Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 失眠症治療 相關
    廣告
  1. 不眠症 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/不眠症

    不眠症の治療を決定する前に、医学的、心理学的な原因を特定したり除外することが重要である [9] [57] [13]。不眠症への初回の治療アプローチには、不眠症に対する認知行動療法(CBT-I)が推奨され、それが利用できない場合はその他の非薬物療法が第一に推奨される ...

  2. 恐眠症 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/恐眠症

    恐眠症(きょうみんしょう、英:Hypnophobia [1] )は、眠ることに対する不合理で過剰な恐怖を抱く現象である。 寝台恐怖症や睡眠恐怖症と呼ばれることもある。これは、眠ることでコントロールのできない状態になったり、悪夢を繰り返し見ることへの不安や、「寝る ...

  3. 抗精神病薬 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/抗精神病薬

    WHOのガイドラインでは、急性精神病の管理に抗精神病薬の治療を開始するとしている [2]。NICEガイドラインでは、統合失調症の治療第一選択肢は抗精神病薬および心理療法の併用である [15]。しかしプライマリケア医は、専門医の確定診断が無い限り、初回発症の段階 ...

  4. 妄想性障害 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/妄想性障害
    • 症状
    • 診断
    • 治療
    • 関連項目

    症状として現れる妄想は以下のうちいずれかである。 1. 被害型(persecutory) - 証拠がないのに、騙されている、嫌がらせを受けている、毒を盛られているなどの被害妄想が出現する。実際に被害を受けている可能性もあるので慎重な対処が必要。対処方法については、「被害妄想#対処方法」を参照。 2. 被愛型 (erotomanic)- エロトマニア(被愛妄想)が現れ、根拠もなく特定の人物に愛されていると思い込み、対象の人物に接触しようとする。悪化すればストーカー行為を行う場合もある。 3. 誇大型(grandiose) - 自己の才能を過信し、秀でたところや実績がなくても大物ぶった誇大的な態度(誇大妄想)をとる。精神病性障害以外では双極性障害や自己愛性パーソナリティ障害で見られる。 4. 嫉妬型(jealous)- 配偶者や恋人が不貞行為を行っているのではないかという嫉妬妄想が出現する。 5. 身体型(somatic) - 自分が寄生虫に感染している、悪臭を放っている、醜くて他者に迷惑をかけているなどの身体的疾患があると思い込む。強迫性障害や身体醜形障害との鑑別が必要である。 6. 混合型(mixed) - 複数の妄想があるがいずれも優位なものがない場合につける。 7. 特定不能型(unspecified) - どれにも当てはまらない妄想の場合。 司法精神医学においてパーソナリティ障害は原則的に責任能力が認められており、精神病性の障害ほど現状認識能力は失われていないとされる。

    DSM-5ではこれらを満たしていることを条件とする。 上記で提示された精神疾患以外では妄想性パーソナリティ障害や統合失調型パーソナリティ障害と類似する。これらは漠然とした妄想的観念を持つが確固とした妄想症状は現れない。また診断基準に精神病性の障害でないことを診断の条件とする。

    治療においては医師との信頼関係を築くことを行い、妄想に患者がのめりこまないようにする。 薬物療法は統合失調症に準じ抗精神病薬が使われることもある。 具体的な治療法については、「統合失調症#治療」も参照。

    精神科医 - 精神保健指定医
    精神障害 - 精神保健福祉法 - 精神障害者保健福祉手帳
  5. 大村智 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/大村智
    • 概要
    • 来歴
    • 研究業績
    • 研究外活動
    • 家族・親族
    • 略歴
    • 学術賞
    • 栄典・顕彰
    • 科学アカデミー会員
    • 著書

    山梨県北巨摩郡神山村出身。天然物化学分野の研究に従事した。アベルメクチンを発見し、それを基にイベルメクチンの開発に取り組んだ。イベルメクチンは抗寄生虫薬として活用されるようになり、寄生虫感染症の治療法確立に貢献した。また、アベルメクチン以外にも、生涯にわたり170を超える新たな化学物質を発見している。これらの功績から、2001年には日本学士院の会員に選定され、2012年には文化功労者となっている。2015年には、日本人で3人目となるノーベル生理学・医学賞を受賞した。 また、社団法人時代の北里研究所においては副所長や所長を歴任し、研究所の財政再建に尽力するとともに、メディカルセンター(現:北里大学メディカルセンター)の設置を推進した。同法人の立て直しに道筋を付けるとともに、学校法人北里学園との統合を果たし、新たな「学校法人北里研究所」の発足に漕ぎ着けた。そのほか、教育分野では学校法人女子美術大学の理事長を2度にわたり務め、学校法人開智学園の名誉学園長を務めた。そのほか、自身のコレクションを基に韮崎大村美術館を設立し、その館長を兼任している。座右の銘は「至誠天に通ず。」

    生い立ち

    山梨県北巨摩郡神山村(のちの韮崎市)の農家に、5人兄弟の2番目の長男として生まれた。耕作や家畜の世話などの家業に従事していたため、高校卒業まで、勉強はほとんどしていなかったというが、後年農作業が勉強になったと述懐している。また、高校では、スキー部と卓球部で主将を務めるなどスポーツに熱中し、国民体育大会の選手にも選出されるほどだった。高校ではスキー部だけでなく、韮崎スキークラブにも入部し、そこで山梨県スキー連盟役員・山寺巌氏と出会っている。山寺巌の指導を受けてクロスカントリーに励み、県主催の第7回山梨県スキー選手権大会長距離高校生の部で3位入賞している。 1954年、山梨県立韮崎高等学校を卒業後、山梨大学学芸学部(現:教育学部)自然科学科へ進学した。大学では丸田銓二朗に師事し、クロマトグラフィーを習得したものの、成績は不振だった。1958年、山梨大学学芸学部自然科学科を卒業した。 大学卒業後、理科の教諭を志したが、地元山梨での採用がなかったため、埼玉県浦和市(現:さいたま市浦和区)に移住、東京都立墨田工業高等学校定時制に5年間勤務し、物理や化学の授業で教鞭を執った。学業に熱心に励む...

