Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 謝夫人 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 謝夫人

    夫人(しゃふじん、生没年不詳)は、中国 後漢末期の人物。 揚州 会稽郡 山陰県の出身。 父は謝煚。弟に謝承。 孫権の最初の正室。通称を謝妃という(『太平要覧』)。 生涯 父・謝煚は後漢の官僚、尚書令・徐 県令を歴任した。孫権の母である呉夫人が孫権のため ...

  2. 甘夫人 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 甘夫人
    • 生涯
    • 逸話
    • 三国志演義
    • 参考資料

    194年、劉備が豫州刺史として小沛に移住したころ、側室となった。劉備が何度も正室を失うと、甘夫人は身分の低さから側室のままであったが、最も長く連れ添っていたので、奥向きのことを取り仕切っていた。 207年、劉備に従って荊州に赴き、そこで劉禅を生んだ。208年、曹操の軍勢が南下し、当陽の長坂で追いつかれると、劉備は甘夫人と幼い劉禅を置き去りにし、逃走した。このとき趙雲が劉禅を抱き、甘夫人を保護したため難を免れた。 時期不明だが、赤壁の戦いの2年後に死去し、南郡に埋葬された。222年、甘夫人に皇思夫人と諡して、益州に移葬することになった。しかし、柩がまだ到着しないうちに劉備が崩御し劉禅が即位したため、諸葛亮は頼恭らと諡号を検討し、甘夫人に昭烈皇后と諡した上で、劉備と恵陵に合葬した。 なお厳密には、「昭烈」は甘夫人自身を示す諡ではない。皇后の追号と併せて「昭烈帝の皇后」という格式を表すものである。このため、自身に「穆」と諡された呉夫人は、『蜀書』において「穆皇后」と表記され、自身に諡のない甘夫人は「甘皇后」と表記されるのである。

    玉人のような色白の美貌をもっていたと記述されている。貧しい家で育ち、18歳のときに劉備の妾となった。そのとき、河南の人は劉備に美しい玉人を献上した。劉備は配下とともに昼に軍略を論じる。夜になると甘夫人を抱いて玉人を鑑賞した。他の寵姫は甘夫人だけでなく玉人を嫉妬した。その様子を見た甘夫人はその玉人が壊されることを望んでおり、劉備に「今の情勢は不安定です。こんなものを持ち囃している時ではありません」と諫言した。劉備は恥ずかしい思いをし、玉人を持って行った。当時の人は「神智婦人」と称賛した。(『拾遺記』)。

    曹操が官渡の戦い前に徐州の劉備を撃破すると、関羽が甘夫人らの命の安全を誓うことを条件に投降している。その後、関羽が官渡の戦いで袁紹軍の顔良・文醜を討ち取り義理を果たしたとして、甘夫人らを引き連れ荊州に向かった際には、山賊の杜遠に捕まってしまうが、関羽を尊敬していた廖化に助けられている。長坂の戦いでは、甘夫人は無事逃亡に成功している。赤壁の戦い後、甘夫人が既に亡くなっていることを知った周瑜は、劉備と孫夫人の婚姻を提案する。

    陳寿『三国志』
    羅貫中『三国志通俗演義』
  3. 徐夫人 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 徐夫人

    夫人(じょふじん、生没年不詳)は、中国 後漢末期から三国時代にかけての人物。 揚州 呉郡 富春県の出身。 孫権の2番目の正室。通称を徐妃という(『太平御覧』)。 祖父は徐真。祖母は孫堅の妹。 父は徐琨。兄は徐矯。弟は徐祚。 生涯 呉郡の豪族出身。

  4. 呉夫人 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 呉夫人
    • 一族
    • 生涯
    • 逸話

    『江陰呉統宗源流考』の記述によると、呉夫人の父の名前は呉惴で、春秋時代の呉の初代の王寿夢の四男季札の末裔である。元来の姓は姫であったが、呉の滅亡後、子孫は国号を自分の姓氏とした。 『太平寰宇記』では、父は呉煇、後漢の奉車都尉・刺史を歴任した。高官の娘との説もある。

