Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 相關搜尋:

  2. 約 926,000,000 項搜尋結果

  1. ja.wikipedia.org › wiki › 博物館博物館 - Wikipedia

    博物館(はくぶつかん)とは、特定の分野において価値のある対象、学術資料、美術品等を購入・寄託・寄贈などの手段で収集、保存し、それらについて専属の職員である学芸員(英: Curater ・キュレーター)が研究すると同時に、来訪者に展示の形で開示している施設である [1]。

  2. マックスプロは、 アメリカ海兵隊 で計画された対 地雷 防護性能を持った 装輪式装甲車 の開発・調達計画である MRAP プログラム に応じて開発された装輪式装甲車で、 V字型車体 、高い車高、装甲化された車体上部を持つ。. 開発のベースとなったのは ...

    • 2007年~
    • 4x4 MRAP
    • 概要
    • 登場キャラクター
    • キャスト
    • 声の出演
    • スタッフ
    • 主題歌・Bgm
    • 反響
    • 外部リンク

    本作は、「1970年代に放送された巨大変身ヒーロー物の特撮作品」という体裁の元、岡本太郎の作品や言葉をモチーフとして制作された特撮番組及びモキュメンタリーである。特撮パートをメインに、番組終盤には幼少期に本作を視聴していたという体裁(フィクション設定)で山口一郎(サカナクション)のインタビューパートが挿入される。山口は「当時の各種グッズ」にまで言及するが、これらも架空のものである。 もともとは2022年7月23日から大阪中之島美術館で開催される『展覧会 岡本太郎』のプロモーション用の企画であった。展覧会のプロモーション番組がドキュメンタリーなどではなくこのようなスタイルを取った点については、岡本のドキュメンタリーやドラマには「先行の名作がある」ことが理由だったという。制作に際しては実際に19...

    タローマン

    シュールレアリスム星からやってきた巨大ヒーロー。岡本太郎の思想を反映したシュールでデタラメな行動で奇獣と対決する。必殺技の「芸術は爆発だ!」を受けた相手は絵の具のようなカラフルなビームを放ち倒される。 1. 頭部のタローマスクは「若い太陽の塔」が、身体の赤いタローラインは「太陽の塔」がモチーフ。

    特撮パート

    1. タローマン:岡村渉(スーツアクター) 2. 隊長: 森野忠晋 3. マミ隊員: 小笠原皆香 4. 中年隊員:べーやん 5. 少年隊員:北村直大 6. 新人隊員:伊達要希 7. ボブ・マーサム 8. 旭屋光太郎 9. 堀田マナブ 10. 高見健 11. 寺尾毅 12. 逢坂真 13. 古川輝明 14. THE PERRY

    インタビューパート

    1. タローマンマニア:山口一郎(サカナクション)

    クレジット上では「ナレーター」となっているが、実際には登場人物の吹替えも担当している。 1. アドレナ・リン(駄々っ子、河童星人 他) 2. 鹿瀬ハジメ 3. 賢太郎(ナレーション、鷲野社長 他) 4. マザえもん(マミ隊員、少年隊員 他) 5. 岡本太郎(タローマンが必殺技『芸術は爆発だ!』『コントルポアン』『明日の神話』などを放つ際に、生前の岡本太郎の肉声がそのまま使用されている。ノンクレジット。)

    特撮パート

    本節の出典は、藤井亮のTwitterによる。 1. 全ての根源:岡本太郎 2. プロデューサー:柳本喜久晴 3. 撮影:藤本雅也 4. 照明:東岡允、西康宏 5. 監督補:佐野晴香 6. プロダクションマネージャー:富田綾子、川島ローズ 7. 特撮美術:石井那王貴 8. 特美助手:橋本卓人、鈴木優太 9. 特美見習:岩倉周平 10. ミニチュア製作応援:藤野崇志 11. 美術:大塚辰哉 12. スタイリスト・ヘアメイク:浅井可奈 13. 6話背景画:ユミヤオシダ 14. ミキサー:辻元良 15. SE:勝見康貴 16. 編集・合成:奥本宏幸、安田勇真、妻谷颯真 17. 監督・脚本・キャラクターデザイン・イラスト・光線アニメーション・小道具:藤井亮

