Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 定期意外險比較 相關
    廣告
  1. ICOCA - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ICOCA

    販売開始と同時にICOCA定期券・こどもICOCA・こどもICOCA定期券の取り扱いを開始し、Ainokaze ICOCAなどのICOCAに定期券機能を追加することも可能。 あいの風とやま鉄道での導入当初はJR西日本仕様のICOCAを販売していた。

    • JR西日本、JR四国、近鉄、京阪、あいの風とやま鉄道、IRいしかわ鉄道、相互・片利用エリア
    • イコカ
  2. 自動改札機 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/自動改札機
    • 概要
    • 構成
    • 自動改札機の導入状況
    • 歴史
    • トラブル
    • 入場印字機
    • 自動改札機に関する映画・テレビ番組
    • ギャラリー
    • 関連項目
    • 外部リンク

    自動改札機は改札業務の自動化のために導入される機械である。 駅務の自動化については、2つの考え方がある。日本では長距離利用者か短距離利用者かを問わず、すべて改札口を通すシステムがとられている。 日本では人員削減の観点から、駅務の自動化のために自動改札機が導入されている。これに対して、欧米では信用乗車方式(チケットキャンセラー方式)がとられており、車内検札が難しい都市部の地下鉄駅などを除き、そもそも駅構内に改札口を設けていない場合が多い。欧米では、改札口を設けて駅員を配置したり自動改札機を設置するよりも、実際に列車内を職員が巡回して検札を行ったほうが、不正乗車防止には「効率的である」との考え方がある。韓国のKTXでは開業当初、自動改札機を導入していたが、後に廃止され信用乗車方式に移行した。 ニューヨーク市地下鉄などでは、第二次世界大戦前からターンスタイル式の改札機が導入されていた。戦後、1960年代前半の日本では、通勤ラッシュが問題になっており、自動改札機への期待が高まっていたが、従来のターンスタイル式の改札はノーマルクローズ型であったため、1分あたり20人程度の処理能力しかなく、全く役に立たないことが明らかとなり、原則扉を開けた状態で処理するノーマルオープン型の自動改札機が開発されることとなった。日本独自の改札口に対する考え方が、世界トップレベルの性能をもつ自動改札機の開発につながったといわれている。

    自動改札機は、改札を通る人間を赤外線で感知するセンサー部、乗車券類・プリペイドカード(乗車カード)を処理する装置などからなり、内部には複数のCPUが搭載され情報処理を行い通過データ(収入・人員)を記録する機能も持つ。 自動改札機に通す乗車券類などには、磁気や半導体メモリによって情報が記録されており、この情報を機械で読み取り、それを基に改札の通行を許可するか否かの判断が行われる。これらの情報が読み取れない乗車券(磁気情報を入れることが出来ない裏が白い乗車券や整理券、裏面に磁気コーティングがされていても磁気情報が記録されていない乗車券、券面が折り曲げられていたり破けていたりして磁気情報が読み取れない乗車券)は乗車券としての効力は有効でも自動改札機は利用できない。21世紀になって普及した、半導体メモリによって情報が記録された乗車券は自動改札機の所定の読み取り部分にかざすだけで利用できるものがほとんどである。 小児用の切符が投入された時は「こども」のランプが点灯する。JR西日本・JR四国や関東・近畿地方の大手私鉄などでは、認識のためヒヨコの鳴き声を模した「ピヨピヨピヨ」という音が鳴る。運賃割引適用の乗車券が投入された時は「割引」のランプが点灯する。 外観は、古いタイプは改札機の筐体上部に検知バーが柵のように設置されていて、さらに改札通路の天井に通行可(○や矢印マーク)、通行不可(×や進入禁止マークなど)が示されていて、どの改札を使えるかが遠くから見ても分かるようになっている。2000年代以降は検知バーや天井の標識を無くしたタイプの改札機が普及しつつある。 改札機の制御をするため、駅務室内に「監視盤」と呼ばれる操作卓が置かれる。改札機単体で使用されず必ず監視盤とセットである。無人駅では別の有人駅などから遠隔操作と旅客へのインターホンによる案内が可能である。 自動改札機本体の価格は、最低でも1台650万円から700万円近くであり、多機能なものになると1台1,000万円から1,500万円を超える。近年は高機能化により価格が上昇している。実際には、その他にも、監視盤(制御用の操作卓)、架台(改札機本体を床面に据え付ける土台部分)、通線工事(ケーブルの引き回し)、改札機と接続するデータ集計機のソフトウェアなどの費用が必要である。価格のうちソフトウェアの占める割合が大きく、駅数が...

    日本

    日本では主に改札方式がとられており、駅には自動改札機等の設備が設置されている。改札方式が採用されている理由としては、運賃収入の確実な収受(不正乗車の防止)のほか、旅客の安全確保の観点から都市部の狭い駅スペースへ多数の旅客が集中しないように駅構内へ立ち入る旅客数を制限することができるといった理由がある。 現在の主流である磁気乗車券を使用した日本初の自動改札機は、1967年(昭和42年)に京阪神急行電鉄(現 阪急電鉄)北千里駅に設置された立石電機(現在のオムロン)製の10台で、定期券専用である。その後、札幌市営地下鉄(1971年、昭和46年)や横浜市営地下鉄(1972年、昭和47年)がそれぞれ開業時に全面導入しているほか、他の鉄道事業者においても部分的な導入事例があったものの、自動改札機の導入への動きはあまり広まらず、営団地下鉄(当時)有楽町線のように一旦撤去した例もみられた。しかし、国鉄の分割民営化で発足したJR東日本が導入に舵を切ると、関東地方の各私鉄や地下鉄、四国旅客鉄道(JR四国)[注 6] を除くJR他社でも自動改札機の設置が標準となり、1990年代後半からは大都市圏以外の...

    欧米

    欧米諸都市などの鉄軌道・LRTでは多くの場合に旅客は改札を通ることなく自由に乗降でき係員等が抜き打ちで検札を行う信用乗車方式(あるいは無改札方式)が採用されており、このようなシステムの交通機関では改札機も設置されていない。下記は改札が設置されている交通機関の例である。

    ターンスタイル式の改札機

    自動改札のシステムはニューヨークや東京の地下鉄でターンスタイル式の改札機が導入されたことに始まったが、これらは均一の運賃制度のもとで採用されたもので機械の挿入口に直接硬貨を投入する機構になっていた。 ニューヨーク市地下鉄ではデー・イー社が製造したターンスタイルの改札機が用いられていた。 また、1927年12月に開業した東京地下鉄道(現・東京メトロ銀座線)は10銭の均一運賃制で、10銭硬貨を投入して回転腕木を回す形のターンスタイルの改札機が設置されていたが、1931年9月16日の区間制運賃導入により廃止された。この改札機は銀座線上野駅と、東京都江戸川区葛西にある地下鉄博物館にレプリカがあり、近代化産業遺産として認定されている。 各地で磁気カードやICカード式の乗車券の普及が進んだため、硬貨やトークンを直接投入するタイプのものはあまり見られなくなっている[注 7]。 日本国内における近現代の鉄道用としては、1970年(昭和45年)頃、磁気式自動改札機が実用化される直前の極短い一時期に、自動券売機と自動改札機のフラップ部分を連動させた駅務機器(自動券売改札機)が開発され、例えば、東京急...

    光学読み取り式改札機の開発

    乗車券に記録された情報を読み取る方式の自動改札機は1963年に近鉄技術研究所で研究開発が始まった。1966年には近畿日本鉄道と立石電機(現・オムロンソーシアルソリューションズ)の共同開発で鑽孔式(穴開け式)の光学読み取り式による自動改札機が開発され、近畿日本鉄道南大阪線の大阪阿部野橋駅で導入試験が実施された。さらに立石電機による開発が進められ1967年3月1日に京阪神急行電鉄(現・阪急電鉄)千里線の北千里駅で立石電機が開発した定期券専用自動改札機で本格的に採用された。しかし、全駅に導入されたわけではなく、また定期券専用であったため導入駅でも普通乗車券用に磁気バーコード式やその他の乗車券用に有人改札との併用であった。

    磁気乗車券用改札機の実用化

    現代の主流である磁気化乗車券を使用した自動改札機は、1969年に近畿日本鉄道が学園前駅で試験導入した日本信号製[注 8]が実用化の端緒である。 日本で最初に本格導入されたのは、前述の通り1967年の京阪神急行電鉄北千里駅であった。当初、定期乗車券と普通乗車券とでは改札方式が異なり、定期乗車券はパンチカード方式、普通乗車券は磁気化情報読取(バーコード)方式を採用していたが、その後、定期乗車券も磁気化方式に統一され、1972年には、定期乗車券・普通乗車券共用の自動改札機に更新されている。 1971年に入ると、日本鉄道サイバネティクス協議会により、日本で初めて標準化された旅客駅コード(磁気コード)が制定され、同年12月16日に開業した札幌市交通局地下鉄南北線[注 9]、1972年12月16日に開業の横浜市交通局地下鉄1号線[注 10]、1979年3月9日開業の北総開発鉄道[注 11]、1981年7月26日開業の福岡市交通局地下鉄1号線では、開業当初から全駅に設置されていた。 関西圏では、前述の近畿日本鉄道、京阪神急行電鉄[注 12]をはじめ、阪神電気鉄道[注 13]、京阪電気鉄道[注...

