Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. ウー・イーファン - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ウー・イーファン

    ウー・イーファン( 漢: 呉亦凡 [2]、拼: Wú Yìfán、1990年 11月6日 [3] )は、中国の男性歌手、俳優。 中国系カナダ人で [4]、韓国の男性アイドルグループEXOの旧メンバー [5]。EXOでの芸名はクリス(韓: 크리스、英: Kris )で [6]、ラップを担当しEXO-Mのリー ...

    • ngh yihk fàahn
    • wú yì fán
    • ㄨˊ ㄧˋ ㄈㄢˊ
    • ng4 jik6 faan4
  2. 少女は悪魔を待ちわびて - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 少女は悪魔を待ちわびて

    少女は悪魔を待ちわびて』(しょうじょはあくまをまちわびて、原題: 널 기다리며(→お前を待って))は、2016年公開の韓国映画。15年前に父親を殺害した犯人を追う少女の復讐劇を描いたクライム・スリラー[1]。主演はシム・ウンギョン[2][3]。

    • モ・ホンジン
    • キム・ジュンソク
  3. 安直戦争 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 直皖戦争
    • 安徽派・直隷派の対立の経緯
    • 戦争の経過
    • 安直戦争後の北京政府

    1916年の袁世凱の死後、北京政府は段祺瑞率いる安徽派が権勢を振るってきた。傍系にあった馮国璋の直隷派だったが、当初は安徽派・直隷派の関係は険悪ではなく、1917年8月1日に馮国璋が代理大総統に就任した時には段祺瑞を国務総理兼陸軍総長に任命している。 だが、1917年9月に孫文が広東軍政府を組織して中華民国からの独立を宣言すると、その対応で国論が二分する。段祺瑞は孫文が制定した臨時約法を破棄して武力征伐する事を主張し、馮国璋はあくまで平和的解決を主張した。結局段祺瑞は1918年の新国会(安福国会)で多数派工作を行い、気心の知れた徐世昌を大総統に選任して馮国璋を大総統の地位から引きずり下ろした。安徽派と直隷派の対立はここで表面化する。 馮国璋は失脚したまま1919年12月に病死するが、直隷派を継承した曹錕と呉佩孚は反段祺瑞運動を諦めていなかった。1920年4月、直隷派は奉天派と「反段祺瑞連盟」を結成し、この勢いを受けて呉佩孚は5月に衡陽に派遣していた自分の直隷軍を保定に動かして安徽派討伐の準備を整えた。

    7月1日、曹錕・呉佩孚は連名で「直隷軍から辺防軍将兵に告ぐ」を発表し、中華民国の混乱の原因を安徽派にあると主張した。これを受けて7月4日に徐世昌は安徽派の徐樹錚を遠威将軍に任命して直隷派に当たらせ、さらに7月9日には段祺瑞は徐世昌に迫って曹錕と呉佩孚の職を解かせた。 7月14日、ついに戦闘が勃発した。直隷軍は「討逆軍」を称して、軍を保定から京漢鉄道に沿って北京に向かう「西側ルート」(西路軍)と、京津鉄道に沿って北上する「東側ルート」(東路軍)の二手に分けて、その主力を西路軍に配置し、呉佩孚を「前線軍総司令 兼 西路軍総指揮」に任命した。 西路軍は京漢鉄道に沿って高碑店・涿州・琉璃河と進軍するが、師団長 曲同豊 率いる定国軍第1師団に撃退され、一旦は高碑店に退いた。また、これを挟撃するべく安徽派の徐樹錚は手勢の西北辺防軍第4独立師団を率いて高碑店の南東にある張荘・蔡村・楊村に進攻した。17日、吳佩孚は高碑店から北進して松林店で安徽派を壊滅させ、そのまま涿州を占領してさらに北京郊外の長辛店に向かって追撃を行った。 また安徽派の徐樹錚は、直隷派を追って天津方面の北倉・李家嘴にまで進攻したが、この時、奉天派の張作霖が直隷派を救援するために関内に大軍を投入した。これによって安直戦争の大勢は決し、安直戦争は安徽派の大敗という結果に終わる。 安直戦争により段祺瑞の政権は崩壊し、天津攻撃を恐れた大日本帝国は鉄道沿線各地に軍兵を配置した。