    研究者として

    1963年、文部教官として採用され、山梨大学の工学部発酵生産学科の助手となり、加賀美元男研究室でブランデーの製法の研究に従事した。1964年、東京理科大学薬学部の山川浩司教授の紹介により、秦藤樹が所長を務める北里研究所の研究員募集情報を受け、研究員採用試験に合格する。1965年、山梨大学を退官し、社団法人である北里研究所研究部抗生物質研究室技師補として赴任した。小倉治夫の下で抗生物質を研究し、ロイコマイシンの構造を解明した。1968年、北里研究所での「Leucomycinに関する研究」により東京大学から薬学博士の学位(論文博士)を授与され、北里大学薬学部助教授に就任した。また1970年には「ロイコマイシン、スピラマイシン及びセルレニンの絶対構造」により東京理科大学から理学博士の学位を授与されている。理学博士の学位取得後、20年間に渡り東京理科大学薬学部非常勤講師を務めている。 1971年には、ウェズリアン大学の客員教授も兼任することになった。これはカナダの国際会議で知り合ったアメリカ化学会会長のマックス・ティシュラーに対して留学を打診し、採用に至ったものである。メルク・アンド・カ...

    法人の経営再建

    財政が悪化していた北里研究所(当時は社団法人)を再建するため、1984年に北里大学の教授を辞職し、北里研究所の理事として副所長に就任した。経営学と不動産学を学び、北里研究所の再建に尽力した。1989年には、大村の提案により「北里研究所メディカルセンター」(現:北里大学メディカルセンター)を設立した。設立に際しては、大蔵省からの埼玉県北本市の国有地土地取得と、反発する地元医師会との折衝役を務めた。1990年には、北里研究所の所長に就任した。また、1985年からは、北里学園の理事も務めていた。北里研究所の再建に道筋を付けた上で、学校法人北里学園との統合を果たし、法人の名称を「学校法人北里研究所」に変更した。統合を果たした2008年、北里研究所の所長を退任した。なお、学校法人となった北里研究所においては、2008年から2012年6月にかけて名誉理事長を務め、2012年からは顧問を務めている。 なお、北里大学では再び教鞭を執っており、2001年には大学院の研究部門である「北里生命科学研究所」にて教授に就任し、初代所長も2003年まで兼務した。また、北里大学の大学院教育部門である「感染制御...

    45年余にわたり独創的な探索系を構築し、微生物の生産する有用な天然有機化合物の探索研究を続け、これまでに類のない480種を超える新規化合物を発見した。一方、それらに関する基礎から応用にわたる幅広い分野の研究を推進した。遺伝子操作による初めての新規化合物の創製、マクロライドを中心とした一連の生物有機化学的研究と有用化合物の創製、工業的にも重要な抗寄生虫抗生物質イベルメクチン生産菌の遺伝子解析など、いずれも世界に先駆けた研究であり、新しい研究領域を切り開いてきた。 発見した化合物のうち25種が医薬、動物薬、農薬、生命現象を解明するための研究用試薬として世界中で使われており、人類の健康と福祉の向上に寄与している。加えて100を超える化合物が有機合成化学のターゲットとなり、医学、生物学、化学をはじめ生命科学の広い分野の発展に多大な貢献をしている。 その中の抗寄生虫薬イベルメクチンは、熱帯地方の風土病オンコセルカ症(河川盲目症)およびリンパ系フィラリア症に極めて優れた効果を示し、中南米・アフリカにおいて毎年約2億人余りの人々に投与され、これら感染症の撲滅に貢献している。さらにイベルメクチンは、世界中で年間3億人以上の人々が感染しながらそれまで治療薬のなかった疥癬症や沖縄地方や東南アジアの風土病である糞線虫症(英語版)の治療薬としても威力を発揮している。 その他、生命現象の解明に多大な寄与をしているプロテインキナーゼの特異的阻害剤スタウロスポリン、プロテアソーム阻害剤ラクタシスチン、脂肪酸生合成阻害剤セルレニンなどを発見した。また、大村が発見した特異な構造と生物活性を有する化合物は、創薬研究のリード化合物としても注目されており、新規抗がん剤などが創製されている。 北里大学北里研究所建物前のオンコセルカ症の大人を導く子供の像は、大村のイベルメクチン発見を讃えてブルキナファソの彫刻家が制作したもので、オンコセルカ症撲滅キャンペーンのシンボルであり、同様の等身大の銅像が世界保健機関本部、カーター・センター、メルク・アンド・カンパニー、世界銀行本部、ブルキナファソの世界保健機関アフリカオンコセルカ症制圧プログラムに建てられている。 「線虫の寄生によって引き起こされる感染症に対する新たな治療法に関する発見」により、ウィリアム・キャンベルと共に2015年ノーベル生理学・医学賞を受賞し...

    美術に造詣が深く、14年間にわたり女子美術大学理事長を務めた(2015年7月から同大学名誉理事長)。同大学に妻・文子の名を冠した「大村文子基金」を私費で設立。女子美生の留学資金(女子美パリ賞・ミラノ賞)と美術活動費(美術奨励賞)を支援している。千葉県館山市における、洋画家青木繁ゆかりの景観の保存活動を行う特定非営利活動法人青木繁「海の幸」会では発足当時から理事長を務める。また、美術作品の著名な収集家であり、特に女性作家の作品収集に積極的で2007年に私費5億円を投じて故郷の山梨県韮崎市に韮崎大村美術館を建設し、1800点を超える蒐集作品と共に韮崎市に寄贈し初代館長を務めている。また、山梨県の科学技術の振興を目指して(社)山梨科学アカデミーを創設し、現在名誉会長を務めている。 また1983年開学の開智学園(埼玉県)では自らが学校名を命名して当初から名誉学園長を務めている。開智学園では理系最優秀生徒に対して「大村賞」を授与し表彰を行っている。

    開智学園の系列の開智国際大学では実弟の元三菱マテリアル取締役大村泰三が客員教授を務める。毎日新聞東京本社統合デジタル取材センター記者の大村健一は親戚に当たる。なお、親族には該当しないが、毎日放送アナウンサーの山中真は、大村泰三の甥になる。

    1935年 - 山梨県北巨摩郡神山村にて誕生。
    1954年 - 山梨県立韮崎高等学校卒業
    1958年
    1960年 - 東京教育大学研究生
    1985年 - ヘキストルセル賞(米国微生物学会)
    1986年 - 日本薬学会賞
    1988年 - 上原賞(上原記念生命科学財団)
    1990年 - 日本学士院賞
    1992年
    2000年 - 山梨県韮崎市名誉市民
    2002年 - 山梨県県政特別功績者
    2008年 - 仏レジオンドヌール勲章(シュヴァリエ章)
    1969年
    1971年 - ニューヨーク科学アカデミー会員
    1975年 - 米国工業微生物学会会員
    1987年 - 米国生化学・分子生物学会名誉会員

