Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 約 50 項搜尋結果
  1. ja.wikipedia.org › wiki › 統一発票統一発票 - Wikipedia

    統一発票 (とういつはっぴょう)は 台湾 において民間営利団体または公共事業機構が商品またはサービスを提供した後、売主と買主の双方で保存される公的な領収書。. 統一発票の記載例. レジ用統一発票(表). レジ用統一発票(裏).

    • Tóngyī Fāpiào
    • 统一发票
    • ㄊㄨㄥˇ | ㄈㄚ ㄆ|ㄠˋ
    • 統一發票
  2. ja.wikipedia.org › wiki › 麻雀牌麻雀牌 - Wikipedia

    • 材質
    • 牌の大きさ
    • デザイン
    • 牌の種類
    • 牌の表記法
    • 関連項目
    • 外部リンク

    現在、日本では主にユリア樹脂、またはカゼイン樹脂製のものが一般的である(中国ではアクリル樹脂製が多い)。ユリア樹脂製の牌では、通常、重量を増やすために中に鉄が埋め込まれている。また、自動卓用の牌においては、牌の表裏を揃えるために磁石が埋め込まれている。 また、珍しい材質として木、紙、ガラス、真鍮、アルミニウム、ヒスイ、象牙やメノウ、純金、金メッキ、シェル(貝殻)などで作ったものがある。ガラス製のものは透明ながらも裏から見ると牌の種類が判別出来ないように工夫されており、紙製のものは麻雀牌の図柄が印刷されたカード型のものが出回っている。また、紙製カードの裏面をマグネットシートに加工しているタイプも存在する。

    現在、日本で主に使われている牌の大きさは、縦26mm×横20mm×厚み16mm 程度である。全自動卓などでは、縦28mm×横21mm×厚み16mm〜縦30mm×横22mm×厚み17mm牌が使われていることが多い。通常、牌の縦横比は4:3である。麻雀牌は、製造年代や製造業者によってわずかに大きさが異なる。全自動卓用の牌は、手積み用の牌よりも若干牌や図柄が大きいものが多い(見やすいため)。歴史的には、牌は少しずつ大きくなってきている(見やすく扱いやすく、またイカサマを防止するために「隠しにくく」)。 中国や香港などで一般的に使われている麻雀牌は、日本の牌の1.5〜2倍くらいの大きさがある。日本ではこれをゲタ牌と呼んでいる。大きいものでは、ゲタ牌よりももっと大きい牌もある。小さい牌は、普通の牌の半...

    麻雀牌のデザインは、大まかには以下の紹介における画像と一致する。ただしこれは中国風のデザインであり、他にもいくつかのバリエーションがある。 1. 日本や欧米で使われている牌では、五萬の「五」はにんべんの付いた「伍」の字が一般的である。 2. 三元牌の白は、日本では無地のものが一般的であるが、日本以外ではフレームのようなものが書かれているのが一般的である。一部の牌では文字で白と書かれていたり、フレーム・縁どりのようなものが書かれていることもある。特に牌全体が同一色になっている特殊な牌セットでは、牌の背も牌の腹も無地だと表裏の区別が付きにくいため、牌の腹になんらかの加工が施されている。 1. 三元牌の發の字は、文章中および画像では旧字体の「發」を使うことが多いが、日本国内で製造・流通している麻雀...

    麻雀の牌はいくつかのグループに分かれ、役などに深く関係している。主な分類を以下に示す。 1. 1.1. 萬子・筒子・索子の3種が数牌に該当し、字牌は風牌と三元牌に分かれる。 1.2. あとの節でも詳述するが、么九牌とは「字牌7種と老頭牌6種の総称」であり、老頭牌は么九牌に含まれる。

    漢字で表記する場合
    半角英数字で表記する場合
    • 中国重慶タイプの牌。
    • 日本関東フォントの牌。九州タイプのドラ白を含む。
    • 欧米製の牌には数字やアルファベットが振ってある。
    • 海外の骨董品。数牌にアラビア数字が振られている。
  3. ja.wikipedia.org › wiki › 癸巳癸巳 - Wikipedia

    癸巳の月 西暦年の下1桁が1・6(十干が辛・丙)の年の4月が癸巳の月となる。 ただしここでいう月は、旧暦の月や節月(立夏から芒種の前日まで)を適用する場合もある。 癸巳の日 癸巳の日の選日は以下の通り。 選日 癸巳の日は十方暮の10日目(最終日)で、天一天上の1日目である。

