛来する鳥類はオオタカ、クマタカ、サシバなどの猛禽類やイワツバメ、フクロウ、カワセミのほかコハクチョウを始めとした水鳥など多種多様の鳥が飛来することが2002年(平成14年)に国土交通省の『河川水辺の国勢調査』により明らかになっている。1968年7月22日には石淵ダム・石淵湖が焼石岳などと共に栗駒国定公園の指定を受けている。 またダム下流には縄文時代前期の成立と推定される環状集落・大清水上遺跡や約500年前に建設されたと考えられている旧穴山堰の水路・隧道といった歴史的に貴重な文化遺産があるほか、ダム直下流で胆沢川に合流する尿前川には胆沢川合流点付近に発達した柱状節理によって形成された尿前渓谷といった景勝地もある。しかし尿前渓谷については胆沢ダム完成に伴い石淵ダムと共に水没する運命にある。またかつてはダム直下流右岸に尿前温泉があり、ホテルも営業していたが胆沢ダム建設に伴い現在は建物が撤去されている。

    石淵ダムへは公共交通機関であればJR東北本線・水沢駅、または東北新幹線・水沢江刺駅が最寄となる。水沢駅からは岩手県交通バス馬留線に乗車し終点のひめかみスキー場バス停を下車すると胆沢ダム手前に到着する。そこからは徒歩またはタクシーで石淵ダムへ向かうことになる。一方自家用車の場合は東北自動車道平泉前沢インターチェンジ(東京都内・仙台市方面から)または水沢インターチェンジ(青森市・盛岡市・秋田市方面から)が最寄となり、国道4号から国道397号を横手市方面へ曲がり、直進する。胆沢ダム建設に伴う付け替え国道に入り、胆沢ダム通過後トンネルを抜けると石淵ダムの看板が見えてくるので左折し直進すると旧国道に入り、程なくダムに到着する。ダムへの立入りは洪水吐き上部までであり、ロックフィルダム部は立入禁止である。またダム直下流にはダムを下流から一望できるアーチ橋の尿前橋が架かるが、岩手・宮城内陸地震と東日本大震災の影響で崩壊の危険性があり、通行止めとなっている。このため猿岩隧道方面には進むことは出来ない。

    ウェブサイトおよびPDFのリンクについては出典の節に掲載。 1. 岩手県『岩手県企業局胆沢第二発電所』 2. 岩手県『企業局のあゆみ』 3. 岩手県交通『胆江地区時刻表目次』 4. 全国河川総合開発促進期成同盟会『河川開発』第60号、1983年 5. 建設省河川局監修・財団法人ダム技術センター編『日本の多目的ダム 直轄編 1990年版』山海堂、1990年 6. 建設省河川局監修・全国河川総合開発促進期成同盟会編『日本の多目的ダム 1963年版』山海堂、1963年 7. 建設省東北地方建設局編『北上川百十年史』社団法人東北建設協会、1991年 8. 国土交通省東北地方整備局胆沢ダム工事事務所『胆沢ダム事業概要』 9. 国土交通省東北地方整備局胆沢ダム工事事務所『いさわの大地』 10. 国土交通省東北地方整備局岩手河川国道事務所『カスリン・アイオン台風から60年!』 11. 国土交通省東北地方整備局北上川ダム統合管理事務所『北上川ダム統合管理事務所管理概要 2011』、2011年 12. 国土交通省東北地方整備局北上川ダム統合管理事務所『北上川ダム統合管理事務所 地震復旧情報(終報)』、2009年 13. 国土交通省東北地方整備局北上川ダム統合管理事務所『ダム事業再評価 胆沢ダム建設事業説明資料』、2010年 14. 国土交通省東北地方整備局北上川ダム統合管理事務所石淵ダム管理支所『石淵ダム』 15. 財団法人日本ダム協会『ダム便覧』 16. 30年史編纂委員会編『電発30年史』電源開発、1984年 17. 島本和仁ら『2008年岩手・宮城内陸地震によるダムの被害調査報告』、2008年 18. 高崎哲郎『湖水を拓く 日本のダム建設史』鹿島出版会、2006年 19. 特定非営利活動法人風土工学デザイン研究所『扇頂の湖水誕生物語』国土交通省東北地方整備局胆沢ダム工事事務所、2006年 20. 山口嘉一・三石真也『東日本大震災調査報告会 2.8ダム ダムの臨時点検結果の概要と主要被害状況について』、2011年