    単著

    1. 『人生に美を添えて』 生活の友社 2015年 2. 『人をつくる言葉』 毎日新聞出版 2016年 3. 『自然が答えを持っている』潮出版社 2016年 4. 『人間の旬』 毎日新聞出版 2016年 5. 『ストックホルムへの廻り道 私の履歴書』 日本経済新聞社 2017年

    共著

    1. 『時代が求める後藤新平』「後藤新平と北里柴三郎」 藤原書店 2014年 1. 大村智, 「ロイコマイシン、スピラマイシン及びセルレニンの絶対構造」 東京理科大学 , 理学博士 , 乙第16号 , 1970, NAID 500000394444 2. 秦藤樹, 大村智, 片桐通子, 小倉治夫, 納谷恵三, 阿部仁之助, 渡辺哲夫「Structure of Leucomycin A1」『Chemical & pharmaceutical bulletin』第15巻第3号、日本薬学会、1967年、 358-359頁、 doi:10.1248/cpb.15.358、 ISSN 0009-2363、 NAID 110003620155。 3. 大村智, 片桐通子, 小倉治夫, 秦藤樹「The Chemistry of Leucomycins. III. Structure and Stereochemistry of Leucomycin A3」『Chemical & pharmaceutical bulletin』第16巻第7号、日本薬学会、1968年、 1181-1186頁、 d...

  6. 菊池慎一 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/菊池慎一

    菊池慎一:2007年 草野球と統合失調症臨床.治療の声8;65-74 大野貴司、菊池慎一、志田尾敦:2008年 急性離脱期にアルコール性心筋症を呈していたと考えられる1症例.精神医学50;701-704 菊池慎一:2008年 スモーキン・ブルース.福岡行動医学雑誌15;4-9

  7. ディオバン事件 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ディオバン事件
    • 不正発覚の経緯
    • 官公庁機関や各関係法人の対応
    • ディオバンの臨床研究に関与した各大学の反応
    • ノバルティスの対応
    • 民間機関の反応
    • 関連項目
    • 外部リンク

    臨床疫学専門家や循環器医が指摘したディオバン臨床研究の信頼性への懸念(2007年 - )

    2007年4月に『ランセット』で、発表されたJikei Heart Studyの結果に関しては、当初からその信頼性に疑問が投げかけられ、多くの臨床疫学専門家が「限りなく黒に近い灰色」と評していた。東京都健康長寿医療センターの桑島巌副院長は、いち早く2008年8月に『週刊日本医事新報』4397号にJikei Heart StudyとCASE-Jの問題点を指摘した。2009年には東京大学山崎力教授も自著の中で批判的評価を下した。2011年7月には、NPO法人臨床研究適正評価教育機構(J-CLEAR)を立ち上げ理事長に就任した桑島が再び『週刊日本医事新報』4550号にて、Jikei Heart Studyに対する懸念を表明した、その後、京都大学医学部附属病院循環器内科の由井芳樹助教が、2012年4月14日にランセット (The Lancet) 誌で、2012年5月19日に 週刊日本医事新報で、2012年10月5日には月刊循環器 (CIRCULATION) 誌で、日本で行われたバルサルタン臨床試験(Jikei Heart Study, Kyoto Heart Study, VART)の統...

    Jikei Heart Studyのデータ操作発覚、論文撤回(2013年7月 - )

    2013年7月30日に、東京慈恵会医科大学の調査委員会は、「Jikei Heart Studyの血圧値のデータに人為的なデータ操作があった。」とする中間報告をまとめた。2013年9月7日には、Jikei Heart Studyの論文が撤回された。

    VART Study(2013年5月 - ) 論文撤回

    上記の不正が次々と明らかになり、千葉大学はVART Studyについて内部調査を行った。その結果、2013年12月17日には、データの誤りはあるものの不正は無かった、との中間報告を行った。また、12月25日の厚生労働省での第4回高血圧症治療薬の臨床研究事案に関する検討委員会でも、千葉大学として公式に不正を認めていなかった。しかし、千葉大学附属病院のカルテデータと、解析データセットの血圧の比較では、108症例638ポイント中、合致していたのは収縮期血圧値54.8%、拡張期血圧値56.4%に過ぎず、45.2%/43.6%が不正なデータであったことなどから、2014年4月26日になって、千葉大学として、研究責任者の小室一成氏らに論文の取り下げを求めることになった。結局、主論文(Hypertension Research」2011 Vol.34 p62-69.)は2016年11月3日に論文撤回となった。 1. これとは別に日本高血圧学会でも検証がなされていたが、第三者委員会(同学会顧問弁護士 平井昭光, 京都大学臨床研究管理学教授 川上浩司, 日本高血圧学会理事で名古屋市立大心臓・腎高血...

    厚生労働省

    1. 厚生労働省は、高血圧症治療薬の臨床研究事案に関する検討委員会を、2013年8月9日(第1回)、2013年9月2日(第2回)、2013年9月30日(第3回)、2013年12月25日(第4回)に開いた。2013年10月8日には中間とりまとめを発表した。 2. 2013年11月5日に、参議院厚生労働委員会(第185回国会 第2号)における参議院議員川田龍平の「今回の検討会の中間とりまとめをお読みになって東京慈恵会医科大学における事案において、誰かがデータを不正に操作したと思いますか。」という質疑に対して、厚生労働大臣田村憲久は「どこかで誰かが何かの意図を持ってこれを変えていなければこのようなことが起こらないわけでありまして、そこを何とかこの真相を究明をしてまいりたいというふうに思っております。」と答弁した。 3. 2014年1月9日に、厚生労働省はノバルティスファーマに対して(告発対象者は氏名不詳とした)薬事法(誇大広告の禁止)違反の疑いで、東京地方検察庁に告発した。 4. 2014年6月11日までに、東京地方検察庁は、ノバルティス元社員の男 (63) を、薬事法の誇大広告違反に...

