Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 相關搜尋:

  1. 筋肉質 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 筋肉美

    筋肉質であることを体育学的に言えば、身体の鍛錬が理想的な状態に達したことを指すものと思われる。 身体を鍛錬し、筋肉を身に付けて強靭な肉体に近づくことにこそ体育の意義があるといえる。従来の体育教育は競争第一主義で、所定の競技に勝ち抜くための身体能力 ...

  2. 悠木碧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 悠木碧

    悠木 碧(ゆうき あおい、1992年 3月27日 [8] - )は、日本の声優、女優、歌手、タレント。 千葉県 山武市出身 [4]。 プロ・フィット所属 [5]。本名および旧芸名は八武崎 碧(やぶさき あおい)。 愛称は「あおちゃん」 [2]、「こども先生」 [3]。 代表作に『魔法 ...

    • 八武崎 碧(やぶさき あおい)
    • 女性
  3. こだま愛 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › こだま愛
    • 来歴・人物
    • 宝塚時代の主な舞台
    • 宝塚退団後の主な活動
    • 外部リンク

    母親がバレエ教室を開業していたため幼少のころからバレエを習う。 1980年、66期生として宝塚歌劇団に入団。星組公演『恋の冒険者たち/フェスタ・フェスタ』で初舞台。同期生に女優の安寿ミラ、毬谷友子などがいる。月組に配属され、早くから注目される。 1983年、『ムーンライト・ロマンス』の新人公演で初ヒロイン、『恋と十手と千両箱』でバウホール公演の初ヒロインを務めた。 1985年、大地真央・黒木瞳トップコンビ退団後、月組新トップ剣幸の相手役としてトップ娘役に就任し、『ときめきの花の伝説/ザ・スイング』で剣と共にお披露目。 『南の哀愁』『新・源氏物語』『心中・恋の大和路』といった再演物にも取り組み、『ミー・アンド・マイガール』初演や『哀愁』の初の舞台化を成功に導いた。 1990年に『川霧の橋/ル・ポアゾン 愛の媚薬』の東京公演千秋楽を最後に、剣と共に宝塚歌劇団を退団。 こだま工房に所属、女優として舞台に出演の他、LIVE・朗読コンサートなどの活動も行う。

    月組時代

    1. 1981年1月、『ジャンピング!』/『新源氏物語』新人公演:若紫(本役:綾乃にしき) 2. 1981年2月、『ディーン』(バウ・東京特別)ナタリー・ウッド 3. 1981年6月、『白鳥の道を超えて』新人公演:ミランダ(本役:優ひかり)/『ザ・ビッグ・アップル』 4. 1982年2月、『あしびきの山の雫に』新人公演:山辺妃(本役:仁科有理)/『ジョリー・シャポー』 5. 1982年3月、『永遠物語』(バウ)松五郎の子供時代 6. 1982年8月、『シブーレット』(バウ)フランソワーズ 7. 1982年10月、『愛限りなく』/『情熱のバルセロナ』新人公演:モニカ(本役:仁科有理) 8. 1982年11月、『I LOVE MUSIC Ⅱ』(バウ) 9. 1983年1月、『まい・みらくる』(バウ) 10. 1983年3月、『春の踊り』/『ムーンライト・ロマンス』スザンヌ(梢真奈美とのWキャスト)、新人公演:イブ・モルナー(本役:黒木瞳) *新人公演初ヒロイン 11. 1983年6月、『恋と十手と千両箱』(バウ)留伊 *バウホール公演初ヒロイン 12. 1983年11月、『翔んでアラ...

