Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 相關搜尋:

  1. 陸奥亮子 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 陸奥亮子

    陸奥 亮子(むつ りょうこ、安政3年(1856年)11月 - 明治33年(1900年)8月15日)は、明治時代の政治家で外交官でもあった伯爵・陸奥宗光の妻。 日本赤十字社正社員。その美貌 [注釈 1] と聡明さによって「ワシントン 社交界の華」と呼ばれた。

  2. 開心那 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 開心那
    • 経歴・人物
    • 関連項目
    • 外部リンク

    北海道虻田郡倶知安町生まれ。苫小牧市に在住。 5歳で競技を始め、地元から札幌にある練習場に通う生活を送る。 2018年に出場した日本スケートボード選手権では4位、翌2019年の同大会では当時10歳で初優勝。同年のデュー・ツアー(英語版)(アメリカ合衆国)では3位に入った。 2020年東京オリンピックの選考対象大会である2021年5月のデュー・ツアーで5位に入り、中村貴咲を抜いて世界ランキング日本勢3番手についたことで、日本代表入りした。12歳11ヶ月での夏季オリンピック出場は、日本人史上最年少とされる[注 1]。 2021年8月4日、2020年東京オリンピックのスケートボード・女子パーク決勝にて59.04点をマークし、銀メダルを獲得した。12歳11ヶ月でのメダル獲得となり、これにより、同競技の女子ストリートで金メダルを獲得した西矢椛の13歳10ヶ月を更新し、日本選手史上最年少でのメダリストとなった。

  3. 貴乃花光司 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 貴乃花光司

    貴乃花 光司(たかのはな こうじ、1972年 8月12日 - )は、東京都 杉並区出身の二子山部屋(入門時は藤島部屋)に所属した元大相撲 力士で第65代横綱である。 本名は花田 光司(はなだ こうじ) [2]。愛称は「貴」、「コウジ」。相撲協会退職後は本名や「元 貴乃花親 ...

  4. 仁祖 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 仁祖
    • 家族
    • 生涯
    • 日本との関係
    • 家系

    第14代国王宣祖の庶5男定遠君(チョンウォングン)李琈(元宗)の長男として生まれた。母は左参賛・具思孟の娘である仁献王后である。幼名は天胤、諱は倧、字は和伯、号は松窓といった。1607年12歳で綾陽君(ヌンヤングン、りょうようくん)に奉じられている。王妃は韓浚謙の娘である仁烈王后(インリョルワンフ)で4男が生まれた。後添えの妃は趙昌遠の娘である荘烈王后(チャンリョルワンフ)で子はなかった。第15代国王光海君の甥にあたる。実弟に綾原大君(朝鮮語版)(ヌンウォンデグン、りょうげんだいくん、1598年 - 1656年)、綾昌大君(朝鮮語版)(ヌンチャンデグン、りょうしょうだいくん、1599年 - 1615年)、綾豊君(ヌンプングン、りょうほうくん、夭逝)がいる。

    生誕

    壬辰倭乱により父の定遠君が海州へと逃れた時分に誕生。生まれたときには、赤い発光という超常現象が発生した。スピーチなどでしゃべるのは苦手だったことから、吃音症ではないかともいわれる。かわりに、文字の学習は早かったことから祖父の宣祖に可愛がられた。右足にいぼがあったため、漢の高祖の再来とされた。

    仁祖反正

    綾陽君は本来王位を望める立場ではなかったが、明と後金が満州で対峙する国際情勢の中で中立政策を維持する第15代国王・光海君を生ぬるいとする西人派が1623年3月13日、宮中(宮廷)クーデターによって光海君を廃位し、仁祖を擁立して即位させた(西人の乱。朝鮮史上では仁祖反正という)。翌年、平安道で李适(朝鮮語版)の反乱が起り、一時ソウルを占領したが、間もなく鎮圧された。生き残った者は満州に逃れ、後金に仁祖の王位簒奪を告げた。

