Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 大谷翔平 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/大谷翔平

    大谷 翔平(おおたに しょうへい、1994年 7月5日 - )はプロ野球選手。右投左打。MLBのロサンゼルス・エンゼルス所属。 岩手県 奥州市出身。 愛称はショータイム(SHOWTIME [2]、SHOTIME [3]

    • 6' 4" =約193 cm, 210 lb =約95.3 kg
    • 日本
  2. 大谷亮平 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/大谷亮平

    大谷 亮平(おおたに りょうへい、1980年10月1日[3] - )は、日本の俳優、モデル。 アミューズ所属。大阪府[3]吹田市出身[1]。

  3. 大谷大学 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/大谷大学
    • 概要
    • 基礎データ
    • 図書館・博物館
    • 沿革
    • 学部・学科
    • 付置機関
    • 系列校
    • 施設概要
    • 年間行事
    • 歴代学長

    1665年、東本願寺が設立した学寮を起源とする大学である。開設時以来、文科系大学としての規模・内容を堅持し、建学の理念として、各専門分野の綿密な研究・教授を通じた、自己の信念確立への方向性と深い教養とを持った人物の育成を掲げる。鈴木大拙をはじめ著名な学者が教授として在任した。また、曽我量深、金子大栄、山口益等の、近現代を代表する仏教思想家・仏教学者を輩出している。卒業生は、専門分野における特性を反映し、僧侶、教員、図書館司書、博物館学芸員、社会福祉、出版等々、幅広い分野において活躍している。

    大学基礎データ

    1. 学生数3,373名(大学院生、短期大学生含む場合)<2019年5月1日現在> 2. 学部3,215名(文学部2,467名) 3. 教員数483名 4. 卒業生数(同窓生)37,963名(物故5,361名・不明者8,513名除く)<2019年6月1日現在> 5. 蔵書総数886,696冊<2019年3月31日現在>

    所在地

    1. 本部 - 京都府京都市北区小山上総町

    交通アクセス

    1. 京都市営地下鉄烏丸線鞍馬口駅下車、北へ徒歩約5分。 2. 京都市営地下鉄烏丸線北大路駅下車、6番出口すぐ。

    付置の図書館は、蔵書数89万冊。永年にわたり収集寄贈された内外の貴重典籍の公開、各専門分野の学術書・重要図書の網羅的な収集・公開が行なわれており、文科系単科大学としては質量ともに国内有数である。博物館には、『三教指帰注集』(空海『三教指帰』の古注釈)、『春記』(平安時代の貴族藤原資房の日記)、『選択本願念仏集』(法然)、「湯浅景基寄進状」(明恵の自筆署名あり)など重要文化財8点をはじめ、12,000点余りの文化財が収蔵され、随時展観されている。

    学寮期の詳細は学寮 (東本願寺)を参照。 1. 1665年 - 琢如が東本願寺寺内に寺院子弟教育を目的として学寮を創設する。 2. 1678年 - 学寮、渉成園(枳殻邸)内に移転。 3. 1755年 - 学寮、高倉通魚棚に移転、「高倉学寮」と改称。 4. 1868年 - 護法場を学寮内井波屋敷に付置。 5. 1873年 - 高倉学寮と護法場とを統合し、貫練場と改称。 6. 1874年 - 貫練場内に宗学・華厳・天台・倶舎・唯識・外学の6科の寮舎を設置。 7. 1879年 - 貫練場を貫練教校と改称。 8. 1882年 - 貫練教校を真宗大学寮と改称。 9. 1888年 - 大学寮組織を改め兼学部・専門部及び安居とする。 10. 1889年 - 大学寮に専門部本科を開設し、修業年限を3年とする。 11. 1894年 - 専門部本科の修業年限を4年に改める。 12. 1896年 - 真宗大学寮の機構を解し、真宗大学を設置。安居を中心とする真宗高倉大学寮を別置。 13. 1897年- 真宗大学、初代学監に占部観順が就任。 14. 1899年 - 真宗大学の学制を改め研究科を研究院と改称し、修業年限を5年とした従来、本科4年であった修業年限を予科2年・本科3年とし、宗乗・華厳・天台・性相の4科を設ける。真宗大学、私立学校令により認可、関根仁応主幹が大学代表者として認可 15. 1901年 - 真宗大学、東京巣鴨に移転開校、学監(大学代表者)に清沢満之就任。 16. 1904年 - 真宗大学、専門学校令により認可。 17. 1907年 - 真宗高倉大学寮を高倉大学寮と改称、機構を改め本科と別科を設置。 18. 1911年 - 真宗大学と高倉大学寮を統合し、真宗大谷大学と改称、高倉通魚棚の地に戻る。 19. 1913年 - 真宗大谷大学、上賀茂小山の現在地に移転赤レンガ造本館・講堂、図書館、学寮(学生寮)落成式。 20. 1920年 - 真宗大谷大学学則を改め、大学の修業年限を予科・本科・研究科各3年と定める。学科目「宗乗」「余乗」の名称を「真宗学」「仏教学」と改称。 21. 1922年 -(旧制)大谷大学、大学令による設立を認可。 22. 1923年 - 大谷大学文学部開設。真宗大谷大学を専門部に改組。 23. 1925年 - 第3代学長佐々木月樵、入学宣誓式において「...

