Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 約 1,270,000,000 項搜尋結果

  1. 4 天前 · 日本の元号一覧 (にほんのげんごういちらん)は、 和暦 でこれまでに使用された 日本の元号 の一覧である。 概要 [ 編集] 明治 以前の元号については読み方が明示されなかった [注釈 1] ため、下記に示した読み方は例示である。 令和は248個目の元号である。 カッコ内の 西暦 は、 飛鳥時代 から「 天正 」の始期(元亀4年7月28日/1573年8月25日)までは ユリウス暦 で、「天正」の終期(天正20年12月8日/1593年1月10日)以降は グレゴリオ暦 で表記している。 これは、ヨーロッパのカトリック諸国で、天正年間に当たる1582年(天正10年)に、従来のユリウス暦からグレゴリオ暦が導入されたためである [注釈 2] 。

  2. ja.wikipedia.org › wiki › 干支干支 - Wikipedia

    2022/11/11 · 干支(かんし、えと、中国語: 干支、ピンイン:gānzhī)は、十干と十二支を組み合わせた60を周期とする数詞 [1]。古代中国にはじまる暦法上の用語 [2]。 暦を始めとして、時間、方位、ことがらの順序などに用いられる [1]。 六十干支(ろくじっかんし)、十干十二支(じっかんじゅうにし)、天 ...

  3. ja.wikipedia.org › wiki › 四元数四元数 - Wikipedia

    2022/11/11 · j. −i. −1. 数学 における 四元数 (しげんすう、 英: quaternion )とは、 複素数 を拡張した 数 体系であり、 虚数単位 i, j, k を用いて. a + bi + cj + dk. と表せる数のことである。. ここで、 a, b, c, d は 実数 であり、虚数単位 i, j, k は以下の関係を満たす。. このとき 1, i, j, k は実数体上 線型独立 である。. 四元数は純粋数学のみならず 応用数学 、特に 3D ...

  4. ja.wikipedia.org › wiki › 太陽太陽 - Wikipedia

    • 概要と位置
    • 構造
    • 太陽活動
    • 太陽の謎
    • 太陽の歴史と未来
    • 人類の太陽認識と観測
    • 参考文献
    • 関連項目
    • 外部リンク

    太陽の半径は約70万 kmで直径約140万 kmとなり地球の直径の約109倍の大きさである。質量(太陽質量)は地球の約33.3万倍にほぼ等しい約1.989×1030 kgであり、太陽系の全質量の99.86 %を占める。平均密度は水の1.4倍であり、地球の5.5倍と比べ約1/4となる。 太陽が属している銀河系では、その中心から太陽までの距離は約2万5千光年であり、オリオン腕に位置する。地球から太陽までの平均距離は約1億4960万 km(約8光分19光秒)である。この平均距離は地球太陽間距離の時間平均と考えても、地球の軌道長半径と考えてもどちらでも差し支えない。なお、この平均距離のより正確な値は 149597870700 m(誤差は 3 m)で、これを1天文単位 (au) と定義する。なお、20...

    太陽はほぼ完全な球体であり、その扁平率は0.01 %以下である。太陽には、地球型惑星や衛星などと異なり、はっきりした表面が存在しない。 太陽は、中心核(太陽核)・放射層・対流層・光球・彩層・遷移層・コロナからなる。可視光にて地球周辺から太陽を観察した場合の視野角と概ね一致するため、このうち光球を便宜上太陽の表面としている。また、それより内側を光学的に観測する手段がない。太陽半径を太陽中心から光球までの距離として定義する。光球には周囲よりも温度の低い太陽黒点や、まわりの明るい部分であるプラージュと呼ばれる領域が存在することが多い。光球より上層の、光の透過性の高い部分を太陽大気と呼ぶ。プラズマ化した太陽大気の上層部は太陽重力による束縛を受けにくい。このため惑星間空間に漏れ出し海王星軌道まで及んで...

    エネルギー源

    光輝く太陽はどのようなエネルギーを源にしているかという問題は、19世紀頃までに続々と発見された化学反応ではとうてい解明できず、大きな疑問となっていた。当初は重力ポテンシャルエネルギーという想像もあったが、19世紀末に放射能が発見されると原子核反応が候補となった。そして1938年に核融合反応が発見されると、これが太陽活動のエネルギー源と考えられるようになった。

    差動回転

    太陽内部の物質は極端な高温のために全てプラズマの状態にあるとされる。このように剛体でないため、太陽は赤道付近の方が高緯度の領域よりも速く自転し、周期は赤道部分で約25日(地球上の観測では地球公転運動の影響から27日となる)、極近くでは約30日である。この太陽の赤道加速型「差動回転」(または「微分回転」)のために、太陽の磁力線は時間とともにねじれていくことになる。ねじれて変形した磁力線はやがて磁場のループを作って太陽表面から外へ飛び出して、太陽黒点や紅炎(プロミネンス)を作ったり、太陽フレアと呼ばれる爆発現象を引き起こしたりする。この天体現象については地球からの観察に限って言うと、日食の間であれば比較的観察しやすい条件下にある。