    月組トップ娘役時代

    1. 1985年11月、『ときめきの花の伝説』アンジェラ・バローネ/『ザ・スイング』 2. 1986年5月、『百花扇』/『哀愁』マイラ・レスター 3. 1986年11月、『パリ、それは悲しみのソナタ』エバ/『ラ・ノスタルジー』 4. 1987年5月、『ミー・アンド・マイガール』サリー 5. 1988年2月、『ミー・アンド・マイガール』(中日)サリー 6. 1988年5月、『南の哀愁』ナイヤ/『ビバ!シバ!』 7. 1988年11月、『恋と霧笛と銀時計』留伊/『レインボー・シャワー』 8. 1989年1月、『心中・恋の大和路』(バウ・東京特別)梅川 9. 1989年5月、『新源氏物語』藤壺の女御/『ザ・ドリーマー』 10. 1989年10月、『宝塚をどり賛歌』『タカラヅカ・フォーエバー』(ニューヨーク公演) 11. 1989年11月、『天使の微笑・悪魔の涙』マルガレーテ/『レッド・ホット・ラブ』 12. 1990年2月、『大いなる遺産』エステラ/『ザ・モダーン』 13. 1990年4月、『天使の微笑・悪魔の涙』マルガレーテ/『レッド・ホット・ラブ』(全国ツアー) 14. 1990年...

    舞台等

    1. ミュージカル坂本龍馬(主演・西城秀樹。1991年、新神戸オリエンタル劇場・日本青年館) - おりょう 2. 舞台生活25周年・宝塚退団15周年記念お茶会(2005年12月11日センチュリーハイアット東京) 3. こだま 愛 First Recital(2006年2月18日長野県茅野市市民会館) 4. こだま愛 朗読と歌の世界(2007年4月14日NHK放送博物館・愛宕山ホール) 5. 大阪城パラディオン - 将星☆真田雪村 - (2015年5月30日 - 31日、サンケイホールプリーゼ)淀殿 6. SUPER GIFT!(2015年9月 - 10月、東京国際フォーラムホールC、梅田芸術劇場)

    テレビドラマ

    1. 暴れん坊将軍IV 1.1. 第20話「愛しき炎の剣!」(1991年) - 由紀 役 1.2. 第40話「いなせ新さん渡世人修行!」(1992年) - おせん 役 2. 水戸黄門 第21部第28話「黄門一家は用心棒・諏訪」(1992年) - おりえ 役 3. 土曜ワイド劇場「黒い聖母連続殺人・呪われた名門女子高!」(1992年) 4. 明るい家族計画(1995年) 5. 連続テレビ小説「あぐり」(1997年) - 石森時子 役 6. 月曜ミステリー劇場 外科医・零子1(2001年10月22日) - 花村美代子 役 7. 昨日の友は今日の敵?(2004年) - 羽田麗子 役 8. 渡る世間は鬼ばかり(2007年) - 宮部咲子 役 9. 大河ドラマ「篤姫」(2008年) - 花園 役

    その他の番組

    1. 一枚の写真(1988年) 2. おはなしのくに「おにたのぼうし」(2014年) 語り手

  4. 水夏希 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 水夏希
    • 略歴
    • 宝塚歌劇団時代の主な舞台出演
    • 宝塚歌劇団時代のテレビ出演
    • 宝塚歌劇団退団後の主な出演
    • ディスコグラフィー
    • 外部リンク

    1991年、2度目の受験に合格し、宝塚音楽学校に入学。同期生には大鳥れい(元花組トップ娘役)、越乃リュウ(元月組組長)、未来優希(元雪組副組長)などがいる。 1993年、79期生として宝塚歌劇団に入団。入団時の成績は40人中3番。月組公演『グランドホテル』/『BROADWAY BOYS:』で初舞台後、1994年1月7日に月組に配属。 1995年、 入団2年目で『ME AND MY GIRL』で新人公演初主役に抜擢される。 1998年、花組に組替え。 1999年、『ロミオとジュリエット'99』でバウホール初主演を果たす。 2000年、ベルリン公演参加後に、宙組に組替え。 2001年、『ベルサイユのばら2001』では、オスカルとアンドレを彩輝直と役替わりで出演する。 2002年、『鳳凰伝』で初の二番手役、バラクを演じる。 2003年、宝塚大劇場公演『白昼の稲妻』にて初の悪役、ランブルーズ侯爵を演じる。 2004年、宝塚90周年記念企画により、雪組公演『スサノオ-創国の魁-』、花組公演『La Esperanza-いつか叶う-』へ特別出演。 2005年4月、雪組に組替え。 2006年1月、宝塚大劇場星組公演『ベルサイユのばら -フェルゼンとマリーアントワネット編-』にオスカル役で特別出演。1998年の5組化以降、全組への出演を果たす。 2006年2月、『ベルサイユのばら-オスカル編-』でアラン役、アンドレ役の二役を役替わりで演じる。 2006年7月、全国ツアー公演『ベルサイユのばら-オスカル編-』オスカル役で、全国ツアー初主演。 2006年12月26日付けで、雪組トップスターに就任。相手役には白羽ゆりを迎える。月組出身者のトップスターは1997年就任の轟悠以来、9年ぶりだった(水の後任である音月桂は生粋の雪組生え抜きである)。 2007年、世界陸上大阪大会の開会式出演に伴い、水と彩吹真央、音月桂、彩那音、凰稀かなめと雪組男役スターのユニット「AQUA5」が結成される。以降、公演の合間のスケジュールで、CDデビュー、CMやテレビの出演、ライブなどが精力的に行われる。 2009年、相手役の白羽が『風の錦絵』/『ZORRO 仮面のメサイア』の東京公演千秋楽をもって退団し、後任の相手役に愛原実花を迎える。 2010年9月12日、『ロジェ』/『ロック・オン!』の東京公演千秋楽を...

