Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. わたしのスイート・スター - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/わたしのスイート・スター

    孟耿如 (モン・ガンルー) チュンションの住む部屋の持ち主、バラエティーのAD チェン・ユンルー (陳韻茹) チョンウェイが高校時代に想いをよせていた同級生で学校のマドンナ チョンウェイの妄想の中の人物、チョンウェイが孤独な時に出現する

    • nǐ zhào liàng wǒ xīng qiú
    • 你照亮我星球
    • ㄋㄧˇ ㄓㄠˋ ㄌㄧㄤˋ ㄨㄛˇ ㄒㄧㄥ ㄑㄧㄡˊ
    • 你照亮我星球
  2. イタズラな恋愛白書 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/イタズラな恋愛白書
    • スタッフ
    • ソフトウェア
    • 日本版ドラマ(配信ドラマ)
    • 脚注
    • 外部リンク
    監督:瞿友寧(チュウ・ヨウニン)
    脚本:徐譽庭(シュー・ユーティン)
    演出:瞿友寧(チュウ・ヨウニン)

    DVD

    販売元:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント 1. 「イタズラな恋愛白書〜In Time With You〜<オリジナル・バージョン>DVD-SET1」(2013年1月11日) 2. 「イタズラな恋愛白書〜In Time With You〜<オリジナル・バージョン>DVD-SET2」(2013年2月6日)

    『僕はまだ君を愛さないことができる』(ぼくはまだきみをあいさないことができる)のタイトルで、2019年7月15日 月曜12時からFODで配信が開始され、2019年7月16日(15日深夜)から12月10日(9日深夜)までテレビドラマが放送されていた。足立梨花と白洲迅のダブル主演。

    ^ a b “足立梨花が白洲迅とのW主演で大ヒット台湾ドラマをリメーク「いいコンビを演じられそう」”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2018年10月22日). https://thetv.jp/news/detail/166659/ 2019年5月31日閲覧。
    ^ a b “足立梨花×白洲迅「僕はまだ君を愛さないことができる」浅香航大が出演、中国展開も”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年5月31日). https://natalie.mu/eiga/news/333628 2019年5月31日閲覧。
    • wǒ kě néng bù huì aì nǐ
    • 我可能不会爱你
    • ㄨㄛˇ ㄎㄜˇ ㄋㄥˊ ㄅㄨˋ ㄏㄨㄟˋ ㄞˋ ㄋㄧˇ
    • 我可能不會愛你
  3. 台湾の俳優の一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/台湾の俳優の一覧
    • あ行
    • か行
    • さ行
    • た行
    • は行
    • ま行
    • や行
    • ら行
    • わ行
    • 関連項目
  4. 宮廷の諍い女 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/宮廷の諍い女

    先帝に最も寵愛された舒太妃の子。雍正の十七番目の弟。甄嬛を一途に愛する皇子。甄嬛が甘露寺に出家した際に手助けを行う。その後甄嬛と結ばれ子供を授かるが、それを知らないまま、川で船が沈没し、朝廷には死亡したと伝わる。

  5. 陳円円 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/陳円円

    歌謡に長じた絶世の美女であったといい、その美貌は「秦淮八艶」の一人とたたえられた。 明末の 皇帝 崇禎帝 の 皇后周氏 の父の周奎が皇帝のために金で集めた美女の中に選ばれたとも、 田秀英 (崇禎帝の妃の一人)の父の田弘遇が 南京 に遊んだ際に八百金で買わ ...

