Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 明日花キララ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 明日花キララ

    明日花 キララ(あすか キララ、1988年10月2日[4][5][6] - )は、日本の女性タレント、女優、YouTuber、モデル[7]。北海道出身[2][信頼性要検証][注 1]。キラティス所属。身長:163cm。体重:44kg。スリーサイズ:B90cm(Gcup),W58cm,H85cm[8]。

    • @media screen{.mw-parser-output .fix-domain{border-bottom:dashed 1px}}北海道旭川市[要出典]
    • 日本 北海道
  2. 魔進戦隊キラメイジャー - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 魔進戦隊キラメイジャー

    『魔進戦隊キラメイジャー』(マシンセンタイキラメイジャー)は、2020年 3月8日から2021年 2月28日まで、テレビ朝日系列で毎週日曜9:30 - 10:00(JST)に全45話が放送された、東映制作の特撮テレビドラマ、および作中で主人公たちが変身するヒーローの名称。略称 ...

  3. 隣の家族は青く見える - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 隣の家族は青く見える
    • あらすじ
    • キャスト
    • スタッフ
    • 副音声企画
    • 外部リンク

    家の購入を機に妊活を始める五十嵐奈々とその妻と共に妊活に向き合う五十嵐大器の「子供が欲しいカップル」。子供が欲しくない杉崎ちひろとバツイチ の川村亮司の「子供を作らないカップル」。一級建築士の広瀬渉と彼の恋人の青木朔の「男性同士のカップル」。商社を早期退職した小宮山真一郎と子育てが命の小宮山深雪の「幸せを装う夫婦」。この4組が本作の舞台となるコーポラティブハウスで、悩みや秘密を隠して葛藤しながらも成長していこうとする。

    コーポラティブハウスに住む人々

    五十嵐 奈々(いがらし なな)〈35〉 1. 演 - 深田恭子 2. 大器の妻。スキューバダイビングのインストラクターで活発。旧姓は東野。 五十嵐 大器(いがらし だいき)〈32〉 1. 演 - 松山ケンイチ 2. 奈々の夫。中堅玩具メーカー「Tamada」の企画開発部主任。心優しいが、ちょっと頼りない。 3. 奈々がインストラクターをしているスキューバダイビングスクールで足がつったのが原因で溺れ、彼女に助けられ顔を見た瞬間に一目ぼれで結婚した。 川村 亮司(かわむら りょうじ) 1. 演 - 平山浩行 2. バツイチのスタイリスト。ちひろと事実婚。 杉崎 ちひろ(すぎさき ちひろ) 1. 演 - 高橋メアリージュン 2. 一生子供を持つ気のないネイリスト。亮司と事実婚。 青木 朔(あおき さく) 1. 演 - 北村匠海 2. 渉と付き合い始めて1年後に、彼の部屋に転がり込んだ同性愛者。バーテンダー。中卒。 3. コーポラティブハウスの住人たち・留美には渉の甥と偽っていたが、コーポラティブハウス前に貼られた中傷ビラを機に、渉との本当の関係がばれてしまう。 広瀬 渉(ひろせ わたる...

    その他

    矢野 朋也(やの ともや) 1. 演 - 須賀健太 2. 中堅玩具メーカー「Tamada」に勤務している大器の部下。 五十嵐 琴音(いがらし ことね) → 糸川 琴音(いとかわ ことね) 1. 演 - 伊藤沙莉 2. 大器の妹。啓太との間で妊娠したのを機に結婚し、第5話で女の子を出産する。 糸川 啓太(いとかわ けいた) 1. 演 - 前原滉 2. 焼き鳥「いがらし」の従業員。琴音の夫。 三浦 妙子(みうら みょうこ) 1. 演 - 山本与志恵 2. 亮司の別れた元妻の母。 課長 1. 演 - 大西武志 2. 中堅玩具メーカー「Tamada」の課長。大器の上司。 マスター 1. 演 - 山本佳希 2. 朔がバーテンダーをしているバー「BASE」のマスター。 成田(なりた) 1. 演 - 三溝浩二 2. 渉が勤める建築事務所の所長。 さな 1. 演 - 薄倉里奈 2. 優香のダンス仲間。 りり 1. 演 - 鮫島彩華 2. 優香のダンス仲間。 りの 1. 演 - 乾真奈美 2. 優香のダンス仲間。 糸川 真奈(いとかわ まな) 1. 演 - 矢部桃羽 2. 啓太、琴音の娘。 長谷部...

    ゲスト

    第4話 東野 春枝(ひがしの はるえ) 1. 演 - 原日出子(第9話) 2. 奈々の母。 第6話 広瀬 ふみ(ひろせ ふみ) 1. 演 - 田島令子(第7話・第9話・最終話) 2. 渉の母。 第7話 大河内 百合恵(おおかわうち ゆりえ) 1. 演 - 多岐川裕美 2. 深雪の母。

    脚本 - 中谷まゆみ
    音楽 - 木村秀彬、堤博明
    主題歌 - Mr.Children「here comes my love」(TOY’S FACTORY)
    不妊治療監修 - 桜井明弘(医療法人産婦人科クリニックさくら 一般社団法人美人化計画)、石川勇介(株式会社ファミワン)
    第4話で青木朔役の北村匠海と広瀬渉役の眞島秀和による副音声企画が実施された。
    第5話で杉崎ちひろ役の高橋メアリージュンと川村亮司役の平山浩行による副音声企画が実施された。
    第7話で小宮山真一郎役の野間口徹と小宮山深雪役の真飛聖による副音声企画が実施された。
    第8話で五十嵐奈々役の深田恭子と五十嵐大器役の松山ケンイチと五十嵐聡子役の高畑淳子による副音声企画が実施された。
  4. 超速パラヒーロー ガンディーン - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 超速パラヒーロー_ガン
    • 制作
    • ストーリー
    • 登場人物
    • ガンディーン
    • 登場怪獣
    • 設定・用語
    • キャスト
    • スタッフ
    • 主題歌
    • 放送日程

