Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 台湾ドラマ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 台湾ドラマの一覧

    概要 台湾をはじめ、中国や香港などで活躍する俳優、女優が出演することもある。 日本のドラマとの大きな違いとして、題名に英語訳がついている。 例)『流星花園 / Meteor garden』、『ラベンダー / lavender』、『悪男宅急電 / express boy』、『あすなろ白書 / ...

  2. 中国の経済史 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 中国の経済史
    • 先秦時代
    • 秦漢時代
    • 三国時代
    • 西晋時代
    • 南北朝時代
    • 隋唐時代
    • 宋代
    • 元代
    • 明代
    • 清代

    中国の歴史のルーツである黄河流域に栄えた商・周の時期、中国に農業主体の経済が流入した。春秋戦国時代の諸子百家の1つ、法家は、農業を本業、商工業を末業と位置付け、その関係性について「重本抑末」を説いた。この重農抑商政策は近代まで変わらず、中国の経済主体は農業であった。 殷商から漢に至るまで、経済・政治の中心はともに華北の関中にあった。前漢中期には江南一帯は未開発地帯で、当時の長江流域の経済規模は華北と比べて程遠いものであった。

    秦朝は統一政策として、刀銭などを廃止し、半両銭に統一した。半両銭の丸板に穴が空いた形は以降の王朝においても引き継がれた。この形状は現在の日本国5円硬貨並びに50円硬貨にも見受けることができる。他にも車軌の統一、文字の統一などを行い、以降の中国王朝の繁栄の基礎を作り上げた。 前漢時代に始まった経済政策には武帝による塩鉄専売制が代表として挙げられる。これは匈奴討伐などの費用を増税により賄うもので、この専売制については武帝の死後、議論を呼び、この議事録が『塩鉄論』としてまとめられている。他にも増収と価格安定のため、均輸法などを創始した。更に武帝は半両銭を廃して五銖銭とした。五銖銭は唐代に廃止されるまでの長きにわたり、形を変えつつ用いられた。また、この時代に経済は大きく発展したため、富豪が広大な土地を所有し、自ら堀や塀を建造してそれらを守り、場合によっては傭兵を雇うこともあった。 後漢時代は帝権が弱まり、荘園制が勃興しつつあったため、郷挙里選を悪用して官僚となる豪族の台頭を許してしまった。郷挙里選は任子制による高級官僚の世襲を防ぐために前漢時代に創始されたものだったが、この導入は却って荘園制の強化に繋がり、結果として高級官僚を世襲する家柄を楚漢戦争の元勲後裔から地方豪族へと変えただけとなった。またこれらは唐代に絶頂を極めた貴族のルーツとなった。

    後漢末には戦乱と災害により華北の耕地は荒れ、三国時代の開始とともに江南へと農地が拡大した。長江の流域は、それまで蛮や山越と呼ばれる少数民族の地であったが、山間部から農地が開拓されていった[注釈 1]。これは華北の人口が減少、代わって華南の人口が増加し、それと同時に農業技術も南遷したからである。これにより収穫量が大きく増加したとされる[注釈 2]。 魏晋南北朝時代は社会が大きく混乱し、金属貨幣の流通範囲も減少、また形や価値も多様化し、重さも変わっていった。前漢の武帝までは半両銭、それ以降は五銖銭が用いられていたが、曹魏では曹魏五銖、蜀漢では直百五銖、孫呉では大泉五百・大泉当千・大泉二千を発行した。これらは五銖銭を基準として利ざやを得ようとして改鋳されたものだが、一時しのぎにしかならなかった。また、私鋳銭にも五銖銭を基準として100枚相当の太平百銭が発行された[注釈 3]。 三国の一つである魏は、財政では屯田制を基盤とした。屯田とは国家が定めた人員によって土地の開墾や農作を行う制度であり、漢代から行われていた。曹操は、自身が後漢の官僚だった196年から典農部に農民の屯田を始めさせ、やがて蜀や呉の国境では防衛の兵士が屯田に従事した。前者を民屯、後者を軍屯と呼ぶ。税制では、人頭税的な算賦に代わって戸を基準にした戸調という物納を始め、農民の家族を単位にした税制が普及した[注釈 4]。