    日本のダム - 日本のダム一覧 - 日本のダムの歴史 - 日本ダム史年表
    ロックフィルダム - 日本のロックフィルダム一覧
    多目的ダム - 日本の多目的ダム一覧
  4. 日本の重力式ダム一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/日本の重力式ダム一覧

    水資源機構 1998 水特法指定 埼玉 荒川 大洞川 大洞ダム 24.7 110 東京発電 1960 埼玉 荒川 吉田川 合角ダム 60.9 10,250 埼玉県 2001 水特法指定 埼玉 荒川 中津川 滝沢ダム 132.0 63,000

  5. 統一超商 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/統一超商
    • 概要
    • 主な子会社
    • 沿革
    • 主なサービス
    • 評価
    • 関連項目
    • 外部リンク

    1987年の発足に先立ち親会社の統一企業により1978年に前身となる統一超級商店[注 1]1号店をオープン、2019年9月時点で台湾国内で業界最多の5,579店舗を有する、最大のライバルは日本同様に全家便利商店(ファミリーマート、以下ファミマ)で、2社は超商雙雄(コンビニ界の2巨頭)と呼ばれている。また、超商雙雄にOK超商と萊爾富便利商店を加えて四大超商(四大コンビニ)とも呼ばれる。 台湾では各店舗は「○○門市」と表記される。台湾国外にも進出し、中国大陸では完全子会社が上海を中心に90店舗、出資比率55%の統一銀座が山東省で約300店舗、出資比率52.22%のフィリピンでも2,864店舗を運営(2019年12月時点)。特にフィリピンでは2015年時点でファミリーマート、ミニストップ、ローソン、サークルKの他社を店舗数で圧倒し、統一超にとって同国は台湾国外に於ける最大の稼ぎ頭に成長していた。 2000年に米国セブンから永久ライセンスを取得している。日本のセブン&アイ・ホールディングスとは資本関係はない。市民からは「小七(セブンちゃん)」の別称で親しまれている。 2014年の香港紙852郵報(中国語版)調べでも面積あたりの店舗数では都市国家の澳門・香港よりは少ないが、日韓両国よりも密度は高く、人口1万人あたりの店舗数では2.10店とセブン進出各国で最多であり[* 1]、以下のように2018年の統計でも変わっていない。

    創業20数年で統一流通次集団(中国語版)傘下に以下の各子会社を束ね、サプライチェーンを効率化している。 1. 捷盟行銷(1990年三菱食品と合弁で設立した物流子会社) 2. 統奕包装(包装資材製造子会社) 3. 捷盛運輸(商品配送) 4. 楽清服務(清掃子会社。ダスキンとの合弁。1994年より) 4.1. 統一多拿滋(中国語版)(ミスター・ドーナツ、2004年より) 5. 統一生活事業(ドラッグストア『 コスメド(中国語版)(康是美)』、1995年より) 6. 統一型録(通販子会社) 7. 悠旅生活事業(スターバックス/星巴克)運営、1997年「統一星巴克股份有限公司」として開始) 8. 統一資訊(POS、eコマース部門) 9. 首阜企業管理顧問(接客教育) 10. 大智通文化行銷 11. 統昶行銷 12. 統一武蔵野(日本の食品製造武蔵野との合弁、1999年より) 13. 台湾無印良品(2003年より) 14. 統一速達(中国語版)(ヤマト運輸と合弁、1999年より) 15. 統一夢時代(ショッピングモール) 16. 統一時代百貨(百貨店) 17. 二十一世紀生活事業(フライドチキンチェーン21風味館(中国語版)) 18. 博客来(書籍通販) 19. 愛金卡公司(中国語版)(ICカードicash) 20. 統一薬品(中国語版)(製薬、化粧品) 21. 台湾家楽福(カルフールの台湾展開、1987年より)

    1978年 - 「統一超級商店股份有限公司」と米国のサウスランド・アイスカンパニーの共同で「統一超級商店」の営業を開始するも経営は芳しくなかった。
    1980年2月9日 - 第1号店となる7-Eleven「長安門市(その後「鑫長安門市」に改名)」を台北市長安東路一段53巷1-6号で開店し、台湾初の24時間営業のコンビニとなる。
    1982年11月 - 長期間の赤字により、親会社の統一企業「超商事業部」へ吸収。
    1983年8月2日 - 第70号店「重慶南路門市」を中正区重慶南路一段(中国語版)に出店。