    真宗総合研究所
    博物館
    九州大谷短期大学(福岡県筑後市蔵数)
    大谷中学校・高等学校(京都市東山区今熊野)
    大谷幼稚園(京都府宇治市木幡御蔵山)

    本部キャンパス

    (京都市北区小山上総町) 1. 尋源館[旧本館](同窓会、校友センター、尋源講堂、教室)、2000年登録有形文化財に登録 1.1. 1913年竣工の旧本館。本館はルネサンス様式の煉瓦造2階建て、屋根は寄棟造で瓦葺である。1982年に博綜館の新築の際、法令の規制もあり両翼部分を解体し、内部をコンクリートで補強して現在の姿となり、尋源館となった。外観は縮小されたものの良く旧観を残しているが、内部は階段などを除きかつての姿を残していない。「報恩講私記」の中の「酌流尋本源(流れを酌(く)んで本源を尋(たず)ねる」からの命名。エレベーターのある博綜館と渡り廊下で結ばれ、バリアフリー化されている。現在は大谷大学のシンボル的建造物の扱いである。南側が建物正面にあたり学章も取付けられているが、現在は接近して博綜館が建てられており、裏側である北側から望むことが多くなっている。棟上には小塔を持っているが、これはランタンを模したものとされる。 2. 慶聞館[新教室棟](教室(大教室/中教室/情報系教室/ハイブリッド教室/高機能教室/小教室/ゼミ教室)、マルチスペース(マルチスペース/サブゼミスペース/...

    湖西キャンパス

    (大津市雄琴)1998年に開かれたスポーツ施設とセミナーハウスを主としたキャンパス 1. グラウンド(野球場、サッカー競技場、陸上競技場) 2. サブグラウンド 3. テニスコート 4. トレーニングルーム 5. セミナーハウス(研修室、練習室、宿泊室〈和・洋〉、食堂、大浴場) 5.1. 2000年竣工。

    学寮

    1. 大谷大学では学生寮を旧例に倣い「学寮」と呼ぶ 2. 貫練学寮(京都市北区大宮薬師山西町) 2.1. 1980年開寮の男子寮。『無量寿経』の「貫練群籍(群籍(ぐんじゃく)を貫練(かんれん)す)」から命名。 3. 自灯学寮(京都市左京区松ヶ崎御所ノ内町) 3.1. 1967年開寮の女子寮であるが老朽化により、1984年開寮の男子寮「知真学寮」を1996年に休寮とし、その建物を改装して移転したもの。『涅槃経』の「自灯明法灯明(自(みずか)らを灯明 (とうみょう)とし法を灯明とせよ)」から命名。

    東京移転後の歴代学長一覧 1. 清沢満之(学監1901 - 1902) 2. 南条文雄(学監1903 - 1911、学長1914 - 1923) 3. 佐々木月樵(1924 - 1926) 4. 村上専精(1926 - 1928) 5. 稲葉昌丸(1928 - 1931) 6. 上杉文秀(1931 - 1934) 7. 河野法雲(1934 - 1936) 8. 住田智見(1936 - 1937) 9. 本多主馬(1937 - 1938) 10. 大須賀秀道(1938 - 1941) 11. 関根仁応(1941 - 1943) 12. 山辺習学(1943 - 1944) 13. 大谷瑩誠(1944 - 1948) 14. 藤岡了淳(1948 - 1950) 15. 山口益(1950 - 1958) 16. 正親含英(1958 - 1961) 17. 曽我量深(1961 - 1967) 18. 野上俊静(1967 - 1969) 19. 安藤俊雄(1970 - 1973) 20. 松原祐善(1974 - 1980) 21. 廣瀬杲(1980 - 1986) 22. 北西弘(1986 - 1987) 23. 寺川俊昭(1988 - 1994) 24. 訓覇曄雄(1994 - 2000) 25. 小川一乗(2000 - 2004) 26. 木村宣彰(2004 - 2010) 27. 草野顕之(2010 - 2016) 28. 木越康(2016-) 学寮期の講師については学寮 (東本願寺)を参照。

