Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 蔣介石 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 蒋介石

    蔣介石は上海で知り合った二番目の夫人である姚治誠とフランス租界で潜伏生活を送った。蔣は酒もたばこも嗜まないストイックな人物とされるが [21]、この時期の蔣は地下活動にも似た厳しさから酒色に溺れることもあったという [22]。

  2. 仲村トオル - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 仲村トオル
    • 来歴
    • エピソード
    • 受賞
    • 出演作品
    • 写真集
    • 外部リンク

    東京都大田区に生まれ、0歳から3歳まで大阪府寝屋川市で育ち、幼稚園に入る前に神奈川県川崎市に転居。小学校3年から千葉県流山市で育つ。 専修大学松戸高等学校、専修大学文学部卒業。 専修大学文学部在学中の1985年に『ヤングマガジン』に連載されていた漫画『ビー・バップ・ハイスクール』の映画化に際し公募された主演オーディションに応募し合格、映画主演デビューでの芸能界入りを果たす。主役キャラクター“中間徹”と本名が似ていたこともオーディション合格の一因となったことが、後に『ヤングマガジン』の編集者によって語られている。決定的となったのは、原作者のきうちかずひろが「自分がおもい描く“中間徹”にイメージがピッタリ」と言ったこと。このオーディションについて本人は、「本物のツッパリの人もたくさん来ていて、僕みたいな普通の大学生みたいなのがいると目線が怖かったですよ、帰りに因縁つけられそうになったり」と後にラジオ番組で語っている。 『ビー・バップ・ハイスクール』シリーズ、刑事ドラマ『あぶない刑事』と人気となった作品に立て続けに「トオル」役で出演したことで、広い世代に顔と名前が浸透し、人気を得た。 1988年公開の映画『ラブ・ストーリーを君に』では主人公(後藤久美子)の元家庭教師(大学山岳部員)・明を演じた。 以後多数のドラマ・CM・映画に出演。また、日本のODAを紹介する『仲村トオルの地球サポーター』の司会を担当した。

    憧れの俳優は松田優作。松田は仲村の所属事務所だったセントラル・アーツの先輩俳優であり、生前の松田本人も仲村を弟のようにかわいがっていた。松田が癌で他界した際も、仲村は遺体の前で「優作さん、起きてください!早すぎます!」と絶叫しながら泣き崩れたという[注釈 1][注釈 2]。
    『ビー・バップ・ハイスクール』『もっとあぶない刑事』など各シリーズでは喫煙シーンが多数あったが、タバコは苦手で、あくまで役のために吸っていた。
    歌が苦手であることを自認している。1986年には映画『ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎哀歌』の挿入歌『ビー・バップ・パラダイス』を歌うビー・バップ・少年少女合唱団のメンバーとしてレコードデビュー。1987年には映画『新宿純愛物語』で共演した一条寺美奈とデュエット曲、同年12月に映画『ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎狂騒曲』の主題歌『It's All Right』でソロデビューして...
    『劔岳 点の記』の撮影時、「クレバスに落ちるシーンを自分でやらせてほしいとスタッフに懇願したというエピソードがある」と、多賀谷治が明かした。
    1987年 - 第10回日本アカデミー賞新人賞(『ビー・バップ・ハイスクール』)
    1987年 - 第41回毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞(『ビー・バップ・ハイスクール』)
    1987年 - 第8回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞(『ビー・バップ・ハイスクール』)
    1988年 - エランドール賞新人賞

    テレビドラマ

    1. あぶない刑事シリーズ(1986年 - 1998年、NTV) - 町田透(刑事) 1.1. あぶない刑事(1986年10月5日 - 1987年9月27日) 1.2. もっとあぶない刑事(1988年10月7日 - 1989年3月31日) 1.3. あぶない刑事フォーエヴァー TVスペシャル'98(1998年8月28日) 2. なんて素敵にジャパネスク(1986年12月27日、NTV) - 鷹男の帝 3. あきれた刑事「第1話 悪人志願」(1987年10月21日、NTV) - 本人 役 4. 家光と彦左と一心太助〜天下の一大事〜(1989年1月3日、ANB、新春時代劇スペシャル) - 主演 5. 勝手にしやがれヘイ!ブラザー(1989年10月13日 - 1990年3月23日、NTV) - 北村則規 6. ゴリラ・警視庁捜査第8班第1話 - 第16話(1989年4月2日 - 9月、ANB) - 中田透(神奈川県警刑事) 7. 新吾十番勝負(1990年1月3日、ANB) - むささびの源太 8. 新春大型時代劇 戦国乱世の暴れん坊 斎藤道三 怒濤の天下取り(1991年、ANB) -...

