Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 大a網 相關
    廣告
  1. 大網膜 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/大網膜

    胃の下側(大弯)から下方へエプロンのように腸の前に垂れ下がった腹膜を大網(だいもう、英:Greater omentum)(大網膜)という。 特に大網の上部は胃結腸間膜(gastrocolic ligament)と呼ばれる。大網は発生のはじめには薄く半透明であるが、次第に膜の結合組織を ...

  2. 大網白里市 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/大網白里市
    • 地理
    • 歴史
    • 人口
    • 行政
    • 交通
    • 名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事
    • 出身有名人
    • 脚注
    • 関連項目
    • 外部リンク

    千葉県中央部に位置し、県庁所在地である千葉市の東隣にあり、東京都の都心から50 - 60キロメートル圏内である。都市雇用圏における東京都市圏に含まれ、通勤率は、千葉市へ18.8%・東京都特別区部へ11.7%(いずれも平成22年国勢調査)。 太平洋(外房)に面し、九十九里平野および九十九里浜(九十九里海岸)の南西部に位置する。東西に細長い市域は、西部の「大網地区」である丘陵部、中央部の「増穂地区」である広大な田園部、東部の「白里地区」である海岸部を有している。

    沿革

    1. 1954年(昭和29年)12月1日 - 山武郡大網町・白里町・増穂村が新設合併し大網白里町が発足。 2. 1955年(昭和30年)7月1日 - 現在の市章となる町章を制定する。 3. 1957年(昭和32年)11月1日 - 長生郡本納町の一部(清水の一部)を編入。 4. 1993年(平成5年)10月1日 - 東金市と境界変更。 5. 2012年(平成24年)1月1日 - 茂原市と境界変更。 6. 2013年(平成25年)1月1日 - 単独市制を施行し、大網白里市となる。 6.1. 千葉県内の単独市制施行は2002年(平成14年)4月1日の富里市以来10年9か月ぶりとなる。また、山武郡での単独市制施行はこれが初めてとなる。なお、単独市制施行の一時期、当市は市制施行の要件である5万人を下回ったことがあった。

    単独市制施行前は千葉県の町で最も人口が多く、2005年以降は住民登録人口が5万人を超えていた。そして、2010年の国勢調査における人口も50,122人となったことから人口に関しては市制施行の条件を満たし、町長はこれに向けた取り組みを行うことを表明した。 2012年(平成24年)11月15日の総務省告示第三百九十六号により、2013年(平成25年)1月1日に市制を施行した。

    市長

    1. 市長:金坂昌典(2011年1月17日に町長就任、2013年1月1日に市制施行により市長就任)

    紋章

    1. 1955年7月1日に現在の市章である町章を制定した。

    鉄道路線

    中心となる駅:大網駅 東日本旅客鉄道(JR東日本) 1. 外房線 1.1. 大網駅 - 永田駅 2. 東金線 2.1. 大網駅

    道路

    1. 高速道路 1.1. 首都圏中央連絡自動車道(圏央道) 1.1.1. 大網白里スマートIC 2. 有料道路 2.1. 九十九里有料道路 2.1.1. 真亀PA- 白里IC 2.2. 東金九十九里有料道路 3. 一般国道 3.1. 国道128号 3.2. 国道409号 4. 主要地方道 4.1. 千葉県道20号千葉大網線(大網街道) 4.2. 千葉県道30号飯岡一宮線(九十九里ビーチライン) 4.3. 千葉県道83号山田台大網白里線 5. 一般県道 5.1. 千葉県道123号一宮片貝線 5.2. 千葉県道138号正気茂原線

    名所・旧跡

    1. 縣神社 2. 八幡神社 3. 稲生神社 4. 矢口神社 5. 本国寺 6. 正法寺 7. 遠霑寺(細草檀林) 8. 要行寺 9. 方墳寺跡(お塚山) 10. 大網城跡 11. 小西城跡 12. 永田城跡 13. 宮谷県庁跡(県指定史跡) 14. 経塚(七里法華) 15. 稲葉迂斎の孤松庵跡

    観光スポット

    1. 小中池公園(ため池百選) 2. 南玉不動尊の滝 3. 十枝の森

    祭事・催事

    1. 永田獅子舞 2. 文化フェスタin本國寺 3. 朝市(毎週日曜日に開催) 4. 遊楽市(毎週日曜日に開催)

    歴史上の人物

    1. 石井雙石(篆刻家) 2. 石井林響(日本画家) 3. 斉藤巻石(日本画家) 4. 篠崎司直(歴史学者)

    芸能人

    1. 矢部順子(アナウンサー) 2. 桜井幸子(元女優) 3. 大堀恵(タレント、元SDN48)

