Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 約 256,000,000 項搜尋結果

  1. ja.wikipedia.org › wiki › 宋_(王朝)宋 (王朝) - Wikipedia

    (そう、 拼音 Sòng 、 960年 - 1279年 )は、中国の王朝である。 趙匡胤 が 五代 最後の 後周 から 禅譲 を受けて建国した。 国号は であるが、 春秋時代 の 、 南北朝時代 の などと区別するため、帝室の姓から 趙宋 とも呼ばれる。 国号のは趙匡胤が 州 (現在の 河南省 商丘市 )の帰徳軍節度使であったことによる [1] 。 通常は、 金 に 華北 を奪われ南遷した 1127年 以前を 北宋 、以後を 南宋 と呼び分けている。 北宋・南宋もともに、・宋朝・ 祖宋朝である。 首都は 開封 、南遷後の実質上の首都は 臨安 であった。

  2. ja.wikipedia.org › wiki › 日宋貿易日宋貿易 - Wikipedia

    日宋貿易 (にっそうぼうえき)は、 日本 と 中国 の 宋朝 の間で行われた貿易である。 10世紀 から 13世紀 にかけて行われ、日本の時代区分では 平安時代 の中期から 鎌倉時代 の中期にあたる。 中国の 唐朝 に対して日本が派遣した 遣唐使 が停止( 894年 )されて以来の日中交渉である。 概要 [ 編集] 遣唐使 廃止後も、 藤原氏 と 呉越 とのあいだでは外交が続いていた。 中国大陸が統一されていく中で呉越が 北宋 に吸収され、北宋との間では私貿易が継続した。 次いで 南宋 の成立後に 平氏政権 が貿易を担い、鎌倉時代にも民間レベルでの交流があったが、日宋間で公的に国交を結ぶことはなかった。 一連の交易によって日本には 宋銭 が流入し、貨幣経済の発展に至った。

  3. 国名 姓氏 領地 爵位 創始年 滅国者 畿内の諸侯国 酆 姫姓 陝西省山陽県 侯 前1046年 - 前1023年 周朝 樊 姫姓樊氏 陝西省西安市長安区東南 後遷河南省済源市 仲 宣王時期 - 前635年 晋国 単 姫姓単氏 陝西省眉県 後随周王室東遷河南省孟津県東南

    • 歴史
    • 駅構造
    • 画像
    • 駅周辺
    • 隣の駅
    • 外部リンク

    2016年の移転前は招呼駅(無人駅)だったが、現在は簡易駅として駅員が駐在しており、今後の利用状況次第では三等駅へのさらなる昇格が見込まれている。 1. 1903年5月25日 - 後壠駅として開業(現在の後龍駅とは別)。 2. 1920年10月1日 - 後龍駅に改称。 3. 1922年10月11日 - 海岸線開通により後壠駅が開業、北勢駅と改称。 4. 1967年10月10日 - 豊富駅と改称。 北勢の音(Pak-sì)が閩南語の「縛死(Pa̍k-sí)」に似ているために畏避されたとされる。 5. 1989年 - 複線化工事で25メートル東側に新駅舎供用。 6. 1996年 - 簡易駅に降格。 7. 1999年8月15日 - 苗栗駅が管理する招呼駅に降格。 8. 2014年9月19日 - 台...

    相対式ホーム2面2線の半高架駅。 将来的に2面4線の島式ホームに改良できるよう準備済み。 旧駅舎は、地上駅舎の改札口と半高架の各ホームは地下道を介して連絡していた。 新駅舎は豊富里新港路の旧駅から北勢渓(中国語版)を挟んで約500メートル北側(基隆起点136.631km地点)の校椅里、高鉄の駅特定区エリア内の盛土高架上に新築された。同じく相対式2面2線で、地上駅舎の上にホームがあり、エレベーターは2基設けられた。 パブリックアートとして、盛土の擁壁は地場産業の陶業と客家民家を象徴する赤レンガ風にデザインされ、両側からホーム中央部を跨ぐ門の字型の鉄骨製装飾が駅舎と独立した状態で建てられており、こちらも陶業にちなんだ白石灰の色で正面にアブラギリがあしらわれている。格子状で雨避けとしての機能はない...

