Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. ソ・イェジ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ソ・イェジ

    徐睿知 RR 式: Seo Ye-ji MR式: Sŏ Ye'ji テンプレートを表示 ソ・イェジ(서 예 지、1990年 4月6日 - )は、韓国の女優である。 略歴 幼少期にヨンウォン中学校とヨンシン高校で学んだ後、スペインに留学してジャーナリズムを専攻し、テレビ ...

    • 2013年–
    • 女優
  2. 呉 (十国) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 呉_(十国)

    呉(ご、902年 - 937年)は、中国五代十国時代に江都を中心に江蘇省・安徽省・江西省を支配した国。江南の豊かな経済力を背景に強勢を誇ったが、李昪により簒奪され、南唐に取って代わられた。

  3. 南唐 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 南唐
    • 歴史
    • 文化
    • 経済
    • 南唐の君主
    • 南唐の元号

    建国

    呉では、丞相を務めた徐温の死後、その養子である徐知誥が太尉・中書令となって政治の実権を握っていた。931年には、金陵に駐屯するようになり、子の徐景通(後の南唐の元宗李璟)を呉の都である江都にとどめて政治を任せた。徐知誥は933年には斉王となり、さらに937年10月に呉の皇帝である睿帝楊溥から禅譲を受け、皇帝として即位し、国号を斉とした。 徐知誥は養子になる前は姓が李であり、これは栄華を誇った唐の歴代の皇帝の姓の李と同じであった。このため、938年に徐知誥は自らの姓を李に戻し、自分は唐の皇族の李恪(憲宗の八男)の末裔であるとして、国号を唐とした。さらに、徐知誥は自分の名を知誥から昪に変えた。すなわち、徐知誥の姓名はこれより後、李昪となる。李昪は対外戦争を起こさないようにして、内政を充実させて国力を増強した。

    対外発展

    李昪の死後、子の李璟が後を継いだ。李璟は父と違って、対外拡張政策を進めた。現在の福建省に割拠した閩では後継者争いが続き、国政が混乱していた。李璟はこれに乗じ、945年に閩を滅ぼした。さらに福州を攻めたが、呉越の銭弘佐に敗れた。 現在の湖南省に割拠していた楚でも、後継者争いが続いていた。950年に当時の楚王馬希広の兄である馬希萼が南唐と結んで、馬希広を殺した。馬希萼は楚王となり、南唐の臣下と称した。しかし、翌951年に馬希萼が部下に追われると、南唐は軍勢を楚に差し向け、楚を併合した。ここに、南唐は現在の行政区分で言うと江蘇省・江西省・安徽省・湖北省・湖南省・福建省を領するようになり、南唐のおよそ40年の歴史の中でこの時版図は最大になった。

    衰退

    しかし、華北に割拠していた後周の世宗は中国の統一を目指して、南征を試みるようになっていった。当時、南唐と後周は淮河を境にしていた。淮河は大河であるため、後周の軍が淮河を渡って南唐を攻撃することは困難であった。ただ、冬期には淮河の水位が下がり、渡河が容易になる。それゆえ後周が南唐に侵攻したいのならば、冬期以外になかった。南唐も愚かではなく、冬期だけは淮河の川沿いに軍勢を展開していた。しかし、後周が攻めてくることがまったくなかったので、南唐は金の無駄遣いだとしてこの制度をやめてしまう。 955年11月には、世宗自らが率いた後周の軍勢が南唐に侵攻し、寿州の正陽で南唐の軍勢を大いに破り、寿州の城を囲んだ。さらに趙匡胤に命じて滁州を占領させた。翌956年に南唐は寿州へ救援軍を差し向けるが、世祖自ら率いる後周の軍に紫金山(寿州城の東北)にて敗れ、ついで寿州は後周に占領された。さらに濠州・泗州・揚州・泰州が後周に奪われた。この頃になると、南唐の軍隊は戦意を大いに失っていた。例をあげれば、泰州刺史は敵前逃亡していたし、蘄州では刺史がその部下に殺され、その部下が後周に降伏するということも起きていた...

    五代十国時代に華北では、異民族の侵入もあり、戦乱が相次いでいた。このため、華北に住んでいた文化人達は南方に避難した。南唐もこういった文化人達の避難の受け皿となり、文化を大いに発展させた。 李景・李煜という2人の南唐の君主は、南唐二主と称され、詞(漢文で書かれた詩の一種で、節をつけて歌われた)の名人として知られる。とくに李煜は中国文学史上最高の詞の作者とされている。 旧都の金陵では、近代において澄心堂紙と称される用紙や、李廷珪により最高級の墨が開発されたり、技巧を凝らした硯が作られた。この時代以前は硯にあまり頓着しなかったので、硯が芸術品的価値を持つようになったのは、南唐の文化の賜物であると言える。また、山水画の名画家の董源・花鳥画の名手の徐熙もこの国に仕えていた。 徐鉉・韓熙載などは名文家として知られる。

    南唐は江南地方を安定的に支配し、この地方の開発を進めた。後の南宋時代にはこの地域は大穀倉地帯になるが、それもこの頃の開発によるものである。さらに、淮南で製塩事業を行い、国家の財政を潤した。南昌へ遷都後は、964年から鉄銭を鋳造しはじめた。しかし、民間は鉄銭を無価値なものだと思い、価値のある銅銭を貯めこんで、売買に用いなくなってしまった。結局、鉄銭と銅銭は等価であったのだが、実際の商業上での使用では鉄銭10枚で銅銭1枚分の価値に等しくなるように運用されていった。このため、政府もこれを追認して、鉄銭10枚は銅銭1枚と価値が等しいものとした。