    相次ぐ侵略

    西人派政権は国際情勢に暗く、親明反後金政策を鮮明にし、明将毛文龍の鉄山(平安道)進駐を認めた。毛文龍は鉄山を根拠地としてしばしば後金の背後を襲ったため、後金主ホンタイジは1627年、アミン(阿敏)に3万の兵を授けて朝鮮討伐に向かわせた。後金軍は鴨緑江を越え、平安道の平壌を占領して中和まで達し、鉄山の明軍も蹴散らし、毛文龍は海島に逃れた。朝鮮の部将で後金に抑留されていた姜弘立の斡旋によって朝鮮側が和議に応じ、兄弟の盟約を結んだので、後金軍は引き返した (丁卯胡乱)。 その後、後金は遼西地方にも勢力を拡大して、国号を清と定め、瀋陽に遷都している。皇帝を名乗ったホンタイジはこれまで兄弟の関係であった朝鮮に君臣の関係を結ぶように迫った。朝鮮朝廷では和戦双方の議論が戦わされ、李貴(朝鮮語版)、崔鳴吉、洪瑞鳳(朝鮮語版)らクーデターの功臣は主和論を主張したが、大勢は名分論を振りかざす主戦論が優勢となり、朝鮮は清皇帝を認めず宣戦を布告するに至った。1636年1月、ホンタイジは10万の兵を率いて疾風のように鴨緑江を越え、わずか5日目にソウルを蹂躙した (丙子の乱)。 仁祖は当初、江華島に逃れて抗...

    朝鮮通信使は前王光海君の時代に回答兼刷還使として始められ、1607年と1617年に日本へ派遣されているが、仁祖の代になってからも1624年、鄭岦を正使、姜弘重を副使とする回答兼刷還使が3代将軍徳川家光の襲職祝賀のために派遣されている。再三日本側から通信使派遣の要請があったのにもかかわらず回答兼刷還使を派遣したのは、朝鮮の役の戦後処理を派遣目的とさせていたためである。 正式に信(よしみ)を通わす使者として通信使が日本に派遣されたのは、1636年の任絖を正使、金世濂を副使とする通信使を日本に派遣した時からである。翌年正月に三田渡の盟約によって清の冊封国となったので、本格的に日本との安定的友好関係を築こうとしたからであろう。このため、通信使任絖らは日本に朝鮮が大清の傘下に入ったことを伝えると共に南方物産確保のために特別に日本に赴いたものである。1642年2月、江戸幕府は対馬藩を通じて徳川家綱の誕生と日光の東照宮が完成されたことを祝う通信使の派遣を朝鮮に要求した。さらに東照宮の境内を飾るのに必要な国王の御筆、大蔵経、梵鐘、香炉などの贈り物も供与するように要請しており、仁祖は自らの御筆と叔父義昌君が書いた扁額を作成し、崔鳴吉らの重臣に祝賀詩文を書かせた。徳川家康の功徳を讃える銘文が刻まれた梵鐘も制作した。以上の贈り物は翌1643年に尹順之を正使、趙絅を副使とする通信使が訪日した際に幕府に贈られた。歴代の朝鮮国王のなかで3回も通信使を日本に派遣したのは仁祖と第19代国王の粛宗だけである。

    祖父: 宣祖(1552年 - 1608年)
    嫡祖母: 仁穆王后金氏(1584年 - 1632年)
    祖母: 仁嬪金氏(1555年 - 1613年)
    父: 定遠君/元宗李琈(1580年 - 1620年)
  5. 保甲制度 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 保甲

    清代以前 保甲制度の起源は、遠くは秦の商鞅による法に由来する。 商鞅の法は、「民ヲシテ什五ヲ為シテ、相ヒ収司連坐セ令ム」とし [1]、すなわち5戸で構成される「什五」という組を設け連帯責任を負わせた。その後、宋の王安石により、保甲制度が確立された。

  6. 北野貴章 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 北野貴章

    ... Kitano、1986年 3月2日 - )は、テレビ朝日総合編成局制作1部所属(バラエティ制作部)のプロデューサー・演出家。 大阪府立北野高等学校、京都大学 経済学部卒業。 『しくじり先生 俺みたいになるな!! 』の企画・演出を担当しテレビ朝日ゴールデン帯史上最 . ...

  7. 魁皇博之 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 魁皇博之
    • 来歴
    • 取り口
    • 逸話
    • 略歴
    • 主な成績
    • 改名歴
    • 著書
    • 関連項目
    • 外部リンク

    入門まで

    3人兄弟の末っ子として生を受けた。直方市立直方東小学校時代は空手を習っており、相撲の関わりはなかったが、直方市立第二中学校二年生の時に、友人からの誘いで柔道をはじめ、中学三年生時点で握力は85キロあったという。その巨体から、相撲部顧問の教師に相撲を勧められ、町内の相撲大会に出場していたが、実力的にはまだまだ取り立てて強かったわけでもなく相撲を取るのが楽しかったという思い出もなかったという。 入門前は、元大関北天佑の大ファンだったと言われている。北天佑も魁皇も、共に上手からの強烈な投げ技が持ち味の「怪力大関」と言われた。 中学時代、友綱部屋の後援者が相撲大会を観戦しており、勧誘されたことがきっかけで卒業後に友綱部屋に入門した。