    本節の出典は、藤井亮のTwitterによる。 主題歌「爆発だッ!タローマン」 1. ことば:岡本太郎 2. 作詞:藤井亮 3. 作曲:林彰人 4. 歌唱:タローマン合唱団 BGM「なんだこれは!(奇獣行進)」「なんだこれは!(戦闘序曲)」(作中のどのBGMを指すのかは不明)についても、主題歌と同一スタッフである。タローマン合唱団の参加者については不明である。

    デイザー映像の再生回数が80万回を超えたと報じられ、放映開始直後からSNSなどに反響のコメントが相次ぎ、イラスト等の愛好者による二次創作も発表された。こうした反響に、最終回前の時点で10回分をまとめた再放送(2回)が急遽決定した。さらに8月20日・21日には前述の「展覧会 岡本太郎」に併催する形で「タローマンまつり」と称するイベントが開催され、撮影で使用された着ぐるみや、山口一郎所有の放送当時のグッズコレクションと称する小道具等が展示される。

    TAROMAN 岡本太郎式特撮活劇 - YouTubeプレイリスト(『展覧会 岡本太郎』の宣伝と、山口一郎のインタビューパートは含まれない。)
    • 概要
    • 沿革
    • 所在地
    • 展示
    • 関連項目
    • 外部リンク

    開設当初、東京都大田区の東京国際空港(羽田空港)第2総合ビル2階にあり、東京モノレール羽田空港線・整備場駅から徒歩5分圏内の場所にあったが、2013年(平成25年)9月30日を以って一時閉館し、同年12月10日より、新整備場駅近くにあるJALメインテナンスセンター1内6階に場所を移し、再び開館された。 安全啓発センターの主な目的は、JALグループ社員の安全意識の確立である。主な展示は1985年に起きた日本航空123便墜落事故に関するものである。

    1985年(昭和60年)8月12日、東京国際空港(羽田空港)18:00発・大阪国際空港(伊丹空港)行きの日本航空123便は、群馬県多野郡上野村にある高天原山(御巣鷹の尾根)に衝突した。単独機による墜落事故としては世界最悪の犠牲者数、過去に例のないものであった。事故から遡って1978年(昭和53年)に起きた「日本航空115便しりもち事故」で、ボーイング747の後部圧力隔壁にボーイングによって不適切な修理が行われたのが原因で、致命的な構造的欠陥を引き出したことにより、墜落事故は発生した。 2004年(平成16年)に、JALグループに度重なる重大インシデントが起き、国土交通大臣より安全に関する業務改善命令を受けたことにより、科学・航空・危機管理で著名な作家、柳田邦男を座長とする、外部の安全に関する...

    安全啓発センターは開設当初、東京国際空港にほど近い、東京国際空港整備区域の特徴のない日本航空ビル内、東京モノレール羽田空港線整備場駅近辺にあったが、2013年(平成25年)10月1日に閉館し、同年12月10日より東京モノレール羽田空港線新整備場駅付近のM1ビル内6階に移設されている。 無料で一般公開されているが、JALグループ従業員の社員教育が優先されるため事前予約が必要で、施設が指定した集合時間に参集して見学する形となり、12歳未満の見学はできない。

    後部胴体や尾翼の残骸、後部圧力隔壁、ボイスレコーダー、フライトデータレコーダーのグラフ、破壊されたエコノミークラスの座席、救命胴衣、乗客の腕時計、事故に関する新聞記事、そして事故の様子を捉えた写真が展示され、また図書室が附属しており、社員研修に使用されている。一般人の訪問時には、安全啓発センターの職員によるガイドが付く。 事故機は、トラブル発生後直ちに墜落した訳ではなく、乗客が遺書や家族に宛てた手紙を書く時間があった。それらのうち幾つかが展示されている。また、JALにおける他の歴史的な航空機事故をも展示している。 移転前の安全啓発センターの床面積は622m2だったが、移転後はおよそ1,000m2に拡大された。

    事故の歴史展示館 - 東日本旅客鉄道(JR東日本)が運営する鉄道事故の説明施設。(一般非公開)
    • 来歴
    • 設計
    • 能力
    • 艦歴
    • エピソード
    • 登場作品
    • 参考文献
    • 外部リンク