    表面現象

    太陽表面には、数時間から数ヶ月にかけて現れては消えるしみのような太陽黒点などさまざまな現象が生じる。また爆発現象である太陽フレアや紅炎(プロミネンス)、CME(コロナ質量放出)なども観察できる。これらを発生させる原因は太陽磁場の磁力線管である。黒点は磁力線管が浮き上がり光球面と交わる部分に2つが対になって生じ、太陽エネルギー放出を阻害するためにその領域の温度は相対的に低くなる。

    三態においての分類

    これは太陽だけでなく他の恒星にも言えるが、太陽には固体からなる地球型惑星や衛星、液体が大半を占める木星型惑星や天王星型惑星などと異なり、はっきりした表面が存在しない。かつては、太陽を始めとする主系列星や未来の太陽の姿とされる赤色巨星は、気体で構成される、という説が有力であった。しかしながら、内部の重力の影響で、表面は気体だが、内部は液体ならびに固体で構成されている、とする説もある(前述の通り、核ではかなりの高温高圧になっているため、密度も非常に高くなっている)。21世紀初頭では、太陽の内部はプラズマや超臨界流体といった、固体でも液体でも気体でもない第四の状態となっている、とする説が最も有力となっている(中でも、既述したプラズマ説が最も有力)。このため、太陽の内部構造が三態のいずれかに該当するかについては結論は出ておらず、いまだにわかっていない。

    コロナ加熱問題

    太陽の表面温度は約6000 °Cであるのに対し、太陽を取り囲むコロナは約200万 °Cという超高温であることが分かっているが、それをもたらす要因は太陽最大の謎とされた。1960年代までは太陽の対流運動で生じた音波が衝撃波へ成長し、これが熱エネルギーへ変換されてコロナを加熱するという「音波加熱説」が主流の考えだった。 1970年代からスカイラブ計画を通じてコロナのX線観測が行われたところ、コロナの形状は太陽の磁場がつくるループに影響を受けていることが判明し、ここから太陽磁場の影響による加熱が提唱された。しかし他にも磁場に伴うアルベーン波説や、フレアによる加熱説などもあり、結論には至っていない。

    太陽ニュートリノ問題

    太陽内部の核融合反応に伴って、太陽からはニュートリノが常時放出されている。これは可視光で調査不能な太陽内部を直接知る手段として注目された。標準太陽モデルで求められた陽子-陽子連鎖反応による太陽ニュートリノは、以下の4種類が想定された。 これらの名称およびエネルギー値は上から、p-pニュートリノ (0.42MeV)、pepニュートリノ (1.44MeV)、ベリリウム・ニュートリノ(0.38MeVおよび0.86MeV)、ボロン・ニュートリノ (6.7MeV) である。 太陽ニュートリノ観測は1960年代にアメリカ、1985年から日本でそれぞれ行われたが、その結果は、恒星内部の核反応の理論から予測される値の半分程度しかないことが分かった。その後行われた高精度が期待される手法による観測でも理論値よりも測定値が低い結果が再現された。複数の観測法で同じ傾向の結果が出たために、方法的欠陥とは考えられなくなった。 1990年代に複数の仮説が提案された。ひとつは素粒子物理学におけるニュートリノ振動が影響するというものであった。ニュートリノが質量を持つと仮定すると、そのフレーバー(電子型、ミュー型、...

    形成

    太陽は過去の超新星の残骸である星間物質から作られた種族Ⅰの星であり、太陽は超新星爆発で四方八方に散らばった星間物質が何らかの影響によってふたたび集まって形成されたと考えられている。この根拠は、主に質量の大きな高温の星の内部で元素合成によって作られる鉄や金、ウランといった重元素が太陽系に多く存在していることにある。このとき同じ星雲からは1000から2000個程度の星が生まれ星団を形成したが、重力的な束縛がない散開星団は45億年の間に散逸したと考えられている。HD 162826 や HD 186302 はこのときに同じ星雲から生まれた「太陽の兄弟星 (solar sibling) 」とされている。

    神話信仰

    太古の時代から、太陽を人格として捉えた太陽神は世界の多くの神話・伝承などで最高神などとして描かれることが多く、太陽崇拝の対象であることも多い。その性質も、昼夜を分け世界を統治する男性神でもあれば、植物を育て恵みを与える女性神として考えられることもあった。月とともに普遍的な太陽神についての誕生や成立に関する説話は世界各地に伝記および伝承などの形で残されている。

