Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 約 265,000,000 項搜尋結果

  1. 北京五環路 The 5th Ring Road 北京环路 Bĕijīng Wǔ Huánlù 路線延長 98.58km 開通年 2003年10月全線開通 起点 北京市 朝陽区来広営 北京市を巡行する環状線 主な経由国 中華人民共和国 終点 北京市朝陽区来広営 接続する 主な道路 (記法) インターチェンジ等を参照

  2. ja.wikipedia.org › wiki › 色彩論色彩論 - Wikipedia

    色彩論』(しきさいろん Zur Farbenlehre)は、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテが1810年に出した著書。教示篇・論争篇・歴史篇の三部構成からなり、教示篇で色彩に関する己の基礎理論を展開し、論争篇でニュートンの色彩論を批判し、歴史篇で古代ギリシアから18世紀後半までの色彩 ...

    • 性質
    • 調製法
    • 関連項目

    シソイド配座型が固定された 1,3-ジエン構造を持つため、ディールス・アルダー反応を起こしやすい。室温で放置すると、徐々に二量化し、ジシクロペンタジエン (C10H12) に変わる。このとき endo 体が優先する(エンド則)。これを元のシクロペンタジエンに戻すためには熱分解を行う必要がある。ほか、無水マレイン酸など、各種ジエノフィルと反応する。 シクロペンタジエンは pKa = 16 と、炭化水素としては異常に強い酸性を示す。これは、共役塩基であるシクロペンタジエニルアニオンが 6π共役系の環状構造を持ち、ヒュッケル則を満たし、即ち、芳香族性を示し、電子の非局在化による強い安定化を受けているためである。このシクロペンタジエニルアニオンは、フェロセンをはじめとするメタロセンの配位子となる。

    二量体であるジシクロペンタジエンを150℃以上で熱分解することで得られる。ただし、熱分解時に発生したシクロペンタジエンの一部は周囲のジシクロペンタジエンとすぐさまディールス・アルダー反応することで三量体(トリシクロペンタジエン)を生成する。同機構による四量体以上の生成速度は遅いが、徐々に溜まってくる。これらオリゴマーの融点は高く熱分解後の缶出液を固化させてしまうため、注意が必要である。

  3. ja.wikipedia.org › wiki › アゾールアゾール - Wikipedia

    アゾール(azole)とは、窒素を1つ以上含む複素5員化合物の総称である [1]。 IUPAC命名法の基準となる拡張ハンチュ-ウィドマン命名法で窒素を含む複素5員化合物の語幹が "-azole" となることに由来する。 本来ピロールは許容慣用名であり、IUPAC組織名では1H-アゾールである。

  4. ピラゾリンは、の隣り合った位置に二つの窒素原子を持つ複素環式化合物。化学式はC 3 H 6 N 2 で表され、二重結合の位置により3種類の異性体がある。 二重結合となる位置が窒素-窒素間のものは1-ピラゾリン、窒素-炭素間のものは2-ピラゾリン、炭素-炭素間のものは3-ピラゾリンである。

  5. ja.wikipedia.org › wiki › 五度圏五度圏 - Wikipedia

    度圏(ごどけん、英語: circle of fifths )は、12の長調あるいは短調の主音を完全度上昇あるいは下降する様に並べて閉じたにしたものである [1]。 度圏は F ♯ / G や D ♯ / E といった異名同音関係を利用することでを形成しており、これは一般に平均律を前提としている [1]。

  6. フラノース(Furanose)はフラン様のを持った糖の総称である。 構造の特徴 フラノースは、アルドテトロース、アルドペントースの環状ヘミアセタールまたはケトヘキソースの環状ヘミケタールである。フラノースは4つの炭素原子と1つの酸素原子を頂点に持ち、酸素の右側の1つの ...