Yahoo奇摩 網頁搜尋

    • 黃子佼慶生喊只為妳活 愛妻1句酸爆

      黃子佼慶生喊只為妳活 愛妻1句酸爆

      三立新聞網 setn.com via Yahoo奇摩新聞· 2021/07/20 20:35

      娛樂中心/朱世凱報導 甜蜜的銀幕夫妻檔黃子佼、孟耿如,向來不吝嗇在社群平台上狂炸閃光彈,今(20)日恰好是孟耿如30歲生日,黃子佼一過12點馬上在臉書發布 ...

    • 孟耿如迎30歲 黃子佼發圖晒恩愛:只為妳而活

      孟耿如迎30歲 黃子佼發圖晒恩愛:只為妳而活

      台灣大紀元· 2021/07/20 12:28

      因近期疫情關係,佼佼暫以照片中的蠟燭作為生日蠟燭,祝福愛妻生日快樂。 孟耿如今生日一到,黃子佼即在凌晨貼文祝福,並晒出一張2013年孟耿如拿著蠟燭幫忙他 ...

    • 孟耿如喜迎30歲生日 黃子佼甜蜜放閃:只為妳而活

      孟耿如喜迎30歲生日 黃子佼甜蜜放閃:只為妳而活

      CTWANT via Yahoo奇摩新聞· 2021/07/20 15:07

      孟耿如20日迎來30歲生日,愛情長跑多年的老公黃子佼(佼佼)更是早早就在臉書發文,貼出愛妻孟耿如在2013年協助自己進行蠟燭創作的照片,祝福對方生日快 ...

  1. わたしのスイート・スター - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/わたしのスイート・スター

    孟耿如 (モン・ガンルー) チュンションの住む部屋の持ち主、バラエティーのAD チェン・ユンルー (陳韻茹) チョンウェイが高校時代に想いをよせていた同級生で学校のマドンナ チョンウェイの妄想の中の人物、チョンウェイが孤独な時に出現する

    • nǐ zhào liàng wǒ xīng qiú
    • 你照亮我星球
    • ㄋㄧˇ ㄓㄠˋ ㄌㄧㄤˋ ㄨㄛˇ ㄒㄧㄥ ㄑㄧㄡˊ
    • 你照亮我星球
  2. 台湾の俳優の一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/台湾の俳優の一覧
    • あ行
    • か行
    • さ行
    • た行
    • は行
    • ま行
    • や行
    • ら行
    • わ行
    • 関連項目
  3. イタズラな恋愛白書 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/イタズラな恋愛白書
    • スタッフ
    • ソフトウェア
    • 日本版ドラマ(配信ドラマ)
    • 脚注
    • 外部リンク
    監督:瞿友寧(チュウ・ヨウニン)
    脚本:徐譽庭(シュー・ユーティン)
    演出:瞿友寧(チュウ・ヨウニン)

    DVD

    販売元:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント 1. 「イタズラな恋愛白書〜In Time With You〜<オリジナル・バージョン>DVD-SET1」(2013年1月11日) 2. 「イタズラな恋愛白書〜In Time With You〜<オリジナル・バージョン>DVD-SET2」(2013年2月6日)

    『僕はまだ君を愛さないことができる』(ぼくはまだきみをあいさないことができる)のタイトルで、2019年7月15日 月曜12時からFODで配信が開始され、2019年7月16日(15日深夜)から12月10日(9日深夜)までテレビドラマが放送されていた。足立梨花と白洲迅のダブル主演。

    ^ a b “足立梨花が白洲迅とのW主演で大ヒット台湾ドラマをリメーク「いいコンビを演じられそう」”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2018年10月22日). https://thetv.jp/news/detail/166659/ 2019年5月31日閲覧。
    ^ a b “足立梨花×白洲迅「僕はまだ君を愛さないことができる」浅香航大が出演、中国展開も”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年5月31日). https://natalie.mu/eiga/news/333628 2019年5月31日閲覧。
  4. イタズラなKiss - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/イタズラなキス

    孟耿如 (モン・ガンルー) エピソードリスト(台湾版) 話数 タイトル 放送日 第1話 甘くなれない新婚旅行 2007年12月16日 第2話 思いが一つになった日 ...