    入門後

    1988年3月場所で、「古賀」の四股名で初土俵を踏んだ。同期には大海(後に64代横綱・曙)、貴花田(後に65代横綱・貴乃花)、若花田(後に66代横綱・3代若乃花)、和歌乃山(後に小結)、力櫻(後に幕内、プロレスラーに転向)など有望な新弟子がおり、「花の六三組」とも称された。貴乃花・和歌乃山・力櫻とは同い年・同学年であった。なお、入門当初は力士の名前をほとんど知らず、勧誘を受けるまで相撲部屋の存在すら知らなかった(当時はインターネットなど存在しなかったので相撲について気軽に知ることはできなかった)。 初めて番付に載った同年5月場所では負け越すなど滑り出しは良くなく、相撲嫌い と慣れない上京生活に苦しみ、入門半年後に脱走を試みたが、脱走先が後援者の家であったためすぐに連れ戻されてしまい、本人も脱走という行為に後悔を感じて部屋に戻る。その後は、花田兄弟や曙のような超特急の昇進とはいかないもののスピード出世を果たし、幕下時代の1991年九州場所で5勝2敗と勝ち越した。 1992年初場所で十両昇進。親方の「頂点を極めてほしい」との希望から四股名を「魁皇」と改名。1993年5月場所で新入幕と...

    入幕後・幕内初優勝達成

    新入幕場所は4勝11敗と大きく負け越し十両に陥落したが、同年11月場所に再入幕し10勝を挙げ、1994年3月場所には対横綱戦初挑戦で曙を下し、初金星を獲得したほか、若ノ花、武蔵丸の2大関を下すなど、初の三賞となる殊勲賞を受賞した。翌5月場所には小結に昇進し、1995年1月場所の新関脇場所から13場所連続で関脇に在位した(豪栄道に次ぐ歴代2位)。 その後も度々三役に上がり、大関候補として期待を寄せられたが、1997年5月場所11日目の貴ノ浪戦で左太股を故障し、怪我の回復が遅れて3場所連続休場するなど、足踏みする時期が長く続いた。大関昇進までに2度の優勝同点、4度の優勝次点、史上3位の15回の三賞受賞などを記録し、強豪力士の一人として曙・貴乃花全盛の1990年代の土俵に在った。1999年5月場所では終盤8連勝で12勝し敢闘賞を受賞したが、次の場所は8勝で終わり、11月場所では終盤9連勝で11勝し敢闘賞を受賞したが、次の場所で7勝と負け越した。 小結で迎えた2000年5月場所では、14勝1敗で幕内初優勝を果たす。福岡県出身力士としての優勝は1932年3月場所の小結沖ツ海(9勝1敗)以来...

    握力・腕力が非常に強く、入門して二年で、握力は90キロに到達。全盛期では110キロを記録し、入幕した頃には既にリンゴを握りつぶせたほどであった。左四つ右上手が絶対の形。 最も得意としたのは右からの豪快な上手投げ、小手投げで、魁皇の代名詞となった。小手投げに関しては、手繰りを活かして相手の肘を極めながら両手で抱え、力任せに横へ向かって打ち、浪之花、栃乃洋、琴龍、栃東、玉乃島、豪栄道、豊ノ島ら多くの力士がこれを受け、それぞれ左の肩、肘を負傷した。中でも浪之花は引退の直接的な原因となるほど深い負傷であり、玉乃島は怪我をして以降左腕が泣き所となってしまい、長期に渡り苦しんだ。数々の力士の腕を怪我させたことから、四股名をもじって「破壊王(魁皇)」と呼ばれ、重戦車と比喩されることも多かった。 強引な投げで鮮やかな勝ちを収める相撲スタイルの代償として、大関昇進後は腰痛など怪我に悩まされることが多くなった。場所ごとの好不調の波が激しく、好調な時は横綱をも負かしてしまうが、不調な時は平幕にあっけなく負けることもあった。また、若いころには精神的に脆い面があり連敗癖があって、上位に定着しながら大関になかなか上がれなかった理由の一つでもある。「気が優しくて力持ち」と言われる反面、「怪力だが気が弱い」「蚤の心臓」と揶揄されることもあった。 現役最晩年では怪我や加齢による衰えも顕著となり、立合いの鋭さ・重さに欠け、握力も70キロ台にまで落ちていた。左四つに組むことが難しくなり、組んでも左四つ得意の若手(稀勢の里、琴奨菊など)や、もろ差しがうまい豊ノ島には分が悪くなっていた。太ももの故障を抱えてからは、左右の動きが激しい相手に対処できずあっけなく土俵を割ることが増え、また上手投げが難しくなり叩きが増える相撲も多かった。 30代も半ばを過ぎた2007年7月場所から2010年9月場所まで20場所連続で二桁勝利を上げられず、休場と角番が増えた。この頃には、両差しから体格を利して一気に寄るという相撲も見せてはいるが、一方で立合いの駆け引きや変化・引き技に頼り、長年の経験と勝負勘の貯金で取っている相撲も増え、「勝っても首を捻る」光景がしばしば見られた。それでも守勢に回った際、手繰りや小手投げでしのぎつつ、時折左四つや突き押しを放ち豪快な相撲も見せていた。右上手を掴んだ際に沸き起こる観客の声援は非常に...