    2006年12月1日未明 東日本旅客鉄道(JR東日本)・東京モノレールの各駅に設置したジェイアール東日本メカトロニクス製(日本信号製筐体)の自動改札機でSuicaを使っての通過ができなくなるトラブルがあった。
    2007年10月12日朝、首都圏のJR・私鉄・地下鉄各社局など660以上の駅において、始発から日本信号製の自動改札機のみ作動しなくなるトラブルが発生し、日本信号は「私どもの責任であると考えている」と謝罪した。原因は改札機のICカード処理部(全鉄道事業者共通)のプログラムのミスで、ホストサーバーから送られるネガティブカードデータ(紛失・盗難や不正利用などにより利用停止措置のなされたカードのリス...

    入場印字機(にゅうじょういんじき)とは、乗車券などに旅客の駅構内への入場日時や駅名などを印字する装置である。自動改札機のチェック機能と集札機能を省いたものとも言える。JR西日本の自動券売機設置無人駅や時間帯によって駅員配置が省略される駅などに設置されている[注 37]。首都圏では自動改札導入以前の営団地下鉄と東京都交通局及び東急田園都市線二子新地駅が改札口に設置しており、回数券のみが入場印字機を通していた。 これは、乗車券や回数券を機械に通すことによって入場日時・駅を刻印するもので、乗車改札の代用とされるものである。原則として駅員が改札に立っていない時は必ず通さなければならないが、故障やインク切れで文字の判別ができないことも多く、通さなかったからといって特に咎められることはない。大型券から小型券まで、通常発売されているほぼすべてのサイズの乗車券に対応している。 なお、設定されている内容を印字することしかできず、乗車券の内容を判読したりチェックしたりすることはできないので、狭義の自動改札機には含まれない。この機械は自動改札機への移行により順次撤去されているが、自動改札機の移行の予定の無い地方では現在も根強く残っている。 ヨーロッパに多い信用乗車方式を導入している鉄道には、「チケットキャンセラー」と呼ばれる入場印字機と同じ機能を有する機械が設置されているが、通さないと検札の時に無賃乗車とみなされる。

    国鉄・岩波映画製作所『見えない鉄道員』(1970年)
    NHK『プロジェクトX〜挑戦者たち〜』「通勤ラッシュを退治せよ」
    同「執念のICカード 16年目の逆転劇」 - 内容的にはSuicaが主だが、Suica対応自動改札機の開発などにも触れた。

    一般的な自動改札機

    1. ICカード乗車券の使用方法 2. iCカード対応・JR東日本 柏崎駅(2018年7月)EG20 3. iCカード対応・JR東日本 長岡駅(2017年11月)EG10 旧型新幹線改札 4. 無人改札機・JR西日本 守山駅(2005年11月)OMRON製SPG 5. 簡易型で開閉バーとセンサーが省略されている・JR東海 由比駅(2006年7月) 6. 札幌市営地下鉄 新さっぽろ駅 日本信号製 GX-5 7. オムロンの最新自動改札機(2012年)(大阪の鉄道イベント会場)PGR 8. 台北捷運のICカード専用自動改札機(2006年8月文湖線萬芳医院駅) 9. 台湾高鉄(台湾新幹線)の自動改札機(台北駅・2013年) 10. 台鉄(台湾の在来線)の自動改札機(オムロン製・台北駅・2013年)U-PG 11. ソウルメトロの自動改札機・恵化駅・2013年) 12. JR西日本 放出駅(2005年6月)SPG 13. マサチューセッツ湾交通局(MBTA)・回転棒式(2005年8月) 14. JREM製自動改札機の中身 EG2

    ICカード専用

    1. JR東日本 鴨居駅(2013年12月)EG20 IC専用レーン 2. 池袋駅・JREM製(2006年12月)EG2 3. 小田急電鉄藤沢駅改札口の日本信号製PASMO専用改札機(2007年9月)GX7i 4. 筑肥線九大学研都市駅の日本信号製SUGOCA専用改札機(2013年10月)GX7 5. 簡易型・JR東日本 矢代田駅(2018年9月) 6. 簡易型・JR東日本 浜川崎駅 7. 簡易型・JR東日本 葛岡駅(2005年5月)

  3. 竹本織太夫 (6代目) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/六代目竹本織太夫
    • 文様
    • 概要
    • 系譜
    • 年譜
    • 役職
    • 人物
    • メッセージ
    • 受賞歴
    • 著書・連載
    • 舞台出演

    文様は織太夫縞(浴衣地)。竹本鶴鳴會文様はオリ鶴展開図(手拭い)。 これらの紋や文様は六代目竹本織太夫を襲名する際に、親しい友人であるgood design companyの水野学が"友情演出"で新たにデザインし、友の門出をデザインアシストで祝福した。 (オリ鶴展開図は咲甫太夫時代に水野学が同じくデザイン) 定紋の「抱き柏に隅立て四つ目」は、六代目竹本織太夫襲名を機に水野学がブラッシュアップ。替紋の「織の紋」は、竹本綱太夫の「綱」の字をかたどった古い綱太夫紋をベースにして、「織」の字をデザイン。「このとき水野学はあらゆる関係資料を熟覧し、一つの曲線、一画の止め方に例がないほどの労力を傾け、ようやく仕上げに至った。コンピュータを使えない時代にそのラインが生まれてきたプロセスを、さながら追体験するようだったという。」 「300年後に見た人にも、これ作ったやつ、なかなかやるなと思ってもらいたかった」―水野学

    祖父は二代目鶴澤道八、大伯父は四代目鶴澤清六、伯父は鶴澤清治、弟は鶴澤清馗、長男は二代目豊竹咲甫太夫、次男は鶴澤清斗、門弟に竹本織子太夫がいる。 NHK Eテレの子供向け番組『にほんごであそぼ』に、2005年よりレギュラー出演している。 2000年4月より大阪市立高津小学校にて「高津子ども文楽」の“先生”を務める。

    〈芸脈〉 初代竹本綱太夫は義太夫節の創始者である竹本義太夫からの直系。焼失した竹本座を1769年に再興した立役者だった。 初代の竹本織太夫は三代目綱太夫の門弟。以後、二代目、四代目、五代目の織太夫がのちに綱太夫を襲名していることからも、織太夫が綱太夫の前名だったことがうかがい知れる。 綱太夫の語りは代々「綱太夫風」といい、浄瑠璃は陰気に語り、三味線はそれを引き立てるように派手に弾くのが特徴。代々の綱太夫の得意演目は「綱太夫場」と呼ばれ、その代表として知られるのが『艶容女舞衣』の酒屋の段。織太夫、綱太夫ともに200年以上途切れることなく継承されてきた名跡である。 〈血脈〉 初代鶴澤清六を始まりとし、その娘の鶴澤きくと一緒になったのが、通称「法善寺」と言われる七代目竹本綱太夫。 有吉佐和子『一の糸』で描かれる"露沢清太郎"のモデル、四代目鶴澤清六は、きくのひ孫と結婚して清六家を継いだ。(女性とはのちに死別) 四代目清六の後妻となる静(『一の糸』の"茜"のモデル)の妹と結婚したのが、織太夫の祖父である二代目鶴澤道八だった。初代清六家から五代。娘が家を継ぎ、文楽の太夫や三味線弾きが清六家に入り、芸を守った。つまり、六代目竹本織太夫は、三味線弾きの祖父と伯父を持ちながらにして、太夫の家筋に生まれついたとも言えるのだ。 私(六代目竹本織太夫)は、江戸後期から三味線弾きとして活躍した初代鶴澤清六の家筋にあたり、代々継がれてきたその系譜が、実に大阪らしくて興味深いんです。初代鶴澤清六の娘である、鶴澤きくは法善寺で商いをしていました。きくの生涯の伴侶となったのは、京都から出てきた七代目竹本綱太夫。以後、五代に渡り、女性が家を継いで婿を取っています。有吉佐和子『一の糸』で三味線弾きのモデルになった四代目清六も、きくのひ孫にあたる女性と結婚し、東京から婿入り。きくが経営した『カフェーリスボン』の跡地で天ぷら『鶴源』を営んでいました。 そして、四代目鶴澤清六の後妻の妹と結婚したのが、私の祖父である二代目鶴澤道八。祖父は12歳のときに、三味線弾きになるために岡山から出てきた。聞くところによると、昼は三味線のお稽古、夜は岡持ちとして天丼の配達をしていたそうです。 このように家を継ぐのはすべて女性で、その旦那が文楽の太夫や三味線弾きでした。江戸の武家社会では男系で世襲しますが、大阪の商売人...

