Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 平方キロメートル - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/平方キロメートル

    平方キロメートル(へいほうキロメートル、記号km 2 )は、国際単位系の面積の単位(SI組立単位)で、一辺の長さが1キロメートルである正方形の面積。平方キロと略称することもある。 単位換算 1 km 2 = 1 000 000 m 2 = 100 ha = 10 000 a 1 km 2 ≈ 247.1 エーカ ...

  2. 都道府県の面積一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/都道府県の面積一覧

    単位はkm 2 (平方キロメートル)。 北海道だけで日本の面積約38万km 2 の22%を占める。また、北海道から鹿児島県までの上位10道県の面積を合計すると、国土面積の1/2となる。

  3. 平方メートル - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/平方メートル

    平方メートル. 平方メートル (へいほうメートル、square metre)は、 計量法 および 国際単位系 (SI) における 面積 の 単位 である。. 1平方メートルは、「辺の長さが一 メートル の 正方形 の面積」と定義される 。. 日本では、メートルを「米」と書くことから ...

  4. 毎平方メートル - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/毎平方メートル

    1平方メートルあたり無次元量が1あることを示す。 長さのマイナス1乗の次元を持つさまざまな量を測るのに使われる。 SI接頭辞 をつける場合は、たとえばkm −2 はキロ毎平方メートルではなく毎平方キロメートルと読み、1 平方キロメートル あたり無次元量が1あるこ ...

  5. 国の面積順リスト - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/国の面積順リスト

    国の面積順リスト(くにのめんせきじゅんリスト)は、ISO標準のISO 3166-1によって分類された独立国家とその属領を、総面積順に並べた一覧である。 資料により面積が異なるので、詳しくは各国家のページの面積を参照。 属領については、それらの独立国家とは区別で ...

  6. キロメートル - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/キロメートル
    • 表記
    • 英語の綴り
    • Kilometre のアクセント
    • 換算
    • 脚注
    • 関連項目

    口頭では、英語に近い発音の「キロメーター」と発音される場合があるが、計量法上は認められない。また、日本では和製漢字を用いて「粁」と表記することがある。これはメートルを表す「米」にその 1000 倍であることを示す「千」の字を合わせたものである(メートル#表記を参照)。ただし、計量法体系では、「粁」の表記は認められていない。 なお、サムネイルの画像のように、km をしばしば「Km」と大文字を用いて表記することがあるが、「ケルビン メートル」と誤読される可能性もあり、決してそのような表記はしてはならない。 Unicode には記号 km を一文字で表した ㎞(339E) という合字がある。また、単に「キロ」と省略されることもある。

    キロメートルの公式の英語の綴りは、kilometreである。JIS規格などにおいても kilometerと綴られることはない。ただし、米国でのみ1977年以降、例外的にkilometerとしている。詳細は、メートル#英語表記、メートル#米国における表記の経緯を参考のこと。

    kilometre の発音では、接頭語である kilo の最初のシラブルに強アクセントがある。これは、millimetre、nanometre などの分量単位の英語発音でも同じである。詳細は、メートル#派生語の英語発音を参照のこと。 なお、単位「メートル」に由来しない、-metre ( -meter) で終わる語のアクセントは、その直前にあるのが普通である。例えば speedometer(速度計)のアクセントは、speedo- の第2シラブルに強アクセントがある。

    1 キロメートル (1 km) は以下の長さに等しい(あるいは、ほぼ等しい)。 1. 1 km 2. = 1000 m(定義) 3. ≒ 0.621 マイル 4. ≒ 1094 ヤード 5. ≒ 3281 フィート 6. ≒ 0.255 里(日本) 7. = 2 里(中国) 8. ≒ 9.167 町(日本) 9. = 3300 尺(日本) 10. = 3000 尺(中国) 11. = 1 Click (英語):(俗語)キロメートル。3 km なら 3 Clicks と言う。主に無線通信での会話に使用される。