    徐重仁(中国語版)(1987年から2012年まで社長に相当する総経理)は、日米のコンビニ業の発展状況から国内市場は1990年代以降もまだ拡大の余地があると判断した。2000年時点で2,000店舗達成を掲げ、その手段として物販以外の店舗サービス拡大が不可欠として、何度も日本を視察した。

    台湾の経済誌「天下雑誌(中国語版)」が行っている「500大サービス業」では2014年からの5年では9位、7位、8位、9位、7位と毎年上位にランクインしている。 また、中国時報グループが2012年以降開催している「台湾服務業大評鑑」でのコンビニ部門では以下のように毎年トップを争い、銀牌の年はファミマが首位を獲得している。 1. 2020銀牌 2. 2019銀牌 3. 2018金牌 4. 2017銀牌 5. 2016金牌 6. 2015銀牌 米国のフォーブスがランク付けをしている「フォーブス・グローバル2000」では以下のようになっている。 1. 2019年度が1,803位 2. 2017年度が1,647位 3. 2016年度が1,832位 4. 2014年度が1,844位 大手会計事務所デロイトによる「世界の小売業ランキング(英語版)」(Global Powers of Retailing)では以下の通り[注 7]。上位250位内に台湾勢で唯一かつ毎年ランクインしている。 1. 2020年度が142位 2. 2019年度が148位 3. 2018年度が154位 4. 2017年度が158位 5. 2016年度が160位 6. 2015年度が156位

  6. 日本の川一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/日本の川一覧

    エネルギー資源 石油・天然ガス資源 電力会社 水力 火力 風力 原子力 太陽光 バイオマス 捕鯨 新聞 交通 自動車 日本車 道路 高速道路 一覧 バス オートバイ タクシー 鉄道 地下鉄 モノレール 新幹線 空港 国際空港 航空機産業 自転車 港湾 郵便番号 電話番号 携帯 ...

  7. 台湾の交通 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/東西向快速公路
    • 概要
    • 陸上交通
    • 航空輸送
    • 海上交通
    • 外部リンク

    台湾の交通は東西は中央山脈で、南北は河川により阻害されている。そのため初期の台湾の交通は小船による沿岸航行による交通が主であった。当時の台湾では「一府二鹿三モウコウ(艋舺)」という言葉があり、海運の発達により現在の台南、彰化県鹿港、台北万華が重要な地位を占めていた。清朝統治末期になるとようやく南北の陸上交通整備が行われ、また東西の交通に関しても沈葆楨、呉沙等によって淡蘭古道、八通関古道等、雪山山脈や中央山脈を貫く山道が整備された。陸上交通の整備は更に進められ劉銘伝による基隆-台南間の鉄道敷設計画が立てられた。しかし後任の清朝官人は台湾のインフラ整備を重視せず、鉄道は大甲渓までの測量を完了させながら、実際には基隆-台北間、台北-新竹間のみが開通したに過ぎなかった。それでも中国大陸に先んじた鉄道敷設は交通史の中で特筆に価する事跡と言える。 日清戦争後下関条約が締結されると台湾は日本に割譲され、台湾総督府主導の下、現在の台湾交通の基礎が整備されることとなった。縦貫線が新竹より屏東県枋寮まで延伸されたほか、それまで交通整備が遅れていた東部の花蓮-台東間の鉄道建築も進められた。また西部平原では産業の発展に従い糖業、塩業専用の軽便鉄道が整備された。また軍事空港の整備に伴い航空路線も開設されていった。この時期の台湾は日本内地同様左側通行が採用されており、中華民国政府による接収後に右側通行に改められた。 中華民国政府遷台(英語版、中国語版)後は両岸関係の緊張が高まり、軍事要求に応えるための南北平行予備線、西螺大橋、中部横貫公路などの交通整備が行われた。また鉄道の電化、環島鉄道計画、高速道路、捷運、高速鉄道などの計画が立案・実行され現在の台湾の交通システムが完成している。

    道路

    1. 公道総延長距離:41,475km (2014年) 1.1. 国道:988km(+汐五高架、五楊高架、新生高架1054KM) 1.2. 省道:4,721km(快速公路737km) 台湾の道路交通は本島及び離島地区を網羅しており、その管理体系より国道、省道、県道、郷道、專用道路の5種類に区分されている。また地方自治体が設置する「大道」「快速道路」「市道」「区道」にも市区道路(都市道路)となっている道路が存在する。国道標識は中華民国国花の梅をデザインしたものであり、現在まで8路線が高速道路として整備されている。主要な国道を紹介すると、国道1号は中山高速公路と称され、1970年代に基隆港と高雄港を結ぶ総延長373.3kmとして着工された。国道3号はフォルモサ高速公路と称され基隆から屏東県林辺を結ぶ高速道路である。国道5号は蔣渭水高速公路と称され国道3号の南港ICより分岐し宜蘭蘇澳までの高速道路であり、台湾の東西を連絡する唯一の高速道路となっている。 省道標識は盾型であり、現在約60路線(省道番号を使用する自動車専用道路を含む)が整備されている。台北市の忠孝路と中山路の交差点(台5線...

