Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. ソ・イェジ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ソ・イェジ

    徐睿知 RR 式: Seo Ye-ji MR式: Sŏ Ye'ji テンプレートを表示 ソ・イェジ(서 예 지、1990年 4月6日 - )は、韓国の女優である。 略歴 幼少期にヨンウォン中学校とヨンシン高校で学んだ後、スペインに留学してジャーナリズムを専攻し、テレビ ...

    • 2013年–
    • 女優
  2. 囲碁の歴史 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 囲碁の歴史
    • 日本の囲碁
    • 現代の日本の囲碁
    • 現代の韓国・中国の囲碁
    • 人工知能の出現
    • 世界への広がり
    • 持ち時間の歴史
    • 参考文献

    日本伝来

    日本には遣唐使に加わった吉備真備が伝えたとされる。しかし大宝律令の中に碁に関する項目があること、隋書倭国伝に「好棋博、握槊、樗蒲之戯(囲碁、握槊、樗蒲(さいころ)の競技を好む)」との記載があるから、実際にはさらに以前から伝わっていたと思われる。奈良時代には盛んに打たれていた様で、正倉院に碁盤「木画紫檀棊局」が収められている。平安時代には貴族のたしなみとして好まれ、「枕草子」「源氏物語」などこの時代の代表的な文学作品にもしばしば碁の描写が登場する。現在伝えられている日本最古の棋譜と呼ばれる物は1252年に日蓮がその弟子吉祥丸(後の日朗)と打ったという棋譜であるが、おそらくは後世の偽作である。

    愛好者の広まり

    室町時代に入ると、それまで公家、僧侶階級に愛好されていた囲碁は武家や庶民にも広がり、同時に碁盤と碁石を使った様々な数とり遊びも生み出されて広まった。有力者は「碁打ち」「上手」と呼ばれる半専業の者を抱えて、競わせるようになり、その中には同朋衆や、出自不明の者も少なくなかった。戦国時代に入ると、戦のシミュレーションとして大いに好まれ、隆盛を迎える。武田信玄他、多くの戦国武将が碁を好んだという記録が残っている。 この時期に群を抜いた第一人者として登場したのが日海(後の本因坊算砂)である。この時代には、それまでは対局する両者が碁盤上にあらかじめいくつかの石を置いて対局していたものを、盤上にまったく石の無い状態から打ち始める方式への移行もあった。このため布石の概念も算砂の時代から生まれたといえる。 算砂は織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の囲碁の師であり、三人共に算砂に五子置いていたと言う。算砂を現在のトッププロとすれば、信長たちは現在のアマチュア4、5段ということになる。その腕を信長に認められた算砂は名人の称号を名乗ることを許され、更に秀吉にも重用されて扶持を貰うようになり、家康が将軍となった...

    江戸の黄金期

    江戸時代には算砂の本因坊家と井上家、安井家、林家の四家が碁の家元と呼ばれるようになり、優秀な棋士を育て、互いに切磋琢磨しあうこととなった。四家はそれぞれ幕府から扶持を受けており、それぞれの宗家は血筋ではなく、実力により決められる事となった(血筋も影響したようではある)。その技術の発揮の場が年に一回江戸城内、将軍御前にて行われる御城碁である。御城碁は四家それぞれ数人の代表によって戦われたが、負けることは家の大きな不名誉となり、弟子の集まり方にも影響した。 また囲碁界の統括者である名人碁所の地位は、各家元いずれかの宗家であり、棋力が他を圧倒し、かつ人格的にも他の家元からも認められることが必要とされた。名人は、他の棋士に対して段位を発行する権限など、数々の特権と大きな名誉を有しているため、名人の地位をめぐる各家元による争奪戦が何度も演じられた。争いの解決は対局で行われ、その対局を争碁(そうご、あらそいご)と呼ぶ。 史上初の争碁は二世本因坊算悦と安井家二世の算知との間で争われた。御城碁における手合割を不服としたもので、9年がかりで6戦して3勝3敗の打ち分けのまま、算悦の死によって終わりを...