    ^ 国際文書第8版(2006)国際単位系(SI)日本語版訳・監修 独立行政法人産業技術総合研究所 計量標準総合センター、p.43、「SI単位あるいは単位全般に関して言えることであるが,正しい単位記号を用いるということは必須(mandatory)である.これにより,量の値についての曖昧さや誤解を排除することができる.」

    • 1000 m
    • km
    • 国際単位系(倍量単位)
    • 長さ
  7. 人口密度 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/人口密度
    • 概要
    • 世界の人口密度
    • 日本の人口密度

    大抵は1平方キロメートルあたりの人口、すなわち人口を面積(平方キロメートル)で割った値で表される。 地形については、対象地域内に人の居住できない水域や山岳地を多く含むところでは見かけ上の人口密度は低くなる。代表的な例としては、日本国外では香港、日本では札幌市・仙台市・静岡市・浜松市・京都市・神戸市・広島市・北九州市などがある。これらの都市は皆山地を多く含んでいる。また、この欠点を補うものとして可住地面積や人口集中地区に対する人口密度という考え方がある。 面積については、小さい方が極端な値になりやすく、広域になるほど平均的になる。これは、例えば、東京中心部の局地的な狭い範囲の過密地区の人口密度(場所によっては2万人弱/km2)と、ある程度の面積規模をもつ東京23区(約14,389人/km2)(2011年3月1日現在)と、周辺部も含めた広い地域(人口密度はさらに低くなる)とでは、人口密度が異なるのに対応する。 この他、例えばシンガポールの場合、面積だけで見れば東京23区に近い広さをもつが、独立した都市国家である特性から、国内に軍用・民間用の空港を多く保有していたり、水源のためのダムや森林地帯を確保するなど土地の利用の仕方が大きく異なっており、実際の居住地域の人口密度は非常に高い例もある。

    以下に、主な地域の人口密度を示す。2017年度データにて作成。単位は人/km2。ただし、シンガポールなど、極端に面積の小さいものは除いてある。 1. 1位 バングラデシュ1130 2. 2位 台湾650 3. 3位 大韓民国513 4. 4位 ルワンダ467 5. 5位 ハイチ415 6. 6位 オランダ413 7. 7位 ブルンジ410 8. 8位 インド401 9. 9位 ベルギー372 10. 10位 フィリピン347 11. 11位 日本335 都市国家や、あまりにも狭小な国の人口密度をそうでない国と同列に語ることは学術面からみて適切でない。そのため、それらは以下の別枠で扱うこととする。 (以下、何年度のデータか不明) 1. モナコ22,021(2011年) 2. シンガポール6,430 3. バチカン市国2,000 4. マルタ1,260 5. モルディブ1,070 6. バーレーン987 7. バルバドス642

    日本の人口密度は2017年(平成29年)で335人/km2で、人口1,000万人以上を有する国の中では10番目(注:台湾の650人/km2を含めると11番目)の人口密度をもつ。近年の日本の人口は減少傾向にあるが、途上国や新興国では増加傾向にある国が多く、特にイスラエルは2017年時点で人口が約870万人であるが人口密度は395人/km2と日本を上回っており、人口増加率も高い事から数年程度で人口1,000万人以上の国を対象とした人口密度のランキングでも日本を上回る事が予測される。

  8. 日本 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/日本

    領土面積は約37.8万平方キロメートル(日本政府が領有権を主張する領域)で世界第60位である。 国土の約70%が山岳地域であり、森林率は約67%である。

  9. ユーフラテス川 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ユーフラテス
    • 地名
    • 流路
    • 流域
    • 自然史
    • 河川改修
    • 歴史
    • 経済
    • 伝説
    • 関連項目
    • 参考文献