    四股名に入っている「皇」の文字は出身の直方市がかつて「皇方」と表記されていたことに由来し、これをとって師匠の友綱がつけた。 現役当時の力士の中では、高見盛(最高位・小結)を凌ぐほどの、一番人気の高い力士の一人であった。福岡県出身だけに、福岡市で開催される九州場所での館内での声援は絶大で、11月場所(九州場所)での声援は他の力士を圧倒していた。 2001年10月に九州旅客鉄道(JR九州)筑豊本線・篠栗線(福北ゆたか線)博多駅 - 直方駅間で運行を開始した特急列車の名称「かいおう」にも採用された。人名、しかも存命中の人物の名前がJRグループの列車名に採用されることは極めて異例で、出発式には魁皇本人も出席し、テープカットを行った。「かいおう」の運行決定は、魁皇が3度目の優勝をした2001年7月場所後だったが、翌9月場所は途中休場していた。魁皇の引退後も、JR九州は「かいおう」の名称について「(現時点では)改称の予定はない」とコメントしている。 魁皇の現役時代、地元の直方市では魁皇が勝利した場合、取り組みが終わった直後に花火が打ち上げられていた。当初は花火の打ち上げ免許を持つ男性が花火の打ち上げを担当していたが、2011年1月にその男性が亡くなってからは、地元の魁皇後援会の若者たちが花火の打ち上げを引き継いでいた(最後には、魁皇が引退した翌日の2011年7月20日に、魁皇と花火の打ち上げを行っていた男性に向けた感謝の花火打ち上げが行われた)。また、直方市の銘菓「成金饅頭」でも、地元出身の力士である魁皇を応援するため、11月場所の時には魁皇の焼印を押したものが販売されることもあった。 高砂部屋の弓取り力士に、「弓取り関取」で話題となった皇牙(元十両、2007年5月場所直前に引退。十両昇進後も引退直前まで弓取り式を務めた)がいたが、皇牙も直方市出身でしかも出身中学校(直方第二中学校)の5学年後輩であり、四股名は魁皇から一字拝借したものである。さらに、鳴戸部屋出身の元前頭・力櫻が、プロレス転向後「力皇」と改名したきっかけも、大相撲では同期入門だった魁皇にあやかったものと言われた。 2003年9月場所5日目の高見盛戦、左差しを使われ、あっさり土俵外へ出されてしまう(決まり手は押し出し)。魁皇は同年5月場所に11勝(次点)、7月場所に12勝(優勝)を挙げており9月場所に綱取りを...

    通算成績

    1. 通算出場:1,731回(歴代5位) 2. 幕内出場:1,444回(歴代2位) 3. 通算成績:1,047勝700敗158休(通算勝星:歴代2位、140場所)勝率.599 4. 幕内成績:879勝581敗141休(幕内勝星:歴代2位)勝率.602 5. 大関成績:524勝328敗119休(大関勝星:歴代1位)勝率.615 6. 現役在位:140場所 7. 幕内在位:107場所(歴代1位) 8. 大関在位:65場所(千代大海と並んで歴代1位タイ) 9. 関脇・小結在位:32場所(歴代2位)(関脇21場所(歴代2位タイ)、小結11場所(歴代8位タイ)) 10. 対横綱戦勝利:37勝(歴代6位・最高位が大関以下の力士の中では朝潮に次いで歴代2位)(曙6勝、貴乃花12勝、若乃花2勝、武蔵丸7勝、朝青龍8勝、白鵬2勝) 10.1. うち関脇以下で22勝、安芸乃島と並んで歴代1位タイ。 11. 通算(幕内)連続勝ち越し記録:14場所(1994年9月場所〜1996年11月場所) 12. 幕内2桁連続勝利記録:7場所(2003年11月場所〜2004年11月場所)

    各段優勝

    1. 幕内最高優勝:5回(2000年5月場所、2001年3月場所、2001年7月場所、2003年7月場所、2004年9月場所) 1.1. 最高位が大関以下の力士の中では優勝制度導入後歴代1位 2. 幕下優勝:1回(1991年7月場所) 3. 三段目優勝:1回(1990年7月場所)