  4. 大谷昭宏 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/大谷昭宏
    • 来歴
    • 人物
    • 著書
    • 雑誌等連載・コラム
    • 脚注

    東京都目黒区出身。目黒区立第十中学校、早稲田大学高等学院を経て、早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。大学卒業後の1968年4月、読売新聞社に入社、徳島支局勤務。1970年、大阪読売社会部(警察担当)へ異動。上司である黒田清と共に「黒田軍団」の一員として、数多くのスクープ記事を取材。1980年より、朝刊社会面コラム『窓』を7年間にわたって担当。 1987年、黒田が当時:取締役論説委員長で現在主筆である渡邉恒雄との社内政治対立から大阪読売を退社した際、行動を共にし、黒田と共に黒田ジャーナルを設立。2000年7月、黒田の死去に伴い黒田ジャーナルを解散し、個人事務所を設立。1987年の退社以来、読売新聞の子会社である日本テレビ系列の番組に出られずにいたが、2006年に『NNNきょうの出来事』にコメンテーターとして出演。 東京出身であるが、大阪を拠点に活動していることもあり、大阪本社勤務時代に聞き覚えた大阪弁を話すことがある。大阪弁の素養は『事件記者』や『大阪社会部』などの著書でも生かされている。 原作を担当した漫画『こちら大阪社会部』の主人公・谷一平は自身がモデル。

    思想と主張

    弱者が標的となるような若者の犯罪に関して、犯人と特定の趣味やサブカルチャーとを結びつけようとすることが少なくない。他方、現実の人間関係や格差問題など、若年犯罪者が置かれてきた境遇に言及することもある。 自身がヘビースモーカーであり、喫煙者擁護の立場をとる。タバコの箱にタバコの害の表示義務付け化について、「デザイナーに対して失礼」、「例えば非常に甘いものに対して、『糖尿病の方は、あなたの糖尿病を悪化させる恐れがあります』って書きますか。それは自分で管理していきなさいって言うのが我々大人の社会」と反対したり、「シガーバーで『禁煙じゃないの?』」と聞く人を例にあげ、神奈川県の受動喫煙防止条例などを批判している。 「九条の会」傘下の「マスコミ九条の会」呼びかけ人を務めている。また、大谷が主導し日本ジャーナリスト会議にて、師匠である黒田の冠が付いた「黒田清JCJ新人賞」を設立させた。 天皇制廃止論者であり、「私はこれ(天皇制)があることによって、私が幸せになるとは思っていない」という主張をした。 2009年末、鳩山由紀夫首相(当時)が偽装献金問題で釈明会見をした際には、万引きの罰則が最高罰...

    ノンフィクション

    1. 『開け心が窓ならば-差別反対大合唱』(解放出版社、1987年) 角川文庫版(1988年) 2. 『サラリーマンの忘れ物』(マガジンハウス、1993年) 3. 『関西電力の誤算(上・下)』(旬報社、2002年) 4. 『グリコ・森永事件 - 最重要参考人M』(幻冬舎、2000年) 5. 『警察幹部を逮捕せよ!-泥沼の裏金作り』(旬報社、2004年) 6. 『警察が危ない』(朝日ソノラマ、1991年) 7. 『権力犯罪』(旬報社、2000年)黒田清との共著 8. 『今こそ終身雇用だ!―横河電機の挑戦 』(テレビ朝日事業局出版部、2000年)サンデープロジェクト取材班との共著 9. 『殺人率-日本人は殺人ができない』(太田出版、2004年) 10. 『事件記者(1) - (3)』(幻冬舎文庫) 11. 『ささやかな少数意見』(マガジンハウス、1996年) 12. 『死体は語る 現場は語る』(アスキー・コミュニケーションズ、2002年)上野正彦との共著 13. 『新聞記者が危ない-内そとからの砲火』(朝日ソノラマ、1987年) 14. 『日本警察の正体-恐るべき腐敗の構図と組織再生...