    呉氏は早くに父母を失ったため、銭唐に移住して弟と共に暮らしていた。孫堅は、彼女が才色兼備であると伝え聞くと、妻として迎えたいと申し出た。しかし呉氏の親族の者たちは、孫堅が軽薄で抜け目のない者であると見做していたため、それを嫌って反対した。これを聞いた孫堅は、ひどく侮辱されたと思って恨みを抱いた。しかし呉氏が「どうして女一人のためにわざわざ災いを招くような真似をするのですか。もし仮に私が嫁ぎ先で不幸な目に遭ったとしても、それは運命なのです」と言ったので、親族は孫堅からの申し出を受け入れ、婚姻を許した。呉夫人は、熹平4年(175年)には孫策を、光和5年(182年)には孫権を、光和7年(184年)には孫翊を産んだ。他にも孫匡と一人の娘を産んだ。 光和7年(184年)、孫堅は後漢の中郎将であった朱儁の配下に加わり、呉夫人と子供たちは寿春で暮らした。中平6年(189年)、孫堅が兵を挙げると、家族は廬江郡舒県に移住した。 初平2年(191年)、孫堅が襄陽の戦いで戦死すると、孫氏の元に玉璽があると聞き及んだ袁術は、呉夫人を拘禁して、強引に玉璽を奪った(『後漢書』)。その後は江都に移り住み、呉夫人は一人で子供たちを育てた。家庭教育の面では子供たちに厳しかった(『建康実録』)。 孫堅の軍勢を取り戻すために、長男の孫策は袁術の旗下入り、呂範を遣わして呉夫人を弟の呉景の元へ送り届けた。興平元年(194年)、朱治は人を曲阿に使わして呉氏および子たちを迎えさせ、これを保護した。孫策が揚州で勢力を築き始めると、彼女は歴陽や阜陵を経て、曲阿に戻った。最後に故郷呉県に住んでいた。 前任の合浦太守王晟らが孫策に対抗するようになると、孫策は自ら討伐に出向きすぐさま撃破した。呉夫人は孫策に「王晟どのは、かつてお前の父とは家族ぐるみで挨拶するほどの親しい仲でした。彼の子弟たちは既にこの世になく、彼だけが残っています。父の旧友の誼として、彼一人でも見逃しておくれ」といった。孫策は母の言葉に従い、王晟を見逃して、その他の鄒他・銭銅らその一族を皆殺しの刑に処した。 あるとき、孫策の功曹であった魏滕は、孫策の怒りを買って処刑されようとしていた。士大夫たちはそのことを悲しみ、魏滕を救う手立てがないことを憂いた。呉夫人はこれを聞くと「おまえは江南に勢力を広げたばかりでその覇業はまだ道半ばです。今こそ賢者や非凡な...

    干宝の『捜神記』によれば、呉夫人が長男を身籠ったときのこと、月が懐に入ったのを夢に見て、その後に生まれたのが孫策であったという。また孫権を身籠ったときには、太陽が懐に入ってくる夢を見たため、そのことを孫堅に告げたという。孫堅は「月と太陽は陰と陽との精髄であり、最も尊いものの象徴だ。俺の子孫は栄えるに違いない」と言い喜んだという。

  5. 文昭皇后甄氏 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 甄夫人
    • 生涯
    • 逸話
    • 洛神賦の伝説
    • 曹叡の出生に関して

    父は上蔡県令で、甄氏は代々2千石の高官の家柄であった。幼き頃から聡明で、乱世にあって家族に慎ましやかな生活を説くなど、謹厳な性格の持ち主であった。 袁紹の次男袁煕の妻となった。鄴に残し袁紹の妻劉夫人に仕える。建安9年(204年)に曹操が鄴を攻め落とすと、甄氏は戦後に曹丕の妻となった(『後漢書』)。 曹丕の寵愛を受け、曹叡(後の明帝)と娘の東郷公主(中国語版)(早世した)を産んだ。しかし、曹丕の寵愛は次第に薄れていき、郭貴嬪(後の郭皇后)や李貴人・陰貴人に移っていった。更に山陽公劉協(後漢の献帝)の二人の娘たちが入内したこともあり、悲嘆した甄夫人は文帝に対して恨み言を述べた。これが文帝の勘気に触れ、黄初2年(221年)6月に死を賜った。後に曹丕は甄氏を殺した事を大変後悔した。 曹叡の即位後、生前に位の低かった母の名誉を回復して、皇后を追贈し、「その英知によって世を啓蒙した」との意味をこめて「昭」という諡を贈った(文昭皇后)。また、母の一族に厚遇を与え、甄家の男子を列侯に採り立てた。太和4年(230年)に改葬し、朝陽陵とした。現在も河南省安陽市北関区柏荘鎮霊芝村に「甄皇后陵」と呼ばれる高さ2mの塚が残っている。 小説『三国志演義』では、「玉肌花貌」の美人として描かれる。曹操が鄴を攻め落とした時、曹丕は真っ先に袁紹の屋敷に乗り込んだ、袁煕の妻であった甄氏を見初めて自分の妻にしたという。