    このわずか5日間の戦争で、安徽派は数万とも言われた辺防軍の大半を失い、7月19日には軍事的影響力を失った段祺瑞は辞職に追い込まれる。7月23日、直隷派・奉天派の両派が北京に入京する。両派はすぐに安徽派の政治力の根源である安福国会を解散させ、主要メンバーだった徐樹錚・王揖唐・段芝貴ら10人を指名手配した。徐樹錚は日本に亡命している。安徽派はこの時、事実上崩壊した。 戦後の北京政府は、直隷派と奉天派の連合政権となる。直隷派は、曹錕が直隷省・山東省・河南省の3省の巡閲使に任命され、呉佩孚が副使に任命された。これによって黄河下流域は直隷派の勢力下になった。またこれまで「地方の一軍閥」と見られていた奉天派は、この戦勝を契機に中央政界に進出を果たした。安直戦争後、勝利した直隷派の腐敗が酷かったことや奉天派が分配金に不満を持ったことが奉直戦争に繋がった。

  4. 呉法憲 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 呉法憲

    呉 法憲(ご・ほうけん、1915年 - 2004年 10月17日)は、中華人民共和国の軍人。 略歴 1915年、江西省 吉安市 永豊県に生まれる。1930年、中央ソビエト区で中国共産主義青年団に参加、また中国工農紅軍に参加。長征にも参加。 1932年、中国共産党入党。 ...

  5. 大正天皇 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 大正天皇

    大正天皇(たいしょうてんのう、1879年〈明治12年〉8月31日 - 1926年〈大正15年〉12月25日)は、日本の第123代天皇(在位:1912年〈明治45年/大正元年〉7月30日 - 1926年〈大正15年/昭和元年〉12月25日)。 諱は嘉仁(よしひと)、御称号は明宮(はるのみや)。

  6. 平沢貞通 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 平沢貞通
    • 来歴・生涯
    • エピソード
    • 平沢貞通を演じた俳優
    • 関連項目

    前半生

    平沢は一流の画家であった。二科展に3回、文展に16回、光風会には毎年入選し、「帝展無鑑査」(過去の輝かしい実績を評価され審査員の鑑査なしに無条件で出品できること)であった。 1. 1892年2月18日、東京・大手町の帝国陸軍憲兵隊本部官舎で生まれる。父は憲兵。 2. 1896年、北海道の札幌憲兵隊に転勤した父とともに、北海道に移住。 3. 1911年、日本水彩画研究所に入所。 4. 1912年、旧制札幌中学校を経て、父の小樽への転勤に伴い(福島・中田・小木 2018,p.281)同小樽中学校卒業。 5. 1913年、日本水彩画会結成に石井柏亭・磯部忠一らとともに参画。 6. 1914年、二科展ができ平沢三味二(さみじ。当時の雅号)名義で出品して入選。これが機縁となり、横山大観の門を叩き、横山から「大暲」という雅号をもらう。交友を深めた作家の有島武郎も、平沢への手紙の中で画家としての優れた才能を認めた。 7. 1916年、結婚。平沢は妻とのあいだに二男三女をもうけた。 8. 1919年、第1回帝展に出品。 9. 1920年、東京の板橋区中丸町に移住。 10. 1921年、第9回光風...

