Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. フランシス・ン - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/呉鎮宇

    フランシス・ン(ン・ジャンユー、ン・ツァンユイ、呉鎮宇、英名:Francis Ng、1961年12月21日 - )は、香港の俳優である。本名は呉志強。祖籍(本貫)は広東番禺。多くのテレビドラマ・映画に出演している。

  2. 賈曉晨 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/賈曉晨
    • 人物・経歴
    • 出演作品
    • 広告
    • 音楽活動
    • 外部リンク
    1982年、山東省済南市の回族の家庭に生まれる。回族としての民族名は法図麦(Fatumai)。
    2006年、TVBのクッキングバラエティ番組「美女厨房(日本の愛のエプロンのような番組)」の美少女厨神において、優勝する。

    ドラマ

    1. 2002年 1.1. 金剪刀(中国) 2. 2003年 2.1. 男人三部曲(中国) 3. 2004年 3.1. 侠医伝奇(香港) 4. 2007年 4.1. 森之愛情 第8話ゲスト - 看護士Angel 役 5. 2008年 5.1. 盛装舞歩愛作戦 - Lola 役 5.2. 震撼世界的七日(四川大地震ドキュメンタリードラマ) - 馮倪 役 6. 2009年 6.1. 大冬瓜(ゲスト) 6.2. 絶代商嬌 6.3. 廉政行動2009 第5話ゲスト 6.4. 海関故事 7. 2010年 7.1. 愛回家 7.2. 掌上明珠 7.3. 女人最痛 8. 2012年 8.1. 缺宅男女 8.2. 耀舞長安 8.3. 飛虎 8.4. 怒火街頭2 8.5. 名媛望族 8.6. 法網狙撃 9. 2013年 9.1. 戀愛季節 9.2. 好心作怪 9.3. 情逆三世縁 10. 2014年 10.1. 兄弟們上 11. 2015年 11.1. 閃亮茗天 11.2. 蜀山戦紀之剣侠伝奇 12. 2016年 12.1. 末代御医 13. 2017年 13.1. 一剣横空

    映画

    1. 2004年 1.1. 絶処逢生(香港、監督:梁鴻華) 2. 2005年 2.1. 魔幻賭船(香港、監督:梁鴻華) 2.2. 妻骨未寒(香港、監督:羅恵徳) 3. 2006年 3.1. イザベラ/伊沙貝拉(香港、監督:パン・ホーチョン) - 張麗華 役 3.2. 茶色生香(中国、監督:孟奇) - 章麗蕾 役 4. 2007年 4.1. 校墓処(香港、監督:銭文錡) - 阮詩音 役 5. 2008年 5.1. 内衣少女(香港、監督:陳慶嘉、陳小珍) - CC 役 5.2. 有双殭屍暗恋你(香港、監督:銭江漢、プロデューサー:バリー・ウォン) - 陳美詩 Macy 役 6. 2009年 6.1. それでも恋する楽観男子/矮仔多情(香港、監督:阮世生) - 沈嘉慧 役 7. 2010年 7.1. 燃えよ!じじぃドラゴン 龍虎激闘/打擂台(香港、監督:郭子健) - 桂 役 (映画祭時タイトル「燃えよ!じじぃドラゴン 龍虎激闘」) 7.2. 翡翠明珠(香港、監督:秦小珍) - 楊花 役 8. 2011年 8.1. 我愛HK開心萬歳(香港、監督:曾志偉、鍾樹佳) - 夏寶玲 役 8.2....

    バラエティ番組・特別番組

    1. 2006年 1.1. 美女厨房 2. 2007年 2.1. 歓楽満東華 2.2. 近厨得食 2.3. 開心聊齋 2.4. 味分高下 - 助手・味乃天使(梳打) 2.5. 愚楽 I Love U Summer 3. 2008年 3.1. 職安健同心実践二十年 3.2. 名人飯局 3.3. 愛情研究院 - 香港J2チャンネル 3.4. 娯楽直播 3.5. 360°音楽無辺 3.6. 衆志成城抗震救災 -四川大地震特別番組- 3.7. 演芸界521関愛行動大匯演 3.8. 中国加油!全民迎聖火 -北京オリンピック・聖火リレー関連番組- 3.9. 全港同心迎奥運之緑色奥運在大埔 -北京オリンピック関連番組- 3.10. 全港同心迎奥運 動感東区展活力 -北京オリンピック関連番組- 3.11. 全港同心迎奥運 全情投入在南区 -北京オリンピック関連番組- 3.12. 娯楽金剛圏 -香港TVB8チャンネル- 3.13. ライブスタイル・チャンネル -香港TVB- など多数

    2001年
    2002年
    2004年
    2005年

    参加したミュージックビデオ

    1. 2005年 1.1. 張衛健(ディッキー・チョン) – 『I say You say』 2. 2006年 2.1. 王浩信– 『猫歩』 2.2. 鄭中基(ロナルド・チェン) – 『三生有幸』 3. 2007年 3.1. 蕭潤邦– 『背上的肖像』 4. 2008年 4.1. 陳百祥(ナタリス・チャン) – 『男人心事』 4.2. 廖成達(タット・ディック) – 『Miss H.K』

    アルバム

    発売元はすべてスナッズ・ミュージック 1. 2008年 1.1. 「今天・将来」(デビューアルバム)

    シングル

    1. 2008年 1.1. 「望夫石」(初の広東語歌曲) 1.2. 「難忘」 1.3. 「聴你的愛情」 1.4. 「花猫変身豹」 1.5. 「不要走」 1.6. 「最愛的愛」