    フィクション

    1. 『事件記者・新婚夫妻殺人事件』(幻冬舎アウトロー文庫) 2. 『事件記者2・陰毛怪怪殺人事件』(幻冬舎アウトロー文庫) 3. 『事件記者3・不完全仏殺人事件』(幻冬舎アウトロー文庫) 1. 『事件記者』シリーズの主人公は“日政新聞”の“谷昭宏”。 2. 1999年の5月と12月に2度にわたって日本テレビ系列の「火曜サスペンス劇場」にてドラマ化され、大谷本人もカメオ出演した。

    漫画原作

    1. 『獅子のごとく』画:さだやす圭(講談社・モーニングKC) 1.1. 主人公の新人熱血警察官による小児性犯罪事件捜査の失敗のエピソードと、刑事に転身してからのベテラン刑事とコンビを組んでの2件の猟奇的殺人事件の解決が描かれている。後年の漫画作品と比べて、犯人の性生活や性暴力の描写が多く登場するのが特徴である。 2. 『大阪府警刑事部捜査第一課』画:政岡としや(秋田書店・ヤングチャンピオンコミックス) 2.1. 主人公は“読朝新聞”の“谷昭宏”記者。『大阪府警刑事部捜査第一課』のストーリーは『事件記者3・不完全仏殺人事件』と類似しており、漫画バージョンと言える。 3. 『こちら大阪社会部』画:大島やすいち(講談社・ミスターマガジンKC、講談社漫画文庫) 3.1. 『こちら大阪社会部』は、大谷による解説を加える等の再構成が施されたムック『こちら大阪社会部+α』として、2006年から月刊ベースで発売された。 4. 『こちら大阪社会部 阪神大震災篇』画:大島やすいち(講談社・ミスターマガジンKC、講談社漫画文庫『こちら大阪社会部』収録) 4.1. ストーリー中に出て来る大学生の死亡エ...

    日刊スポーツ(近畿・中京・北陸・中四国地方(山口県除く)向けに「大谷昭宏のフラッシュアップ」を毎週連載中
    しんぶん赤旗・日曜版(日本共産党)
    ^ 産経新聞 【人】「(兄とは)体格も性格も正反対」 大阪高裁長官に就任した大谷剛彦氏[リンク切れ]
    ^ a b c “大谷 昭宏 プロフィール”. 大谷昭宏事務所. 2021年7月24日閲覧。
    ^ http://homepage2.nifty.com/otani-office/flashup/n080623.html[リンク切れ]
    ^ 『ムーブ!』 平成17年6月30日放送
  5. 大野将平 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/大野将平
    • 経歴
    • 柔道スタイル
    • 天理大学柔道部の暴力問題
    • 戦績
    • Ijfワールド柔道ツアーにおける獲得賞金一覧
    • 外部リンク

    高校まで

    柔道は7歳の時に松美柔道スポーツ少年団で始めた。道場の2年先輩には後に無差別の世界チャンピオンとなる上川大樹がいた。山口市立良城小学校卒業後、2歳上の兄である哲也を追って上京すると、講道学舎の所属となった。指導者の持田治也によれば、入学当初の大野は同じ学年の選手8名のうち7番手に過ぎなかったものの、弦巻中学の2年生になる頃には一切妥協せず常に真剣勝負を挑んでくる大野の姿勢に躊躇して、上級生を含めた他の選手が大野と組み合うのを避ける傾向が出てくるなど、その存在感を示すようになってきたという。一方で本人によれば、この当時はあまりの辛さに泣いていた記憶しかないという。2年の時に出場した近代柔道杯では5位となった。3年の時には東京都大会決勝で国士舘中学3年の伊左次雄介に旗判定で敗れ2位にとどまった。団体戦では全国中学校柔道大会とマルちゃん杯で5位に入った。 世田谷学園高校へ進み、1年の時に金鷲旗の準々決勝で東海大相模高校と対戦すると、同じ1年の羽賀龍之介に指導2で敗れ、チームも5位にとどまった。全国高校選手権の団体戦では3回戦で敗れた。2年の時にはインターハイ73kg級の準々決勝で鶴来高...