    古代ギリシア語のエウプラーテース(古代ギリシア語: Εὐφράτης:Euphrátēs)は古代ペルシア語の𐎢𐎳𐎼𐎠𐎬𐎢(Ufrātu)から来ており、古代ペルシア語名はエラム語の𒌑𒅁𒊏𒌅𒅖 (ú-ip-ra-tu-iš)から来ている。エラム語名は突き詰めると楔形文字の綴りである(𒌓𒄒𒉣 )から派生した。これはシュメール語ではブラヌナ(Buranuna)またはブラヌン(Buranun)と読まれ、アッカド語ではプラトゥム(Purattum)と読まれた。多くの楔形文字はシュメール語の発音とアッカド語の発音があり、シュメール語とアッカド語は同じ意味である。アッカド語のPurattumはセム語系の言語(例えばシリア語:P(ə)rāṯ、アラビア語:al-Furrāt)や、近隣で使用されていた言語(フルリ語:Puranti、ウラルトゥ語:Uruttu)に引き継がれている。エラム語、アッカド語、そして恐らくシュメール語の名前は、記録に残されていない基層言語[要リンク修正](より古い時代の言語)から来ている。Gamkrelidzeとイワノフ(Ivanov)は原シュメール語形*burudu(銅、シュメール語:urudu)が語源であると主張し、これは当時メソポタミアが銅の冶金の中心地であったため、ユーフラテス川がいかだを用いて銅鉱石を運んでいたことから来ていると説明している。 ユーフラテス川への言及がある楔形文字文書の最も古い記録はイラク南部にあるシュルッパクと前サルゴン時代のニップルで発見された紀元前3千年紀のものである。これらの文書はシュメール語で書かれており、ユーフラテス川はBuranuna(楔形文字の綴りでは、UD.KIB.NUN.KI)とよばれている。この名前はKIB.NUN.(NA)とも書かれ、神格化されていることを示すディンギル(d)を伴ってdKIB.NUNとも表記される。 以下にユーフラテス川の周辺地域で使用されている、あるいはかつて使用されていた主要な言語での呼称を示す。

    ユーフラテス川は西アジアで最も長い川である。この川はカラ川(または西ユーフラテス川、450キロメートル)とムラト川(英語版)(または東ユーフラテス川、650キロメートル)が東トルコのケバン(英語版)の10キロメートル上流で合流することで出現する。ダウディ(Daoudy)とフレンケン(Frenken)はユーフラテス川の長さを、ムラト川の源流からティグリス川との合流地点までの3000キロメートルとし、そのうち1230キロメートルがトルコ領、710キロメートルがシリア領、1060キロメートルがイラク領内を流れるとしている。この数字はイサエフ(Isaev)とミハイロヴァ(Mikhailova)も用いている。シャットゥルアラブ川の長さ、つまりユーフラテス川とティグリス川の合流地点からペルシア湾までの長さは複数の出典で195キロメートルとなっている。 カラ川とムラト川はヴァン湖の北西、それぞれ海抜標高3290メートルと3520メートルの位置に源流を持つ。ケバン・ダム(英語版)の場所では標高693メートルまで下降する。この地点では2つの川はユーフラテス川として既に合流している。ケバンからシリア・トルコ国境までユーフラテス川は600キロメートル未満の距離で368メートルを更に下る。ユーフラテス川が上メソポタミア平原に入った後、その縦断勾配は有意に落ちる。シリア内でユーフラテス川は163メートルの落差を持つが、その後のヒート(英語版)とシャットゥルアラブ川の間では55メートルしか落差がない。