    • 法図麦(Fatumai)
    • JJ、梳打、花師奶
  3. 郭沫若 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/郭沫若同志故居
    • 生涯・人物
    • 業績
    • 『屈原』
    • 著作物
    • 郭沫若にまつわる記念館・旧宅
    • 関連項目
    • 外部リンク

    1892年11月16日、地主である郭家の8番目の子として四川省嘉定府楽山県に生まれる。郭沫若には出生にまつわる一つの逸話があり、母親が彼を身篭った際に不思議な豹の夢を見た経験から、「豹の生まれ変わり」として「文豹」と名付けられた。故郷である楽山が大渡河(沫水)と雅河(若水)が合流するところにあることから、郭沫若は後年、この二本の河の古称をとって自分のペンネームとした。 郭沫若はまだ物心のつかない頃から母親の啓蒙教育を受け、漢詩の手ほどきを受けた。この影響で学問に目覚めた彼は、四歳半にして郭家の中に開かれた家塾で兄達と共に勉強がしたいと自ら両親に申し出た。家塾での厳しい教育は基本的に科挙の試験に必要なものであったが、当時中国には近代化の波が訪れ、学校では洋学が浸透し、古典教育の見直しが計られ科挙も廃止された。近代式教育を行う学堂が成都に次々とできる中、郭家の家塾にも変化が起こり、近代的な書籍をテキストに取り入れ始めた。 1906年の春、15歳になった郭沫若は嘉定にある高等小学校に入学する。大自然に囲まれた嘉定での多様な経験は、後に彼が詩人となるための感性を育み、この地は郭沫若の原点となった。高等小学校では様々な近代的な教科を勉強したが、興味も持ったのはやはり幼少期から学んでいた古典であった。中でも今文学派の影響を受け、『史記』の解釈も試みた 1907年の秋、嘉定中学校に入学する。西洋の書物や日本への留学経験を持つ兄達の影響から、郭沫若はこの頃から海外への興味を示し始めた。しかしその夢を叶える術がなく、彼は自暴自棄に陥り、精神的に荒れた郭沫若は遊びと詩作に走るようになる。そんな時期に郭沫若はさらに腸チフスと他の病気を併発し、後遺症で生涯難聴となる。 1910年、郭沫若は成都高等学校学堂分設中学校に編入するにあたって、嘉定から成都に移住する。同年、北京・天津で国会開設請願運動が起こる。瞬く間に全国に広がり、郭沫若も運動に参加するも失敗に終わり、一時退学の仮処分を受ける。 1914年、中高生時代の苦悶と1912年の不本意な結婚に苦しめられた郭沫若は日本へ留学する。留学前、天津陸軍軍医学校の試験を受験。実際は医学を学ぶ意志は無く、現実から逃れる為の選択であったが、日本へ留学してから郭沫若は真面目に医学を勉強しようと考えるようになり、第一高等学校予科に入学して1年間学んだ...

    郭沫若の業績は非常に多岐にわたる。文学の代表作としては詩『女神』・戯曲『屈原』などがあり、中国古代史学においては西周時代を奴隷制時代とした『中国古代社会研究』など。甲骨文字研究では羅振玉に次ぐ大きな業績をあげ、羅振玉・王国維・董作賓とともに「甲骨四堂」と称されてる。日本の中島竦と旧知であり中島が所蔵していた甲骨200片を調べている。三国志関連では論文「替曹操翻案」を発表した。これは当時悪人扱いだった曹操の評価を改める大議論の契機となった。その際に発表された論文の数々は郭沫若のものを含めて『曹操論集』という書物に編集されている。

    『屈原』は、1941年に起こった皖南事変によって国民党の主たる任務が抗日から反共に移行され、活動の自由を奪われた中で作られた、六部歴史劇の一つである。壮年期の屈原の悲劇を五幕で構成し作品にした。 『詩経』と『楚辞』は、中国古代が遺した、文学における貴重な産物であるが、後世への影響から言えば『楚辞』の方が大きい。『楚辞』の中の作品の圧倒的多数が屈原の作であり、中国歴代の詩人のうち屈原の影響を受けたことのない者は一人としていないと言える。その為、郭沫若も屈原の影響を受けた一人といっても過言ではない。 郭沫若の処女詩集『女神』(1921年)は、五四運動前後の反帝反封建的時代の精神を反映し、芸術の独創性の鮮明さと斬新な自由体形詩をもって当時大きな影響力を与えた。その作品の中の「女神三部曲」の「湘累」に黒衣の屈原が登場する。また1935年には史的考証と文学鑑賞を兼ねた研究書『屈原』(後『屈原研究』と改題)を出版しているおり、郭沫若が屈原を題とした創作を試みていたことが分かる 。 史劇『屈原』は、時は戦国時代、楚の懐王の16年、楚国の都郢を舞台に話が繰り広げられる。作品の第一幕は屈原と宋玉の対話から始まる。屈原は宋玉を想い、「橘頌」を送る。時同じく、張儀が秦国から受けた“斉国と楚国の国交断絶策”を失敗し魏国に赴くという報告を受ける 。第二幕では懐王の妃、南后が張儀と手を組み、屈原を陥れ、懐王からの信頼を壊す行動をとる。結果屈原は“気狂い”とされ信頼を失った 。第三幕で屈原のためと行なった招魂がまた屈原を怒らすこととなり、遂に失踪する。忠誠を誓っていた宋玉も王宮へ移ることとなる 。第四幕はただ一人屈原を信じていた侍女の嬋娟が屈原の後を追う場面が展開される。屈原も再び懐王に会って訴えるも聞き入れてもらえなかった 。結果第五幕で牢生活を送ることとなる。屈原と共に脱獄を図ろうとした嬋娟は、毒薬の入った酒を飲んでしまい死んでしまう。屈原は嬋娟を光明の使者と称えて弔う場面で幕を下ろす。 『屈原』は昔の人物や事物に事寄せて作品の出来た当時を風刺している。皖南事変で、人民の国民党反動派に対する憎しみを巻き起こし、彼らの偽抗日・真反共や売国して敵に投降し、忠誠心を損なう罪悪な行動を激しく非難した。抗日戦下に、国党区の当時の首都であった重慶で上映され熱狂的な人気を呼んだ『屈原』は、戦後の日本...