    子供番組ではお約束のアイテムや段取りである、刀剣や銃などの武器や必殺技を廃し、リアルなドラマを描いている。 予算の工夫として、建物の破壊表現を石膏のミニチュアビルではなく、カポックビルに写真を貼ったのみのもので代用したり、レンズの効果を利用して、怪獣の着ぐるみを演者の前に置いて合成なしの特撮カットを撮っている。

    パラ陸上アスリートを目指す森宮大志の前に、空からアラート星から青年フォス(グー)が現れた。エルトロン族によって送り込まれた怪獣ラゲルトを倒すため、グーからモードシフターを託された大志はガンディーンへと変身する。

    森宮 大志(もりみや だいし)〈17〉

    1. パラ陸上車いすのクラス(1500メートル)への挑戦を目指す高校2年生。明るく前向きな性格で、9年前の8歳の時に経験した自動車事故によって母親を亡くし、自身も車いす生活を余儀なくされたが、入院中に源からアラート星の話を聞いたことで宇宙に興味を持ち、宇宙飛行士になるという夢と体を鍛えるために、坂本から勧められたパラ陸上を独学で始める。

    深井 京(ふかい けい)〈24〉

    1. 独学でパラ陸上をしていた大志のコーチを源から依頼された坂本の紹介で引き受けることとなった大学院生。かつては陸上の中距離選手だったが、自身の才能に限界を感じて競技を退き、現在は朝日体育大学でコーチング学を専攻する。

    森宮 源(もりみや げん)〈44〉

    1. 大志の父親。東京郊外の町工場「森宮モータース」を経営する技術者。大志以上にポジティブな性格で、息子の夢に賛同して自前の有人宇宙ロケットを開発している。

    大志が特殊プロテクターを装着して変身する青い姿のヒーロー。戦闘では、アラート星で生み出された植物由来のエネルギーを用いる。ハイパーホイールに書かれた「グー(G)と大志(D)」を意味する「G and D」から「ガンディーン」と命名される。 1. 当初はバイザーを模したようなパーツが目の位置にあるヒーローのような顔のデザインもあったが、最終的には地球人の考えるヒーロー像ではなく、異なる文明が生み出したヒーローとして、目、鼻、口といったパーツを付けない人間の顔を模したパーツ構成ではないものとなった。異星人の星の文明が水や植物などの有機的な力で発展したという設定のため、植物の意匠を取り入れたものとなった。

    ラゲルト

    1. アラート星のエルトロン族が、地球侵略の先兵として送り込んだ体長12メートルの半機械怪獣。ラルーに操られてグーや地球の人々を襲う。 2. 装甲で頭部を覆った四つ足の姿や二足歩行、背中の鎧のようなものが開いて翼になるなど、戦況に応じて形態を次々と変化させる。口から吐く毒液弾や尻尾を使った強力な打撃攻撃を得意とする。負傷時には医療カプセルで治療する。

    アラート星

    1. 地球と数十万光年離れた別の銀河にあるが、双子のように共鳴しあう星。争いのない様々な種族が共存して暮らす平和な星であったが、数十年前からエルトロン族がほかの種族を襲ったことで多様性を失った結果、星自体が滅びる方向に向かってしまったという。

    メーデン族

    1. アラート星に住み、地球人には何を言っているのかはわからない独自の言語を使う。エルトロン族による虐殺から逃れるため、地球へやってくる。

    エルトロン族

    1. 赤い角を持つ凶暴な種族で、アラート星を制圧するため、他の種族を根絶しようとしている。

    フォス(グー)役の林カラスは、本作品の演出を手掛けた辻本貴則が監督を務めた『ウルトラマンZ』に出演していたことから、辻本による推薦によって出演することとなった。 1. 森宮大志 - 奥野壮 2. 深井京 - 小芝風花 3. グー - 林カラス 4. 清名理央 - 中村守里 5. 坂本元男 - 和田聰宏 6. 若林裕也 - 久保田武人 7. 赤城ミキ - 青山祥子 8. モーメン - ブリーズ 9. 永山杏耶 - 芋生悠(第1話、第2話) 10. イリオス - 辻本一樹(第1話、第2話) 11. 森宮大志(少年時代) - 大友悠聖 12. 瑞原芳乃 - 小熊美香(第3話) 13. 部下 - 篠崎功希(第3話) 14. 樋口政幸(本人役)(第1話、第3話) 15. 吉田竜太(本人役)(第1話) 16. 佐藤健(本人役)(第1話) 17. 佐々木凛平(本人役)(第1話) 18. 笹原拓歩(本人役)(第1話) 19. トキエ - 白石加代子(第2話、第3話) 20. 謎の男 - 加藤雅也(第3話) 21. ラルー - 水野美紀 22. 森宮源 - つるの剛士

    脚本 - まなべゆきこ、小林弘利
    音楽 - 原文雄
    パラ陸上監修 - 花岡伸和
    コーチング監修 - 水野洋子

    「逆光」(ワーナーミュージック・ジャパン)

    1. 作詞・作曲・歌 - 島爺/ 編曲 - ナナホシ管弦楽団

    最終回(7月10日)は、北海道ブロックでは『北海道スタジアム 夏ノ陣』(18:05 - 20:42)を放送したため、同時放送休止(翌週〈17日〉の同時間(18:05 - 18:43)に振替放送された)。