    右組みから繰り出される得意技の内股や大外刈は非常に切れ味鋭く、豪快に相手をなぎ倒す威力を有している。体幹が強く受けも比較的強い。現在の柔道スタイルの原型は中学3年の時に作り出された。とりわけ、大外刈りは引き手で相手の脇を掴みながら仕掛ける独特のスタイルを有している。稽古では1日1000本の打ち込みをこなす。2014年の全日本選手権では優勝した100kg超級の王子谷が対戦した選手で唯一技でのポイントを奪われなかったことや、2016年にスペインのカステイダフェルスで開催された国際合同合宿における乱取りで、テディ・リネールを内股で投げて周囲をざわめかせたことなどからも示されるように、重量級の強豪選手とも渡り合えるだけの力を有している。基本的に一本を取る柔道を理想としているが、最終的には勝たなければ意味がないので勝ちにこだわることに徹底している。きれいに一本勝ちしようと色気を見せると隙が生まれることもあるので、その辺りにも細心の注意を払うように務めている。なお、安のように低い体勢から背負投を繰り出すタイプの選手には深追いせずに、まずは指導を取ってペースを握ることが肝要だとも心掛けている。オリンピックの60kg級で3大会連続の金メダルを獲得した野村忠宏は大野が高校3年の時に稽古を積んだ際に、その技のスピードや、瞬間のキレ味には大いに驚嘆させられたと語った。また、大野と組んだことのある選手は誰もがその技に恐怖を感じているはずだという。さらに続けて、下半身への手や腕による攻防が禁じられて以降、お互いの間合いが近づいた密着型の接近戦が多くなり、従来以上にパワーが重要になってきたが、長身で力の強い外国選手が上や横から柔道衣を掴んで反則狙いの潰しにかかってくると、普通は腰が落ちて後ろに下がってしまい技を仕掛けることができない。対して、大野の場合は間合いを詰められても体の軸が強力なために体勢が崩れることなく、逆に前に出て相手を投げ切ることが可能となるとも指摘した。大学時代から大野を指導していて、大野と同じように内股や大外刈を得意にしていた天理大学監督の穴井隆将は、自分が柔だとしたら大野は剛だとした上で、大野の柔道の特徴を次のように語った。「技に入るときの威力、度胸がすごい。大外刈りは返される可能性が小さくない技だから、私は何度もタイミングを測ったものですが、大野は『そこで行くの!?...

    2013年9月には、天理大学柔道部で5月から7月にかけて天理大学柔道部4年生の男子部員4名が、1年生部員複数に対して暴力を振るい、そのうちの1名が鼓膜を破るなどのケガをしていたことが明らかになった。柔道部主将の大野も暴行現場に居合わせたものの、直接暴力は振るっていないという。大野は「(暴行を)止められず、ふがいない。申し訳ない」と弁明した。また、柔道部部長の藤猪省太や監督の土佐三郎らとともに暴行を受けた1年生部員の自宅に赴いて、「申し訳なかった。これからは自分が4年生をきちんと指導する」と述べたという。 大学側はこの件を謝罪するとともに、大野は暴行現場には居合わせたものの、直接暴力とは関わっていなかったので世界選手権の出場を黙認したと説明した。 9月5日に大学側はこの件で柔道部部長の藤猪と監督の土佐を解任するとともに、大野を主将の任から解くことも発表した。柔道部に対しても再発防止策が確認されるまで無期限の活動停止処分を下すことになった。さらに全柔連専務理事の近石康宏は、今後の展開次第では世界チャンピオンである大野が全柔連の強化指定選手から外される可能性もあることを示唆した。9月11日に天理大は大野を含む4年生の部員5人を30日の停学処分にしたと発表した。それによれば、大野は1年生1人に対して平手打ちを2回したとのこと。その一方で、実際に大野は暴力を振るっていなかったが、4年生の就職に影響が出てくることを恐れた大学側のたっての頼みで、一度は断った要請を飲んで暴力問題への関与を認める汚れ役を敢えて引き受けたと報じる向きもある。また、後に大野本人も、同級生の内定事情などを考慮した上であえて罪を被ったと語っている。事件があった当日は世界選手権の強化合宿があって不在だったとしている。「俺に十字架を背負わすのか?これが大人のやり方か!」と、この当時思ったという。このこともあって一時は現役引退も考えたが、結果として思いとどまった。 9月18日に全柔連は懲罰委員会を開いて、暴力行為に関わった大野ら4年生9名に3ヶ月の登録停止処分を下したことを発表した。これにより、大野は全柔連の強化指定選手を外された。復帰は処分明けに検討されることになった。 10月12日には、停学処分の解けた大野を含めた天理大学柔道部が東日本大震災復興支援プロジェクトの一環として、宮城県七ケ浜町で仮設住宅の雨...