    • 歴史
    • 日本の原子力発電所一覧
    • 原子炉の種類
    • 立地の流れ
    • 原子力発電所と地域経済
    • 原子力発電所と税金
    • 濃縮ウランの供給問題
    • ギャラリー
    • 関連項目
    • 外部リンク

    1945年(昭和20年)8月15日の第二次世界大戦終戦後、日本では連合国から原子力に関する研究が全面的に禁止された。しかし、1952年(昭和27年)4月28日に日本国との平和条約(サンフランシスコ講和条約)が発効し、1953年にドワイト・D・アイゼンハワー大統領が国連総会で「平和のための原子力」演説を行ったことも契機となって、研究が再開されることとなった。 日本における原子力発電は、1954年(昭和29年)3月に当時改進党に所属していた中曽根康弘、稲葉修、齋藤憲三、川崎秀二により原子力研究開発予算が国会に提出されたことがその起点とされている。この時の予算2億3500万円は、ウラン235にちなんだものであった。 1955年(昭和30年)12月19日に原子力基本法が成立し、原子力利用の大綱が定め...

    運用中(33基)

    1. 名称の欄は50音順ソート 2. 電力会社・立地場所の欄は北から順にソート 3. ■は、操業停止中の原子力発電所

    改良型加圧水型軽水炉 (APWR)
    改良型沸騰水型軽水炉 (ABWR)

    日本における原子力発電所の立地の決定と、その建設・運用は次のような流れで行われる。 1. 環境影響審査を行う。 2. 第1次公開ヒアリングにより地元の賛同を得る。 3. 電源開発調整審議会より電源開発基本計画に採択される。 4. 原子炉設置許可を申請し許可される。 5. 第二次公開ヒアリングにより地元の最終的な賛同を得る。 6. 電気工作物変更許可を申請し許可される。 7. 工事を着工する。 8. 工事が完成する。 9. 試運転を行い、問題点を改修する。 10. 電気工作物の完成検査を受け使用許可を受ける。 11. 商用運転を開始する。

    電源立地地域対策交付金(通称・原発交付金)などが、立地する道県や市町村の地方公共団体に交付される。 発電所の建設工事・定期点検・運転などでの雇用も多い。地域産業との結び付きが弱いという指摘もあるが、現実には職員や労働者の8割以上が県内在住者で占められているケースがほとんどである。また地元商工会と協力して地元企業の技術力向上や雇用促進を計っている発電所や、排熱を利用した農産物の早期栽培などを農家と共同で行っている発電所もある。 実際、多数の定住者や数百とも数千ともといわれる雇用効果、固定資産税や定住者の所得税などの税収、各種交付金、それらのもたらす商業の活性化や道路・体育館・防災無線など公共施設の充実等という非常に大きな効果がある。さらに原発の見学者による観光収入も見込むことができる[要出典]...

    徴収

    1. 原子力発電所を運用する事業者は、一般事業者と同じように固定資産税・事業所税・法人税・法人住民税・消費税を納める。 2. 原子力発電所を抱える地方公共団体は、核燃料を取り扱う事業者に核燃料税(茨城県は核燃料等取扱税、青森県は核燃料物質等取扱税)という法定外普通税を課している。鹿児島県薩摩川内市、新潟県柏崎市は、さらに使用済核燃料税を課している。 3. 一般電気事業者は、販売した電気量に応じて電源開発促進税が課せられているため、消費者への販売電気代の原価に上乗せしている。

    財政支出

    1. 電源開発促進税は目的税であり、電源三法交付金の一部として、原子力発電、水力発電、地熱発電に使用することになっているが、原子力発電所が立地する自治体に重点的に配分されている[要出典]。 2. 原子力関係経費政府予算は、2007年度(平成19年度)に総額4,524億円で、文部科学省に2,668億円、経済産業省に1,736億円、その他(内閣府、総務省、外務省、農林水産省、国土交通省)に119億円であった。 3. テロ対策のため、警察では、銃器対策部隊に準じた装備に加えてNBCテロ対処や爆発物処理の能力も備えた原発特別警備隊を編成し、24時間体制で原子力関連施設の警戒警備に当たっている。また2011年11月の決定に基づき、海上保安庁や警察庁や防衛省など、関係省庁による継続的な連携強化が図られている。 4. 海上保安庁は、沿岸に立地する原子力発電所がテロに晒される危険を防止するために、上記のように原子力発電所における警察と毎日の情報交換及び共同訓練を実施するほか、巡視船艇・航空機による警戒の実施、新潟県上越海上保安署に「原子力発電所警備対策官」を配置している。