    西晋では、荘園を基盤とする経済が大いに栄えた。天下統一後、帝室・官僚が経済に関わるようになり、商業のさらなる発展を求めてその拡大を促進した。その結果、呉王司馬晏の部下に市場の仕入れについての記入を担当する者が居たとされるほどの規模となった。しかしこの頃既に経済の中心は中原域から長江中下流域に遷っており、最も栄えていたのが建康で、次が江陵であったとされる。戦乱により鋳銭が不足し、貨幣の価値は混乱した。それに対し貿易は発展し、南北の互市と海外貿易は中央政府が掌握していた。それに呼応して私営商業も発達し、交易により食糧、布類、塩などが生活用品や奢侈品として運ばれた。広州では海上貿易が発達し、ヒスイやサイ、象牙や香料や絹が取引された。 西晋は支配地域を郡県制で統一した。魏で行われていた民屯を廃止して郡県制に編入し、民屯にいた農民は一般戸籍に移された。土地制度では、田地の占有を認めた占田と、開墾と耕作の責任を課された課田が実施された。占田制は、中国で初めて農民の土地所有を規制した制度であり、農民世帯が社会の基盤になりはじめたことを表している。

    南朝

    東晋は、江南における西晋の復活という面をもつ王朝だった。江南豪族の成長、華北の動乱による流民の大量流入、それにともなう開墾によって東晋の経済は成長した。長江の下流では微高地を中心として灌漑施設が建設されて農地が開かれ、並行して低地の沼沢地の干拓も始まり、華北からの流民が労働力として動員された[注釈 5]。東晋時代は、西晋が八王の乱と永嘉の乱で滅び、華北を失ったため、大勢の漢人が亡命してきた(衣冠南渡)。一方で当時、華北にあたる淮河北部にも大市が百余りあったと伝えられる。しかしこれ以降、華南が発展し始め、経済・政治・文化の中心が形成され、南に遷り始めた。 江南では開拓が進むとともに大土地所有も増えた。荘園には農地の他に、山林や果樹園、養魚池などもそろい、山川の産物は鳥獣や魚介類、建築材、燃料などの資源に恵まれていた。王侯貴族はそれらの産物を加工・販売するために屯、伝、邸、冶などの名で呼ばれる施設を建設した。水稲の他に麦が導入されて穀物の種類が増え、麻と麻布や養蚕と織絹による繊維業も増加して布帛は重要になっていった。新たな産業としては陶器の生産があり、六朝青瓷として知られる。原料の高...

    北朝

    北朝の北魏は五胡十六国時代からの戦乱により農民が流民となり、荒地が多かった。これを解決するため、農民の帰還を奨励して租税軽減も行い、三長制(485年)を実施した。農民の帰還増加によって土地所有者との紛争が増えたため、訴訟の解決と占有関係の整理を進め、均田制(492年頃)を定めた。均田制では有資格者に田土の支給を行い、農民が占有する土地は穀田・桑田・麻田と居住地であり、穀田によって租、桑田・麻田によって調を納税した。均田制の内容は西晋の占田・課田制を引継ぎつつ、国家の土地所有をさらに強めている。また大土地所有者の隷属下にあった者は奴婢として国家が記録し、大土地所有者の権力を押しとどめる効果もあった。均田制は西魏・東魏、北周・北斉、隋唐時代にも引き継がれ、各王朝によって改変されつつ実施された。