    日本語訳

    1. 『支那古代社会史論』藤枝丈夫訳 内外社 1931 2. 『青銅器研究要纂』田中震二訳 文求堂書店 1935 3. 『北伐』松枝茂夫訳 改造社1938 4. 『海棠香国』村田孜郎訳 興亜書局 1940 5. 『漂流三部曲』村田孜郎訳 聖光社 中国文芸叢書 1946 6. 『我が思出』村田孜郎訳 聖光社 1947 7. 『歴史小品』平岡武夫訳 1950 岩波新書 8. 『郭沫若詩集』須田禎一訳 未来社1952 9. 『屈原』須田禎一訳 未来社 1952 のち岩波文庫 10. 『訪ソ紀行』千田九一訳 日本出版協同 1952 11. 『郭沫若作品集』小峰王親,桑山竜平共訳 青木書店1953 12. 『虎符』須田禎一訳 未来社 てすぴす叢書 1953 13. 『中国古代の思想家たち』野原四郎、佐藤武敏、上原淳道訳 岩波書店1953 14. 『日本国民に訴える 新しい愛国主義』平野義太郎編訳 三一書房1953 15. 『亡命十年』岡崎俊夫訳 筑摩書房1953 16. 『黒猫』岡崎俊夫訳 現代世界文学全集 新潮社、1956 17. 『日本亡命記』小峰王親訳 法政大学出版局1958 18....

    北京郭沫若記念館 - 郭沫若が晩年を過ごした旧宅。北京市西城区の高級住宅地で政治家の家が密集する什刹海地区にある。
    郭沫若旧宅 - 出身地である楽山市にある旧宅。楽山市の沙湾駅から南に約1.5kmの市街地にある。
    市川市郭沫若記念館 - 千葉県市川市の真間5丁目公園にある郭沫若の旧宅。市川市須和田にあった旧宅を移築・復元したもの。
  4. 鏡花縁 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/鏡花縁
    • ストーリーの概略
    • 作者について
    • 評価
    • 女権の提唱
    • 鏡花縁の種本
    • 内容
    • 登場人物
    • 目次
    • 注釈
    • 参考文献(日本語版)

    本書は3つの部分に分けられる。第一部は、第一回から第6回までで、神が下界に生まれ変わるという神話の枠組みを使って、『鏡花縁』の物語の発端を書く。第二部は、第7回から第50回までで、文士の唐敖の海外歴訪と唐小山が父を尋ねる旅を描き、最も人気のある部分である。第3部は、第50回から始まる。第二部と第三部の時代は唐代から武周(武則天時代)にかけて。舞台は、中国とその架空の周辺国である。 天界から下界に追放された百人の仙女たちが、百人の才女に転生する。百人は科挙の女試を受験し、全員が合格する。そのうちの一部がそれぞれ、仙女にもどる、女児国の王やその側近となる、唐王朝復興の義兵に加わるという次第を描く。 ストーリーの詳細については#内容を参照。人物については#登場人物を参照。

    作者の李汝珍は、字は松石といい、順天府大興の出身、清代乾隆帝時代の人である。生年は1763年頃、没年は1830年頃と推測され、人生の多くを海州で過ごした。多岐にわたる学問に通じ、音韻学において特に優れていた。科挙に合格しなかったと見られるが、考証学が盛んであった時代背景を反映して、雑学にもわたる博学ぶりは鏡花縁からも伺える。1805年に「李氏音鑑」を著す。1826年頃に鏡花縁を書き上げたと見られる。

    本作は、魯迅の分類では、「才学小説」(才学をあらわすための小説)にあたる。作中に作者の博識な才学をいれるもので、『衒学的』、『知識をむやみにふり回している』、『相当な教育のある中国人にとっても退屈極まるもの』という厳しい評論を受けている。特に松枝茂夫は『正直のところ睡魔と闘うことだけでも手一杯だった』と述べている。 反面、男女平等論に言及し、女性を主役とする中国小説でありながら、色恋がないところに特色がある。また、科挙そのものは否定しないながらも、科挙のための学問に疑問を呈している表現を見られる。海外の架空の諸外国人の描写を通して、激しい風刺を行っており、思想の先進性が評価されている。 また、海外旅行小説といった要素もあり、この点について、松枝茂夫は『見方によればこれは非常に面白い小説』という評価をし、周作人も高く評価している。この点、ジョナサン・スウィフトのガリバー旅行記と比較されることも多い。 評価を受ける部分のほとんどが前半部分に集中していることも特色としてあげられる。

    『鏡花縁』の中には、“女権提唱”的な描写が見られる。例えば第七回で小山は唐敏関に科挙の受験について尋ねる。「男に男の科挙があるのなら、女にも女の科挙があるのでしょう。私達女の科挙は何年おきにあるのですか?おじさん、説明してくださいよ。私も努力して、早いうちに準備をします。(……自然男有男科,女有女科了。不知我們女科幾年一考?求叔叔說明,姪女也好用功,早做準備。)」胡適は「李汝珍が見たのは何千年も粗略にされてきた婦女問題であり、彼はこの問題を提出した中国で最初の人間である。彼の『鏡花縁』は婦女問題を討論する小説である。(李汝珍所見的是幾千年來忽略了的婦女問題,他是中國最早提出這個問題的人,他的《鏡花縁》是一部討論婦女問題的小説。」と述べ、「この書は将来中国女権史上で光栄ある位置を占めるであろう。(此書將來在中國女權史上一定會佔一個很光榮的位置。)」と考えた。 1992年、鮑家麟は「李汝珍的男女平等思想」という文章で、以下の様な『鏡花縁』の「反伝統女権」思想を指摘した。 1. 纏足反対 2. 外見の美の偏重反対 3. 女子教育の提唱 4. 女子参政の提唱 5. 二重の貞操標準の反対 6. 婦女の社会福利の関心

