Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 北廻線太魯閣号脱線事故 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/北廻線太魯閣号脱線事故
    • 概要
    • 人的被害
    • 物的被害
    • 復旧
    • 事故調査
    • 影響
    • 批判
    • 各界の反応
    • 関連項目
    • 外部リンク

    台湾鉄道管理局(台鉄)の北廻線和仁駅 - 崇徳駅間を走行中の樹林発台東行き太魯閣自強号第408列車が線路上で鉄道工事用の積載形トラッククレーンと衝突、一部車両がトンネル内で脱線。事故当日は清明節連休の初日であるため、乗客乗員498人が乗車していた。 事故の結果、当該列車の運転士、助士として乗務していた見習い運転士および病院へ搬送後に死亡確認された2人を含む49人が死亡、245人が負傷した死者にはフランス国籍が1人、アメリカ国籍が2人、負傷者には日本国籍が2人とオーストラリア籍、マカオ籍、中国大陸籍の各1人が含まれる。(詳細は下記#人的被害節参照) 地元の新聞は当事故について、「鉄道事故としては(64人が死亡し、76人が負傷した1948年の新店渓橋列車火災事故に次いで)過去73年で最悪の惨事」と報じた。 現場はトンネルを含めて上下線が東西に分かれており、事故とは無関係だった北上(上り)線路を用いた双単線方式によりほかの列車の運行は事故直後から継続されている。

    上記のほか、列車長(車掌長)も負傷したが、事故当時に最後尾の1号車にいたため外部との交信や救援作業の支援を行った。10日、花蓮地検の発表によると、50人目の犠牲者についてはDNA鑑定の結果、既に身元が判明した犠牲者のものと一致したため、死亡者数49人が最終確定した。

    台鉄は4日時点で8.24億NT$の損害賠償を請求する方針を示していたが、この額には乗客への賠償金や治療費が含まれていないため、実際の損害額は10億NT$を超過するものと推定されている。4月9日、防護工事を受注していた2社の総額4.5億NT$の資産が花蓮地方法院に差し押さえられた。

    当初は8日に復旧する見通しだったが、交通部部長(交通相)の林佳龍は4日、「トンネル内構造物の調査も必要なため、最短で20日になる」と語った。9日深夜に試運転が行われ復旧工事は完了したため、運行再開への目途がついた。 19日始発より不通だった下り線運行が再開されるが、最低2ヶ月間はトンネル手前で40km/hの徐行運転となる。

    クレーン車の状況

    事故の原因は、線路より山側を走っている蘇花公路(台9線)の大清水遊憩区(ドライブイン)付近の工事事務所にある傾斜地に停車していた積載形トラッククレーン(斜面の補強工事を受注した民間会社保有)が、何らかの理由で軌道上に落下したものと考えられており、運転手がトラックを停車させた際にパーキングブレーキを引かずにその場を離れ、その後クレーン車が斜面下の線路上まで滑落したとみられている。クレーン車の停車位置から線路までは斜度45度・20メートルの高低差があった。事故発生15分前に別の下り自強号が通過していたことから、台鉄は当該クレーン車が9時13分から28分にかけての15分間に滑落したのではないかとの見解を示した。 容疑者の供述は、その後運安会が集めた証拠映像により全て否定されている。 1. 工事現場は休業状態だった→容疑者以外の車両も出入りし、稼働状態だった。 2. 1人で視察に来た→クレーン車には別の人物(従業員)も同乗していた。 3. サイドブレーキは引いていたが動いてしまった→容疑者自身が運転し、斜面に立ち往生させた。 容疑者と不法移民の従業員は廃タイヤを不法投棄する目的も兼ねて現...

    列車側の状況

    事故調査を担当している国家運輸安全調査委員会(運安会、TTSB)が回収した列車のブラックボックスを解析した結果、和仁トンネル出口から清水トンネルまでは約287メートル、運行上の最高速度130km/hからの非常ブレーキでの制動距離は約600メートル、16.6秒を要するが、衝突前の走行速度は125km/h(34.7m/s)で、クレーン車転落地点までは約250メートル(7秒分)しかなく、非常ブレーキ全開でも間に合わなかったとしている。かつ、現場は緩いカーブであり、視認距離はもっと短いものだったとされるが、運転士は警笛を鳴らし、かつ衝突寸前までの4秒間非常ブレーキを作動させており、運安会は運転士側に過失はみられないとの見解を示した。 時系列 1. 8時49分59秒:クレーン車が工事現場斜面に停車。 2. 9時28分35.5秒:太魯閣第408列車が和仁トンネル南側(清水トンネル入口手前287メートル)を出る。 3. 9時28分43.6秒:非常ブレーキ作動。 4. 9時28分44秒:126km/h。 5. 9時28分45.5秒:クレーン車と衝突(清水トンネル入口手前40メートル)。クレーン車...

