Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 大島本 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 大島本

    大島本(おおしまぼん)は、 源氏物語のきわめて著名な写本の1つ。 本項で主に解説する。青表紙本系統である。 上記の「大島本」を含む、大島雅太郎が旧蔵していた古典籍。#その他の「大島本」参照。 源氏物語の写本の1つで、河内本系統のものにも、特に大島本と呼 ...

  2. 雲 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 雲
    • 雲学
    • 物理化学的特徴
    • 雲をつくる
    • 種類
    • 観測
    • 気候・地球
    • 地球以外の雲
    • 関連項目
    • 参考文献
    • 外部リンク

    気象学の中には雲学という分野も存在する。これは、気象観測の手段が乏しかった20世紀前半ごろまで、気象の解析や予測に雲の形や動きなどの観測情報を多用しており、雲の研究が重要視されたことを背景にしている。気象衛星などの登場によって重要性が薄くなり雲学は衰退してきている。 また、雨や雪などの降水現象の発生源となる現象であり、雲の生成から降水までの物理学的な現象を研究する雲物理学というものもある。

    成分

    地球上においては、雲の成分は水であり、その相は液体か固体である。 微量ながら水以外の成分、例えば土壌成分や火山噴出物、塵埃などからなる微粒子(エアロゾル)が混ざっているほか、空気の成分(窒素、酸素、二酸化炭素など)が溶解している。その成分も、雲が発生・成長する際に存在した場所に左右されるが、比率からしても水がほとんどを占める。 一方、極地や高緯度地方の高度20 - 30km(成層圏)では、水のほか硫酸塩や硝酸塩から成る真珠母雲(極成層圏雲)が発生する。他方、高緯度地方の高度約80km(中間圏)で見られる夜光雲(極中間圏雲)は主に水から成るという報告がある。

    形状

    1つ1つの雲粒(水滴や氷晶)の大きさは、半径にして0.001mm - 0.01mm(1μm - 10μm)程度のものが多くを占める。このオーダーでは落下速度は約1cm/秒だが、大気中ではこれを上回る上昇気流がありふれて存在するので落下することはほとんどなく、いわば「空に浮かんだ」状態となる。雲の中での雲粒の数(密度)は、1m3あたり1000万 - 数百億くらいである。 詳しくは降水過程参照。また、雨粒の成長の計算はメイスンの方程式(Mason equation)などにまとめられている。 氷晶は、六角柱、六角板、針状、樹枝状などの独特な結晶を形成する。氷晶がくっ付いて重なり成長したものが雪の粒子(雪片)である。

    光学的特徴

    たいていの場合、雲は白色や灰色に見えることが多い。白色に見えるのは雲粒が太陽光を散乱するからだが、雲粒の大きさの粒子は可視光線領域のいずれの波長の光(色)も同じように散乱するミー散乱が起こっているので無彩色の白色となる。そして、厚みのある雲は灰色、特に雲の底の部分は黒色に近い暗い色に見えるが、これは濃度の高い雲粒により雲内で何度も太陽光が散乱・吸収された結果、光が弱まるためである。 日光が水滴で回折し、雲が虹色に輝いて見えることがあり、これを彩雲という。

    雲をつくる実験

    小規模なものであれば、雲を製造することは容易であり、理科の実験や身近にできる科学実験として、広く行われている。 密閉可能な容器の中を少し濡らし、線香の煙などの凝結(固)核を充満させて密閉し、ポンプなどで気圧を下げると、減圧冷却によって中の温度が露点を下回って凝結(固)をはじめ、雲ができる。 熱湯から立ち上る「湯気」、ドライアイスや氷から流れ落ちるような白い冷気、冬の寒い日に白くなる吐いた息、工場や排気などから出る白い蒸気なども、人工的に作ることができる雲だといえる。 また、普通の雲に比べて粒が大きい、霧吹きで作る水滴でも、風をうまくコントロールして空中に浮かべることができれば、雲だといえる。