    『鏡花縁』自体はフィクションであるが、作中の海外の国、異獣奇花には参考とした文献があり、特に訪れる国の描写は『淮南子』に記されている海外三十六国の記述、『山海経』や『博物誌 (張華)(中国語版)』などの古代地理博物小説を改編・剽窃したものである。 夏志清(中国語版)は「彼が最も関心があったのは、『山海経』や『拾遺記』や『博物志(中国語版)』などの地理典籍の中の驚くべき異国や人物や野獣をよみがえらせることであった」としている。

    百人の花仙、人界に降りる

    三月三日、西王母の誕生日に、仙女が集まる。この席で、嫦娥が百花仙子に、「百花を一斉に咲かせるように」と言う。しかし、百花仙子はこれを断る。それから、かなりの年月が過ぎ、天星心月狐という天星が下界で生まれ変わり、武則天となっていた。彼女は、徐敬業や駱賓王の反乱を鎮圧し、中宗を追い、武周をうち立て、女性の身で皇帝となる。武則天は、気まぐれで冬に「百花斉放(いろいろな花が咲く)」の命を下した。時に百花仙子は麻姑と碁を打っており、洞府にいなかったので、花を司る神は武則天の命令を恐れ、次々に花を咲かせ、牡丹だけが遅れて咲き、貶しめられ洛陽に植えられた。天帝は百花仙子が陰陽を乱し,「時ならずして咲き、地上の王に媚びた(呈豔於非時之候,獻媚於世主之前)」として、罰として百花仙子と九十九人の花仙(花を司る仙人)を地上に生まれ変わらせて流罪にした。そして海外をめぐり、艱難辛苦をくぐって、やっと罪が許されるとした。百人の仙人は、中国や海外の人間の女性の身に生まれ変わる。(第1回~第6回)

    唐敖、海外に出発する

    百花仙子は嶺南の文士の唐敖の家に生まれ変わり、唐小山として生まれた。それから十数年が過ぎ、嶺南にすむ唐敖という人物が、科挙に探花(第3位)として及第していた。しかし、徐敬業と親しくしていたという理由により、武則天によって、元の秀才(科挙受験生)にもどされる。望みを失っているところに、老人に遇い、「海外にいる12人の名花を探し出し、保護した上で、修行を行えば、小蓬莱で仙人になることができるだろう」と言われる。ちょうど、この折、妻の兄にあたる貿易商人の林之洋が海外に交易にいこうとしていた。唐敖は志願して船に乗せてもらう。また、舵工の多九公という老人は、博学で物知りであった。さらに、林之洋の妻・呂氏、娘の林婉如も同行する。(第7回~第8回)

    海外、三十数か国を巡り、世を絶つ

    唐敖、林之洋、多九公たちは、東口山、君子国、大人国、労民国、聶耳国、無腸国、犬封国、元股国、毛民国、毘騫国、無継国、深目国、黒歯国、小人国、蚤国、跂踵国、長人国、麟鳳山、白民国、淑士国、両面国、穿胸国、厭火国、寿麻国、結胸国、炎火山、長臂国、翼民国、豕喙国、伯慮国、巫咸国、岐舌国、智佳国、女児国、軒轅国、三苗国、丈夫国を巡る。現在の世の中を風刺し、ある程度のユートピアの理想を託している。それぞれ中国と文化風習思想体型などが違い、珍しい光景を目の当たりにする。時として辛辣な時勢風刺となっている。東口山では、唐敖は空草や朱草という仙人界の薬を食べ、重い物持ち高く跳ぶことができるようになる。さらに、途上で、鮫人、蠶女、當康、果然、麟鳳、狻猊などの奇異な生物を目にし、多くの奇妙な風習を知る。例えば女児国では、中国と男女の風習が入れ替わっており「男はスカートを着て、婦人となり、家事をする。女は靴や帽子を付けて、男となり、家の外で働く。(男子反穿衣裙,作為婦人,以治内事;女子反穿靴帽,作為男人,以治外事)」。君子国では、住人がすべて人格者であり、「国王は厳命を出し、もし臣民に珍しい宝を献上す...