    先主・烈祖・光文粛武孝高皇帝(李昪、在位937年 - 943年)
    中主・元宗・明道崇徳文宣孝皇帝(李景、在位943年 - 961年)、先主の子
    後主(李煜、在位961年 - 975年)、中主の子
    昇元 (937年 - 943年)
    保大 (943年 - 957年)
    中興 (958年)
  4. 五代十国時代 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 五代十国
    • 歴史
    • 国々
    • 主な人物
    • 後世から見た研究と評価
    • 脚注
    • 関連項目

    五代十国時代が始まる年代としては、唐が完全に滅亡した907年が取られている。しかし実際には、全国王朝としての唐は875年から884年にかけて起きた黄巣の乱によって滅んでおり、その後は長安を中心とした関中地域を支配する一地方政権としての唐と朱全忠や李克用などの節度使勢力が並存する騒乱状態だということができる。そこで、この概略では黄巣の乱の時点から説明する。

    同時期の周辺国家

    1. 契丹(遼) 2. 大理 3. 安南 4. 渤海 5. 東丹 6. 高麗

    五代十国時代に関しては、北宋成立直後に薛居正らが正史である『五代史』が編纂されたが、後に欧陽脩が春秋の筆法の影響を強く受けた『五代史記』を著した。これが欧陽脩の没後に国子監に納められて認められて大いに広まったことから、金では1207年に『五代史記』のみを正式な正史として扱うこととした。『五代史』は南宋では引き続き正史であったものの、実際にはほとんど顧みられなくなり、遂には散逸してしまうほどであった。清の時代に『五代史記』は正史に加えられて『新五代史』と改められ、散逸後に『永楽大典』など様々な文献を元に復元された『五代史』は『旧五代史』と呼ばれるようになった。 欧陽脩はこの時代を唐の衰退によって天下は分離し、戦争や飢饉が人々を苦しめ、秩序が乱れた時代であると解した。すなわち、政治の失敗による秩序の崩壊(「乱」)と天下が分裂した状態(「離」)が表裏一体となって展開された「乱離」の時代であったというのである。この考えは司馬光の『資治通鑑』によって継承され、後世の歴史観へとつながった。明の遺臣である王夫之は、五代の王朝をたまたま唐の京邑(洛陽・長安)を支配した勢力に過ぎない(『読通鑑論』)とし、王朝として認めること自体を否定しているが、基本的には宋代の歴史観に沿っている。 欧陽脩や司馬光らによる宋代の歴史観は、天下に複数の国家が存在することを認めず、その時代そのものを秩序のない時代として否定的に捉える一方で、統一された天下のみが正しい世界でありそれを実現した宋王朝を評価するという、「中国」における天下の概念に強く影響されている。例えば、「十国」という地方政権の数え方も、北宋成立直後に成立した『旧五代史』では確認できず(現行の『旧五代史』は完本ではないが、少なくとも「十国世家」のような世家は立てておらず、岐などを「十国」以外の群雄とともに「世襲列伝」・「僭偽列伝」に分散して所収していることから、「十国」という規定がなかったと推測される)、欧陽脩より少し前の人物である路振が編纂した諸国に関する歴史書も北楚(荊南)を除いた『九国志』だった。荊南を加えた「十国」の初出もやはり『五代史記』であり、その後朝廷に献上された『九国志』も北楚の分が追記されている。南平王・荊南節度使の高季興およびその子孫は世襲を行い、宋の軍事力によって統一され、統一後は他の諸国の王と同様の待遇を得ている...

    ^ もともとの諱は、「匡義」であったが、兄が皇帝になったので避諱して「光義」とした。
    ^ a b c 山崎覚士「五代政治史研究の成果と課題」(『中国五代国家論』(思文閣出版、2010年)序章)
    ^ a b c 山崎覚士「五代の〈中国〉と平王」(初出:宋代史研究会研究報告第九集『「宋代中国」の相対化』(汲古書院、2009年/所収:山崎『中国五代国家論』(思文閣出版、2010年))
  5. 愛新覚羅溥儀 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 愛新覚羅溥儀
    • 概要
    • 生涯
    • 家族
    • 自伝
    • 題材にした諸作品
    • 関連項目
    • 参考文献

    中華圏最後の皇帝であり、その生涯を題材にした映画から『ラストエンペラー』として知られる。幼帝として2歳で清朝皇帝に即位し、元号から宣統帝と称される。辛亥革命後は遜清皇室小朝廷として大清皇帝の尊号で保護されるも張勲復辟事件で復位して12日間で再び退位。 その後は清室優待条件により紫禁城に住むことを許されるものの、北京政変で紫禁城を追われてしまう。さらに当初庇護を受けようとしたイギリスやオランダ公館に庇護を拒否されてしまい、天津の日本租界で日本公館の庇護を受けた。 これ以降の縁で、満州事変以降関東軍の主導で建国された満洲国の執政に就任、満州国軍大元帥や満州国協和会名誉総裁などを兼任し、帝政移行後の大満洲帝国で皇帝に即位した。満州国皇帝としては元号から康徳帝と称されることもある。太平洋戦争における日本の敗戦と、ソビエト連邦軍の侵略を受けた満州帝国の崩壊とともに退位した。 ソ連赤軍の捕虜となって中華人民共和国に引き渡され、1959年の撫順戦犯管理所からの釈放後の1960年には中国共産党の方針により北京植物園に勤務したが、すぐに政協文史研究委員会専門委員に就任した。さらに晩年の1964年には、満州族の代表として政協全国委員に選出され、北京で生涯を終えた。

    年表

    1. 1906年:醇親王載灃の子として北京に生まれる 2. 1908年:第12代清朝皇帝(宣統帝)に即位 3. 1912年:辛亥革命により退位 4. 1917年:張勲復辟により清朝皇帝に復位するも、12日後に再び退位 5. 1919年:イギリス人のレジナルド・ジョンストンを帝師として招聘 6. 1922年:正妻の婉容、側室の文繡と結婚 7. 1924年:クーデターにより紫禁城から退去。ジョンストンが帝師を退任 8. 1925年:イギリスやオランダ公使館へ庇護を要請するものの拒否され、天津日本租界内張園に移転 9. 1931年:文繡と離婚。満洲事変勃発後、大日本帝国陸軍からの満洲国元首への就任要請を受諾し、日本軍の手引きで天津を脱出、満洲へ移る 10. 1932年:満洲国の建国に伴い満洲国執政に就任 11. 1934年:満洲国皇帝(康徳帝)に即位 12. 1935年:初の外国訪問として日本を公式訪問 13. 1937年:譚玉齢を側室とする 14. 1940年:日本を再び公式訪問、最後の公式外国訪問となる 15. 1942年:側室の譚玉齢が死去 16. 1943年:李玉琴を側室とする...