    2006年 - 近代柔道杯団体戦 5位
    2006年 - 全国中学校柔道大会団体戦 5位
    2006年 - マルちゃん杯団体戦 5位
    2007年 - 金鷲旗5位

    日本選手の場合は、獲得賞金の半分は全柔連の取り分となっていたが、2013年3月からは競技者規定が改訂されて、賞金は全額選手が受け取れることになった。2014年7月からはIJF主催の各大会でコーチにも賞金が支給されるようになったために、選手の賞金が従来の2割減となった。

    大野将平選手応援ページ - Facebook
    大野将平 - 国際オリンピック委員会(英語)
    大野将平 - オリンピックチャンネル
  6. 大谷凜香 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/大谷凜香
    • 経歴
    • 人物
    • 出演
    • 外部リンク

    2012年にローティーン向けファッション雑誌『ニコラ』の第16回ニコラモデルオーディションに応募し、1万2272人の中からグランプリの5人に選ばれ専属モデル(ニコモ)となる。2012年10月から2016年5月号まで活動し、2016年3月29日に開催されたイベント「nicola 東京開放日2016」の中で卒業式が行われた。 2015年10月から情報バラエティ番組『ポケモンの家あつまる?』(テレビ東京)にレギュラー出演。 2018年、高校卒業後に上京し、大学に進学。 2018年公開の『ミスミソウ』で映画初出演。いじめグループのボスという役柄のために、髪を金髪に染めて撮影に臨んだ。 2021年4月9日をもってスペースクラフトを退所することを発表。

    趣味は、スポーツ、映画鑑賞、料理、お菓子作り。
    特技は、野球(中学から野球部で選手をして、その後マネージャーを務めた)、空手(初段)。

    バラエティ

    1. ポケモンの家あつまる?(2015年10月4日 - 、テレビ東京)レギュラー

    テレビアニメ

    1. ポケットモンスター サン&ムーン(2019年3月17日、テレビ東京) - リンカ 役

    テレビドラマ

    1. 絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜Case.06(2020年2月10日、フジテレビ) - 女子高生 役 2. サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻 Season2 第4話(2020年5月2日、BSテレ東) - 花園友里恵 役

    大谷凜香 (rinka_ootani) - Instagram(2016年8月23日 - )
    大谷凜香 (Rinka_Otani) - Twitter(2020年7月9日 - 2021年4月10日)
    • りんりん
    • 31-22-31 in
  7. 大谷直子 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/大谷直子
    • 来歴・人物
    • 出演
    • 書籍
    • 受賞
    • 外部リンク

    東京・北千住の下町に育つ。 高校在学中の1968年、知人が本人に知らせずに応募した岡本喜八監督の『肉弾』の一般公募で300人の応募者の中から合格、スクリーン・デビューを果たす[注 1]。 『肉弾』での演技がNHKのドラマ制作者の目に留まり、翌1969年のNHK連続テレビ小説『信子とおばあちゃん』でヒロイン・小宮山信子役に抜擢されて、平均視聴率37.8%、最高視聴率46.8%を記録した同作品の主演を1年間にわたり務めて一躍人気を博す。 1980年、鈴木清順監督の映画『ツィゴイネルワイゼン』に主演して一人二役を演じ、第4回日本アカデミー賞優秀主演女優賞並びにキネマ旬報主演女優賞を受賞。 1981年、妊婦ヌード写真集『直子 - 受胎告知』を発表。 1983年、芸術選奨文部大臣新人賞を受賞。 1993年、映画『橋のない川』で第7回高崎映画祭最優秀助演女優賞、および第2回日本映画批評家大賞審査員特別賞を受賞。 2004年、映画『蛇イチゴ』で第18回高崎映画祭最優秀助演女優賞。 2007年秋に癌細胞の影響で骨がもろくなり、背骨を圧迫骨折。精密検査でステージ4の悪性リンパ腫と診断。余命3か月の宣告を受けた 。1か月の入院と続く通院による抗がん剤・抗体薬での治療を経て、半年後に治療を終了。4年間の療養生活を経て体力も回復し、2012年公開の映画『希望の国』で復帰した。 2013年、映画『希望の国』および長年の功績により第22回日本映画プロフェッショナル大賞特別賞を受賞。 私生活では、1971年から1974年まで 松山省二(現・松山政路)、1979年から1994年まで清水綋治との2回の結婚・離婚を経て、1人で3人の子(1972年 長女出産、1981年 長男出産、1985年 次女出産)を育てた。