  6. 台湾の人物一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/台湾の人物一覧
    • あ行
    • か行
    • さ行
    • た行
    • な行
    • は行
    • ま行
    • や行
    • ら行
    • わ行
  7. 胡藍の獄 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/胡惟庸の獄
    • 概要
    • 事件の背景
    • 粛清事件の経緯
    • 雑記
    • 事件後の影響
    • 関連項目
    • 参考文献
    • 関連文献

    本項では、洪武帝(太祖。名は朱元璋)の治世(1368年 - 1398年)に起きた以下の粛清事件、 1. 空印の案(1376年) 2. 胡惟庸の獄(1380年) 3. 郭桓の案(1385年) 4. 林賢事件(1386年) 5. 李善長の獄(1390年) 6. 藍玉の獄(1393年) を取り上げる。以上の一連の事件の犠牲者は、合わせて十数万人に及んだとも言われ、凄惨な大粛清となった。上記のうち、林賢事件と李善長の獄は、胡惟庸の与党を追及するために行われたもので、いわば胡惟庸の獄を蒸し返して、起こされた事件であり、広い意味では胡惟庸の獄に含まれる。 胡惟庸・藍玉は、それぞれ謀叛を計画していたとされ、空印の案や郭桓の案は役人の不正を追及するためという名目があった。しかし、いずれの件もほとんど取り調べが行われないまま、関係者が即時処断されている。各事件の疑惑の根拠となった造反計画や不正については、朝廷による取り調べの結果が詳細に公的記録に残されている。しかしこれらは洪武帝側による捏造の可能性が高く、本当に反逆計画や不正があったかはかなり疑わしい。一連の事件の背景には、皇帝独裁体制を推進する洪武帝の思惑があったとされる。 洪武帝は建国前、金陵(のち応天府と改名)を拠点として元末の群雄割拠の争いを制したこともあり、江南地区の地主・知識人層の支持を基盤としており、新しい明朝政権には南人地主出身の官僚が多く参画していた。新王朝で皇帝権力を強化しようとする洪武帝は、既得権益を固守する江南地主の勢力を抑制しようと様々な施策を行うが、はかばかしい効果を得られなかった。またその間、洪武帝と同じ安徽省出身の側近勢力も「建国の功臣」として重んじられるうち、地位や名声を利用して私腹を肥やしたり、制度的・軍事的に皇帝の権力を脅かす者が出かねない状態にあった。洪武帝はこれら江南地主や功臣の勢力を一掃し、権力を自分に集中させるため、粛清という手段に訴えたのである。また胡惟庸や林賢を利用して、当時洪武帝が手を焼いていた倭寇の黒幕と見ていた日本と断交するための手段とするなど、外交面でもこれらの事件を利用した。 胡藍の獄は、胡惟庸・藍玉の造反計画への処罰というより、洪武帝が仕掛けた粛清事件であるというのは、現在では定説となっている。明建国に貢献した支持層や功臣を非情にも大量処刑した洪武帝に対し、『廿二史...

    元朝末期、モンゴル帝国による支配にかげりが見え始めると、白蓮教徒の反乱である紅巾の乱をきっかけに、華南各地に陳友諒・張士誠・韓林児・方国珍らの軍閥が割拠した。そんな中、頭角を現したのが朱元璋(後の洪武帝)である。朱元璋は逐次他の軍閥を制圧し、元を北方に放逐することにより、1368年に明王朝を建国した。

    王朝設立直後の混乱も収束し、元との戦いに一段落した1375年・1376年頃になると、洪武帝は本格的に内政の整備に力を注ぐようになる。洪武8年(1375年)8月、カラコルムを拠点に明軍を苦しめていた北元の将軍ココ・テムルが病死し、モンゴル勢力が北へ後退。それまで洪武帝は華北を軍政下に置いていたが、傅友徳のみを残して他の武将を引き上げさせ、外政面ではいくらかの余裕が生じるようになった。