    生誕

    1906年に、清朝の第11代皇帝光緒帝の皇弟である醇親王載灃と、光緒帝の従弟で、西太后の腹心栄禄の娘であるグワルギャ氏(瓜爾佳氏)・幼蘭の子として、清国(大清帝国)の首都である北京に生まれる。祖父は愛新覚羅奕譞、曽祖父は道光帝となる。

    第12代清朝皇帝

    1900年に発生した義和団の乱を乗り越え、当時依然として強い権力を持っていた西太后が1908年に光緒帝の後継者として溥儀を指名したことにより、溥儀はわずか2歳10か月で皇帝に即位させられ、清朝の第12代・宣統帝となった。即位式は紫禁城太和殿で行われ、新しい皇帝の即位は世界各国で大きく報じられた。その後宣統帝は多くの宦官や女官らとともに紫禁城で暮らすこととなる。 西太后は宣統帝を後継者とするとともに、宣統帝の父・醇親王を監国摂政王に任命して政治の実権を委ね、同年11月14日に光緒帝が崩御した翌日に74歳で崩御した。 光緒帝の崩御に関して、当初から毒殺されたのではないかという説があり、2007年に行われた調査では、光緒帝の遺髪から大量の砒素が検出されたため、毒殺の可能性がより濃厚になった。 誰が光緒帝を暗殺したかについては、西太后と光緒帝の死亡時期が近いため、「西太后が光緒帝を自分よりも長生きさせないために暗殺した」とする説がある一方で、「戊戌変法で光緒帝を裏切っている袁世凱が、光緒帝が復権して自身に報復するのを恐れて暗殺した」という説もあり、溥儀は自伝『わが半生』では「袁世凱による...

    正妻と側室

    正妻である婉容と側室である文繡と1922年に結婚するが、後に文繡と離婚、その後アヘン中毒になった婉容とも満洲国崩壊を受け逃亡する中生き別れになる。なお、満洲国時代に北京の旗人出身の譚玉齢(他他拉氏、祥貴人)、長春の漢族出身の李玉琴(福貴人)を側室として迎えたが、それぞれ死別、離婚している。 溥儀は自伝『我的前半生』で婉容については「私が彼女について知っているのは、吸毒(アヘン)の習慣に染まったこと、許し得ない行為があったことぐらいである」とだけ書いている。「許し得ない行為」とは満州国皇帝時代に愛人を作り、その子供を産んだとされる事を指すと思われる。子供は溥儀の命により生まれてすぐにボイラーに放り込まれ殺害されたと言われる。 李玉琴は満州国崩壊後の1945年に離婚を表明。1957年5月、撫順の政治犯収容所に収監されていた溥儀に面会し正式に離婚。翌年エンジニアの黄毓庚という人物と再婚し息子を儲けた。このためか溥儀は自伝『我的前半生』で玉琴についてはほとんど言及していない。玉琴は文化大革命期に迫害を受けたため、溥儀の妻ではないことの確認を溥儀に申し立てた。溥儀は玉琴とは既に離婚しており...

    再婚

    1959年に特赦された後、1962年に看護婦をしていた漢族の李淑賢(1924年 - 1996年)と再婚し、その後の生涯を沿い遂げることになる。生涯で子をもうける事は無かった。溥儀に子供ができなかったことについて義妹の嵯峨浩は「同性愛であったため」と推測し、2人目の正妻である李淑賢は同性愛を否定し、「インポテンツだったため正常な夫婦関係が築けなかった」と主張している。

    兄弟

    1. 愛新覚羅溥傑(1907年-1994年) 2. 愛新覚羅溥任(1918年-2015年)

    『我が半生』(原題:我的前半生、英語題:The former half of my life)は、唯一の自伝である。執筆は、中華人民共和国で「政治犯」として「再教育」を受けていた1957年後半から一年余りをかけて、20万字の初稿を完成させた。その後内容のいくつかの部分において専門家の意見が分かれるなどし、第一稿、第二稿が作られたのち、最終的に1964年3月に正式出版された。日本語訳本(小野忍・新島淳良・野原四郎・丸山昇訳、各 全2巻で筑摩叢書、新版ちくま文庫)が出版されている。また、残された日記の断片が『溥儀日記』(王慶祥編、学生社)が出版されている。 2007年、同書が中華人民共和国において大幅に加筆した完全版として出版されることとなった。極東国際軍事裁判での偽証を謝罪し、日本軍と満洲国との連絡役を務めた関東軍将校の吉岡安直に罪を擦り付けたと後に反省したことなど、1964年版当時に削除された16万字近い部分が今回盛り込まれている。 中華人民共和国国内での報道によると、今回1964年版前の第一稿、二稿から、 1. 序言≪中国人的骄傲(中国人の誇り)≫ 2. 第六章《伪满十四年》的第一节≪“同时上演的另一台戏——摘录一个参与者的记述”(第6章「満州国14年」の第1節“もう一人を同時に演じる ― 一参加者の記述より引用する”)≫ 3. 第七章《在苏联的五年》的第四节≪“远东国际军事法庭”(第7章「ソ連の5年」の第4節 “極東国際軍事法廷”)≫ 4. 第十章《一切都在变》的第四节≪“离婚”(第10章「新しい一章」の第4節“離婚”)≫ などを含んでいる。 溥儀には継承者がおらず死去した際に遺言書がなかったため、版元の群衆出版社から北京市の西城裁判所へ、同書を「相続人のない財産」とする認定請求を提出した。裁判所は請求に基づき審査を開始したが、まだ裁判所の判断は示されていない。