    1983年(昭和58年) 6月 豊竹咲太夫に入門 初代豊竹咲甫太夫を名乗る。
    1984年(昭和59年)10月 文楽協会研究生となる。
    1986年(昭和61年) 3月 素浄瑠璃の会「傾城阿波の鳴門」巡礼おつるで初舞台(国立文楽劇場小ホール)
    1993年(平成5年) 6月 文楽鑑賞教室「団子売」ツレで文楽公演初舞台(国立文楽劇場)

    一般社団法人人形浄瑠璃文楽座理事を2016年4月の設立時より務める 1. 2016年(平成28年) 4月 一般社団法人 人形浄瑠璃文楽座 理事就任(現任) 2009年に現代美術作家・杉本博司により設立された小田原文化財団の理事やアート・アドバイサーを設立時より歴任 1. 2009年(平成21年)12月 一般財団法人小田原文化財団 設立時理事就任 2. 2011年(平成23年)4月 公益財団法人小田原文化財団へ移行、理事就任 3. 2015年(平成27年)2月 理事を退任 4. 2015年(平成27年)3月 アート・アドバイザー就任(現任)

    「傾城阿波の鳴門」巡礼おつるにて初舞台の際に、鐵面皮の見台を使用(1986年3月) 「私(豊竹咲太夫)が太夫になったのは七歳のときでした。師匠山城少掾と父綱大夫とが放送の録音に行くのに同行した折、師匠が、そのとき使われていた見台(本を載せる台)を指して、「陽三(私の本名)、この見台をやるから太夫になるか」とおっしゃったのを、子供心に物をもらえるのやったらなってもええと思い「僕なります」とお答えしたのが始まりでした。鉄面皮(おこがましくもの意)と名付けられているこの見台は、少々小ぶりですが、黒塗りのとてもすばらしいものです。このたびは私にとって思い出深い鉄面皮を咲甫大夫の初舞台に使わせようと思っています。(86年3月18日)」 ソフィ・カル『Take care of yourself』に出てくる唯一の"男"(2007年) ソフィ・カルが日本でのプロジェクトに選んだ”女性”は”文楽の女”であった。定期的に行われていた文楽のパリ公演の舞台を観劇したソフィは、すぐさま知人を通じ、豊竹咲甫太夫氏にプロジェクトのオファーをした。 「2004年2月にパリで行ったデモンストレーション公演のオフに、ポンピドゥーセンターでソフィ・カル展を見たのが、僕とソフィ作品の出会いでした。ソフィは、盲人に美とは何かを聞く作品で”喪失”から”現存”を浮き上がらせたり、自身の痛みを公開することで癒しを与えるといった、正反対の出発点から表現したいゴールへと導くところに文楽との関連性を感じました。また、現代アートと古典、西洋と東洋といった一見すると相対するところにあるようなコラボレーションも、実は同じ線上にあると感じられる点も面白いと思い、今回の作品『Take care of yourself』に参加しました。この作品を映像戯曲化するにあたり、フランス語から日本語にしたものを、いとうせいこうさんに浄瑠璃化していただきました。そして、通常の文楽では物語の時代に合わせた着物を使うのですが、よりモダンな雰囲気を出すために、近代の着物と書見行灯を組み合わせたのです。また、映像では映りませんが、三味線の作曲は鶴澤清介さんに、人形は桐竹勘十郎さんに遣っていただき、先輩方に支えられて完成しました。当初、手紙は書き手の男性の声で読むという設定にして稽古をしていたのですが、ソフィから『この作品には男性は出てこないので...

    戯曲―「戯曲集団」としての人形浄瑠璃

    太夫の語りも、三味線も、すべては戯曲を立体化するための手段にすぎないと僕は思っています。人形浄瑠璃にとって一番大事なのは戯曲であって、つまり「戯曲集団」あるがゆえに、人形浄瑠璃は民衆に愛さ続けて来たわけです。加えて大事なのが、上方で生き続けてきたということ。例えば、文楽の『摂州合邦辻』は、謡曲の『弱法師』や説教節の『しんとく丸』を脚色して作られた作品で、現代では蜷川幸雄さん演出の舞台『身毒丸』にもアレンジされています。さらにもとをたどっていくと、『今昔物語集』にも出てくるアショーカ王の話や、ギリシャ悲劇の『オイディプス王』とも似ているのです。母と息子の結婚や邪恋、盲目、追放、放浪といった共通の要素があり、これらの物語に繋がりがあることを感じます。ギリシャ悲劇がインドに伝わり、シルクロードを通って日本の玄関・摂津国(現在の大阪)の住吉の津に上陸した。そこで上方の芸能に取り込まれて、大阪人が徹底的に人形浄瑠璃化したわけです。俊徳丸や浅香姫などの登場人物の名前も、大阪の地名からとっているということは、地元の人ならすぐに気づくでしょう。 大阪は商業の街。商いをしてなんぼの土地柄なんです。...

    戯曲―新作観

    僕自身は、古い戯曲の再構成を含めて、近代や現代の新しい戯曲が、もっとたくさんあって良いんじゃないかと思っているんですよ。というのも、以前、実験公演として浄瑠璃とコンテンポラリーメディア・アートとのセッションをした経験からなんですが。最近は僕のまわりでも、いろんな人達が関わりはじめていて、ボリス・ヴィアン『日々の泡』を戯曲化しようなんて話が出てたりもします。 私の新しい戯曲は、『現代草子 伊曽保物語』という作品で、『ジャータカ物語』という5世紀ごろの聖典のなかにある「力ある鷲の慢心」という物語を軸に、『イソップ物語』のいくつかの寓話を入れ込みつつ、日本人が古くから用いてきた変換の法則を僕なりに駆使して構成、脚本化したものです。『イソップ物語』は、日本には1593年にポルトガルの宣教師によって伝えられたのが最初ですが、1659年に挿絵入りで刊行された『仮名草子伊曽保物語』では、キリシタン思想をオブラートに包んで、儒教や仏教に置き換えつつ巧みに教訓を導き出しているんですよ。登場人物や動物も見事に日本のものに差し替えられていて、例えば「蟻とキリギリス」が「蟻と蝉」とかね(笑)。ベースにな...

    芸ー語る

    「僕は、三味線弾きにとっての「弾きたい太夫ナンバーワン」になりたい。車で例えるなら、ベンツやポルシェ……。太夫は、咳払いひとつしてもかっこよくないといけない。それは、高級車のドアを閉める音の響きも、大衆車と違うのと似ています。重みがあって、威厳がある。ぶつかっても壊れない、踏み込んだ時にターボがきく……。三味線弾きはドライバー目線なんです。三味線弾きに「やるな、こいつと思わせたい。車の「ハンドリングがいい」というのは、文楽なら「節回しが華麗」に置き換えられますね。「あんな車に乗りたい」と三味線弾きに思われる太夫でありたい。ドライバーに選ばれる車。「弾いてみたい」太夫が理想です。」 「標準語のアクセントでは(語りに)模様が出ないんです。私も大阪人ですけど、普段から「大阪弁やないとあかん!」と心がけてます(笑)。シャンソンにしても、カンツォーネにしても、日本各地の民謡にしたって、それぞれの土地の言葉だから伝わるものってあると思うんです。」 「いい芸というのは、不安や迷いがない芸。迷いが取り払われるまで稽古して、「私はこれを出します」という自信がないと、お客さまに不安が伝わってしまう。...

    2001年(平成13年) 7月 平成12年度因協会奨励賞
    2004年(平成16年) 1月 第32回(平成15年度)文楽協会賞
    2006年(平成18年) 3月 平成17年度大阪舞台芸術新人賞
    2007年(平成19年) 4月 第35回(平成18年度)文楽協会賞

    著書

    1. 『豊竹咲甫大夫と文楽へ行こう』(旬報社2004年) 2. 『文楽のすゝめ』(実業之日本社 2018年) 3. 『ビジネスパーソンのための文楽のすゝめ』(実業之日本社 2019年)

    連載

    1. 「サキホ風」―すばる(2002年6月号-2005年3月号) 2. 「SPT」―SPT(03-05号 2006年-2009年) 3. 「LIBERTINES REVIEW」ーLIBERTINES(No.1-No.4 2010年5月号-12月号) 4. 「review 40人のここが気になる」―ケトル(VOL.00-VOL.49 2011年-2019年) 5. 「この語りがすごい! 文楽に学ぶ現代教養講座」ー週刊朝日(2014年1月7日号ー2016年4月29号)

    1986年(昭和61年) 3月 傾城阿波の鳴門 巡礼歌の段(おつる) ※若手向上素浄瑠璃の会 1993年(平成5年) 6月 団子売 ※文楽鑑賞教室 7月 鬼一法眼三略巻 五條橋の段 9月 鬼一法眼三略巻 五條橋の段 11月 二人禿 12月 面売り 1994年(平成6年) 1月 花競四季寿 万才・海女・関寺小町・鷺娘 2月 長町女腹切 おはな半七 道行 4月 妹背山女庭訓 道行恋苧環 6月 伊達娘恋緋鹿子 火の見櫓の段 ※文楽鑑賞教室 7月 曾根崎心中 天神森の段 9月 芦屋道満大内鑑 大内の段 11月 仮名手本忠臣蔵 鶴ヶ岡兜改めの段 祇園一力茶屋の段(仲居) 12月 日高川入相花王 渡し場の段 1995年(平成7年) 1月 寿柱立万歳 2月 平家女護島 舟路の道行より敷名の浦の段 4月 鳴響安宅新関 勧進帳の段(番卒) 5月 生写朝顔話 宇治川蛍狩りの段、鳴響安宅新関 勧進帳の段(番卒) 6月 鬼一法眼三略巻 五條橋の段 ※文楽鑑賞教室 7月 まんだが池物語 野道の段 9月 鬼一法眼三略巻 五條橋の段 11月 団子売 12月 奥州安達原 朱雀堤の段(久助・家来) 1996年(平成8年) 1月 七福神宝の入船 (毘沙門)、伽羅先代萩 竹の間の段(腰元) 2月 信州川中島合戦 輝虎配膳の段(柿崎)、心中天網島 道行名残の橋づくし 4月 芦屋道満大内鑑 大内の段 5月 義経千本桜 道行初音旅 6月 寿柱立万歳 ※文楽鑑賞教室 7月 冥途の飛脚 道行相合かご 9月 菅原伝授手習鑑 加茂堤の段 11月 菅原伝授手習鑑 加茂堤の段 12月 仮名手本忠臣蔵 鶴ヶ岡兜改めの段 城明渡しの段 1997年(平成9年) 1月 連獅子 2月 雙生隅田川 狂女道行 4月 義経千本桜 仙洞御所の段 5月 義経千本桜 仙洞御所の段 6月 伊達娘恋緋鹿子 火の見櫓の段 ※文楽鑑賞教室 7月 雪狐々姿湖 崑山の秋(左コン) 9月 嬢景清八嶋日記 花菱屋の段(遊君) 11月 二人禿 12月 仮名手本忠臣蔵 祇園一力茶屋の段(力弥)(仲居) 12月 鬼一法眼三略巻 五條橋の段 ※文楽鑑賞教室 1998年(平成10年) 1月 良弁杉由来 志賀の里の段(腰元) 2月 曾根崎心中 天神森の段、今宮の心中 瓦町橋浜際の段(侍) 4月 寿柱立万歳 5月 伊賀越道中双六 和田行家屋敷の段 口 藤川新関の段...