    帝銀事件以後

    実力派の画家としての地位を確立していた平沢は、1948年1月26日に帝国銀行(後の三井銀行。現在の三井住友銀行)椎名町支店で男が行員らに毒物を飲ませ12人を死亡させた事件(帝銀事件)の犯人として同年8月21日、突如警視庁に逮捕された。類似事件で使用された名刺を受け取っていたが持っていなかったこと(平沢は財布ごとスリにあったと主張)、過去に銀行相手の詐欺事件を4回起こしていたり、出所不明の現金を持っていたのが決め手ともいわれる。この現金については松本清張らが、当時画家として名が売れていた者としては不名誉な副業(春画作成など)で得たものと推理している。 平沢は取調べで自白をしたが、公判で無実を主張。しかし、裁判では1955年に死刑が確定した。平沢は、虚言癖や記憶障害や判断力低下をもたらすコルサコフ症候群(狂犬病予防接種の副作用)にかかっており、過去の銀行詐欺事件や帝銀事件の自白もコルサコフ症候群による虚言ではないかと指摘する意見がある。 平沢の自白以外に決め手となる物証が乏しいことや、捜査当初、旧陸軍関係者が犯人として推測されたことなどもあって、平沢を真犯人とした確定判決に疑問を持つ...

    家族

    平沢は、妻とのあいだに二男三女をもうけた。平沢の長年の不倫により、事件前から妻とは戸籍上だけの夫婦となっていた。平沢の逮捕後、家族は世間の迫害を逃れるため、それぞれ平沢姓を捨て、素性を隠して生きることを余儀なくされた。除籍した時期は以下のとおり。 妻 1962年9月20日に協議離婚 長女 1936年10月16日、婚姻により除籍(事件前) 長男 1948年12月18日、除籍。妻子を捨てて失踪 次女 1949年11月25日、婚姻により除籍(事件前) 次男 1948年11月15日、除籍 三女 1949年2月4日、除籍 妻は離婚後も平沢と完全に絶縁したわけではなく、子供たちから1万円の仕送りを受けて、自分は7千円で生活し、3千円を仙台の刑務所の平沢に送った。 平沢の三女は米国人と結婚し米国に渡ったが、1980年代前半、米国から獄中の父に手紙を寄せ、自分は父のことを思っており元気でいてほしい、自分はアメリカでの生活を満喫している、と伝えてきた。返信用のアドレスは記されていなかった。 平沢の家族たち(元家族たち)の「その後」については、何度か雑誌で報道された。主な記事として、 1. 「死刑囚...

    平沢と同じ小樽中学だった川本不二雄によると、当時の「平沢はきわ立つて美しく、肌がぬけるやうに白くて、男ながら見ほれるほどであつた。それに加へて、十七才にして時の文展に入選したという、開校以来、まれに見る絵画の天才」であったため、「多数のうら若い女性の崇拝者や、花のやうにあでやかな女パトロンたちが、常にときまとつてゐた」(川本1948,p.15)という。平沢は妻と結婚したあとも、多数の女性と不...
    関東大震災の少し前から日蓮宗の熱烈な信者になった。家に多数の信者が出入りしたり、遊び盛りの子供達に朝夕の勤行を強制するなどして、信仰心がない妻子を困らせた(平沢マサ1949,pp.29-31)。後年、平沢は帝銀事件で取り調べを受けとき「昨晩も亦普賢菩薩(日蓮宗が重視する菩薩のひとり)が御出でになりました」云々と供述した(10月1日第54回調書)。熱烈な仏教徒だった弁護士の遠藤誠は「平沢氏普賢...
    強盗に短刀を突きつけられたことがあったが、その強盗を説得し更生させたことがある。その元強盗はその後も真人間として仕事に励み楽に暮らせるようになった。ある時五圓を平沢の自宅に持ってきたが、既に自宅はなくなっていた。平沢は狂人になっていたという。平沢は狂犬となった飼い犬を殺した後からおかしくなり、家が火事で焼けた後は石井鶴三に引き取られていた、と書かれている。
    香を焚いて座禅を組むのが好きだった(鎌田1950,p.86)。
    信欣三 - 映画『帝銀事件 死刑囚』(1964年)
    仲谷昇 - 『帝銀事件』(テレビ朝日、1980年)
    榎木孝明 - テレビ朝日開局50周年記念『刑事一代 平塚八兵衛の昭和事件史』(2009年6月)
  7. 大正 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 大正
    • 改元
    • 出典
    • 特徴
    • 護憲運動と政治
    • 第一次世界大戦と景気
    • 震災復興
    • 文化
    • 社会問題
    • 年表
    • 西暦との対照表