    月組時代

    1. 1995年6月、東京宝塚劇場公演『ハードボイルドエッグ』新人公演:サイモンの影(本役:成瀬こうき)/『EXOTICA!』 2. 1995年8月、『ME AND MY GIRL』新人公演:ウィリアム・スナイブスン(ビル)1部 [注 1](本役:天海祐希) *新人公演初主演 3. 1995年10月、バウホール・東京特別公演『ある日どこかで』ジャック 4. 1996年1月、バウホール・東京特別公演『訪問者』ビクトル 5. 1996年3月、『CAN-CAN』新人公演:アリスティード・フォレスティエ(本役:久世星佳)/『マンハッタン不夜城 -王様の休日-』 *新人公演主演 6. 1996年9月、『チェーザレ・ボルジア -野望の軌跡-』ヴォルペ、新人公演:ルイ12世(本役:姿月あさと)/『プレスティージュ』 7. 1996年12月、『バロンの末裔』新人公演:ウィリアム(本役:姿月あさと)/『グランド・ベル・フォリー』 8. 1997年2月、バウホール・東京特別公演『Non-STOP! -午前0時に幕は開く-』ローリー 9. 1997年6月、『EL・DORADO』ロメロ、新人公演:ワルパ...

    花組時代

    1. 1997年12月、『ザッツ・レビュー』弥太、新人公演:大河原亮(本役:愛華みれ) 2. 1998年2月、中日劇場公演『ザッツ・レビュー』弥太 3. 1998年5月、『SPEAKEASY -風の街の純情な悪党たち-』エドウィン、新人公演:ジョナサン・ピーチャム(本役:愛華みれ)/『スナイパー -恋の狙撃者-』 4. 1998年7月、『MIKI in BUDOKAN』 5. 1998年10月、バウホール公演『Endless Love -永遠の愛-』チャールズ 6. 1999年1月、『夜明けの序曲』ジョージ、新人公演:川上音二郎(本役:愛華みれ) *新人公演主演 7. 1999年6月、バウホール公演『ロミオとジュリエット 99』ロミオ *バウホール公演初主演 8. 1999年8月、『タンゴ・アルゼンチーノ』オットー、新人公演:フリオ・デスノイエル(本役:愛華みれ)/『ザ・レビュー'99』 *新人公演主演 9. 2000年2月、中日劇場公演『タンゴ・アルゼンチーノ』マイク/『ザ・レビューIV』 10. 2000年4月、『源氏物語 あさきゆめみし』明石の上[注 2]/『ザ・ビューティ...