  4. ゾンビランドサガ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/フランシュシュ

    2巻にあたる「サガ激闘修行編」は アニメショップ 系とCyStoreのみでCygamesが発売した 。. それらを 電子書籍 として(1巻のみ「サガ覚醒編」に改題して) 小学館 が発売しており、3巻目にあたる「懐古浪漫編」も同様に取り扱っている。. なお、電子版は2巻の方が ...

  5. 虹色定期便 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/虹色定期便
    • 概要
    • 放送時間
    • シリーズ一覧
    • プロジェクト・エデン
    • 群馬県大泉町編
    • 静岡県沼津市編
    • 山梨県甲府市編
    • 静岡県焼津市編
    • 静岡県浜松市編
    • 旅芸人 嵐風太郎

    1997年度版の「プロジェクト・エデン」は、前番組『きっと明日は』から引き継いだ長編ドラマ形式に加えて、本格的なSF要素を加味した物語展開を辿る異色作であった。しかし、1998年度以降の作品では『はばたけ6年』を継承した、「学校や家庭内で児童の身の回りに起こる身近な出来事に対する問題提起型の道徳ドラマ」というスタンダードなスタイルに路線変更している。 なお、新作としては2003年度版が最後であり、2004年度は2002年度版の再放送、2005年度は2001年度版の再放送となった(#シリーズ一覧を参照)。そして、2005年度をもって番組が終了すると同時に、『明るいなかま』から43年間続いた小学校高学年向けの道徳番組枠でのドラマが終了することとなった。道徳番組としては後番組である『道徳ドキュメント』に引き継がれたが、こちらはタイトル通りのドキュメンタリー形式に路線変更されている。

    1997年度:水曜10:45 - 11:00、木曜11:15 - 11:30、金曜11:00 - 11:15
    2002年度:火曜11:30 - 11:45、水曜11:15 - 11:30
    2003年度:火曜11:45 - 12:00、水曜11:30 - 11:45
    2004年度:水曜9:30 - 9:45
    1997年度 - プロジェクト・エデン
    1998年度 - 群馬県大泉町編
    1999年度 - 静岡県沼津市編
    2000年度 - 山梨県甲府市編

    あらすじ

    西暦3000年の遠未来から出現したアスラが現代人の忠夫・唯の兄妹とともに3000年の未来で猛威を振るっている人の心に取り付く精神病原体「キルケウイルス」の発見、根絶を行うというものである。キルケウイルスは元々は20世紀に生きるたったひとりの人物の心の歪みから発生した突然変異型ウイルスで、1000年のあいだに全地球上に広まってしまったらしい。それを根絶し3000年の人類社会を救う為にはもはや過去に戻って歴史改変を行う以外に手立てはなかった。しかしキルケウイルスを逆利用し人類全体を統治していた「ミレニアム帝国」がこのことを知り、根絶をされれば人類統治が危うくなると考えた帝国軍もアスラを追って20世紀の虹ヶ崎に来襲してくる。

    概要

    全般に堅実なジュブナイルSFドラマとして展開する。舞台は20世紀の日本が主体であり、未来社会の描写は少ない。西暦3000年の人類はキルケウイルスが原因で殆どが死滅していたが、少数残った人類が悩みも苦しみも争いもない理想郷を作った。しかし「これは本当の理想郷ではないのではないか?」という問いかけが作品のテーマである。この時代では自由意志を持たなくなった大多数の人々が、少数の統治者のもとで完全に管理統制され、悩むことも思い煩うこともない生活を送っていた。しかし、アスラは人間性を失った社会に反旗を翻したレジスタンスとして、未来の世界から歴史を変えるためにきたのである。

    基礎情報

    1. 放送期間:1997年4月9日 - 1998年3月13日 2. 原作:来生史雄 3. 主題歌:『プロジェクト・エデン』(作詞:由比京紀、作曲:田頭勉、歌:間宮レイ[注 1])

    基礎情報

    1. 放送期間:1998年4月8日 - 1999年4月2日 2. 舞台:群馬県邑楽郡大泉町立東小学校

    出演者

    1. 陽介 - 藤沼豊 2. フランシーネ由紀 - 加藤理恵 3. カトリーヌ - バージュ美波 4. 勇太 - 本郷達也 5. 謙一 - 大久保翔太朗 6. マリア民子 - 巽リナ 7. みずほ - 田中友香里 8. エルトン - 小金丸レナート 9. ギュンター - ミッキー・ヘンシェル 10. 莉子 - 相凝 11. 近藤先生 - 小原さおり 12. 本田先生 - 戸塚リムセ 13. フランシーネ由紀の父 - 佐藤クラウジオ・ヨシオ 14. フランシーネ由紀の母 - 佐藤ルーチ・ミユキ 15. フランシーネ由紀の弟 - 玉城レアンドロ・ユキオ 16. フランシーネ由紀の祖母 - 神田時枝 17. 陽介の父 - 真実一路 18. 陽介の母 - 千うらら 19. 陽介の姉 - 古牧絵理子 20. 民子の父 - 丹古母鬼馬二 21. ギュンターの母 - 桐山ゆみ ほか

    基礎情報

    1. 放送期間:1999年4月7日 - 2000年4月7日 2. 舞台:静岡県沼津市、沼津市立静浦東小学校(現在の沼津市立静浦小中一貫学校の前身の一つ) 3. 原作:東多江子 4. 音楽:白石哲也

    出演者

    1. 植島寛市 - 山内秀一 1.1. 半農半漁の大家族で姉と妹をもつ。やんちゃだが友情に厚いところがある。朋彦とはライバル意識を持ちながらも、お互い仲のよい友人と思っている。家族とは意見を対立させることも多いが、比較的良好な関係である。優しい笑顔が魅力的。 2. 藤田すみれ - 藤原ひとみ 2.1. 両親が離婚し、母方の祖母の元で育てられている。利発で気が強いしっかり者。寛市の良き世話係的な役割も担う。シリーズ終盤で転校。 3. 小田切朋彦 - 知野真澄 3.1. 東京から父の仕事の都合で引っ越してきた。かなづちであり当初遠泳大会への出場を拒否していた。母親の意向で東京のピアノ教室に通っているが、本当は他人から強制されることを嫌っている。第1便の語りの中で、寛市は「朋彦が世界一幸せだとしたら、俺は世界一不幸せだ」と言っている。しかし、実際は朋彦自身が寛市の生き方にあこがれていた。 4. 遠藤圭太 - 富田健裕 4.1. 自分は将来、華やかな世界で生きたいと夢を抱く、お調子者。すみれに恋心抱いているらしい。寛市の大の親友。 5. 高山亜矢 - 内藤瑞紀 5.1. 理髪店の娘。ひと...

    基礎情報

    1. 放送期間:2000年4月12日 - 2001年3月16日 2. 舞台:山梨県甲府市、甲府市立富士川小学校 3. 原作:相原かさね 4. 脚本:長川千佳子

    出演者

    1. 佐久間恭平 - 佐保祐樹 1.1. 主人公。個性と自由を履き違えてしまうところがあった。 2. 宮本桃 - 山岸絵里奈 2.1. 第1話の終盤で転校生として登場。外面と内面のギャップに悩んでいた。友人の一人に盲目の少年がいる。本名が「桃」であることにちなみ、クラスメイトからは「ピーチ」と呼ばれている。 3. 市川武 - 水野樹希 3.1. 比較的真面目で知的な性格。実母は武の出産時に出血多量で死亡。その事実を知った時は荒れていたが、継母の愛情を知り元気を取り戻す。 4. 亀田七 - 蓮沼藍 4.1. 比較的明るい性格。ただ、父親が専業主夫であることを、恭平たちに馬鹿にされた時は、さすがに落胆していた。 4.2. 学校での服装は、桃・圭子とは異なり、他の2人がブラウスを着ていたのに対しポロシャツを着ていた。 5. 菊島圭子 - 鈴木麻世 5.1. 母親であるマリ子が妊娠している。当初はそのことに抵抗感を持っていたが、その後はそのことを一つの喜びとして捉えるようになった。物語終盤で弟が誕生。 6. 秋山浩市 - 西洋亮 6.1. 眼鏡をかけており、巨漢の少年。盛り上げ役としての...

    基礎情報

    1. 放送期間 1.1. 2001年4月11日 - 2002年3月15日 1.2. 2005年4月08日 - 2006年3月17日 2. 舞台:静岡県焼津市、焼津市立東益津小学校

    出演者

    レギュラー 1. 吉村雄樹 - 山岡太郎 2. 菅原しおり - 古川英利子 3. 郷田新之輔 - 伊山伸洋 4. 尾崎カンナ - 安積玲奈 5. 岡本大地 - 椿直 6. 甲斐先生 - 比佐廉 7. 校長先生 - 内山森彦 8. 教頭先生 - 松原誠 9. 池野先生 - 後藤緑 10. 保健の先生 - 奥井奈緒子 11. 佐々木先生 - 鉄野正豊 12. 雄樹の父 - 谷村好一 13. 雄樹の母 - 中村敦子 14. 未来 - 森田亜柚 15. 雄樹の祖母・ふみ - たうみあきこ 16. 雄樹の叔父 - 滝雅人 17. しおりの父 - 小川隆市 18. しおりの母 - 酒井万里子 19. 新之輔の父 - 手塚秀彰 20. 新之輔の母 - 鈴木佳子 21. 新之輔の姉 - 高本優 22. 新之輔の叔父 - 草野裕 23. カンナの父 - 鈴木一馬 24. カンナの母 - 駒塚由衣 25. 大地の父 - 田村円 26. 大地の母 - 門美樹 ゲスト 1. 山田雪江 - 中田千寿 2. 近所のおばあさん - 鈴木トメ 3. おばさん - 塩谷由子 4. 仲間の漁師 - 又木克昌 5....