    蛇を飼い、その動きを観察して奇抜な髪型を作った、その髪型は毎日変化し、「霊蛇髻」と呼ばれた(『采蘭雜誌』)。
    姑の卞夫人との関係は良好であったといわれている。曹操が孫権を討伐する時、卞夫人・曹丕や曹叡は皆従ったが、甄氏は鄴に留まった。大軍が還ると、卞氏は甄氏の顔色が豊盈なのを見て怪しみ、「あなたは子供と別れること久しく、顔色が更めて盛んなのはどうしてでしょう?」と問うと、甄氏は「叡は夫人に随っているのだから、私が何を憂えましょう」と笑って答えた。卞氏が病気になると、甄氏は姑の事を気懸かりに思い泣き続...
    曹丕が妻の任氏を廃しようとした時、甄氏は 「任氏は名門で、徳・容色では私らで及ぶ者はおりません。どうして放遣するのです?」 。曹丕は「任氏の性は短気で婉順ではなく、前後に亘って私を忿らせること一度ではない。だから放遣するのだ」と言った。甄氏は 「私が敬遇の恩を受けているのは衆人が知っており、任氏が放出されれば、必ずや私に由来すると謂われましょう。上は私心を現したとの譏りを生じる懼れがあり、下...
    甄氏が死ぬ時、文帝は青い気が地から立ち昇って天まで繋がるという夢を見たので、それを周宣に尋ねた。それに対して周宣は「天下のどこかで高貴な身分の女性が、冤罪のために死ぬことになるでしょう」と答えた。この時既に文帝は甄氏に死を賜う璽書を使者に届けさせており、これを聞いた文帝は後悔して、その使者を追わせたが、結局間に合わなかったという(『三国志』魏書周宣伝)。また『漢晋春秋』によれば、甄氏の死後、...

    甄氏に関する有名な伝説は、文帝の弟曹植との恋愛譚である。『文選』李善注は、曹植の代表作『洛神賦(中国語版)』のモデルが甄氏であるとする『感甄記』なる物語を引用している。それによれば、曹植は甄氏を思慕していたが、曹操の命により自らと一緒にはなれなかった。甄氏の死後、曹植の想いを知っていた文帝は、甄氏の枕を与えて曹植を慰めた。洛水の畔に宿営した曹植が枕を使って寝ていると、夢に甄氏が現れ曹植に対する思慕の念を伝えた。曹植は悲喜の念に堪えられず、ついに「感甄賦」を作った。後に曹叡が「洛神賦」と改名したという。 しかしこれらの記述は全て後世のものであること、またあまりにも俗説のような話であることなどから、創作の可能性が高いとされている。 兄や姉の名が残っているものの、彼女自身の名は記されていない。この物語は後世広まり、現在でも粤劇(中国語版)などの題材となっている。これらの劇では、『洛神賦』に因んで甄氏の名を「甄宓」・「甄洛」などとしている(「宓」は伏羲氏の女である宓妃のこと。洛水で溺死し、女神になったといわれる)。

    『三国志』魏書明帝紀には、明帝が景初3年(239年)に36歳で崩御したと記されており、逆算すると生年が建安9年(204年)となることを挙げ、『三国志集解』の著者盧弼(中国語版)は、曹叡が文帝から特に冷遇されたことなども傍証に挙げた上で、曹叡の実父は文帝ではなく、甄氏の前夫の袁煕ではないかと主張している。 この説に従えば、曹操が冀州を攻め落とし、曹丕が袁煕の妻であった甄氏を略奪した時点で、後の曹叡は袁煕の子として既に世に生を受けており、曹丕はその子を(冷遇しつつも)養子として養育した、となる。 ただし一般には『三国志』魏書明帝紀の没年齢が誤りだと解釈されており、例えば『三国志』の注釈者裴松之は明帝の没年齢は34が正しいと主張している。この場合、明帝の父は文帝で問題ないことになる。