    古代の観測

    太陽を天文学的に観測した初期の例は、古代ギリシアのアナクサゴラス(紀元前500年頃 – 紀元前428年頃)が800キロメートル離れたシエネ(アスワン)とアレキサンドリアで同時刻の太陽視差を測定し、三角法で距離と大きさを求めた。これは、地球は平面という前提でなされたもので、距離を6400キロメートル、直径を56キロメートルと算出し「太陽はペロポネソス半島ほどの大きさ」と述べた。実際とはかけ離れた数字だが、当時のギリシア人はあまりの大きさに誰も信じなかったという。 地球が球体という前提で距離を計算したアリスタルコス(紀元前310年–紀元前230年)が日食時に月と太陽の視差がほぼ同じという観察を根拠に三角関数を用いて月と太陽までの距離を計算した。さらにヒッパルコス(紀元前160年–紀元前125年)が精度を高めた計算を行った。

    宇宙の中心の座

    歴史に残る最初の地動説は、紀元前500年頃のフィロラオスだが、彼の唱える宇宙の中心は太陽ではなく仮想的な「火」だった。太陽中心の地動説はサモス島のアリスタルコス(紀元前310年–紀元前)が観測を元に唱えた。 しかし、クラウディオス・プトレマイオス(83年頃–168年頃)が確立した天動説型太陽系モデルの体系化を成し遂げた。これを含む古代ギリシア学問はアラビア世界を経て12世紀にヨーロッパが取り入れ、キリスト教的世界観に組み込まれた。 中世ヨーロッパで地動説は、ニコラウス・コペルニクス(1473年–1543年)によって唱えられ、ガリレオ・ガリレイ(1564年–1642年)が望遠鏡を用いた天体観測を重ね、木星の衛星(ガリレオ衛星)軌道から地動説を提唱したが、二度の宗教裁判の末に敗れた。しかし地動説はヨハネス・ケプラー(1571年–1630年)が堅持し、アイザック・ニュートン(1642年–1727年)が万有引力の法則で理論的に説明したことで広く受け入れられるようになった。

    編集長:水谷仁 『ニュートン別冊 宇宙創造と惑星の誕生』ニュートンプレス、東京都渋谷区代々木2-1-1新宿マインズタワー、2005年。ISBN 4-315-51724-0。
    編集長:水谷仁「ニュートン2005年12月号、雑誌07047-12」、ニュートンプレス、2005年。
    編集長:水谷仁 『ニュートン別冊 太陽と惑星 改訂版』ニュートンプレス、2009年。ISBN 978-4-315-51859-7。
    関昌弘 編 『核融合炉工学概論』日刊工業新聞社、2001年。ISBN 4-526-04799-6。
  5. ja.wikipedia.org › wiki › 福澤諭吉福澤諭吉 - Wikipedia

    2022/11/18 · 福沢諭吉旧居 (大分県 中津市 ). 天保 5年12月12日( 1835年 1月10日 )、 摂津国 大坂 堂島新地 五丁目(現 大阪府 大阪市 福島区 福島 一丁目)にあった 豊前国 中津藩 (現: 大分県 中津市 )の 蔵屋敷 で下級藩士・ 福沢百助 と妻・於順の間に次男(9歳上の兄と3人の姉を持つ末子)として生まれる。. 諭吉という名は、儒学者でもあった父が『 上諭条例 ...

  6. ja.wikipedia.org › wiki › ドイツドイツ - Wikipedia

    5 天前 · ドイツ連邦共和国 (ドイツれんぽうきょうわこく、 独: Bundesrepublik Deutschland )、通称 ドイツ (独: Deutschland )は、 中央ヨーロッパ 西部 に位置する 連邦 共和制国家 。 首都 および 最大の都市 ( 英語版 ) は ベルリン [1] 。 南が スイス と オーストリア 、北に デンマーク 、西を フランス と オランダ と ベルギー と ルクセンブルク 、東は ポーランド と チェコ とそれぞれ 国境 を接する。 欧州大陸 における政治的・経済的な主要国であり、歴史上、多くの文化・科学・技術分野における重要な指導国でもある。 人口は約8300万人で、これは 欧州連合 において最大である。

  7. ja.wikipedia.org › wiki › 清清 - Wikipedia

    2022/11/16 · 清 (しん)、または 清国 (しんこく)は、 1616年 に 満洲 に建国され、 漢民族 を制圧し、 1644年 から 1912年 まで 中国本土 と モンゴル高原 を支配した最後の統一 王朝 である。 首都は 盛京 ( 瀋陽 )、後に 北京 に置かれた。 満洲人 の アイシンギョロ氏 ( 満洲語: ᠠᡳ᠌ᠰᡳ᠍ᠨ ᡤᡳᠣᡵᠣ, 転写:aisin gioro)(愛新覚羅氏)が建てた 征服王朝 で、 満洲語 で ᡩᠠᡳ᠌ᠴᡳᠩ ᡤᡠᡵᡠᠨ ( ラテン文字転写 :daicing gurun、カタカナ転写:ダイチン・グルン、漢語訳:大清国)といい、 中国語 では 大清 ( 拼音: Dàqīng 、カタカナ転写:ダァチン)と号した。 清朝 、 満清 、 清王朝 、 大清国 、 大清帝国 ともいう。