    自動車輸送

    台湾の自動車輸送はバス旅客輸送、観光バス旅客輸送、タクシー、乗用車レンタカー、貨物車レンタカー、貨物輸送に分類されている。

    鉄道輸送

    台湾の鉄道輸送は台湾鉄路管理局路線、産業軽便鉄道、捷運、ライトレール、ケーブルカー及び高速鉄道などのシステムが存在している。 台湾の鉄道輸送は日本統治時代に本格的に整備され全島にわたって路線が敷設された。太平洋戦争の終結に伴い国民政府により台湾が接収されると、それまでの鉄道重視の交通政策からアメリカの影響を受け自動車輸送を中心とした交通政策が採用された。しかし都市部では渋滞改称や大気汚染の観点から鉄道輸送が見直され台北市などでは捷運の敷設が積極的に推進されるなどの変化が見られる。2006年8月22日、行政院経済建設委員会は将来は道路建設に代わり鉄道建設を推進し環境問題を解決すると正式に宣言している。

    空港

    台湾の空港の大部分は軍民共用となっており、民用部分に関しては交通部民用航空局により管理されている。桃園市の台湾桃園国際空港が国際線空港、台北市の台北松山空港と高雄市の高雄国際空港は国際国内線空港として整備され、それ以外に台中市の清泉崗空港、花蓮市の花蓮空港、馬公市の馬公空港が国際線チャーター便を取り扱っている。 そのほか国内線専用空港としては嘉義空港、台南空港、屏東空港、恒春空港、澎湖県七美空港及び望安空港、緑島空港、台東空港、蘭嶼空港、金門空港、馬祖南竿空港及び馬祖北竿空港が存在している。 1. 総数:18 2. 滑走路全長3,047m以上:6(桃園、台中、高雄、台南、嘉義、屏東) 3. 滑走路全長2,438m以上3,047m未満:5(金門、馬公、花蓮、松山、台東) 4. 滑走路全長1,524m以上2,437m未満:2(恒春、南竿) 5. 滑走路全長914m以上1,523m未満:4(北竿、蘭嶼、緑島、望安) 6. 滑走路全長914m未満:1(七美)

    ヘリポート

    1. 総数:9(2006年) 東引、東莒、西莒(連江県政府)、小琉球(屏東県政府)、玉里(花蓮県玉里鎮公所) 嘉義竹崎(中興航空公司)、渓頭米堤(個人)、天龍(個人)、童総合医院(個人)

    航空会社

    台湾を代表する大手航空会社には、スカイチーム加盟のチャイナエアラインとスターアライアンス加盟のエバー航空があり、国内線を中心に運行するのは、ユニー航空(エバー航空の子会社)、華信航空(チャイナエアラインの子会社)、徳安航空となっている。

    概況

    周囲を海洋に囲まれた台湾では海上交通が発達し、国際貿易も海上輸送に依拠している。港湾は現在交通部が管理する商業港湾と、経済部が管理する工業専用港湾、行政院農業委員会が管理する漁港に分類される。 交通部は現在高雄港務局、基隆港務局、花蓮港務局及び台中港務局を設置し書く港湾を管理すると同時に、金門県政府、連江県政府に委託し港務処を設置し、当該地域の商港の管理を行っている。

    国際商業港湾

    最大の規模を誇る高雄港は世界の5大貨物取扱港湾となっており、それ以外に基隆港、台中港、花蓮港が国際貨物を取り扱っている。また補助港湾施設として台北港(基隆港の補助港湾)、蘇澳港(基隆港の補助港湾)、安平港(高雄港の補助港湾)が設置されている。

    国内商業港湾

    現在は4港が設置されている。嘉義県の布袋港、澎湖県の馬公港は離島輸送及び観光を主とし高雄港務局により管理されている。その他の金門港及び馬祖港は当該地域の地方政府により運営され、台湾国内のみならず小三通政策により中国との直行航路が開設されている。