    書籍

    1. 皇帝溥儀:私は日本を裏切ったか(1952年、世界社 ISBN B000JBBCCK、絶版) 2. 『中原の虹』浅田次郎著 講談社(2006-2007) のち文庫 3. 『天子蒙塵』浅田次郎著 講談社(2016年)

    映画

    溥儀が主人公である映画 1. ラストエンペラー(1987年、イタリア/ 中華人民共和国/ イギリス) 1.1. 成人した溥儀をジョン・ローンが演じた。ベルナルド・ベルトルッチ監督。1987年度のアカデミー賞で、ノミネートされた9部門(作品賞、監督賞、撮影賞、脚色賞、編集賞、録音賞、衣裳デザイン賞、美術賞、作曲賞)全ての受賞を達成した。上記のように、この映画は幾つかの脚色された要素を含んでいる。 2. 火龍(1986年、中華人民共和国/ 香港) 2.1. 溥儀役:レオン・カーフェイ。収容所から出所してから病院で死去するまでの溥儀と再婚した李淑賢との生活を描いている。 溥儀の周辺を描く映画 1. 流転の王妃(1960年、日本) 1.1. 溥文(溥儀)役:竜様明。弟・愛新覚羅溥傑の妻・嵯峨浩の視点から描いている。 2. 悲劇の皇后 ラストエンプレス(1985年、中華人民共和国/ 香港) 2.1. 溥儀役:姜文。主人公たる溥儀の皇后・婉容の視点から満洲国時代を描いている。

    テレビドラマ

    溥儀を主人公としたテレビドラマ 1. ラストエンペラー(VHS邦題:末代皇帝 THE LAST EMPEROR、1988年、中国) 1.1. 溥儀役:張萌→蔡遠航→陳道明→朱旭。溥儀の誕生から、辛亥革命、満洲国皇帝時代を経て、東京裁判にいたるまでを描いた連続ドラマ。 溥儀の周辺を描くテレビドラマ 1. 流転の王妃・最後の皇弟(2003年、日本、テレビ朝日) 1.1. 溥儀役:王伯昭。弟である愛新覚羅溥傑とその妻・嵯峨浩の視点から描かれた。 2. 末代皇妃〜紫禁城の落日〜(中国語版)(2004年、中国) 2.1. 溥儀役:李亜鵬。溥儀の第2夫人であった文繡の半生を描く。 3. 李香蘭(2007年、日本、テレビ東京) 3.1. 溥儀役:王偉華。李香蘭の半生を描く。 4. 男装の麗人〜川島芳子の生涯〜(2008年、日本、テレビ朝日) 4.1. 溥儀役:高嶋政伸。清朝の一族である川島芳子の生涯を描く。 5. 重生(2011年、中国) 5.1. 溥儀役:楊立新。溥儀の第4夫人であった李玉琴の半生を描く。日本未公開。 6. 二つの祖国(2019年、日本、テレビ東京) 6.1. 溥儀役:織田信...

    愛新覚羅溥儀『わが半生 「満州国」皇帝の自伝』上・下、小野忍・新島淳良・野原四郎訳、筑摩書房〈筑摩叢書〉、1977年12月。
    愛新覚羅溥儀『溥儀日記』王慶祥編、銭端本ほか訳、学生社、1994年10月。ISBN 4-311-60324-X。
    愛新覚羅溥傑『溥傑自伝 「満州国」皇弟を生きて』金若静訳注、河出書房新社、1995年1月。ISBN 4-309-22268-4。
    愛新覚羅浩『「流転の王妃」の昭和史―幻の"満州国"』(主婦と生活社 1984年、新潮文庫1992年)
  6. 囲碁の歴史 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 囲碁の歴史
    • 日本の囲碁
    • 現代の日本の囲碁
    • 現代の韓国・中国の囲碁
    • 人工知能の出現
    • 世界への広がり
    • 持ち時間の歴史
    • 参考文献

    日本伝来

    日本には遣唐使に加わった吉備真備が伝えたとされる。しかし大宝律令の中に碁に関する項目があること、隋書倭国伝に「好棋博、握槊、樗蒲之戯(囲碁、握槊、樗蒲(さいころ)の競技を好む)」との記載があるから、実際にはさらに以前から伝わっていたと思われる。奈良時代には盛んに打たれていた様で、正倉院に碁盤「木画紫檀棊局」が収められている。平安時代には貴族のたしなみとして好まれ、「枕草子」「源氏物語」などこの時代の代表的な文学作品にもしばしば碁の描写が登場する。現在伝えられている日本最古の棋譜と呼ばれる物は1252年に日蓮がその弟子吉祥丸(後の日朗)と打ったという棋譜であるが、おそらくは後世の偽作である。

    愛好者の広まり

    室町時代に入ると、それまで公家、僧侶階級に愛好されていた囲碁は武家や庶民にも広がり、同時に碁盤と碁石を使った様々な数とり遊びも生み出されて広まった。有力者は「碁打ち」「上手」と呼ばれる半専業の者を抱えて、競わせるようになり、その中には同朋衆や、出自不明の者も少なくなかった。戦国時代に入ると、戦のシミュレーションとして大いに好まれ、隆盛を迎える。武田信玄他、多くの戦国武将が碁を好んだという記録が残っている。 この時期に群を抜いた第一人者として登場したのが日海(後の本因坊算砂)である。この時代には、それまでは対局する両者が碁盤上にあらかじめいくつかの石を置いて対局していたものを、盤上にまったく石の無い状態から打ち始める方式への移行もあった。このため布石の概念も算砂の時代から生まれたといえる。 算砂は織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の囲碁の師であり、三人共に算砂に五子置いていたと言う。算砂を現在のトッププロとすれば、信長たちは現在のアマチュア4、5段ということになる。その腕を信長に認められた算砂は名人の称号を名乗ることを許され、更に秀吉にも重用されて扶持を貰うようになり、家康が将軍となった...