    スポーツ選手

    1. 松本啓二朗(元プロ野球選手、横浜DeNAベイスターズ元選手) 2. 有吉優樹(プロ野球選手、千葉ロッテマリーンズ→横浜DeNAベイスターズ選手) 3. 内山俊彦(プロサッカー選手) 4. 宮間あや(女子サッカー選手、なでしこJAPAN) 5. 中村慶太(プロサッカー選手) 6. 大見嵜八之助(元力士) 7. 紫雲竜吉之助(元力士) 8. 竜ヶ嵜松太郎(元力士) 9. 土居美咲(テニス選手) 10. NAKADAI(プロ格闘家) 11. 中野真矢(二輪レーサー)

    参考文献

    1. 『図典 日本の市町村章』小学館辞典編集部、小学館、2007年1月10日、初版第1刷。ISBN 4095263113。

    マリン【大網白里市マスコットキャラクター】 (@marine_os_1201) - Twitter
  3. 千葉県立大網高等学校 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/千葉県立大網高等学校

    千葉県立大網高等学校 国公私立の別 公立学校 設置者 千葉県 学区 (普通科) 第6学区 (普通科以外) 全県学区 千葉県立大網高等学校(ちばけんりつ おおあみこうとうがっこう)は、千葉県 大網白里市大網にある県立 高等学校。2008年4月に開校。

  4. 左胃大網動脈 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/左胃大網動脈

    左胃大網動脈(ひだりいたいもうどうみゃく、英語: left gastroepiploic artery or 英語: left gastro-omental artery )は、脾動脈最大の枝であり、胃の大彎から約1横指または1横指以上離れたところを左から右に、大網膜の層の間を走り、右胃大網動脈と吻合する。

  5. 大中華仏国 (石頂武) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/大中華仏国_(石頂武)

    概要 清の光緒年間(1875年 - 1908年)、湖南湘潭の地主石振順は、仏教系新宗教「三期普渡道」を創立した。 その第三代教主で、石振順の孫にあたる石頂武は中国国民党に入党して勢力を蓄え、信徒は20余県3万人に膨れ上がった。 国共内戦期の1947年、石頂武は帝位に ...

  6. 右胃大網動脈 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/右胃大網動脈

    右胃大網動脈(みぎいたいもうどうみゃく、英語: right gastroepiploic artery or 英語: right gastro-omental artery )は、胃十二指腸動脈の2つの末端の枝の1つ。 大網膜の層の間で胃の大彎に沿って右から左に走り、脾動脈の枝である左胃大網動脈と吻合する。

  7. 大非常線 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/大非常線

    大非常線. 『 大非常線 』 (だいひじょうせん) は、 日本 の テレビドラマ 。. 1976年 1月23日 から 3月26日 まで毎週 金曜日 21:00 - 21:54に、 NET にて全10話が カラー ・ アナログ放送 された。.

  8. 金網 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/金網
    • 種類
    • 用途
    • 網目の単位(メッシュ)
    • 脚注
    • 関連項目

    金網には使用目的により、製作方法や仕上がりに多くの違いがある。一般によく見られるものに以下がある。 織金網 1. ごく一般的な金網。平織、綾織、平畳織、トンキャップ織、フラットトップ織など織り方や使用目的によりいくつかの種類に分けられる。建物の外気を取り込む場合に蚊や蝿が侵入するのを防ぐ目的で使われる。網戸は金網でなくプラスチック製の網である。 亀甲金網 1. 六角形に編んだもので、よく鳥小屋などに使われている。空調の分野においてダクトの保温に使われるグラスウールの固定に使われる、一般に金網押さえといえば亀甲となる。 クリンプ金網 1. バーベキュー網などに使われているもので、線材を波形に曲げて編んだもの。建物の空気を外から取り込む際にダクト内に鳥が入るのを防ぐ防鳥網としても用いられる。 タフクリーン(菱形金網) 1. 菱形の網目で構成されており、目詰まり防止などに効果がある。ワイヤーが交差する点がないため、表面が平らで抵抗が少なく摩耗しにくい特徴を持つ。 パンチングメタル 1. 金属の板に穴を空けて加工したスクリーンであり、高い耐久性を持つ。風量抑制、風速分布の均一化に用いられるほか、光を透過させる目的でも用いられる事がある。開口の程度は、開口穴の大きさとその開口穴のピッチ、例えば2φ4ピッチ-60度などと呼ばれる。 ウェッジワイヤースクリーン(溶接金網) 1. 全ての接合部分が溶接によっているため、高い強度と軽量化を実現。あらゆるバリエーションに成形できるため、脱水機、遠心分離器、井戸用スクリーン、各種ストレーナーなど幅広い分野で使われている。土間コンクリートを打つ場合の鉄筋の代用としても用いられる。 その他、多くのメーカーによって様々金網が製作され、呼び方もまちまちのようである。