    日本医学会

    1. 2013年5月24日に、バルサルタンの医師主導臨床研究に関する、日本医学会利益相反委員会での検討結果を公表した。 2. 2013年7月12日に、「Kyoto Heart Studyに関する見解」を公表した。

    日本学術会議

    1. 2013年7月23日に、日本学術会議会長談話「科学研究における不正行為の防止と利益相反への適切な対処について」を公表した。 2. 2013年8月22日、9月24日、11月22日、12月17日に、科学研究における健全性の向上に関する検討委員会(臨床研究での不正防止策等を検討するための検討委員会)(委員長:大西隆会長)を開いた。 3. 2013年10月18日に、「科学研究における健全性の向上に関する検討委員会 臨床試験制度検討分科会(第1回)」を開いた。 4. 2013年11月29日に、「科学研究における健全性の向上に関する検討委員会 臨床試験制度検討分科会(第2回)」を開いた。 5. 2013年12月20日に、「臨床研究にかかる利益相反 (COI) マネージメントの意義と透明性確保について」の提言を公表した。

    東京慈恵会医科大学

    1. 2013年7月30日に、東京慈恵会医科大学の調査委員会は、「Jikei Heart Studyの血圧値のデータに人為的なデータ操作があった。」とする中間報告をまとめた。 2. 2013年9月7日には、Jikei Heart Studyの論文が撤回された。 3. 2014年12月12日、「Jikei Heart Study」に関する最終報告をまとめ、主任研究者の望月正武元教授のイベント報告に恣意性があった可能性を認め、「研究統括責任者としての責任は大きい」と責任者側の責任を問うた。データ改ざんや統計解析者の任命、管理責任など一貫して、研究者側の責任は問えないとした中間報告を翻した。同大は、主任研究者であった望月正武教授の客員教授を取り消すとともに、論文作成に関与した主たる教員に厳重注意を行い、また、理事長、学長は給与をそれぞれ20%、10%、3か月間自主返上するとした。

    滋賀医科大学

    1. 2013年10月31日に、滋賀医科大学の調査委員会は、論文に記載されたSMARTのデータと、実際の患者のデータとの数値の違いが、10.1%であるという調査結果を発表した。 2. 2013年12月に、ディオバンの臨床研究SMARTの米国糖尿病学会誌ダイアベティス ケア(Diabetes Care)の論文に身分が秘匿して著者として名を連ねていたノバルティスファーマー社員の「Makoto Sawaguchi」「Nobuo Shirahashi」の両名の所属に関して、同誌に訂正(Correction)を出した。 3. 滋賀医科大学は、SMARTのDiabetes Care誌論文の撤回通知を2014年1月17日に米国糖尿病学会誌から受け取ったことを、2014年1月20日に発表した。研究責任者の滋賀医科大学理事の柏木厚典病院長は辞意を表明した。

    千葉大学

    1. 2013年5月23日に、ディオバンの臨床研究VARTに関するハイパーテンション リサーチ(Hypertension Research)誌の論文に身分を秘匿して著者として名を連ねていたノバルティスファーマ社員の「Nobuo Shirahashi」の所属に関して、同誌に訂正(Corrigendum)を出した。 2. 2013年8月9日の厚生労働省の第1回 高血圧症治療薬の臨床研究事案に関する検討委員会において、解析用データベース情報と、カルテの情報との間に、4.4%(1512人中67ポイント)において違いが見られたと発表した。 3. 2013年12月17日に、千葉大学の調査委員会は、「患者約千人のうち108人分のカルテ情報とデータベース情報を照合した結果、4.3%(1512件中65件)の数値に相違が見つかった。」という中間報告を(2013年12月17日)発表した。一方、「あくまでも内部的な調査ではあるが、意図的にデータ操作が行われたことを示す証拠は見いだせなかった」と述べた。今後は、第三者機関による解析調査の結果を待って、最終報告を出すとした。なぜ、データの相違が起こったのかに...

    2013年2月:ノバルティスは、定例記者会見にて「Kyoto Heart Studyは医師主導の試験で、解析などに一切関わっていない」とコメントした。
    2013年5月4日: ホームページ上で、「バルサルタンの医師主導臨床研究について 2013年5月4日」と題して、「第三者である外部専門家による包括的な調査」を開始したことを発表した。また、「バルサルタンの臨床研究の結果はバルサルタンの承認申請の資料としては使用されてない。」と弁解したが、これらの臨床研究結果を販売促進に利用したことに対する言及や反省は述べられなかった。
    2013年5月22日: ホームページ上で、「バルサルタンの医師主導臨床研究について 2013年5月22日」と題して、「第三者である外部専門家による包括的な調査」について現状報告を行い、ノバルティスファーマ社員が5つのディオバン(バルサルタン)の医師主導臨床研究に身分を秘匿して関与していたことを認めた。一方、社員や会社が主導して臨床研究データの不正な改竄や捏造に関与した証拠については見つかって...
    2013年6月3日: ホームページ上で、「バルサルタンの医師主導臨床研究における利益相反の問題に対するお詫びと対応について」と題して、ディオバンの臨床研究において利益相反が生じていたこと、これら臨床研究の論文を引用してディオバンのプロモーション(販売促進)を行ってきたことに対し、お詫びを表明した。
    2013年11月1日に、NGOの薬害オンブズパースン会議は、ノバルティスに対し、ディオバンの臨床研究データ不正操作問題に関連して、薬事法違反(誇大広告)と不正競争防止法違反(虚偽表示)容疑で東京地方検察庁に告発した。
    2014年8月1日、東京地検特別捜査部は、薬害オンブズパースンの告訴については嫌疑不十分として不起訴処分とした。
  8. 神経性無食欲症 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/思春期やせ症
    • 定義
    • 歴史
    • 症状
    • 診断基準
    • 疫学
    • 原因
    • 治療
    • 人物
    • 関連項目
    • 外部リンク