    映画

    1. ビー・バップ・ハイスクールシリーズ(1985年 - 1988年、東映、【W主演:清水宏次朗】) - 主演・中間徹 役※デビュー作 1.1. ビー・バップ・ハイスクール(1985年12月14日公開) 1.2. ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎哀歌(1986年8月9日公開) 1.3. ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎行進曲(1987年3月21日公開) 1.4. ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎狂騒曲(1987年12月12日公開) 1.5. ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎音頭(1988年8月6日公開、単独主演) 1.6. ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎完結篇(1988年12月17日公開) 2. 紳士同盟(1986年、東映) - 豊川淳 役 3. シャコタン☆ブギ(1987年、東映) - 白いゴルフの男 役 4. 新宿純愛物語(1987年7月4日公開、東映) - 主演・一条寺文磨 役 5. あぶない刑事シリーズ(1987年 - 2016年、東映) - 町田透刑事 役 5.1. あぶない刑事(1987年12月12日公開) 5.2. またまたあぶない刑...

    オリジナルビデオ

    1. 狙撃 THE SHOOTISTシリーズ(1989年、東映Vシネマ) 2. ニューヨークUコップ(1993年、東映Vシネマ) 3. 神様のい・う・と・お・り(1994年、明治生命オリジナルビデオ) 4. 迅雷 組長の身代金(1996年、東映Vシネマ)

    要注意写真編 トオルがトオル(1986年8月1日、東映株式会社)
    新宿純愛物語(1987年7月20日、講談社・スコラ)
    悲しい色やねん(1988年)
    BLUE SPRING BLUE
    仲村トオル - NHK人物録
    仲村トオル:出演配信番組 - TVer
    • 中村 亨, (なかむら とおる)
    • 1965年9月5日(55歳)
  3. 中国の書家一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 中国の書家一覧
    • 三代
    • 三国
    • 六朝
    • 宋・遼・金
    • 出典・参考文献
    • 関連項目

    1. 史籀(し ちゅう、生没年不詳) 1.1. 一説に、宣王時代の太史官で、また、秦代の人との説もある。史籀の「史」は、史官の意と姓の意と両説ある。字書『史籀篇』15篇を著したとされる。

    西晋

    1. 索靖(さく せい、239年 - 303年) 1.1. 西晋の政治家。字は幼安。敦煌郡龍勒県の人。張芝の姉の孫。草書をよくし、衛瓘と並び称され、特に章草に優れた。その書法は韋誕から出た。書跡には『月儀帖』や『出師頌』(すいししょう)などがある。 2. 衛恒(えい こう、252年 - 291年) 2.1. 字は巨山。衛瓘の子。楷書に飛白の筆意を含む散隷という書を作った。張芝を学び、古文・章草・草書・隷書・楷書をよくし、書論『四体筆勢』を著した。『四体筆勢』には、古文・篆書・隷書・草書の四書体について、その起源などを記している。従妹に衛鑠がいる。

    東晋

    1. 衛鑠(えい しゃく、272年 - 349年) 1.1. 字は茂猗(もい)。通称は衛夫人。衛恒の従妹で、汝陰郡太守李矩の妻。書を鍾繇ないし蔡琰に学び、楷書・行書・篆書・隷書の各体をよくした。王羲之の師と伝えられる。 2. 王珣(おう じゅん、349年? - 400年?) 2.1. 字は元琳。王洽の長男。書名は当時、弟の王珉の方が高く、王珣の本領は学問にあったといわれる。行草に優れ、書に『伯遠帖』がある。

    木村卜堂 『日本と中国の書史』(日本書作家協会、1971年)
    鈴木翠軒・伊東参州 『新説和漢書道史』(日本習字普及協会、1996年11月)ISBN 978-4-8195-0145-3
    玉村霽山 『中国書道史年表』(二玄社、1998年6月)ISBN 4-544-01241-4
    「中国書道史」(『書道藝術』別巻第3 中央公論社、1977年2月)
    中国の書道史 - 中国の書論 - 集帖
    日本の書家一覧 - 日本の漢字書家一覧 - 日本のかな書家一覧
  4. 粛慎 (中国) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 粛慎氏

    粛慎(しゅくしん、拼音:Sùshèn)は、満州(中国東北地方及び外満州)に住んでいたとされる狩猟民族。また、後にこの民族が住んでいた地域の名称ともなった。粛慎という呼び名は中国の周代・春秋戦国時代の華北を中心とする東アジア都市文化圏の人々(後に漢民族 ...