    日本の原子力発電所を運用する事業者が、アメリカ合衆国以外からの濃縮ウランを調達する場合、30%を上限とする制約が課されている。そのため常に濃縮ウランは7割以上を米国から調達しなければならず、調達先の偏りが指摘されている。

    原発ジプシー - 日本における臨時雇用の原発労働者を描いたノンフィクション
    • 概説
    • 仮名における清音と濁音
    • 仮名を習得するための和歌
    • 仮名の発音と表記
    • 他言語の表記に用いられる仮名
    • 備考・諸説
    • 脚注
    • 参考文献
    • 関連項目
    • 外部リンク

    仮名の生まれる以前

    日本に漢字が伝来する以前、日本語には固有の文字がなかった。しかし中国大陸から漢字とともに伝来した「漢文」は当然ながら中国語に基づいた書記法であり、音韻や構文の異なる日本語を書き記すものではなかった。この「漢文」を日本語として理解するために生まれたのが「漢文訓読」である。 しかし地名や人名などの日本語の固有名詞は、漢字をそのまま使ってもその音を書き記すことはできない。そこで使われたのが漢字本来の意味を無視してその発音だけを利用し、日本語の音に当てる「借字」(しゃくじ)であった。これはたとえば漢字の「阿」が持つ本来の意味を無視して「ア」という音だけを抽出し、「阿」を日本語の「ア」として読ませるという方法である。この借字によって日本語が漢字で表記されるようになった。この表記法を俗に「万葉仮名」とも呼ぶ。 このような表記法は、仮借(かしゃ)の手法に基づき日本以外の漢字文化圏の地域でも古くから行なわれているもので、中国でも漢字を持たない異民族に由来する文物に関しては、音によって漢字を割り当てていた。邪馬台国の「卑弥呼」という表記などがこれに当たる。 漢字を借字として日本語の表記に用いるのな...

    仮名の登場

    正倉院所蔵の奈良時代の公文書のなかには、本来「多」と書くところを「夕」、「牟」と書くのを「ム」と書くというように、漢字の一部を使ってその字の代わりとした表記が見られ、また現在の平仮名「つ」に似た文字が記されたりもしている。この「つ」に似た文字は漢字の「州」を字源にしているといわれるが、このように漢字の一部などを使って文字を表すことは、のちの平仮名・片仮名の誕生に繋がるものといえる。 やがて仏典を講読する僧侶の間で、その仏典の行間に漢字の音や和訓を示す借字などを備忘のために書き加える例が見られるようになるが、この借字が漢字の一部や画数の少ない漢字などを使い、本来の漢字の字形とは違う形で記されるようになった。行間という狭い場所に記すためには字形をできるだけ省く必要があり、また漢字で記される経典の本文と区別するためであった。これが現在みられる片仮名の源流である。この片仮名の源流といえるものは、文献上では平安時代初期以降の用例が確認されているが、片仮名はこうした誕生の経緯から、古くは漢字に従属しその意味や音を理解させるための文字として扱われていた。 また漢文訓読以外の場では、借字から現在...

    日本語の音節には清音と濁音の別があり、現在濁音をあらわす平仮名・片仮名には濁点が付くのが約束となっている。しかし仮名には、古くは濁点が付かなかった。 仮名が生れる以前の借字の段階では、清音に当てる借字のほかに濁音に当てる借字を区別して使っていた。上で述べたように借字を使った日本語の文は見た目には漢字の羅列であり、それをなるべく間違いの無いように読み取らせるためには、借字の音の清濁についても使い分けをする必要があったことによる。しかし平安時代以降の仮名には清濁の別が無くなった。それは連綿によって仮名の文字列に意味の区切りを作り出し、文の読み取りを以前よりも容易にした結果、仮名の清濁を使い分ける必要がなくなったからである。言い方をかえれば濁音を示す表記を用いなくても、不都合を感じない文を綴れるよ...