    三賞・金星

    1. 三賞:15回(歴代3位) 2. 殊勲賞:10回(1994年3月場所、1995年1月場所、1995年9月場所、1996年1月場所、1996年5月場所、1996年7月場所、1997年3月場所、1998年3月場所、2000年5月場所、2000年7月場所)(歴代1位タイ) 3. 敢闘賞:5回(1995年11月場所、1996年11月場所、1999年7月場所、1999年11月場所、2000年5月場所) 4. 金星:6個(曙2個、貴乃花3個、若乃花1個)

    古賀 博之(こが ひろゆき)1988年3月場所 - 1991年11月場所
    魁皇 博之(かいおう -)1992年1月場所 - 2011年7月場所
    『怪力 ― 魁皇博之自伝』(自著、ベースボール・マガジン社、2009年11月)ISBN 978-4-58-310230-6
    『嫌いなことでも好きになれる。』(自著、徳間書店、2011年10月)ISBN 978-4-19-863269-4
    かいおう(JR九州の筑豊本線・篠栗線(通称・福北ゆたか線)で運行されている特急列車)
  8. 本間至恩 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 本間至恩
    • 来歴
    • 代表歴
    • 関連項目
    • 外部リンク

    小学校5年生の時に新潟市立南中野山小学校から村上市立神納東小学校に転校。朝日サッカー少年団を経て、アルビレックス新潟U-15へ加入。2015年、U-15日本代表に選出されてタイ遠征などに参加した。新潟U-18へ昇格し、高校2年時の2017年4月にはトップチームに2種登録された。同年5月31日のルヴァンカップ・グループステージ第7節ヴィッセル神戸戦に途中出場し、クラブ史上最年少で公式戦に初出場した。 2018年も継続して2種登録選手としてトップチームに在籍し、同年7月30日にトップチーム昇格内定が発表された。9月15日、第33節のツエーゲン金沢戦でリーグ戦初出場を果たすと決勝点を決めて勝利に貢献した。 2021年1月、オフにJ1からオファーも受けていたが、契約更新をして残留。

    U-15日本代表
    U-18日本代表
    本間至恩 - J. League Data Siteによる選手データ (日本語)
    本間至恩 (@Shionhonma) - Twitter
    本間至恩 (honmashion) - Instagram
  9. 吉本陸上競技会 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 吉本陸上競技会
    • 放送日
    • 対戦形式
    • 総合司会
    • その他の出演者
    • 主な大会記録
    • その他の競技
    • 優勝チーム
    • 吉本興業からの主な出場選手
    • スタッフ
    • 脚注
    第1回:2001年10月10日
    第2回:2002年10月27日
    第3回:2003年11月2日
    第4回:2004年10月31日

    以下の項目より、出場選手の芸名・コンビ名は、出場時点での名称で表記。 1. 第1回~第6回:紅組・白組による対抗戦 1.1. 男女選手による個人戦を主体に構成 2. 第7回~第8回:4チーム(巨人チーム、小枝チーム、きよしチーム、阪神チーム)による対抗戦 2.1. 競技の前に、各チームのキャプテンが、男女ともに自分のチームに入れたい選手を指名。ドラフト会議形式でチーム分けを実施した。 2.1.1. 巨人チーム 2.1.1.1. キャプテン:オール巨人(第7回~第8回) 2.1.1.2. 第7回副キャプテン:ブラックマヨネーズ 2.1.1.3. 第8回副キャプテン:川島明(麒麟)、月亭八光 2.1.2. 小枝チーム 2.1.2.1. キャプテン:桂小枝(第7回~第8回) 2.1.2.2. 第7回副キャプテン:なだぎ武(ザ・プラン9)、小籔千豊 2.1.2.3. 第8回副キャプテン:サバンナ 2.1.3. きよしチーム 2.1.3.1. キャプテン:西川きよし(第7回~第8回) 2.1.3.2. 第7回副キャプテン:ケンドーコバヤシ、たむらけんじ 2.1.3.3. 第8回副キャプテン:なだぎ武、たむらけんじ 2.1.4. 阪神チーム 2.1.4.1. キャプテン:オール阪神(第7回~第8回) 2.1.4.2. 第7回副キャプテン:シャンプーハット 2.1.4.3. 第8回副キャプテン:小籔千豊、土肥ポン太 3. 第9回:つっこみチームとボケチームによる対抗戦 3.1. 女性選手は出場せず、男性の漫才コンビを中心にチーム分け。個人戦主体の構成が復活。 3.1.1. ボケチーム 3.1.1.1. キャプテン:オール巨人 3.1.2. つっこみチーム 3.1.2.1. キャプテン:オール阪神 4. 第10回~第17回:吉本芸人チームとスーパーアスリートチームによる対抗戦 4.1. 吉本芸人同士による従来のチーム対抗戦から、男性芸人を1つのチームにまとめたうえで、賞金総額100万円(1種目の勝利につき20万円)をめぐって複数の種目でスーパーアスリートチームと対戦する形式に変更。このため、芸人チームのキャプテン制度や個人表彰などが廃止された。 4.2. 第10回から、仮装(主にレイザーラモンRGやテンダラー・浜本)でトラック競技に参加したり、フィールド競技では、試技前のイン...