  5. 胡藍の獄 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/藍玉の獄
    • 概要
    • 事件の背景
    • 粛清事件の経緯
    • 雑記
    • 事件後の影響
    • 関連項目
    • 参考文献
    • 関連文献

    本項では、洪武帝(太祖。名は朱元璋)の治世(1368年 - 1398年)に起きた以下の粛清事件、 1. 空印の案(1376年) 2. 胡惟庸の獄(1380年) 3. 郭桓の案(1385年) 4. 林賢事件(1386年) 5. 李善長の獄(1390年) 6. 藍玉の獄(1393年) を取り上げる。以上の一連の事件の犠牲者は、合わせて十数万人に及んだとも言われ、凄惨な大粛清となった。上記のうち、林賢事件と李善長の獄は、胡惟庸の与党を追及するために行われたもので、いわば胡惟庸の獄を蒸し返して、起こされた事件であり、広い意味では胡惟庸の獄に含まれる。 胡惟庸・藍玉は、それぞれ謀叛を計画していたとされ、空印の案や郭桓の案は役人の不正を追及するためという名目があった。しかし、いずれの件もほとんど取り調べが行われないまま、関係者が即時処断されている。各事件の疑惑の根拠となった造反計画や不正については、朝廷による取り調べの結果が詳細に公的記録に残されている。しかしこれらは洪武帝側による捏造の可能性が高く、本当に反逆計画や不正があったかはかなり疑わしい。一連の事件の背景には、皇帝独裁体制を推進する洪武帝の思惑があったとされる。 洪武帝は建国前、金陵(のち応天府と改名)を拠点として元末の群雄割拠の争いを制したこともあり、江南地区の地主・知識人層の支持を基盤としており、新しい明朝政権には南人地主出身の官僚が多く参画していた。新王朝で皇帝権力を強化しようとする洪武帝は、既得権益を固守する江南地主の勢力を抑制しようと様々な施策を行うが、はかばかしい効果を得られなかった。またその間、洪武帝と同じ安徽省出身の側近勢力も「建国の功臣」として重んじられるうち、地位や名声を利用して私腹を肥やしたり、制度的・軍事的に皇帝の権力を脅かす者が出かねない状態にあった。洪武帝はこれら江南地主や功臣の勢力を一掃し、権力を自分に集中させるため、粛清という手段に訴えたのである。また胡惟庸や林賢を利用して、当時洪武帝が手を焼いていた倭寇の黒幕と見ていた日本と断交するための手段とするなど、外交面でもこれらの事件を利用した。 胡藍の獄は、胡惟庸・藍玉の造反計画への処罰というより、洪武帝が仕掛けた粛清事件であるというのは、現在では定説となっている。明建国に貢献した支持層や功臣を非情にも大量処刑した洪武帝に対し、『廿二史...

    元朝末期、モンゴル帝国による支配にかげりが見え始めると、白蓮教徒の反乱である紅巾の乱をきっかけに、華南各地に陳友諒・張士誠・韓林児・方国珍らの軍閥が割拠した。そんな中、頭角を現したのが朱元璋(後の洪武帝)である。朱元璋は逐次他の軍閥を制圧し、元を北方に放逐することにより、1368年に明王朝を建国した。

    王朝設立直後の混乱も収束し、元との戦いに一段落した1375年・1376年頃になると、洪武帝は本格的に内政の整備に力を注ぐようになる。洪武8年(1375年)8月、カラコルムを拠点に明軍を苦しめていた北元の将軍ココ・テムルが病死し、モンゴル勢力が北へ後退。それまで洪武帝は華北を軍政下に置いていたが、傅友徳のみを残して他の武将を引き上げさせ、外政面ではいくらかの余裕が生じるようになった。