    「雲の種まき」

    ただ、雨を降らせるような大規模な雲の製造は容易ではない。現状では、ヨウ化銀などの凝結(固)核を大量に散布することで雲の素をつくる「雲の種まき」が実用化の限度となっている。しかも、「雲の種まき」においても空気中の水蒸気が過飽和あるいはそれに近い状態になければ雲はできにくく、条件も限られる。

    基本の雲

    雲は、その形状や高さにより以下のように分類される。 世界気象機関は、雲を10の基本形と数十の主・変種・副変種に分類している。雲には多くの俗称があるが、混乱を避けるために学術分野では呼称が統一されている。詳しくは雲形を参照のこと。

    特殊な雲

    対流圏以外にできる雲として、以下のものがある。 1. 成層圏 1.1. 真珠母雲(極成層雲) 2. 中間圏 2.1. 夜光雲

    雲は測雲器若しくは測雲気球などの器具を用い、または目視によって観測される(気象業務法第1条の2、気象業務法第1条の3も参照)。雲量は、晴れかくもりかといった天気の目安となる。 また、レーダーでも雲を観測できる(雲高計)。雲粒は雨粒や雪片よりも小さいため、レーダー電波の波長は降雨レーダーより小さいものを用いる。波長1mm〜10mm程度のミリ波を用いることが多い。ただ、地上や航空機搭載のレーダーによる雲の観測は、観測範囲が狭く、用途は規模の小さい気象現象の観測や飛行用などに限られる。 広い気象状態を捉えるには、気象衛星による観測が行われる。気象庁では静止衛星ひまわりにより、宇宙から雲などの観測を実施している。可視光線の観測、雲が放射する赤外線の観測などを通して、雲の分布を推定している。赤外線に関しては、大気成分に吸収されて観測できない波長が多いので、その影響が少ない大気の窓領域の波長を観測している。

    大気汚染によるエアロゾルなどの増加により雲の量が増加して、地球薄暮化が引き起こされると考えられている。 雲は地球の表面を覆って太陽光を吸収・反射し、地球をある程度冷ます役割をもっている。雲の厚さ、雲粒の大きさや形状などによって吸収率や反射率は異なる。特に反射率(アルベド)については、その変化が地球全体の太陽光の吸収率を大きく左右し、気候に影響を与える。

    大気を持つ太陽系の惑星のほとんどでは、地球と同じように雲が発生する。金星には分厚い硫酸の雲が高度50kmから70kmの地点に広がっている。火星は水、木星や土星はアンモニアなど、天王星や海王星はメタンでできた雲がある。また、土星の衛星のタイタンにもメタンの雲らしきものがあることが分かっている。

    Hamblyn, Richard The Invention of Clouds — How an Amateur Meteorologist Forged the Language of the Skies Picador; Reprint edition (August 3, 2002). ISBN 0-312-42001-3
    雲・エアロゾルと気候 - 海洋研究開発機構地球環境フロンティア研究センター 中村晃三 2007年11月 数研出版サイエンスネット第31号
    荒木健太郎 『雲の中では何が起こっているのか』第2版、ベレ出版、2014年 ISBN 978-4-86064-397-3
    雲(くも)とは - コトバンク
    雲とは - 天気予報用語 Weblio辞書
    EPIC :: DSCOVR(英語) < ディープ・スペース・クライメイト・オブザーバトリー < NASA
    Cloud Fraction : Global Maps(英語) < NASA Earth Observatory
  3. おくのほそ道 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › おくのほそ道
    • 概要
    • 4つの原本
    • 出版経緯
    • 旅程
    • 主な文庫注解
    • 映像
    • 音楽
    • 参考文献
    • 関連項目
    • 外部リンク