  6. 糜竺 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 糜竺
    • 生涯
    • 評価
    • 伝説・伝承
    • 脚注

    糜竺の先祖は代々利殖に励み、家は非常に裕福であった。蓄財を重ねた結果、下僕1万人を抱え、巨億の資産を有していたという。 陶謙に招かれ、別駕従事の職にあった。194年、陶謙の死後に遺命を奉じて、小沛に駐屯していた劉備を徐州牧に迎えた。 196年、劉備が袁術と抗争し出陣した際、劉備の留守につけ込んだ呂布は下邳を奪い、劉備の妻子を捕虜にした。劉備は広陵に軍を移動させていたが、糜竺は妹を劉備の夫人として差し出すとともに、自らの財産から下僕2千人と金銀貨幣を割いて劉備に与えた。劉備はこのお蔭で再び勢力を盛り返すことができた。 劉備が曹操を頼った時、糜竺は曹操に評価され、上奏により嬴郡太守の地位を与えられた。また、糜芳にも彭城の相の地位が授けられた。しかし劉備が曹操に叛くと、糜竺兄弟もそれに従い各地を流浪した。 劉備はやがて荊州の劉表を頼ることを考え、糜竺を挨拶の使者に赴かせている。糜竺は左将軍従事中郎に任命された。 劉備が益州を得ると安漢将軍に任命されたが、これは当時の諸葛亮を上回る席次の官位だった。劉備に古くから付き従った家臣である孫乾や簡雍よりも上位であったという。柿沼陽平は、先に自らの下僕や財産を提供して窮地の劉備を救ったことが、劉備の寵愛を受けた理由であろうと推測している。 糜芳は関羽とともに荊州を任されていたが、219年、職務怠慢を詰られたことから呉に内通し、その軍を迎え入れた。このため荊州に呉軍が侵攻し、関羽は敗死してしまった。糜竺は処罰を請うため自身に縄を打って出頭した。兄弟の罪に連座することはないと劉備に宥められたが、剛直な彼の怒りは収まることがなく、そのまま発病して1年程で亡くなったという。 221年、劉備の皇帝即位時にはまだ存命であり、上奏した群臣の中に「安漢将軍糜竺」の名がある。

    楊戯が著した『季漢輔臣賛』では、糜竺・糜芳ともに讃えられているが、糜竺は字(糜子仲)で表されているのに対し、糜芳はそのまま(呼び捨て)である。これは「糜芳は裏切り者」であることを示している、と解釈されている。

    『捜神記』には、天の使いが糜竺の家に火事が起こることを前もって知らせたため、難を逃れたという話が収録されている。 糜竺が徐州に所有していた広大な農場では、後世になると糜竺は神として祭られた。『太平寰宇記』巻22に引く『水経注』佚文によれば、朐県にある鬱洲島の島民は、全て糜竺が使っていた農奴の子孫である。同じく牛欄村という村は、元々は糜竺所有の荘園・牧場であったという。これらの住民達の間では糜竺を「糜郎」と呼び祭っており、住民が新たに嫁を取る際は「必ず糜郎の神前に見せなければならない、そうしなければ祟りをなす」とまでいわれているため、厳格にこの伝統を守っているという。

  7. 潘淑 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 潘淑
    • 生涯
    • 逸話
    • 備考
    • 三国志演義などでは
    • 脚注

    下級役人の次女として生まれた。 父が法を犯して処刑されたため、姉とともに、連座して奴婢に落とされて織室に送り込まれた。孫権に見初められ、織室から召し出されて後宮に入った。赤烏6年(243年)、孫亮(後の廃帝)を出産んだ。孫亮は孫権に可愛がられ、赤烏13年(250年)11月に皇太子に立てられる。そのとき、姉を織室から解放して嫁に行かせてほしいと願い出て、孫権に許された。太元元年(251年)5月、皇后に立てられた。 孫権の晩年の寵愛深かった妃であり、生前に立后された唯一の人物でもある。しかし嫉妬深い性格で、袁夫人をはじめとする人を中傷したことは甚だ多い。孫権が重体になると、前漢の呂后が高祖(劉邦)の死後に称制した経緯を、人を遣って孫弘に質問し、幼帝に代わって政治を執行への意欲を見せたが、孫権の看病の疲れから自身も病になり衰弱した。神鳳元年(252年)2月、内宮にて突然死去した(後述)。同年4月に孫権も崩御し、蔣陵へ合葬された。 孫亮が即位すると、淑の姉婿である譚紹を騎都尉に任用して兵権を与えた。太平3年(258年)孫亮が廃位させられ、譚紹は一族もろとも故郷の廬陵郡に左遷された。