    基礎情報

    1. 放送期間 1.1. 2002年4月9日 - 2003年3月19日 1.2. 2004年4月7日 - 2005年4月01日 2. 舞台:静岡県浜松市、浜松市立北庄内小学校

    出演者

    レギュラー 1. 秋山大河 - 田中大河 1.1. 獣医師を父に持つ転校生 2. 野中百合 - 尾高杏奈 2.1. 花農家の一人娘 3. 津田はるみ - 吉田紗也加 3.1. 旅館・春海荘の長女 4. 山下一郎 - 茂木克憲 5. 中沢修 - 藤岡晃維 6. 大河の父 - 大原康裕 7. 大河の母 - 大野田由紀子 8. 大祐 - 伊藤拓也 9. 布施先生 - 中道有紀 10. 校長先生 - 八田豊美 11. はるみの父 - 加門良 12. はるみの母 - 渡辺真砂子 13. はるみの兄 - 渡辺健司 14. 一郎の父 - 田中耕二 15. 一郎の母・クロザル(ピースケ)の声 - 平野文 16. 一郎の姉 - 本田慧 17. 百合の父 - 津村和幸 18. 百合の母 - 竹下明子 19. 百合の祖母 - 渡辺康子 20. 修の母 - 服部妙子 21. 工場頭の慶さん - 大平英輝 ゲスト 1. 秋山家の隣人(飼育係・吉田) - 米山信之 2. 売店のおじさん - 北相馬宏 3. クラスメート - 須永佐友美、中田千寿、近藤悠理 4. 大祐の担任・事務員 - 菊池早希子 5. ヤス...

    基礎情報

    1. 放送期間:2003年4月8日 - 2004年3月17日

    出演者

    1. 主人公・劇団「嵐一座」人気女形・嵐風太郎- 峯崎雄太 2. 風太郎の従姉・雨宮花菜子 - 成田さやの 3. 風太郎の同級生・望月祐介 - 松本翼 4. 風太郎の同級生・葉山悟 - 渡辺彼野人 5. 風太郎の同級生・白川弓 - 大橋正子 6. 風太郎の同級生・木村さなえ - 小林万桜 7. 嵐一座の遠征先・佐渡の小学校の同級生・おとなしくて目立たない子 - 平井麗奈 8. 嵐一座の遠征先・箱根の小学校の同級生・増井まり子 - 鉢嶺七奈 9. 風太郎の祖母 - 目黒幸子 10. 辺見美佐男 11. 富田果菜 12. きくち英一 13. 植木紀世彦

  6. ひたち (列車) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/フレッシュひたち

    しかし、水戸地区から通勤通学で特急を頻繁に使用する利用者にとっては現行の「定期券用月間料金券」と比較して大幅な負担増となるため、茨城県や同県県央地区の自治体から割引制度の導入を求める声が上がり、「定期券用ウィークリー料金券」の発売決定に至った ...

  7. ガイア・ギア - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/アフランシ・シャア
    • 概要
    • 物語
    • 登場人物
    • 設定・用語
    • 既刊一覧
    • サウンドシアター

    『機動戦士ガンダム』(以下『1st』)をはじめとした「宇宙世紀」を舞台とする作品で、1stの原作者富野由悠季によって著述された作品としては最も遠い未来の、宇宙世紀0200年代(ラジオドラマでは宇宙世紀0203年と設定されていて、年表などではこちらが記載される)から物語は始まる。ラジオドラマ版では大筋の物語、人物の性格など設定が異なる点は多く、こちらにしか登場しない人物もいる。 タイトルの「ガイア・ギア」とは、作中で主人公アフランシが搭乗するマン・マシーンの名称でもある。本作品に登場するマン・マシーンとは作中における人型機動兵器の呼称で、モビルスーツの代わりに各組織で運用されている。モビルスーツとして登場するのはゾーリン・ソールと朽ち果てたギャプランのみである。 同一のものではないが、後の作品にも登場した「ミノフスキードライブ」や「ミノフスキーフライト」といった名前も出ている。 連載終了後に商業作品などメディアで扱われた例としては、カトキハジメがニュータイプ誌上で連載した『GUNDAM FIX』がほぼ唯一で、ここでは数々のガンダムと共に同列に扱われている。

    第1巻

    第1章 1. 人類が宇宙に人口の捌け口を求めて、はや2世紀。地球の周りには、巨大な人工の植民島・スペース・コロニーがいくつも浮かびその中で暮らす人々と、地球に住む人々の心は離れてゆくばかり…、そんな時代。 2. 地球の数少ない特別区の南太平洋の島で育った19歳の青年アフランシ・シャアは、星々の光による刺激で、彼の記憶巣の最も奥にある膨大なセル・チップが共振し目覚め、数千万の人の顔や意思、地球とそれを取り巻く自然、恐竜の絶滅、ヴィタミンの原子構造、金属粒子の衝突、マシーンたちの生成など、書くことができないほどの量の視覚現象を知覚する。「宇宙は、人で満ちている……」とアフランシは認識した。 3. 孤児であったアフランシを育てた島の長老ガバ・スーは嵐の夜、老衰で亡くなる。その臨終の際、ガバはアフランシへ「お前は地球にいる人ではない…宇宙(そら)に出よ」との遺言を送る。満座の人々は頷いて、ガバの遺言どおりアフランシが宇宙に出るよう勧めるが、アフランシは宇宙に出るのが怖い事を吐露した。 4. アフランシの美しい混血の恋人エヴァリー・キーは宇宙に行く事を反対し、相談しようとするアフランシから...

    第2巻

    第1章 1. アフランシは先程、スパシアス号に接触してきたウルの素性を怪しく思い、ヘラスの工業ブロック地帯にゾーリン・ソールを隠す予定だったが、その計画をクルーに命令して中止させた。クリシュナの運転する小型電気自動車エレカによってアフランシ達は、コロニー内の街グレンツェへと移動する。ゲートの向こうの道路には、人の群が地鳴りを起こすように揺れており、どこかスペース・コロニーはクリーンで整然としているものだと思っていたアフランシは呆気にとられた。しばらく一行を乗せたエレカは走行を続けていたが、突如、周囲に走っているのと同じようなバン・タイプの車が仕掛けてきた。それに乗っている数人の男達が汚い言葉を怒鳴り散らしながら、一見どこにでもいるチンピラ風ではあったが、バンを運転する男の雰囲気に嫌なものを感じたアフランシは、自分達の素性がバレていると考え、クリシュナに逃げるよう指示した。エレカをスラムへ向け追手を退けようとするが、袋小路に入ってしまいアフランシ達は徒歩で逃げる事になる。追われながら、とあるビルの非常階段から3階に滑り込んだ。その部屋には、ベールの下に白濁した眼光を放つ見知らぬ夫人...

    第3巻

    第1章 1. ガイアギア・アルパの機体チェックとパイロットスーツのバーニア操作訓練を済ませたアフランシは、出撃準備を完了させた。戦場には、マハの数隻のクエンゼリ・タイプの宇宙巡洋艦が出ていたが、ブロン・テクスターで出撃したウルは慌てることはない。そのマニピュレーターには、ノーマルスーツを着込んだ捕虜のクリシュナを固定していた。これは、マン・マシーン戦での楯に使おうというのではなく、アフランシ達メタトロンがなぜ、泡を食ったように出てきたのかを確かめる為だった。宇宙船マハ・ゲイジスで指揮を執るヘラスのマハの総司令ダーゴル大佐は、メタトロンにヘラスを攻撃してもらう腹積もりだった。一撃二撃くらいは攻撃を容認して、反地球連邦政府活動全般を武力で弾圧する口実を作りたかったのだ。 2. ガイア・ギアに搭乗するアフランシは前方の空域から『人の気』そのものを感じていた、ガイア・ギアのサイコミュは作動させていないというのに反応が出ていた。それはつまり、アフランシの能力が本物だということだ。出撃するアルパ、ジョー・スレンとマドラスが乗ったゾーリン・ソール、そして僚機のドハディ。それに刺激されて地球連邦...

    1. スペース・コロニーという温室が、治療の根本を考え直させ免疫不全症を押さえる治療が完成した後、人類は自由になったが何をしたらいいか分からなくなって趣味の自殺までが流行る時代、この汚染された環境を乗り越える理性を持っているとされる人々がニュータイプとされていた。絶対安心の境地で、死に至るまで、幸福でいられる人間。イエス・キリストのようであっても、十字架にかけられることなく、キリストであり続けられる存在。また、ニュータイプは善き人々で誤解せずに理解しあえ、永遠に共存し得る人々。 2. ニュータイプになるには、現在の問題がどこにあるのかを見極め、その夾雑物を排除する訓練をするしかない。その過程で、理性と想像力を強化すれば、人類全てがニュータイプになれるという。と、ニュータイプについて複数の認識がある。 3. ニュータイプの能力というのは、武術と同じように、個にしか向かわないという問題がある。ニュータイプになった方法というのは、他人には伝えられず、あくまでも個として、習練しなければならないもので、組織に敷衍させられる能力ではなかった。 4. ニュータイプだと噂されていたウル・ウリアン...