    おくのほそ道(奥の細道)は、芭蕉が崇拝する西行の500回忌にあたる1689年(元禄2年)に、門人の河合曾良を伴って江戸を発ち、奥州、北陸道を巡った紀行文である。全行程約600里(2400キロメートル)、日数約150日間で東北・北陸を巡って、元禄4年(1691年)に江戸に帰った。 「おくのほそ道」では、このうち武蔵から、下野、陸奥、出羽、越後、越中、加賀、越前、近江を通過して旧暦9月6日美濃大垣を出発するまでが書かれている[* 1]。曾良の随行日記も、没後数百年を経て曾良本と共に発見されている。 ほとんどの旅程で曾良を伴い、桜の花咲くころの元禄2年3月27日(新暦1689年5月16日)に江戸深川にあった芭蕉の草庵である採荼庵(さいとあん)を出発し(行く春や鳥啼魚の目は泪)、船に乗り千住に渡り、日光街道の草加、日光へ道を取って下野国の城下町黒羽へ行く。黒羽では大いに歓迎されたこともあり、おくのほそ道の旅程では最長となる十数日間滞在する地となった。ここからさらに北へ向かい白河関を越えて奥州に入る。須賀川、飯坂、仙台と渡り歩き、日本三景の一つに数えられる松島では、その美しい風景に感動するあまり句を詠めず、曾良が詠んだ句「松島や 鶴に身をかれ ほととぎす」が収載されている[* 2]。平泉は、おくのほそ道の折り返し地点にあたり、藤原三代の栄華をしのび、「夏草や兵どもが夢のあと」の句を詠んだ。ここから奥羽山脈を越えて出羽国に入って山寺(立石寺)に立寄り、「閑(しずか)さや 岩にしみ入る 蝉の聲(こえ)」の句を残す。日本三大急流のひとつに数えられる最上川を下り、出羽三山の最高峰である月山にも登り、6月半ばにおくのほそ道の最北の地となった象潟(きさかた)に到達する。当時の象潟は、松島に劣らぬ景勝地で「松島は笑ふが如く、象潟はうらむが如し」と、その美しい多島風景を評した。ここから、再び折り返して日本海岸沿いに南下して新潟へ向かい、出雲崎では「荒波や 佐渡によこたふ 天河」と佐渡島を望む日本海の荒波の情景を詠んだ。さらに海岸を南下して富山、金沢、福井と北陸道を経て、美濃路(美濃国の脇街道)の大垣で「蛤の ふたみにわかれて 行秋ぞ」の句を詠み、結ばれている。

    推敲の跡多い原本には中尾本(おくの細道)と曾良本(おくのほそ道)があり、個々の芭蕉による真筆箇所もしくは訂正箇所(あるいはその真贋をも唱える学者もいる)については現在でも論が分かれている。 中尾本は大阪の古書店「中尾松泉堂書店」2代目店主・中尾堅一郎が阪神大震災で半壊した自宅から1996年に発掘した芭蕉自筆本とされるもので、元禄時代に弟子の野坡(やば)が所持したとされることから野坡本とも呼ばれる。曾良本は、中尾本に見られる芭蕉の推敲が入ったものを門人が筆写したとされるもので、曽良が所持していたとされ、1972年より天理大学が所有する。 曽良本以降に芭蕉の弟子で書家の柏木素龍(そりゅう)が清書した柿衞本(柿衞文庫所有)・西村本(福井の篤農家・西村孫兵衛家所有)がある。この柿衞本・西村本は共に素龍本(素龍清書本)とも呼ばれる(柿衞本が1960年に発見される以前は、西村本のみがそう呼ばれていた)。

    西村本の題簽(外題)「おくのほそ道」は芭蕉自筆とされており、これが芭蕉公認の最終形態とされる。芭蕉はこの旅から帰った5年後、1694年に死去したため、「おくのほそ道」は芭蕉死後の1702年(元禄15年)に西村本を基に京都の井筒屋から出版刊行され広まった。「奥の細道」ではなく「おくのほそ道」と書くのが正式とされるのはこの原題名に基づく。この元禄初版本は現在1冊しか確認されていないが、増し刷りされ広まったため版本は多く残る(本文に変化は見られない)。よって現在世間一般に知られる「おくのほそ道」は、西村本を原本とした刊本の本文を指す。 1938年(昭和13年)に曾良本(そらほん)が発見された。1960年(昭和35年)に柿衞本(かきもりほん)の存在が発表され、1996年(平成8年)に芭蕉の真筆である野坡本(やばほん)の発見とされた中尾本(なかおほん)の存在が発表されている。これによりこの本の原点を探る研究・出版がより増すこととなった。