    隋による統一政策

    隋朝時代は魏晋南北朝に比べ商業が発達し、その規模は広大なものであった。特に商業が盛んだったのは長安と洛陽の2都で、世界的大都市でもあった。長安には東西の市があり、東市は都会として、西市は富裕な外人の居住地として、大いに栄えた。洛陽には東の豊都、南の大同、北の通遠の3市があった。通遠には文帝・煬帝が築いた大運河[注釈 6]が隣接しており、華北と江南を結ぶ物流で賑わった。商人は雲のように多く、船は万を超える数であった、とされる。江都は江南の貨物の集積地であり、これも運河による物流で栄えた。江南には宣城郡、毗陵郡(江蘇省常州)、呉郡(江蘇省蘇州)、会稽郡(浙江省紹興)、余杭郡(浙江省杭州)、東陽郡(浙江省金華)などの商業都市が栄えた。他にも成都は巴蜀地区の商業的中心地で、広州は海外貿易の中心であった。当時の隋の貿易政策は西域廻廊と海上貿易にあった。西域廻廊はササン朝ペルシャ、東ローマ帝国に繋がったとされる。海上貿易では東南アジア諸国や日本と繋がった。特に日本との関係は密接なものとなった。 南北朝時代は貨幣の不一致が起こっていた。南朝梁・南朝陳では五銖銭を用いていたが、嶺南の奥地では米布...

    唐の経済政策

    619年に隋が滅び、その後100年間比較的穏やかな発展が続き、玄宗の治世においては既に隋文帝期の経済水準を回復させていた。しかし安史の乱により状況は一変した。7年2カ月に及ぶ戦乱は黄河下流域に大損害をもたらした。それに対し江南などが受けた被害は軽微なものであり、南方経済が相対的に発展した。その結果、中国の古代経済の中心は完全に南に遷り始めた。一方でそれと同時に、江南8道と四川において、華北の大規模な戦乱とその他の影響により、農業や手工業の生産が発展を遂げた。江南での農業に関しては、『四時纂要』のような農業書が出現し、肥料の導入、農具・品種・農薬の改良と進歩が起こった。 唐代の都市の商品経済は黎明期にあった。長安(雍州、京兆府)、洛陽(洛州、河南府)、魏州、清河郡、済州古城、睢陽郡(宋州)、楚州、蘇州、涿郡、揚州(江都、広陵城)、成都(益州、成都府)、広州、晋陽(并州、太原府)などが地域商業の中心となっていった。唐の国内交通路は世界的にも十分発達したもので、陸路は長安を中心として全国に繋がり、水路は洛陽を中心として大運河を通して繋がっていた。唐に駅站は1463箇所あったとされ、内訳...

    税制については、均田制が武周の末頃から瓦解し始めたため、以後の唐やその他の王朝は均田制やそれを背景にした租庸調制に代わって両税法を用いていた。また当時の北宋では、五代十国時代からの各国の経済や文化の進歩・発展とそれによる新しい様々な商工業種が外国貿易をより盛んにし、泉州や明州・広州などの通商が栄えた。これらの都市は南宋以後、より貿易が盛んになった。しかし元が許可なき貿易を取り締まるようになり、その後海禁が行われるようになると、対外貿易は萎縮し、明代には完全に停止した[注釈 14]。

    元代の経済は農業を主としたもので、生産技術、作付面積、生産量などは更に増加した。またこの時代、貯水池の建設や綿花栽培の開始などの大発展を遂げた。モンゴル人が草原に居た時期は牧畜による単一経済で、国際的な取引の依頼も比較的多く、重農抑商思想に染まっていなかったため、元はあまり商業を抑制せず、商品経済が繁栄を極めた。これによる効果もあって、元は世界一裕福な国家の1つとなった[注釈 17]。元の首都は大都(現在の北京市)で、元は当時の世界の商業の中心地であった。商品の交換に便利だったため、大元政府は世界初の完全な兌換紙幣流通制度を作った。中国史上初めての紙幣の時代は、欧州よりも400年以上前[注釈 18]のことであった。また陸路や河川・海上交通が大きく改善された(例: 京杭大運河)。