    鏡花縁に登場し、活躍する百才女は、百人の花を司る仙女が下界に降りてきた姿である。そのため、前身である花の仙女がそれぞれいる。また、綽名も存在するが、作中で呼ばれたことはない。海外12名花と唐小山に関係に深い人物を外せば、わずかな例外をのぞいて、宴席で技芸を披露する以外の台詞はほとんどない。 百才女 1. 司百花仙子:唐閨臣 第十一名才女。本名、唐小山。百花仙を率いる百花仙子の生まれ変わり。主人公格にあたる。#内容を参照。 2. 司牡丹花仙子:陰若花 第十二名才女。女児国の太子。女児国で林之洋を救ったが、命を狙われ、唐敖に救われる。#内容を参照。 3. 司木蓮花仙子:駱紅蕖 第三十三名才女。東口山で唐敖らと出会う。虎の目を毒矢で射抜く弓の名手。駱賓王の娘であり、父の決起失敗後、海外に逃れていた。 4. 司水仙花仙子:廉錦楓 第三十二名才女。君子国の上大夫であった廉礼の娘。水中に一日中潜ることができる。ナマコを採るために、海中に潜り、網にかかったところを唐敖に救われる。 5. 司木蘭花仙子:尹紅萸 第三十九名才女。唐の御史大夫であり、唐敖の師にあたる尹元の娘。父が讒言を受けたために、元股国にともに逃亡してきた。漁を採る網を編むのに長けている。 6. 司杏花仙子:盧紫萱 第二十二名才女。黒歯国の盧秀才の娘。幼名、亭亭。博学で音韻学や経典に通じ、知識自慢の多九公をやりこめて、皮肉ってあざ笑う。極貧のため、黒歯国では及第できない。 7. 司鉄樹花仙子:黎紅薇 第三十六名才女。黒歯国の盧秀才の弟子。幼名、紅紅。盧紫萱に及ばないが、学問に通じ、多九公をともにやりこめる。後に、両面国の賊に捕らわれていたが、唐小山らとともに送り返され、同行することになる。 8. 司秋海棠花仙子:魏紫桜 第四十名才女。徐敬業とともに反乱に加わった魏思温の娘。麟鳳山で唐敖たちを救う。父から学んだ火銃によって、遠距離から狻猊を倒す。 9. 司玉蘭花仙子:司徒嫵児 第三十名才女。淑士国の領兵副将の娘。幼くして宮女となる。淑士国駙馬に仕え、余承志と婚約する。余承志の逃亡を助けようとして、かえって駙馬に告げられ、罪を得て売り出されたところを、唐敖に救われる。 10. 司蝋梅花仙子:余麗蓉 第三十一名才女。徐敬業の兄、徐敬公の娘。商船が故障したところを唐敖に救われる。単独で海賊を倒すほどの弾弓の名手。 11...

    第一回、女魁星北斗垂景象 老王母西池賜芳筵
    第二回、発正言花仙順時令 定罰約月姉助風狂
    第三回、徐英公伝檄起義兵 駱主簿修書寄良友
    第四回、吟雪詩暖閣賭酒 揮醉筆上苑催花
    藤林広超訳『鏡花縁―則天武后外伝』(講談社、1980年)
    田森襄(抄訳)『児女英雄伝・鏡花縁』(平凡社「中国古典文学全集第30巻」、1961年)
    村松暎『中国列女伝―三千年の歴史のなかで 』(中公新書、1968年)
  5. 孫堅 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/孫堅
    • 生涯
    • 『三国志演義』において
    • 孫堅の没年と死因
    • 参考文献

    その出自

    清代の『四庫全書』の記載によると、孫堅は春秋時代の兵家の孫武の子孫と伝えられているが、彼の父を初めとして、どのような家柄の生まれであったかは不明である。 孫堅が17歳の時、立ち寄った銭唐県において、海賊が略奪を行なっている状況に遭遇したため、それを見た孫堅は一計を案じた。見晴らしの良い位置に立ち、あたかも大軍の指揮を執って、海賊を包囲殲滅するかのような身振りをしたのである。それを見た海賊たちは、大軍が攻めてくるものと勘違いし、我先にと逃げ出してしまった。この件で孫堅は有名となり、役所に召されて仮の尉(警察・軍事担当)となった。

    各地で反乱鎮圧

    司馬(軍事を司る職)になった孫堅は、172年に会稽郡で起こった許昌の乱を鎮圧した。この乱の鎮圧後、孫堅はその功績により揚州刺史の臧旻によって上奏され、塩瀆県丞に任命される。数年後、盱眙県丞や後の下邳県丞に転任した。 光和7年(184年)、太平道の張角によって勃発した宗教的な反乱である黄巾の乱の鎮圧のため、孫堅は漢王朝の中郎将であった朱儁の下で参戦、家族を九江の郡治寿春県に残した。黄巾の渠帥波才撃破に一役買っている。朱儁が汝南・潁川と転戦すると、孫堅もそれに従い軍功をあげていった。宛城の攻略においては、孫堅自ら先頭に立って城壁を登り、西南方面の官軍の指揮を執り大勝利を収めている。この功績により、別部司馬となった。 中平3年(186年)、昇進すると同時に、涼州で辺章と韓遂が起こした反乱の鎮圧に向かう。当初、反乱鎮圧には中郎将の董卓があたっていたが、情勢は芳しくなかった。そこで董卓に代わり、司空の張温(後漢書董卓伝では、朝廷復以司空張溫為車騎將軍,假節…としている)が指揮を執り、孫堅はその参軍として従軍した。董卓の度々の軍規違反に立腹した孫堅は、董卓を処刑するように張温に進言するが、涼...

    董卓との戦い

    この頃、洛陽では董卓が実権を握った。永漢元年(189年)、董卓は少帝を廃位し、献帝を擁立、張温を占いの結果の吉凶にかこつけて殺害するなどの横暴を行った董卓に対し、初平元年(190年)、袁紹を中心として諸侯が董卓を討つべく挙兵した。孫堅もこれに応じて挙兵した。孫堅はまず、長沙から北上して荊州を通過した。この時、董卓への反意を表明していたものの、自らに対して日ごろから侮辱的な扱いをしてきた上司、荊州刺史王叡を殺害した。 次に前進して南陽太守の張咨の元を訪れ、これも自分にとって禍になるとみて殺害した。さらに前進して魯陽の袁術に謁見したところ、袁術は上表して孫堅に破虜将軍代行、豫州刺史を領させた。 この後、自軍に損害が出ることを嫌う諸侯が董卓軍とまともに争わない一方で、曹操や孫堅が指揮を執る軍団は董卓軍とぶつかりあっていた。曹操軍が董卓配下の徐栄軍に敗れ、孫堅軍もやはり徐栄に敗れたが、曹操が兵を補充しに戦線を離れたのに対して、孫堅は袁術の支援もあって即座に再起し董卓軍に挑み続け、初平2年(191年)の陽人の戦いで孫堅は敗残兵を集めて、梁県の陽人に駐屯した。董卓は大督護の胡軫・騎督の呂布を...