    神経性無食欲症は心理的要因・社会的要因・生物学的要因によって生じる、摂食行動の障害となって現れる精神障害である。特に心理的要因(ストレス)によるところが多く、慢性経過をとることが多い。近年日本において増加傾向にあり、また抑うつを伴ったり身体的疾患を合併することもあり、心身に与える影響は大きい。 摂食障害は大きく拒食症、過食症に分類される。拒食と過食は相反するもののように捉えがちだが、拒食症から過食症に移行するケースが約60 - 70%みられたり、「極端なやせ願望」あるいは「肥満恐怖」などが共通し、病気のステージが異なるだけの同一疾患と考えられている。よって拒食症、過食症を区別する指標は、基本的には正常最低限体重を維持しているかどうかのみである。アメリカでは平均体重の85%以下が拒食症に分類されているが、日本では80%以下とされている。 精神分析医のヒルデ・ブルックは摂食障害を「これは食欲の病気ではありません。人からどう見られるのかということに関連する自尊心の病理です」と指摘している。摂食障害患者は根源的否定感を抱えており、食行動の異常の背景には茫漠たる自己不信が横たわっていると理解される。その不安を振り払うために強迫的に完全を志向するのである。摂食障害は境界性パーソナリティ障害、自己愛性パーソナリティ障害との合併、あるいはそれらパーソナリティ障害の部分症状として顕在化しているケースも多い。 典型的なANの患者では、体重を落とすために始めたダイエットで達成感が得られ、体重を落とすことを止められなくなってしまう。低体重であっても自分の体重を多すぎると感じ、さらに体重を減らすことを望む。鏡を見ても「まだまだ痩せられる」と感じるのみであり、体重が低すぎるとは考えない。宗教上の理由から断食をする場合、政治的目的から断食によるストライキを行う場合、あるいはカロリーを制限することで長寿が達成できるという健康上の信念を持っている場合に、食事を摂らないか極端に食事の摂取量を減らす例があるが、これらはANではない。 時にANは拒食の反動から過食を伴ったり、その他非定型性の摂食障害へと病像が変化する場合がある。

    古くは宗教的な意味合いから拒食になるケースが多く、増え始めたのは13世紀頃である。一般的に、19世紀までは病気として扱われたことはなかった。ルドルフ・ベルの『聖なる拒食』(Holy Anorexia)には中世イタリアのカトリック261人の拒食聖女の記録がある。これらの聖女はほとんどが思春期の女性であった。聖カタリナは16歳頃からパンと生野菜と水しか摂取せず、25歳までにはほとんどの食事を採らなくなったが、非常に活動的で各地を渡り歩いた。聖クララは月水金は何も食べず、他の曜日もわずかしか食べず病気になり、聖フランシスコとアッシジ司教が毎日1.5オンスのパンを食べるように命じ、回復したという。これらの聖人の拒食は、禁欲業としての断食のレベルをはるかに超えるものであった。彼女達は貴族や富裕層の出身であり、親の結婚強要など、世俗の慣習から逃れる為に、宗教的救いを求めた結果の拒食とも言える。[要出典] その一方で、医学的な捉え方は17世紀末から出始めている。1689年にジェイムズ二世の侍医であるリチャード・モートンが、拒食症の症例を初めて病気として記述した。その後の1874年には、ヴィクトリア女王の御典医であったウィリアム・ガルが初めて「Anorexia Nervosa(神経性無食欲症)」と呼称した。19世紀後半以降から、英米仏の中産階級の子女たちの間で拒食症は大流行する。この病気の流行はこの時代の家父長制度によって抑圧され、出口を失った女性の生のエネルギーが自己破壊に向かったものとする見方がある。また、現代に至り[痩身=女性美]と考える社会風潮が拒食症を増やす要因になっているという見方もある。[要出典]

    自分の思う通りにならない自分を、摂食行動において完璧にコントロールし、痩せを維持できることは、万能感・高揚感を与えてくれる体験である。食事をコントロールし、自らの体を過度にコントロールしようとする心性の背後には慢性的な不安が控えており、摂食障害者は一様に強迫的な性格傾向を有する。 ANは精神神経疾患の中では致死率が高い疾患のひとつであり、最終的な致死率は5%-20%程度である。主な死因は極度の低栄養による感染症や不整脈である。患者は自己の体重が減少することに恍惚を感じるため、自殺が死因となることは神経性大食症(過食症)と比較して少ないが、抑うつを伴い自殺を企図する例もある。ANは自らが太ることに対する恐怖感や、体重を落とすことに対する快感を覚える精神的要因から無食欲状態に陥り、食事を摂らないか、極端に少量しか摂らなくなり、無理して食べると嘔吐してしまう。あるいは飢餓状態から突如過食をし、その後自己誘発嘔吐などの代償行為を行う。 主な合併症は以下のとおりである。 1. 極度の体重減少 2. 無月経(女性) 3. 若年性更年期障害 4. 活動性の上昇、易興奮性、睡眠障害 5. 抑うつ症状 6. 食物への興味の上昇…しばしば料理関係の情報を収集する 7. 強迫的な思考 8. 強い拘り(強迫的傾向) 9. 感情の統制水準が低下する 10. 物事に興味・関心がなくなる・笑わなくなる 11. 自傷行為 12. 手掌・足底の黄染(高カロテン血症) 13. 低血圧 14. 低体温 15. 徐脈 16. 便秘、腹痛 17. 貧血 18. 電解質代謝異常、特に低カリウム血症 19. 骨粗鬆症 20. 続発性甲状腺機能低下症 21. 色素性痒疹…胸や肩などに痒みの強い発疹が出現する皮膚疾患 電解質代謝異常は利尿剤の乱用が見られる症例では起こりやすく、時に低カリウム血症から致死性の不整脈をきたし急死することがある。またこれらの個人に属する症状に加えて、極度の体重減少や易刺激性が、周囲との関係不良をもたらすことも大きな問題となる。

    DSM-IV-TR

    DSM-IV-TRでは次の4項目を満たすと神経性無食欲症と診断される。排出行動が見られるかによって、制限型とむちゃ食い/排出型に分かれる。 1. A. 年齢と身長に対する正常体重の最低限、またはそれ以上を維持することの拒否 (例: 期待される体重の85%以下の体重が続くような体重減少;または成長期間中に期待される体重増加がなく、期待される体重の85%以下になる) 2. B. 体重が不足している場合でも、体重が増えること、または肥満することに対する強い恐怖 3. C. 自分の体重または体型の感じ方の障害、自己評価に対する体重や体型の過剰な影響、または現在の低体重の重大さの否認 4. D. 初潮後の女性の場合は、無月経、すなわち月経周期が連続して少なくとも3回欠如する (エストロゲンなどのホルモン投与後にのみ月経が起きている場合, その女性は無月経とみなされる) 病型 1. 制限型:現在の神経性無食欲症のエピソード期間中、その人は規則的にむちゃ食いや排出行動(つまり、自己誘発性嘔吐、または下剤、利尿剤、または浣腸の誤った使用)を行ったことがない 2. むちゃ食い/排出型:現在の神経性...