    朱元璋は洪武年間に民力休養政策と荒れ地への開墾移民政策を実行し、派遣した国子監の下、水路の建設をさせ、並びに耕作奨励のための減税を行い、屯田政策を実行させた。屯田の面積は明全土の作付面積の10%となり、政府は塩引という塩の専売証を売り、商人を塩とともに食糧を内陸部に運送するよう促すことで、国内の食糧需要を満たした。一部の士大夫は専売証の売買により味をしめ、「亦商亦儒」「棄儒就商」[注釈 19]というような現象が発生し始めた。手工業の面においては明代は依然として元代の匠籍制(匠戸制)を継続し、江南地区の代表的な手工業は高度に発展し、松江潞安府は全盛期には1.3万張の織機を有し、南京一帯には多くの陶磁廠が年間100万の磁器を生産し、生産方式は吹釉法が刷釉法に取って代わり、均一な光沢のある釉薬を施せるようになった。

    明清時代、中国には十大商団(十大商幇)が形成されつつあった。その中も晋商・徽商[注釈 20]は中国の金融業を、閩商・潮商[注釈 21]は外国貿易を掌握した。これらの商人団は会館や公所を主要都市に建設し、互助を行った。また清朝政府も一時は海禁政策を実施したが[注釈 22]、台湾の直接統治開始以後は海禁を解いたため、沿海貿易が活発となり、貨幣については銀銅両本位制を採用した。康熙年間末には民乱を防止するため、禁鉱政策を行ったため、商工業の発展にある程度の支障をきたした。 近代の中国経済の発展の特徴は全地球規模の資本主義経済の体系に漸次的に参入したことにある。清代中葉には対外貿易活動が盛んになり、最初は広州一市のみの貿易だったが、アヘン戦争以後に沿岸各都市に広がった。上海、天津、寧波のような都市などが代表的な例である。清末には新興工業が盛んになったが、それらが沿海部に集中し、今日の生産規模ほどの開発が行われ、世界にその商品が展開されるようになった。そのため「世界の工場」と呼ばれるようになった。同時に、1850〜1860年代にかけての第1次・第2次アヘン戦争、太平天国の乱の影響は中国の伝統的な小農経済を少しずつ解体し、沿岸部から通商が行われるようになり、大量の自由な労働力が生まれ、この労働力を基盤に中国資本主義の発展が支えられた。

  3. 済西の戦い - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 済西の戦い

    済西の戦い 戦争:済西の戦い 年月日:前284年 場所:済水以南 結果:斉軍の主力が壊滅的被害を受ける。 王都の臨淄が落ち、湣王が殺される。 斉の領域は莒と即墨の2城のみとなる。 交戦勢力 燕・魏・趙・韓・秦・楚 [1] 斉 指導者・指揮官 楽毅・淖歯†

  4. 蕭敬騰 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ジャム・シャオ
    • 基本データ
    • 略歴
    • 作品
    • 出演
    • 外部リンク