  5. 麗わしき鬼 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 麗わしき鬼
    • 概要・特徴
    • ストーリー
    • キャスト
    • 鬼子母神について
    • スタッフ
    • 主題歌・劇中歌
    • 携帯コミックス
    同性愛・セクシュアリティ・代理母出産など、性と生をテーマに、異母姉妹・洵子と悠子と二人を取り巻く人々の30年以上に渡り描かれる壮大な愛と激情の物語。脚本家・中島丈博の『牡丹と薔薇』、『偽りの花園』に続く、姉妹の愛憎劇三部作とする作品とされている。
    ナレーションは内浦純一が演じる壱岐みちるがオネエ言葉を使い、当時を振り返る形で語られる。ノンケ・レズタチなどのゲイ用語・レズビアン用語がしばしば劇中にて使われた。
    「殺す」の字の傷を画面に付けて折らせた携帯電話「ドコモF506i」に生クリームを塗った“携帯ケーキ”なる珍料理が登場した。
    視聴率は平均5.4%、最高視聴率7.0%と(関東地区)平均的であったが、ファンの評価は高く、放送後は地方局を中心に多くの放送局にて放送された。放送後は中島丈博の原作を元に携帯コミックス化されたが、2016年10月現在、DVD化はされていない。

    1972年(昭和47年)、同じBAR「壱岐」で働く富弓と時子は学生時代からの親友であった。時子は夫・義正からのDVに悩み、大病院の御曹司・英矢と結婚が決まった富弓は義正に体を無理やり奪われてしまう。富弓の結婚式の前日、二人は義正をはずみで殺害してしまった。だが時子は、自分の単独犯行だと言い張り、逮捕・服役する。やがて富弓は結婚し出産。しかし生まれた娘・洵子は時子とともに殺害した義正にそっくりであった。6年後、あることから英矢が無精子症であることがわかり、娘・洵子と血縁関係がないことが発覚したことから富弓は英矢と離婚する。そして時は流れ11年後、眉川病院の跡継ぎ・英矢の実子として育てられた洵子は高校3年生になっていた。英矢は血が繋がらない洵子を、女性として意識してしまうことに悩んでいた。ある日、洵子のクラスに悠子が転校してくる…。洵子は幼い頃にお揃いのみみずくのお守りを買った女の子が悠子だと気付き、二人は急速に親しくなる。悠子は洵子に恋愛感情を抱いており、嫉妬心から洵子に憧れる英語教師・星川を誘惑し肉体関係を持つ。その際に撮影した写真を洵子に見せる。そんなある日、洵子は自分が強姦の末に産まれた事と悠子と異母姉妹という事実を知り、ショックを受ける。いなくなった洵子を探し当て、「一緒に帰ろう」と洵子を諭す悠子だが、「あんたの顔なんて、見たくない!」と拒絶され、ショックの余り車道に飛び出し車に跳ねられ、病院に搬送されるが、悠子は病室から抜け出し、そのまま失踪。それから12年後、洵子は産婦人科医になり眉川病院で働いていた。英矢は、見合い相手の城所啓子と再婚。連れ子の太郎は義理の姉・洵子に密かな思いを抱いていた。ある日、眉川病院に一人の裕福な女性が訪れる。それは失踪した異母姉・悠子であった。

    第1部 (第1話 - 第10話)

    1. 東野富弓(BAR「壱岐」ホステス、元ナース) - 川上麻衣子 2. 南崎時子(BAR「壱岐」ホステス) - 大沢逸美 3. 眉川英矢(「眉川病院」産婦人科医、みちるの異母兄) - 増沢望 4. 壱岐みちる(みず絵と鞆泰の子、英矢の異母弟。ゲイの青年) - 内浦純一 5. 東郷那代子(「眉川病院」ナース、英矢の前妻) - 山下容莉枝 6. 壱岐みず絵(BAR「壱岐」ママ、鞆泰の愛人) - 清水めぐみ 7. 鈴木徳子(「眉川病院」ナース) - 美斉津明子 8. 美佳(BAR「壱岐」ホステス) - 澤山薫 9. 豊美(トミさん。眉川家のお手伝い) - 森恵子 10. 「眉川病院」ナース - 雨音めぐみ、今井喜美子、橘舞子 11. 東野富弓の母 - 松田真知子 12. 東野富弓の父(祈祷師) - きゅうたろう 13. 南崎時子を取り調べる刑事 - 針原滋 14. 南崎フキ(南崎義正の母親) - 千葉裕子 15. 岡崎麗子(祈祷を受けた妊婦患者) - はやしだみき 16. 南崎義正(警備員、時子のDV夫) - 菊池隆則 17. 眉川房子(鞆泰の妻、英矢の母) - 東山明美 18. 眉...

    第2部 (第11話 - 第15話)

    1. 眉川富弓(英矢の妻、安産祈願の祈祷をする) - 川上麻衣子 2. 中村時子(南崎義正の元妻。服役中) - 大沢逸美 3. 眉川英矢(「眉川病院」産婦人科医。みちるの異母兄) - 増沢望 4. 壱岐みちる(みず絵と鞆泰の子、英矢の異母弟。 BAR壱岐手伝い) - 内浦純一 5. 東郷那代子(「眉川病院」ナース。英矢の元妻) - 山下容莉枝 6. 壱岐みず絵(BAR「壱岐」ママ) - 清水めぐみ 7. 眉川洵子(富弓の娘) - 加々美瑠菜 8. 南崎悠子(南崎義正と時子の娘) - 伊藤綺夏 9. 萌子(BAR「壱岐」ホステス) - 鈴木明日香 10. 南崎フキ(南崎義正の母親。悠子を引き取り育てる) - 千葉裕子 11. 南崎義正の父親(「有限会社 南崎運送」を経営) - 岩田丸 12. 豊美(眉川家のお手伝い) - 森恵子 13. 「眉川病院」ナース - 雨音めぐみ、橘舞子 14. 眉川房子(鞆泰の妻、英矢の母) - 東山明美 15. 眉川鞆泰(「眉川病院」院長、英矢・みちるの父) - 津嘉山正種

    第3部 (第16話 - 第33話前半)