    第二回、黄巾軍の残党の一味である韓忠が守る宛城を皇甫嵩と劉備が攻めている最中に、官軍側の援軍として手勢や義勇兵を率いて駆けつける。彼の容姿は「広い額、大きな顔、虎のごとき体、熊のごとき腰」という堂々たる威丈夫ぶりで描写されている。この時の孫堅はすでに海賊退治や許昌討伐において名を挙げ、下邳県の丞の職にあった。宛城を落とした際に南門攻撃を担当、敵将の趙弘を自ら討ち取るなどの功によって別部司馬に...

    孫堅の没年と死因については、陳寿の『三国志』や裴松之が掲載した注釈、あるいは後の史書類によって異同が見られる。以下、列挙する。 陳寿の本文(『三国志』呉志 孫破虜伝) 1. 初平3年(192年)、荊州の劉表を討伐しようとした際、単独行動中に黄祖配下の兵士によって射殺される。『三国志』魏志 劉表伝では、その後に李傕と郭汜の長安侵入が記載されており、孫堅の死は概ね1月から4月までの間と特定される。 『三国志』呉志 孫破虜伝・注『典略』 1. 没年の記載なし。劉表は籠城を決め込む一方で黄祖を城外に出し、徴兵をさせた。城へ戻る途中で孫堅と交戦し敗北したが、茂みに隠れていた兵士が追撃をしてきた孫堅を射殺したとある。 『三国志』呉志 孫破虜伝・注『呉録』 1. このとき37歳。本項では以上の3説を概ね採用した。 『三国志』呉志 孫破虜伝・注『英雄記』 1. 初平4年(193年)正月7日に死去。死因は劉表配下の呂公が伏せておいた伏兵に遭い、落石が頭部に当たったことによる。死因については『三国志演義』に採用された。なお、『演義』では初平2年11月に死亡したとする。 『三国志』呉志 孫討逆伝・注『呉録』内、孫策の上表 1. 孫堅が死んだとき、孫策は17歳だったと記載している。 『三国志』呉志 孫討逆伝・裴松之の考察 1. 孫策の享年(26)から逆算すると、初平3年のとき孫策は18歳であったはずであり、『呉録』上表の記述と一致しない。また、『漢紀』と『呉歴』はそれぞれ初平2年(191年)に死亡したと記述しており、こちらが正しく本伝は間違っていると断定する。 『後漢書』孝献帝紀 1. 初平3年、界橋の戦い(袁紹と公孫瓚との戦い)の前に記載。董卓の死はさらにその後である。 『資治通鑑』巻60・漢紀52 1. 初平2年の条に記載。

    陳寿著、裴松之 注、「正史 三国志」2巻、井波律子・今鷹真 訳、筑摩書房(ちくま学芸文庫)、1993年01月、68、99頁。ISBN 4-480-08042-2
    陳寿著、裴松之 注、「正史 三国志」6巻、小南一郎 訳、筑摩書房(ちくま学芸文庫)、1993年05月、9-31、379頁。ISBN 4-480-08046-5
    陳寿著、裴松之 注、「正史 三国志」7巻、小南一郎 訳、筑摩書房(ちくま学芸文庫)、1993年06月、110、112、158頁。ISBN 4-480-08088-0
    陳寿著、裴松之 注、「正史 三国志」8巻、小南一郎 訳、筑摩書房(ちくま学芸文庫)、1993年07月、16、224-225頁。ISBN 4-480-08089-9
  6. 蔣介石 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/蒋中正

    蔣介石 プロフィール 出生: 1887年 10月31日 死去: 1975年 4月5日 出身地: 浙江省 寧波府 奉化県 職業: 政治家 各種表記 繁体字: 蔣介石 簡体字: 蔣介石 拼音: Jiǎng Jièshí 和名表記: しょう かいせき 発音転記: チアン チエシー テンプレートを表示

  7. オリンピックの野球競技・メダリスト一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/オリンピックの野球競技...

    オリンピックの野球競技・メダリスト一覧(List of Olympic medalists in baseball)は、1992年から2008年までのオリンピックの野球競技におけるメダリストの一覧である。 野球は過去に夏季オリンピックで実施されていたオリンピック競技である。 正式種目として採 ...

  8. 辛亥革命 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/第一次広州起義
    • 各省の呼応
    • 中華民国の成立
    • 清朝の反応と革命政府との講和
    • 宣統帝退位
    • 袁世凱の臨時大総統就任
    • チベット・モンゴル・満洲・東トルキスタンなど