    ICD-10

    確定診断のためには,以下の障害のすべてが必要である。 1. (a) 体重が(減少したにせよ、はじめから到達しなかったにせよ)期待される値より少なくとも15%以上下まわること、あるいはQuetelet's body-mass index(BMI)が17.5以下、前思春期の患者では、成長期に本来あるべき体重増加がみられない場合もある。 2. (b) 体重減少は「太る食物」を避けること。また、自ら誘発する嘔吐、緩下薬の自発的使用、過度の運動、食欲抑制薬および/または利尿薬の使用などが1項以上ある。 3. (c) 肥満への恐怖が存在する。その際、特有な精神病理学的な形をとったボディイメージのゆがみが、ぬぐい去りがたい過度の観念として存在する。そして患者は自分の体重の許容限度を低く決めている。 4. (d) 視床下部下垂体性腺系を含む広汎な内分泌系の障害が、女性では無月経、男性では性欲、性的能力の減退を起こす(明らかな例外としては、避妊用ピルとして最もよく用いられているホルモンの補充療法を受けている無食欲症の女性で、性器出血が持続することがある)。また成長ホルモンの上昇、甲状腺ホルモンによ...

    摂食障害全体が日本で増加し始めたのは1970年代からであり、現代における有病率はアメリカやヨーロッパの先進各国と同水準である。ダイエットが若年層の一大関心事である日本におけるANは、若年層、特に青年期の女性に非常に多いことが特徴である。若年男性でのANの発症も見られるが、男女比はおよそ1対20である。発症年齢が年々低年齢化しており、小学生での発症も増加している。近年では思春期以降で発症する人も増加傾向にある。治療は一般に困難であり、長い時間がかかる。合併症や自殺のために経過の途中で死亡する例もある(5%~15%程度)。一方で、近代的なダイエットとは無縁のアフリカにおいてAN様の病像を呈する症例の報告があり、宗教的信念との関連が考えられている。

    摂食障害の病因についてこれまで様々な仮説が唱えられてきた。肥満蔑視・やせに価値があるという社会文化的要因、成熟拒否や自己同一性獲得の失敗等の心理的要因、脳機能の異常に原因を求める生物学的要因等である。しかし現代においてはそれらが相互に複雑に関連し合って発症に至ると考えられている。これはANについても同様である。

    拒食と過食は周期的に繰り返される場合が多く、心療内科医・精神科医や心理カウンセラーの心理的なカウンセリングを受けることが有効である。しかし患者は、問診で拒食や過食を否認し、専門性の高い医師は多くないのが現状である。拒食や過食の食行動異常が注目されやすいが、たとえ体重が適性値に戻っても、その背景にある心の問題が解決されないと、再び摂食障害に陥ってしまうことがある。背景の問題解決には周囲の協力が必要である。特に家族ガイダンスは有効である。 治療は精神療法が中心となる。対症療法として抑うつ症状には薬物療法が用いられる(「うつ病#治療」も参照)。家族カウンセリングが行われる場合もある。患者が病気であることを否認する場合や、ANの存在を容認したとしても治療拒否の姿勢を示す場合はよくみられる。さらには治療を認める姿勢を見せて、実際には出された食事を隠れて捨てるなどの行為がとられる場合もある。 治療にあたっては、体重増加のみを治療目的とすべきではない。「とにかく食べろ」といった強硬な姿勢を家族や治療者が見せることは逆効果となる。長い間ANと戦っている患者にとって、食物を食べること自体が大変な苦痛・恐怖につながるためである。また体重増加以外にも患者の主体性を重視し、人間としての成熟、対人関係の充実、実生活での適応などを援助することが重要である。摂食障害全般を扱う自助グループが全国に存在する。治療により軽快した場合、再発や、神経性大食症の発症に注意する必要がある。厚生労働省の特定疾患に該当し、治療法についても重点的に研究が進められている。

    日本では、ANは一般的には「拒食症」の名前で知られており、その患者の実態はたびたびドキュメンタリーとしてメディアに取り上げられることがある。 1. カーペンターズのカレン・カーペンターが、拒食症から心臓発作を起こして死亡した際、日本やアメリカ合衆国で大きな話題を呼び、注目される疾患となった。なお、鈴木その子の息子も、同様の病気で死亡している。 2. オーストリアのエリーザベト皇后も、嫁姑問題を契機にANを発症したといわれている。 3. 1990年代には、ともさかりえ、宮沢りえが拒食症による極端なやせ方をした為、「りえ痩せ」という言葉があり、比較的若い女性や妊娠可能年齢に達した少女にも見られる。 4. 鈴木明子(フィギュアスケート)、女優の釈由美子なども拒食・過食嘔吐体験を告白している。 5. 漫画家の大月悠祐子は、エッセイ漫画『ど根性ガエルの娘』の中で、家庭内不和から不眠・拒食・過食体験を告白している。

  9. 皮膚むしり症 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/皮膚むしり症
    • 概要
    • 診断
    • 鑑別
    • 関連項目

    衝動制御障害の一つで皮膚の凹凸や角質に留まらず健康的な皮膚もむしり取らずにはいられなくなる。DSM-5では『強迫症および関連症群』に分類されている。ICD-10では「人工皮膚炎」の下位分類に記されている。 患者の4分の3は女性である。 通常は爪で自らの皮膚をむしるが場合によっては針やピンセットなどの道具が使用されることもある。傷跡の化膿や出血を招くので早めの治療が必要である。

    診断を支持する特徴は以下の通りである。 A. 皮膚の損傷を引き起こす繰り返される皮膚を掻く、剥がす、むしり取る行為。 B. 皮膚を掻く、剥がす、むしり取る行為を減らしたりやめようと繰り返し試みるがうまくいかない。 C. 皮膚を掻く、剥がす、むしり取るによって、臨床的に意味のある苦痛、または、社会的、学業的、職業的、または他の重要な領域における機能の障害を引き起こしている。 D. 皮膚を掻く、剥がす、むしり取る行為は、物質関連障害または身体疾患によるものではない。 E. 皮膚を掻く、剥がす、むしり取る行為は、他の精神疾患の症状ではうまく説明できない。