    江戸、旅立ち

    元禄2年春 芭蕉は旅立ちの準備をすすめ、隅田川のほとりにあった芭蕉庵を引き払う。 3月27日 明け方、採荼庵(さいとあん)より舟に乗って出立し、千住大橋付近で船を下りて詠む。 1. 矢立の初め

    日光

    4月1日 日光

    黒羽 雲巌寺 光明寺

    4月4日 栃木県大田原市黒羽を訪れ、黒羽藩城代家老浄法寺図書高勝、俳号桃雪 4月5日 栃木県大田原市の雲巌寺に禅の師匠であった住職・仏頂和尚を訪ねる。 4月9日 栃木県大田原市の修験光明寺に招かれて行者堂を拝する。

    『芭蕉 おくの細道』 萩原恭男校注、岩波文庫、1979年、ISBN 9784003020623
    『芭蕉自筆 奥の細道』 上野洋三・櫻井武次郎校注、岩波文庫、2017年、ISBN 9784003510247
    『おくのほそ道 現代語訳 付・曾良随行日記』 潁原退蔵・尾形仂訳注、角川ソフィア文庫、新版2003年、ISBN 9784044010041
    『おくのほそ道(全) ビギナーズ・クラシックス』 角川ソフィア文庫、2001年、ISBN 9784043574025
    「奥の細道をゆく」全31回
    「NHK趣味悠々 おくのほそ道を歩こう」全9回
    「DVD おくの細道」(1997年12月発売/テイチクエンタテインメント)
    「おくのほそ道 DVD&CD」(2005年4月発売/株式会社ジェー・ピー)
    浅井建爾『道と路がわかる辞典』日本実業出版社、2001年11月10日、初版。ISBN 4-534-03315-X。
    浅井建爾『日本の道路がわかる辞典』日本実業出版社、2015年10月10日、初版。ISBN 978-4-534-05318-3。
    杉本苑子『おくのほそ道 人物紀行』文藝春秋〈文春新書〉、2005年。ISBN 4-16-660460-0。
    宇和川匠助 「「おくのほそ道」に採択されなかった旅中吟についての覚え書き : 芭蕉の紀行文制作意識にふれて」 『国文学研究』 6号 梅光女学院大学国語国文学会、73-84頁、1970年11月25日。ISSN 0286-293X。 NAID 110000993286。http://ypir.lib.yamaguchi-u.ac.jp/bg/metadata/1242。
  4. 奥付 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 奥付
    • 概説
    • 歴史
    • 書誌事項
    • 表記
    • 参考文献
    • 関連項目

    和書では奥書を付けることが慣習となっている。これと決まった形式はなく、日本特有のものとされるが、丸山1986年・丸山1990年では、「スラブ系およびラテン系諸国の出版物には、奥付をつける慣行があるが、和書ほど完備していない」としている。 なお、洋書には奥付に相当するものとしてColophon(コロフォン)がある。洋書の書誌事項は一般にタイトルページの次のページにある。ただし、和書の奥付は江戸時代に幕府の法制上の強制により始まった慣習であるのに対し、洋書のコロフォンは装飾的な意図で発生したものとされており沿革が異なる。なお中世ヨーロッパにおいて、この場所にブックカースが書かれていることがあった。