    台北のレストランの常駐歌手としてバイトをしていたが、2007年、台湾のオーディション番組「超級星光大道」に出場。暫定チャンピオンとのPK合戦で一躍注目を集める。 2008年6月、1stアルバム「蕭敬騰同名専輯」で正式デビュー。「G-MUSIC」や「五大金榜」などのランキングでトップセールスを得る。 2009年、台北アリーナでソロライブ開催。 2009年から2016年まで、「MR.ROCK洛克先生」、「有一種精神叫蕭敬騰」、「TRIPLE JAM」の3回の世界ツアーで、延べ50ヶ所のライブを行っている。 2011年、映画「殺手欧陽盆栽」に主演し、2012年香港電影金像奨の最優秀新人賞を受賞。 2013年、2014年、2015年には、3年連続で、中国の音楽番組「最美和声」の優勝者指導者となる。 2013年には、アルバム「以愛之名」により、第24回金曲賞で最優秀男性歌手賞を受賞。 2014年には自身の録音スタジオ「Jam Studio」を開設。 2015年、積極的な社会貢献活動により、台湾地区十大傑出青年奨を受賞。 2016年9月、ロックバンド「獅子合唱団(LION)」を編成。1stアルバム「LION」を発表。全楽曲の作詞・作曲を担当。ロックバンドのヴォーカルとして再デビューを果たす。 2017年、万能科技大学観光休間学部卒業 2017年、ジェイ・チョウ(周杰倫)監督の作品に出演予定。 2018年、ファッションリーダーとして様々なブランドの服を着る機会が増えるが、どんなデザインでも、彼の個性や音楽スタイル、前衛的で創造的な部分を活かす、見事な着こなしを見せている。 2018年、有名ブランド Calvin Klein がアジア初めてのイメージキャラクターにジャムを選ぶ。 2018年、ニューシングル「皮囊」のMVにて フランスの有名ブランド GUCCI から提供された今春デザインの衣装5セットを着こなし、彼のファッションモデルとしても魅力が発揮される素晴らしい映像となっている。 2018年、新しいワールドツアー 《娛樂先生世界巡迴演唱會》を発表。《TRIPLE JAM 世界巡迴演唱會》に続く、4度目のワールドツアーとなっている。 2018年、《娛樂先生世界巡迴演唱會》のツアー皮切りとなる台北2Daysのチケット発売開始直後、1分間でソールドアウトに。発売の瞬間、20万以...

    幼少期(1987年-2003年)

    1. ジャムは台湾人(漢民族)の父と台湾原住民である花蓮県のアミ族の母との間に生まれた(尚、祖籍は父のルーツがある福建省恵安県である。)。家庭環境は裕福とは言えなかった。両親とも敬虔なキリスト教徒であったため、ジャムは幼少の頃から教会の活動に参加し、教会内で詩歌を歌っていた。 少年の頃のジャムは非行に走り、授業をさぼったり、しょっちゅう喧嘩をしていたため、補導されてしまう。しかし、ある補導員が言った「喧嘩するパワーがあるなら、何故その力を音楽に使わないの?」という一言により、ジャムは人生の目標を見つけることが出来た。 1. ジャムが本当に音楽に目覚めたのは、小学校六年生のとき。たまたま家に置いてあったBon Joviの< >を聴き、もっと音楽を学びたいと強く思うようになった。15歳の時、ジャムの度重なるおねだりに母が根負けし、近くの音楽教室でドラムのレッスンに通わせ始める。しかし、経済的理由から三ヶ月で辞めることとなってしまった。しかし、ジャムのドラムをもっとうまくなりたいという気持ちは依然と衰えず、独学で練習を続ける。一日の練習時間は10時間を越えることもしばしば。...

    下積み時代(2004年-2007年)

    1. ドラムをマスターした後、今度は独学でピアノを学び始めた。今まで正式なレッスンも受けたことがなく、五線譜も読めなかったが、優れた音感により、耳から演奏を覚え、毎日数時間練習に没頭した。 1. ピアノに触れて数ヵ月後、ジャムは舞台にたって歌う機会を得るため、たくさんの店に自分を売り込んだ。 2. 17歲のとき、ジャムは民歌西餐廳「天秤座」というレストランで常駐歌手となり、このレストラン全店の中で最年少常駐歌手の記録を作った。 1. 二年ちょっとの常駐歌手で、ジャムは豊富な舞台経験を積んだ。また、たくさんの先輩たちと切磋琢磨する中、歌い方と舞台での風格に大きな変化があった。同時に現場でのリクエストに答えるため、ジャムはたくさんのチャイニーズポップに触れ、プロの歌手からさまざまな技術を学びとった。ジャムが好きな歌手は張信哲、張惠妹、曹格、張學友、那英、孫燕姿等で、よく彼らの曲を歌っていた。 1. このとき、ジャムはまだ学生だったため放課後しか活動できなかった。キーボードとたくさんの楽譜を背中に背負い、バイクに乗って台北市や桃園、新竹の間をあちこち掛け持ち出演し、深夜まで歌い続けた。...