  5. 袁世凱 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 袁世凱
    • 人物
    • 生涯
    • 評価
    • 外部リンク

    清朝末期の軍人として陸軍の近代化を進める役割を担いつつ台頭し、彼自身が作り上げた軍事力を背景に政治的にも大きな権力を振るい、欧米諸国では彼のことを「ストロング・マン」と呼んだ。その後一時失脚するが、辛亥革命の混乱の中で朝廷と孫文ら革命派との間で巧みに遊泳し、中華民国大総統となり、革命派を弾圧するとともに、インフラ整備や軍備の充実などの面から国家の近代化に当たった。さらに一時帝政に復活したが、内外の反発を買って帝政を廃止し、失意のうちに没した。 精力絶倫で、一妻九妾との間に17男14女をもうけた。長男の袁克定(中国語版)は、吉野作造が家庭教師を務めた。父を補佐し、辛亥革命や、父の皇帝即位などにおいて数々の策謀を巡らせるも、父亡き後は隠居してその生活は困窮を極め、中華人民共和国建国後に章士釗の中央文史館で職を得た。次男の袁克文は崑曲家として著名な人物であるが、皇帝即位への反対で父の怒りを買って追われ、青幇の一員となった。 また、大叔父の袁甲三は道光帝時代の進士で、その子が戸部侍郎・刑部侍郎を勤めた袁保恒(袁世凱の従父)である。

    清朝陸軍の洋式化を担い台頭

    生家は、官僚や軍人を多く輩出した地元でも指折りの名族であった。そういった中で生まれた袁世凱は、若い頃から立身出世の強い願望を抱いていたと多くの伝記は語っている。 まず官僚を志して科挙に2度挑戦したが、どちらも1度目の試験に及第せず断念した。そこで軍人となることを志し、光緒7年(1881年)には李鴻章幕下の淮軍に身を投じ、朝鮮に渡った。その後、任地で発生した壬午の変(壬午事変)・甲申の変(甲申政変)では閔妃の要請の下で巧みな駆け引きで鎮圧に貢献し、情勢を清に有利に導いた。そして事実上の朝鮮公使として李鴻章の監督の下、朝鮮の内政にも干渉できるほどの大きな権限を持った。 袁世凱は朝鮮に政経両面ともに清の勢力を扶植して、対抗する日本勢力を排除しようと考え、特に経済的には一定の成果を挙げている。ところが光緒20年(1894年)、貧しさと圧政に喘いだ朝鮮民衆が甲午農民戦争(東学党の乱)を起こした。朝鮮は清に軍の派遣を要請し、日本も対抗して派兵した。これにより日清戦争が勃発する。 しかし日清戦争は清の大敗に終わり、李鴻章は責任を問われ失脚、敗北の中で袁は本当の意味で近代化した軍隊の必要性を痛感...

    変法と義和団の乱

    光緒24年(1898年)の戊戌の変法の際には康有為・梁啓超ら変法派を当初支持した。軍の洋式化を推し進めていた袁世凱にとっても、変法派の主張は好ましく思えるものであった。彼自身、梁啓超の学習サークルである強学会に所属していたこともある。しかし変法派の形勢が思わしくないと見た袁世凱は、譚嗣同に持ちかけられていた変法派によるクーデター計画を西太后の側近栄禄に密告し、その功績によって変法派が戊戌の政変で打ち倒された後も、西太后の信頼を得て翌25年(1899年)には山東巡撫に任ぜられた。 義和団の乱では袁世凱は自らの治下での反乱を逸早く鎮圧し、新建陸軍の強さを証明した。西太后を戴く朝廷は各省の指導者に義和団と結んで欧米列国軍を攻撃する命令を下すが、袁世凱は両広総督・李鴻章、両江総督・劉坤一、湖広総督・張之洞らと協調し、諸外国と東南互保の盟約を結び、朝廷の命令には従わず領土と軍隊を保全した。結局義和団の乱は列国軍によって鎮圧され、西太后に動員された北京周辺の清軍はほとんど壊滅し、袁世凱の力は相対的に強まることとなった。 光緒27年(1901年)、李鴻章は没するに当たって袁世凱に北洋通商大臣兼...