  8. アラブ人 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/アラブ
    • 概要
    • 遺伝子
    • 主なアラブ人国家
    • 著名・有名なアラブ人
    • 関連項目

    ムハンマド以前、アラブ人は統一された社会共同体もなく、部族社会を形成していた。部族はたびたび水資源や利権を巡って争い、破壊や略奪といった無法な行為を行っていたものの、戦では詩の優劣で勝敗を決めることがあるという非常に発達した精神文化も備えていた。ムハンマドによるイスラム教の創始以降、イスラム教のもとでイスラム文化は最高潮に達し、イスラム世界では錬金術を原点に各種の科学や数学、哲学が発展し、文学の発展もあった。しかし17~18世紀ごろを境にして、後にヨーロッパで起きた科学革命や産業革命に後れを取るようになった。 「アラブ人」という概念は人種的存在とは言えない。むしろセム語(アラビア語)という言語を共有する人々としてであったり、聖書に窺える、ある人物を始祖とするという共通概念で規定される。アラブ人は旧約聖書に登場するアブラハムが妻サラの女中であるハガルとの間に生ませた長男のイシュマエルを祖とするイシュマエル人の子孫と称し、イサクの次男ヤコブの子孫であるユダヤ人とは別の民族になったとしている。民族的概念と人種的概念が一致しないという点で、アラブ人とユダヤ人は共通するといえる。最初のアラブ人はアラビア半島の住民である(いわゆる「アラビア人」は、イスラム教徒でもある彼等およびその子孫全般のみを指す)が、イスラム教の聖典のクルアーンはムハンマドを通じてアラブ人にアラビア語で伝えた神の言葉とされているため、イスラム教の拡大によってベルベル人やエジプト人、そしてメソポタミア人(イラク人)などの近隣の多くの人々が言語的に同化させられ、アラブ人となった。その後、20世紀初頭にオスマン帝国や欧州列強の植民地支配に対する抵抗運動の中で汎アラブ主義が勃興し、アラビア語話者の間に「アラブ人」という民族意識が補強された。 ただし、キリスト教徒のアラブ人にはアラブ人としての民族意識は宗派によってばらつきがあり、東方正教会の信者には(パレスチナ難民内にも多くの信者がいることもあり)有力な汎アラブ主義指導者(ジョージ・ハバシュなどのように一部は「テロリスト」とされることもあった)になる者もいる。 その一方で、レバノンのマロン派の信者は古代フェニキアの子孫としての民族意識が、イラクなどのアッシリア人は古代バビロニア、アッシリアの子孫としての民族意識が、エジプトのコプト正教会の信者はコプト語の話者で...

    アラブ人を特徴づける遺伝子はY染色体ハプログループJ1である。このタイプは現在アラブ人の分布する中東~北アフリカで高頻度にみられる。特に北アフリカではアラブ人の入植により急速にJ1が広まったものと推定される。人種的なアラブ人は上記の通りなのだが人種的なアラブ人 つまりアラビア半島出自のアラブ人はサウジアラビア オマーン アラブ首長国連邦 カタール バーレーン クウェート ヨルダン(現在パレスチナ系 メソポタミア系の難民が7割を占める)、エジプト チュニジア モロッコ アルジェリアで多い。シリア イラク レバノン はメソポタミア系やイラン トルコ系、リビアはベルベル人 、イエメンは原始アラブ人だが文化的にはアラブ人と定義づけられている。

    アルジェリア - ただし、人口の約20%はベルベル人である。
  9. 夢の扉 〜NEXT DOOR〜 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/夢の扉_~NEXT_DOOR~
    • 番組概要
    • 出演者
    • スタッフ
    • 放送休止

    様々な分野で活躍している人物を紹介し、番組の終盤にこれからの目標をMY GOALに記してもらう。 同番組は民放連の「児童・青少年に見ていただきたい番組」に推薦されている。また、千住明による音楽も評価が高い。 上記の通り、2011年4月3日で放送終了し、翌週の4月10日からは『夢の扉+』と改題・リニューアルして放送されている。音声モードもモノラルからステレオに変更された。

    ナレーター

    1. 宮沢りえ(女優、放送開始 - 2007年9月30日) 2. 長峰由紀(TBSアナウンサー、2007年10月7日 - 2010年3月28日) 3. 出水麻衣(TBSアナウンサー、2010年4月4日 - 終了まで) 4. 堀井美香(TBSアナウンサー、2010年8月29日 - 終了まで)