    ただし90年代からは囲碁の世界戦が開始され、当初は武宮正樹らの活躍があったものの、近年は韓国・中国の後塵を拝する時代が続いている。日本は若手の育成が遅れ、韓国・中国の急速な伸張に対抗しきれずに現在に至る。囲碁人口自体も老年の男性に偏り、若いうち(10歳前後)が大事といわれる棋士の育成が阻害されている。 このように競技人口の高齢化が深刻な問題となっていた日本囲碁界だったが、1998年から2003年まで週刊少年ジャンプにて漫画『ヒカルの碁』(後にテレビアニメとしても放送)により囲碁ブームとなり、多くの子供たちが囲碁を打つ姿が見られるようになった。しかし連載終了によって囲碁ブームも去り、子供たちをどう育成していくかが今後の課題である。「囲碁競技人口」は、1982年の1130万人から、2004年450万人、2006年360万人、2007年240万人と漸減傾向が続いている。 日本は国際大会でも連敗を続けており、世界戦では日本人がベスト16にも名を連ねられないことも珍しくない。この原因の一つとして、韓国・中国と日本の賞金の違いが考えられる。日本の棋聖戦の優勝賞金は4500万円(2010年現在)の賞金であり、国際戦最高額の富士通杯が2000万円であることから、日本は国内戦を優先に戦っている。韓国・中国の国内戦は日本戦に比べると安く、韓国の最高額であるKT杯マスターズプロ棋戦で5000万ウォン≒500万円である。また韓国人棋士は世界戦に優勝すると兵役を免除されるという特典がある。しかしこうした実利的な面ばかりでなく、囲碁熱の高さ、囲碁に対する国民の注目度、それがもたらす層の厚さが大きな要因といえる。また日本の主要な棋戦と持ち時間の長さが異なることも要因の一つとして挙げられている(後述)。

    中国と韓国では長らく囲碁は余技としてあまり重視されておらず、江戸時代には日本とはっきりした実力差があった。たとえば1620年に朝鮮の第一人者が来日した際には、本因坊算砂は三子置かせて勝利を収めている。昭和に入っても中韓にはプロ棋士という制度がなかったため、囲碁を志す者は日本にやってきてプロを目指すのが通例であり、呉清源・林海峰・趙治勲・曺薫鉉らはその代表である。曺薫鉉は、日本で修業した後、韓国へ帰り囲碁の普及に尽力した。 しかし1955年に韓国棋院が設立され、韓国内でプロを目指すものも増えてきた。中国でも1981年に中国囲棋協会が創設され、棋士を目指す子供が急増し、国内で囲碁のリーグ戦が開かれるようになった。また1984年から開始された日中対抗戦・日中スーパー囲碁では聶衛平が日本のトッププロに対して11連勝を記録し、レベル向上を印象づける結果となった。 1988年に日中韓の棋士たちが集まる世界大会世界囲碁選手権富士通杯が創設され、世界大会が次々と創設されるようになった。その国際戦を曺薫鉉・李昌鎬らの韓国棋士が勝利するようになると人気が爆発し、韓国内のそこここで囲碁教室が開かれるようになり、頭の良い子供たちは収入の良いプロ囲碁棋士になれと親から言われるようになった。特に李昌鎬の活躍は目覚ましく、16歳で世界大会初優勝を果たした後、世界の第一人者と呼ばれるようになった。 21世紀初頭に至り、韓国勢は世界の囲碁界を制した。李昌鎬と李世ドル(ドルの字は石の下に乙。韓国の国字)の二人が相争いながら世界タイトル戦線を席巻し、それに曺薫鉉・劉昌赫の二人を加えた四人が世界の四強と言われた(全て韓国)。それを追いかける朴永訓ら新鋭の層も極めて厚く、その覇権は盤石と思われた。しかし2005年ころから国家レベルで若手棋士の育成に励む中国が急ピッチでこれを追い上げ、常昊・古力ら若い棋士が世界のトップを争うようになっている。中国では周睿羊、陳耀燁、王檄ら、韓国では崔哲瀚、朴永訓、姜東潤ら10代から20代の若手がトップ戦線を走り、周俊勲ら台湾勢も台頭し始めた。

    チェスや将棋など、多くのボードゲームでコンピュータが人類を凌駕する中、囲碁は最後までコンピュータが人間に勝てない競技として残っていた。2015年の段階では、コンピューター囲碁のレベルはトッププロに三子置くハンデを必要とし、この差はそう簡単に埋まらないと考えられていた。 しかし2016年、グーグル傘下のDeepMind社が開発した人工知能「AlphaGo」が登場し、世界のトップ棋士の一角とみなされていた韓国の李世ドルを4勝1敗で破って世界に衝撃を与えた。さらに2017年には、世界ランキング1位の棋士である中国の柯潔もAlphaGoに3連敗し、完全にコンピュータが人類を超えたことを示した。またAlphaGoの影響を受け、DeepZenGoや絶芸といった深層学習の手法を取り入れた人工知能が次々と出現し、いずれも人類のトップ棋士をしのぐ実力を示している。 これら人工知能は、序盤早期段階での星への三々入りなど、それまで人類の発想になかった手を多く打ち出しており、各国棋士の打ち方に大きな変革をもたらした。また、着手の検討に人工知能の評価が用いられるようになるなど、多くの面で重要な変化が起きている。