    「ストロング・マン」袁世凱

    この時期から袁世凱は政治家としても活躍し、いわゆる光緒新政の中心的人物となった。彼の採った政策とは、国債などによって諸外国から金を借り、その資金によって陸軍の洋式化、教育機関の拡充、鉄道、銀行などのインフラ整備を行っていくというものであった。この方式は辛亥革命後に彼が大総統になった後も変化がなく、日独露英仏の列強五カ国から借りた。資金を借りることで列強に侵略されるリスクについては、各国に平均して頼ることで回避が可能であると考えていた。日露戦争後に日本が東三省において独占的な権益の確保を企てるが、彼はアメリカを同地に介入させることで、日本の侵食を阻止しようとしている。 1907年には軍機大臣・外務部尚書となった。この時期、辰丸事件を機に中国南部沿岸で日貨排斥運動を煽るなど、日本の影響力を削ぐ活動も行った。

    現在でも中華民国および中華人民共和国で、袁世凱は悪役であり時に漢奸とまでいわれている。中国国民党と中国共産党の双方が称揚する孫文らを弾圧したこと、日本の対華21カ条要求に屈したこと、そして時代に逆行して皇帝に即位したことは、革命で打ち立てられた共和制中国を乱したとして厳しく批判されている。 対華21カ条要求を受け入れることを決めた5月9日は、現代の中華民国(台湾)では『五九国恥日(中国語版)』といわれ、愛国派の活動する日となっている。現代の中華人民共和国では自らの任期制限撤廃に動く習近平党総書記・国家主席を袁世凱に擬える動きがインターネットで起きた際にこれを否定的に捉えた当局によって「洪憲」とともに「袁世凱」という言葉自体が、中国のネット検閲で規制対象になっている。 しかし近年、そうした否定的な評価は孫文と革命派を善玉と位置づける単純な歴史観として修正されつつある。新建陸軍の設立や科挙の廃止と学校制度の整備といった近代化政策を推進した役割のほかに、独裁的な政治手法の必要性は孫文などにも共有されていたこと、権謀術数を駆使したと同時に、一つの理念や主義に囚われない現実政治家としての側面を持っていたことなどについて、公平な評価が求められるようになっている[誰によって?]。

  6. セウニデイ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › セウニデイ
    • 概要
    • タンマチ「五部将」
    • 参考文献

    セウニデイがどのような経緯を経てモンゴル帝国に仕えるようになったかは不明であるが、忠義・武勇を以てチンギス・カンに取り立てられるようになったという。1206年にモンゴル帝国が建国されると、チンギス・カンは麾下の遊牧民を全てミンガン(千人隊)に再編成し、右翼軍をアルラト部のボオルチュに、左翼軍をジャライル部のムカリに統轄させていた。ある時、チンギス・カンはセウニデイに「汝はボオルチュとムカリ、どちらの麾下に属して我が為に力を尽くしたいと願うか?」と尋ねたところ、セウニデイは「願わくばムカリの左翼軍に属さん」と答えたため、セウニデイはムカリ軍に配属されたという。 第一次金朝遠征においてチンギス・カンは金朝領の各地で金軍を破り、掠奪をはたらき、モンゴル帝国に有利な形で講和を結んで一度引き上げたが、金朝方面に駐屯するモンゴル軍の指揮権は「四駿」の一人ムカリに委ねられた。ムカリの配下にはコンギラト部・イキレス部・マングト部・ウルウト部ら帝国左翼の有力部族と漢人・契丹人・女真人ら現地徴発兵が集められ、この軍勢の「先鋒/前鋒」として抜擢されたのがココ・ブカ、ボロト、セウニデイ、ブルガイ・バートル、アルチャルら「五部将」であった。 1225年(乙酉/正大2年)、一度モンゴルに投降した金朝の武将武仙が史天倪を殺害して真定で叛乱を起こすという事件が起こり、武仙討伐のため援軍を要請した史天倪の弟史天沢の下に派遣されたのがセウニデイであった。史天沢と合流したセウニデイは武仙の派遣した武将・葛鉄槍を撃退し、武仙の支配下にあった中山府を攻略したため、武仙は一度真定を放棄して逃れた。しかし、武仙は真定の民と密かに連絡を取って奇襲をかけ、内応者の手によって南門が開かれた真定は再び武仙軍の支配下に落ち、セウニデイと史天沢は一旦逃れたが、その後再び軍勢を結集してもう真定を再攻略した。真定の再攻略後、モンゴル兵は真定住民の裏切りに怒り皆殺しにしようとしたが、セウニデイは「ここで住民を皆殺しにすれば、他の城市の攻略を困難にしてしまうだろう」と述べてこれを止めたという。 真定の戦いの後、セウニデイは逃亡中の武仙の弟を紫荊関で捕縛して斬首とし、その妻子を捕虜とした。その後、太原・大名を転戦したセウニデイは東平の攻略に加わり、安撫王立剛率いる軍勢を破り東平の攻略に大きく貢献した。 チンギス・カンの死後、オ...