    新駅ホーム
    旧駅舎
    旧駅ホーム
    建設中の新駅舎
    台湾高速鉄道苗栗駅
    客家円楼(中国語版)(福建土楼様式の建築物。ビジターセンターとイベント会場として利用されている。)

    台湾鉄路管理局

    1. 台中線(山線)

    (旧)台中運務段>豐富車站 - ウェイバックマシン (繁体字中国語)
    (旧)苗栗車站>豐富車站 - ウェイバックマシン (繁体字中国語)
  4. ja.wikipedia.org › wiki › 李常傑李常傑 - Wikipedia

    • 出生と仕官まで
    • チャンパとの戦争
    • 国政への参与
    • 著作
    • 評価
    • 後世における李常傑信仰
    • 参考書籍
    • 外部リンク

    順天10年(1019年)、大越の都の昇龍(タンロン)寿昌県(ベトナム語版)太和(タイホア)坊(現在のハノイ)に生まれた。10世紀に呉朝を興した呉権の末裔であり、使君呉昌熾の曾孫にあたるという。ベトナムの銘文資料(中国語版)によれば、李常傑は「細江苟屚県」(現在のバクニン省トゥアンタイン県)の出身で、後に昇龍の太和坊に移籍したとされる。父の呉安語(ゴー・アン・グー)は李朝に仕え郎将の地位に上り詰めた廷臣である。李常傑は幼少時より「姿貌揚逸」、つまり容姿に優れ、騎射術の鍛錬を重ねて兵法を学んだ。青年時代より宮廷に仕え、通瑞3年(1036年)に亡父の同僚の計らいで騎馬校尉に任じられた後、乾符有道元年(1039年)、21歳の時に浄身(去勢)して宦官となって乾符有道3年(1041年)に皇宮に入り、侍衛...

    チャンパ王国は、大越の南に位置する国家である。ヒンドゥー教などインド文化を取り入れ、中国文化の影響を強く受けた文化と法制を有する北の大越とは全く異なる文化圏にあった。李常傑は、チャンパとの戦争(中国語版)においてまず軍事的才能を開花させた。 天貺宝象2年(1069年[注 2])聖宗はチャンパへの親征[注 3]に赴いた。大将軍・李常傑のもと大越軍は優位に戦を展開し、チャンパ軍は徐々に後退する。チャンパ王のルドラヴァルマン3世は兵とともに敗走した。5月に至り、「元帥阮常傑(李常傑)は真臘(現在のカンボジア)の境まで追い詰め、王を捕虜とした」。 ルドラヴァルマン3世を捕虜とした李常傑はチャンパ王に謝罪させるとともに、それまでチャンパ領だったデリー(ベトナム語版)、メリー(ベトナム語版)、ポー・トリ...

    宋との戦の後、朝廷では李常傑の健闘を賞して爵位を下賜した。李常傑は国政に対し「内樹寛明、外馳簡恵」の精神で当たり、奸悪なる者は「威而殲悪」、訴訟問題は「獄無濫之」、さらに農政も怠ることなく安んじた。時の人はその統治を「莅民之本、安国之術」と称した[注 10]。また、李常傑は当時の大越で隆盛していた仏教を深く信仰し、老僧のために寺院を建立した。 龍符4年(1104年)2月、仁宗は齢85の李常傑にチャンパへの再征を命じた。原因は、朝廷に背いた李覚なる者がチャンパに亡命し、チャンパ王ジャヤ・インドラヴァルマン2世に「大越を攻め、先に割譲したデリー、メリー、ポー・トリンの3州を奪還すべきだ」と唆したからである。命を受けた李常傑はチャンパ軍を破り、3州を回復した。 龍符5年(1105年)6月、李常傑は...