    事前置石のない自由布石は16世紀の日本に端を発するもので、それ以前に伝播した国においては事前置石のルールが受け継がれていた。中国・韓国では、20世紀になって日本碁界との接触を機に自由布石が普及し始めた。中韓以外では、近代普及以前に囲碁が伝わった地域としてチベットがあり、1959年にシッキム王国の皇子が来日した際、17路式の囲碁(密芒)用具を持参して日本のプロと打ったという記録がある。 欧米にルールが正しく紹介されたのは、技師として来日し村瀬秀甫に碁を学んだドイツ人、オスカー・コルシェルト(英語版)が帰国して1860年に東洋研究の学術誌に発表した記事が最初である。コルシェルトは1880年に欧州言語(ドイツ語)で初となる本格的な囲碁の本を出版した。1908年にはこの本を元に英語で最初の囲碁の本がアーサー・スミスという人物によって書かれた。この経緯から欧米では今も囲碁用語の多くに日本語がそのまま使われている。コルシェルトの記事を読んだチェスプレイヤー、エドワード・ラスカーも来日を目指したが第1次世界大戦の混乱もあって果たせず、米国にわたって1934年には英語で2番目となる囲碁の本を執筆、翌1935年にはアメリカ囲碁協会が設立された。1937年にはドイツにも囲碁協会が設立された。また東アジアから諸外国への移民も囲碁の広がりに貢献した。 戦後になると岩本薫、福田正義をはじめとする日本人の努力もあって囲碁は東アジア以外にも普及し始め、1957年にはヨーロッパ囲碁連盟が結成されてヨーロッパ碁コングレスが毎年開かれるようになった。後にはさらにヨーロッパ青少年囲碁選手権やヨーロッパ・ペア碁選手権などさまざまな大会が開催されるようになった。1961年には日本棋院で英語の囲碁雑誌『Monthly Go Review』が創刊されている。1979年には世界アマチュア囲碁選手権戦がスタート、1982年には29か国が集まって国際囲碁連盟が設立され、加盟国は2018年時点で77か国を数えている。 1978年には関西棋院でマンフレッド・ヴィンマー(オーストリア出身)、日本棋院でジェームズ・カーウィン(アメリカ合衆国出身)がプロとなったのを皮切りに、欧米出身で日本や韓国のプロ棋士となる者もしだいに増え、国際普及の大きな力となった。2000年には日本棋院所属のマイケル・レドモンド(アメリカ出身)が...

    江戸時代、明治時代には持ち時間という考え方がなく、対局時間は無制限であった。ただし全ての碁が極めて長かったというわけではなく、1日で2局打ち上げた記録も残るなど早打ちの棋士も多かったらしい。大正期以降、新聞碁が主流になってくると掲載時期の関係から無制限というわけにはいかなくなり、1926年の院社対抗戦、本因坊秀哉名人対雁金準一七段戦で初めて持ち時間が導入された。この時の持ち時間は両者16時間ずつという極めて長いもので、これは秀哉が極端な長考派であったことが影響しているとされる。またこの時は秒読みというものがなく、考慮中の雁金に突然時間切れ負けが宣告されるという幕切れを迎えた。秀哉名人引退碁では両者に持ち時間40時間が与えられ、初めて封じ手も導入された。 タイトル戦初期の頃には持ち時間も各10~13時間、三日制であったが、これは徐々に短縮されていった。現在は一般棋戦では持ち時間5時間、棋聖・名人・本因坊の三大タイトルの七番勝負のみ二日制、各8時間持ちとなっている。しかし韓国・中国では各3時間持ちというのが一般的であり、国際棋戦もこれに合わせて行われるものが多く、日本人棋士が国際戦で振るわない原因の一つに挙げられている。持ち時間の長い国内棋戦に対し、3時間が主流の国際棋戦では布石に持ち時間を使うよりも研究で突き詰める方が効率がよく、日本の棋士が布石の研究で遅れた部分もある。このため日本国内のタイトル戦も国際戦に合わせるべきという声が高まり、王座戦を皮切りに多くの棋戦で3時間制が導入されるようになっている。 「早碁」も当初は持ち時間が4時間というものであったが、近年テレビ放送に合わせて1手30秒、持ち時間10分というシステムが一般化した。

    日本の囲碁

    1. 林元美『襴柯堂棋話』1778年(嘉永2年) 2. 安藤如意『坐隠談叢』1904年(明治37年)**改訂版 1910年(明治43年)**渡辺英夫増補版 1955年(昭和30年) 3. 増川宏一『碁 ものと人間の文化史59』法政大学出版局1987年 4. 横井清『中世民衆の生活文化』講談社 2007年 5. 中山典之『囲碁の世界』岩波新書 2003年 6. 日本囲碁大系 7. 現代囲碁大系 8. 『囲碁百年』(全3巻)平凡社 1968年 9. 福井正明『碁界黄金の十九世紀―江戸後期から明治‐日本の碁を頂点に導いた名手たち』日本棋院 2007年 10. 『昭和の名局』(全5巻)日本棋院 1980年 11. 田村竜騎兵『物語り 囲碁英傑伝』毎日コミュニケーションズ 2005年(初版1972年) 12. 伊藤敬一『昭和囲碁名勝負物語』全2巻 三一書房 1994年 13. 中山典之『昭和囲碁風雲録』全2巻 岩波書店 2003年

    世界への広がり

    1. Sensei's Library

  3. ディーン・フジオカ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ディーン・フジオカ

    ディーン・フジオカ DEAN FUJIOKA 本名 藤岡 竜雄 生年月日 1980年 8月19日(41歳)出生地 日本・福島県 須賀川市 [1] 国籍 日本 身長 180cm 血液型 A型 職業 俳優、シンガーソングライター、ミュージシャン、映画監督、モデル、インフルエンサー、DJ、司会 、ナビ ...