    官僚粛清のために、洪武帝は監察機関も強化した。胡党に掌握されていた御史台は廃止され、1382年新たに「都察院」を設け、官僚に対する監視を強めている。はじめは正七品衙門に過ぎなかったが、翌年には正三品、さらに翌年には正二品衙門と六部尚書と同格にまで陞格されており、洪武帝からいかに重視されていたかがうかがえる。この都察院と、法務省にあたる刑部(六部の一つ)、最高裁判所にあたる大理寺は「三法司」と...
    洪武15年(1382年)4月には、禁軍(近衛軍)の一つ「親軍都尉府」が改組され、「三法司」とは別に官僚の監察と刑罰を受け持つ皇帝直属の特務機関「錦衣衛」が設置された。従来からの皇帝の護衛任務に加えて「巡察緝捕」というスパイ任務が与えられ、約500人の緹騎が皇帝の耳目として、日夜官民に対し監視の目を光らせる恐怖政治の世が現出したのである。正規の朝廷機関である三法司とは別に、独自権限を持って捜査...
    洪武帝による恐怖政治の矛先は、官僚層のみならず庶民へも向けられた。その一例が「文字の獄」と呼ばれる言論弾圧である。後の清朝の文字の獄が、満洲人王朝による漢人への思想統制的な意味合いが強いのに対して、洪武帝による文字の獄は、洪武帝個人の恣意性が強いものであった。洪武帝は元々貧乏僧侶の出身であることに強いコンプレックスがあり、僧侶や仏教に関する文字・言葉に過敏に反応したといわれる。特に「光」「禿...

    洪武帝治世の一連の粛清事件は、江南官僚・功臣の粛清および朝廷機構の変革、そして日本との交渉中止という目的で行われた。これらの事件はすべて個別単独に起きたものではない。たとえば空印の案で設置された地方長官の布政使司が正二品と、当時の中央機関である六部の尚書(正三品)よりも高位に置かれた後、胡惟庸の獄で中書省が廃止された後、六部尚書が正二品に引き上げられ、布政使が正三品となりバランスが取られている。これはいったん地方の革新が行われた後に、中央の整理を断行したことを示しており、一連の動きの中で捉えられる。空印の案では「行中書省」、胡惟庸の獄では「中書省」、郭桓の案では「六部」、林賢事件では「日本(倭寇)」、そして李善長の獄・藍玉の獄では「功臣」がそれぞれ狙い撃ちされ、洪武帝に邪魔となるものは一つ一つ潰されて、皇帝専制の準備が整ったのである。

    『アジアの歴史と文化5 中国史 近世2』(1994年、谷口規矩雄編、同朋舎出版、ISBN 978-4810408577)
    上田信『中国の歴史09 海と帝国 明清時代』(2005年、講談社、ISBN 978-4062740593)
    岸本美緒・宮嶋博史『世界の歴史12 明清と李朝の時代』(1998年、中央公論社、ISBN 978-4124034127)
    檀上寛『明王朝成立期の軌跡』(1978年、『東洋史研究』37巻3号、東洋史研究会)
    阪倉篤秀「明初中書省の変遷」(1977年、『東洋史研究』36巻1号、東洋史研究会)
    佐久間重男『日明関係史の研究』(1992年、吉川弘文館、ISBN 978-4642026406)
    『日本歴史大系 2 中世』(1985年、山川出版社、ISBN 978-4634200203)
  6. 台湾ドラマ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/台湾ドラマの一覧

    孟耿如(サマー・モン)、莫允雯(クリスティーナ・モク)、鄭茵聲(アリーナ・チェン)、王牧語(ボニー・ワン)、周群達(ダンカン・チョウ) サンドイッチガールの逆襲 「三明治女孩的逆襲〜Between〜」 2018

  7. 中華民国空軍 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/中華民国空軍
    • 創設期
    • 拡充期
    • 日中戦争
    • 第二次世界大戦後
    • 現状