    超大型空母の誕生

    第二次世界大戦後の核戦争時代の到来を受け、アメリカ海軍は空軍戦略航空軍団への対抗もあり、核兵器の運用能力を有する大型艦上攻撃機を運用可能な超大型空母の保有を志向した。 1948年度計画での「ユナイテッド・ステーツ」(基準排水量66,400トン)は空軍などの反対や予算の制約などにより挫折したものの、朝鮮戦争で空母航空団の存在意義が再確認されたこともあり、1952年度計画よりフォレスタル級(基準排水量59,900トン)の建造が開始され、計4隻が建造された。

    初期の試みと挫折

    一方、「ユナイテッド・ステーツ」の検討過程の1946年より、航空母艦の原子力推進化が検討されはじめており、1952年度で建造予定だった同型艦では原子力推進化が期待されたものの、これは実現しなかった。その後、1950年8月、海軍作戦部長(CNO)フォレスト・シャーマン大将は艦船局(BuShips)に対し、空母の原子力推進化に関するフィジビリティスタディを指示した。 1951年には空母用原子炉の正式な要件定義が作成された。この時点で、海軍は既に潜水艦用原子炉(後に「ノーチラス」に搭載されるS2Wの原型機)を開発していたものの、まもなく、空母のためには全く異なる設計が必要になることが判明し、予算の見積もりは高騰し始めた。海軍部内では、燃料の搭載余地が多い空母よりは、潜水艦や駆逐艦の原子力推進化のほうが優先するとの意見も強く、アイゼンハワー大統領は国防費削減を重視しており、そして原子力空母計画の後援者だったシャーマン提督は1951年に死去していた。この結果、原子力委員会(AEC)は1953年に空母用原子炉の計画を中止した。

    原子力空母の復活

    AECによって原子炉の開発計画が中止されたあとでも、海軍部内では、原子力空母に関する検討は継続されていた。1954年5月、艦艇用原子炉の開発を統括していたハイマン・G・リッコーヴァー少将は、攻撃潜水艦から航空母艦まで5種類の舶用原子炉の試作計画を提案して、今回はAECの承認を得ることができた。1955年末までには、空母用試作炉としてA1Wの計画が作成されており、これは1958年より運転を開始した。 一方、これらの原子炉を搭載する原子力空母そのものについては、まず1953年に小型の原子力空母(CVAN 4/53)の設計が検討されたのち、1954年2月16日の艦船局の覚書に基づいて、SCB-160計画が作成された。予備設計は1956年9月に完了し、1958年度計画での建造が承認された。これが本艦である。

    船体

    上記の経緯により「エンタープライズ」は原子力空母として開発されたが、当時の技術で開発できる原子力推進機関の性能によって船体のサイズは制約されており、計画段階では、小型の船体も検討された。しかし結局、無理な小型化は運用効率を大きく損なうことが判明して、基本的には先行するキティホーク級を原子力推進化した設計となった。一方で、水中防御の必要から、本来必要な量より多い液体貨物を搭載することになり、艦内容積を圧迫した。なお、随伴する艦艇に行動用燃料を補給することもできる。 原子力推進化によって煙路が不要となり、またレーダーのための電子走査アレイアンテナを設置する必要から、艦橋構造物は独特な形状となった。

    機関

    「エンタープライズ」では、原子炉としてA2Wを8基搭載した。これはウェスティングハウス・エレクトリック社の加圧水型原子炉で、核燃料としては高濃縮ウラン(最大93%)を使用する。上記のA1Wを元にした実用機であり、また本艦に先駆けて世界初の原子力水上艦として竣工したミサイル巡洋艦「ロングビーチ」に搭載されたC1Wとも共通の設計を採用していることから、「ロングビーチ」の搭載機は実質的に「エンタープライズ」のものの洋上試験を兼ねていた。 熱交換器32基を備えており、蒸気タービンによってスクリュープロペラ4軸を駆動する。電源出力としては、主発電機が計40,000キロワット(2,500キロワット×16基)、非常用のディーゼル発電機が計8,000キロワット確保されている。