    萩原淳平「木華黎王国下の探馬赤軍について」『東洋史研究』36号、1977年
    松田孝一「宋元軍制史上の探馬赤(タンマチ)問題 」『宋元時代史の基本問題』汲古書院、1996年
    宮紀子『モンゴル時代の「知」の東西』名古屋大学出版会、2018年
    『元史』巻120列伝7
  7. 中国の書論 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 碑学

    中国の書論(ちゅうごくのしょろん)では、中国における書論の概要と歴史を記す。 概説 書論の範囲はかなり広く、書について論じたものすべてを含むが、書体論・書法論・書学論・書品論の4つが主たる部門とされる。また、文字論・書評論・書人伝・書史などの部門も ...

  8. 楊堅 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 楊堅
    • 生涯
    • 后妃
    • 子女
    • 脚注

    出生

    楊堅は、北周の大将軍の楊忠と呂苦桃のあいだに生まれた。楊氏は漢民族で後漢の楊震の末裔を称し、弘農郡華陰県(現在の陝西省渭南市)を本貫とした(ただし、谷川道雄は「隋の帝室楊氏は、漢代以来の名族として名高い弘農郡の楊氏の出身と称するが、真偽のほどはさだかでない。確実な記録では、祖先は北魏時代、長城北辺の武川鎮で国境防衛にあたっていた軍人の家柄で、その通婚関係からみて、非漢民族の血を多く交えているらしい」と述べている)。しかし、漢民族出身ではなく北方異民族の鮮卑の普六茹氏の子孫という説があり、布目潮渢、楊海英、宮脇淳子、岡田英弘、加藤徹、外山軍治、礪波護、佐藤智水、伊達宗義、小林道憲、梅原猛、渡部昇一、黄文雄、塚本靑史、古田博司、宇山卓栄、島崎晋、上田雄、孫栄健などが鮮卑説を支持している。一方、貝塚茂樹、常石茂、駒田信二、アーサー・F・ライトなどは漢民族と鮮卑の混血を主張している。 『隋書』の「本紀」には、楊堅の誕生に関して以下の話を載せている。楊堅が生まれたのは、541年(大統7年)6月13日、生まれた場所は、馮翊(陝西省大茘県)の般若寺という仏寺であり、幼名は金剛力士をあらわす那羅...

