Yahoo奇摩 網頁搜尋

搜尋結果

  1. 肛門からの出血:直腸穿刺部からじわじわとした出血はありますが、検査後の用手圧迫 にて止血得られます。 稀に細い動脈を損傷することがあり、止血が得られない場合には、

  2. 手術中に起こりうること. 手術は安全に行われますが、下記のような合併症が起きることがあります。 1 出血:大きな前立腺を削ると出血量も多くなり、血圧が下がることがあります。 その場合、血圧を上げる薬(昇圧剤)の使用や場合によっては輸血が行われます。 手術前に自己血といって、自分の血液をあらかじめとって準備しておくことがあります。 2 前立腺の壁の穿孔:前立腺の外側の壁に穴があき、破れた穴から手術時に使用する還流液がもれ出ることがあります。 小さな穿孔ではカテーテルを長めにいれておけば自然に治ります。 大きな穿孔では開腹して修復する可能性があります。

  3. 消化管疾患における出血や吸収障害を把握するためのスクリーニング検査で、上部・下部の消化管出血疾患が疑われる場合に検査します。 便検査 (便中ヘモグロビン)

  4. Overview. We are pleased to introduce you to the Department of Hematology and Blood Purification Therapy at Tokyo Women's Medical University. Our department has been a pioneer of renal replacement therapy in Japan, and has been involved in renal failure treatment since the early days of the field.

  5. 概ね20~30カ所採取しますが、最終的な生検本数および箇所は超音波検査の所見により決定します。. 刺入部位を圧迫止血した後、おしっこの管(尿道カテーテル)を挿入して終了します。. 5.受けた場合の予想される経過(期待されること) 検査当日はベッド上で ...

  6. 出血:腎不全になると出血しやすくなるため、手術部位からじわっとした出血を認める 場合があります。 動脈硬化や石灰化が強い場合には血管吻合部から出血することもあります。

  7. 開放手術で腎臓を摘出するには20〜30cmぐらいの大きな傷が必要です。. 腹腔鏡下手術では、創部が小さいため手術後の痛みが少なく、回復が早くなり、退院も早くなります。. また多くの場合出血量も少なくなります。. このため今回は、内視鏡で腎臓を摘出 ...

  1. 其他人也搜尋了