    中国に飛行機が持ち込まれたのは、1909年2月21日、上海競馬場にてフランス人ルネ・バロンがソメール複葉機を操縦したことに始まる。1910年10月にはロシア人飛行家アレクサンドル・コセミンスキーが北京の天安門広場でブレリオ XIの飛行を行った。また、1911年3月には広州出身の米国籍中国人馮如(中国語版)が、広州の燕塘にて自作の航空機で飛行。中国籍としては浙江省出身の厲汝燕が1911年10月17日に英国にてライセンスを取得した。清国政府もこうした動きを看過できず、新軍気球部隊の創設のほか、劉佐成と李寶浚に南苑に飛行機小試験廠を設置させた。 辛亥革命勃発後、黎元洪率いる湖北軍政府(中国語版)はエトリッヒ・タウベ2機を発注。しかし機体が届いたころには革命は終結しており、南京臨時政府は南京衛戍司令部交通団の管轄下に初の航空隊である飛行営(営長:李寶浚)を組織する。しかし、北洋政府の成立後、飛行営は解体され、タウベは南苑に送られた。 中華民国建国後、臨時大総統に就任した袁世凱と副大総統の黎元洪は、航空機と潜水艦がこれからの戦力で重要になるとするフランス人軍事顧問パリゾの提案で航空隊の創設に着手、また北京に南苑航空学校を創設した。使用機はコードロン G.3(英語版)およびG.4、コードロンC型(英語版)などである。 1913年冬にボグド・ハーンの侵攻に呼応して内蒙古で反乱が起こると、南苑航校教官の潘世忠操縦、1期生生徒の呉経文偵察で「托羅蓋」(新疆省綏来県(中国語版)、現:新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州マナス県北北東のホシフトロカイ(和什事托羅蓋)の事か)にて偵察任務を行う。これが初の実戦投入となる。その後も、1914年春の白朗の反乱、1915年の陳宧の四川派遣、同年末の護国戦争(袁世凱の死により帰還)、1917年7月の張勲復辟で教官や生徒が偵察や爆撃、伝単散布に投入された。 その後、安直戦争による安徽派の失脚で南苑航空学校の人員は直隷派や奉天派に分散。その後、各地で勢力を築いた軍閥は互いに戦闘を繰り広げたが、その中で彼らの航空戦力は偵察や爆撃に重要な役割を果たした。それに伴い、直隷派の保定航空学校、山西派の山西航空学校、奉天派の東北航空学校や山東航空学校、雲南派の雲南航空学校が開校した。 一方、孫文率いる中華革命党は、軍閥を殲滅し中華統一を果たすべく、海外華僑と協力...

    1928年10月、全国の軍政は統一され、国民革命軍総司令部航空処は軍政部航空署に改編された。飛機隊2個と水面飛機隊1個を保有していたが、後に航空隊に改称され、5個隊に拡充された。しかし国民政府による統治はまだ不安定で、東北空軍、広西空軍など一部の有力な軍閥空軍は中央空軍に編入されず勢力を温存していた。中でも中原大戦では西北軍空軍が中央空軍と中国史上初の空中戦を展開するなど、大きな脅威となった。加えて1931年5月に陳済棠が広州国民政府(第5次広東政府)を樹立すると張恵長、黄光鋭、陳慶雲ら中山航空隊以来の古参軍人が離反し同空軍に加わるという痛手を負った。これらの私設空軍は、海外の航空専門家からは「阿片空軍」と呼ばれた。 1928年10月、国民政府は空軍兵力の中央人員を養成するため、南京の中央陸軍軍官学校内に航空隊を設立。のち杭州・筧橋に移転し「中央航空学校」を称する。教育はジョン・ジュエット元大佐率いる米国軍事顧問団が担当し、厳格な審査基準で既存パイロットも容赦なくふるいにかけられた。 第一次上海事変では、日本海軍の「加賀」「鳳翔」艦載機と3度の空中戦を展開。最初の空中戦では双方不慣れだったため戦果はなく、2回目はアメリカ人義勇兵のロバート・ショート(英語版)が加賀航空隊の生田乃木次に撃墜されるが、3回目は石邦藩ほか1名が加賀航空隊の13艦攻2機を撃墜した。当時、戦闘機はV-65Cコルセア(英語版)やボーイング218、爆撃機はユンカース W33(英語版)やユンカース K47(英語版)等を使用していた。 戦後の1932年春には8個隊にまで拡大するが、同年8月に4個に縮小。1933年、轟炸、駆逐、偵察の3隊が増設され、同時に航空教導総隊が編成された。 1933年、満州事変で拠点を追われた旧東北航空の人員や器材を接収。1933年2月、航空署の全職員は空軍階級に変更。空軍階級は、例えば中校→空軍上尉、中将→空軍上校というように本来より2階級低く設定されたが、待遇自体は元の階級と変わらなかった。また航空部隊は整備され、飛行人員の一部は中央航空学校高級班で再教育を受け、一部の非軍事学校出身者は中央陸軍軍官学校で軍事訓練を受けた後、中央航空学校に送られた。 1933年、カーチス・ホークⅡ、ローニング水陸両用機、アブロ621練習機(英語版)を購入するも、福州で揚陸されていたとこ...