    江戸時代

    1722年(享保7年)11月の、大岡忠相による「新作書籍出板之儀に付触書」に由来する。 これにより、横行していた偽板(海賊版)が統制され、版元書店の出版権が明確になった。但し、明治以前の奥付は、今日のそれとは大きく異なっており、「版」と「刷」の相違が明確でなく、版木自体も売買されるものであったし、また、書店組合を結成して各地で出版販売するのが通例であったため、実際に、何年にどこの版元が出版したものであるか、というのは、詳細に書誌学的な考証を加えないと判断できない状況にある。

    明治以後

    1893年(明治26年)の出版法では発行者の氏名・住所、年月日、印刷所の名称・住所、印刷の年月日の記載が義務付けられた。今のような形では、岩波書店が始めたとされている。現在は、義務付けはされていないが、慣習として続いている。 ただし、文部科学省の検定を受けた教科用図書については、「教科書の発行に関する臨時措置法」第3条で著者名、発行者名、印刷業者名等の記載が義務付けられている。

    主に以下の事が書かれる。 1. 題名 2. 著者、訳者、編者、編集者(著作権にかかわる場合に記載されるのが例である) 3. 発行者 4. 発行所(出版社) 5. 印刷所 6. 製本所 7. 著作権表示 8. 検印(廃止されているものが多い。印税を参照) 9. 発行年月、版数、刷数(刷り部数を書くこともある) 10. ISBNコード 11. 価格(多くは裏表紙かカバーに記載、教科用図書については表示無し)

    奥附

    「奥付」は「奥附」とも書くが、「附」の字が1954年の当用漢字補正案で「削る字」とされたため現在でも多くのマスコミが使用を避けており、また当用漢字音訓表・常用漢字表で「附」の字訓に「つく」が挙げられていないため、「奥付」と表記する場合が多い。これは、その書中における位置から付された名称であるが、その役割から付された名称として、刊記(かんき)とも称しているし、枠で囲んだ刊記は特に木記(もっき、もくき)と称していた。

    奥書

    奥書(おくがき)という言葉もあるが、これは一般的には、写本の巻末に、筆写者がその本の来歴などを記録したものを指す。古写本などでは、写したもとの本の奥書も一緒に書写することもあり、本の伝来の研究に役立つことが多い。

    奥付証明・奥書証明

    資格の申請等の際に、免許状(教育職員免許状、看護師・管理栄養士免許など)などのコピーを添付して提出する折に、それが原本(正本)と同一であることを証明するために、コピーした免許状等の余白部分に、「この写しは原本と同一であることを証明する 何年何月何日 ○○長 何野誰某」のように記載することを、「奥付証明」または「奥書証明」と称する。

    上田万年、松井簡治『大日本国語辞典』第1巻、金港堂書籍、1919年。
    “名古屋大学附属図書館2005年企画展 説話 (はなし) の書物 小林文庫本を中心に (PDF)”. 名古屋大学 (2005年6月17日). 2010年11月27日閲覧。
    信岡資生「明治期の兵語辞書について(三)ドイツ語を中心にして」『成城大学経済研究』第165号、成城大学経済学会、2004年6月20日、 pp. 1-45、 NAID 110004028076。
    “刊記”. 百科事典マイペディア. 日立ソリューションズ (2010年5月). 2010年11月27日閲覧。
  5. ニコラ・チョン - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ニコラ・チョン

    冷知識衝動(ATV) 参加の番組 宇宙無敵獎門人(2000年10月29日~2001年2月25日) 第6話 - ヴィンセント・コク、ニコラ・チョン、張達明、シェイラ・チャン、ワイマン・ウォン、小雪 吾係獎門人(2002年8月10日~2002年12月7日)

  6. 医学史 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 医学の歴史

    エドウィン・スミス・パピルス [4] に収録された医学知識は紀元前3000年頃のものとも言われている [5]。知りうる限りエジプト最古の外科手術は、紀元前2750年に行われた。 エジプト第3王朝のイムホテプは、古代エジプト医学の設立者、および療法・慢性病・解剖学に ...