    境界用

    金網は敷地の境界を示したり、侵入や脱走を防いで安全を確保したりする目的で多用される。

    実験器具

    実験器具としての金網は、化学実験での加熱の際に三脚の上に載せて用いられる。中央の部分に円形に難燃性の素材が貼られており、かつては石綿製が多かったが、石綿は人体に有害であるため、現在ではセラミック製のものが多くなっている。

    調理器具

    古来、魚や餅を火の上に乗せて焼くために、鉄灸(てっきゅう、鉄橋、鉄弓)または鉄架(てつか)と呼ばれる、直火の上に設置し、串を渡すための金属が用いられてきた。焼網はこれの代用品として利用された。 焼くものによって金網は使い分けられ、それぞれ魚網、餅網と呼ばれた。また、形状も、丸い形の網と、角形の網があった。

    金網のスペックでメッシュという単位が使われる事がある。この「メッシュ」は1インチ (25.4mm) に網目がいくつあるかを表している。100メッシュと言えば1インチ上に100の網目があることを指す。クリンプ金網などの大きな開き目では、線径と開き目で表される。

    総合格闘技 - 近年の総合格闘技は一般のリングではなくオクタゴン形の金網の中で行われることが多い。
  9. オオグソクムシ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/オオグソクムシ
    • 特徴
    • 食性
    • 利用

    体長は体幅の約3倍で、ダイオウグソクムシ(約2倍)と比べて細長い。腹尾節の中心線は盛り上がっており、後縁には7本の棘がある。 ダンゴムシやフナムシの仲間である等脚類の中では、本種は日本最大種であり、体長が10-15センチメートルにも達する。体が大きいぶん、等脚類の特徴である第一触角も判別できるほど大きい。腹部末端の遊泳肢を動かし、体を仰向けにし、上下にくねらせるようにして泳ぐ。口から悪臭を出して、身を守ると言われている。 その姿が面白く、最近は本種を飼育している水族館も増えてきている。 2013年2月16日、愛知県蒲郡市の竹島水族館が、卵を孵化させることに日本で初めて成功した。

    本種は雑食性で、水中の有機物なら何でも食べ、魚の死体や弱った小動物やヒトデなどを食べる。見た目がグロテスクで非常に貪欲で、網にかかった魚を食い荒らすことがあるので、漁師からは嫌われているものの、海中生物の死体を掃除してくれる役割も強く、他の動物達の餌にもなっているという側面もある。

    本種は深海に生息し、生物としての知名度も低い。しかし駿河湾等一部の地域では深海魚に混ざって漁獲され、漁港で販売しているという。食べた人の証言によると、筋肉部分はエビとシャコの中間のような味、またはエビやカニに似た味といわれ、非常に美味との声もあるが、食用可能な部分は少量である上、内臓は苦味が強く不味だという。2015年春には、静岡県焼津市で現地の漁師親子の発案によるオオグソクムシの粉末入り煎餅が発売され、人気を呼んでいる。2021年春には、深海魚の聖地と呼ばれる静岡県沼津市戸田でオオグソクムシのこいのぼり「オオグソクムシのぼり」が掲揚された。

  10. オオヒメグモ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/オオヒメグモ
    • 概説
    • 特徴
    • 分布
    • 生育環境
    • 他種との関係
    • 分類
    • 人間との関係
    • 参考文献

    オオヒメグモは灰色っぽい丸い腹のクモで、主として人家に生息する。ヒメグモ科では大型種であり、世界に広く分布し、また個体数が多く、日本全国で極めて普通に見られる。野外でも見られる場合はあるが、ただし野外にはごく類似した種があり、区別は難しい。 その網は立体的に糸を貼り合わせたもので、不規則網と言われる。獲物を捕獲する部分はそれらの糸の最下部にあり、地上を歩くものを獲物としている。卵嚢は網につるし、子グモは親の網の中でまどいを作る。年間を通じてさまざまな段階のものが見られるが、産卵は夏を中心に行われる。これはこの種の耐寒性の発達と結びついている。 その網は見苦しくて掃除の対象となる方の典型である。他方、個体数が多く、家庭での衛生害虫の天敵としては重要である。また、発生生物学ではモデル生物になっている。

    体長は雌で5.1-8mm、雄では2.2-4.1mm、大きさで性的二形がはっきりしている。同属ではこの種が最も大きい。全体に褐色を帯びる。雌の背甲は濃褐色で、歩脚は淡緑黄色で灰褐色の輪状の斑紋が出る。腹部は丸く、始め糸疣が後にわずかに尖るが、成熟するとほぼ球形になる。腹部背面は地色が黄褐色で、そこに複雑な黒斑が出る。その色には黒から褐色、暗緑色などの差がある。雄は全体に小さく、雌の色や形も圧縮したような印象。