    開戦初期(1937~1938)

    日中戦争(支那事変/抗日戦争)勃発後の1937年8月14日、高志航率いる第4大隊の新ホークが杭州への渡洋爆撃を行った九六式陸攻を迎撃し、うち3機を撃墜(八一四空戦(中国語版))。この出来事は戦後「空軍節」として長らく記憶されることとなる。戦闘機隊はその後も度々陸攻に痛手を負わせ、特に日本海軍内部でも巻き起こっていた戦闘機無用論を大きく改めさせることとなった。また、1938年5月19日には徐煥昇(中国語版)率いる第14大隊のB-10が九州に飛来し、鹿地亘の作成した反戦ビラを散布した。しかし、これらの航空機の供給源となっていた米国は日本との対外関係悪化を危惧。同じくイタリアも3月までに軍事顧問団を撤収させ、中国は閉そく状態となっていた。そんな中、中ソ不可侵条約によりSBやI-15・I-16などのソ連機が大量供給され、南京・武漢空中戦などで戦果を挙げた。 また、スペイン内戦経験者も多く構成されたソ連空軍志願隊が派遣され、中国空軍戦闘機隊との共同作戦の他、台湾・松山飛行場への爆撃に成功している。この他の外国人義勇部隊として、スペイン内戦経験者のヴィンセント・シュミットを隊長とする国際第1...

    暗黒時代(1939~1940)

    しかしこの間、南京、武漢、杭州、南昌、広州といった沿岸部が陥落。また、高志航、劉粋剛、李桂丹、楽以琴など初期に活躍したエースも次々と命を落としていった。中国空軍は国民政府とともに奥地に逃れ、梁山飛行場(中国語版)、重慶白市駅飛行場(中国語版)、懐化芷江飛行場(中国語版)などを拠点とし防御に努めたが、次第に物量的に圧倒されることとなる。加えて、零式艦上戦闘機の登場とソ連の支援終結は中国空軍に大打撃を加えた。同時期に行われた重慶爆撃など奥地への空爆に対しては奥田喜久司大佐乗機の撃墜など多少の戦果はあったものの、「積極防空」を果たすほどの力はなかった。消耗した中国空軍は日本軍の戦闘機との戦闘を避けざるを得なくなり、この時期は中国空軍の「避戦時期」「暗黒時代」と呼称される。 この間、1939年夏に戦闘機としてカーチス・ライト CW-21、輸送機としてビーチクラフト D17Rとデ・ハビランド DH.89を少数導入している。

    米国の参戦(1941~1945)

    こうした状況を打開するべく、シェンノートは米本国に戦闘支援の交渉に赴く。米国政府は対独戦重視の観点から最初は中国支援に冷淡であったが、最終的にルーズベルト大統領が動き、支持獲得に漕ぎ付けた。1941年3月レンドリース法成立後にアメリカから供与されたP-40で日本陸海軍に挑んだ。また、シェンノートの手で同年8月に米陸軍航空隊出身者で義勇軍部隊「フライング・タイガース」が創設され、戦力を補った。 真珠湾攻撃後、アメリカは中国への支援に本格的に乗り出した。フライング・タイガースに代わり、正規軍として第10航空隊第23戦闘機大隊(中華特遣隊)、中国航空機動部隊(CATF)が設立される。1943年3月には、蔣介石とシェンノートの要求で昆明に第14航空隊が設立。更に11月には中国空軍と第14航空隊との合同組織として中美混合空軍団(英語版)(CACW)が創設された。中国空軍は、新飛行士の育成や米国留学による再訓練で実力を回復させ、日本軍施設の空爆や連合軍の対地支援に大きな役割を果たした。 また、末期には、成都はB-29による日本本土爆撃の拠点となった。

