Yahoo奇摩 網頁搜尋

搜尋結果

  1. 内分泌内科学は、ホルモンを作る内分泌臓器の障害により、ホルモン分泌の異常が起こった状態か、そのホルモンが作用する標的臓器の異常により、ホルモン作用の異常が起こった疾患を対象としています。. 主な疾患としては先端巨大症、クッシング病 ...

  2. 概要. 当講座では、持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals, SDGs)の実現を目指して、熱帯医学研究部門(マラリア遺伝子研究)、地域学際研究部門(フィールド研究)およびグローバルヘルス研究部門(国際保健政策研究)の3部門が連携し、教育・研究活動を通じて国際的な視野を持った人材を養成し、「命を大切する豊かな社会」を創造する次世代のリーダーを育成していきたいと考えています。 研究可能テーマ. 熱帯医学研究部門(マラリア遺伝子研究) クロロキンをはじめとする抗マラリア剤耐性の熱帯熱マラリア原虫の蔓延は、マラリア制圧上の重要課題となっています。 国際環境・熱帯医学教室では、対策を見据えた基礎・疫学研究を行っています。

    • 張善政是好牌1
    • 張善政是好牌2
    • 張善政是好牌3
    • 張善政是好牌4
    • 張善政是好牌5
  3. 高血圧・内分泌内科は、ホルモン産生臓器間の連携を考慮しながら総合的に内分泌疾患を診療していくことを目指します。 具体的には、例えば先端巨大症患者さんにおいて、成長ホルモンの過剰がもたらす甲状腺腫瘍、糖尿病、高血圧や、経過や治療によって生じる可能性がある副腎皮質機能低下症や性腺機能低下症を総合的に診療し、一人一人の患者さんを生涯に渡って丁寧に診療することを最も大切に考えて診療をおこなっています。 また、当科では、本態性高血圧ですら複数のホルモン異常が集積した疾患として捉え、大胆にも「治療する」ことにチャレンジしています。

  4. 前立腺がんとは. 診断・検査. 治療法. 手術と実績. 前立腺腫瘍外来のご案内. 治療法としては手術療法、放射線療法、内分泌(ホルモン)療法、化学療法があります。 病期や年齢、全身状態、合併症などを考慮して治療方針を決定します。 前立腺癌の病期による治療方針. 前立腺癌の病期(ステージ)によって、治療法が少しずつ違ってきます。 ここでは4つの病期分類による治療選択の大きな違いを示します。 病期A. 良性病変の診断(多くは前立腺肥大症)または他の臓器と一緒に切除した前立腺組織のなかに偶然発見された癌のこと。 通常症状はなく待期療法(PSA監視療法)、ホルモン療法、手術療法、放射線療法のいずれか、または組み合わせて行います。

  5. そのような理論的背景のもと、近年開発・臨床応用され注目されているのが カテーテルを用いて遠心性腎交感神経・求心性腎神経を同時に焼灼して除神経するCatheter-based RDN(以下RDN) です。. 以下に現在行われているRDNについて解説します。. a. RDNの効果に ...

  6. 皮膚は乾燥し、眉毛の外側や頭髪が薄くなります。. 声が低くなり、早口でしゃべるのが困難になります。. 聴力も低下してきます。. 眠気を感じることが多くなります。. 便秘し易くなります。. 心臓とそれを包む心外膜の間(心嚢)に水分が貯留してむくみ ...

  7. MARU Yoshiro. 学長挨拶. 「学術と人格は進歩する医学の両輪」 このたび2019年4月1日付で学長に就任致しました。 1900年に創立された歴史ある東京女子医科大学の建学の精神は、医学の蘊奥を究め、人格を陶冶して、社会に貢献する、です。 ゲノム解析、AIの介入、疾患モデル動物学の進歩などによって、医学は目覚ましい発展の途上にあります。 どのような時代がきても、その進歩した医学に応じることができなければ医療人としての天職を全うすることはできません。 これまで東京女子医科大学では、高度な学術を身につける医療人を育成することを目標に、優れた先人によって、丁寧で質の高い教育プログラムによる教育がなされてきました。

  1. 其他人也搜尋了