    映画

    1. 肉弾(1968年) 2. やくざ絶唱(1970年) 3. 激動の昭和史 沖縄決戦(1971年) 4. 座頭市御用旅(1972年) 5. 脱獄広島殺人囚(1974年) 6. 日本任侠道 激突篇(1975年) 7. やさぐれ刑事(1976年) 8. 大空のサムライ(1976年) 9. 日本の首領 完結篇(1978年) 10. トラック野郎・一番星北へ帰る(1978年) 11. ブルークリスマス(1978年) 12. 英霊たちの応援歌 最後の早慶戦(1979年) 13. ツィゴイネルワイゼン(1980年) 14. 徳川一族の崩壊(1980年) 15. 海峡(1982年) 16. ダブルベッド(1983年) 17. 哀しい気分でジョーク(1985年) 18. ミシマ:ア・ライフ・イン・フォー・チャプターズ(1985年) 19. 恋人たちの時刻(1987年) 20. 風のあるぺじお(1987年) 21. ハリマオ(1989年) 22. 橋のない川(1992年) 23. 生きたい(1999年) 24. 船を降りたら彼女の島(2003年) 25. 蛇イチゴ(2003年) 26. サヨナラ...

    吹き替え

    1. 郵便配達は二度ベルを鳴らす(コーラ・パパダキス〈ジェシカ・ラング〉)

    CM

    1. JR東日本 TRAiNG「カシオペア」篇

    写真集

    1. 大谷直子写真集 直子 - 受胎告知(1981年5月、集英社)

    第4回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞(『ツィゴイネルワイゼン』)
    第54回(1980年度)キネマ旬報ベスト・テン主演女優賞(『ツィゴイネルワイゼン』)
    1983年芸術選奨文部大臣新人賞
    第7回高崎映画祭 最優秀助演女優賞(『橋のない川』)
    大谷直子 - KINENOTE
    大谷直子 - テレビドラマデータベース
    大谷直子 - NHK人物録
  8. 大谷喜久蔵 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/大谷喜久蔵
    • 経歴
    • 年譜
    • 親族
    • 参考文献

    小浜藩士で藩校「順造館」教授の漢学者、大谷正徳の七男として生まれる。明治4年(1871年)10月から召集を受け大阪鎮台彦根分営所に入営する。1875年(明治8年)12月から陸軍士官学校に入校し、同11年12月卒業する。翌年2月に陸軍歩兵少尉に任官される。士官生徒第2期の同期には第4師団長大迫尚道大将、朝鮮駐剳軍司令官井口省吾大将や、第11師団長の伊地知幸介中将、第13師団長の長岡外史中将がいる。 1883年(明治16年)2月、歩兵中尉に進級し、1886年(明治19年)3月、仙台鎮台参謀を命ぜられる。同年5月に歩兵大尉に進級する。鎮台の師団改編を受けて1888年(明治21年)5月に第2師団参謀と改称。1892年(明治25年)1月、参謀本部第2局員に移り、同年11月、歩兵少佐に進級し、翌月、歩兵第8連隊大隊長に就任する。1893年(明治26年)10月から第6師団参謀に移り、1894年(明治27年)10月、大本営付を命ぜられ日清戦争に出征、1895年(明治28年)4月、中佐に進級する。1896年(明治29年)9月25日、第4師団参謀長に進み、1897年(明治30年)10月11日から大佐進級を以って近衛師団参謀長に就任する。翌年の3月3日、教育総監部本部部長に就き、1900年(明治33年)4月25日、教育総監部参謀、同年10月2日から陸軍戸山学校長を命ぜられる。 1902年(明治35年)6月21日、陸軍少将に進級し、歩兵第24旅団長に就任、1903年(明治36年)7月2日から再び陸軍戸山学校長となる。1904年(明治37年)2月5日、第12師団兵站監、同年3月11日、韓国駐剳軍兵站監、同4月18日、第2軍兵站監、同8月8日、歩兵第8旅団長、1905年(明治38年)4月8日の韓国駐剳軍参謀長と、部隊幹部を歴任した後1906年(明治39年)6月1日から再び陸軍戸山学校長に就任し、同校長を退任した1907年(明治40年)1月28日から教育総監部参謀長、1908年(明治41年)12月19日の名称変更を以って教育総監部本部長に変わり、1909年(明治42年)8月1日の陸軍中将進級の後、同年9月3日、第5師団長に親補される。1915年(大正4年)5月4日、青島守備軍司令官に就任し、同年11月7日、勲一等旭日大綬章を受章、1916年(大正5年)11月16日には陸軍大将に進級する。...