    1912年(明治45年)7月30日 - 明治天皇が崩御して皇太子嘉仁親王(後の大正天皇)が践祚(即位)したため、登極令(1909年〈明治42年〉公布)に基づき改元の詔書を公布、即日施行して同日は「大正元年7月30日」となった。

    大正の由来は『易経』彖伝・臨卦の「大亨以正、天之道也」(大いに亨(とほ)りて以て正しきは、天の道なり)から。「大正」は過去に4回(「元弘」「承応」「万治」「貞享」改元時)候補に上がったが、5回目で採用された。 なお、「大正天皇実録」によれば、明治に代わる新元号案として「大正」「天興」「興化」「永安」「乾徳」「昭徳」の案があったが、最終案で「大正」「天興」「興化」に絞られ、枢密顧問の審議により大正に決定した。 森鴎外が『元号考』の執筆にあたり、賀古鶴所に宛てた書簡で「「大正」はベトナムで使用があり、御幣を担ぐわけではないが中国では「正」の字の元号を嫌う。「正」の字は「一而ニシテ止ル」と読めるので、「正」の字を付けて滅びた例を調べるべきなのに不確認である」と不満を述べている。

    大正時代(1912年-1926年)は、大正天皇の在位した期間を指している。 日本史の時代区分は通常(一世一元の制以前)、古墳・飛鳥・奈良・平安・鎌倉・室町・安土桃山・江戸と政権の中心地による呼称である。大正時代は(年数が大正元年〜大正15年の15年間で、期間は1912年〜1926年の14年間)日本史で一番短い時代区分である。 大正年間には、2度に及ぶ護憲運動(憲政擁護運動)が起こり、明治以来の超然内閣の政治体制が揺らいで、政党勢力が進出することになった。それらは大正デモクラシーと呼ばれて、尾崎行雄・犬養毅らがその指導層となった。 大正デモクラシー時代は1918年(大正7年)の米騒動の前と後で区別されることが多いが、米騒動の同年に初めて爵位を持たない非華族階級であり、衆議院に議席を有する原敬(「平民宰相」とあだ名された)が本格的な政党内閣(=原内閣)を組織した。 原は卓越した政治感覚と指導力を有する政治家であり、「教育制度の改善」、「交通機関の整備」、「産業および通商貿易の振興」、「国防の充実」の4大政綱を推進したが、普通選挙法に反対するなどその登場期に平民達に期待された程の改革もなさないままに終わり、1921年(大正10年)大塚駅員だった中岡艮一により東京駅構内で暗殺された(原敬暗殺事件)。 この前後の時期は普選運動が活発化して、平塚雷鳥や市川房枝らの婦人参政権運動も活発だった。 1925年(大正14年)には加藤高明内閣下で普通選挙法が成立したが、同時にロシア革命の勃発による国内での社会主義・共産主義思想の台頭への警戒感から治安維持法が制定された。言論界も活況を呈して、皇室を有する君主制と民主主義を折衷しようとした吉野作造の民本主義や美濃部達吉の天皇機関説などが現れた。 1921年(大正10年)11月25日に皇太子裕仁親王が大正天皇の病状悪化によって摂政宮となった。力強い時代だった明治時代を見直す機運から明治天皇と昭憲皇太后を祀る明治神宮が大正9年(1920年)11月1日創建された。 1923年(大正12年)に加藤友三郎首相が在任中に死去して8日後に関東大震災が起こり、首都東京が壊滅的な打撃を受けたが、程なく復興した。震災後、山本権兵衛元首相が再度政権に返り咲き、第2次山本内閣が成立した。その後、第二次護憲運動(憲政擁護運動)が起こり、護憲三派内閣として加藤高...