    宙組時代

    1. 2000年8月、『望郷は海を越えて』アレクセイ・オルローフ伯爵/『ミレニアム・チャレンジャー!』 2. 2001年2月、中日劇場公演『望郷は海を越えて』アレクセイ・オルローフ伯爵/『ミレニアム・チャレンジャー!』 3. 2001年4月、『ベルサイユのばら2001 -フェルゼンとマリー・アントワネット編-』オスカル/アンドレ(役替わり)[注 3] 4. 2001年9月、バウホール・東京特別公演『フィガロ!』フィガロ/アントーニオ(2役) *バウホール公演主演 5. 2001年11月、『カステル・ミラージュ -消えない蜃気楼-』ジョー・ガーナー/『ダンシング・スピリット!』 6. 2001年4月、全国ツアー公演『カステル・ミラージュ -消えない蜃気楼-』ジョー・ガーナー/『ダンシング・スピリット!』 7. 2002年7月、『鳳凰伝 -カラフとトゥーランドット-』バラク/『ザ・ショー・ストッパー』 *初エトワール 8. 2002年12月、ドラマシティ・東京特別公演『聖なる夜の奇蹟 -いつか出会う君に-』エドワルド 9. 2003年2月、『傭兵ピエール -ジャンヌ・ダルクの恋人-』...

    THE夜もヒッパレ (日本テレビ系、2001年1月20日) - 和央ようか、花總まり他、宙組選抜メンバーと出演。
    FNS歌謡祭(フジテレビ、2007年12月7日) - 大和悠河、彩乃かなみ他と出演
    情報ライブ ミヤネ屋 (読売テレビ系、2008年5月6日) - 安蘭けい、真飛聖と共に出演

    テレビ

    1. 都のかほりスペシャル(テレビ朝日系、2010年10月30日)- 真矢みきと共に旅人。 2. 宝塚プルミエール・水夏希スペシャル (WOWOW、2010年11月26日) 3. 男おばさん ワンツーネクスト (フジテレビ、2011年3月16日) - ゲスト 4. プレミアの巣窟(フジテレビ、2011年3月22日) - ゲスト 5. あっぷ&UP!(関西テレビ、2011年3月29日) - ゲスト 6. 宝塚プルミエール (WOWOW、2011年4月〜2012年3月) - ナビゲーター 7. にじいろジーン(関西テレビ系、2011年4月23日) - ゲスト 8. ダウンタウンDX (読売テレビ、2011年11月17日) - ゲスト 9. 秘密のケンミンSHOW (読売テレビ、2012年2月16日) - ゲスト 10. もしものシミュレーションバラエティー お試しかっ!(テレビ朝日系列、2014年6月30日) - 宝塚チームゲスト

    テレビドラマ

    1. スミレ刑事の花咲く事件簿 -episode 0- (フジテレビTWO、2011年3月27日) - 伊原スミレ役 2. クルマのふたり〜TOKYO DRIVE STORIES(TwellV、2011年12月17日) - 白石真澄役

    DVDドラマ

    1. スミレ刑事の花咲く事件簿 episode 1 - 4(2011年5月27日発売) - 伊原スミレ役

    参加作品

    1. 越路吹雪トリビュートアルバム『越路吹雪に捧ぐ』(2016年12月21日) 1.1. 「水に流して」「家へ帰るのが怖い」をカバー。

  5. 水代玉藻 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 水代玉藻
    • 来歴
    • 宝塚歌劇団時代の主な舞台
    • 主な映画出演

    1947年に宝塚音楽学校に入学。翌1948年に35期生として、宝塚歌劇団に入団し、『春のおどり(大津絵)』で初舞台を踏む。宝塚入団時の成績は46人中28位。 1975年?、星組副組長に就任。 1976年に月組組長に就任し、退団の年まで務めた。 1983年9月30日付で、宝塚歌劇団を退団。最終出演公演の演目は月組・東京宝塚劇場公演『情熱のバルセロナ』である。

    『虹のオルゴール工場』工場長 役/『南の哀愁』ジョテファ 役(1964年2月 - 3月)
    『レビュー・オブ・レビューズ』(1964年6月)
    『シャングリラ』女官長 役(1964年10月 - 11月)
    『エスカイヤ・ガールス』スリ 役(1965年3月)
    『家庭の事情 ネチョリンコンの巻』ユリ 役(1954年、東宝)
    『仇討珍剣法』女中 役(1954年、東宝)
    『箱入娘と番頭』伊藤証券の事務員B 役(1956年、東宝)
    『遠山金さん捕物控 影に居た男』傘屋の妻 役(1956年、東宝)
  6. 宝塚歌劇団92期生 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 銀華水

    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. 本記事に加筆する際は出典を忘れないでください。. 宝塚歌劇団92期生 (たからづかかげきだん92きせい)は、2004年4月に 宝塚音楽学校 に入学、2006年3月に 宝塚歌劇団 に入団した48名を指す。.