    明治4年(1871年)10月 - 召集を受け大阪鎮台彦根分営所に入営
    1875年(明治8年)12月 - 陸軍士官学校入校
    1876年(明治12年)2月1日 - 陸軍歩兵少尉任官

    家紋は三つ追い沢瀉紋。 1. 兄:直郎:就将小学校(現敦賀西小学校)訓導、敦賀県教育会議議員 2. 弟:信進:小浜藩士山田信光養子、松原村(現敦賀市)初代村長 3. 長男:正夫 4. 二男:慶治郎 5. 甥:山田麒太郎:山田信進長男、正岡子規門弟、号三子、『蕪村句集』編者 6. 甥:矢野信吉:山田信進五男、矢野宗四郎養子、大成機工株式会社創業

  9. 大谷幸夫 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/大谷幸夫
    • 主な作品
    • 主な著書
    • 参考文献

    構想と都市計画

    1. 「麹町計画」- 水谷頴介とともにコートハウスを住居単位とした市街地再構成のケーススタディ(1961年)。 2. 協同組合富山問屋センター団地(1964年-1967年) 3. 川崎駅西口地区市街地再開発計画(1970年) 4. 静岡県裾野市総合開発計画(1972年) 5. 松本城周辺整備調査計画(1973年) 6. 三井インダストリアルパーク住宅地区基本計画(1973年) 7. 三井物産相模湖社有地尾坊地区土地利用計画と施設計画(1973年) 8. 建物中庭の住居環境に関する総合的研究(1973年) 9. シンガポールコンベンションセンター世界貿易センター基本計画 10. 川口駅西口地区整備計画(斉藤邦彦アンドアソシエイツと共同、1980年) 11. 旧東京教育大学移転跡地計画(1981年-1982年) 12. 長野市松代伝統的建造物保全対策事業(1982年) 13. 東京国際空港沖合い展開に関わる整備基本計画の景観調査(1983年) 14. 荒川区アメニティタウン計画研究・快適環境整備事業基本計画策定(1985年)

    建築作品

    1. 東京都児童会館(東京都渋谷区 / 1963年/ 現存せず) 2. 天照皇大神宮教 本部道場(山口県田布施町 / 1964年) 3. 国立京都国際会館(京都市左京区 / 1966年〜) 4. 北里大学相模原校舎・女子寮(神奈川県相模原市 / 1968年) 5. 川崎市河原町高層公営住宅団地(川崎市幸区 / 1969年) 6. 金沢工業大学(石川県野々市市 / 1969年〜) 7. 日本万国博覧会 住友童話館(大阪府吹田市 / 1970年) 8. 天照皇大神宮教 東京道場(東京都千代田区 / 1978年) 9. 文京スポーツセンター(東京都文京区 / 1986年) 10. 東京大学法学部4号館・文学部3号館(東京都文京区 / 1987年) 11. 沖縄コンベンションセンター(沖縄県宜野湾市 / 1987年) 12. 天照皇大神宮教 恩額山整備事業(山口県田布施町 / 1992年) 13. 天照皇大神宮教 本部道場(中道場・付帯施設)(山口県田布施町 / 2004年) 14. 天照皇大神宮教 山口道場(山口県山口市 / 2008年)

    『空地の思想』(北斗出版、1979年)
    『大谷幸夫 建築・都市論集』(勁草書房、1986年) / ISBN 978-4326700295
    『都市にとって土地とは何か―まちづくりから土地問題を考える』(筑摩書房、1988年) / ISBN 978-4480051189
    『都市的なるものへ―大谷幸夫作品集』(建築資料研究社、2006年) / ISBN 978-4874609101
    『世界建築設計図集 13 金沢工業大学 大谷幸夫』(川添登・菊竹清訓・菊竹清訓、同朋舎出版、1984年)
    『国立京都国際会館の建築―自然への照応と都市的機能の充実』(大谷研究室 編、国立京都国際会館、1999年)
  10. 大宅映子 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/大宅映子

    大宅 映子(おおや えいこ、本名:枝廣 映子、1941年 2月23日 - )は、日本のジャーナリスト、評論家、コメンテーター。 ジャーナリスト大宅壮一の三女。 兄は詩人・大宅歩。芸能事務所ホリプロがマネジメントしている。 株式会社大宅映子事務所代表取締役、公益財 ...