    『古今和歌集』の仮名序には、つぎのような記述がある。 1. 「…なにはづのうたは、みかどのおほむはじめなり。あさか山のことばは、うねめのたはぶれよりよみて、このふたうたは、うたのちゝはゝのやうにてぞ、てならふ人の、はじめにもしける」 「なにはづのうた」というのは仁徳天皇に渡来人の王仁が、 1. なにはづに さくやこのはな ふゆごもり いまははるべと さくやこのはな という歌を奉ったという古事による。また「あさか山のことば」というのは、葛城王すなわち橘諸兄が東国の視察に行った折、その土地にいた采女だった女が、 1. あさかやま かげさへみゆる やまのゐの あさきこころを わがおもはなくに という歌を作り諸兄に献上したという話である。「てならふ」とは毛筆で文字を書く練習をする事で、いまでも「手習...

    以下は仮名遣いにも関わることなので詳細は他項に譲るが、仮名における発音と表記の関係について簡略に述べる。 平安時代になると日本語の音韻に変化が起こり、たとえば「こひ」(恋)という仮名に対応する発音は[ko-ɸi]であったが、のちに[ko-wi]と変化している(ハ行転呼の項参照)。[wi]の音をあらわす仮名はワ行の「ゐ」であり、そうなると「こひ」は「こゐ」と記されるようになるかと思われそうだが、文献上「こひ」(恋)を「こゐ」などと書いた例はまず見られない。仮名文字を習得した当時の人々にとっては、恋は「こひ」という仮名で記すというのがそれまでの約束となっており、その発音が変わったからといって「こゐ」と書いたのでは、他者に恋という意味で読み取らせることが出来ないからである。つまり音韻に関わりなくそ...

    日本において朝鮮半島に先んじて独自の文字文化が形成された一因として、支配層・官僚が地方の文化、すなわち方言の歌=東歌に関心が高かったことが挙げられる。漢文体では方言を記録することは難しく、そのため、盛んに仮名文字が用いられた。橋本治は、日本は古来から大衆文化を受け入れる社会性があり、後代の江戸時代においても大衆文化が開花し、現代のサブカルチャーに至るまで受け入れられているのに対し、朝鮮半島で...

    ^ 漢字の伝来以前に「神代文字」という文字が日本にあったともいわれるが、現在ではほぼ否定されている。
    ^ 文暦2年(1235年)、京都蓮華王院の宝蔵には紀貫之自筆の『土左日記』(その表紙には「土左日記」と記されていたという)が所蔵されていたが、定家はそれを閲覧する機会を得たので、その本文を書き写し写本を作った。画像はその巻末に、写本の本文とは別に書き写した部分である。この臨書の最後には、「為令知手跡之躰、如形写留之。謀詐之輩、以他手跡多称其筆。可謂奇怪」(貫之の手跡がこういうものだと知らしめ...
    ^ なお「仮名」を「かな」と読むのは常用漢字表付表で認められた熟字訓である。「か」は「かり」の転訛であり、漢字音ではないので、重箱読みには該当しない。
    ^ 国語のため 第二 上田萬年1903年 P.28
    築島裕 『仮名』〈『日本語の世界』5〉 中央公論社、1981年
    小松英雄 『日本語の音韻』〈『日本語の世界』7〉 中央公論社、1981年
    秋山虔ほか編 『日本古典文学大辞典』(第1巻) 岩波書店、1988年 ※「仮名」の項
    小松英雄 『日本語書記史原論』 笠間書院、1998年
    万葉仮名 - 平仮名 - 変体仮名 - 片仮名
    仮名遣い - 歴史的仮名遣 - 定家仮名遣 - 現代仮名遣い
  4. ja.wikipedia.org › wiki › 武王_(周)武王 (周) - Wikipedia

    経歴 周王朝創立まで 父の西伯昌(文王)が死んだあと、呂尚(太公望)や周公旦を左右に父の事業の継承に励んだ。 殷の紂王は暴虐な振る舞いが多く、これを討つために兵を挙げて盟津まで兵を進めた。 武王は文王の位牌を掲げ、自らを太子発と呼び、この遠征が父の意思によるものである ...

  5. ja.wikipedia.org › wiki › 台湾台湾 - Wikipedia

    台湾 (タイワン、たいわん、 繁: 臺灣/台灣 ; 台: 台灣 (Tâi-uân); 簡: 台湾 (Táiwān); 英: Taiwan 、 Formosa )は、 東アジア の 島 および台湾本島を中心とした 地域 の名前である [注 1] 。. 台湾で使われている文字は繁体字であり、台湾人と接する際には 簡体字 ...

  1. 其他人也搜尋了