    実力をつける楊堅

    楊堅は、14歳のとき、京兆尹の薛善に召されて功曹となった。15歳で父の功績により散騎常侍・車騎大将軍・儀同三司となり、成紀県公に封じられた。16歳で驃騎大将軍に転じ、開府儀同三司の位を受けた。北周の明帝が即位すると、右小宮伯となり、大興郡公に進んだ。武帝が即位すると、左小宮伯に転じ、隋州刺史として出向し、位は大将軍に進んだ。父の楊忠の死後、隋国公の爵位を嗣いだ。 北斉の平定にも戦功を挙げ、位は柱国に進み、定州総管に任ぜられた。のちに亳州総管に転じた。 578年、楊堅は長女の楊麗華を北周の宣帝の皇后として立てさせ、自身は上柱国・大司馬となって権力を振るった。579年、大後丞・右司武となり、大前疑に転じた。580年5月、揚州総管となるが、宣帝が死去したため、楊堅は静帝の下で左大丞相となり、北周の実権を掌握した。6月以降、尉遅迥・司馬消難・王謙らに反乱を起こされたが、楊堅はこれを武力で鎮圧した。9月には大丞相となり、12月には相国・総百揆・都督内外諸軍事・隋王に上った。翌581年2月、静帝から禅譲させて皇帝に即位し、隋王朝を開いた。後には静帝を初めとする北周の皇族の宇文氏一門を皆殺しにした。

    皇帝として

    楊堅は大興城(後に長安)を都として定めた。そして587年には後梁を、589年には陳を滅ぼして、西晋滅亡以来約300年にわたり乱れ続けてきた中国全土を統一することに成功した。598年には高句麗に対し第1次高句麗遠征を行った。 楊堅は内政にも力を注いだ。まず、開皇律令を公布、中央官制を三省六部に整え、さらに地方に対しては郡を廃して州・県を設置した。また、官僚の登用においても九品中正法を廃止し、新たに科挙制度を設けた。さらに貨幣の統一、府兵制や均田制などの新制度を設けるなど、中央集権体制を磐石なものとした。また、仏教の興隆にも尽力し、その仏教を重視した政策は、仏教治国策とまで称せられた。

    皇后 独孤伽羅
    宣華夫人陳氏(陳の後主の妹)
    弘政夫人陳氏(陳の後主の妹)
    容華夫人蔡氏

    男子

    1. 廃太子 楊勇(房陵王) 2. 晋王 楊広(煬帝) 3. 秦王 楊俊 4. 蜀王 楊秀(庶民に落とされた) 5. 漢王 楊諒(庶民に落とされた)

    女子

    1. 楽平公主 楊麗華(北周の宣帝の皇后) 2. 襄国公主(李綸の子の李長雅の妻) 3. 広平公主(宇文慶の子の宇文静礼の妻) 4. 蘭陵公主 楊阿五(柳述の妻)

    ^ 日本大百科全書『隋』 - コトバンク
    ^ 日本大百科全書『楊堅』 - コトバンク「後漢の学者・政治家である楊震の子孫で、弘農華陰の人と称しているが、おそらくは漢人ではなく鮮卑族であろう。」
    ^ 楊海英『逆転の大中国史 ユーラシアの視点から』文藝春秋、2019年3月8日、25-26頁。ISBN 416791252X。「それは、歴史とのむきあい方にもあらわれている。つまり、事実にむきあうのではなく、自分たちの都合のいいところだけとりこむのだ。だから、異民族による征服王朝であることがわかっていながら、「偉大な漢民族にとって隋唐時代がもっとも華やかな王朝であった」とか、「元朝は、中国が...
    ^ 楊海英『逆転の大中国史 ユーラシアの視点から』文藝春秋、2019年3月8日、16頁。ISBN 416791252X。「事実、シナ地域の歴史をたどれば、ユーラシアにまたがって交易をおこない、国際的な文化が花開いた時期がある。たとえば日本との交流もさかんだった隋・唐、世界最大の帝国とされるモンゴル帝国(元) 、清などの繁栄は、まさにアジアの大帝国とよばれるにふさわしい。だが、これらはいずれも...
  9. 爵位 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 爵号

    爵位(しゃくい)、(仏語:titre de noblesse、英語: Royal and noble ranks、Title )とは主に古代から中世にかけての国家や現代における君主制に基づく国家において、貴族の血統による世襲または国家功労者への恩賞に基づき授与される栄誉称号のことである [注 ...

  10. Portal:歴史/新着項目/新着過去ログ/2019年 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › Portal:歴史

    06-22: ヘンリー・サマセット夫人, 室兼次, 川越守二, トマス・グレイ (第2代スタンフォード伯爵), 名越重孝, 雄物川一件, ジョージ・グレイ (第8代グロビーのグレイ男爵), 自然災害伝承碑, オールソープ (廃村), ロバート・バルフォア (初代準男爵), ホレイショ ...