    個艦戦闘機能

    上記の通り、艦橋構造物にはSCANFARレーダー・システムの電子走査アレイアンテナが固定装備された。またその上方には、「ウェブ」と称されるESMアンテナに囲まれたパゴタ状の構造物が設置されており、非常に特徴的な外見となった。しかしSCANFARシステムは、技術的には非常に先進的だったものの、信頼性に問題があり、1968年には、バックアップとしてAN/SPS-12が設置された。 対空兵器としては、設計段階ではテリア艦対空ミサイル(SAM)の搭載が想定されており、余地も確保されたものの、予算上の都合から実際には搭載されず、非武装で竣工した。その後、1967年の改修の際に、飛行甲板後部両舷のスポンソン上にシースパローBPDMSのMk.25 8連装発射機が設置された。 その後、1979年から1982年にかけての改修の際に、SCANFARシステムは撤去されて、艦隊で標準的なAN/SPS-48 3次元レーダーおよびAN/SPS-49 2次元レーダーが設置された。また同時に、シースパローはIBPDMSに更新されて、発射機はMk.29に換装されたほか、シースパローのための捕捉レーダーとしてAN/...

    就役 - 1960年代

    本艦は1958年2月4日にニューポート・ニューズ造船所で起工された。1960年9月24日に元アメリカ合衆国海軍長官ウィリアム・B・フランクの夫人によって進水し、初代艦長ヴィンセント・P・デュポア大佐の指揮下1961年11月25日に就役した。 当初はエンタープライズ級航空母艦6隻の一番艦として建造されたが、建造費の増大から同級の2番艦以降の建造計画は撤回され、建造予定のCV-66はキティホーク級航空母艦の1隻として建造された。CVN-67はA2W新型原子炉を組み込んで建造される計画であったがそれも中止となり、「ジョン・F・ケネディ」として再発注された。 就役後、「エンタープライズ」は一連の試験を含む訓練航海を行い、原子力空母の能力実証を行った。就役に先立って10月30日にVR-40所属の3機のTF トレーダーが艦上から公試を視察したVIPをアメリカ本土へ送り届けている。 「エンタープライズ」の最初の航空作戦参加は1962年1月に行われた。ジョージ・トーレイ大尉が指揮する F8U クルセイダーがカタパルトによる発艦と着艦を行っている。1962年2月20日にはマーキュリー計画でフレンド...

    1970年代

    1970年に「エンタープライズ」はオーバーホールと二度目の燃料棒交換のためニューポート・ニューズ造船所でドック入りする。1971年1月19日に炉心の燃料棒交換後の公試が完了する。その後本艦はベトナム海域に展開し、アメリカ軍及び南ベトナム軍の支援を行う。 ベトナムで「エンタープライズ」は空母「オリスカニー」、「ミッドウェイ」と共に、二艦での作戦行動を22日間、単独での作戦行動を9日間行い、1971年7月30日までに2,001回の出撃を行った。7月の出撃は空母が三つの台風 -ハリエット、キム、ジーン - を回避した際中断した。一ヶ月の間に南ベトナムに対する出撃は僅かながら増加し、これらは共産主義勢力の拠点に対する視認攻撃と、ヘリコプターによる作戦への支援であった。 「エンタープライズ」は1971年8月1日から8月8日までは二艦による作戦活動に従事し、8日から31日までは単独で活動した。8月の出撃回数は1,915回を数えた。9月1日から4日まで「エンタープライズ」はヤンキー・ステーションで作戦活動に従事。9月の出撃回数は「オリスカニー」、「ミッドウェイ」の回数も合わせて1,243回に上...

    1980年代

    就役時には、艦橋の前後左右4面に巨大なAN/SPS-32及びAN/SPS-33型のフェーズドアレイレーダーを装備しており、外観上の特徴の一つであったが、整備に問題があったことから1982年に撤去し、その代替として艦橋上部にAN/SPS-48 3次元レーダーとAN/SPS-49 2次元レーダーを搭載した。同年、10回目の西太平洋配備に就く、1983年3月21日長崎県の佐世保港に15年ぶりに寄港する。 1984年には11回目の西太平洋配備が行われた。1985年11月2日、「エンタープライズ」は演習中に海山と衝突し、船体およびスクリューに損傷を受ける。演習は継続されたが、その後修理のためドック入りした。 1986年に12回目の西太平洋配備に就く。4月28日に「エンタープライズ」はスエズ運河を通過し、同運河を通過した初の原子力空母となった。紅海から地中海に向かい、空母「コーラル・シー」と任務を交代。リビア沖で空母「アメリカ」と活動する。運河の通過は03:00に開始され、12時間かけて行われた。「エンタープライズ」が地中海入りしたのは就役後初であった。 1988年4月、「エンタープライズ」...