    1. 眉川洵子(富弓が義正に強姦されできた子。英矢の実子として育つ)- 金子さやか 2. 南崎悠子(時子と義正の子) - 遠野凪子 3. 眉川英矢(「眉川総合病院」産婦人科医、みちるの異母兄) - 増沢望 4. 壱岐みちる(ゲイバー「壱岐」店主、英矢の異母弟) - 内浦純一 5. 眉川房子(鞆泰の妻。洵子の育ての母) - 東山明美 6. 城所啓子(英矢の見合い相手。教授の娘で大学講師) - 鮎ゆうき 7. 城所太郎(啓子の連れ子。中学1年) - 田中輝(第28話) 8. 溝口増雄(フリールポライター。居酒屋「鬼」の常連。富弓に義正殺害の真相を暴露すると脅迫。) - 吉満涼太 9. 壱岐みず絵(みちるの母。腎臓病で入院中) - 清水めぐみ 10. 南崎忠雄(悠子のいとこ) - 七枝実 11. 星川比羅夫(「学校法人 華山学園 高等部」臨時英語教師。洵子に恋をする) - 磯崎竜一(第25話 - 第27話) 12. 葛城の奥様(英矢に見合い相手として城所啓子を紹介する) - 泉晶子 13. 薫(「眉川総合病院」ナース) - 平田まり 14. 「眉川総合病院」ナース - 今井喜美子、上杉...

    鬼子母神祈祷

    1. 鬼子母神は人間の鬼の面・菩薩の面の象徴として劇中で描かれており、しばしば雑司が谷鬼子母神にて撮影も行われた。また、第2部、富弓が白装束を着て入院患者に安産祈願をしており、第4部では悠子の恋人・留美が悪霊退散の祈祷を受けた。

    すすきみみずく

    1. 第2部で子役時代の洵子と悠子が雑司が谷鬼子母神にて買ってもらったすすきみみずくは二人の友愛のシンボルとなり、すすきみみずくを見ながら互いを思いあうシーンが度々出てくる。すすきみみずくは雑司が谷鬼子母神近くの売店で実際に販売されている。

    企画 - 鶴啓二郎(東海テレビ)
    原作・脚本 - 中島丈博
    広報 - 植木圭一(東海テレビ)、山本章子(東海テレビ)
    プロデューサー - 服部宣之(東海テレビ)、小池唯一(泉放送制作)、小松貴生(泉放送制作)
    「雨夜の月に」 歌:工藤静香(ポニーキャニオン)
    「鬼子母神の子守唄」 歌:SYO-1(ポニーキャニオン)
    原作・脚本 - 中島丈博
    絵 - 森之理子
    発行 - 株式会社扶桑社ライツビジネスチーム
  6. 有栖花あか - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 有栖花あか
    • 経歴
    • 人物
    • 作品

    2020年10月、「とにかく顔が美形--、とにかく乳が美形--」をキャッチコピーに、エスワンからAVデビュー。 AVデビューに先立って、ヌードグラビアを週刊誌に掲載[注 1]し、同年9月写真集「Big Baby」を発売。 2020年12月、「FLASH 読者300名が選ぶ2020年現役セクシー女優BEST100」読者投票・第20位、巨乳部門7位にそれぞれ選出。 「月刊FANZA」発表の「FANZAランキング」、2021年1月号では「女優別ランキング」が初登場2位、「作品別ランキング」でデビュー作が1位をそれぞれ獲得し、2021年2月号では「女優別ランキング」1位、「ジャンル別ランキング・巨乳編」1位を獲得。同誌ランキング「2020FANZA下半期女優ランキング」11位、「2020FANZA下半期作品ランキング」でデビュー作が2位、2作目が4位をそれぞれ獲得。FANZA通販「2020年年間DVDランキング」でデビュー作・Blu-ray版が6位、DVD版8位を獲得。デビュー作はアサヒ芸能調べ(FANZA協力)2020年AV販売年間ランキング2位を記録。

    趣味はアニメ鑑賞、ゲーム、犬・猫と遊ぶこと、特技はすぐに寝ることができること。 AV出演を決意したきっかけは、以前からAVに興味があり、挑戦したかったから。デビュー当時は受け身であったが、どんどん覚醒してきている。3作目では自ら攻めるシーンがあり、攻めるのは苦手意識があったが楽しかった。 特徴のあるバストは、中学校2年生まではAカップ程度でブラもつけていなかったが、中学校3年生頃から急激に大きくなりDカップからEカップ程度まで大きくなった。高校に入るとHカップまで成長した。初体験は高校1年生で一つ上の先輩、初パイズリは高校2年生のとき。

    写真集

    書籍版 1. 「Big Baby」(2020年9月28日、撮影:西田幸樹、講談社) デジタル版 1. FRIDAY DIGITAL写真集「Big Baby オール未公開スペシャルEdition vol.1」(2020年12月18日、講談社) 2. FRIDAY DIGITAL写真集「Big Baby オール未公開スペシャルEdition vol.2」(2020年12月18日、講談社) 3. FRIDAY DIGITAL写真集「Big Baby オール未公開スペシャルEdition vol.3」(2020年12月18日、講談社)

  7. ファンタスティック・ビーストシリーズ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ファンタスティック

    ファンタスティック・ビースト」(Fantastic Beasts)は、J・K・ローリング原作の映画「ハリー・ポッター」シリーズのスピンオフであり、「魔法ワールド」の映画シリーズ。『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(2016年)、『ファンタスティック・ビ ...