    1911年(明治44年)に第2次西園寺内閣が成立した頃、日本の国家財政は非常に悪化していたが、中国の辛亥革命に刺激された陸軍は、抗日運動対策も兼ねて、前年に併合した朝鮮に駐屯させる2個師団の増設を強く政府に迫った。緊縮財政方針の西園寺公望がこれを拒否し、政府・与党(立憲政友会)と陸軍が対立すると、多くの国民が陸軍の横暴に憤り、政治改革の機運が高まった。また1912年(明治45年/大正元年)7月30日に明治天皇が崩御して大正天皇が即位したり、美濃部達吉が『憲法講話』を刊行して、天皇機関説や政党内閣論を唱えたことも国民に新しい政治を期待させた。 1912年(大正元年)の末、2個師団増設が閣議で承認されなかったことに抗議して、上原勇作陸相が単独で辞表を大正天皇に提出し、陸軍が軍部大臣現役武官制を楯にその後任を推薦しなかったため、西園寺内閣は総辞職に追い込まれた。代わって長州閥と陸軍の長老である桂太郎が、就任したばかりの内大臣と侍従長を辞して第3次桂内閣を組織すると、「宮中府中の別」の原則を無視して宮中の職から首相に転じたことが、藩閥勢力が新天皇を擁して政権独占を企てているとの非難の声が上がった。 立憲国民党の犬養毅と立憲政友会の尾崎行雄を先頭とする野党勢力や新聞に、商工業者や都市部の知識人階級も加わり、「閥族打破・憲政擁護」を掲げる運動が全国に広がった(第一次護憲運動)。桂は立憲同志会を自ら組織してこれに対抗しようとしたが、護憲運動は強まる一方だったので1913年(大正2年)、民衆が議会を包囲するなか在職わずか50日余で退陣した(大正政変)。 桂のあとは、薩摩出身の海軍大将である山本権兵衛が立憲政友会を与党に内閣を組織した。山本内閣は行政整理を行うとともに、文官任用令を改正して政党員にも高級官僚への道を開き、また軍部大臣現役武官制を改めて、予備・後備役の将官にまで資格を拡げ、官僚・軍部に対する政党の影響力拡大に努めたが1914年(大正3年)、外国製の軍艦や兵器の輸入を巡る海軍高官の汚職事件(シーメンス事件)が発覚すると、都市民衆の抗議行動が再び高まり、やむなく退陣した。 これを見た山縣有朋ら元老は庶民の間で人気のある大隈重信を急遽後継首相に推薦し、第2次大隈内閣が成立した。大隈は立憲同志会を少数与党として出発したが、1915年(大正4年)の総選挙で立憲同志会などの与...