  7. 宝塚歌劇団82期生 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 姫こだま

    ナビゲーションに移動 検索に移動. 本記事に加筆する際は出典を忘れないでください。. 宝塚歌劇団82期生 (たからづかかげきだん82きせい)は、1994年4月に 宝塚音楽学校 に入学、1996年3月に 宝塚歌劇団 に入団した38名を指す。.

  8. 武蔵水路 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 武蔵水路
    • 地理
    • 施設
    • 老朽化に伴う改築事業
    • 橋梁等
    • 関連項目
    • 外部リンク

    利根大堰からほぼ真南に流下し、鴻巣市糠田(糠田橋上流側)で荒川に注ぐ。 この水路で荒川に通された水は秋ヶ瀬取水堰から朝霞浄水場、大久保浄水場を経てそれぞれ東京都、埼玉県の広範な地域に上水道として供給し、首都圏の生活を広く支えている。

    伏越(サイホン)を8箇所、流量調節堰を1箇所、水門を3箇所、放流口を6箇所、制水ゲートを5箇所備える。 水門と放流口は、洪水時に周辺の中小河川などから水路へ内水を受け入れ、荒川に排水するために用いられる(内水排除機能)。 上流(利根大堰側)から順に掲載。 1. 大分水工 2. 流量調節堰:改築工事で新設 3. 荒木伏越(サイホン):見沼代用水と交差 4. 荒木制水ゲート:改築工事で新設 5. 上星川伏越(サイホン):上星川と交差 6. 星川水門:星川からの出水取込。改築工事で新設 7. 白鳥田伏越(サイホン):秩父鉄道と交差 8. 長野落放流口 9. 長野伏越(サイホン):国道125号と交差 10. 長野制水ゲート:改築工事で新設 11. 8号放流口 12. 旧忍川放流口 13. 佐間水門:忍川からの出水取込 14. 堤根放流口 15. 元荒川伏越(サイホン):元荒川と交差 16. 川面水門:元荒川からの出水取込 17. 袋制水ゲート:改築工事で新設 18. 川面放流口:改築工事で新設 19. 国道17号伏越(サイホン):国道17号と交差。改築工事で新設 20. 赤見台放流口:改築工事で新設 21. JR高崎線伏越(サイホン):JR高崎線と交差。改築工事で新設 22. 箕田制水ゲート:改築工事で新設 23. 箕田伏越(サイホン):足立北部排水路と交差 24. 糠田制水ゲート:改築工事で新設 25. 糠田排水機場 26. 糠田樋管

    通水後35年以上を経て、水路沿線の地盤沈下と水路自体の損傷、そして老朽化が大きな問題になった。地盤沈下については、国道125号を潜る行田市の長野サイフォン付近、最下流の鴻巣市糠田地区の区間で特に著しい。地盤沈下の影響による水路の沈下・変形、底板隆起や側面パネルの欠損などが発生し、このため本来ならば毎秒50立方メートルの導水機能を有していながら、毎秒40立方メートル以下の水しか導水できないという機能不全の状態に陥った。耐震性の低下や不足も指摘された。大規模地震が発生し、この地域で予想されている最大震度である震度6強の揺れが生じると、水路や付帯施設に甚大な被害が発生する恐れがあり、この場合には長期の通水不能や周辺地域への被害、影響が予想された(水資源機構)。 いずれにせよ、武蔵水路は全面的な改修が必要な時期が来ていたため、管理者である水資源機構が改築事業を計画、全面的な改築工事を行ない、2015年度(2016年3月)に工事が竣工した。 幹線水路は、従来の断面が逆台形のコンクリートライニング構造から、耐震性の高い断面が矩形の鉄筋コンクリートフルーム構造へと大規模な改築となっている。新しく改築された区間は、中央に分離壁が設けられた狭い水路が2本平行したような構造になっている。これは、メンテナンスを行うときに片方の水路のみを止水し、もう片方の水路は通水したままにしておくことで、メンテナンス中の通水を確保するためである。 このほか、サイフォンや水門の耐震工事、糠田排水機場のポンプ増強、管理設備の更新などが行われている。施工は「半川締切工法」を採用し、施工の難易度が高いとされるサイフォンの箇所は、「パイプ・イン・パイプ(PIP)」工法と呼ばれる既存の水路の内側に鋼管を通す工法を駆使して行なった。また、改修により生まれた用地を活用して水路の管理用通路(隣接する県道の歩道として運用)が整備された。 改築工事は平成27年度土木学会の技術賞(技術賞IIグループ)を受賞した。