    第19回時点 1. 解説 1.1. 月亭八方 1.2. 月亭八光(第15回~第17回・第19回) 1.2.1. 初期の大会に選手として参加した後に、第11回までリポーター専任で出演。第13回から一時、リポーターと解説を兼務していた。 1.3. なるみ 1.4. 陣内智則(第17回~、第3回までは選手として出場) 1.5. たむらけんじ(第19回) 1.5.1. 第7回までは、選手兼リポーターとして登場。ダイジェスト番組では、「たむけんカメラ」で楽屋や食事風景を撮影した模様も放送していた。 1.6. メッセンジャーあいはら(第19回) 2. 競技解説 2.1. 千葉真子(第7回~、産前産後休暇に伴う休演期間あり) 2.1.1. アスリートとしても、第10回で400mリレー、第17回で女子駅伝に参加。第19回では、駅伝限定で解説を担当した。 2.2. 武井壮(第13回~第17回・第19回) 2.2.1. スーパーアスリートチームの選手として参加しない競技を対象に、解説役を務めた。第18回では、戦え!スポーツ内閣チームの選手として競技に専念。第19回大会では、砲丸投げの解説と、400mリレーのスーパーアスリートチームアンカーとしての登場にとどめていた。 2.3. 伊東浩司(第19回:男子100m走) 2.3.1. 男子100m走における日本最速記録(10秒00)を2018年まで19年間保持していた実績を背景に、大会と連動した直前ロケ企画では、男子100m走に出場するワッキーと伊丹の指導も担当した。 2.4. 坂本直子(第19回:マラソン) 3. リポーター(「10km駅伝」では中継所のリポートを分担) 3.1. 浅越ゴエ(ザ・プラン9、第8回・第14回~第17回・第19回) 3.1.1. 第15回と第16回には、リポーターを務めながら、芸人チームのアスリートとして1種目ずつ出場(第15回:マスターズ100mハードル、第16回:2.5m走)。 3.2. ヤナギブソン(ザ・プラン9、第12回~第17回・第19回、第11回以前の大会では選手として出場) 3.3. 藤崎マーケット(トキ・田崎、第18回~、第17回までは選手として出場) 4. スペシャルゲスト(開会宣言) 4.1. 西川きよし(第16回では「吉本陸上競技会会長」という肩書で登場) 5. ゲストランナー 5.1...

    マラソン

    万博陸上競技場のトラック・通路・外周道路をコースに利用。第9回では、ワイナイナ(3分半遅れでスタート)に抜かれた選手がその場で脱落する"4.2195kmマラソン"として開催。第10回以降は、第9回と同じ趣向ながら、トラック・通路・外周道路を2周する5kmのコースに延長した。 "ハンデマッチ5kmマラソン"として開催された第16回では、リオ・デ・ジャネイロオリンピック男子マラソンにカンボジア代表として出場した猫ひろしも、スーパーアスリートとして参加。スーパーアスリートチームへのハンディキャップとして、猫のスタートを芸人より2分、ワイナイナのスタートを芸人より3分遅らせた。さらに、芸人チームからの参加者が両者より1人でも先にゴールへ到達できれば、「芸人チームの勝利」とみなした。 1. 第1回:西野亮廣(キングコング) 2. 第2回:西野亮廣(キングコング) 3. 第3回:西野亮廣(キングコング) 4. 第4回:アキ(水玉れっぷう隊) 5. 第5回:浜本広晃( $10) 6. 第6回:浜本広晃($10) 7. 第7回:※実施せず(4チームによる対抗戦のため) 8. 第8回:※実施せず(...