  4. 土器 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 土器

    土器(どき、英語: earthenware )は、粘土に水を加え、こねて練り固めることによって成形し、焼き固めることで仕上げた容器である [1] [2] [注釈 1]。土器は、一般に胎土が露出した状態の、いわゆる「素焼き(すやき)」の状態の器であって、陶器、磁器ないし炻器 ...

  5. 水滸伝の成立史 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 水滸伝の成立史
    • 作者の問題
    • テキストの種類
    • 史実から虚構へ
    • 先行する作品群
    • 水滸伝の続篇
    • 参考文献
    • 関連項目

    小説『水滸伝』の作者については、古くからいくつかの説が存在し、大まかに 1. 施耐庵説 2. 施耐庵/羅貫中説 3. その他の説 に分けられる。その他の説とは施耐庵や羅貫中がペンネームで正体は別の作家だとする説や、グループで執筆が行われたため個人の作者が特定できないとする説、そもそも数多くの講談や雑劇を寄せ集めた作品であるため特定個人の作者はいないとする説などを含む。特定作者を推定する場合も、元になった話の骨格や各回を構成する逸話は、講談や雑劇等で培われていたことが前提の上であり、一から小説を書き上げた作者というよりは、多くの要素をまとめた編者ないし完成者としての役割が想定されている。

    文繁本と文簡本

    現在に残る『水滸伝』のテキストには種類が多くある。明代の長篇小説では、より精細な叙述で情趣豊かに語られる文繁本と、筋立てを重視して煩雑な表現を簡略化し分量を減らした文簡本に大きく分けられることが多く、『水滸伝』にも文繁本系統と文簡本系統の2系統が存在する。便宜上、回数(回は現在の章にあたる)の長さで分類する。現存する主だったテキストは以下の通りである。 1. 文繁本系統 七十回本、百回本、百二十回本 2. 文簡本系統 百十回本、百十五回本、百二十四回本 文簡本は手早く話の筋を追いたい読者向けというだけではなく、文章量を減らした分の空きスペースを利用して挿絵を挿入することで(挿図本)、知識レベルの低い読者にイメージを伝え読みやすくする目的もあった(全ページ挿絵入りの本を「全相本」と呼ぶ)。成立史からいえば、文簡本は百回本を簡潔化した上で、百二十回本に先んじて田・王征伐故事(後述)を挿入したものであり、成立自体は文繁本よりも遅れる。そこで、ここでは文繁本の成立のみに注目する。 文繁本3種のうち、中国では清代中期以降、七十回本が隆盛し、他の版本の存在が忘れられるほどとなった。日本では江...

    本文の構成

    文繁本各本の構成は、大きく分けて以下の部分から成る。含まれる要素の違いによる回数の差が文繁各本の主な違いとなる。 1. 1.1. 上記の各部は本項の説明の便宜上区切ったものである。論者によっては別の区切り方も考えられる[※ 3]。

    百回本:小説としての確立

    上記の構成表を一見して分かるのは、百回本と百二十回本の違いが、第V部分の田虎・王慶征伐の有無のみということである。これは百回本の好評を受けて、追随した書店が他店と差をつけるために物語を増補した版を発売したためである(後述)。現存する最古のテキストである容与堂本「李卓吾先生批評忠義水滸伝」や、書目に言及された古い版本が百回本であることから、元々の形が百回本であることは間違いない。 百回本の完全な形で残る現存最古のテキストは、冒頭に述べたごとく、杭州の書肆容与堂が万暦38年(1610年)に刊行した『李卓吾先生批評忠義水滸伝』(容与堂本)である。ただしこれ以前に、明代の官僚で出版業も手がけた郭勛(武定侯。? - 1542年)が刊行した書籍の中に、嘉靖(1522年 - 1566年)初年頃の『忠義水滸伝』と呼ばれる20巻100回の本があったことが分かっており、「郭武定本」と呼ばれる。また、沈徳府(1578年 - 1642年)の『万暦野獲編』には「最近新安で刊行された『水滸伝』の良質本は、郭家に伝わる古本(郭武定本)に汪太函(汪道昆)が天都外臣という名で序文をつけたものである」と記されており...