    『伐宋露布』

    英武昭勝元年(1076年)12月、李常傑率いる大越軍が宋領内に進攻した折、軍の先頭に掲げた檄文である。『伐宋露布』の大意は「宋の施行する青苗法、免役之法は民を苦しめている。我らはその窮状を救うべく参じた」。この文面をもって、宋の民衆を動揺させ、扇動を図ったものである。この文面は、司馬光の『涑水紀聞』、李燾の『続資治通鑑長編』などに記録が残る。

    『南国山河』

    太寧5年(1076年、4月に改元して英武昭勝元年)、李常傑は如月江、富良江沿いの戦陣において兵の士気を上げるために詩句を編んだ。 (日本語訳) チャン・チョン・キムによれば、李常傑は戦意を失いかけた自軍の将兵を鼓舞すべく、戦地に近い祠の前でこの『南国山河(中国語版)』を朗誦させたという。

    李常傑は李朝大越の将軍・重臣としてその影響力は絶大なものであり、死後は神にまで祀り上げられた。その一方で宋との戦の際は各所で虐殺を繰り広げたため、中越双方の歴史家による李常傑への評価は正反対である。ベトナムにおいて生前から尊崇される一方で、中国は彼を侵略者として唾棄する。 1. ベトナムにおける評価: 1.1. 李朝大越において、李常傑はその戦功により極めて高い評価を得ている。越南漢喃銘文には「唯公(李常傑)輔君、國家殷富,多歴年所,可聖臣遺千古之熙績也」、「而公三朝弼政,兼禦定邊乱,於其數年,而八方寧謐,其功盛矣」とある。 1.2. 阮朝の史家の潘輝注(中国語版)は著作『歴朝憲章類誌(中国語版)』巻九・人物誌において李常傑を「古今武功第一」と称えている。 1.3. 20世紀初、歴史家のチャ...

    宋との戦で勝利を収めた李常傑は、多大なる尊崇を集めた。ベトナムの資料『皇越神祇総冊』と『歴朝憲章類誌』の記載によれば、李常傑の死後、その出生地である昇龍太和坊の住人は彼を福の神として祀り、篤く信仰した。李朝以降の各王朝においても信仰され、「翊運広威大王」と号された。ハノイには李常傑を祀った祠・機舎霊祠が現存する。現在においても、民族の英雄として尊崇されている。 1974年、西沙諸島の戦いの折、ベトナム人民海軍は第16号軍艦に「リ・トゥオーン・キエット」と命名した。

    『越史略』上海古籍出版社〈『欽定四庫全書・史部』第466冊〉、1987年。
    呉士連等 『大越史記全書』陳荊和編校、東京大学東洋文化研究所附属東洋学文献センター、1984-1986。
    黎崱(中国語版) 『安南志略』中華書局、北京。
    ファン・ヴァン・カッ、クロディーヌ・サーモン主編 『越南漢喃銘文匯編・第一集 北屬時期至李朝』フランス極東学院、ハンノム研究院(英語版)、パリ、ハノイ、1998年。ISBN 2855395658。
  5. ja.wikipedia.org › wiki › 武_(倭王)武 (倭王) - Wikipedia

    偏遠,作藩于外,自昔祖禰,躬擐甲冑,跋涉山川,不遑寧處。東征毛人五十五,西服眾夷六十六,渡平海北九十五,王道融泰,廓土遐畿,累葉朝宗,不愆于歲。臣雖下愚,忝胤先緒,驅率所統,歸崇天極,道逕 [注 1] 假授百濟,裝治船舫,而句驪無道,圖欲見吞,掠抄邊隸,虔劉不已 ...

  6. ja.wikipedia.org › wiki › 遼遼 - Wikipedia

    遼 (りょう)は、 遼朝 (りょうちょう)ともいい、 内モンゴル を中心に 中国 の北辺を支配した 契丹人 (キタイ人) 耶律氏 (ヤリュート氏)の 征服王朝 である。 916年 から 1125年 まで続いた。 中原 に迫る大規模な版図(現在の北京を含む)を持ち、かつ長期間続いた異民族王朝であり、いわゆる征服王朝( 金 ・ 元 ・ 清 が続く)とされる。 ただし、領有したのは 燕雲十六州 と 遼寧 のみであり、金・元・清のように中原を支配下にはおいていない。 名称 [ 編集] 建国当初の 国号 は 大契丹国 (イェケ・キタイ・オルン、Yeke Khitai Orun)で、遼の国号を立てたのは 947年 である。