    水路の岸や橋のたもとからはオレンジ色の球体が等間隔にぶら下がっており、また、網のついていない虫取り網のようなものが岸に設置されているが、これらは万が一流されたときのための救命道具である。これは当水路の流れが非常に速く、一度流されると自力で脱出するのが困難なためである。橋の架け替えに伴い、一部の橋梁は拡幅が実施された。 上流から順に掲載 1. 利根大堰 2. 須加大橋(埼玉県道59号羽生妻沼線) 3. 東水橋 4. 四谷新橋 5. 赤城橋 6. 新弥五郎橋(埼玉県道128号熊谷羽生線) 7. 東橋 8. 新川橋 9. 武蔵橋(埼玉県道7号佐野行田線) 10. 小見橋 11. 行田大橋(行田バイパス) 12. 勝呂橋 13. 若田橋 14. 芝原橋 15. 北大橋 16. 八反田新橋(埼玉県道・群馬県道306号上中森鴻巣線) 1. 富士見橋 2. 堀の内橋 3. 南大橋 4. 新大橋 5. 神明橋 6. 両神橋 7. 聖天木橋 8. 埼玉橋 9. 野合新橋(埼玉県道77号行田蓮田線) 10. 元成田橋 11. 鴻池橋 12. 弥生橋 13. 栄橋 14. 柳橋(熊谷バイパス上り線) 15. 堤根橋 (熊谷バイパス下り線) 16. 末広橋 17. 堤根新橋(埼玉県道148号騎西鴻巣線) 18. 常盤橋 19. 並木橋 20. 二之橋 21. 東谷橋 22. 上越新幹線 23. 新前橋 24. 真木也橋 25. 八幡橋 26. 川元橋 27. 前谷橋 28. 川面橋 29. 道永橋 30. 三ツ木橋 31. 箕田橋(国道17号(中山道)) 32. 赤見橋 33. 赤見台歩道橋 34. 柳橋 35. 箕田橋梁(JR東日本高崎線) 36. 満願寺橋 1. 中宿橋(埼玉県道76号鴻巣川島線) 2. 富士山橋 3. 三軒橋 4. 新道橋 5. 旧道橋 6. 三枚橋 7. 中橋 8. 二枚橋 9. 新糠田橋 10. 糠田樋管(糠田排水機場) 11. 外聖橋

    武蔵水路 - ウェイバックマシン(2019年1月1日アーカイブ分) - 有限会社フカダソフト(きまぐれ旅写真館)
  9. 櫻野美也子 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 櫻野美也子

    櫻野 美也子(さくらの みやこ、本名:竹林ヨシミ、旧姓:小池、1927年(昭和2年)7月9日 - )とは元宝塚歌劇団 花組娘役で、元花組副組長。 静岡県 浜松市出身。 芸名の由来は母校の名前より。宝塚時代の愛称はコイケちゃん。 来歴・人物 1940年に宝塚音楽舞踊学校 ...

  10. たのしい一年生 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › たのしい三年生

    『たのしい一年生』(たのしいいちねんせい)は、かつて存在した日本の学年別の総合雑誌である。編集・発行講談社。。「講談社の繪本」(のちの「講談社の絵本」)シリーズとして学期ごとに発行した書籍『タノシイ一年生』(1939年 - 1940年)、『國民學校タノシイ ...

  1. 相關搜尋

    小玉葵水 ig