    統合失調症や妄想性障害などの精神病による妄想の一つに、寄生虫に感染していると思い込む「寄生虫妄想」があり、それが皮膚むしり行為を引き起こす場合がある。 強迫性障害の洗浄強迫による皮膚疾患、身体醜形障害の外見の欠陥または欠点を改善しようという試み、抜毛症などほかの強迫スペクトラム障害との鑑別を要する。 一般の皮膚疾患により皮膚をむしったり掻く行為は除外する。 境界性パーソナリティ障害などによる自傷行為と鑑別を要する。

  10. 解離性障害 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/解離性とん走
    • 分類と症状
    • 疫学
    • Icd10の解離性(転換性)障害
    • 解離の様々な切り口
    • 診断
    • 治療
    • 脚注

    解離には、日常的に起こりうる正常なものから、障害とみなされるまで範囲は広い。不幸に見舞われた人が目眩を起こし気を失ったりするが、これは正常な範囲での「解離」である。 それぞれの人にとって大きな精神的苦痛、限界を超える苦痛を感じた時、感情を体外離脱体験や記憶喪失という形で切り離し、自分の心を守ろうとする。障害を満たすのは重症の場合であり、つまり、著しく苦痛であったり社会的機能の障害をもたらしている場合である。解離性障害に分類される個々の障害は、DSM-IVやDSM-5では以下が挙げられる。 1. 解離性健忘(Dissociative amnesia) - ストレスに満ちた出来事の記憶が欠落している。 1.1. 解離性とん走DSM-5では上記に統合(Dissociative fugue) 2. 解離性同一性障害(Dissociative identity disorder, DID) - 人格が複数ある。DSM-IVの編纂委員長アレン・フランセスは、暗示にかかりやすいものに人格の分裂を助長する治療を行い医原性だとする。 3. 離人症性障害 (DSM-IV)、離人感・現実感消失障害 (DSM-5、または症)(原語は共にDepersonalization disorder) - 自分を外から見ているような、夢を見ているような感覚。 4. 特定不能の解離性障害 - トランス状態等でも著しい苦痛が生じればこれが診断されうる。

    柴山雅俊は2012年の著書で、解離性障害のうち解離性同一性障害は約30%、離人症性障害が約10%、解離性健忘・遁走は5%、残りの55%が特定不能の解離性障害に分類されるとする[注 1]。被験者の収集条件などによって変動する。 北米での関心が解離性同一性障害に集中しているため、解離性障害内の各下位障害の比率に関するまとまった統計はなかなか見あたらないが以下の報告がある。なお、解離性同一性障害を「DID」、特定不能の解離性障害を「特定不能」、解離性健忘 「健忘」、離人症性障害は「離人」と記す。 特定不能の解離性障害が、全体の半分以上を占めている。これらに後述の白川美也子の報告、後述するロスらの論文を重ね合わせて見ても、解離性障害のうち、解離性同一性障害と特定不能の解離性障害が大半を占めていることは見て取れる。

    ICD10での解離性[転換性]障害の定義、あるいは主題は「過去の記憶、同一性と直接的感覚、および身体運動のコントロールの間の正常な統合が部分的、あるいは完全に失われていること」としている。 ICD10では「ヒステリー」という用語を使用していない。しかしかつてヒステリーと呼ばれた障害は、解離性のタイプも転換性のタイプもここにまとめられている。DSM-IV-TRでは、主に身体表現性障害のカテゴリがあてられており、ICD10にも身体表現性障害 (F45) という区分があるが、ICD-10ではこちらに含められている。ICD10では、解離性のタイプも転換性のタイプの患者も多くの特徴を共有していること、一人の患者がしばしば、同時に、あるいは別の時期にもう一方の症状もあらわすことがあるからとしている。なお、DSM-IVでは転換性のタイプは、身体表現性障害のカテゴリに、転換性障害の診断名が存在する。 違いで言えば、離人感と現実感喪失はICD10では含まれない。その理由としては、人格的同一性の限られた側面しか通常は障害されず、感覚、記憶、運動の遂行に関する損失はないからとする。 解離性同一性障害は多重人格障害との名称で「F448 その他の解離性[転換性]障害」の下に位置づけられ、多少懐疑的なコメントが付されている。以下にICD10の解離性[転換性]障害の個々の診断名を記す。 1. F44.0 解離性健忘 2. F44.1 解離性遁走[フーグ] 3. F44.2 解離性昏迷 4. F44.3 トランスおよび憑依障害 5. F44.4 解離性運動障害 6. F44.5 解離性けいれん 7. F44.6 解離性知覚麻痺および感覚脱失 8. F44.7 混合性解離性[転換性]障害 9. F44.8 他の解離性[転換性]障害 9.1. F44.80 ガンザー症候群 9.2. F44.81 多重人格障害 9.3. F44.82 小児期あるいは青年期にみられる一過性解離性[転換性]障害 9.4. F44.83 他の特定の解離性[転換性]障害 10. F44.9 解離性[転換性]障害、特定不能のもの

    スタインバーグの 5つの中核症状

    スタインバーグ (Steinberg.M ) は、解離性障害の診断と評価には、5つの中核症状が重要であるとし、「健忘」、「離人」、「疎隔(現実感喪失)」、「同一性混乱」、「同一性変容」の、特に健忘を解離性障害の基本として重視している。離人とは自己からの離隔の感覚である。一方「疎隔」とは対象・世界に対する現実感がなくなり、曇ったガラスを通して見ているような感覚である。 「健忘」「離人」「疎隔」は、自分の記憶が一貫せず、自分の体が自分のものだと感じられなくて、自分が自分であるという感覚、つまり自己同一性が不確実になる。「同一性混乱」は、自我同一性や自己意識に関する不確実、困惑、葛藤などの感覚。「同一性変容」は、他人から、行動パターンの変化によって気づかれるような患者の社会的役割の変化、としている。具体的には別の名前を名乗ったり、できなかったはずの楽器を演奏したり、買った覚えのないものを自分の部屋で見つけるなどである。これは解離性同一性障害を疑う一番大きなエピソードである。 スタインバーグは、この5軸から後述する構造化面接 SCID-D を作成した。この評価を各解離性障害に当てはめると...