    第2次世界大戦終結後はアメリカから供与されたP-38やP-51を運用し、共産党を相手に内戦を戦い(国共内戦)。当時、人民解放軍はまだ航空戦力が乏しかったため対地攻撃が主で、東北民主連軍航空学校の練習機を破壊したり、共産党に寝返った巡洋艦重慶号を使用不能に追い込むなどの功績を挙げた。たが、政権内の共産主義シンパの影響を受けたハリー・トルーマン大統領が中華民国軍への支援縮小を決定したために支援が減少し、ソ連に支援された共産党の人海戦術に圧倒されて敗北。中華民国政府とともに台湾へ移動する。また、蔣経国が蔣介石の度重なる催促を受け、1949年1月に突貫工事で完成させた舟山群島の定海飛行場を拠点として、上海付近からの湯恩伯系部隊の撤退を支援した。 3軍の中では遷台を早期に完了させたため、陸海軍のような部隊単位での反乱は起こらなかったが、パイロットが飛行機に乗って共産党に寝返る事件が戦後~1949年までの間に27件起こった(中華民国国軍と人民解放軍間の空軍機脱走事件(中国語版))。1950年以降、上海の発電施設等に空爆を行ったが、民間人も多く犠牲になったとされる(上海空戦(中国語版))。 1960年代までは「大陸反攻」を前提とした編制を行ってきた。しかし、本格的な上陸侵攻能力に乏しい海軍が悩みの種であり、そのため空軍はより守勢な形での防空を主任務とせざるを得なかった。その後、U-2撃墜事件でアメリカ空軍のU-2が本国帰還を余儀なくされる一方で、供与されたU-2を運用して中国本土を偵察する黒猫中隊が編成され、1970年代には超音速戦闘機であるF-104がアメリカより供与されるなど、空軍として充実した体制を整えた。しかし、1972年の米中国交樹立・国府の国連議席喪失などもあり台湾は国際的孤立を深め、そのため装備面では旧式の航空機を闇市場で武器商人から通常の3~4倍もの高価格で調達せねばならないといった苦境も味わった。1990年代以降、最新鋭のAMRAAM空対空ミサイルを装備するF-16や、E-2が供与されるなど、ある程度の近代化も図られたほか、F-CK-1の開発により戦闘機の国産化を実現した。

    現在の中華民国空軍では、アメリカ製やフランス製をはじめ規格の異なる多種類の機体を運用することによるコストの増大や整備の煩雑さ、また人手不足が稼働率を脅かす課題となっている。大量の第4世代ジェット戦闘機に加え、近未来の戦闘機といわれる第5世代ジェット戦闘機の開発を敢行して急速な近代化を進める中国人民解放軍空軍への対策も急務である。日本政府の発表した防衛白書によれば、諸外国が有する空軍力の指標である第4世代ジェット戦闘機の数では、台湾は2006年前後に人民解放軍に追いつかれ、2008年前後には追い抜かれており、2013年現在では少なくとも300機の格差をつけられている。 質量ともに拡大しつつある格差への対策として、中華民国空軍は2011年から向こう10年前後の時間をかけて人民解放軍に対する対抗措置を実施することとなった。具体的には、空軍のレーダーサイト1か所において弾道ミサイル早期警戒システム(アメリカ製フェーズドアレイレーダー)を1基導入し、2012年に導入された直後には、同年12月に北朝鮮がフィリピン東方沖の太平洋に向けて発射した「飛翔体」が1段目と2段目のブースターを分離しながら飛んだ様子をレーダーで確認した。また、F-16が装備するAMRAAMミサイルの能力を最大限に発揮するための機材として、AESAと電子戦関連機器をアメリカから輸入すると共に、66機のF-16C/Dを輸入する。空軍の地対空ミサイル部隊への指揮命令系統の改善を通じて、空軍力の向上も図られる。

  8. 台湾の人物一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/台湾の人物一覧
    • あ行
    • か行
    • さ行
    • た行
    • な行
    • は行
    • ま行
    • や行
    • ら行
    • わ行
  9. 晋寧路 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/平陽路
    • 歴史
    • 脚注
    • 参考文献