    1914年(大正3年)には、第一次世界大戦が勃発した。元老の井上馨はその機会を「天佑」と言い、日英同盟を理由に参戦した。本土や植民地が被害を被ることこそなかったものの、連合国の要請を受けてヨーロッパにも派兵し多数の戦死者を出した結果、戦勝国の一員となった。 発生直後こそは世界的規模への拡大に対する混乱から一時恐慌寸前にまで陥ったが、やがて戦火に揺れたヨーロッパの列強各国に代わり日本とアメリカの両新興国家が物資の生産拠点として貿易を加速させ、日本経済は空前の好景気となり、大きく経済を発展させた。特に世界的に品不足となった影響で繊維(紡績産業・漁網製造産業)などの軽工業や造船業・製鉄業など重工業が飛躍的に発展して、後進的な未発達産業であった化学工業も最大の輸入先であるドイツとの交戦によって自国による生産が必要とされて、一気に近代化が進んだ。こうした中で多数の「成金」が出現する。また、政府財政も日露戦争以来続いた財政難を克服することに成功する。 しかし、1918年(大正7年)に戦争が終結すると過剰な設備投資と在庫の滞留が原因となって反動不況が発生した。さらに戦時中停止していた金輸出禁止の解除(いわゆる「金解禁」)の時期を逸したために、日本銀行に大量の金が滞留して金本位制による通貨調整の機能を失った。更に関東大震災による京浜工業地帯の壊滅と緊急輸入による在庫の更なる膨張、震災手形とその不良債権化問題の発生などによって、景気回復の見通しが全く立たないままに昭和金融恐慌・世界恐慌を迎えることになる。 パリ講和会議では、「人種差別撤廃案」を主張し、大多数の国の支持を得たがアメリカ、イギリス、オーストラリアなどの反対によって否決された。当時アジアの中で数少ない独立国であった日本は、国際連盟に加盟し、アメリカ・イギリス・フランス・イタリアの5カ国と並ぶ世界の1等国として国際連盟の常任理事国となる。国際連盟事務次長には新渡戸稲造が就任している。しかしドイツ植民地であったマーシャル諸島(日本は南洋諸島に南洋庁を設置した)が日本に委任統治された結果、日本の太平洋地域への進出が進み、フィリピンやハワイ諸島を領有するアメリカと直接的に領土・領海の境域が接するようにもなり、日米の対立関係は深まり、アメリカの圧力で日英同盟が解消されるなど、太平洋戦争(大東亜戦争)への伏線が芽生えることにもなった。

    1923年(大正12年)9月1日には関東大震災が生じた。この未曾有の大災害に首都東京は甚大な損害を受ける。震災後、元首相の山本権兵衛が再び政権を担い、第2次山本内閣が成立した。新内閣の内務大臣となった後藤新平が震災復興で大規模な都市計画を構想して手腕を振るった。震災での壊滅を機会に江戸時代以来の東京の街を大幅に改良し、道路拡張や区画整理などを行いインフラが整備され、大変革を遂げた。 江戸の伝統を受け継ぐ町並みが一部を残して破壊され、東京は下水道整備やラジオ放送が本格的に始まるなど近代都市へと大きな進化を遂げた。しかし、一部に計画されたパリやロンドンを参考にした環状道路や放射状道路等の建設は諸事情により行われなかった。これによって培われた経験が戦後の首都高速の建設に繋がる。

    芸能文化

    日本初のレコードでヒットした歌謡曲とされる松井須磨子の「カチューシャの唄」をはじめとする数々の歌謡曲が誕生した。ジャズもこの時代に日本に伝わり、それなりに発展する。落語・講談・能・文楽・歌舞伎・新派劇・新国劇などの日本的な伝統演劇に対して西洋劇を導入する新劇運動(芸術座・築地小劇場)が盛んになり、昭和時代に発展する芸能界の基礎となる俳優・女優・歌手などの職業が新しく誕生して、その後の大衆文化の原型が生まれた。活動写真(現在の映画)や少女歌劇(現在の宝塚歌劇団)が登場した。

    都市文化

    日露戦争頃から、経済文化の中心地であった大阪・神戸において都市を背景にした大衆文化が成立し(阪神間モダニズム)、全国へ波及した。今日に続く日本人の生活様式もこの時代にルーツが求められるものが多い。一方、東京では1915年(大正4年)に浮世絵版画の復刻をしつつ、新しい伝統木版画を創造しようとしていた渡辺庄三郎の主導によってフリッツ・カペラリの水彩画を錦絵風の木版画にしたのを機に橋口五葉、伊東深水、川瀬巴水、吉田博、名取春仙らによる新版画の活動が開始された。この動きは1923年(大正12年)の関東大震災後には新興の版元を多く巻き込んで全国的に広まり、昭和時代まで続いていった。 道路や交通機関が整備された。路面電車や青バス(東京乗合自動車)や円太郎バスなどの乗合バスが市内を走行した。大正後期から〜昭和初期までの大大阪時代に大阪府では、東京府よりも先におびただしい私鉄網が完成し、とりわけ小林一三が主導した阪神急行電鉄の巧みな経営術により、阪神間に多くの住宅衛星都市群が出現した。 一方、日清戦争(1894年〜1895年〔明治27年〜明治28年〕)を経て東洋一の貿易港となっていた神戸港に夥し...