    1. この世界で使われている大型の人型機械の総称。

    1. 対電波撹乱粒子。散布された空域では、ホーミング・ミサイルによる攻撃が使用不可能になる。また、識別信号も使える距離が限定される。電波干渉されるかどうかはミノフスキー粒子量が問題であり、コロニーで電波をキャッチし、シリンダー内に電波干渉するほど残留していなければ問題はない。コロニー内のように大した距離がないのであれば、ミノフスキー粒子の干渉波が強くても、マン・マシーンで音声を受信出来る。 2. 光波も乱れるため、ミノフスキー粒子が干渉したカメラの映像にはノイズが入り、至近距離でなければ正確な読み取りは出来くなる。また、音声通信もノイズが混じる。 3. ミノフスキー粒子下ではレーダーが使えない。移動するマシーンはレーダーの代わりに、推力の変動と方位の変動をコンピューターに算出させて、自機の位置を特定する。しかし、この方法は大気の変動でかなりの誤差が生じるため、実視ディスプレーを映し出すカメラの性能とパイロットの勘で補うしかない。 4. ミノフスキー粒子下では、直線上で回線が開かれるレーザー通信でしか通信は出来ない。

    ガイア・ギア 1(角川文庫 1988/9/1)
    ガイア・ギア 2(角川スニーカー文庫 1989/9/1)
    ガイア・ギア 3(角川スニーカー文庫 1990/9/1)
    ガイア・ギア 4(角川スニーカー文庫 1992/2/1)

    小説を原作としたラジオドラマ。文化放送により開局40周年記念とAMステレオ放送開始に合わせて制作され、1992年4月12日から10月4日まで全26話が日曜23:30〜24:00に放送された後、全5巻のCDとして発売された。

    • 概要
    • 歴史
    • 出演者
    • 番組構成
    • 投稿者特典
    • ネット局と放送時間
    • 視聴率
    • パロディ番組・企画
    • 備考
    • スタッフ

    当番組は「生きていく上で何の役にも立たない無駄な知識、しかし、つい人に教えたくなってしまうようなトリビア(雑学・知識)」を視聴者からの一般公募により、トリビアプレゼンター(司会)を務める高橋克実と八嶋智人がVTRにて紹介し、品評会会長のタモリを筆頭にゲスト品評会員らが品評していく。英語にある「trivia(「トリビア」)」とは、日本語で「雑学・些末な」という意味である。 評価・品評するメインコーナー「トリビアの泉」をはじめ、実用性はないが「明日人に教えたくなる」ような話題の提供をコンセプトに放送する。番組タイトル名は“トリビア”と“トレビの泉”のかばん語である。 当番組の制作・企画・構成に関しては、番組スタッフが飲み会中、ある番組スタッフの薀蓄話に別のスタッフが「へぇ」と答えたことに始まっている。また、当番組スーパーバイザーとして、番組のヒントになった『トンデモ一行知識の世界』 と『トンデモ一行知識の逆襲』の著者である唐沢俊一が監修し、当番組に参加している。

    2002年10月7日から毎週火曜日 1:40 - 2:10(月曜深夜)に深夜番組(月深枠)としてレギュラー放送が開始され、2003年3月17日まで深夜枠で放送。視聴率5%超えという1時台の深夜番組としては高視聴率を獲得した。2003年1月4日(土曜日)15:15 - 16:15には、番組初となる1時間の拡大版の特別番組が放送された。なお、当時はレギュラー放送が深夜だったが、異例の昼の時間帯で放送された。 番組の人気や高視聴率に伴い、ゴールデンタイム・プライムタイム枠に昇格し、品評会会長としてレギュラーにタモリを加えて、2003年7月2日から毎週水曜日 21:00 - 21:54にレギュラー放送された。3ヶ月間ブランクがあったのは、遅れネット局に配慮したためである。ゴールデンタイム・プライムタイム枠での番組は、毎回25%を超える高視聴率を連発したり、番組内で使用される用語「へぇ」も当時の流行語大賞にノミネートされ、トップテンに選出されるなどの社会現象を巻き起こした。 2004年1月1日(木曜日)21:15 - 22:45と、2005年1月1日(土曜日)21:15 - 22:30に、2年連続で元日に拡大版の特別番組が放送された。 2005年のFNS25時間テレビでは、当番組をベースとして放送された。約3本の特別編が放送され、FNS系列27局の対抗企画である「トリビアの温泉〜あっついテレビ局No'1決定戦」とフジテレビ社員が実現したい企画を実際に放送する「テレビヤの種」、ちびまる子ちゃん、サザエさん (テレビアニメ)に関するトリビアが放送された。なお「温泉」では特別編という事もあり、ナレーションが 藤岡弘、、赤を基調にしたスタジオ、お祭りのような喧騒感で演出など、通常のテイストとは大きく異なっていた。詳しくはFNS25時間テレビのページを参照。 2006年1月11日 19:00 - 22:48には、『トリビアの泉 〜最強の国民ランキングSP!〜』と題して、当番組過去最長の放送時間の228分(3時間48分)の拡大版の特別番組を放送。放送111回を記念とした4時間スペシャルを放送。また、これまで放送される事がなかった19時台・20時台に初めて放送された。尚、この日の放送では、「トリビアの泉」「トリビアの種」共に、新作は一切取り上げず、過去のトリビアの総集編が行われた。「...

    トリビア プレゼンター(司会)

    1. 高橋克実 2. 八嶋智人 2.1. 進行や補足は八嶋が担当。

    品評会会長(会長)

    1. タモリ 1.1. ゴールデン移行後にレギュラー出演。採点には厳しく、満点は一度も出したことがない。

    ナレーター

    初代 1. 中江真司(2002年10月7日 - 2007年1月27日、深夜〜ゴールデン・レギュラー放送) 2代目 1. 大友龍三郎(2007年5月12日、特別番組) 3代目 1. 窪田等(2007年11月28日・2010年2月27日・2011年12月21日・2012年1月1日、特別番組 - ) その他 1. 皆口裕子(2004年8月10日) 2. 永井一郎(2007年1月27日、アバンタイトル) 3. 大塚周夫(コラボレーション企画『ONEPIECE』、2010年2月27日) 4. 田中真弓(同上) 5. 大場真人(同上) 6. 吉村誠一郎(フリーアナウンサー、2010年2月27日) 7. 中村光宏(フジテレビアナウンサー、2010年2月27日)

    番組開始当初より2004年までは番組冒頭にSF作家のアイザック・アシモフの発言とされる「人間は無用な知識が増えることで快感を感じることができる唯一の動物である[注 5]」を引用し、番組コンセプトと結びつけた。 2005年1月以降レギュラー放送終了まではこれに代わり、同様の目的で哲学者アリストテレスの『形而上学』第一巻冒頭の文「全ての人間は生まれながらにして知ることを欲する」(980a) を引用した。 ゴールデンタイム時代のレギュラー放送開始当初では、番組のオープニングでタモリが「皆さんは“トリビア”という言葉を知っていますか? トリビア、それは人生には全く役に立たないムダな知識。人はなぜ、ムダだと分かっている知識を追い求めるのでしょうか? かのSF作家のアイザック・アシモフはこう言いました。『人間は無用な知識が増えることで快感を覚えることができる唯一の動物である』。今日は一体、どんなトリビアが私達を“へぇ”と言わせてくれるのでしょうか」と語り、オープニングタイトルに入る構成だった。その後、スタジオで高橋が「ムダな知識が明日のあなたを変える『トリビアの泉』へようこそ」と語り、すかさず八嶋が「『トリビアの泉』では、視聴者の皆様より送られてきた、生きていく上では全く必要のないムダな知識、トリビアでいかに感動できるかを品評していただきます」と語っていた。 当番組で使用されるBGMは、クラシック音楽やオペラ音楽、紹介する「トリビア」にちなんだものが多い。また、番組の趣旨が「知識の品評会」のため、パネラーたちは皆正装しなければならない。主として男性はスーツ、女性はドレスなどを着る。 画面左上には必ず赤字の明朝体で「明日使えるムダ知識をあなたに」とテロップが表記されている。

    投稿採用者には獲得した「へぇ」の数に応じた賞金が贈られる。通常は1へぇにつき100円(例として70へぇの場合、賞金は70へぇ×100円=7,000円)で、「満へぇ」(100へぇ)の場合は10万円となる。ただし、今までの最高は「99へぇ」で、「満へぇ」の出た「トリビア」は放送終了まで1つもなかった(10人の時は「198へぇ」)。ちなみに今までの最低は「12へぇ」である(ただし、「小さい"へぇ"見つけた」のコーナーを除く)。深夜時代のある「トリビア」で「99へぇ」まで行った時、最後の「1へぇ」を残したパネラーが「そこ(司会者が読んでいる紙)にない情報を教えてくれたら押す」などと言い結局押さなかったことがある。スペシャル放送(一部を除く)および『土曜プレミアム』枠での放送では審査員が10人に増やされ、最高は200へぇとなり、賞金は20万円である。 さらに、以下の賞品が贈られる。 各放送回で最も多くの「へぇ」を獲得したトリビア(今週のベストオブトリビア) 1. 脳をかたどった金色の「金の脳」が贈られる。「金の脳」は脳の部分が開閉できるようになっており、その中にメロンパンを収納できるメロンパン入れにもなっている。メロンパンである理由は単に「脳みそがメロンパンにも見える」からというだけのもので、深い意味はないと八嶋がコメント。2005年に「金の脳2005年モデル」にリニューアルされ、開き方が観音開きタイプからガルウィングドア(ランボドアともいう)タイプになり、2006年には「金の脳2006年モデル」にリニューアルされ、台座にアナログ時計が付いたものになる。2007年に、金の脳の蓋がついた茶碗になった(白子入れになっている)。ただし、「本日の金の脳」紹介時にテロップの背景に映される「金の脳」は初代タイプのまま。 2. 例外として、最も高いへぇを獲得したトリビアであるにもかかわらず金の脳ではなく銀の脳が贈られたことがある。 高橋が個人的に最も気に入ったトリビア(マイフェイバリットトリビア、通称MFT) 1. 脳をかたどった銀色のオブジェ「銀の脳」が贈られる。サイズは「金の脳」よりも小さい。高橋が個人の独断で選んだ「トリビア」に採用される為、「銀の脳」とはいうものの、2番目に「へぇ」を多く獲得した「トリビア」が選ばれるとは限らない(特に下ネタが含まれている「トリビア」が取り上げ...