    ドリームナビゲーター

    番組リポーター。2010年9月19日を最後に廃止。 今まで出演した全ドリームナビゲーター

    総合演出:田中経一
    総合構成:尾首大樹
    構成:古井知克
    音楽:千住明
    2006年以降は世界陸上開催の時期は世界陸上中継で放送休止となる。
    2006年1月1日は『最強の男は誰だ!壮絶筋肉バトル!!スポーツマンNo.1決定戦XXXI』を放送のため、休止。
    2006年7月23日はプロ野球サンヨーオールスターゲームの第2戦中継(7月22日は降雨中止となったため)のため、放送休止となった。
    2006年12月31日は『K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!』を放送のため、休止。
  10. 恐竜大戦争アイゼンボーグ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/アイゼンボーグ
    • 概要
    • ストーリー
    • 登場人物
    • 主題歌・挿入歌
    • スタッフ
    • キャスト
    • 放送局
    • コミカライズ
    • 帰ってきたアイゼンボーグ
    • 備考

    『恐竜探険隊ボーンフリー』『恐竜戦隊コセイドン』と合わせて「円谷恐竜三部作」と称されるシリーズ作の第2作。第1作の『ボーンフリー』と同様、キャラクター部分はアニメ、恐竜や巨大ヒーローの活躍場面は特撮実写で製作された。企画は前作の続編として円谷プロダクションと旭通信社との間で企画されていたが、広告代理店が東急エージェンシーに代わり、放送局もNETから東京12チャンネルに移動した。 前作『ボーンフリー』では恐竜の保護を中心としたことで戦闘描写をしづらくなった反省から、恐竜を人類の敵として描き、それに対して主人公のアイゼンボーグ率いるD戦隊が立ち向かうという設定となっている。また、特撮も前作でスケジュールを圧迫していたモデルアニメーションから着ぐるみを中心としたものになった。 本作品企画当初は主役が男女によるコンビという設定は無かったが、タイトルを付ける時にトミーの高橋靖男がまずドイツ語で鉄を意味する「eisen(アイゼン)」から「アイゼンボーグ」のタイトルを決め、そこから主人公の二人の名を「愛」と「善」にし、兄妹のキャラクター設定を作っていった。 立花兄妹は合体(アイゼンクロス)することにより戦闘形態である「アイゼンボーグマン(劇中では未呼称)」となり、その際のエネルギーによりアイゼンI号は超戦闘マシン・アイゼンボーグ号に変形する。だが、視聴率不振などのため、第18話からはテコ入れとして愛の超能力でアイゼンボーグマンとアイゼンボーグ号が合体し、男女2人の合体によって巨大ヒーロー「アイゼンボー」が登場する。敵についても、「恐竜軍団を率いる恐竜の長」から、「怪獣を使い地上を侵略しようとする恐竜魔王」への交代といった路線変更がなされている。 ドラマ性に関しては、当初は主人公の愛と善の2人の兄妹愛を軸に比較的シリアスなストーリーを展開していたが、番組後半からコメディ色が強くなり、唐突にピンク・レディーの「UFO」の曲にあわせて恐竜が踊るというお遊び的なシーンが入る話(第19話)や、敵側の視点から徹底したコメディとして作られた第30話のようなエピソードもみられた。その一方、シリーズを通して恐竜帝王ウルルや恐竜魔王ゴッテス、調教師ソビーナによってやむを得ず地上侵略を行う恐竜の悲劇を描いたシリアスなドラマも描かれた(第6話など)。鳥居博士の知り合いの映画監督が自らの撮影所(東宝...

    1986年、七千万年前に絶滅したはずの恐竜たちが、超能力を持って蘇り人類に宣戦を布告した。事故で重傷を負いサイボーグとなった立花愛と善の兄妹は、地球上のあらゆる生物による攻撃から人類を守るプロジェクトチーム・D戦隊の仲間たちとともに戦闘マシンを駆って恐竜軍団に立ち向かう。やがて戦いは新たな敵、恐竜魔王ゴッテスや戦闘巨人アイゼンボーの参戦で、より激化することとなった。