    カラ川とムラト川の流域はそれぞれ22,000平方キロメートル、40,000平方キロメートルの地域を覆っている。ユーフラテス川の流域面積の推定の幅は非常に広く、小さい推計では233,000平方キロメートル、大きな推計では766,000平方キロメートルとなる。最近の推計値には388,000平方キロメートル、444,000平方キロメートル、579,314平方キロメートルといったものがある。ユーフラテス川流域の大部分はトルコ、シリア、イラクにある。ダウディとフレンケンの両者によれば、トルコはそのうちの28パーセント、シリアは17パーセント、イラクは40パーセントを占めている。イサエフとミハイロヴァはトルコ、シリア、そしてイラクにそれぞれ33パーセント、20パーセント、そして47パーセントの割合であると推計している。一部の資料は、流域面積の15パーセントはサウディアラビアに、ごく一部はクウェートの領内に位置すると推定している。最後に、いくつかの資料はまた、ヨルダンをユーフラテス川の流域に含めており、東部砂漠(eastern desert)の220平方キロメートルの極一部の水は西ではなく東側へ流れているとしている。

    ユーフラテス川は明確に異なる複数の植生の地域を貫流している。ユーフラテス川流域のほとんどの地域で、数千年にわたる人類の活動はその環境を有意に悪化させているが、ところどころに元来の植生が残されている。ユーフラテス川の源流からペルシア湾へ進むにつれ、年間降水量が安定的に低下することが、降水量によって支えられる植生の強力な決定要因である。ユーフラテス川は上流では南東トルコの山地を流れ、その南の丘陵地帯では耐乾性(英語版)の森林地帯を支えている。この地域の湿潤な領域の植物種には様々なオーク、ピスタチオの木々、そしてバラ科の植物(バラやウメの仲間)がある。耐乾性の森林地帯の乾燥した部分では、低密度のオークの森とバラ科の植物が生育している。ここではヒトツブコムギ、エンマーコムギ(英語版)、エンバク、ライムギなど、多くの穀物の野生種を見つけることが出来る。この地域の南側に広がる地域は森林地帯とステップ地帯の植生の混合地帯である。ラッカ市とシリア・イラク国境の間のユーフラテス川沿いはステップ地帯である。このステップはArtemisia Herba Alb(ホワイト・ワームウッド)とアカザ科の植物に特徴づけられる。歴史を通じてこの地域は住民によるヒツジやヤギの牧畜に伴う過放牧に晒されている。シリアとイラクの国境の南東から真の砂漠が始まる。この地域は植生を全く持たないか、またはアカザ科かPoa sinanicaの小さな群生地域がある。現在では人類の影響のために生き残ったものはないが、研究によってこのユーフラテスの河岸地帯には元来は河畔林が広がっていたと考えられている。この種の河畔林に特徴的な植物は、スズカケノキ、ユーフラテス・ポプラ(Euphrates poplar)、タマリスク(ギョリュウ)、トネリコ属、そして様々な湿地植物(wetland plants)などである。 ティグリス・ユーフラテス川流域の魚類ではコイの仲間が最も一般的であり、54種のうち34種(species)を占めている。この中でも、mangarはスポーツ・フィッシング(英語版)の対象として優れており、イギリスではティグリス・サーモン(Tigris salmon)のニックネームで呼ばれている。メソポタミアハナスッポンはスッポン科の絶滅危惧種であり、ティグリス・ユーフラテス水系にしか生息していない。 前1千年紀の新...