    江戸の黄金期

    江戸時代には算砂の本因坊家と井上家、安井家、林家の四家が碁の家元と呼ばれるようになり、優秀な棋士を育て、互いに切磋琢磨しあうこととなった。四家はそれぞれ幕府から扶持を受けており、それぞれの宗家は血筋ではなく、実力により決められる事となった(血筋も影響したようではある)。その技術の発揮の場が年に一回江戸城内、将軍御前にて行われる御城碁である。御城碁は四家それぞれ数人の代表によって戦われたが、負けることは家の大きな不名誉となり、弟子の集まり方にも影響した。 また囲碁界の統括者である名人碁所の地位は、各家元いずれかの宗家であり、棋力が他を圧倒し、かつ人格的にも他の家元からも認められることが必要とされた。名人は、他の棋士に対して段位を発行する権限など、数々の特権と大きな名誉を有しているため、名人の地位をめぐる各家元による争奪戦が何度も演じられた。争いの解決は対局で行われ、その対局を争碁(そうご、あらそいご)と呼ぶ。 史上初の争碁は二世本因坊算悦と安井家二世の算知との間で争われた。御城碁における手合割を不服としたもので、9年がかりで6戦して3勝3敗の打ち分けのまま、算悦の死によって終わりを...

    ただし90年代からは囲碁の世界戦が開始され、当初は武宮正樹らの活躍があったものの、近年は韓国・中国の後塵を拝する時代が続いている。日本は若手の育成が遅れ、韓国・中国の急速な伸張に対抗しきれずに現在に至る。囲碁人口自体も老年の男性に偏り、若いうち(10歳前後)が大事といわれる棋士の育成が阻害されている。 このように競技人口の高齢化が深刻な問題となっていた日本囲碁界だったが、1998年から2003年まで週刊少年ジャンプにて漫画『ヒカルの碁』(後にテレビアニメとしても放送)により囲碁ブームとなり、多くの子供たちが囲碁を打つ姿が見られるようになった。しかし連載終了によって囲碁ブームも去り、子供たちをどう育成していくかが今後の課題である。「囲碁競技人口」は、1982年の1130万人から、2004年450万人、2006年360万人、2007年240万人と漸減傾向が続いている。 日本は国際大会でも連敗を続けており、世界戦では日本人がベスト16にも名を連ねられないことも珍しくない。この原因の一つとして、韓国・中国と日本の賞金の違いが考えられる。日本の棋聖戦の優勝賞金は4500万円(2010年現在)の賞金であり、国際戦最高額の富士通杯が2000万円であることから、日本は国内戦を優先に戦っている。韓国・中国の国内戦は日本戦に比べると安く、韓国の最高額であるKT杯マスターズプロ棋戦で5000万ウォン≒500万円である。また韓国人棋士は世界戦に優勝すると兵役を免除されるという特典がある。しかしこうした実利的な面ばかりでなく、囲碁熱の高さ、囲碁に対する国民の注目度、それがもたらす層の厚さが大きな要因といえる。また日本の主要な棋戦と持ち時間の長さが異なることも要因の一つとして挙げられている(後述)。

    中国と韓国では長らく囲碁は余技としてあまり重視されておらず、江戸時代には日本とはっきりした実力差があった。たとえば1620年に朝鮮の第一人者が来日した際には、本因坊算砂は三子置かせて勝利を収めている。昭和に入っても中韓にはプロ棋士という制度がなかったため、囲碁を志す者は日本にやってきてプロを目指すのが通例であり、呉清源・林海峰・趙治勲・曺薫鉉らはその代表である。曺薫鉉は、日本で修業した後、韓国へ帰り囲碁の普及に尽力した。 しかし1955年に韓国棋院が設立され、韓国内でプロを目指すものも増えてきた。中国でも1981年に中国囲棋協会が創設され、棋士を目指す子供が急増し、国内で囲碁のリーグ戦が開かれるようになった。また1984年から開始された日中対抗戦・日中スーパー囲碁では聶衛平が日本のトッププロに対して11連勝を記録し、レベル向上を印象づける結果となった。 1988年に日中韓の棋士たちが集まる世界大会世界囲碁選手権富士通杯が創設され、世界大会が次々と創設されるようになった。その国際戦を曺薫鉉・李昌鎬らの韓国棋士が勝利するようになると人気が爆発し、韓国内のそこここで囲碁教室が開かれるようになり、頭の良い子供たちは収入の良いプロ囲碁棋士になれと親から言われるようになった。特に李昌鎬の活躍は目覚ましく、16歳で世界大会初優勝を果たした後、世界の第一人者と呼ばれるようになった。 21世紀初頭に至り、韓国勢は世界の囲碁界を制した。李昌鎬と李世ドル(ドルの字は石の下に乙。韓国の国字)の二人が相争いながら世界タイトル戦線を席巻し、それに曺薫鉉・劉昌赫の二人を加えた四人が世界の四強と言われた(全て韓国)。それを追いかける朴永訓ら新鋭の層も極めて厚く、その覇権は盤石と思われた。しかし2005年ころから国家レベルで若手棋士の育成に励む中国が急ピッチでこれを追い上げ、常昊・古力ら若い棋士が世界のトップを争うようになっている。中国では周睿羊、陳耀燁、王檄ら、韓国では崔哲瀚、朴永訓、姜東潤ら10代から20代の若手がトップ戦線を走り、周俊勲ら台湾勢も台頭し始めた。