  8. ヴァネッサ・パン - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ヴァネッサ・パン
    • 略歴
    • 人物
    • 事業経歴
    • 映像作品
    • テレビ出演
    • 外部リンク

    1991年7月19日、台湾人の母と外省人の父との下に台湾の台北市で生まれる。中国文化大学卒業。同時に台日プログラムで明治大学卒業生。 2011年 KDX秋葉原で日本タレント・グラビアアイドルデビュー。ホビージャパンのイメージキャラクター就任。「アリシア Vanessapan edition」写真集発売。同年度、「ヴァネッサ・パンです。」「VENUS」「パンコス100%」などイメージDVD発売。 2013年 沖縄で撮影する米ドラマ「妖怪キング」に牛鬼役で出演。 ヤングジャンプ主催のコンテスト「ぷるるんサバイバル」17代目グランプリを受賞する。 2014年 台湾台北市西門町にてアイドルカフェ「Fantasy Garden」をオープン、帆星企業有限公司代表である。同年度、スタジオ夢幻莊園とプロダクションを開設。 2016年 中国と台湾合同製作作品「通靈拍檔」主役ミミとして出演。 2016年春 上海でIPO事業をしてる友人とブロックチェーン応用会社を設立。計30種以上の銘柄の開発に携わりる。年商は5億 2020年 スキルライブ株式会社を設立 2020年 株式会社日本TIC 執行役員に就任 2020年 株式会社4loops COOに就任女性のためのクラウドファンディングサービス「GOD MOTHER」をプロデュースするPRTimesプレスリリース

    北京語、台湾語、英語、日本語、ロシア語、韓国語を話す。
    12歳のころからコスプレを始めた。

    2013年 21歳でステージと撮影スタジオ付き120坪のお店を経営する 2015年 上野でアイドル劇場を運営 2016年 上海でIPO事業をしてる友人とブロックチェーン応用会社を設立。計30種以上の銘柄の開発に携わりる。年商は5億 2020年 スキルライブ株式会社を設立 2020年 株式会社日本TIC 執行役員に就任 2020年 株式会社4loops COOに就任女性のためのクラウドファンディングサービス「GOD MOTHER」をプロデュースするPRTimesプレスリリース 2020年 いいね換金アプリ「IDEA」をリリース。

    DVD

    1. ヴァネッサ・パンです。 (2013年5月24日、イーネット・フロンティア) 2. VENUS(2013年8月30日、竹書房) 3. パンコス100% (2013年12月19日、ギルド) 4. Panchan♡ (2019年8月16日、スパイスビジュアル) 5. おしえて!パン先生♥(2020年2月22日、ラインコミュニケーションズ) 6. Amazing Vanessa!(2021年3月26日、スパイスビジュアル)

    ヴァネッサ・パン - Facebook
    ヴァネッサ・パン (kazuminoomi) - Instagram
    ヴァネッサ・パン (@vnp719) - Twitter
  9. 夢幻紳士 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 夢幻紳士
    • 概要
    • 夢幻紳士 マンガ少年版
    • 夢幻紳士 冒険活劇篇
    • 夢幻紳士 怪奇篇
    • 夢幻紳士 夢幻外伝篇
    • 夢幻紳士 幻想篇 / 逢魔篇 / 迷宮篇
    • 関連作品
    • 分類
    • 外部リンク

    「夢幻紳士」は高橋葉介の代表的シリーズで、昭和初期の日本を主な舞台とし、黒衣の探偵「夢幻魔実也」を主人公とする。 作品・シリーズによって作風や設定が大きく異なり、これらは基本的には世界観が異なる物語として、主人公「夢幻魔実也」も別世界における同姓同名の別人物という形で相互に関連しないように描かれている。作品・シリーズによって年齢も大きく異なるが、黒い背広で白いスカーフを巻き、鍔広の黒い山高帽を被るというスタイルは共通している。 反面、短編や設定の重複する部分の多い作品間では、属する世界観の境界がしばしば曖昧である。作者のお遊びとして別世界観の主人公同士が共演する作品もあり、また多くの作品が繰り返し出版社や収録形式を変えて再録されているため、全作品の厳密な分類は困難となっている。本記事では説明の便宜上、2008年現在最新の作者の定義に沿って分類・記述し、必要であればその中でさらに細分化あるいは別節を設けて説明する。 なお、本作の主人公と同じ読みの名前を持つ「麻実也」(まみや)というキャラクターが作者の短編『仮面少年』(朝日ソノラマ刊「マンガ少年」掲載・1979年)に登場するが、本作と物語上の関係は無い。キャラクターデザインは似通っており、掲載時期から見て後述の〈夢幻紳士 マンガ少年版〉のデザインの原型と考えることは可能である。

    昭和初期(1920年代後半)の東京を主な舞台とする怪奇漫画。猟奇的な表現やナンセンス、ユーモアを交えながら、少年探偵「夢幻魔実也」が怪奇事件に挑む姿を描く。最初期の夢幻紳士作品であり、当時より作者が得意とした、同一人物を主人公とした短編連作という形式をもつ。 毛筆の強弱を利用した描線、また昭和初期のガジェットを執拗に描き込んだ背景なども、この時期の特徴である。雑誌『マンガ少年』に連載された作品は特にこの傾向が強いが、連載最終話の「夢幻少女」やそれより後の作品になる短編「案山子亭」「亜里子の館」では画風が幾分マイルドになり、それまでのナンセンスユーモアを抑えて、静かで叙情的、あるいはドライな作風になっている。 1981年、『マンガ少年』(朝日ソノラマ刊)誌上にて短編連作『夢幻紳士』シリーズとして全4話連載されたのを含め、他誌に掲載された「案山子亭」(チャンネルゼロ・プレイガイドジャーナル社刊『まんがゴールデンスーパーデラックス 漫金超』掲載・1982年)・「亜里子の館」(少年画報社刊『少年KING増刊 少年少女SFまんが エイリアン』掲載・1982年)の短編2作を加えた計6作が、この〈マンガ少年版〉と分類されている。無論、この「マンガ少年版」という副題は1985年の単行本刊行時に、〈夢幻紳士 冒険活劇篇〉と区別するため付加されたものである。 なお、1983年の初出単行本に書き下ろされた絵物語(挿し絵入りの小説)「絵物語 夢幻紳士・遊鬼塔の怪人」は、それ以後〈マンガ少年版〉を収録した単行本には常に併載されているが、この作品には〈冒険活劇篇〉のキャラクターである「老博士」と「甲保」が登場している。

