Yahoo奇摩 網頁搜尋

搜尋結果

  1. English. 業績. 概要. 環境中には様々な物理化学要因が存在し、我々の健康に影響を及ぼしています。 近年、地球温暖化やオゾン層破壊などの地球環境問題に加えて、毒性金属、ダイオキシン類、残留性有機汚染物質、揮発性有機化合物や微小粒子状物質などの日常生活の場でも曝露されうる化学物質による健康影響が問題となっています。 また、産業現場では、金属や有機溶剤などの有害化学物質取り扱い業務や作業環境・条件による健康影響も懸念されています。 当教室では、生活および労働環境中に存在する様々な有害要因に起因する疾病や障害の発症を予防し、健康を保持・増進させ、さらに生活の質の向上をはかることを目的として、環境衛生・産業衛生領域の教育、研究と社会活動を行っています。

  2. 概要. 2018年10月より、衛生学公衆衛生学(一)、衛生学公衆衛生学(二)、医療・病院管理学が統合し、衛生学公衆衛生学講座となりました。 環境・産業医学分野では、環境・産業医学、医療・病院管理学の領域について、教育・研究・社会活動を行っています。 環境中には様々な物理化学要因が存在し、我々の健康に影響を及ぼしています。 近年、地球温暖化やオゾン層破壊などの地球環境問題に加えて、毒性金属、ダイオキシン類、残留性有機汚染物質、揮発性有機化合物や微小粒子状物質などの日常生活の場でも曝露されうる化学物質による健康影響が問題となっています。 また、産業現場では、金属や有機溶剤などの有害化学物質取り扱い業務や作業環境・条件による健康影響も懸念されています。

  3. さらに、縦断科目「『至誠と愛』の実践学修」「基本・医学表現技術」を担当しており、豊かな人間性を持つ医師の育成に尽力しています。 主な研究テーマは、「生理活性物質を指向した有機フッ素化合物の合成開発」で、新たな医薬品のシーズの探索を目指し新しい有機合成反応の開発 ...

  4. The philosophy of the School of Medicine is that “we would nurture female physicians who can be independent through the development of their abilities and achieving medical knowledge/skills and can implement “Sincerity and Compassion”. For this purpose, we have always implemented educational reforms to meet the needs of the times and ...

  5. In order to nurture medical professionals who can promote research in medical sciences and make further benecial contributions to medical sciences and society, we have established the Graduate School of Medical Science (usually a 4-year doctoral course and a 3-year course for exceptional cases).The Ph.D. degree is given to students who have ...

  6. 2022年3月26日 · 2024.05.1 [募集] 第56期バイオメディカル・カリキュラムの受講申込の受付を開始しました 2024.04.10 [出展のお知らせ] Medtec Japan 2024.02.20 顎骨壊死予防のための細胞シート移植に関する論文がOdontologyに掲載されました。

  7. Mikhail CHERNOV. April 2010 – up to date Assistant Professor, Faculty of Advanced Techno-Surgery, Graduate School of Medicine, Tokyo Women’s Medical University, Tokyo, Japan. May 2006 – March 2010 Visiting Scientist / Assistant Professor, International Research and Educational Institute for Integrated Medical Sciences (IREIIMS), Tokyo ...