    官僚粛清のために、洪武帝は監察機関も強化した。胡党に掌握されていた御史台は廃止され、1382年新たに「都察院」を設け、官僚に対する監視を強めている。はじめは正七品衙門に過ぎなかったが、翌年には正三品、さらに翌年には正二品衙門と六部尚書と同格にまで陞格されており、洪武帝からいかに重視されていたかがうかがえる。この都察院と、法務省にあたる刑部(六部の一つ)、最高裁判所にあたる大理寺は「三法司」と...
    洪武15年(1382年)4月には、禁軍(近衛軍)の一つ「親軍都尉府」が改組され、「三法司」とは別に官僚の監察と刑罰を受け持つ皇帝直属の特務機関「錦衣衛」が設置された。従来からの皇帝の護衛任務に加えて「巡察緝捕」というスパイ任務が与えられ、約500人の緹騎が皇帝の耳目として、日夜官民に対し監視の目を光らせる恐怖政治の世が現出したのである。正規の朝廷機関である三法司とは別に、独自権限を持って捜査...
    洪武帝による恐怖政治の矛先は、官僚層のみならず庶民へも向けられた。その一例が「文字の獄」と呼ばれる言論弾圧である。後の清朝の文字の獄が、満洲人王朝による漢人への思想統制的な意味合いが強いのに対して、洪武帝による文字の獄は、洪武帝個人の恣意性が強いものであった。洪武帝は元々貧乏僧侶の出身であることに強いコンプレックスがあり、僧侶や仏教に関する文字・言葉に過敏に反応したといわれる。特に「光」「禿...

    洪武帝治世の一連の粛清事件は、江南官僚・功臣の粛清および朝廷機構の変革、そして日本との交渉中止という目的で行われた。これらの事件はすべて個別単独に起きたものではない。たとえば空印の案で設置された地方長官の布政使司が正二品と、当時の中央機関である六部の尚書(正三品)よりも高位に置かれた後、胡惟庸の獄で中書省が廃止された後、六部尚書が正二品に引き上げられ、布政使が正三品となりバランスが取られている。これはいったん地方の革新が行われた後に、中央の整理を断行したことを示しており、一連の動きの中で捉えられる。空印の案では「行中書省」、胡惟庸の獄では「中書省」、郭桓の案では「六部」、林賢事件では「日本(倭寇)」、そして李善長の獄・藍玉の獄では「功臣」がそれぞれ狙い撃ちされ、洪武帝に邪魔となるものは一つ一つ潰されて、皇帝専制の準備が整ったのである。

    『アジアの歴史と文化5 中国史 近世2』(1994年、谷口規矩雄編、同朋舎出版、ISBN 978-4810408577)
    上田信『中国の歴史09 海と帝国 明清時代』(2005年、講談社、ISBN 978-4062740593)
    岸本美緒・宮嶋博史『世界の歴史12 明清と李朝の時代』(1998年、中央公論社、ISBN 978-4124034127)
    檀上寛『明王朝成立期の軌跡』(1978年、『東洋史研究』37巻3号、東洋史研究会)
    阪倉篤秀「明初中書省の変遷」(1977年、『東洋史研究』36巻1号、東洋史研究会)
    佐久間重男『日明関係史の研究』(1992年、吉川弘文館、ISBN 978-4642026406)
    『日本歴史大系 2 中世』(1985年、山川出版社、ISBN 978-4634200203)
  8. 臏 〜孫子異伝〜 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ビン_〜孫子異伝〜

    『臏 〜孫子異伝〜』(ビン そんしいでん)は、星野浩字による日本の漫画作品。『スーパージャンプ』(集英社)にて連載され、同誌休刊後は『グランドジャンプPREMIUM』、更に『グランドジャンプ』本誌に移籍して2016年24号まで連載。単行本は全21巻。

  9. 兄弟芸能人一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/兄弟芸能人一覧

    兄弟芸能人一覧(きょうだいげいのうじんいちらん)は、兄弟姉妹で活躍する芸能人の一覧である。 以下の形式による。 原則として出生順に表記する。 女性は姓名の後に*を付加して表記する。 双子の人物は双子の有名人の一覧#芸能人に記載する。

  10. 台湾ドラマ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/台湾ドラマ

    2004. 第1章 呉建豪 (ヴァネス・ウー)、 田馥甄 ( S.H.E ヒビ・ティエン). 第2章 徐熙娣 (シュー・シーディー)、 伍佰 (ウー・バイ). 第3章 徐熙媛 (バービィー・スー)、 藍正龍 (ラン・ジェンロン). 第4章 李威 (リー・ウェイ)、 賀軍翔 (マイク・ ...

  11. 其他人也搜尋了