    スポーツの開始

    箱根駅伝大会が金栗四三の尽力で開始されて、オリンピック競技が盛んになった。1920年(大正9年)のアントワープオリンピックでは、日本人初のメダルとしてテニスで銀メダルを獲得した。朝日新聞社と毎日新聞社による中等学校野球などのスポーツが開始された。明治神宮外苑に「神宮外苑野球場」ができたのが1926年(大正15年)で、その前年出発した「東京六大学野球」が愈々隆盛を極めるようなる。

    社会事業

    この当時、社会事業を巡る議論が盛んとなり、国家経営政策として第1回国勢調査が1920年(大正9年)に実施された。米騒動後には政府・地方で社会局および方面委員制度の創設が相次いで行われ、それらの機関によって都市の貧民調査や公設市場の設置などが進められていった。

    医療衛生問題

    東京府・大阪府などの都市部で上水道が普及した。明治期まで非常に多かった乳児死亡率が大正期に減少した。世界中にパンデミックを引き起こしたスペイン風邪は日本国内で2380万人(当時の対人口比:約43%)が感染し、島村抱月や大山捨松、皇族では竹田宮恒久王が死去するなど約39万人の日本人が死亡した

    教化総動員運動

    また、1919年(大正8年)には第一次世界大戦を契機とした国民の思想・生活の変動に対処するという目的で内務省の主導による民力涵養運動が開始されており、後の教化総動員運動の先駆けともなる、国家が国民の生活の隅々まで統制を行おうとする傾向がこの時期から見られるようになる。

    1. 7月30日、明治天皇崩御、皇太子嘉仁親王が第123代天皇に践祚。明治から大正に改元される。明治天皇の大葬の礼。乃木希典陸軍大将夫妻が殉死する。桂太郎、第3次桂内閣成立。憲政擁護会が結成。火力発電を抜いて水力発電量が第1位になる。友愛会結成。この年は中華民国が成立した年で民国紀元の中華民国元年と同年である。

    1. 大正政変(第3次桂太郎内閣総辞職)、第1次山本権兵衛内閣成立。アメリカ合衆国のカリフォルニア州で排日土地法成立。宝塚唄歌隊(後の宝塚歌劇団)誕生。

    1. 鹿児島県の桜島が大噴火して大隅半島と陸続きになる。外電によりシーメンス事件発覚。大正天皇即位奉祝「東京大正博覧会」始まる。「カチューシャの唄」の流行。日本初の国産車登場。第一次世界大戦勃発、日英同盟を理由にドイツ帝国に宣戦布告、連合国の一員に加わる。東京駅開業。三越呉服店が日本初のデパートメントストア宣言を行い、エレベーター・エスカレーター付きの近代的店舗を建築。

    元年と最終年の期間

    1. 大正元年(1912年): 7月30日〜12月31日〈155日間〉 2. 大正15年(1926年): 1月1日〜12月25日〈359日間〉

  8. 呉市 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 呉市

    1960年(昭和35年)12月13日 - 新潟日赤センター爆破未遂事件の韓国テロ工作員が呉港から潜入 [17]。 1967年(昭和42年) 0 7月9日 - 降り始めからの雨量が300mmを超す集中豪雨により市内約100箇所で土砂災害が発生。148人が生埋めとなり死者31人、行方不明

  9. 呉 (姓) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 呉_(姓)
    • 中華圏
    • 日本
    • 参考文献
    • 関連項目