    作中で魔実也を称して「夢幻紳士」と呼ぶ唯一のシリーズ。『ベティ』(アニドウ刊)に掲載された短編「脳交換クラブ」(1982年)を第1話とし、その後雑誌『リュウ』(徳間書店刊)および『少年キャプテン』(同社刊)で1983年-1991年に渡って掲載された連載漫画『夢幻紳士』を指す。この3誌の連載は掛け持ちではなく、『月刊ベティ』創廃刊の後『リュウ』で連載を開始、さらに後に『リュウ』の休刊にともない掲載誌を『少年キャプテン』に移したもので、掲載誌こそ違うものの実質的にはひと繋がりの連載シリーズである。 連載時の題名は〈マンガ少年版〉と同じく『夢幻紳士』であり、特に初期作は執筆時期・作風とも〈マンガ少年版〉に近いため、後述する作者による定義を措けば世界観の区別が困難である。特に第1話「脳交換クラブ」の掲載時期は〈マンガ少年版〉の「夢幻少女」と「案山子亭」の間に位置するが、作者は一貫して「脳交換クラブ」を〈マンガ少年版〉ではなく〈冒険活劇篇〉の作品と見なしており、第2話にあたる「伊号700奪回せよ」は『リュウ』誌での連載第1話目にも関わらず「脳交換クラブ」の直接の続編となっている。 本作を原作とするOVAが1987年に発売されており、このタイトルは原作のアニメージュ・コミックスでの副題(「夢幻紳士 1 冒険編」「夢幻紳士 2 活劇編」)を合成し『夢幻紳士 冒険活劇編』となっている。原作でも1998年の文庫化に際し『夢幻紳士 冒険活劇編』の名が正式にシリーズの呼称として与えられ、後2006年に再度文庫化された際に他のシリーズとの統一をとるためか「冒険活劇篇」の字に改められた。これ以前には正式な呼称がなく、他シリーズとの区別の際には(アニメージュ・コミックスのブランドで最初に単行本化されたことから)「アニメージュ・コミックス版」と呼ばれた。また作者が〈冒険活劇篇〉連載後期のコメディ性を指して「スチャラカ・ホーム・コメディ」と称したことから、俗に「スチャラカ編」とも呼ばれる。 作者にとって異例の長寿連載であり、執筆時期によって作風が大きく異なる。主人公「夢幻魔実也」と彼を取り巻く環境は同一であるが、ジャンルは怪奇アクション漫画から伝奇冒険活劇、スラップスティック・コメディへと変転している。この項では作風によって大きく3期に区切り、それぞれについて述べる。

    昭和初期の東京を主な舞台とする怪奇漫画。青年探偵「夢幻魔実也」と彼の周囲で起こる怪奇事件を描く。多くは愛憎の情を描いた物語である。静謐なムードで描かれる世界観と、凄惨な怪異を描きつつも悪趣味に傾かず叙情的な内容が特徴。 ギャグ・コメディ要素を排したシリアスな短編連作シリーズ。従来の夢幻紳士作品と異なり、魔実也は青年として描かれる。その能力は〈マンガ少年版〉に準ずるが、性格は大きく異なり能動的に動くことが少なく、事象の傍観者的役割を果たす事が多い。 怪奇漫画アンソロジー『メディウム』(徳間書店刊)に1984年-1987年に渡って連載された『夢幻紳士 怪奇編』シリーズ、および『メディウム』休刊後『少年キャプテン』に不定期連載(1988年)された同名シリーズを中心とする。同時期には『少年キャプテン』誌上で〈冒険活劇篇〉も連載されていたが、「怪奇編」と銘打たれた本作は設定・作風が明らかに異なっており、〈冒険活劇篇〉とは明確に一線を画している。連載時の題名から長く区分上「怪奇編」と呼ばれていたが、2007年の文庫化に際して他のシリーズと統一をとるためか「怪奇篇」の字に改められた。 前記の連載の他には『季刊コミックアゲイン』(日本出版社刊)に掲載された「針女」(1984年)、アンソロジー『少年キャプテンセレクト』(徳間書店刊)第2巻に掲載された「蝙蝠」(1991年)、ほか単行本むけの書き下ろし作品「おいてけ沼」「令嬢と人面瘡」が〈怪奇篇〉に数えられる。「蝙蝠」は直前の作品「夜会」の掲載から約1年半の間を開けて発表されたため、初回単行本には収録されなかった。 怪奇篇を収録した単行本には常に「夢幻紳士・人形地獄」(『リュウ』掲載・1982年)が収録されているが、この作品での魔実也は「少年探偵」であり、周囲も江戸川警部・アルカードら〈マンガ少年版〉〈冒険活劇篇〉に登場したキャラクターで構成されている。ほか作風や執筆時期から見れば〈マンガ少年版〉の後期あるいは〈冒険活劇篇〉の初期に繋がる作品と言えるが、それらと比較しても特にプロットの怪奇性が強く、また前出の『メディウム』第6号に再掲された経緯のためもあってか本作は〈怪奇篇〉の(風変わりな)一部として扱われている。 〈怪奇篇〉の魔実也は〈冒険活劇篇〉に2コマだけゲスト出演した事もあり(第46話「少女探偵アッコちゃん」冒頭)、この時...