    唐代の晋州、金代の平陽府を前身とする。チンギス・カンによる最初の金朝遠征の際、チンギス・カンの子供達(西道諸王)は右翼軍として山西地方を南下し、後の晋寧路一帯(当時は平陽と呼称されていた)もモンゴル帝国の勢力下に入った。金朝遠征が成功裏に終わると、チンギス・カンは配下の諸王・諸将にそれぞれが攻略を担当した地域を領地(投下領)として与えており、この時平陽もジョチ家の領地とされたと見られる。 1236年、第2代皇帝オゴデイはチンギス時代の領土分配を追認する形で華北の諸路を諸王・勲臣に分配した(丙申年分撥)が、この時平陽府はジョチの後継者バトゥの投下領とされた。しかし、オゴデイはチンギス時代の諸王均等の原則を崩して自らのオゴデイ・ウルスを強化する方針をとり、オゴデイの第3子クチュを総司令とする南宋侵攻の補給基地とするという名目で平陽路潞州一帯に「クチュ・ウルス」を成立させた。バトゥを始めとするジョチ家の人間が主にキプチャク草原に住まうようになったこともあり、これ以後平陽路はオゴデイ系王家の人間の遊牧地としても利用されるようになる。 帝位継承戦争を経て即位したクビライは当初ジョチ・ウルスに友好的であったが、「シリギの乱」が勃発した際にジョチ・ウルスがシリギに与した事を切っ掛けに両者の関係は悪化し、クビライはジョチ家の平陽路における権益を無効化した。代わって平陽路の有力領主として浮上してくるのがクチュの末子ソセで、ソセは同時期に太原路に移住してきたチャガタイ家のアジキとともにクビライ麾下の有力諸王の一人に数えられている。1305年(大徳9年)、平陽路で地震が起こったことを理由として、平陽路は晋寧路と改称された。 1336年(後至元2年)、時のジョチ・ウルス当主ウズベク・ハンは大元ウルスに使者を派遣し、それまで中止されていたジョチ・ウルス分地(投下領)の歳賜の輸送を再開させるよう要求した。しかし、既にこれを管轄する公的機関がなかったため、翌1337年(後至元3年)に総管府が設置された。1341年(至正元年)にウズベク・ハンが亡くなりジャーニー・ベク・ハンが立つと、晋寧路の平陽・晋州・永州分の歳賦2400錠のジョチ・ウルスへの送付が1345年(至正5年)から始められた。このようなジョチ・ウルスからの要求は、逆説的に平陽路が元代中期にジョチ・ウルス投下領としての実質を失ってい...

    愛宕松男『東方見聞録 1』平凡社、1970年
    松田孝一「オゴデイ・カンの『丙申年分撥』再考(2)」『立命館文学』第619号、2010年
    村岡倫「モンゴル時代初期の河西・山西地方--右翼ウルスの分地成立をめぐって」『竜谷史壇』117、2001年
    村岡倫「モンゴル時代の右翼ウルスと山西地方」『碑刻等史料の総合的分析によるモンゴル帝国・元朝の政治・経済システムの基礎的研究』、2002年
  10. 張飛 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/張飛
    • 生涯
    • 人物
    • 説話における張飛
    • 参考資料
    • 関連項目

    劉備に従う

    同郡に住む劉備が黄巾の乱に臨んで義勇兵を集めようとした時(188年)、他所から流れてきた関羽と共にその徒党に加わり、身辺警護を務める事と成ったが、此の時の年齢は「少」であった。以後は関羽と共に劉備から兄弟のような親愛の情を受けることとなり、大勢の前では劉備を主君として立て、命がけで護衛の任務を務めたという。また、関羽の方が数年年長であったため、関羽を兄のように敬愛して仕えていた。やがて劉備が公孫瓚に採り立てられて平原郡の相となると、関羽と共に別部司馬に任じられ、それぞれが一軍の指揮を執る将となった。 興平元年(194年)、劉備は身を寄せていた徐州で、徐州牧の陶謙に位を譲られて徐州牧となった。建安元年(196年)、劉備が徐州に侵攻した袁術と戦っている最中、張飛は本拠地である下邳の留守を任されていたが、そこで下邳の相曹豹と対立した。劉備に身を寄せていた呂布が、劉備と袁術が1カ月睨みあっている隙に下邳を攻撃すると、曹豹が寝返り呂布に呼応したため、張飛は敗北し、劉備の妻子を捕虜にされてしまった。劉備と呂布は一旦は和睦した。しかし再び仲違いを起こし、劉備は曹操の元に身を寄せた。張飛は曹操の...