    水滸伝の物語の大半は、様々な人の手にかかる架空の話であるが、本筋・骨格となる部分の中には史実に取材した要素がいくつかある。史実に見られる事件のうち、『水滸伝』の元になったと思われるものとしては、 1. 北宋末、梁山泊という大沼沢があり、盗賊の拠点となっていたこと[※ 4]。 2. 宰相蔡京が朝政を壟断し、徽宗皇帝は書画骨董や造庭の道楽にふけり、各地から奇石を徴収する「花石綱」を課したこと。 3. 山東から淮南にかけて(斉・魏)に「宋江三十六人」と称する盗賊が暴れ回っていたこと。 4. 亳州知事侯蒙が朝廷に、宋江の罪を赦して将軍に取り立てて方臘討伐に役立てるよう献策したこと(実際には侯蒙の死により実現せず)[※ 5]。 5. 宋江が海州に侵入した際、朝廷が知事の張叔夜に命じて、宋江を投降させたこと[※ 6]。 6. 北宋と契丹(遼)との間に度重なる紛争があったこと。 7. 江南地方で方臘が反乱を起こし、朝廷から鎮圧されたこと。 8. 方臘征伐軍の中に宋江という名の将軍がいたこと。 などが挙げられる。ただしこれらの事象どうしの間には、本来全く関係はない。山東の盗賊宋江三十六人が梁山泊を拠点にした事実はなく、方臘を討伐した将軍宋江が盗賊宋江と同一人物かどうかも不明である(後述)。宋と契丹(遼)との戦いも、史実ではほぼ契丹側の勝利に終わっており、『水滸伝』のように宋側が鮮やかな勝利を挙げたことはほとんどない。また「宋江三十六人」とは宋江とその他36人なのか、宋江を含めた36人なのか、それとも36という数字自体にはそれほど意味が無く、人数が多いということを表現したかったのかもよく分かっていない。 しかし、これらの断片的な史実のエピソードをつなげていくことで、水滸伝の核となるストーリー、すなわち「朝廷が腐敗した北宋末期に、宋江ら諸事情により盗賊に身を落とした者たちが梁山泊に集い、やがて朝廷に帰順して、その命により遼や方臘を征伐する」という流れが形成されていった。

    『水滸伝』の骨格となる招安(第III部分)・四寇征伐(第V・VI部分)以外の、分量的には最も多い各好漢の銘々伝(第2部分の中心)のエピソード群については主として宋代以来、都市部で流行した講談によって生み出されたと推測されている。中鉢雅量は本文と関連作品の内容の分析から、1)まず太行山系を舞台とする北方系の盗賊説話が多く存在し、2)梁山泊を舞台とする南方系の説話と結びつき、3)最終的に杭州近辺の編者によって物語がまとめられ成立したと推測している。

    『水滸伝』は上記のように百回本で小説としての体裁が整い、その後挿増を施した百二十回本が成立。最終的には金聖歎による七十回本の成立で主要各版本の完成をみる。しかしその後も作品の人気の高さから、幾人もの作家が『水滸伝』の続篇を著すなど、水滸伝物語の進化は、小説としての完成以後も止まることは無かった。各続篇がどの版本を元に書かれたのか、および成立年代がいつなのかという問題は、『水滸伝』各版本の成立時期や過程そのものにも密接に関連するため、続篇の研究は『水滸伝』成立史の上からも重要な問題である。『水滸伝』の続篇とされる小説の種類は非常に多く、枚挙にいとまないが、ここではそのうち代表的なもののみを概説する。

    大塚秀高「天書と泰山 - 『宣和遺事』よりみる『水滸伝』成立の謎」(2000年、東洋文化研究所紀要)
    小松謙「『寶劍記』と『水滸傳』:林冲物語の成立について」(2010年a、京都府立大学学術報告、)
    小松謙『「四大奇書」の研究』(2010年b、汲古書院、ISBN 978-4762928857)
    佐竹靖彦『梁山泊―水滸伝・108人の豪傑たち』(1992年、中央公論社〈中公新書〉、ISBN 4-12-1010582)
  6. ここがヘンだよ日本人 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ここがヘンだよ日本人
    • 概要
    • 出演者
    • エンディングテーマ
    • スタッフ
    • パロディ
    • 関連項目

    多数(主に100人)の日本に住む外国人出演者が日本で生活する中で感じた様々な問題に対して、日本人パネラーと討論をかわしていく。 また、外国人出演者は紹介時のテロップでは自営業、会社員、学生(主に大学院生)、エンジニア、英会話講師などと表示されていたが、実際は大半が稲川素子事務所[注 1][注 2]に所属する外国人タレント[注 3]であったことが明らかになっている[注 4]。