    昭和初期の東京を主な舞台とする怪奇漫画。青年探偵「夢幻魔実也」と彼の周囲で起こる怪奇事件を描く。〈怪奇篇〉の流れを汲む短編連作シリーズ。初期は黒ベタ塗りとラフな描線を多用した重苦しい画風で、後には筆の強弱を活かした洒脱な描線が特色となる。 〈怪奇篇〉と比較すると謎解きやどんでん返しといったミステリ的要素を多く含む作品や、いわゆる悪人の破滅で終わる勧善懲悪物語が多いのが特徴。短編連作の構成をとるが中には前作の直後から始まる物語もあり、また魔実也以外の主要キャラクターが多く登場する(〈怪奇篇〉では横溝教授がこの位置に相当したが、作者の構想の変化により主要キャラクターから除外された)など、続き物を意識させる構成になっている。これら主要キャラクターの多くは作中に名前が登場しない。 魔実也の性格は〈怪奇篇〉での超然としたものに近いが、焦ったり寝惚けたりとより人間味ある表情をたびたび見せる。また〈怪奇篇〉の時点では強力なものではないとされていた魔実也の超能力が、本編ではより超人的なものに変わっている。それに伴い、敵として魔実也の前に現われるキャラクター達も〈怪奇篇〉の頃より強力になっている。なお本シリーズ以降、しばしば青年の魔実也が娯楽として釣りをする姿が描かれるようになった。 1992年-1996年にかけて怪奇漫画誌『眠れぬ夜の奇妙な話』(連載中『ネムキ』に改題、朝日ソノラマ刊)に連載されたシリーズ。雑誌掲載時、第1話(サブタイトル「死者の宴」)はタイトルに『夢幻紳士《恐怖編》』(あるいは『夢幻紳士 〜恐怖編〜』)と題されていたが、第2話以降『夢幻外伝』となり、第1話も単行本化に際して『夢幻外伝』に改題されている。2007年の文庫化に際しての作者あとがきでは分類上「篇」の一字を付け「夢幻紳士『夢幻外伝篇』」と称されているが、タイトル上は『夢幻外伝』のまま変化は無い。

    2004年-2007年にかけて推理小説誌『ミステリマガジン』(早川書房刊)に連載されたシリーズ。『夢幻紳士 幻想篇』『夢幻紳士 逢魔篇』『夢幻紳士 迷宮篇』の3部作である。従来作よりミステリ的傾向が強く、読者に対して提示される(作中人物が客観的に意識していない)謎が物語の展開によって解明されるという構造を持つ。 『幻想篇』の最終話が『逢魔篇』の1話にリンクするように構成されている。『迷宮篇』では前2作の設定を踏まえ、『迷宮篇』をもってこの3部作が1本の長編物語として再構成されるという多層的な構造となっている。こうした3部作構成や長編としての物語展開について作者自身は、連載開始時に明確な構想を持っていた訳ではなく、多くの物語展開は即興的に描いたものであると各巻のあとがきで語っている。 このシリーズの中では魔実也は人とも魔ともつかない超越的な存在として描かれる。表情は従来作より柔らかく描かれ、〈怪奇篇〉〈夢幻外伝篇〉でトレードマークであったくわえ煙草を1コマしかしていないのも大きな特徴。『幻想篇』後半からは、従来黒一色で描かれる事の多かった黒衣の表現が変化し、光の照り返しを大胆にデフォルメした独特の表現になっている。 他に外伝的作品として短編『夢幻紳士 出張篇』がある。またこのシリーズの魔実也は〈冒険活劇篇〉の単行本描き下ろし作品「夢幻紳士 広報篇『夜の客(ナイト・ゲスト)』」にも「最新型」として2コマだけゲスト出演している。

    この節では夢幻紳士シリーズとして扱われないが、夢幻魔実也(あるいは明示されないが明らかに魔実也の特徴を備えた人物)の登場する作品について記述する。なおこれらの他に、青年探偵の魔実也が登場する作者自身による同人誌が数作発表されている。

    夢幻紳士作品群の世界観の差異、具体的には「どの夢幻魔実也とどの夢幻魔実也が別人なのか」という問題について作者は数度にわたり定義と再定義を行なっている。以下はその経緯である。 1987年時点での定義 1. 1.1. 朝日ソノラマ刊『夢幻紳士 マンガ少年版』収録作品に登場する夢幻魔実也 1.2. 徳間書店刊アニメージュ・コミックスで発行されている『夢幻紳士 冒険編』以降のシリーズに登場する夢幻魔実也 1.3. 「怪奇編」での夢幻魔実也 2. アニメージュコミックススペシャル版『夢幻紳士 怪奇編』第1巻および第2巻あとがきで定義された分類。ここではそれまで単行本として発行されていた作品のうち、上記の3者を別人として分類している。ただし続刊の第3巻(1989年)あとがきではこのうち (1) については言及されず、同じ徳間書店から単行本が刊行されていた (2) (3) の違いを示すにとどまっている。 1998年-1999年時点での定義 1. 1.1. 「九段先生のご先祖さま」である夢幻魔実也 1.2. 「少年探偵バージョン」の夢幻魔実也 2. 少年チャンピオンコミックス版『学校怪談』第8巻および第11巻で定義された分類。最も大まかに区分された定義であり、ここでは当時入手可能だった作品のうち『夢幻紳士 怪奇編』と『夢幻外伝』の魔実也を(『学校怪談』登場人物の「九段先生のご先祖さま」として)同一人物とし、スコラ漫画文庫版『夢幻紳士 冒険活劇編』の魔実也と区別している。当時絶版となっていた〈マンガ少年版〉の魔実也については言及されていないが、文脈上は「少年探偵バージョン」の一部とも判断しうる表現となっている。 2005年時点での発言 1. 作者公式サイトにおける読者からの質問に対する回答。執筆時期に隔たりがある作品間ではそれぞれの主人公は別人と捉えるべきとの見方を示しつつも、断定的な言い回しは避け言葉を濁すにとどめている。また『リュウ』『少年キャプテン』連載版について、連載初期と末期のキャラクター性の大きな違いに言及し、自身でも別人のように感じているが、しかし物語としては同一シリーズでもあるというジレンマについても語られている。 2007年時点での定義 1. 1.1. 夢幻魔実也 少年探偵Aバージョン - 夢幻紳士マンガ少年版 1.2. 夢幻魔実也 少年探偵Bバージョン -...