    防護工事

    現場では2019年に12立方メートル、総重量3トンの落石事故(死傷者なし)が発生しており、上り線路のトンネル出口に斜面崩落防止のためのシェルターを設ける防護工事は、工期が2019年4月26日から2021年1月20日の予定で、1億2,484万NT$を投じられていた。防護工事は期間中の大型連休中に稼働しなかったため、2021年初頭に延期申請が業者側からなされていた。台鉄によるとこの清明節連休期間中は工事を休止するよう通達していたが、業者はこの日も現場を視察していた。工期が遅延すると1日12万NT$(工費の0.1%相当)の罰金が生じるため、連休中の工事休業規定を破り休日出勤していた。 防護事業を受注した「東新営造」は過去7年の受注実績のうち約8割が花蓮県政府発注のものだった。事故車両のトラッククレーンを持ち込んだ業者は、その下請けだった。 クレーン保有業者は過去2015-2020年の6年間で、台鉄と交通部公路総局から17件、総額1.42億NT$の事業を受注していたが、捜査当局に勾留され、3日に50万NT$で保釈されている。しかし花蓮高等法院が検察の抗告を受理し、地方法院に差し戻したため...

    交通部長(運輸相に相当)を務める林佳龍は4日、行政院に対し口頭で辞意を伝えたが、政府は「現時点では事故対応が優先」として一旦慰留した。林はその後正式に辞表を提出、14日に受理され、19日の運行再開一番列車に同乗して復旧を見届けたあと、20日付で正式に辞任することとなった。後任には交通部政務次長(副大臣に相当)だった王国材(中国語版)が昇格し、台鉄でも1月から代理職で実質空位だった局長に杜微(中国語版)が就任した。 花蓮・台東の両県では3日と4日の宿泊キャンセルが最大で約20%に達し、4-6月のオフシーズンを控えて観光業の損失は27億NT$になるとの試算もなされた。 日本の国土交通省は6日、全国の鉄道事業者に対し、線路沿いの斜面の防護柵設置状況を確認するよう求めた。 台北市議会でも9日、市政府発注の事業にこのような業者が紛れていないかとの質疑を受けた市長の柯文哲は、再調査を表明した。

    交通政策

    花蓮出身で台湾民意基金会の董事長(取締役会長)を務める游盈隆(中国語版)は、「北廻線開通以来、観光客も増えたことで帰省時のチケット入手難は解消されておらず、(太魯閣号や普悠瑪号に)花蓮・台東両県民優先の実名制や[注 11]、駅売りの無座票が導入されても解決には至っていない[注 12]。陳水扁政権が推進していた蘇花高速公路も、より低規格な蘇花改延伸にとどまり、3度の政権交代を経ても花蓮人と台東人は騙され、軽んじられている。」と批判した。

    日本

    菅義偉(内閣総理大臣)、安倍晋三(前総理大臣)、蓮舫(参議院議員)などがそれぞれのTwitterアカウントで、加藤勝信(内閣官房長官)は記者会見時に見舞いのコメントを発した

    香港

    香港の学者沈旭暉(中国語版)は2日、「台湾がこれまで香港の民主化運動を支援してくれたことへの感謝」として台湾政府に義援金を寄付すると表明した。歌手チャップマン・トウ(杜汶澤)も義援金の寄付を表明した。

    中国

    習近平(中国共産党中央委員会総書記・中華人民共和国の最高指導者)、馬暁光(中国語版)(国務院台湾事務弁公室発言人)は「高度の関心」「哀悼、慰問の意」を表明した。海峡両岸関係協会、中華全国台湾同胞聯誼会(中国語版)、台湾民主自治同盟中央委員会は慰問メッセージを送った。台湾政府側の対中交渉窓口である大陸委員会もそれに対する謝辞を述べた。

    zh:2020年臺鐵高雄段電聯車平交道事故 - 高雄市左営区の縦貫線踏切内で切り返し操作をしていたセメント業者の大型トレーラーと区間車(EMU800型)が衝突、列車先頭部が大破、4人が負傷した事故。
    • 9時28分頃 (UTC+8)
    • 花蓮県秀林郷崇徳村, 清水トンネル北側入口, (蘇澳新起点51.45km地点)
  2. 二・二六事件 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/二・二六事件

    二・二六事件 (ににろくじけん、にいにいろくじけん)は、 1936年 ( 昭和 11年) 2月26日 (水曜日)から 2月29日 (土曜日)にかけて、 皇道派 の影響を受けた 陸軍 青年 将校 らが1,483名の 下士官 ・ 兵 を率いて起こした 日本 の クーデター 未遂 事件である ...