Yahoo奇摩 網頁搜尋

搜尋結果

  1. 当腎臓小児科は、東京女子医科大学病院内の 腎臓病に関連した 診療科(泌尿器科、腎臓内科、血液浄化療法科)、 小児医療に関連した 診療科(小児外科、小児科、循環器小児科、新生児部門など)、さらに同病院内の種々の部門(臨床工学部、病理検査室 ...

  2. Home. 腎生検. 当科における腎生検は1974年に一例目を施行したのにはじまり、その歴史は長く30年以上にも及び、症例数も3000例を超えております。 現在では年間約100例の症例に腎生検を施行しております。 I. 腎生検施行症例数、性別、平均年齢、理由の5年毎の推移 (1979-2008年) 5年ごとの腎生検施行の数、性別、 施行時年齢、施行理由. II. A. 当科における腎生検疾患の内訳 (1979-2008年) 5年ごとの一次性・二次性腎炎に発症頻度 (%) B. 当科における腎生検疾患の内訳 (2011年, 全120例) III.合併症. 針で腎臓を刺す検査ですから多少の出血はありますが、ほとんどの人が追加で処置が必要となるような合併症はなく安全に終了しております。

  3. 概要. 教育内容. 研究内容. スタッフ紹介. 大学院. 関連リンク. 概要. 私どもの診療のポリシーは「患者さんを中心に考える」ということです。 腎臓病は短期決戦ではなく、長期に病気と戦う患者さんと寄り添っていくことになります。 病気だけをみて診療することなく、患者さんの気持ちや社会生活なども尊重して治療することをモットーとしています。 第四内科は、1973年 (昭和48年)1月に初代主任教授である杉野信博先生が、東京女子医科大学総合内科教授として着任し、腎臓内科の診療・研究にあたられたことに始まります。 1979年 (昭和54年)4月に、腎臓病総合医療センターが設立され、腎臓内科が診療科としてスタートしました。

  4. Home. 診療紹介. 慢性腎臓病の合併症. 慢性腎臓病(CKD)とは、何らかの腎障害が3ヶ月以上持続する場合と定義されています。 症状が出現することはほとんどなく、蛋白尿や腎機能異常(eGFRの測定)により診断されます。 (1)尿濃縮力障害. (2)高窒素血症. (3)水・電解質異常(体液過剰、高カリウム血症) (4)代謝性アシドーシス. (5)腎性貧血. (6)二次性副甲状腺機能亢進症. など、さまざまな合併症が出現します。 合併症の出現は、腎機能低下に伴って、徐々に出現してきますが、その時期については個々の患者でさまざまです。 1.尿濃縮力障害 ~夜トイレに起きますか? 尿は薄くなったり、濃くなったりします。 これは、体内の水分量(体液量)に応じて、腎臓が調節しているからです。

  5. 腎生検|東京女子医科大学病院 腎臓内科. 〒162-8666 東京都新宿区河田町8-1. TEL:03-3353-8111 内線33511~3. FAX:03-3356-0293. Toggle navigation. ご挨拶.

  6. 2024年04月11日 第40回吉岡彌生記念講演会のご案内:2024年5月22日~29日配信 2024年02月21日 好評受付中! 3月7日(木)第10回地域連携セミナー 2024年02月02日 【プレスリリース】男子看護学生のためのキャリアセミナー開催のお知らせ 2023年12月07日 【1/18(木)開催】高橋倫子先生ご登壇!

  7. 当科は『患者様と共に』を基本として日々の診療に励んでおります。. 診療内容は主に腎炎、ネフローゼ症候群、腎不全などの腎疾患全般および腎障害を有する膠原病や高血圧症の診断・治療です。. また血液透析、CAPD (持続腹膜透析)を含めた透析全般に ...

  1. 其他人也搜尋了