    武昌起義の成功後、清は北洋軍を派遣し武漢三鎮江北漢口及び漢陽を攻撃、以前罷免されていた北洋軍の袁世凱が再び召還され北洋軍内部の人心動揺を抑えた。革命軍は陽夏防衛戦を展開したが北洋軍に敗北、11月27日には江南武昌に撤退している。47日間の作戦の中で1万人強の死傷者を出したが、武昌防衛を堅持していた。その間に中国14省が次々と清朝からの独立を宣言し、内地十八省中で清朝の統治が及ぶのは甘粛、河南、山東(途中で独立取消)、直隷のみとなり、独立した各省では一部が革命党の主導を受けたほか、大部分は咨議局メンバーによって政治運営が行われた。一方、清朝は直隷、河南、山東、甘粛と清朝の本拠地満洲の東三省(奉天、吉林、黒竜江)を掌握していたほか、内モンゴル王公たちも清朝支持を表明しており、北方では依然として勢力を保っていた。 10月22日、湖南共進会の焦達峰、陳作新は会党及び新軍で組織した部隊を率いて長沙で武装蜂起を決行、湖南巡撫余格誠を敗走させ、巡防営統領黄忠浩を斬首している。決起軍は中華民国湖南軍政府の成立を宣言、焦達峰を都督、陳作新を副都督とし『討満清檄文』を発表している。 10月22日同日、陝西同盟会の井勿幕、銭鼎、景定成は陝西袍哥会と連絡して会党と新軍の革命メンバーが協力し、同時に武装蜂起、2日間の戦闘の後に西安を制圧、護理巡撫銭能訓は逃亡、西安将軍文瑞は自殺し、決起軍により秦隴復漢軍政府の成立が宣言され、日知会の旧会員であり新軍隊官の張鳳翽が都督に選出された。 10月23日、江西同盟会の林森、蔣群、蔡蕙等は九江の新軍での武装蜂起を実行、独立宣言を行った。翌日には九江軍政分府が成立し、第二十七混成協第五十三標標統の馬毓宝が九江軍政分府都督に選出された。 10月29日、山西同盟会会員、新軍標統の閻錫山は姚以階、黄国梁、温寿泉、趙戴文、南桂馨、喬熙等の人と協力し、新軍により太原起義を発動、山西巡撫陸鍾琦を殺害して山西軍政府の成立を宣言、閻錫山を都督に選出した。しかし12月12日に曹錕による反撃により太原から撤退している。 10月29日同日、直隷では灤州兵諫が発生した。新軍第二十鎮統制張紹曽と第三十九協協統伍祥禎、四十協協統潘矩楹、第二混成協協統藍天蔚、第三鎮第五協協統盧永祥等が協力し、直隷灤州より清朝政府に対し最後通牒要求12条を提出し、年内の国会開設と憲法草案の起草、責...

    11月1日、清朝政府は袁世凱を内閣総理に任命、海外華僑や留学生及び国内世論の間に袁世凱による初代大総統の気運が高まった。11月9日、黄興は袁世凱に書簡を送りナポレオンやワシントンの資格を持ってナポレオン、ワシントンの功績を作るべしとし、袁世凱に民主的に選出された総統となることを求めた。11月16日、パリ滞在中の孫文も国民軍政府に対し袁世凱の総統就任に同意の意向を示す電報を送信している。 1911年11月、黎元洪を首班とする武昌団体と上海都督・陳其美、江蘇都督・程徳全が代表する上海団体が同時に中央政府準備活動を展開した。11月9日、黎元洪は湖北軍政府都督の名義により独立した各省に代表を武昌に派遣し中央政府組織のための会議開催を呼びかける電報を、11月11日には上海都督陳其美、江蘇都督程徳全等の三省軍政府都督は各省代表に上海での同様の会議開催を呼びかける電報を発信している。11月15日、各省都督府代表聯合会が上海で開催され上海、江蘇、浙江、福建の省代表が参加、武昌団体は会議は武昌での開催を主張した。武昌で最初に発生した革命であったため多くの省代表は武漢に到着し、同盟会の主要指導者である黄興、宋教仁等も武漢に入っていた。結局上海団体の譲歩により、各省代表が武漢に集結することになり、30日に漢口で臨時中央政府組織及び『中華民国臨時政府組織大綱』制定のための会議開催が決定し、それと同時に上海にも各省1名の代表を駐在させ連絡機関を設置することが決定した。 11月21日、各省代表は次々に武昌に到着した。このときの漢陽は清軍の攻撃を受け陥落の危機にあったが、各省代表は30日にイギリス租界の順昌洋行で第1回会議を開催、14省の代表24名が参加し、譚人鳳が議長に選出された。会議では臨時政府成立以前は湖北軍政府が中央軍政府の職権を代行し、湖北軍都督が中央軍政府大都督を代行することが決定された。12月2日、臨時政府組織大綱の制定が決定、雷奮、馬君武、王正廷が組織大綱起草者に選出されると同時に、袁世凱の意向によっては臨時大総統に推挙することが確認された。12月3日、会議は3章21条で構成される『中華民国臨時政府組織大綱』を採択、即日全省代表の署名の下に公布され、南京を臨時政府の所在地とする、総統制による共和体制の方針が確認された。各省代表は7日以内に南京に集結、10省以上の代表が集結し...

    武昌蜂起の後、中国に権益を有す列強諸国は静観の立場を採り、清朝政府または革命政府の中での自己の権益に有利な政権を観察していた。 1911年10月14日、清は罷免され彰徳で病気療養中であった袁世凱を湖広総督としたが、袁世凱が病を理由に就任を固辞した。10月22日の湖南独立、10月23日の江西独立を受け、10月27日に袁世凱を欽差大臣に任命し北洋軍を率いて武漢進攻に着手した。10月29日に山西独立、同日に新軍第二十鎮による灤州兵諫の発生を受け、11月1日に清朝は袁世凱を内閣総理大臣に任命した。しかし11月2日に漢口攻撃した後は清軍の軍事行動を停止し、水面下で革命政府との講和協議が行われ、11月3日には清朝により『憲法重大信条十九条』が発表された。 11月13日、袁世凱が北京に到着して内閣総理大臣に就任、16日には責任内閣を組閣し、清朝の行政権が移譲されるとともに、各国の政府承認を受けている。 11月26日、袁世凱はイギリス駐漢口総領事ハーバード・ゴッフ(Herbert Goffe)を通して、民国軍政府及び各省代表に停戦、宣統帝の退位、袁世凱の総統就任の講和三条件を提示した。12月1日に双方は『武漢地区停戦協定』を締結、武漢地区は12月3日午前8時から12月6日午前8時までの3日間の停戦が実現し、停戦後は休戦交渉が行われた。 12月8日、袁世凱は唐紹儀を内閣総理大臣の全権代表として派遣、12月9日には唐紹儀は武漢に赴き黎元洪やその代表との会談を行い、同日各省代表は伍廷芳を停戦交渉の全権代表に選出した。 列強諸国の介入もあり、清朝政府代表の唐紹儀と各省代表の伍廷芳は上海イギリス租界で交渉を開始、その結果、袁世凱は宣統帝の退位を支持することを条件に、各省代表は袁世凱の中華民国大総統への就任を支持した。成立したばかりの共和国から内戦や外国軍隊の介入を未然に防止する観点からも、孫文もまた中国の統一と袁世凱を首班とする共和政府の樹立に同意している。 1912年1月1日、中華民国臨時政府が正式に成立、孫文が臨時大総統に就任した。1月2日、孫文の大総統就任を知ると、袁世凱は唐紹儀の交渉代表資格を停止している。 1月16日、袁世凱は朝廷からの帰路、東華門丁字街で同盟会京津分会組織の爆弾による暗殺計画に遭遇している。この暗殺は失敗したが、17日に袁世凱は革命勢力に対し暗殺活動の停止を...