  7. トリヴィア - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › トリヴィア

    トリヴィア、トリビア (trivia) は、「くだらないこと、瑣末なこと、雑学的な事柄や知識、豆知識」を指す。 一説に、ラテン語で「三叉路」3 (tres) + 道 (via) を意味する言葉で、古代ローマの都市において三叉路が多かったことから、「どこにでもある場所」「あり ...

  8. 振売 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 振り売り
    • 江戸の食事情
    • 振売商売
    • 振売の売り物
    • サービスを売る振売
    • 参考文献
    • 関連項目

    室町時代からすでに「振売」「棒手振り」(ぼてふり)と呼ばれていたこの業態が最盛期を迎えたのは徳川幕府の治める江戸時代であった。 江戸はもともと幕府の計画によって造られた都市で、初期は江戸城を中心として周囲に武家地を造り、そこに商人や職人を住まわせる形で発展していったが、士農工商の階級によって現れた、将軍を筆頭にして、まったく生産的活動を行わない巨大な消費階級である武士たちのために、大量の食料品を供給する必要に迫られていた。 そしてその後も、世の中が平和になるにつれて江戸に移住する人が増えたり、火事が起きて復興作業のためにやってきた人足たちがそのまま住み着くなど、1743年の江戸人別改によれば男性の町人31万、女性21万5千、そこに武士を足せば100万を超えるほどの人が江戸に集まる事となった。 ロンドン、パリを超えた世界最大級の人口密度を持った江戸の街の隅々に食料を供給するために、流通システムも巨大で複雑で細かなものに発展していき、そのシステムの末端が、振売と呼ばれる業種の人々だった。

    振売は火気を持ち歩かず、主に生の食材や調味料、調理済みの食品を売り歩くのが特徴で、食品を扱う商売のなかでも、特別な技術や知識が不要、店を構えるための権利なども不要だったので、簡単に開業する事が出来た。そのため振売は社会的弱者のための職業とされており、幕府は振売のための開業許可を50歳以上の高齢者か15歳以下の若年者もしくは身体が不自由な人物に与える、と触れ書きを出した。 1837年(天保8年)から約30年間書き続けられた『守貞謾稿』には、振売について“三都(江戸・京都・大坂)ともに小民の生業に、売物を担い、あるいは背負い、市街を呼び巡るもの”とあり、社会的弱者も振売によって健全に働き、生活できていたことがうかがえる。 また『守貞謾稿』には“平日より華やかに高く呼ぶ其の詞(ことば)に曰く「たいやたい、なまだこ、まだいー」と呼び行く也”と、魚売りのようすをうかがい知れる文章も残されている。 振売は商売をする場所が決まっておらず、『江戸名所図会』などは振売の描かれていないページのほうが少ないほど、江戸市中いたるところにいた。前述の通り、法律に従えば50歳以上と15歳以下の人間しか振売を開業する事はできないが、『守貞漫稿』のイラストにある振売たちにはその年齢には見えないものも多い。