    チェスや将棋など、多くのボードゲームでコンピュータが人類を凌駕する中、囲碁は最後までコンピュータが人間に勝てない競技として残っていた。2015年の段階では、コンピューター囲碁のレベルはトッププロに三子置くハンデを必要とし、この差はそう簡単に埋まらないと考えられていた。 しかし2016年、グーグル傘下のDeepMind社が開発した人工知能「AlphaGo」が登場し、世界のトップ棋士の一角とみなされていた韓国の李世ドルを4勝1敗で破って世界に衝撃を与えた。さらに2017年には、世界ランキング1位の棋士である中国の柯潔もAlphaGoに3連敗し、完全にコンピュータが人類を超えたことを示した。またAlphaGoの影響を受け、DeepZenGoや絶芸といった深層学習の手法を取り入れた人工知能が次々と出現し、いずれも人類のトップ棋士をしのぐ実力を示している。 これら人工知能は、序盤早期段階での星への三々入りなど、それまで人類の発想になかった手を多く打ち出しており、各国棋士の打ち方に大きな変革をもたらした。また、着手の検討に人工知能の評価が用いられるようになるなど、多くの面で重要な変化が起きている。

    事前置石のない自由布石は16世紀の日本に端を発するもので、それ以前に伝播した国においては事前置石のルールが受け継がれていた。中国・韓国では、20世紀になって日本碁界との接触を機に自由布石が普及し始めた。中韓以外では、近代普及以前に囲碁が伝わった地域としてチベットがあり、1959年にシッキム王国の皇子が来日した際、17路式の囲碁(密芒)用具を持参して日本のプロと打ったという記録がある。 欧米にルールが正しく紹介されたのは、技師として来日し村瀬秀甫に碁を学んだドイツ人、オスカー・コルシェルト(英語版)が帰国して1860年に東洋研究の学術誌に発表した記事が最初である。コルシェルトは1880年に欧州言語(ドイツ語)で初となる本格的な囲碁の本を出版した。1908年にはこの本を元に英語で最初の囲碁の本がアーサー・スミスという人物によって書かれた。この経緯から欧米では今も囲碁用語の多くに日本語がそのまま使われている。コルシェルトの記事を読んだチェスプレイヤー、エドワード・ラスカーも来日を目指したが第1次世界大戦の混乱もあって果たせず、米国にわたって1934年には英語で2番目となる囲碁の本を執筆、翌1935年にはアメリカ囲碁協会が設立された。1937年にはドイツにも囲碁協会が設立された。また東アジアから諸外国への移民も囲碁の広がりに貢献した。 戦後になると岩本薫、福田正義をはじめとする日本人の努力もあって囲碁は東アジア以外にも普及し始め、1957年にはヨーロッパ囲碁連盟が結成されてヨーロッパ碁コングレスが毎年開かれるようになった。後にはさらにヨーロッパ青少年囲碁選手権やヨーロッパ・ペア碁選手権などさまざまな大会が開催されるようになった。1961年には日本棋院で英語の囲碁雑誌『Monthly Go Review』が創刊されている。1979年には世界アマチュア囲碁選手権戦がスタート、1982年には29か国が集まって国際囲碁連盟が設立され、加盟国は2018年時点で77か国を数えている。 1978年には関西棋院でマンフレッド・ヴィンマー(オーストリア出身)、日本棋院でジェームズ・カーウィン(アメリカ合衆国出身)がプロとなったのを皮切りに、欧米出身で日本や韓国のプロ棋士となる者もしだいに増え、国際普及の大きな力となった。2000年には日本棋院所属のマイケル・レドモンド(アメリカ出身)が...

    江戸時代、明治時代には持ち時間という考え方がなく、対局時間は無制限であった。ただし全ての碁が極めて長かったというわけではなく、1日で2局打ち上げた記録も残るなど早打ちの棋士も多かったらしい。大正期以降、新聞碁が主流になってくると掲載時期の関係から無制限というわけにはいかなくなり、1926年の院社対抗戦、本因坊秀哉名人対雁金準一七段戦で初めて持ち時間が導入された。この時の持ち時間は両者16時間ずつという極めて長いもので、これは秀哉が極端な長考派であったことが影響しているとされる。またこの時は秒読みというものがなく、考慮中の雁金に突然時間切れ負けが宣告されるという幕切れを迎えた。秀哉名人引退碁では両者に持ち時間40時間が与えられ、初めて封じ手も導入された。 タイトル戦初期の頃には持ち時間も各10~13時間、三日制であったが、これは徐々に短縮されていった。現在は一般棋戦では持ち時間5時間、棋聖・名人・本因坊の三大タイトルの七番勝負のみ二日制、各8時間持ちとなっている。しかし韓国・中国では各3時間持ちというのが一般的であり、国際棋戦もこれに合わせて行われるものが多く、日本人棋士が国際戦で振るわない原因の一つに挙げられている。持ち時間の長い国内棋戦に対し、3時間が主流の国際棋戦では布石に持ち時間を使うよりも研究で突き詰める方が効率がよく、日本の棋士が布石の研究で遅れた部分もある。このため日本国内のタイトル戦も国際戦に合わせるべきという声が高まり、王座戦を皮切りに多くの棋戦で3時間制が導入されるようになっている。 「早碁」も当初は持ち時間が4時間というものであったが、近年テレビ放送に合わせて1手30秒、持ち時間10分というシステムが一般化した。