    ミニスペシャル

    放送日時は日本標準時(JST)。2012年1月1日 21:00 - 23:30(JST)(番組生誕10周年)の『トリビアの泉 10周年! あけましてムダ知識SP』の放送前に4夜連続で「深夜にニヤっとできるトリビア」を各10分間放送した。

    深夜時代から高視聴率を獲得し続けた結果、2003年7月2日に水曜日21時台のゴールデンタイムに昇格。ゴールデンタイムの第1回の放送で20.5%の高視聴率を記録する好スタートを切った。その後も25%前後の高視聴率を獲得し続けて、時間帯のトップに躍り出た。 番組自体も社会現象になるほどのブームとなり、2004年に突入しても衰えることなく視聴率ランキングの常連に入っていたが、2005年になってしばらくした頃から視聴率は徐々に下がっていった。それでも2006年9月時点で平均2桁は維持していたもののレギュラー番組でやっていく上での改善が困難となりレギュラー放送を終了、その後は不定期の特番として放送されている。ゴールデンタイムでのレギュラー放送の平均視聴率17.8%は2003年以降に放送を開始したバラエティ番組では1位であり、2001年以降に放送を開始したバラエティ番組のレギュラー放送で最高視聴率が25%を超えたのはこの番組と『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系列)のみである。 以下のデータはいずれもビデオリサーチ調べ。

    人気番組だったため、本番組を様々な放送番組がパロディにしたことがあった。 1. 『FNS27時間テレビ めちゃ²オキてるッ! 楽しくなければテレビじゃないじゃ〜ん!!』 1.1. 番組内で行われた「FNS全国一斉期末テスト」の各局代表者発表において、本番組のへぇボタンのシステムが使われた。この27時間テレビで使われたボタンは押すと「べぇ」と鳴るため、通称「べぇボタン」。これはこのコーナーに出演していた笑福亭鶴瓶に因んでいる。 1.2. 2局ずつ代表者を発表していき、その代表者についてのムダ知識を発表する。その2局のうち、べぇの数が多い局のテストの点数にそのべぇの数が点数として加算される。 2. 『FNS ALLSTARS あっつい25時間テレビ やっぱ楽しくなければテレビじゃないもん!』 2.1. 『FNS27時間テレビ』内で放送された「テレビヤの種」、「トリビアの温泉」(2005年7月23日 - 24日放送)。どららも、この年の『FNS27時間テレビ19』の通しコーナーとして行われた。尚、どちらのコーナーも本番組の司会の高橋と八嶋も出演していた。 2.2. 「テレビヤの種」はフジテレビスタッフの様々な企画を実現するコーナー。「トリビアの種」同様、タモリが5段階で評価し、「〜分咲き」および「満開」は通常の花に代わってフジテレビのマークで表された。大半の出演はタモリと八嶋だけで、高橋はコーナーの最後にのみ出演した。 2.3. 「トリビアの温泉」はFNS全28局がそれぞれの地方の話題を「あっついご当地トリビア」として紹介するコーナー。感銘度を表す単位は「へぇ」に代わり「あっつい」が使われ、ボタン(ボタンは丸形のピンク色)を押した際の声も「あっつい」に。この声とVTRのナレーションは藤岡弘、が担当。司会は西山喜久恵(フジテレビアナウンサー)と八嶋の2人で、高橋は23日のみ出演。品評会は「トリビアの泉」では見られない豪華出演者10名で構成された。(実質)品評会会長として島田紳助が特別参加した。「トリビアの温泉」では視聴者投票も実施する等とこの年のFNS局対抗戦の名に相応しい激闘が展開された。 2.3.1. なお、本番組では満へぇは一切出なかったが、当パロディでは満あっつい(200あっつい)を獲得したネタが登場した。 3. 『ズームイン!!サタデー』(日本テレビ系列)...

    エピソード

    1. 番組では放送されたにもかかわらず、番組で紹介した「トリビア」をまとめた『トリビアの泉 へぇの本』には掲載されなかった「トリビアの泉」・「トリビアの種」・「ガセビアの沼」がいくつか存在する。これは、「事実と違っていた(放送後にお詫びなどを放送した)」、「営業妨害につながる」、「みんな知っている」、「極度な下ネタである」、「残酷な内容が含まれていて不快」、「青少年の家出を助長している」、「個人情報漏洩(個人情報保護法違反の抵触)につながる」、「他人への嫌がらせにつながる」、「動画や音声でないと分かりづらい」などの理由や被伝者・版権などによる複雑な権利絡み(特に映画)などのため、掲載が難しいためである。ただし、放送においては再放送されることも少なくなく、本への収録自体も重版・重刷などにより増減する場合がある。 2. 番組の公式番組サイトのアドレスはwww.fujitv.co.jp/trivia/だったが、現在(2012年1月時点)はwww.fujitv.co.jp/b_hp/trivia/へのリダイレクトとなっている。2003年8月 - 9月の間は、www.trivianoizu...

    番組の評価

    1. アジア太平洋放送連合(ABU)・第41回総会でABU賞(テレビ・エンターテインメント部門)を受賞した。番組では「ムダ知識」とは言いながらもこれまで一般に知られていなかったことや意外に役に立つ雑学が紹介されたこともあり(後になるとネタ切れのためそのような「トリビア」は減った)、日本PTA全国協議会の「子供に見せたい番組」の調査でランクインしたこともある。トリビアプレゼンター(司会)の八嶋の説明する「補足トリビア」がためになると評価されたこともある。

    流行語大賞

    1. 「へぇ」の言葉は放送を重ねるごとに世間に広まり、2003年には「ユーキャン流行語大賞」のトップテンに選出された(登録上は「へぇ〜」)。

    特別番組(2012年1月1日放送分)現在

    1. ナレーション:窪田等(3代目) 2. 構成:酒井健作、田中到、興津豪乃、なかじまはじめ、矢野了平、安部裕之 3. ブレーン:三木聡 4. スーパーバイザー:唐沢俊一 5. リサーチ:加藤正人、海野至、乾友子 6. 音楽:堂島孝平 7. SW(スイッチャー):小川利行 8. カメラ:宮崎健司 9. VE(ビデオエンジニア):高木稔 10. 照明:小林敦洋 11. 音声:片山勇 12. TK(タイムキーパー):星美香 13. 編集:清野和敬・吉川豪(IMAGICA) 14. MA(マルチオーディオ):足達健太郎(IMAGICA) 15. 音響効果:田中寿一・斉藤信之(J-WORKS) 16. 美術制作:井上明裕(フジテレビ) 17. デザイン:棈木陽次(フジテレビ) 18. 美術進行:内山高太郎 19. 大道具:豊田哲夫 20. 装飾:佐藤翔平 21. アクリル装飾:斎藤祐介 22. 視覚効果:中溝雅彦 23. 電飾:林将大 24. 特殊美術:青木紀和 25. 特殊装置:阿部和仁 26. 衣裳:山田斉 27. メイク:山田かつら 28. CG:松本幸也(orb) 29. 編成:...

    過去のスタッフ

    1. ナレーション:中江真司(初代)、大友龍三郎(2代目)、その他有名声優 2. 影のナレーター:???(2006年3月15日 - 7月26日、8月9日 - 9月27日、2007年5月12日) 3. テーマ曲歌唱:たまりの 4. 制作:吉田正樹(CP → 制作に昇格、フジテレビ → 吉田正樹事務所) 5. 監修:小松純也(フジテレビ) 6. 構成:北本かつら(2006年度降板)、オークラ(2006年度降板)、坂田康子(映画「アマルフィ」SP放送時に復帰)、田村孝裕 7. リサーチ:高橋純一(J Associates)、小島美佳(ジーワン)、永野たかひろ(浅井企画)、CUBE、嶋田幸代、遠藤正也、鹿山智美、株式会社ワイズプロジェクト、丸山直樹、坂田康子、島田京代、加藤正人、工藤幸、佐川光嗣、vispo、STEELO、ニューズクリエイト、P.Aライターズ、メガバックス、中川ゆーすけ、大竹将義、デーブ八坂 8. SW(スイッチャー):島本健司 9. VE(ビデオエンジニア):斉藤雄一 10. TK(タイムキーパー):竹野幸子 11. 編集:浜野元久・水野智史・榎本祐紀・岩崎秀徳(IMA...

  8. 処女 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/処女地

    その結果、性的経験のなかった女性(処女)と比較して、1人から3人の男性と性的経験のあった女性では4倍、4人以上の性的経験のある女性では8.5倍の浮気をする危険性があることがわかった 。. また、ジェイ・ティーチマンがJournal of Marriage and Familyに発表し ...