    前述の『守貞謾稿』では、油揚げ、鮮魚・干し魚、貝の剥き身、豆腐、醤油、七味唐辛子、すし(図2)、甘酒、松茸、ぜんざい、汁粉、白玉団子、納豆、海苔、ゆで卵など食品を扱う数十種類の振売商売を紹介している。中でも「冷水売り」は“夏日、清冷の泉を汲み、白糖と寒ざらし粉の団子を加え一椀四文で売る、求めに応じて八文、十二文で売るときは糖を多く加える也、売り詞(ことば)「ひゃっこいーひゃっこい」。一椀たいがい六文、粉玉を用いず白糖のみを加え、冷や水売りと言わず砂糖水売りと言う”と紹介されている。京阪ではこれに似たものを道ばたで売っている。 中には悪徳な商売をする振売もいた。『守貞謾稿』で「妖売」とあるのがそれで、“これは種々の贋物を欺き売るを業とする者也”とあり、“鶏、雁などの肉を去り、豆腐殻などを肉として売る。この類、そのほか種々の謀計を旨とする也”と書かれている。 『守貞謾稿』には食品以外にもほうき、花、風鈴、銅の器、もぐさ、暦、筆墨、樽、桶、焚付け用の木くず、笊、蚊帳、草履、蓑笠、植木、小太鼓、シャボン玉など日用品や子供のおもちゃ、果ては金魚、鈴虫・松虫などの鳴き声の良い昆虫、錦鯉など愛玩動物を商う振売も紹介されており、その中には現代も残っている「さおだけ売り」や、相撲の勝負の結果を早刷りにして売る「勝負付売り」も紹介されている。 江戸幕府は、庶民の暮らしが豪華になるとそれを「身分不相応」として取り締まることが多くあり、1つ六十文もするような高級なすしを作る職人を捕らえたとある。 1. 図2のすし売りの項抜粋 1.1. “江戸では近年京阪のように箱ずしは廃れて、握りずしのみ。握り飯の上に卵焼き、アワビ、マグロの刺身、海老のそぼろ、小鯛、コハダ、白魚、タコなどが普通。そのほか様々を作る。みな各一種を握り飯の上に置く。巻きずしをのり巻きといい、カンピョウだけを入れる。新生姜も古生姜も酢に漬けず、弱蓼と二種を添える。また、毛抜きずしと言うのは握りずしを一つずつ熊笹に巻いて押してあり、一つで六文ぐらい。他に毛抜きずしを高く売るものが多く、一つで四文から五、六十文ぐらいまでした。天保の時、高いすしを売る者二百人余り捕らえて手鎖の刑にした。その後は四文八文だったが、近年命令がゆるんで、二〜三十文のすしを作る者がいる”

    食品、日用品を売るほかに、生活の中で必要なサービスを売り歩くもの、ある種の物品を買い歩くものも存在した。前者は錠前直し、メガネ直し、割れ鍋直し、あんま、下駄の歯の修繕、鏡磨き、割れた陶器の修繕、たがの緩んだ樽の修繕、ねずみ取り、そろばんの修理、こたつやぐらの修繕、羽織の組紐の修繕、行灯と提灯の修繕、看板の文字書きなど。修理用の道具や材料を入れた箱などを天秤棒にぶら下げて歩く姿は普通の振売と全く変わらない。単純に食品を売るよりも、多少の職人技が求められる。 後者は紙くず、かまどの灰、古着、古傘、溶けて流れ落ちたろうそくのカスを買い歩く。江戸時代においては紙は浅草紙等など再生紙として利用しており、買い集め溶かしてすき直し、再生した。かまどの灰は畑の肥料に使い、古着は仕立て直すか布地に再生し、古傘は張り直して使い、ろうそくのカスは集めて溶かして芯を入れ直せば新しいろうそくとして売り出すことができた。

    この項目で使用した画像2点は、『守貞謾稿』を旧かな使いに直し、國學院大學出版部が1908年に出版したもののデジタルスキャンデータ(国立国会図書館・近代デジタルライブラリー内)による。 1. 原田信男『江戸の食生活』岩波書店、2003年。ISBN 4-00-022267-8。 2. 三谷一馬『江戸物売図聚』立風書房、1980年。ISBN 4-651-81007-1。

  9. トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › トリビアの泉_〜素晴らしき

    この項目では色を扱っています。 閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。 『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜』(トリビアのいずみ 〜すばらしきムダちしき〜)は、フジテレビ 系列で2002年 10月8日から2006年 9月27日までレギュラー ...