    日本人出演者 司会 1. ビートたけし 1. 基本的には討論の場を和ませようと合間に珍妙な発言をする事が多いが、討論の終わり際には発言者ほぼ全員の意見をまとめながら締める。また、『世界まる見え!テレビ特捜部』と同様に様々なものをモチーフにした衣装を身に纏っていた。 アシスタント 1. 江口ともみ 2. 浅草キッド(水道橋博士・玉袋筋太郎) 1. 「日本の芸人は世界に通用するのかコンテスト」にて、ビートたけしのアシスタントを務めていた。また、2000年末に『SAMBA・TV』内で放送された「ここがヘンだよ宇宙人 デヴィ夫人スペシャル」では司会代行も務めた。(この放送では水道橋はたけし、玉袋はKONISHIKIを模した格好をしていた) レギュラーパネラー 1. そのまんま東 1. 2000年からレギュラー出演。 1. テリー伊藤 1. 特番時代から出演。 1. RIKACO その他の出演者 1. 田丸美寿々(フリーアナウンサー、ニュースキャスター) 2. 永作博美(女優) 1. 1998年4月放送のスペシャル番組のみ出演。 1. 渡辺えり子(女優、タレント、演出家) 1. 1998年4月放送のスペシャル番組にて出演。 1. 西川史子(女医、タレント) 1. 2000年11月8日と15日に放送された「ここがヘンだよ日本の病院」にて出演。 1. 織田無道(住職、タレント) 2. 鴻上尚史(劇作家) 3. 江川達也(漫画家、タレント) 1. 「イジメと戦う」シリーズと、性問題を扱ったテーマの際に常連パネラーとして出演。 1. 福島瑞穂(弁護士、政治家) 2. 増田明美(元マラソン選手、スポーツ解説者) 3. 加藤和彦(ミュージシャン) 4. 大槻ケンヂ(タレント、筋肉少女帯ボーカリスト、作家) 5. 大竹まこと(タレント) 6. 舛添要一(国際政治学者、政治家、元東京都知事(2014年 - 2016年)) 7. 大仁田厚(元プロレスラー) 8. アントニオ猪木(元プロレスラー、実業家、政治家) 1. 2001年9月13日に放送された「ここがナゾだよアントニオ猪木」にて出演。 1. 猪瀬直樹(作家、元東京都知事(2012年 - 2013年)) 2. 山田五郎(コラムニスト、タレント) 3. 井沢元彦(作家、歴史研究家) 4. 江守徹(俳優、演出家) 5. 森公美子(タレン...

    構成:恒川省三、田中直人、都築浩、小笠原英樹、あべ、シマダ秀樹、播田ナオミ、佐藤雄介
    TD:阿部智昭
    VE:吉永明久、飯泉亮
    CAM:早川征典
    めちゃ2イケてるッ! - パロディとして「ここがヘンだよ○○(○○の中にはマネージャーやフジテレビが入った)」と題し、めちゃイケメンバーが『ここがヘンだよ日本人』の出演者に扮し、同様のテイストで討論風のコントを行った。
    なかよしテレビ - フジテレビ系列で2011年から2012年まで不定期に放送された特別番組。番組ジャンルおよび内容が似通っている他、出演者も日本人・外国人ともに一部共通。また、番組にテリー伊藤がゲスト出演した際には『ここがヘンだね日本人』と題した企画が行われた。
    中居正広の家族会議を開こう! - 同局で1999年から2003年まで特別番組として不定期に放送され、後に2008年から2009年にかけて『バラエティーニュース キミハ・ブレイク』内のコーナーとしても放送された番組。番組内容、演出が似通っていたほか、『ここがヘンだよ日本人』に日本人側の論客として出演していた一部の人がこの番組にも出演していた。
    ネプ&イモトの世界番付 - 日本テレビ系で2011年から2016年まで放送されたバラエティー番組。外国人出演者が一部共通。
  7. 嘉納治五郎 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 嘉納治五郎
    • 生涯
    • 死去
    • エピソード
    • 家族
    • 弟子
    • 柔道における修心活動 文化会、啓蒙雑誌、講演活動
    • 著作
    • 関連文献
    • 関連項目
    • 外部リンク

    生い立ち

    1860年12月10日(万延元年10月28日)、摂津国御影村(のちの兵庫県神戸市東灘区御影町)で、父・嘉納治郎作(希芝)と母・定子の三男として生まれる。 嘉納家は御影に於いて屈指の名家であり、祖父の治作は酒造・廻船にて甚だ高名であった。その長女・定子に婿入りしたのが治五郎の父・治郎作である。初め治作は治郎作に家を継がせようとしていたが、治郎作はこれを治作の実子である義弟に譲り、自らは廻船業を行った。幕府の廻船方御用達を務め、和田岬砲台の建造を請け負い、勝海舟のパトロンともなった。柳宗悦の母は治五郎の姉である。ちなみに同じ嘉納家ではあるが嘉納三家と呼ばれるのちの菊正宗酒造・白鶴酒造とは区別される。 1870年(明治3年)、明治政府に招聘された父に付いて上京し、東京にて書道・英語などを学んだ。