    D戦隊

    共通の形状の制服を着用するが、善は赤、愛は緑のスーツを着ている。 立花 善 1. 1年前、父が進めていた対恐竜戦闘車の開発中に事故に巻き込まれ、鳥居博士によってサイボーグとして蘇生した。冷静な判断と熱い心を併せ持っている。愛とクロスすることによってアイゼンボーグマンになる。母は愛を産んで間もなく病死、父は一年前の事故の際に死亡している。サイボーグである善と愛は、人間以上の聴覚と、深海の水圧にも耐えられる丈夫な体を持つ。目には赤外線アイを、右手首に通信機を内蔵している。鳥居博士以外のD戦隊のメンバーは皆、光線銃を携帯し、制服の右肩に赤外線ライトを装備している。体を損傷した状態でアイゼンクロスを行うと、体に強い負担がかかる。また、体が強い磁力を帯びるとクロスしても弾かれてしまう。戦いの後、愛と共に宇宙の平和のために旅立った。 立花 愛 1. 善の妹。兄と共に事故に遭い、鳥居博士によってサイボーグとして蘇生した。性格は勇敢かつ優しく、子供や未洗脳の恐竜に慈愛の心を持って接する。善のことは「善」と呼び捨てで呼んでいる。善とクロスすることによってアイゼン号に吸収され、アイゼンボーグ号の完全...

    恐竜軍団

    地底の大空洞で密かに生息していた恐竜たちが、暗黒星雲・ガザリヤ星人であるゴッテスの手によって強制的に地球征服の尖兵にされ、地上に現れた軍団。母星である70光年彼方のレグルス系の惑星ガザリヤ星の水資源が枯渇したため、よく似た環境の地球を植民星にすることがゴッテスたちの侵略目的だった。1億年もの間に独自の進化を遂げ、防衛軍の最新鋭兵器が通用しない頑強な肉体を誇り、火炎の息や怪光線といった超能力を身につけている。目から放つ光線により、犬やコウモリなどの動物を赤く変色させ、凶暴化させる能力を持つ。この能力に操られた動物はカラージュと呼ばれ、強い電気ショックを受けるか、操っていた恐竜が倒されると元に戻る。尖兵として改造された恐竜は目が赤い。第19話までの恐竜が進化した怪獣は、恐竜と認識されているが、第20話のギラーはサイボーグ、第21話のガルウ以降はより完全な怪獣として改造された設定となった。最終決戦後は、ゴッテスが倒されゴッテスの支配下から解放されたことに喜びながら大人しく自分たちの世界へと帰り、出入り口はD戦隊によって塞がれた。 恐竜帝王ウルル 1. 恐竜軍団のボスである巨大なティラノ...

    その他

    ムサシ 1. 第38話でパトロール中の立花兄妹が出会った青年。胸に十字架型のペンダントを着けている。ゾビーナ・津波怪獣ワーラ・氷壁怪獣シーザラスに苦戦するアイゼンボーにゴールダを仕向けて助け、続く第39話(最終回)では立花兄妹を怪獣軍団の本拠地に案内、そしてゴッテスの急所がペンダントであることを見抜き、ペンダントに取り付いて再生能力を打ち消したが、ゴッテスの爆死に巻き込まれて自分も瀕死の重傷を負い、最後、自分が宇宙の平和を守るスペリオ星人であることを明かして絶命した。立花兄妹はこの後彼の遺志を受け継いで、宇宙へ旅立った。 銀河連邦獣ゴールダ 1. ムサシの用心棒的な正義の怪獣で、ムサシの十字架ペンダントから出撃する。武器は両腕をL字に組んで放つ光線。第38話でゾビーナ・ワーラ・シーザラスに苦戦するアイゼンボーを助けるべく出撃、続く第39話でも、ゴッテス・最終兵獣キラザウルス・火山怪獣マグマドン軍団(4号 - 6号)との戦いに加勢したが、最後はアイゼンボーを庇い、ゴッテスの投げた巨大岩石が命中して絶命した。

    オープニングテーマ:「戦え! アイゼンボーグ」 作詞:高木あきら / 作曲・編曲:津島利章 / 歌:サニー・シンガーズ、西六郷少年少女合唱団
    エンディングテーマ:「誓いの兄妹」 作詞:高木あきら / 作曲・編曲:津島利章 歌:西六郷少年少女合唱団
    挿入歌(第39話):「小さな出発」 作詞:満田かずほ / 作曲:子門真人 / 編曲:福井峻 /歌:朝霧マチ(現:葛城ユキ)※1973年のオリジナル曲の流用[注釈 11]
    総指揮:円谷皐(1〜2話)
    企画:東急エージェンシー、円谷プロダクション
    原案:内山伊史、高橋靖男(東急エージェンシー)、円谷皐(円谷プロダクション)
    プロデューサー:新美隆雄、石川博(東京12チャンネル)、松島忠(東急エージェンシー)、円谷粲、大木淳(円谷プロダクション)