    イラクにあるユーフラテス川のヒンディヤ堰(英語版)(Hindiya Barrage[訳語疑問点])はイギリス人の土木技師ウィリアム・ウィルコックス(英語版)の計画に基づき1913年に完成した。これはティグリス・ユーフラテス水系に建設された最初の近代水利施設(water diversion structure)であった。このヒンディヤ堰は1950年代にラマディ堰(英語版)(Ramadi Barrage[訳語疑問点])と、ユーフラテス川の流れを制御し低地[要リンク修正]に過剰な水が流れ込むことを制限するために設置された近郊のAbu Dibbis貯水池に引き継がれた。これは現在ハバニヤー湖(英語版)と呼ばれている。ユーフラテス川にあるイラク最大のダムはハディーサ・ダムである。これは全長9キロメートルのアースフィルダムであり、カーディシーヤ湖(英語版)を作り出している。シリアとトルコは1970代にそれぞれ最初のダムを建造した。シリアのタブカ・ダム(英語版)は1973年に完成し、トルコのケバン・ダムは南東アナトリアプロジェクト(英語版)という大計画の中で1974年に完成した。その後、シリアはバアス・ダム(英語版)とティシュリン・ダム(英語版)という2つのダムをユーフラテス川に建造し、ハラビイェ・ダム(英語版)という4番目のダムをラッカとデリゾールの間で計画している。タブ化・ダムはシリア最大のダムであり、そのダム湖であるアサド湖(英語版)は灌漑用水および飲料水の重要な水源となっている。計画では640,000ヘクタールをアサド湖の水を用いて灌漑する予定であったが、2000年時点で100,000から124,000ヘクタールが実現したにとどまっている。シリアはまた、ハブール川とその支流に3つの小規模ダムを建造した。 1970年代の南東アナトリアプロジェクト(トルコ語: Güneydoğu Anadolu Projesi:GAP)の実行と共に、トルコはティグリス川とユーフラテス川の水を灌漑と水力発電に利用し、トルコ南東の地区の経済を活性化させる意欲的な計画を立ち上げた。GAPは総計75,000平方キロメートルの地域とおおよそ700万人の人々に影響を与える。これはトルコの面積と人口の10パーセントを占める。計画達成時にはGAPは(ケバン・ダムを含む)22のダムと19の発電所で構成さ...

    旧石器時代から銅器時代

    ユーフラテス川流域における初期の定住はその上流域に限られていた。この地域は肥沃な三日月地帯として知られている。アシュール文化の石製遺物はサジュル川流域と、シリア砂漠の中央にあるエルコウム(アルカウム)(英語版)の遺跡から発見されている。後者は450,000年前に遡るホモ・エレクトスの遺物と一緒に残されている。タウルス山脈とシリアのユーフラテス河谷の上流域はアブフレイラ、ジェルフル・アフマル、テッレル・ムレイベト、そしてネヴァル・チョリ(英語版)のような初期の定住村落が紀元前8,000年紀以降形成された。アブフレイラは当初狩猟採集民が定住を開始し、後に最初期の農民たちも居住した。灌漑を知らない初期の農業共同体の立地は天水農業が可能な地域、即ちシリアとトルコのユーフラテス川上流域に限られていた。紀元前7千年紀初頭に土器の導入が行われたことに特徴づけられる後期新石器時代の村落はこの地域全体で発見されている。メソポタミアの下流域への居住は紀元前6千年紀に開始した。この地域の降水量は換装農業を行うには不十分であるため、これは一般的に灌漑の導入に関連したものである。テッレッ・サウワーン(英語...

    古代

    ジェムデト・ナスル期(英語版)(前3600年頃-前3100年頃)の間と、シュメール初期王朝時代(前3100年頃-前2350年頃)、南部メソポタミアでは定住地の拡大と数の増加が見られ、人口の力強い成長を示している。これらの定住地にはシッパル、ウルク、アダブ(英語版)、キシュなどのシュメールとアッカドの都市があり、これらが相互に競う都市国家を形成していた。これらの都市の多くはユーフラテス川とティグリス川の運河沿いにあった。この運河群は現在では干上がっているが、リモートセンシングによる画像から特定できる。同様の開発が上メソポタミアのスバルトゥ(英語版)とアッシリアで行われたが、紀元前3千年紀半ば以降であり、その規模は下メソポタミアよりも小さかった。この時代の初期の間、エブラ、マリ、そしてテル・レイランのような都市が有力となった。これらの帝国の崩壊の後、古アッシリアとマリが北部シリアと北部メソポタミアに対する権力を主張し、南部メソポタミアはイシンやキシュ、ラルサのような都市国家に支配された。これらの都市国家の領域は前18世紀前半から半ばにかけて、ハンムラビの下で新たに台頭したバビロニアに...