    呉(ご)は中華圏の代表的な姓の一つで、2007年の統計によると、中華人民共和国で9番目に多い姓であった。 北方語では「ウー」、閩南語では「ゴ」または「ゴー」、広東語では「ン」(ローマ字ではNg)のように仮名表記されることが多い。発音が近い「武」「伍(中国語版)」などと区別するために、「口に天の呉」と呼ぶことが多い。

    呉(くれ、ご)は、日本の姓・氏族の一つ。「伎(くれ)」とも表記されることがあった。 呉氏の由来について『姓氏家系大辞典』の説明によると、飛鳥時代から奈良時代後期の日本は、多くの場合中国の南朝と交流していた。その南朝の支配地域が三国呉の故地だったため、「くれ」の音に当てて「呉」の字を使用したとされる。そして、中国から日本に移住してきた氏族であること、その移住者が住んでいたことから生じた地名を氏としたこと、中国に使者として赴いたこと、などの理由から呉という氏がはじまったとされる。

    太田亮国立国会図書館デジタルコレクション 「呉 クレ ゴ」 『姓氏家系大辞典』 第2巻、上田萬年、三上参次監修 姓氏家系大辞典刊行会、1934年、2207頁。全国書誌番号:47004572。https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1130938/197 国立国会図書館デジタルコレクション。
    呉市文化振興課 (2015年11月1日). “呉の歴史 - 呉市ホームページ”. 呉市ホームページ. 呉市. 2017年5月25日閲覧。
    “雷大臣”. コトバンク. 2017年5月25日閲覧。
    “吉士長丹”. コトバンク. 2017年5月25日閲覧。
  10. 奥柿幸雄 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 奥柿幸雄
    • 来歴・人物
    • 詳細情報
    • 関連項目

    静岡商では1966年、3年生の時に一塁手、控え投手として夏の甲子園県予選決勝に進出。掛川西に5点をリードされるが、リリーフとして登板し終盤で逆転勝ち。甲子園では1回戦で金沢商に快勝。この試合では左打者ながら左翼へ大会第2号本塁打を放ち、その長打力を注目される。またリリーフとして甲子園初登板を果たした。しかし2回戦で、この大会に準優勝した松山商の西本明和投手に抑えられ1-5で敗退。 1966年第1次ドラフトでサンケイアトムズに1位で入団。高校時代から「王2世」と呼ばれており、背番号は読売ジャイアンツの王と同じ1番をもらった。サンケイでは一塁手の豊田泰光、小淵泰輔に衰えが見られ、その後継として大きく期待される。1年目から一軍入り、5月からクリーンナップとして4試合に起用された。翌1968年には26試合に先発出場、シーズン後半には五番打者に起用される。同年9月は2試合で四番に入るなど期待の大きさがうかがえるが、打撃面では伸び悩みが続く。1969年には一塁手にロバーツや途中入団のチャンスが入り、出場機会を増やすため外野手も兼ねる。 『プロ野球人名事典 2003』では、1970年のシーズン中に周囲の重圧に耐えきれず突然失踪し、そのままチームを解雇されてしまったとしている一方、『週刊ベースボール』1970年12月14日号(ベースボール・マガジン社)では、同年シーズンオフの11月3日に行われた秋季練習を欠席し、そのまま2・3日ほど姿を現さず、失踪事件として家族が警察に届け出をしかけたところ、姿を現して自ら引退を決めた経緯や、その後の本人の「早くプロの汚れ切った気持ちを整理して再起したい。地道なサラリーマンが向いているのかもしれないですね」という談話の記述がある。

    年度別打撃成績

    1. サンケイ(サンケイアトムズ)は、1969年にアトムズに、1970年にヤクルト(ヤクルトアトムズ)に球団名を変更

    背番号

    1. 1(1967年 - 1970年)

  11. 其他人也搜尋了