  10. 奥村昭博 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 奥村昭博
    • 概要
    • 研究
    • 略歴
    • 著作
    • 関連項目
    • 外部リンク

    生い立ち

    岐阜県出身。 慶應義塾大学商学部を卒業した後、アメリカ合衆国に渡航する。ノースウェスタン大学経営大学院にて経営学を学び、修士号を取得する。帰国後は應義塾大学大学院商学研究科の博士課程を満期で退学する。

    学究活動

    慶應義塾大学に教員として採用されると、当初はビジネス・スクールにて助手を務める。その後、ビジネス・スクールが改組され大学院に経営管理研究科が設置されると、そこで助教授や教授を務めた。なお、経営管理研究科の下で附属ビジネス・スクールが新たに発足したが、そちらの助教授や教授も兼務した。のちに、静岡県立大学に転じ、経営情報学部経営情報学科にて教授に就任し、大学院経営情報学研究科経営情報学専攻の教授も兼務した。 なお、慶應義塾大学を退任する際に、名誉教授の称号を授与された。2008年12月より静岡県立大学の大学院にて経営情報学研究科の研究科長に就任した。2011年4月、静岡県立大学の大学院にて、新設された経営情報イノベーション研究科の研究科長に就任した。なお、既存の経営情報学研究科は、在籍する院生が修了予定の2012年3月までは存続するため、その間は双方の研究科長を兼務した。同年3月、経営情報学研究科の廃止にともない研究科長を退任した。また、同年中に経営情報イノベーション研究科の研究科長も退任することとなり、後任として松浦博が同年12月に就任することとなった。2014年3月、静岡県立大学...

    公的活動

    学会等の公職としては日本ベンチャー学会の副会長や日本組織学会の理事を歴任した。

    経営学の中でも経営戦略や企業革新(イノベーション)を専門に研究している。また、ベンチャービジネスやアントレプレナーといった起業家活動にも研究の目を向けている。専門分野に関する著書も多く、加護野忠男、野中郁次郎らとの共著も出版され、組織学会高宮賞を受賞。さらに、アメリカのビジネススクールへの留学経験を生かし、日本国外の研究書の翻訳にも力を注いでいる。

    1945年 - 岐阜県にて誕生。
    1969年 - 慶應義塾大学商学部卒業。
    1975年 - ノースウェスタン大学経営大学院修了。
    1975年 - 慶應義塾大学ビジネス・スクール助手。

    単著

    1. 奥村昭博著『日本のトップ・マネジメント――変貌する戦略・組織・リーダーシップ』ダイヤモンド社、1982年。 2. 奥村昭博著『企業イノベーションへの挑戦――新企業家精神の創生』日本経済新聞社、1986年。ISBN 4532074665 3. 奥村昭博著『経営戦略』日本経済新聞社、1989年。ISBN 4532015316

    共著

    1. 石井淳蔵・奥村昭博・加護野忠男ほか著『経営戦略論』有斐閣、1985年。ISBN 4641064563 2. 奥村昭博・加藤幹雄ほか著『多国籍企業と国際組織――グローバル機構と海外進出部隊』第一法規出版、1989年。ISBN 4474151151 3. 奥村昭博・池尾恭一著『日経を読むための経営学の基礎知識』日本経済新聞社、1991年。ISBN 4532140323 4. 石井淳蔵・奥村昭博・加護野忠男ほか著『経営戦略論』新版、有斐閣、1996年。ISBN 4641067724 5. 奥村昭博ほか著『アントルプレナー創造――最新ベンチャー経営入門』生産性出版、2001年。ISBN 4820116983 6. 奥村昭博・池尾恭一著『日経で学ぶ経営学の考え方』日本経済新聞社、2003年。ISBN 4532310830

    寄稿

    1. 奥村昭博稿「戦略形成のプロセス」日本経済新聞社編『新しい企業理論の展開』日本経済新聞社、1987年。ISBN 4532074835 2. 奥村昭博稿「日本企業のグローバル化戦略」今井賢一 (経営学者)研究代表者『イノベーションと企業者精神に関する研究』一橋大学、1988年。

    奥村 昭博 - Researchmap
    奥村 昭博 - J-GLOBAL
    奥村 昭博 - KAKEN 科学研究費助成事業データベース
    研究者リゾルバーID:1000070571256
  11. 其他人也搜尋了