    日本では北海道、本州、四国、九州、南西諸島に広く分布する。世界的には熱帯地域を中心に、世界に広く分布している。近縁種の分布等から、本来の分布域は南アメリカではないかとも言われる。新大陸では中央アメリカからメキシコに豊富で、北はカナダ南部まで分布する。それ以外の地域には植物などと共に人為的に運ばれたものとするものである。

    多くの地域で人家や人工建造物に関わる場所に生息する。高層ビルの高層にも出現するし、新築家屋には真っ先に侵入する。生育場所として、新海(2006)は「建物の内外に多く、部屋の隅、ベランダの隅や下側、外階段の下、塀、石灯籠、生け垣など(中略)野外では、立て看板、側溝、公園のトイレ、山地の崖地(以下略)」を挙げている。ただし下記のように古い記録は他種を混同している可能性がある。 個体数はとにかく多い。図鑑等でも「各地で見られるもっとも普通のクモ」「日本でもっとも普通に見られるクモ」といった記述が見られる。北アメリカにおいても、北アメリカ南部の家屋性のクモでは最も個体数が多いだろうと言い、アラバマではイエユウレイグモの方が多いという研究者も、本種の個体数が多いことは認めるという。Montgomery は「one of our most familiar spiders」と記している。 アメリカにおいてもその生育環境は人工的なものにほぼ限られ、人家の軒下、壁際、窓枠や、あるいは納屋、物置小屋、馬小屋などにも多産する。そのほかに特徴的な生息環境として高架道路の橋の下面、暗渠がある。また野外でも洞穴の入り口付近、乾燥した岩棚のような所には見られるものの、それ以外ではほとんど見られないという。 コロンビアでは標高1000mの樹木と藪のある乾燥した熱帯気候の地域に豊富に見られる。

    クロマルイソウロウグモは本種の網に侵入して生活する。往々に子グモのまどいに紛れ込み、子グモを捕食する。卵嚢のそばに待機し、出てきた子グモを喰うとも、網の主自体を襲うとも言われる。 また、マダラコブクモヒメバチが寄生するのも見られる。外部寄生で、亜成体や成体の腹部に張り付いている。

    古くからよく知られた種ではあるが、分類体系の変遷も大きい。記載時は Theridion 属であり、古い図鑑ではこの名も使われている。その後長らくツリガネヒメグモ属 Achaearanea に含めたこともある。日本ではこのような変更に応じ、属の和名まで変更する話もあった。 この種は複数の近縁種と混同されてきた。日本において本種によく似た種として、以下のようなものがあげられている。 1. P. culicivoraカグヤヒメグモ 2. P. sutimulansハモンヒメグモ 3. P. ryukyuリュウキュウヒメグモ 4. P. hatsushibaiアニジマヒメグモ このうち、アニジマヒメグモは小笠原からしか記録がないが、他の三種は日本国内の分布域も広く、オオヒメグモのそれと重複している。正確な同定にはかなり細部を見る必要がある。ただ、その中で本種は一番大きく、またこの属では唯一の屋内性の種であるから、屋内とその周辺で見つければ、この種と考えて差し支えない。逆に本種は森林では見られないとのこと。同属のヒメグモも普通種だが、こちらは黄色っぽい腹部がよく目立ち、混同することはない。ただしこれにも類似種がある。 1. リュウキュウヒメグモ 2. Achaearanea lunata・ヨーロッパ産 3. ヒメグモ

    家の中であちこちの隅に薄汚く網を張っているクモとしては本種とイエユウレイグモが最も普遍的に出現する。すす払いなどの清掃の対象となる「クモの巣」の代表的なものがこの2種である。 他方、人家周辺でごく数の多いクモであり、衛生害虫などの天敵として重要なものと考えられる。アメリカではゴキブリとサソリをよく捕らえるとの話もある。 かつてのクモの糸の最も実用的な利用法として、望遠鏡や測量機器のレンズにこれを用いて十文字等の照準線を入れる、というのがあった。そのためのクモとして、本種がよく用いられたという。孵化前の卵嚢を用い、冷凍して内部の卵を殺した後に糸をほぐして用いたという。

    小野展嗣編著、『日本産クモ類』、(2009)、東海大学出版会
    八木沼健夫、『原色日本蜘蛛類大図鑑』、(1960)、保育社
    八木沼健夫、『原色日本クモ類図鑑』、(1986)、保育社
    新海栄一、『日本のクモ』,(2006),文一総合出版
  1. 大a網 相關
    廣告