    声の出演

    1. 立花善:上恭ノ介 2. 立花愛:麻上洋子(現・一龍斎春水) 3. 黒沢一平:兼本新吾 4. 鳥居博士:水鳥鉄夫 5. 神原五郎、ウルル:滝口順平 6. 恐竜魔王ゴッテス:筈見純 7. 魔女ゾビーナ:高橋和枝 8. その他:プロダクション・河 9. ナレーター:森功至、村山明

    スーツアクター

    スーツアクターは『ウルトラマンレオ』や『メカゴジラの逆襲』を担当した二家本辰巳と河合徹が中心となった。二家本は殺陣師のいた『レオ』との差別化を考慮し、フランケンシュタイナーと同様の技をかけるなど、よりハードな技を用いている。 1. アイゼンボー(アクション)、恐竜:二家本辰巳 2. アイゼンボー(変身シーン)、恐竜・怪獣:河合徹 3. 恐竜・怪獣:グループ・ブイ

    小学一年生 1977年11月号 - 1978年3月号連載・作画:細井雄二、いのうえだいすけ
    小学二年生 1977年11月号 - 1978年3月号連載・作画:とのづかみのる

    2017年12月5日に日本のアニメや子供番組を専門に流す中東限定のチャンネル「スペース・トゥーン」にて放送された、『恐竜大戦争アイゼンボーグ』のドキュメンタリー番組。関係者やスタッフインタビューのほか、田口清隆が監督した新規撮影パートの短編ドラマ「不滅のD戦隊!時を超えた闘い!!」で構成されている。2017年12月29日には、YouTubeの「ウルトラチャンネル」で日本語版が公式配信された。 原典は中東地域で人気が根強く、サウジアラビアの皇太子が打ち出した政策の1つ「サウディ・ヴィジョン2013」のもと、リヤド出身のジャッラーハ・アルフレイルとアズィーズ兄弟の協力や現地からの強い要望と尽力により制作が実現した。2014年に円谷プロがドバイでイベント「IGNコンベンション」に出展していたことや、原典を知る者が少ない現在の円谷プロのスタッフを驚かせたほどジャッラーハが原典に詳しいことから、2015年には始動に至った。「中東向けに新テレビシリーズを」という希望もあったが予算的に難しいので、まず原典と日本の特撮文化を紹介するドキュメンタリーを作ろうということになり、2016年にドキュメンタリーパートと新撮パートの撮影が行なわれた。 ドラマの新規撮影に際し、アイゼンI号とアイゼンII号以外は原典当時の撮影素材が残っていなかったため、修復したそれら2機以外は新作することとなった。当初、円谷プロは現代風にアレンジしたデザイン案を提示したが、ジャッラーハは原典を復活させたいという思いから、それを断った。ジャッラーハの思いを理解した円谷プロは可能な限り原典に近いものを制作し、当時の特撮スタッフによる監修のもとで現在のスタッフが撮影する体制を組んだうえ、アクションについても当時のアイゼンボーを演じていた二家本辰己に監修してもらった。合成を使用していない飛行シーンでは、当時のイメージを操演によって踏襲しているものの、キャメラワークは現代的にアレンジしている。また、プロップもサイズ感などは原典と同様のものを再現することを意図している。なお、撮影現場にはアイゼンボーのフィギュアを作って発表したことから中東のファンにも知られる声優の関智一も、見学に訪れていたという。 また、同様のセットを使用していた関係から『ウルトラマンオーブ』などに登場したビルも映っている。 アラビア語への吹き替えにつ...

    本作品の本放送当時はウルトラシリーズのブームが来ており、関東地方では同シリーズの再放送が早朝や夕方に頻繁に行なわれていた。その世相を反映し、第27話や第35話では劇中劇として、目が光っていないウルトラマンとウルトラマンタロウが登場するテレビドラマが放送されていた。主題歌には『帰ってきたウルトラマン』が使われている。
    本作品のBGMは、同じ作曲担当の津島利章が手がけていた『プロレスの星 アステカイザー』からの流用が多い。また、一部の楽曲は次作『恐竜戦隊コセイドン』にも流用された。
    2010年2月から10月まで、チャンネルNECOの「円谷特撮アワー」枠にて放送が行われた。
    イタリアでは、イタリア版『メガロマン』の主題歌を歌ったMegalonsingersがオリジナルの主題歌「I-Zenborg」を歌っている。また、韓国でも放送された。
  11. 其他人也搜尋了