    日本の囲碁

    1. 林元美『襴柯堂棋話』1778年(嘉永2年) 2. 安藤如意『坐隠談叢』1904年(明治37年)**改訂版 1910年(明治43年)**渡辺英夫増補版 1955年(昭和30年) 3. 増川宏一『碁 ものと人間の文化史59』法政大学出版局1987年 4. 横井清『中世民衆の生活文化』講談社 2007年 5. 中山典之『囲碁の世界』岩波新書 2003年 6. 日本囲碁大系 7. 現代囲碁大系 8. 『囲碁百年』(全3巻)平凡社 1968年 9. 福井正明『碁界黄金の十九世紀―江戸後期から明治‐日本の碁を頂点に導いた名手たち』日本棋院 2007年 10. 『昭和の名局』(全5巻)日本棋院 1980年 11. 田村竜騎兵『物語り 囲碁英傑伝』毎日コミュニケーションズ 2005年(初版1972年) 12. 伊藤敬一『昭和囲碁名勝負物語』全2巻 三一書房 1994年 13. 中山典之『昭和囲碁風雲録』全2巻 岩波書店 2003年

    世界への広がり

    1. Sensei's Library

  7. 斉王 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 斉王

    斉王(せいおう)は、中国における諸侯王、あるいは地方政権の君主の王号。 斉は今日の山東省に相当する。 一覧 斉王に封じられた、あるいは号した人物には、以下の例が挙げられる。 戦国時代 田斉の君主。 威王から田建まで5代が王を号した。

  8. ここがヘンだよ日本人 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ここがヘンだよ日本人
    • 概要
    • 出演者
    • エンディングテーマ
    • スタッフ
    • パロディ
    • 関連項目

    多数(主に100人)の日本に住む外国人出演者が日本で生活する中で感じた様々な問題に対して、日本人パネラーと討論をかわしていく。 また、外国人出演者は紹介時のテロップでは自営業、会社員、学生(主に大学院生)、エンジニア、英会話講師などと表示されていたが、実際は大半が稲川素子事務所[注 1][注 2]に所属する外国人タレント[注 3]であったことが明らかになっている[注 4]。

    日本人出演者 司会 1. ビートたけし 1. 基本的には討論の場を和ませようと合間に珍妙な発言をする事が多いが、討論の終わり際には発言者ほぼ全員の意見をまとめながら締める。また、『世界まる見え!テレビ特捜部』と同様に様々なものをモチーフにした衣装を身に纏っていた。 アシスタント 1. 江口ともみ 2. 浅草キッド(水道橋博士・玉袋筋太郎) 1. 「日本の芸人は世界に通用するのかコンテスト」にて、ビートたけしのアシスタントを務めていた。また、2000年末に『SAMBA・TV』内で放送された「ここがヘンだよ宇宙人 デヴィ夫人スペシャル」では司会代行も務めた。(この放送では水道橋はたけし、玉袋はKONISHIKIを模した格好をしていた) レギュラーパネラー 1. そのまんま東 1. 2000年からレギュラー出演。 1. テリー伊藤 1. 特番時代から出演。 1. RIKACO その他の出演者 1. 田丸美寿々(フリーアナウンサー、ニュースキャスター) 2. 永作博美(女優) 1. 1998年4月放送のスペシャル番組のみ出演。 1. 渡辺えり子(女優、タレント、演出家) 1. 1998年4月放送のスペシャル番組にて出演。 1. 西川史子(女医、タレント) 1. 2000年11月8日と15日に放送された「ここがヘンだよ日本の病院」にて出演。 1. 織田無道(住職、タレント) 2. 鴻上尚史(劇作家) 3. 江川達也(漫画家、タレント) 1. 「イジメと戦う」シリーズと、性問題を扱ったテーマの際に常連パネラーとして出演。 1. 福島瑞穂(弁護士、政治家) 2. 増田明美(元マラソン選手、スポーツ解説者) 3. 加藤和彦(ミュージシャン) 4. 大槻ケンヂ(タレント、筋肉少女帯ボーカリスト、作家) 5. 大竹まこと(タレント) 6. 舛添要一(国際政治学者、政治家、元東京都知事(2014年 - 2016年)) 7. 大仁田厚(元プロレスラー) 8. アントニオ猪木(元プロレスラー、実業家、政治家) 1. 2001年9月13日に放送された「ここがナゾだよアントニオ猪木」にて出演。 1. 猪瀬直樹(作家、元東京都知事(2012年 - 2013年)) 2. 山田五郎(コラムニスト、タレント) 3. 井沢元彦(作家、歴史研究家) 4. 江守徹(俳優、演出家) 5. 森公美子(タレン...

    構成:恒川省三、田中直人、都築浩、小笠原英樹、あべ、シマダ秀樹、播田ナオミ、佐藤雄介
    TD:阿部智昭
    VE:吉永明久、飯泉亮
    CAM:早川征典
    めちゃ2イケてるッ! - パロディとして「ここがヘンだよ○○(○○の中にはマネージャーやフジテレビが入った)」と題し、めちゃイケメンバーが『ここがヘンだよ日本人』の出演者に扮し、同様のテイストで討論風のコントを行った。
    なかよしテレビ - フジテレビ系列で2011年から2012年まで不定期に放送された特別番組。番組ジャンルおよび内容が似通っている他、出演者も日本人・外国人ともに一部共通。また、番組にテリー伊藤がゲスト出演した際には『ここがヘンだね日本人』と題した企画が行われた。
    中居正広の家族会議を開こう! - 同局で1999年から2003年まで特別番組として不定期に放送され、後に2008年から2009年にかけて『バラエティーニュース キミハ・ブレイク』内のコーナーとしても放送された番組。番組内容、演出が似通っていたほか、『ここがヘンだよ日本人』に日本人側の論客として出演していた一部の人がこの番組にも出演していた。
    ネプ&イモトの世界番付 - 日本テレビ系で2011年から2016年まで放送されたバラエティー番組。外国人出演者が一部共通。
  9. 夏侯淵 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 夏侯淵
    • 生涯
    • 『三国志演義』における夏侯淵
    • 宗族