    駅伝

    第17回で実施された「女子駅伝」では、万博陸上競技場のトラック・通路・外周道路をコース(総距離2km)に使用するとともに、スーパーアスリートチームから出場する女性アスリート1名にハンデを設定。女性芸人・タレントを3名1組の3チームに分けたうえで、いずれかのチームの最終走者が駅伝形式で女性アスリートより先にゴールへ到達すれば、芸人チームの勝利とみなしていた。芸人・タレントで構成したチームのコースは3区構成で、1区と2区をそれぞれ500m、最終区間の3区のみ1kmに設定している。 1. 1位:吉本新喜劇チーム(9分42秒=1区:宇都宮まき→2区:松浦景子→3区:福本愛菜) 2. 2位:ガッツチーム(9分43秒=1区:ガンバレルーヤ・よしこ→2区:ガンバレルーヤ・まひる→3区:女と男・和田ちゃん) 3. 3位:千葉真子(10分4秒=スーパーアスリートチームから1人で出場したため他チームから1分遅れでスタート) 4. 4位:プリティチーム(10分17秒=1区:桜 稲垣早希→2区:カスターニャtantan!!・たまちぇる→3区:稲村亜美) 第18回では、駅伝競技を6区構成・チーム対抗形式の...

    走り高跳び

    1. 第1回:※実施せず 2. 第2回:梶原雄太(キングコング) 3. 第3回:宇治原史規(ロザン) 4. 第4回:宇治原史規(ロザン) 5. 第5回:宇治原史規(ロザン) 6. 第6回:井上裕介(NON STYLE) 7. 第7回:井上裕介(NON STYLE) 8. 第8回:宇治原史規(ロザン)、井上裕介(NON STYLE)※いずれも145cmで1位 9. 第9回~第10回:※実施せず 10. 第11回:池谷直樹 ※芸人チーム内の予選で大会タイ記録の145cmを跳んだ金田哲(はんにゃ)との間で、試技1回ずつの決勝を実施。 11. 第12回:武井壮 ※芸人チーム内の予選で最高記録(135cm)を出した福徳との間で、試技1回ずつの決勝を実施。自らの希望でハンディキャップ(2歩での助走)を付けた武井が145cmの跳躍に成功した。 12. 第13回:福徳秀介(ジャルジャル) ※芸人チーム内の予選を1m30cmで勝ち抜いた福徳・金田・ワッキーが、陸上競技初体験の佐藤と対決。試技1回ずつの決勝を続けた結果、4人で大会史上最高の1m50cmの試技にまで至ったが、福徳のみ跳躍に成功して大会...

    第1回:騎馬戦(団体戦)、走り幅跳び、綱引き(団体戦)、砲丸投げ、400mリレー(年代別)
    第2回:障害物リレー、綱引き(団体戦)、砲丸投げ、400mリレー(年代別)
    第3回:400mリレー(年代別)、30m馬跳び(団体戦)など
    第4回:400mリレー(年代別)など

    第1回~第6回と第9回では個人戦での総合点、第7回~第8回ではチーム対抗戦での総合点、第10回~第18回は勝利した種目の総数で決定。第19回では選出しなかった。 1. 第1回:白組 2. 第2回:白組 3. 第3回:※不明 4. 第4回:※不明 5. 第5回:紅組 6. 第6回:紅組 7. 第7回:小枝チーム(2位:きよしチーム、3位:巨人チーム、4位:阪神チーム) 8. 第8回:小枝チーム(2位:きよしチーム、3位:巨人チーム、4位:阪神チーム) 9. 第9回:ボケチーム 10. 第10回:スーパーアスリートチーム(ハンデ付き5kmマラソン以外の4種目で勝利。砲丸投げでは曙が優勝) 11. 第11回:スーパーアスリートチーム(全5種目で勝利、砲丸投げではボビー・オロゴンが優勝) 12. 第12回:スーパーアスリートチーム(ハンデ付き5kmマラソン・400mリレーでは敗北、砲丸投げではピーター・アーツが圧勝) 13. 第13回:吉本芸人チーム(ハンデ付き5kmマラソン・走り高跳び・400mリレーで勝利、100m走では武井、砲丸投げではボブ・サップが圧勝) ※大会史上初めてスーパーアスリートチームに勝ち越し 14. 第14回:スーパーアスリートチーム(全5種目で勝利、砲丸投げでは琴欧洲、走り幅跳びでは秋本が優勝) 15. 第15回:スーパーアスリートチーム(マスターズ100mハードルを除く5種目のうち、100m走・走り高跳び・400mリレーで勝利) 16. 第16回:スーパーアスリートチーム(全5種目で勝利、砲丸投げでは把瑠都、2.25m走では武井が優勝) 17. 第17回:吉本芸人チーム(キャラクターマネーフラッグスを除く5種目のうち、武井が優勝したロングスロー以外の4種目で勝利) ※4勝1敗での優勝は大会史上初 18. 第18回:戦え!スポーツ内閣チーム(10km駅伝以外の3種目で勝利)