    柔道創始

    1874年(明治7年)、育英義塾(後の育英高校)に入塾。その後、官立東京開成学校(後の東京大学)に進学。1877年(明治10年)に東京大学に入学した。東京大学時代には中村正直や三島中洲に漢文学を学び、渋沢栄一の経済学の講義を受け、またアーネスト・フェノロサの薫陶を受けその指導の下、政治学、理財学(経済学)、哲学、道義学(倫理学)、審美学を学ぶ。また1878年(明治11年)には漢学塾二松學舍(後の二松學舍大学)の塾生となる。しかし育英義塾・開成学校時代から自身の虚弱な体質から強力の者に負けていたことを悔しく思い非力な者でも強力なものに勝てるという柔術を学びたいと考えていたが、親の反対により許されなかった。当時は文明開化の時で柔術は軽視され、師匠を探すのにも苦労し、柳生心眼流の大島一学に短期間入門するなどした後、天神真楊流柔術の福田八之助に念願の柔術入門を果たす。この時期の話として、「先生(福田)から投げられた際に、『これはどうやって投げるのですか』と聞いたところ、先生は『数さえこなせば解るようになる』と答えられた」という話がある。 1879年(明治12年)7月、渋沢栄一の依頼で渋沢...

    教育者として

    嘉納は教育者としても尽力し、1882年(明治15年)1月から学習院教頭、1893年(明治26年)より通算25年間ほど東京高等師範学校(東京教育大学を経たのちの筑波大学。なお、筑波大学キャンパス内にも立像が建っている[注釈 2]。)の校長ならびに東京高等師範学校附属中学校(のちの筑波大学附属中学校・高等学校)校長を務めた[注釈 3]。 また、旧制第五高等中学校(のちの熊本大学)校長(部下の教授に、小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)等がいた)、嘉納自身が柔道の精神として唱えた「精力善用」「自他共栄」を校是とした旧制灘中学校(のちの灘中学校・高等学校)の設立にも関わるなど教育者としても尽力する。ほかにも、日本女子大学の創立委員にも加わる。文部省参事官、普通学務局長、宮内省御用掛なども兼務した。 1882年には英語学校「弘文館」を南神保町に創立し、また高等師範学校校長時代の1896年には文部大臣西園寺公望から託された清国からの中国人留学生13名を受け入れ、これは組織的な「留学生に対する日本語教育」の嚆矢と言われる。1899年には留学生教育のために塾「亦楽書院」を開き、1902年には規模拡大...

    1938年(昭和13年)のカイロ(エジプト)でのIOC総会からの帰国途上の5月4日(横浜到着の2日前)、氷川丸の船内で肺炎により死去(遺体は氷詰にして持ち帰られ、横浜港では棺にオリンピック旗をかけられて船から降ろされた)。77歳没。生前の功績に対し勲一等旭日大綬章を賜る。墓所は千葉県松戸市の東京都立八柱霊園に在る。

    1891年(明治24年)1月、欧米視察より帰国する船上でロシア人士官に挑まれ、これを投げた。同年4月10日の『讀賣新聞』がこの記事を掲載した。
    1911年(明治44年)、千葉県我孫子市に別荘を構える。嘉納の甥である柳宗悦が同地に移住したことにより、当時、我孫子市が白樺派の拠点となる要因を生んだ。
    1922年(大正11年)2月、貴族院議員に勅選された。
    1978年(昭和53年)より「嘉納治五郎杯国際柔道選手権大会」(2007年からは「嘉納治五郎杯東京国際柔道大会」)が開かれ、13回(うち「嘉納治五郎杯国際柔道選手権大会」が12回)行われている。
    オリンピック柔道競技、世界柔道選手権大会に出場する柔道日本代表選手団が大会前に必勝祈願として、嘉納治五郎の墓参りをすることが恒例となっている。
    父母:治郎作(1813〜85)、定子(?〜1869)
    長兄:寅太郎(久三郎)。内務省山林局役人として北海道開拓に携わったのち、豊富町にて嘉納農場経営。
    次兄:亀松(謙作)
    長姉:柳子。南郷茂光に嫁ぐ。その子に南郷次郎、九里四郎。

    四天王

    1. 山下義韶 2. 西郷四郎 3. 横山作次郎 4. 富田常次郎

    その他の主な弟子

    1. 磯貝一 2. 飯塚国三郎 3. 永岡秀一 4. 佐村嘉一郎 5. 三船久蔵 6. 田畑昇太郎 7. 徳三宝 8. 神田久太郎 9. 古曳保正 10. 阿部信文 11. 福田敬子 12. 富木謙治 13. 宗像逸郎 14. 前田光世 15. 門脇誠一郎 16. 望月稔 17. 岡部平太 18. 広瀬武夫 19. 財部彪 20. 八代六郎 21. 岡田啓介 22. 竹下勇 23. 湯浅竹次郎 24. 広田弘毅 25. 五島慶太 26. 杉村陽太郎 27. 八田一朗 28. 若槻禮次郎 29. 魯迅 30. 西文雄 31. ワシリー・オシェプコフ 32. モーシェ・フェルデンクライス 33. 金栗四三