  10. EXTRAVAGANZA 〜蟲愛でる少女〜 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › EXTRAVAGANZA_〜蟲愛でる少女〜
    • 概要
    • システム
    • ストーリー
    • 登場人物
    • 用語
    • 販促品・関連作品
    • スタッフ

    本作は、ブラックサイクより発売されたアダルトゲーム「蟲使い」のパラレルワールドとして位置づけられており、メーカーカラーを色濃く反映したダークな作品となっている。登場する女性が蟲から触手責めを受けて陵辱・惨殺されたり、残酷な人体実験にかけられるなど猟奇的なシーンが目立ち、いわゆる陵辱ゲーム、鬼畜ゲームのカテゴリに分類される作品だが、その中でも特に人を選ぶ仕上がりとなっている。 また、ストーリー面でもヒロインが善意からとった行動が他人を絶望の淵に叩き落とす結果になったり、あるいは、ヒロインが誰かから裏切られ人間的な生活を奪われるなど、プレイヤーに絶望感を抱かせる展開が多い。その一方で、ヒロインとヒロインのたった一人の家族である蟲とのふれあいを通して、家族愛という大きなテーマが描かれている。メーカーによる人気投票では、人間ですらない蟲が、女性陣を牛蒡抜きにして1位の座を奪う結果となっている。

    シナリオは最初の章である「幼蟲の章」、その5年後を描いた「蛹蟲の章」、さらにその10年後を描いた「成蟲の章」の3部で構成される。 システム面はおおむね、一般的なADVゲームと同様のものを備えている。特徴としては、いくつかのADVゲームで見られるようなシナリオフローの可視化が採用されている。EXTRAVAGANZAではこのフローチャートをチャートマップ、チャートマップを構成するイベントをスロットと称している。同じスロットであっても、そのスロットに至るまでの選択によっては異なる展開が描かれることがある。また、一定の条件を満たすまでは選択できないスロットもある。マルチエンディング方式であるが、その大半は不幸なエンディング、もしくはゲームオーバーであり、難易度はADVとしては高めである。 オフィシャルサイトに設置されている攻略ページでは、「一見、理不尽な難易度に見えるかもしれないが、文章の中にきちんとヒントが隠されているので、そういうのを探すことも醍醐味である」旨がアドバイスされている。

    EXTRAVAGANZA〜蟲狂編〜

    Jinmu Corporationの社長令嬢である神武美弥香誘拐事件が発端となった、蟲使いと獣魔蟲の戦い。両者の死闘は、獣魔蟲の一体である刻凍る果ての獣魔の生みの母・櫻井 夢美の勝利という形で終止符が打たれた。それから5年後、美弥香は成長し、Jinmu Corporationの社長としてあわただしい日々を送っていた。そして、彼女を誘拐した蟲使い・レンはJinmu Corporationのビルの一室に身を潜めていた。

    櫻井 夢美(さくらい ゆめみ)

    1. 声:伊藤瞳子 2. 本作の主人公。 3. ごく普通の家庭に生まれ育ったが、煉悟とサユリの戦闘に巻き込まれたことで両親を失い、蟲を繁殖させるための苗床として煉悟に誘拐される。 4. 蟲を出産後、煉悟を殺害し、たった一人の家族となった蟲と共に逃げ出し、そこから蟲愛でる少女の15年に渡る物語が始まる。 5. パソコンパラダイスに連載された『蟲狂編』の小説の中では、刻凍る果ての獣魔とともに蟲使いの村に住んでいる。

    刻凍る果ての獣魔

    1. 煉悟によって蟲使いの村から持ち出され、夢美の胎内で孵化した獣魔蟲のうちの一体。 2. 母親である夢美と心を通わせることができる。高い戦闘力を有し、夢美をたびたび窮地から救う。 3. 成蟲編の夢美が右腕を破壊されるルートでは、彼女に同化し、文字通り彼女の右腕となる。 4. アンケートでは1位を獲得している。 5. シナリオライターの和泉万夜のブログによると、夢美の右腕から分離することも可能であることが明かされている。

    煉悟(れんご)

    1. 蟲使いの男。 2. 古臭い掟に縛られた一族に嫌気がさして出奔した。物事をあまり深く考えない、粗暴な性格をしている。 3. 夢美によって殺害された後、西によって遺体を回収される。体中に移植された蟲の力と、15年の歳月によって蘇生し、夢美への復讐を目論む。

    1. 虫とは異なる種類の生物。蟲使いによって使役される武器であり、家畜である。

    蟲使い

    1. 世俗との関わりを絶ち、ひっそりと森の奥で暮らしてきた一族。かつては、暗殺や誘拐といった仕事を請け負っていた。現代では衰退の道を辿っており、時折、若者が村から逃げ出している。

    獣魔蟲

    1. 蟲使いの間に伝わる「伝説の蟲」。蟲使いの間では極度に恐れられており、全ての獣魔蟲が封印済である。

    うぇるかむ とぅ AnzU!

    1. 「EXTRAVAGANZA 〜蟲愛でる少女〜」の初回特典のCD。単体動作する追加シナリオ。 2. カフェAnzUを舞台に、夢美とアゲハが性的な奉仕をするという内容で、本編とは対照的に明るいものとなっている。

    夢美陵辱

    1. メッセサンオーの販売特典。単体動作する追加シナリオ。タイトル通り夢美が陵辱される内容である。

    オリジナルサウンドトラックCD

    1. オフィシャル通販予約特典。本編で使用されたBGMを収録した音楽CD。

    企画・ディレクション:和泉万夜、上田メタヲ
    キャラクターデザイン・原画:上田メタヲ
    シナリオ:和泉万夜
    音楽:あるるかん、JOHN-NAHM(drops-tone)
  11. 其他人也搜尋了