    『拾遺記』には潘夫人が後宮に入ったという話が収録されている。 世に並ぶもののない美人であり、「江東の絶色」と賞される。哀愁に駆られご飯を食べられないため、細くて弱々しい体だったという。 はじめは織室に入り、織室の者から「神女」と呼ばれて敬遠された。この噂を聞いた孫権は潘氏の肖像画を所望して、そこで画家が写実的な姿を描いて献上する。孫権は見て「この子は確かに神女だ。たとえ憂色ても人の心を動かす。うれしそうな顔は言うまでもない」と言ってかわいがり、豪華な車で潘氏を夫人に出迎えた。 潘夫人は孫権の寵愛を得て、昭宣台への行幸にも同行し、そのときに酒に酔ってルビーの指輪をザクロの枝に吊る。そしてあそこに高楼を建て、元々は環榴台と命名されたが、大臣たちは「環榴」は「還劉」に似ていて縁起が悪いと諫言したため、榴環台と改称した。ある日、孫権とともに釣りをしていた際、夫人は竜陽君が魚で涙を流した故事を思い出して「今日はとても楽しかったです。将来は悩む日がありますか?」との言葉を残した。孫権の末年になると、誹謗中傷によって追い払われる人がだんだんにいます。その釣台は東晋の時代まで残っていたという。後世において、民間で神格化されて石榴の花の神として祀られる。

    中国歴代王朝では、夫帝とは最も年の離れた皇后と言われている。
    懐妊した際は誰かが龍の頭を自分に授けて、彼女自身がそれを受け取るという夢を見たという。こうして生まれたのが孫亮であった。
    立后の前年には仙人が書を授け、改年と立后のことを告げた。また崩御後は部将や官吏たちが王表という神のもとをおとずれて、福を祈ったと記されている。
    死については諸説がある。昏睡の中で宮人や宮女たちによって縊殺され、急病で死んだことにされた。後に事実が判明すると、この件に関わったとして6・7人が死刑に処せられた。このことから、宮女の恨みを買って殺害されたという説があるが、史料にこのような記述は見られず、南宋の歴史家である胡三省もこの説を否定した。

    小説『三国志演義』では、孫権の第三子になった孫亮の母という設定になっている。 蔡東藩の小説『後漢演義』では、孫権は罪人の娘である潘氏を手に入れている。小柄で華奢な体型と温順な性格のため、孫権の寵愛を一身に受けたとされている。全公主と親交を結び、自らの子の孫亮を皇太子にするよう運動した。孫亮が皇太子に立てられた後、皇后に昇格された。以降、潘后は驕り高ぶり、宮女たちに疎まれ、暗殺された。孫権は潘皇后の死を深く悲しみ、彼女の殺害に加わった宮人たちを処刑して、間もなく崩御したとなっている。

  8. 敬懐皇后 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 敬懐皇后

    敬懐皇后(けいかいこうごう、生没年不詳)は、三国時代の呉の孫権の夫人(側室)。 荊州 南陽郡の出身。 姓は王。王夫人と呼ばれた。呉の第3代皇帝である孫休の母。 孫和の母の王夫人(大懿皇后)とは別人である。 生涯 選を経て後宮に入った。

  9. 武宣皇后卞氏 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 卞夫人

    卞氏(べんし、延熹3年12月(160年 1月) [1] - 太和4年(230年))は、中国 後漢末期から三国時代にかけての人物。 徐州 琅邪郡開陽県(現在の山東省 臨沂市 蘭山区)の出身。 曹操の妻。父は卞遠。弟は卞秉。子は曹丕・曹彰・曹植・曹熊。 魏が建てられると皇后 ...

  10. 豊田章男 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 豊田章男

    豊田 章男 (とよだ あきお、 1956年 5月3日 - )は、 日本 の 実業家 、 レーシングドライバー 、 フィールドホッケー 選手 。. トヨタ自動車株式会社 代表取締役 執行役員 社長 兼 CEO 、 東和不動産株式会社 代表取締役 会長 、 株式会社デンソー 取締役 ...

  11. 其他人也搜尋了