    講道館柔道の創設者の嘉納治五郎は、教育者としても第一人者であり、学習院教授・教頭、第五高等学校(のちの熊本大学)校長、第一高等学校(のちの東京大学教養学部および、千葉大学医学部、同薬学部)校長、東京高等師範学校(東京教育大学を経たのちの筑波大学)校長、文部省などの学校教育に関わる傍ら、日本傅講道館柔道を創始し活動を広げていった。その一方で親類や知人の子弟を預かり、嘉納が彼らと共に生活をしながら指導教育を行う私塾活動を行った。 1882年創立の嘉納塾以降、1888年善用塾、成蹊塾、1900年全一塾と対象年齢毎の私塾を展開していく。そこでは知育、徳育、体育のどれにも偏らない教育を塾の方針とし、そこから杉村陽太郎、高島平三郎、南郷次郎、嘉納徳三郎など様々な各方面に活躍する多くの卒業生が巣立っている。 また1898年に嘉納は嘉納塾以外の私塾を統合して造士会を創立し、1915年に柔道会、1922年に講道館文化会の創立をし、教育薫陶、世の中に有益な人物の輩出を目的として対象を広げていく。 1898年の「造士会創立の趣旨」において造士会の事業として、 1. 塾舎を設けて子弟を教育薫陶する 2. 講道館柔道やその他の武芸体操を教授する 3. 雑誌を刊行して本会の趣旨の貫徹を図る とある。 1915年の「柔道会創設の趣旨」において、「講道館と連携し、柔道会を設け柔道のみならず人間形成に役立てる」とし、具体的には「柔道の本義や修行の方法をさずけるだけでなく、役に立つ人間乃ち有数健全なる国民の育成を目指す」「雑誌・図書の刊行、講演会・講習会の開催、柔道の奨励・指導を行う」としている。 1922年の「講道館文化会」の目的としては、 1. 個人に対しては身体強健、知徳の練磨、社会において有力なることとする。 2. 国家に就いては、国体を尊び歴史を重んじ、その隆昌を図ろうとするため常に必要な改善を怠らない。 3. 社会にあっては個人団体ともお互いに助け合い譲り合い、融和を実現する。 4. 社会においては人種的偏見をせず、文化の向上、人類の共栄を図る。 とした。 そして、雑誌の発刊として、私塾教育においては嘉納塾の機関紙『嘉納塾同窓会雑誌』を発刊し、造士会においては『國士』、柔道会においては『柔道』・『有効之活動』、講道館文化会においては『大勢』・『柔道界』・『柔道』・『作興』とその時期そ...

    『嘉納治五郎 私の生涯と柔道』 大滝忠夫編、新人物往来社、1972年 / 日本図書センター〈人間の記録〉、1997年2月、ISBN 4820542419
    『嘉納治五郎の教育と思想』長谷川純三編著、明治書院、1981年1月
    『嘉納治五郎著作集』全3巻、五月書房、1983年9月-1983年11月
    『嘉納治五郎大系』全15巻、本の友社、1987年10月-1988年5月
    『教育』第457号(嘉納先生謝恩記念号)、茗渓会、1921年5月
    『嘉納先生還暦祝賀会報告書』 嘉納先生還暦祝賀会、1922年7月
    『嘉納先生教育功労記念会誌』 嘉納先生教育功労記念会、1937年3月
    「故貴族院議員嘉納治五郎勲章加授ノ件」(国立公文書館所蔵 「叙勲裁可書・昭和十三年・叙勲巻四」)
    『嘉納治五郎』 - コトバンク
    『嘉納 治五郎』 - コトバンク
    嘉納 治五郎:作家別作品リスト - 青空文庫
  8. 現代漢語通用字表 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 現代漢語通用字表

    『現代漢語通用字表』(げんだいかんごつうようじひょう、中国語 《 现代汉语通用字表 》 Xiàndài hànyǔ tōngyòng zìbiǎo)は中国 国家語言文字工作委員会と新聞出版総署が1988年 3月25日に発布し、2013年 6月5日まで使用された中国語の規範 漢字表。

  9. Portal:歴史/新着項目/新着過去ログ/2019年 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › Portal:歴史

    12月. 12-31: アルダー・ウィーラーフの書 , 太陽電池の年表 , ジョージ・パーカー (第2代マクルズフィールド伯爵) , 浦島虎徹 , 林宗右衛門 , ファシスト暦 , アッシリアによるエラム攻略戦 , オレリ川の戦い , チェルケジシヴィリ , 奈良高家 , アルマン・トルー ...

  10. Portal:歴史/新着項目/新着過去ログ/2020年 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › Portal:歴史

    11-19: 祇園物語 , クララ・ホイットニー , 清水物語 , テュルク祖語 , 日野晴資 , 土屋正慶 , 楽嵩 , 駒競行幸絵巻 , 竹中定矩 , 鈴木周次郎 , ポズヴォル条約 , おはしょり , 平柳育郎 , グナエウス・コルネリウス・ドラベッラ (紀元前81年の執政官) , マルクス ...

  11. 其他人也搜尋了