    ホームズの「離隔」と「区画化」

    ホームズ (Holmes, E.A.)らは、2005年に、解離の症候を大きく「離隔」と「区画化」に整理し、「離隔」は意識変容であるとした。 離隔 (detachment) - 感覚の麻痺、疎隔症状(現実感喪失)、離人症状、体外離脱体験、自己像視などを含む。 1. 分離されるものが体である場合は「自分の体が自分のものではないような」という感じであり、もっとも顕著なのは体外離脱体験である。 2. 分離されるものが自分である場合には「自分がしていることに、自分がしているという感じがしない」「自分を他人のように観察している」という離人症。 3. 分離されるものが外界である場合は「ものを見ていてもそれがそこにあるという感じがしない」「周りが見えない膜で隔てられているようだ」という疎隔(現実感喪失)が生じる。 区画化 (compartmentalization) - 転換症状、睡眠現象、トランス状態、健忘、交代人格、偽幻覚である。 1. 定義は、通常ならば参照可能な情報を意識の上らせることができなくなり、そのために随意的な行動を制御できなくなることとされる。 ホームズらは「離隔」と「区画化」...

    柴山雅俊の空間的変容と時間的変容

    柴山雅俊は「空間的変容」と「時間的変容」という概念から解離を捉えようとしている。 1. 空間的変容とは、簡単にいえば、ある一時点で、一人であるはずの自分が、見る側と見られる側に分かれてしまうということである。難しくいえば、対象関係の変容であり「離人・疎隔」「気配過敏症状」「対人過敏症状」「体外過敏症状」「自己像視化」などであり、自と自、自と他といった空間的関係の変容である。ある面では「離隔」ともいえるが、一般的な「離隔」の概念からはみ出しているため、柴山はそれを空間的変容と呼んでいる。「気配過敏症状」「対人過敏症状」などはホームズらの「離隔」と「区画化」の 2分類では取り上げられていないが、柴山は解離の構造の近縁の症状として重視している。 2. 時間的変容とは、これも簡単にいえば、時間の流れの中で記憶が途切れてしまうこと、あるいは「私」が入れ替わってしまうことである。難しくいえば、時間的流れにおける意識状態の突然の断絶や交代をさす。「健忘」「遁走」「交代人格」「転換症状」など、主に意識状態を構成している記憶や同一性の変容であるとする。 空間的変容と時間的変容はいわば縦軸と横軸であ...

    鑑別疾患

    鑑別疾患として以下が挙げられる。

    スクリーニングテスト

    臨床の現場で常時用いられている訳ではないが、解離には複数のスクリーニングテストがある。DES-T、DDISやSCID-Dなどの構造化面接、診断面接の順に要する時間が長くなり信頼性も増す。なおここでスクリーニングするものは正常な範囲の解離ではなく、解離性障害のスクリーニングである。ただしスクリーニングテストで診断が行われる訳ではない。診断はあくまで医師の診断であり、他の疾患に分類されることもある。特にDDISやSCID-Dなどの構造化面接は、精神科入院患者、外来患者などへの解離性障害有症率調査で主に使用されるツールである[注 4]。

    構造的解離理論に基づく治療では、治療前のアセスメントは次の3段階からなる。 1. 第1段階は標準的な臨床アセスメントで、一般的な精神医学的評価。 2. 第2段階は心的外傷に関連した症状と障害のアセスメント。 3. 第3段階は人格構造と人格機能、そして現病歴の系統的分析。 治療の3段階は次のように考える。 1. 第1期、「安定化とスキルの向上」 1.1. 日常生活において、より効率的に活動できるようにするため、ANPと主なEPの心的エネルギーを高め、代替行為・代償行動を適応的な行動へと変え、薄まった現実化、自分自身の存在感を強めていくようにサポートする。 2. 第2期、「外傷記憶の治療」 2.1. 様々な人格部分に見られる外傷記憶に対する恐怖症の克服が中心で、それにより構造的解離を不必要にさせる。「心的外傷後ストレス障害#治療」も参照されたい。 3. 第3期、「人格の統合とリハビリテーション」 3.1. 通常生活に対する恐怖症の克服であり、最終的には親密さに対する恐怖症の克服が山場であり、患者の生活の質を高く保つために不可欠である。 構造的解離理論はあくまで心的外傷を軸に組み立てられているが、心的外傷、あるいは心的内容そのものに対決するというより、心的エネルギー、つまり心の適応能力を高めてゆく、改善していくことの方を重視する。そしてこのアプローチは、外傷性精神障害に止まらず、不安定な家庭環境や、感覚過敏つまり外的刺激に対する脆弱性から慢性的に、かつ結果的に心的外傷と同じような傷を受けていると見られる一群に対しても有効性が期待されている。 なお、ある解離性健忘の症例では、薬物療法とカウンセリングの併用が有効であったと報告されている。また、認知の修正を目的とした行動制限療法の有効性を報告した研究もある。離人症状を主とした解離性障害の症例報告では、治療者や支援者は、患者にとって「安全な場所」となるようカウンセリングを行うことに加えて、患者の日常生活における良好な人間関係の構築と行動範囲の拡大をサポートすることを通じて軽快していった。

    注釈

    1. ^ 柴山は2007年の著書(p.34) では、解離性障害のうち、解離性同一性障害は約20%、離人症性障害が約10%、解離性健忘が5%、解離性遁走は1%、残りの約60%が特定不能の解離性障害に分類されるとしていたが、その後5年間の症例の増加により、比率が変わったと思われる。ただし、対象範囲の記載がないため詳細は不明である。 2. ^ 白川報告(「子供の虐待と解離」『こころのりんしょう』 2009p.307 )はアリソン (Allison,R.B.) の定義に従い、7歳以前に重度のトラウマを受け、非常に多くの人格群が現れたケースをMPDとして分けているが、表には含まれていない。それを含めると112人になるはずだが、表の編集ミスと思われる。ここではデータのある105人で計算している。「DDNOS」は特定不能な解離性障害。「その他DD」とは「その他解離性障害」であるが、PTSDの中で解離障害症状を持つ患者も含めている。白川の報告は本人の患者の2000年から2006年3月までの集計であり、警察や児童相談所、行政の困難例からのからの紹介が多く、白川自身がいうように他の報告者よりも、虐待...

  11. 其他人也搜尋了
  1. 失眠症治療 相關
    廣告