Yahoo奇摩 網頁搜尋

搜尋結果

  1. English. 業績. 概要. 循環器内科学教室は昭和30年に開設以来、常に我が国の循環器学の中心的役割を担っております。 講座の主な研究テーマは、基礎研究として心筋再生学,動脈硬化に関する細胞免疫学、血栓凝固学および心筋細胞電気生理学であります。 これらはすべて臨床に立脚したテーマであり臨床応用を目指した研究であります。 心筋再生学は心筋細胞由来の前駆細胞を用いた細胞シートにより重症心不全症例に対する臨床応用を目標としています。 また、血栓凝固学や免疫学も虚血性心疾患の予防や治療を目指した研究テーマです。 臨床研究としては虚血性心疾患、心不全、心筋症、不整脈、高血圧、画像診断などの研究はもとより、循環器内科および関連施設による大規模臨床研究も行っております。

  2. 概要. 東京女子医科大学循環器内科は昭和30年東京女子医科大学附属日本心臓血圧研究所の内科部門として設立され以後わが国における循環器臨床のパイオニアとして先導的役割を果たしてまいりました。 “患者様のためのCardiology”をモットーに、単に先進的な診療を進めるのではなく、全人的医療のできる多くの循環器専門医を育んでまいりました。

  3. RDNの効果について. 治療抵抗性高血圧において、交感神経活動が抑制され(Schlaich, et al. N Engl J Med. 2009)、2年以上にわたり著明な降圧が見られること(Henry Krum, et al. Hypertension. 2011、 図2 )が報告されました。さらに、心肥大の退縮(Brandt, et al. J Am Coll Cardiol. 2012)や糖代謝・インスリン抵抗性の改善(Felix Mahfoud, et al.Circulation. 2011)が報告されています。 このように、RDNは長期的な降圧のみならず、臓器保護・代謝改善効果をもたらすと期待されています。 b. RDNの手技について.

  4. 治験とは. 新しい医療機器の候補を用いて安全性及び有効性を確認し、厚生労働省より医療機器として認可されるために行う試験のことで、国の定めた基準に従って行われます。 腎デナベーション(除神経)治療とは. 高血圧は成人のうち推定30~40%が罹患し、本邦では患者数が約4,000万人に昇ると言われています。 多くの薬剤が使用できる状況ではありますが、血圧コントロールによりガイドライン目標値を達成している患者様の割合は依然として低く、血圧のコントロールが不十分でない患者様では、心血管リスクが高い状態が続いていることが問題となっています。

  5. Introduction of staff. TOP. 東京女子医科大学病院 泌尿器科について. 医局・スタッフ紹介. スタッフ紹介. 教授・基幹分野長、診療部長. 高木 敏男. Takagi Toshio. 専門分野. 泌尿器悪性腫瘍、ロボット支援手術、鏡視下手術、腎移植、透析医療、腎不全医療. 資格(専門医、指導医) 日本泌尿器科学会専門医・同指導医. 日本泌尿器内視鏡学会腹腔鏡技術認定医. 日本内視鏡外科学会腹腔鏡技術認定医. ロボット(da Vinci)手術認定医. 日本がん治療認定医. 日本臨床腎移植学会腎移植認定医. 日本移植学会移植認定医. 日本透析医学会認定医. 加入学会.

    • 徐巧芯1
    • 徐巧芯2
    • 徐巧芯3
    • 徐巧芯4
    • 徐巧芯5
  6. 診療紹介. 治療. 透析療法-血液透析. 透析療法とは. 腎不全が進行し自覚症状が出現すると、透析療法が必要となります。 透析療法には血液透析と腹膜透析の2種類の方法があります。 それぞれの治療法には特徴があるので、ご自身のライフスタイルに合わせて治療法の選択ができます。 1.血液透析導入基準. 腎機能が正常の10-15%以下になると、透析や移植などの腎代替療法(腎臓の機能を代行する治療)が必要です。 日本では、「どのような状態になったら透析を始めたほうがいいか」を判定するための「透析導入の基準」(厚生労働省)があります。 症状・所見と腎機能・日常生活レベルとの組み合わせで導入時期を考えます。

  7. MRI検査による診断が有用です。 神経と血管の関係を確認し、顔面神経のそばに血管をみつけることができれば、ほとんどの場合、この血管が神経を圧迫していると考えられます。 MRI. 顔面神経の根本に血管の圧迫を認めるかどうかで診断をおこないます。 顔面けいれんの治療. 治療としては、1.薬物治療、2.神経ブロック、3.手術があります。 薬物治療. 内服薬としては、抗けいれん薬の一つであるクロナゼパムがあります。 注射薬. ボツリヌス毒素(ボトックス)の局所注射で治療します。 ただし、ボトックスの効果は数ヶ月程度でなくなるので、けいれんが再び起こりはじめると新たにボトックスを注射しなくてはならず、根治術ではありません。 手術治療. 唯一の根治術が微小神経血管減圧術です。

  1. 其他人也搜尋了