    デビュー前(番組出場により世間の脚光を浴びる)(2007年)

    1. 2007年、ジャムは台湾の超人気番組「超級星光大道」という歌手オーディションの第二期に応募したが、製作サイドに第一期のPK対戦(道場やぶり)の挑戦者として参加を勧められた。初のPKはジャムが勝った。その次の挑戦にも勝利し、当時ジャムの出演により視聴率がアップ、4.06%にまで達した。(TV局が100近くある台湾でこの数字は驚異的)3回目のPKは負けてしまったが、そのすばらしい実力が視聴者を釘付けにし、非正式な参加者にもかかわらず大注目された。それにより、2007年「台湾Yahoo!奇摩十大ニュース人物」の第三位になった。また、同年の「Googleホット・キーワード・ランキング-芸能人ランキング」では第二位になった。

    映画

    1. The Killer Who Never Kills 殺手歐陽盆栽(2011年/台湾)-主演、主題歌提供 2. My Geeky Nerdy Buddies 大宅們(2014年/台湾)-主演 3. Crazy New Year's Eve 一路驚喜(2015年/中国)-主演

    書籍

    1. 《蕭敬騰的成年禮》(成人記念フォトブック)2007年 2. 《蕭敬騰.聆聽義大利》(イタリアを聴きながら フォトブック旅行記)2008年 3. 《洛克先生Mr. Rock 蕭敬騰演唱會寫真書》(Mr.Rockライブフォトブック)2010年 4. 《蕭敬騰.愛.在關島》(Love in Guam 写真集)2011年 5. 《殺手歐陽盆栽的第一次任務》(映画殺手歐陽盆栽 メイキング本)2011年 6. 《片刻/永恆》2013年12月

    司会

    1. 2008年10月 八大電視台「娛樂百分百」の代理司会者。

    CM/イメージキャラクター(非営利)

    ※これらの活動の他に、毎年、各方面に多額の寄付活動やチャリティオークション等行っており、熱心な社会貢献活動が認められて、2014年には「台湾十大好人」、2015年には台湾地区十大傑出青年奨を受賞。 ※また学習障害があるにも関わらず、熱心に学び、2013年には金曲賞を受賞した姿は、台湾の中学校の英語の教科書にも紹介されている。

  5. 元寇 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 文永の役

    元寇(げんこう)とは、日本の鎌倉時代中期に、当時モンゴル高原及び中国大陸を中心領域として東アジアと北アジアを支配していたモンゴル帝国(元朝)およびその属国である高麗によって2度にわたり行われた対日本侵攻の呼称である。 1度目を文永の役(ぶんえいのえ ...

  6. JIS X 0213漢字一覧の1面 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › JIS_X_0213漢字一覧の1面

    JIS X 0213漢字一覧(ジス エックス 0213かんじいちらん)は、JIS X 0213:2004で規定された漢字の一覧(1面14区-2面94区)である。 該当文字および規格で示された面 区 点、Shift_JIS-2004、Unicodeのコード位置および規格に記載された日本語通用名称を示す。 ここ ...

  7. 宋 (王朝) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 宋朝

    宋(そう、拼音 Sòng、960年 - 1279年)は、中国の王朝の一つ。 趙匡胤が五代最後の後周から禅譲を受けて建国した。 国号は宋であるが、春秋時代の宋、南北朝時代の宋などと区別するため、帝室の姓から趙宋とも呼ばれる。 国号の宋は趙匡胤が宋州(現在の河南省 商 ...

  8. 其他人也搜尋了