    基本として関西ローカルの放送ながら、回を追うごとにベテラン男性勢および女性勢の出演が減る一方で、東京吉本所属の中堅・若手芸人が増えている。また、コンビやトリオなどの「ユニット」で活動する芸人から、1人だけ出場することも多い。
    女性芸人は第9回以降、なるみが解説陣の一員として登場するだけにとどまっていた。しかし、第14回には、プロボクサーとしても活動する安田由紀奈が5kmマラソンで当大会へ初出場。第15回からは、女性芸人の出場を本格的に再開している。
    第9回以降の大会では、なかやまきんに君が「キャプテンボンバー」や「きんにく侍」というキャラクター、ワッキーが競技中に変顔を随時披露。視聴者や他の出場芸人・出演者を笑わせる目的で、著名な人物・キャラクターに扮した格好で競技に出場する芸人(レイザーラモンRG、テンダラー浜本、守谷日和など)や、砲丸投げの投擲の瞬間の映像に奇妙な表情・ポーズで映り込む芸人(ワッキー、なかやまきんに君など)も相次いでいる。
    以下では、出場時点での芸名・コンビ名で芸人を表記。ただし、スケジュールやコンディションなどの関係で、毎回出場するとは限らない。

    第19回のスタッフ

    1. 構成:武輪真人、友光哲也(友光→第19回) 2. TM:喜多良平(MBS、第19回) 3. TD / SW:上田一路(MBS、以前はCAM) 4. VE:岩本和也 5. CAM:松岡裕樹、岡田慎吾(共に第19回) 6. MIX:中西進二(MBS) 7. PA:馬場貴子 8. LD:亀井純一郎(第19回) 9. SLOW:大泉弘史(第19回) 10. ENG(第19回):袖垣竜也(第18回はCAM)、梶巻久仁彦(第18回はAUD)、澤田凱斗(第18回はCA) 11. EED:北村真智子(MBS)、村井充 12. CG:渕野由美(MBS) 13. MA / 音効:山本大輔(第18回はMA / 効果) 14. タイトル:浜松由衣、井上洸佑(井上→第19回) 15. 美術進行:合六健二郎、山中宏華(山中→第19回) 16. 協力:アスカプロダクション、アーチェリープロダクション、エキスプレス、関西東通(第10回〜、第1回は大阪東通、第2-9回は東通と表記)、サウンドエースプロダクション、福建社、放送映画、つむら工芸、往来スペース、柿本、TSP西日本(TSP→第19回)、カタウラ工芸...

    過去のスタッフ

    1. 構成:ハスミマサオ、根宜利彰 2. TM:永松良仁(MBS)、竹本友亮(MBS) 3. TD / SW :室谷佳宏(MBS) 4. VE:上原英昭(MBS)、立石正治 5. CAM:青木岳史、平井雅司、桂将太(桂→MBS、以前はTD/SW)、藤井智章 6. MIX:田中聖二 7. LD:漁野系(MBS)、大杉貴則、北田研二 8. 収録(第16回):石田良馬 9. PA:北川浩康(MBS)、大北素志 10. SLOW:阪本直人、蒲池洋史 11. AUD:徳島聡志、河喜多正悟 12. CA:大野由貴、福多駿一 13. マルチコプター:工藤輝樹 14. EED:岸本元博(MBS) 15. タイトル:佐々木好一、才川真一、正冨大樹、鵜飼あゆみ 16. 美術進行:天津知恵、竹内彩乃 17. 衣装協力:デサント、TEIJIN MEN'S SHOP RACK、Eden、ZAMPA 18. 編成:川原秋呼(MBS) 19. 制作協力:アイ・ティ・エス(第7回まで)、ゾフィープロダクツ(第8回〜第17回) 20. プロデューサー 20.1. MBS 20.1.1. 第6,7,11〜18回:新...

    ^ 吉本陸上競技会ザ・ゴールデン 2011gooテレビ番組
    ^ a b 武井壮らと吉本芸人が激突、熱戦&舌戦「吉本陸上」今夜放送お笑いナタリー 2012年10月24日(2013年2月23日閲覧)。
    ^ 吉本陸上競技会ザ・ゴールデン 2012gooテレビ番組
  10. Category:実際の犯罪に基づいた映画作品 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › Category:実際の犯罪に基づい

    実際に起きた犯罪に基づいた映画作品のカテゴリ。 関連カテゴリ Category:実際のテロに基づいた映画作品 下位カテゴリ このカテゴリには下位カテゴリ 3 件が含まれており、そのうち以下の 3 件を表示しています。

  1. 相關搜尋

    奧運冷知識