    2月12日、清朝内閣総理大臣袁世凱等の内閣勧告により宣統帝の母后である隆裕太后は清皇室への優待条件を受け入れ、『退位詔書』を発布、清朝最後の皇帝、宣統帝の退位と袁世凱が組織する共和政府への権限移譲が行われた。この時に、有期限の元号は廃止され、1912年を元年とする無期限の民国紀元(中華民国暦)が施行された。 『退位詔書』は張謇により起草、臨時参議院を通過したものである。しかし袁世凱により全権組織された共和政府という表現は袁世凱により追加されたものである。これにより清朝は滅亡し、2000年以上続いた中国における帝政は終に廃止された。

    宣統帝退位後の1912年2月13日、孫文は辞表を提出し、臨時参議院に対し袁世凱の大総統就任を推薦した。2月15日、臨時参議院は袁世凱の第2代臨時大総統就任と南京を首都とすることを承認、3月8日には『中華民国臨時約法』を制定した。 3月10日、袁世凱は北京で中華民国第2代臨時大総統に就任、この直後より諸外国からの政府承認が中華民国に行われた。袁世凱は北京兵変を理由に北京に遷都している。 袁世凱は就任後強力な中央政府の保持に努め、一部革命者による各省の分離独立の動きを阻止している。同時に袁世凱は積極的に列強との間にモンゴル及びチベットに対する主権承認交渉を行っている。 これより1928年までの期間を「北洋時期」と称し、当該期間内の中華民国政府は「北洋政府」と称される。 1913年2月、『臨時約法』の規定に従い、中国史上初めての国会選挙が実施された。選挙の結果は国民党が第一党の地位を占め、宋教仁を総理大臣とする内閣組閣準備が進められた。しかし3月20日、宋教仁が上海で暗殺された。この暗殺の背景には袁世凱の指示があったことから、7月には孫文により第二次革命が計画され、袁世凱に対する武装蜂起が実行されたが、程なく鎮圧されている。第二次革命を阻止した袁世凱は自ら皇帝を自称しようとしたが、支持を得られずに失敗し、間もなく病死した(中華帝国)。 袁世凱の死後、中国は軍閥割拠となり、孫文は広州で護法政府を組織し(第三次革命)、中国の政治情勢は分断と動乱の時代に突入した。

    チベット

    辛亥革命に先立つ1906年から1910年にかけて、四川省の総督趙爾豊が、チベット東部地方一帯からラサに至る地域を制圧し、チベットの国主ダライラマ十三世は1910年、インドに亡命していた。 趙はカム地方に西康省を設置し、また、「西蔵」についても、ガンデンポタンを廃して建省しようと試みたが、1911年、武昌蜂起の報に接して、成都に帰還、革命派との抗争に敗北して死去した。 インドからチベットに帰還したダライラマ十三世は、チベットの独立を宣言し、中国の統治機構の一掃を指示、チベット軍はラサから中国軍を一掃したのち東進を開始、1蜀軍(=四川軍閥)に代わりカム地方東部に進出してきた雲南軍閥と激しい戦闘を繰り広げた。1913年からイギリスも参加して開始されたシムラ会議が始まり、停戦が実現するが、その後もチベットの全域の回復を目指すガンデンポタンと、中国の地方軍閥(アムド地方の中央部を掌握するイスラム教徒の馬歩芳とその一族、アムド地方の東南部とカム地方の東部を掌握する四川軍閥、カム地方の南部を掌握する雲南軍閥)とが対峙する形成が続く。

  9. 周朝諸侯国一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/周朝諸侯国一覧

    周朝諸侯国一覧(しゅうちょうしょこうこくいちらん)は、周朝時代の諸侯国の一覧。 国名 姓氏 領地 爵位 創始年 滅国者 史記の記述 周朝 西周 姫姓 全国統治 直轄領は首都宗周、東都洛邑及び周辺 王(天子) 前1046年 - 前771年

  10. Portal:軍事/新着項目/2008年 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/Portal:軍事/新着項目/2008年

    - 毛利秀秋 - 長束直吉 - パナール - 甘延寿 - 日本軍のクリスマス島占領 - 八木沼丈夫 下旬 2/21 伊奈忠尊 - 第9SS装甲師団 - 第10SS装甲師団 - ゲオルグ・フォン・フルンツベルク - 姉川 (通報艦) - ヒュー・マーサー - ロバート・トッド・リンカーン ...

  11. 其他人也搜尋了