    諸将を指揮監督

    曹操が県の長官に関する事件で罪を受けた時、その身代わりを引き受けた。その後、曹操に救出され、刑罰を免れることができた。 兗州と豫州が混乱すると、飢饉の中で夏侯淵は自分の幼い子を捨てて、死んだ弟の娘を養育したという(『魏略』)。 曹操が兵を挙げると別部司馬・騎都尉として従い、やがて陳留や潁川の太守に任命された。 袁紹との官渡の戦いの時は行督軍校尉となり、袁紹を破った後は兗州・豫州・徐州の兵糧を監督した。 昌豨が謀反を起こすと、張遼と共にこれを討伐し苦戦したが、張遼が昌豨を説得し降伏させた。 その後、再び昌豨が謀反を起こすと、曹操は于禁・臧覇を鎮圧に派遣したがやはり苦戦した。夏侯淵は増援として派遣されると、昌豨の陣営10余りを陥落させたため、昌豨は于禁に降伏を申し出てきた。夏侯淵は帰還後に典軍校尉に任命された。 済南と楽安の黄巾の徐和・司馬倶が反乱を起こし、城を攻撃して県の高官を殺害すると、夏侯淵は臧覇や呂虔と共に(「臧覇伝」「呂虔伝」)泰山・斉・平原の郡兵の指揮を執りこれを攻撃、大いに打ち破り、徐和を斬り諸県を平定、食糧を没収し兵士に配った。 建安14年(209年)、中領軍の史渙が...

    涼州を平定

    建安16年(211年)7月から9月にかけて、反乱を起こした韓遂・馬超らの征伐に従軍し、渭南において戦った(潼関の戦い)。朱霊と共に、隃麋・汧の氐族を討伐した。11月、曹操と安定で合流し楊秋を下した。12月、安定から長安に帰還した。 建安17年(212年)1月、曹操は鄴に帰還し、夏侯淵を行護軍将軍として長安に駐屯させた。夏侯淵は朱霊・路招を率い南山の劉雄を撃破してその兵を降伏させた。さらに張郃・徐晃と共に鄜の梁興を斬り、武都の氐族や夏陽の賊を降伏させた。 再起した馬超が冀城に籠る涼州刺史韋康を攻撃した為、夏侯淵は軍を率い救援に向かったが、到着する前に馬超は韋康を騙して冀城を陥落させていた。自軍が冀城から200里余りの地点まで迫ったところで馬超が迎撃に来たため、交戦したが敗北し、さらに馬超に呼応して汧の氐族が反乱を起こしたため、軍をまとめて帰還した。 建安19年(214年)、韋康の部下であった趙衢・尹奉らは復讐の為に馬超討伐を計画し、姜叙が西城で挙兵してこれに応じた。趙衢らは馬超を騙して姜叙攻めに出撃させ、馬超の妻子を殺害した。馬超は漢中へ脱走したが、張魯に兵を借り、戻ってきて祁山を...

    定軍山に散る

    張魯の降伏後、劉備は侵攻して漢中を奪取し、そこを拠点にさらに北上して曹操を滅ぼすという戦略の下、漢中攻撃を開始した。夏侯淵は指揮下の張郃や徐晃を巧みに繰り出し、劉備軍と一進一退の攻防を数年に渡り続けた。夏侯淵が指揮を執る兵は甚だ精強であったという。 しかし曹操陣営の中で漢中は遠く孤立しており、やがて巴郡を奪回され、建安23年(218年)には劉備軍が陽安関(陽平関)に達するなど、徐々に追い詰められていった。 建安24年(219年)正月、劉備の部隊はついに定軍山の本営にまで至り、夏侯淵は自らこれと対峙した。劉備が夜間に攻撃を開始すると、夏侯淵は張郃に東方の陣営を守らせ、自分は南方の陣営を守ったが、張郃が苦戦したため自分の兵の半分を援軍に向かわせた。劉備は法正の策に従い、夏侯淵の本営より15里離れた鹿角(逆茂木)を焼き払った。夏侯淵は兵士400人を引き連れて自ら逆茂木の修復にあたったが、黄忠は高所に昇り背後から夏侯淵を攻撃した。夏侯淵は黄忠の軍を迂回することに成功したが、背後からの攻撃に失敗して戦死した(定軍山の戦い)、張飛の夫人は夏侯淵の戦死を知ると、願い出て彼を埋葬した。 夏侯淵が...

    小説『三国志演義』では、曹操の親族、夏侯惇の弟として早くから登場し、剛直で弓術に長けた猛将として描写されている。汝南の劉備攻撃では劉備に味方した黄巾残党の龔都を討ち取っている。さらに銅雀台落成の余興では、的に当たった4本の矢の真ん中を射抜く腕前を披露した。曹操は、定軍山での彼の戦死を聞いて嘆き悲しみ、そして鹿角の補修に自ら出かけるなど、軽率な行動に激怒している。

  10. 新五代史 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 五代史記
    • 本紀
    • 世家
    • 附録
    梁本紀第一 - 太祖上
    梁本紀第二 - 太祖下
    梁本紀第三 - 末帝
    唐本紀第四 - 荘宗上
    呉世家第一 - 呉
    南唐世家第二 - 南唐
    前蜀世家第三 - 前蜀
    後蜀世家第四 - 後蜀
    四夷附録第一 契丹上 - 契丹
    四夷附録第二 契丹下 - 契丹
    四夷附録第三 - 奚・吐渾・達靼・党項・突厥・吐蕃・回鶻・于闐・高麗・渤海・新羅・黒水靺鞨・南詔蛮・牂牁蛮・昆明・占城
  11. 其他人也搜尋了