    イスラーム期

    ユーフラテス川は現在のトルコ領にあたる山間部を抜けると、乾燥した気候の台地を潤して現在のイラク領にあたる下メソポタミアに入る。アラビア語などでは、ユーフラテス川が東西に分割する台地の東側が「ジャズィーラ」、西側が「シャーム」と呼ばれ、それぞれが内部に多様な自然環境を包含しながらも長い歴史により、それぞれ一つのまとまった地域として統合されてきた。ジスル・マンビジとラッカが、中世前半までのユーフラテス川の2大渡河ポイントとして、ジャズィーラとシャームを結んでいた。ジスル・マンビジはマンビジの町から東にあり、のちにはナジム城(英語版)が築かれることになる。ジスル・マンビジとラッカの間にあるマスカナ(アラビア語版)より下流では川舟の航行も可能になり、スィッフィーンの古戦場もこのあたりである。 下メソポタミアはアーナ(アラビア語版)の村からはじまり、海に至る地域である。アーナ(アラビア語版)は中世にはすでに、ナツメヤシ栽培で有名であった。アーナから少し下ったアンバールより下流は、古代より運河が張り巡らされてきた地域である。前近代、特に9世紀から12世紀までのイスラーム圏では、宗教的情熱や冒...

    歴史を通じてユーフラテス川は川沿いに生きる人々にとって極めて重要であった。大規模な水力発電所の建設、灌漑計画、遠距離へ水を運ぶことのできるパイプラインは、電力や飲料水のような基本的な生活インフラについて、今やより多くの人々を昔よりもユーフラテス川に依存させている。シリアのアサド湖はユーフラテス河谷から75キロメートル西のアレッポ市の最も重要な飲料水源である。この湖はささやかな規模の国営漁業も支えている。イラクのハディーサ・ダムは、新たに復旧した電力網を通してバグダードに給電を行っている。

    『旧約聖書』にも פְּרָת Pĕrāṯ の名が出ており、その源はエデンの園であるとされる。 古代ローマの詩人マルクス・マニリウスは、愛の女神ウェヌスが怪物テュポンから逃れるためこの川に身を投じ、魚に変身したと伝えている。この伝説には飛び込んだ川をナイル川やエリダヌス川(古代ギリシア語: Ἠριδανός - ラテン語: Eridanus)とする異伝もあるが、いずれにせようお座と結び付けて考えられている。

    ユーフラテス川沿岸の都市の一覧(英語版)
    シリアの水資源管理(英語版)
    イラクの野生動物(英語版)
    シリアの野生動物(英語版)
    Abdul-Amir, Sabah Jasim (1988) (PhD thesis), Archaeological Survey of Ancient Settlements and Irrigation Systems in the Middle Euphrates Region of Mesopotamia, Ann Arbor: UMI, OCLC 615058488
    Adams, Robert McC. (1981), Heartland of Cities. Surveys of Ancient Settlement and Land Use on the Central Floodplain of the Euphrates, Chicago: University of Chicago Press, ISBN 0-226-00544-5
    Akkermans, Peter M. M. G.; Schwartz, Glenn M. (2003), The Archaeology of Syria. From Complex Hunter-Gatherers to Early Urban Societies (ca. 16,000–300 BC), Cambridge: Cambridge University Press, IS...
    Anonymous (2009), Group Denial. Repression of Kurdish Political and Cultural Rights in Syria, New York: Human Rights Watch, OCLC 472433635, https://www.hrw.org/sites/default/files/reports/syria1109...
  10. 琵琶湖 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/琵琶湖

    流域面積は後述するように3,848平方キロメートルで、淀川流域の47パーセントに当たる [8]。 最狭部に架かる 琵琶湖大橋 を挟んだ北側の主湖盆を 北湖 (太湖)、南側の副湖盆を 南湖 と呼ぶ [9] [10] [11] 。