    「エンタープライズ」は第二次世界大戦時の同名の空母およびテレビシリーズ『スタートレック』に登場する宇宙船との関係で、アメリカ海軍において最も有名な艦であると考えられる。『スタートレック』のエピソードが収録されたビデオテープが、ビデオ普及初期に本艦に供給された。このテープは艦の乗組員のレクリエーションに用いられ、艦内のテレビシステムで上映された。これは1973年から1974年におけるブレマートンでの修理の間に行われた。また、『スタートレックIV 故郷への長い道』では、劇中でスタートレック伝統の旗艦と同じ名前を持つ本艦が登場するシーンがある。ただし、撮影直前に急遽作戦行動に入ってしまったため、実際に撮影に使用されたのは「レンジャー (CV-61)」であった。 映画『トップガン』において、主人公の...

    映画

    『レッドオクトーバーを追え!』 1. ジャック・ライアンが、ロサンゼルス級原子力潜水艦「ダラス」に向かうための中継基地として乗艦する。 『対決』 1. 1992年に北朝鮮で製作された、プエブロ号事件を描いた映画。朝鮮人民軍海軍の哨戒艦隊と対峙し、艦載機のF-4が朝鮮人民軍空軍のMiG-19と空中戦を展開する。 2. 撮影には記録映像とミニチュアが用いられ、艦橋のシーンは当時日本航路に就航していた客船「三池淵」で撮影された。北朝鮮に亡命した米軍人チャールズ・ジェンキンスが艦長を演じている。

    テレビドラマ

    『犯罪捜査官ネイビーファイル』 1. 1995年から2005年までの全10シーズンにわたって放送された連続テレビドラマ。しばしば劇中に登場する架空の空母「シーホーク」は本艦がモデルで、ロケ撮影も本艦で行なわれた。艦長をはじめとする乗組員たちが被っている帽子も、艦名の部分を「Seahawk」に変えたエンタープライズのものである。また、第8シーズンの1エピソードにおいて、バド・ロバーツ海軍大尉が幼い息子へのプレゼントとして受け取った「シーホーク」のプラモデルのパッケージは、本艦のプラモデル(タミヤ製)のパッケージの艦名を変更したものとなっている。なお、「シーホーク」はスピンオフシリーズの『NCIS ネイビー犯罪捜査班』にも登場する。

    アニメ

    『沈黙の艦隊』 1. 原作におけるミッドウェイ級航空母艦「ミッドウェイ」の役回り[注 3]として登場した。原子力潜水艦「やまと」と交戦するも、魚雷4発を受けて撃沈される。

    Friedman, Norman (1983). U.S. Aircraft Carriers: An Illustrated Design History. Naval Institute Press. ISBN 978-0870217395
    Gardiner, Robert (1996). Conway's All the World's Fighting Ships 1947-1995. Naval Institute Press. ISBN 978-1557501325
    Polmar, Norman (2008). Aircraft Carriers: A History of Carrier Aviation and Its Influence on World Events. Volume II. Potomac Books Inc.. ISBN 978-1597973434
    Prezelin, Bernard (1990). The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World, 1990-1991. Naval Institute Press. ISBN 978-0870212505
    USS Enterpriseofficial website
    AO3 Smitty's USS Enterprise(CVN-65) Page
    USS Enterprisewebpage
    The Big EReactor & Engineering Department Alumni
  3. テンプレートを表示. 日本航空123便墜落事故 (にほんこうくう123びんついらくじこ)は、 1985年 ( 昭和 60年) 8月12日 ( 月曜日 )、 日本航空 123便( ボーイング747SR-100 型機)が 群馬県 多野郡 上野村 の山中ヘ墜落した 航空事故 である。.

  4. 日本の見本市会場一覧(にほんのみほんいいちかいじょういちらん)。ここでは、企業展示会・同人誌即売会などが行われ、屋内展示ホールを有する見本市会場を記載している。 北海道地方 北海道 「札幌国際プラザ」も参照

  1. 相關搜尋

    公仔展示盒 diy