    長坂橋大喝

    建安13年(208年)、荊州牧の劉表が死去し、曹操が荊州へ進軍すると劉備は江南へと逃げた。曹操は昼夜をかけてこれを追い、当陽県の長坂まで到着した。劉備は曹操がやってきたと聞くと妻子を棄てて逃走し、張飛は20騎ほどを従えて殿軍を引き受けた。張飛は川に拠って橋を落とし、目を怒らせ矛を横たえて「燕人(えんひと)張飛、これにあり! 俺と勝負したい奴はいるか!」と曹操軍に向け大喝一声したところ、誰もあえて近づこうとしなかった。これによってついに劉備は落ち延びることができた(長坂の戦い)。 劉備が赤壁の戦いの後、荊州南部を攻略すると、張飛は宜都太守・征虜将軍に任命され新亭侯に封じられた。しばらくして張飛は南郡に転任することになった。

    劉備軍の主将

    建安16年(211年)、劉備が劉璋に招かれて益州入りした(劉備の入蜀)。建安17年(212年)、劉備が法正らと謀って益州攻略を企てると、張飛は諸葛亮・趙雲・劉封らと共に援軍として益州に攻め込み、手分けして郡県を平定した。 江州では巴郡太守の厳顔を生け捕りにした。このとき、張飛は自身が大軍でやってきたのに、厳顔が少数で抗い、降伏しなかったことに腹を立て、厳顔を詰問した。厳顔は「お前達は無礼にも、我が州(益州)に武力をもって侵略した。我が州には断頭将軍(首をはねられる将軍)はいても、降伏する将軍はおらぬ」と張飛を面罵した。腹を立てた張飛は、部下に彼の首を切らせようとしたが、厳顔がそこでさらに「匹夫め、さっさと斬れ。怒るだけ無駄だ」といったので、張飛は厳顔を見事だと思い彼を釈放し、以後は賓客として扱った。 張飛は劉璋軍との全ての戦いで勝利し、成都で劉備と落ち合った。劉備は益州奪取における張飛の功績を評価し、諸葛亮・法正・関羽と同等に金五百斤・銀千斤・五千万両・綿千匹の褒賞を与えた。張飛は巴西太守に任じられた。 建安20年(215年)、曹操は漢中の張魯と戦って降伏させると、配下の夏侯淵と...

    武勇

    劉備が皇帝に即位した直後の詔勅では、張飛の事を古代の召虎に喩えて、その武勇を賞讃している。また、曹操の参謀であった程昱らから「張飛の勇猛さは関羽に次ぐ」さらに「1人で1万の兵に匹敵する」と、郭嘉も同様に張飛・関羽は共に1万の兵に匹敵するとし、劉備の為に死を以て働いていると、董昭は関羽、張飛は劉備の羽翼であり恐れるべきであると、また劉曄にも「関羽と張飛の武勇は三軍の筆頭である」と評されており、孫権軍の重鎮である周瑜からも「張飛と関羽を従えれば大事業も成せる」と評されるなど、その武勇は天下に広く評価されていた。 ただ、張飛は士大夫と呼ばれる知識人層には敬意をもって応対したものの、身分の低い者、兵卒などには暴虐であった。多すぎる死刑の数と、いつも兵士を鞭打っている上にその当人を側に仕えさせていることを、劉備からは常々注意されていた。しかし張飛は改めることができず、ついに死に直結する事態を招くこととなった。 三国志を著した陳寿は、蜀志「関張馬黄趙伝」の張飛伝の最後に張飛と関羽の人物評を併せて載せ、このように括っている。 陳舜臣はこれを、関羽も張飛も、共に低い身分から士大夫に出世したが、関...

    エピソード

    『三国志』蜀志「劉巴伝」が注に引く『零陵先賢伝』によると、庶民(当時の用語では庶人)上がりの張飛が士大夫の劉巴の下に泊まった際、劉巴は話もしようとしなかった。さすがにその態度に腹を立て、諸葛亮もまた劉巴と張飛の間を取りなそうとしたが、劉巴は「大丈夫(立派な男)たる者がこの世に生を受けたからには、当然、天下の英傑とこそ交友を結ぶべきです。どうして一兵卒(張飛のこと)と語り合う必要がありましょうか」と言い捨て、ついに張飛とは親交を結ぶことが無かった。士大夫と庶民との間に、厳然たる身分差と、それによる差別があったことが窺える。

    明代に成立した『笑府』にも周倉同様に登場するなど、他の三国時代の人物に対し、より庶民に愛される存在として伝承されてきた。張飛が督郵を鞭打つ場面と長坂橋で曹操軍の前に仁王立ちする場面は、京劇などで特に人気が高く、大向こう受けするという。以降『演義』を下敷きにした各種創作では、こうしたコミカルさも取り入れた好漢として活躍している。

    『三国志』
    『三国志演義』
  11. 其他人也搜尋了