  9. 格差社会 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/地域格差
    • 世界的傾向
    • 格差の発生の背景・原因
    • 格差の再生産・固定化
    • 格差の是正
    • アメリカ合衆国
    • 韓国
    • 中華人民共和国
    • 格差社会に関する議論
    • 参考文献
    • 関連項目

    国際通貨基金の報告書『World Economic Outlook Oct.2007』では、過去20年間の傾向として、ほとんどの国や地域で所得の国内格差が拡大しているとしている。 経済学者のトマ・ピケティは「ヨーロッパや日本では今(2014年)、20世紀初頭と同じレベルにまで格差が広がっている。格差のレベルは、第一次世界大戦より以前の水準まで逆戻りしている」と指摘している。

    IMFは格差の主因として「技術革新」と「金融のグローバル化」を指摘している。 また、ニューズウィーク日本語版 2007年12月5日号では「経済学の通説では、格差の拡大はグローバル化と自由貿易の避けがたい副産物であるとされている」と紹介されている。

    格差の固定化

    大阪大学社会経済研究所教授大竹文雄の『賃金格差拡大に耐えられる社会に』の中では次のように著述されている[要出典]。

    貧困の文化

    1960年代以降のアメリカでは「貧困の文化」en:Culture of povertyという概念が提示され、格差の再生産・固定化に強く関与していると言われている。 「貧困の文化」とは貧困者が貧困生活を次の世代に受け継ぐような生活習慣や世界観を伝承しているサブカルチャーであり、このサイクルを打破することが格差社会を解決するために不可欠だ、という考えが広がっている。この概念は人類学者オスカー・ルイスの著書『貧困の文化-メキシコの“五つの家族”』からその名を取る。民主党のモニハン上院議員en:Daniel Patrick Moynihanのレポートなどに採用され、アメリカの対貧困政策に大きな影響を与えている。 しかし貧困の文化の概念には、人類学者や社会学者などから数多くの批判がなされており、しかも現実のデータとあっていない(Goode and Eames, 1996)。またこの概念は本来発展途上国を対象としたものであるため、先進国の政策に応用するのは不適切な面がある。また、ワーキングプアのように勤勉な労働者でありながら、労働条件や環境が劣悪なために貧困に陥ってしまうといった社会現象を説...

    教育・訓練

    他には、格差是正のために「教育の拡充」「技術革新により賃金の低下を余儀なくされた低技能労働者の再訓練」を提言する意見もある。 国際通貨基金の報告書『World Economic Outlook Oct.2007』(世界経済概要2007年10月版)では、格差是正のためには、職業教育・訓練機会の増加によって高技能者を増やすことによって所得水準の底上げ、格差の縮小が行えるとしている。 技術革新 1. IT化などの技術革新により生産性が向上すると、低技能の労働者の価値が相対的に下がり、高技能な業務を行う労働者の価値が相対的に上がる 教育 1. 教育を受ける機会が平等になるほど、高技能な労働者の比重が高まり、所得が底上げされることによって格差が小さくなる

    「アメリカンドリーム」という言葉があるアメリカだが、特にレーガノミックス以降格差の拡大・固定化が危惧されている。 例えば、ニューヨーク市の上位層と下位層の格差(上2割と下2割の所得の比率)は、40倍となっており、この中には黒人層の失業率が高いなど、人種問題も影を落としているとされる。2011年10月には、「たった1パーセントの富裕層が残りの99パーセントを搾取している」と叫ぶ人々による抗議行動「ウォール街を占拠せよ」が展開された。 1980年代のアメリカで貧富の格差が拡大したとされる統計データ、「富裕層がより豊かになり、貧困層はそのままであった」という見解について、経済学者のスティーヴン・ランズバーグは、 1. 1980年代のアメリカでは所得税率の大幅な引き下げが実施された。税率が下がると、人は所得隠しに熱心でなくなる。それだけで富裕層の所得が上昇したかのように見える。低所得者層は、税率が低く賃金など捕捉されやすい収入が主な所得源であるため、所得の100%を申告する。よって、低所得者層の所得に変化はない。一方で高所得者は所得隠しの動機・機会も多いが税率が下がれば、所得隠しをしなくなる。結果、高所得者層の所得が増え格差が広がったように見える 2. 家庭崩壊が貧困の拡大があったかのような統計的錯覚を生んだ。家族が離散すると中産階級世帯が1つなくなり、そのかわり低所得者層が2つ生まれる 3. 年間所得の格差は必ずしも生涯所得格差の拡大を意味しない と反論している。 フリードリヒ・ハイエクは、自由の伝統を持つアメリカで、「社会保障制度」「累進課税」など「結果の平等」を目指した政策が導入された結果、自由への脅威が生まれたと考えていた。

    アジア通貨危機以降慢性的に不況・雇用不足が続いている上、伝統的な男女格差・地域対立・学歴崇拝が存在しそれが大きな社会格差を生み出している。但し韓国の場合大学進学率は9割を超え、格差は学歴間というよりは学校間が主たる問題となりつつある。 また男女間格差については韓国においては男子のみに兵役義務があり、この分除隊後の男性を優遇せざるを得ないという主張が性別格差擁護派からは主張されている[要出典]。 また、他国同様移民差別が激しく、韓国永住他国市民への地方参政権が与えられ小康状態になるまでの間、華僑差別が問題となってきた。またイスラーム圏からの移民、中国朝鮮族や脱北者を含めた新規移住者が社会的・経済的に差別を受けて下層階級であることを余儀なくされている。 2010年代においても格差は解消されておらず、若年層においては低所得世帯の出身者を意味する「泥スプーン」組、裕福な家庭の子息を示す「金スプーン」組という言葉が用いられ、泥スプーンから脱出する困難さが話題となる。

    鄧小平時代に改革開放がすすめられ、国家資本主義経済が導入された。沿岸部、特に歴史的に早くから開かれていた上海や、改革開放当初に経済特区とされた14沿海都市などでは裕福層が多い。一方で内陸部、特に各自治区では非常に貧しく、民工とよばれる出稼ぎ労働者への賃金格差や、人身売買もされる黒孩子などの社会問題が発生している。上海・北京・広州などの大都市・沿海部の4億人の地域と、内陸農村部の9億人の地域で経済格差が存在する(2010年時点)。上海などの主要都市部と内陸農村部の賃金格差は、10倍以上あるとされている(2009年時点)。栄養不足人口は1億人以上となっている(2010年時点)。1989年の天安門事件は、沿岸部の経済特区と内陸部の農村地帯の激しい所得格差を背景として起きた。

    ジョセフ・E・スティグリッツは「格差はグローバリゼーション、労働・資本・モノ・サービスの移動、スキルや高学歴の従業員の優遇、技術変化の副産物だというものは真実ではない」と指摘する一方で「グローバル化による不均衡は、世界中に被害をもたらした。国境を越え移動する資本は、労働者に賃金の譲歩、政府に法人税の減税を要求した。その結果、底辺への競争が起き、賃金・労働条件が脅かされるようになった」と指摘しているしている。 トマ・ピケティは、資本主義では、資本収益率が所得成長率より高いのが常であり、先進国でも格差は拡大するとしている。ピケティは「資本主義を否定しているわけではなく、格差自体が問題だと言うつもりはない。経済成長のためには、ある程度の格差は必要であるが、限度がある。格差が行きすぎると、共同体が維持できず、社会が成り立たなくなるおそれがある。どの段階から行きすぎた格差かは、決まった数式があるわけではない」と指摘している。ピケティは、富裕層の資産が増えるスピードが一般の人の賃金などが増えるスピードを上回っていることが問題の根源だとしており、勤労よりも相続・結婚などのほうが資産を蓄積できる構造になっているとしている。ピケティは、資産を持つ者がさらに資産を蓄積していく傾向にあり、格差は世襲を通じて拡大すると結論づけている。 竹中平蔵は「本来重要なのは、生涯所得の比較である」と指摘している。 政治経済学者のアルベルト・アレジーナらの研究によれば、ヨーロッパとアメリカの格差に対する意識の違いについて、ヨーロッパでは不平等感が高まると人々は幸福感が低下するのに対して、アメリカでは不平等感が高まっても幸福感に影響を受けないとしている。アメリカでは所得階層間の移動率が高いため、現在貧しいことは必ずしも将来の貧しさを意味しないのが、ヨーロッパでは所得階層間の移動率が低いため、所得の不平等感が深刻な問題だと考えられているとしている。 経済学者の若田部昌澄は「貧困の原因として自己責任の部分があったとしても、自己責任を問えない状況下で自己責任を問うのは論理的ではない」と指摘している。 経済学者の吉川洋は「偶然に左右される分配を放置すれば、社会の安定は大きく損なう。よって『結果の平等』を求めるのはそれなりに合理性がある」と指摘している。 スティーヴン・ランズバーグは「幸福と所得が同等であれば...

    ポール・クルーグマン『格差はつくられた-保守派がアメリカを支配し続けるための呆れた戦略』、2008年6月。早川書房、ISBN 978-4152089311。
    橘木俊詔『格差社会-何が問題なのか』(『岩波新書』新赤版1033)岩波書店、2006年9月。ISBN 4-00-431033-4。
    文春新書編集部編『論争格差社会』(『文春新書』522)、文藝春秋、2006年8月。ISBN 4-16-660522-4。
    宮本みち子『若者が《社会的弱者》に転落する』(『新書』)、洋泉社、2002年11月。ISBN 4-89691-678-6。
    身分制度 - 世襲 - 身分 - 教育格差
    階級社会 - 階層 - 階級 - ヒエラルキー - 階層構造 - 社会階層 - 学歴社会 - 社会的排除
    収入 - 最低賃金 - 貧困ビジネス - 貧困 - 学習性無力感 - 貧困の文化
    拡大再生産 - 貧富の差 - 学力格差 - 医療格差 - 健康格差 - 情報格差 - 恋愛格差 - スクールカースト - ママカースト
  1. 定期意外險比較 相關
    廣告